J-POP

2012年07月10日09:48《動画追加》クリステルが見たジャパンEXPO ニッポンへの熱視線、中韓との差別化提案 【Mr.サンデー】

フジテレビ【Mr.サンデー】(7/9)で、

フランスで開催中のジャパンエキスポを、滝川クリステルさんが現地レポートしていたので文字起しました(青字はナレーション)

ユニクロ、GJです☆

で、世界が羨む豊かな文化を持つ日本人として生まれて、ホントにホントにラッキー

bb6761be.jpg 49109689.jpg

今年で13回目を迎えