TPP

2011年07月02日13:57菅総理続投での「日本沈没」のシナリオ  【ウェークアップ! ぷらす】

読売テレビ【ウェークアップ! ぷらす】で、

もし、菅総理がこのまま総理の座に居続けたら・・「日本沈没」のシナリオ というのをやっていたので、VTR部分のみ記録しました(青字はナレーション)

ワイドショーの論調とはエライ違い!だからこそ背筋が寒くなりますが・・・

女子アナ「・・もし、菅総理がこのまま総理を続けたら日本は一体どうなってしまうのでしょうか。」

0f7b065a.jpg

(VTR)

f5afb472.jpg c856b3d2.jpg

「ほんっとに見たくないのか ×3、、 」この人が・・・

「燃え尽きる覚悟で、、」総理の座に居続けたら・・・

1b5995bd.jpg 1b0c9680.jpg

日本はどうなるの?!

菅総理は今週、自民党の浜田和幸参議院議員を一本釣りして、復興担当の政務官に起用。遂に党の幹部からも公然と批判が・・

玄葉氏「(人事の)意図が分からない点は率直に申し上げてございます。」

渡邉氏「生まれて初めてだなぁ、自分の作った政府に腹立てているのは(笑)」

国会は参議院で野党が多数派を占めるねじれ国会。野党に協力してもらわないと、法案の成立がおぼつかない。

そこで、参議院の自民党議員を取り込もうとしたが、結局、浜田議員の一議席を得ただけ。ねじれ国会を解消できないばかりか、自民党はカンカンだ。

d60fc5ef.jpg 8e241605.jpg

(中略)・・3法案の成立を『退陣の一定のメド』としたが、成立は一層難しくなった上に・・

c30fbfb8.jpg
菅氏「エネルギー政策をどのような方向に持っていくのかっていうのは、多分次期国政選挙でも最大の争点・あるいは議論になるのではないかと、、」

脱原発を争点にした解散までほのめかし、あくまで続投への意欲を崩さない。(町の声 略)

71cd1fe5.jpg 07c0c87a.jpg

では、もし菅総理がこのまま総理大臣を続けたら日本はどうなるのか。

政治・経済・外交の専門家が考えられる最悪のシナリオを研究シュミレーション。まずは結論を聞いた。なんと、答えは4人とも破綻や沈没といった悲観的な言葉が並ぶ。まず、菅総理が退陣の条件としている3つの法案が通らなくなったらどうなる?

2b9801f8.jpg
岩井氏今年度予算の半分近くというを赤字国債で賄おうとしているわけですから、

これがまぁ特例公債法案が成立しなければですねぇ、これは赤字国債を発行できない。

そういう事になるとですねぇ、これは大変な社会的混乱が起きる可能性がありますよね。」

政府・自治体の機能は停止。さらに特例公債法案が成立しないと、本格的な復興のための3次補正予算案に取り掛かれない

この遅れが被災地の復興に致命的な影響を及ぼすという。

岩井氏「被災地、やはり北国ですから、冬になると本格復興のための様々な事業をという風に言ってもですねぇ、なかなか全面的に着工できないという事が出てくるし、やはり今、避難所で暮らされている方はやはり厳しい冬を迎えざるを得ないと、、」

菅総理、被災地が東北という事を忘れてませんか?!

お次は外交。就任以来、無策というかほったらかしだが・・

1ddec479.jpg 86acc7f0.jpg
森本氏周りの国から領有権問題で、ほとんど押し込まれたままと、いう状態で、きちっとした対応が出来ないのも、日本の国内政治の混迷状態を周りの国からかなり舐められていると、、」

おりしも、今週、台湾の活動家が尖閣諸島沖の日本の接続水域に侵入。他にもロシア副首相の北方領土上陸など、日本の主権を無視するような振る舞いが相次いだ

秋には日米首脳会談やAPEC首脳会議など重要な外交日程が目白押しだ が・・

森本氏「ハッキリ言って(諸外国は)この政権と、深刻で重要な外交課題を話し合ったり、交渉したりしようと考えてないと思います。」

a04a154d.jpg

岩井氏「このまま外交空白という事が続いていくと、私はその尖閣諸島に中国がまた上陸して来るという事で、事実上占領されるという事態が起きないとも限らないなぁという感じはしますね。」

ここまでで、十分に背筋が寒くなってくるが、続いて経済では・・

865aab1f.jpg
永濱氏「目先ですね、日本経済が復活する上で、期待されているのが復興対策による需要なんですけども、

こちらもですねぇ(復興対策が)ドンドン先送りされている事からすると、まぁ復興需要による景気の盛り上がりが先送りになっているという事ですね。

で、さらに言えば、産業界が非常に期待をしていた、例えば法人税率引き下げですとか、TPP参加、こういったところの議論も先送りされておりますので、

やはり日本経済の競争力ってのは相対的にドンドン衰えて行ってですね、なかなか停滞から抜け出せないと、、」

最大の課題は、企業の活動に不可欠な電力をこれからどうするか。原発は地元自治体の理解が得られなければ定期点検後の再稼動が難しいが・・

森本氏「このままいくと、原発がドンドン止まり、日本の電力需要を満たすことが出来ないので、したがって日本の経済の全体の成長がドンドン止まっていく、、」

菅総理がご執心の再生可能エネルギー促進法案は、20年30年先の電力の話。もちろんそれも大事だが、

dbff991e.jpg

当面使える電力がないと、企業の生産拠点は海外へ流出してしまう。しかし、原発再稼動の舵取りは全て海江田経済産業大臣にお任せだ。

0268e294.jpg
伊藤氏菅さんは、その時その時関心のあるテーマを掲げて、それをウケ狙いというかですねぇ、政権浮揚につなげようという発想でこれまでもやってきている。最初は消費税、次はTPP、次は税と社会保障の一体改革。TPPには恐らく菅さん、ほとんど関心ないはずです。」

8ddd81c5.jpg b64529ca.jpg

『平成の開国』とぶち上げたTPPは、当初6月までに出す結論だったものを11月に先送り

『政治生命を賭ける』とまで言い切った税と社会保障の一体改革は結局、最終案で消費税増税の時期をボカした上、閣議決定を見送った。

35afc896.jpg
岩井氏税やあるいは社会保障の問題、特にその数字の問題というのはですねぇ、曖昧な事で決着をするっていうのは事実上私は不可能だと。

それが今回(結論が)出せないのは、やはりですねぇ、総理のリーダーシップがないという事ですし、また総理に対する信頼感というのもない。この証拠だと思いますねぇ。」

最後に聞いてみた。

0194c3af.jpg b246cb6d.jpg

岩井氏日本政治の問題点というのを出して来てくれた反面教師みたいな感じがしますよね。」

8fd1c6b4.jpg 263207dc.jpg

伊藤氏「まぁ、一言で言えばガレキですね。これがいろーんな意味で日本の、、被災地の復興だけじゃなくて、日本全体の再生の大ーきな障害になっていると思いますよ。」

菅総理が掲げた”最小不幸社会”とはなんだったのか?!政治とは誰のために、何のために、あるのだろうか?! 以上

菅総理いえ民主党政権のままでは、日本沈没だと言い続けていたので、『菅はガレキ』・・には大きく頷きました(゚ー゚)

ワイドショーなんか、なぜか「菅総理替えても良くならない」と言っているので、イライラしてたし(苦笑)

周辺国から舐められているといえば、竹島も韓国にやられ放題です。

国が頼りないから、地方でヤイヤイ言っている状況・・・

mainichi.jp竹島問題:基地建設、政府は韓国に中止申し入れを 隠岐4町村首長が

菅は、自分のための政治をやっているので、総スカンなんですよねー。

特にウソを平気でついたり、誤魔化したりするこういう人間は、真っ当な日本人なら許せないのダ!

おまけ

スタジオで、辛坊氏に「同じ鳥取の浜田氏が与党政府に入った事態をどう受け止めているかと聞かれたゲルのコメント

14bf12dd.jpg
石破氏「これは参議院の逆転現象をなんとしても解消したかったのでしょう。

浜田さんはご自分でも認めているが、一回も被災地に行った事も、自民党の復興の会議にも来た事がないそういう人を引き抜くという事は、要は誰でも良かったという事。(中略)私は鳥取の議員として本当に有権者の方々に『この人をお願いします』と言った不明を恥じます。申し訳なかったと思います。」

浜田氏は、いろいろ立つ鳥跡を濁しているので、鳥取に顔向けできない状態だと思います。

本人、えっらそうに弁解をしているけど、まずバッジを返すぐらいの筋は通せっ!ですわ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年01月25日19:48菅総理がTPPを突然言い出した訳と、予算関連法案が不成立の場合は!?の質問主意書 【ニュースの深層】

朝日ニュースター【ニュースの深層】で

1/24(月)通常国会 野党の攻勢、今後の態度
ゲスト:林 芳正 (自民党政調会長代理)司 会:金 慶珠 (東海大学准教授)
自民党は、24日に召集される通常国会で、民主党のマニフェスト=政権公約が破綻しているとして、衆議院の解散・総選挙に追い込むために、冒頭から菅内閣への攻勢を強める姿勢です。国会審議の先行きが不透明な中、野党・自民党は国会へどう臨むのかなどについて問います。

をやっていたので、その中のTPP予算関連法案に関する質問主意書の部分のみ記録しました。(但し要約です。)(ピンクは金慶珠発言)

●TPP

832260b9.jpg c50a5867.jpg

(TPPへの加盟を強く言ってる。唐突感があるがどう思うか?)

b16827d0.jpg
 「・・急に去年、横浜APEC主催で、(菅総理は)自分が議長なので『目玉ないの!?』と言って多分出てきた。だから10月くらいまでは誰も知らなかった

この間韓国へ行ったら、韓国の専門家は『TPP? うちはFTAで行くよ』言っていた。韓国は戦略的にアメリカとFTA、EUと結んで(どれだけ苦労したか)で、農業問題もデモなんかあったりしてやったが、『TPPは特に考えていない』と。

で、日本はなんかTPPしかないみたいな・・・(そうなんですよ)TPPに入れてもらえないと終わっちゃいますみたいな・・

凄く不思議なのは、何故韓国と同じようにEU・アメリカ・アセアンと(バイで)やらないのか。」

15d10abc.jpg

(私はFTAが出来ない中、菅さんが「こんなのあったんだ!」と受け入れたんだと思う。

つまり、アメリカがアセアン+3のような、東アジア経済圏(共同体)というような動きに対して、

去年あたりからTPPという太平洋の枠組みで対抗しようというような所で日本も興味を持ったんじゃないかと思う。)

「一昨年オバマさんが初めて来日した時にサントリーホールで演説した。あの時凄く面白い事を言った。まず、『貿易の件で、韓国とFTAやります。』その次に『TPP諸国とも話を始めます』って言ってる。

で、『韓国とはやりますよ。TPP諸国とも始めるかも知れませんよ。日本どうしますか』っていうメッセージだった。

その時どういう状況だったかというと、鳩山さんが『東アジア共同体!』で、『それには中国とやるけどアメリカは入れませんよ』と言っちゃって、ワシントン、ピリピリしてる状態。 (あー、鳩山さんも随分大胆な事を、、(笑)今になって思えばやりましたね) 

思いますよ。だからその時にやっぱり同盟国だから、日本には予め予告編を出してそのメッセージを聞けば、その時本来やるべき事は、『あっアメリカともそういう話をしなきゃいけないな』と『日米FTAやりませんか』と、11月から1,2月の時に少し言っていれば

アメリカがTPPに正式に入るのを決めるのは3月15日なので、11月のオバマ演説から3月15日までは、多分待ってた。

その時に、何が起こったかというと、小沢訪中。あれだけ大勢行って『中国ですよ!』ってね。

実は、その1月にワシントンで政調会長と一緒に会った時に、もうほとほと彼らは日本に対して冷め切っていた。

『あっ、行っちゃうんだ、中国に』と。『じゃあTPPか!になっちゃた。

だから韓国はアメリカとバイで出来てるのに日本が今からね、、(他者間の枠組みでお茶を濁すなよ、みたいな話ですよ)

本当、日米とTPPの他の8カ国の10カ国で、GDPの円グラフ書くと日米だけで91%。だから日米が出来ていれば他はだってシンガポールなんてもう既にやってんだから。」

(日米でやれば良いのに、やると言えない。農業問題もあるし。)

2ec0dc22.jpg

「それはマニフェストでも最初からコケている

だけどそこは当時の普天間の問題が絡んでいた。日米があれだけギクシャクしてて、もうこんな(グチャグチャに)なってる時に、[E:danger]とってもコッチでそんな話を出すような雰囲気じゃなかったと、当時の人は言っていた。

だから鳩山さんのミステイクがいろーんな所に実は行ってて、逆に言うと今からTPP抜きでも、このまま行くと日本の農業はダメになるから、これを良い機会として、どうやったら農業が強くなるのかやろうと。 平均年齢66歳なので、あと10年経ったら76歳ですよー」

(民主党の議員さんに聞くと、個別補償を入れたのも、TPPとかFTAとか見据えてと言いつつ、実際は個別補償だけで他のことが出来ない。

でも、自民党も麻生さんが『自由と繁栄の弧』と言い元々東アジア共同体というか、東アジアで経済的な交流を作ろうという音頭とりを日本が結構積極的にやっていた。 これは自民党としてはどうか? )

352c0d22.jpg

「最初にマレーシアのマハティールさんが、東アジア共同体って言った時、アメリカのリアクションがあった。

日本はそういうのはきちっと分かっていた。この種の話をする時は必ずアメリカを入れながらやるというのが基本形

その基本形を外しちゃったから、こういう事になっているという初歩的ミス。(以下 農業を大規模化する話など 略)」

●予算関連法案

a9fa2b64.jpg
(予算関連法案が通らないんじゃないか、
で、大変だ大変だという事になっているが、そこはどう思うか?)

c2e5f41f.jpg

「・・予算関連法案ってどういうものか、これが本当に通らないとどうなるのかという事を具体的にもうそろそろ議論しなきゃいけないという事で、、

予算関連法案は二つある。1つが税法。もう1つが特例公債法と言って赤字国債を出しても良いですよと政府に認める法案。

これが通らなかったら税法は、去年にもとるので少し影響が出ると思う。でも全体の92兆円の予算の中では小さい。

全体で見ると特例公債法の方が大きい。40兆円超の額を赤字国債と鉄建公団で出す事になってるので、そのお金が入らないとどうなるか、

これは今までやった事がない(そうですね。今まで予算関連法案が通らないと大変な事になるとがっと言い続けているが、通らなかったことはない。) 

これ大体答えは分かっているが、私が答えを言ってもその通りなるか保証がないので質問主意書を今日出した

で、政府に公式見解として、予算が通って特例公債法が通らない場合は予算が使えなくなるか?という質問を、、(40兆円の?) 

はい。40兆円の赤字国債が出せないと4/1日から、最初の日から予算が1円も使えないかと。 」

(今、民主党は基本的にはそう言ってますよね!?)

それも言ってない。大変な事になると。(大変なことになる(笑))

大変な事って一体何かというのを、もうそろそろ具体的に議論をする為に、その基礎的なスタートとして、政府の見解を質問主意書で、、」

(そこ非常に興味深い。実際どうなるのか?)

あまり大きな影響はないと思う(執行できると?) はい。」

(じゃあ、予算関連法案を通さずに最後までとことん対決・追及する事も出来るという事?)

「最初の何ヶ月は。(やる事はやれると?いくら大変だ大変だと言っても執行は出来るじゃないかという戦略でいらっしゃる) と思います。」(CM)

5ade4c1a.jpg f201341e.jpg
前田アシ
「質問主意書は政府からいつ答えが出るのか?」

「大体、一週間ぐらいがルールなので来週の月・火・水曜ぐらいには。」

(主意書を出した国会戦略の意図は?)

「この予算に、このままでは全く賛成できないので、理論的に予算のファイナンスをする為の特例公債法には賛成できるわけがないので、しかし通らないと『大変な事になる大変な事になる』と。(自民党も悪者になる)

そうすると『自民党のせいじゃないか』と。だから、どれくらい大変な事がどこでどのくらい起こるのかきちっとした上で、その事を考えなければいけない。」

(されを明らかにした上でやるのであって、何も反対の為の反対では全くないと?)

「逆に特例公債法に賛成すると、赤字国債出して良いよと。だから子供手当を出すのも良いよという事になっちゃう。それは将来の子供に申し訳ない話だし、予算に反対するわけだから、その上で、私は多分40兆の赤字国債を出せなくなるという事は50/90弱はあるわけなので、最初の何ヶ月かはやっていけるんじゃないかと。

だけど、夏ぐらいまでにはお金がなくなるから、当然それから先のことを考えなくちゃいけない。」

(偶然かも知れないが、税と社会保障の抜本改革も、TPPも、みなさんなんか6月に拘っている?)

「菅さんは、どうせ国会が終わるのが6月だからという程度だろうが予算のサイクルでいくと、次の予算を作り始める作業がそのへんからスタートする

実は、この予算が決まるまでの去年の12月に野田大臣に申し入れをしている。決まる前にこんな事は止めた方が良いというのを出して、、」

(早速、国体レベルでは、『譲歩しても良い』みたいな話をしてて、会見で野田さん困って、、)

「これはいっつも、変えて良いとか、いっつも出る。出るけど結局そのまま何も起こらずに終わっちゃうというのがこの1年半。」

(今の質問主意書も含めて、是非我々が分からない事をどんどん追及して頂きたいと思います。)

5e3d68f5.jpg「そうですね。しっかりやっていきます。有難うございました。」(以上)

TPPに至るまでの話、本当ならトンデモない民主党の失態ですね! 

アメリカとFTAじゃなくて、いきなりTPPって言うのはそういう経緯だった!?

やっぱここでもかぁーーー!審議でこの問題、ガツンと質してほしいです!

林芳正氏といえば・・・菅総理が財務大臣の時、参院予算委員会で答弁に詰まり、審議を中断して官僚に助けてもらったあの場面を思い出します。超みっともなかったもんね~

で、この番組冒頭で、与謝野さんの入閣についても触れていて、「菅さんは経済オンチだから助っ人がほしかったんでしょう」って言ってました。 そりゃ、そういう人が近くにいないとまた立ち往生して審議が進まない可能性大・・・(苦笑)

林氏は、落ち着いた説得力のある語り口で、さすが石破氏が自分の後継者というだけの人物でした。

で、ちなみに次の衆議院の公約の責任者なんだそうです。この日の対談は珍しく始終、林氏のペースでした☆

金さんのマシンガトーク、今回はちょっと大人しかったのでこれでもいつもより聞き取りやすかったです^^;

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月02日11:05どうするTPP、民主党内に亀裂!   【TVタックル】

テレビ朝日【TVタックル】(11/1日)

『蓮舫VS進次郎(秘)仕分け特別会計の闇&裏総理仙谷どう喝国会&疑惑尖閣ビデオ(秘)反日デモ』

の中で、TPPの部分だけ抜き出して記録しました(青字はナレーション)

タイムリミットが近づいているし、日本の産業構造を根底から変えるかも知れない重要な事柄なので。。。

8fa73c8c.jpg 3b4f3ecd.jpg

菅氏「環太平洋パートナーシップ協定交渉等への参加を検討し、」

環太平洋パートナーシップ協定、通称 TPP。その参加をめぐり波紋が広がっている。

TPPとは、工業製品・農産物の関税撤廃など、太平洋を囲む国々の幅広い連携を目的とした協定である。TPPへの参加に産業界の期待は高まっている。.

e65cfaca.jpg a1812005.jpg
一方で農家などの第一次産業は大打撃を受けるという。このTPPへの参加について、

前原大臣は・・

前原氏「日本のGDPにおける第一次産業の割合ってどのくらいだと思われます? 1.5%です。 1.5%を守る為に、98.5%のかなりの大部分というものが犠牲になっているのではないか、、」

a56b60a1.jpg
一方、参加に消極的な動きも・・小沢氏に近い議員たちが中心の『TPPを慎重に考える会』では110人もの人が集まった

鳩山氏「何でもかんでも関税をすべて撤廃する事からスタートしても良いという話にも決してならないんだと、、」

90136fe6.jpg

与党内で意見はバラバラ。調整も出来ていない中、TPPへの参加に突き進む菅総理。 果たして・・・

(VTR終了 スタジオへ)

阿川氏 「さて、環太平洋パートナーシップ協定というので、なんか与党内も大モメにモメてるんですか?」

青山氏「うん、完全に真っ二つですよね。違う政党になった方が良いんじゃないかっていう、、」

阿川氏「これ、皆さんはどういう風にお考えなんですか?」

青山氏「僕は賛成ですね。TPPは」 勝谷氏「うん、賛成」 岸氏「僕も賛成ですね。」

4eaaccea.jpg
青山氏「で、日本の農業を輸出産業にすべきだと思いますよ。(でも農業、辛いじゃないですかぁ~、散々国に振り回されてきて、、:阿川) 

農業が辛いっていうか、いや本当はJA農協の体制が辛いんだと思いますよ。

それを打ち破って輸出していけばコレだけの品質の農作物は世界にほとんど無いですよ。」

1e50c3be.jpg
三宅氏「そりゃあ、農業についてはねぇ、これまでも何べんも壊滅するって言われたの。

例えば牛肉の自由化の時も、日本の牛肉農家は全滅するって言われた。

オレンジの自由化したら、日本のみかん農家は全滅するって言われた。

さくらんぼの自由化した時も、日本のさくらんぼ農家は全滅するって言われた。

全滅なんかしてないんですよ、ちっとも。だから高品質でね、良い物作ってやれば、高くても売れるんですから。」

55e13737.jpg
勝谷氏 「その通り。今年、新米の価格が暴落してんですよね。ひとめぼれだのああいうプランドもんがもう10%以上下がっている。これ何でかって言ったら、そうやって農家が赤字になっても所得保障してくれるわけ。

要するに我々の税金で補うわけですよ。それだったら業者さんが回って、『どうせ後で国からカネが来るんだからこれで買わしてくれよ』って言ったら、、

一方で、ご存知のように牛丼屋なんかはドンドン下がってて、米はドンドンデフレで料飲点は安く欲しい。そりゃ下がりますよ。だからコッチから水入れて、コッチからジャージャー出ているような問題で、もう政策もクソもないですよね。」

99332ad8.jpg

岸氏「そうそう、だから問題はやっぱりこのTPP参加は本来正しい、、んですけども、やっぱり民主党って言ってる事とやっている事が違うと言わざるを得ないですね。TPPに参加する場合は、当然いろんな産業を自由化しないといけない。そこで農業を強化出来るのか、今の政策じゃムリですと。

7a4c84f0.jpg
例えば、郵政改革、今法案を出そうとしていまして、これ明らかにWTO違反ですから、こういう規制強化やって、本当にTPP入れるのって部分もクリアー出来てない。

でもとりあえず、TPPと叫んじゃうっていうですねぇ、ちょっとそこ情けないですよねー。」

1afd797f.jpg
福岡氏「世の中ではね、TPPって言わないでトッピッピって言ってるの。

急にね、FTAだとかEPAとか言われてね、ただ1.5%のGDPだから農業なんかどうでも良くて、98.5の為に云々という言い方はね(あれ良くないですね:青山) 

農業が基本なんだから。それ食べ物なんだから。それは開くべきなんだけど、今はもうちょっと準備をしてやんないとね、、それが言葉が軽すぎると思う、私は。」

26826dae.jpg 51ed1e17.jpg

阿川氏「今回の事業仕分けの第三弾っていうのは、どうお考えになっていますか?」

岸氏「ダメっすよねーーーー。」(あと、事業仕分けがいかにただの政治ショーかというトーク 略)以上

TPPと郵政改革が絡んでいるとは知りませんでした^^;

「TPPに入ります!」と横浜APECで宣言して、あとは自民党に任せればいいんじゃないかな~

どう見ても、民主党の政策じゃムリって事ですよね。

日本は、円高で輸出産業が限界だし、アメリカ・オーストラリアが参加表明した時点で参加する道しかないと思います。それに中国、ロシアへの牽制にもなると思う。

日本は、3年前のチリと5年前のメキシコとの自由貿易協定で、機械の輸出が増大した成功体験もあるし、韓国は、欧米と自由貿易協定を結んでいるテレビ・自動車の輸出で成功している。

で、2015年までの関税撤廃を目指して、第一次産業の政策を見直すしかないと思います。どっちみち放っておいても先細りですからね。

ちなみに、うちの県は農業・漁業が主要産業ですが、県をあげて「大栄スイカ」をドバイに売り込んで、1万円以上の高値にも関わらず飛ぶように売れたという実績があります。

農業の可能性をそれぞれが引き出して欲しいです。

それにしても、民主党マニフェストにも「積極的に進める」と明記されているのに、何故、反対する議員が多数いるんでしょう?! 民主党のTPPに反対の小沢寄りの人達は、中国様に気を使っているのかもね(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく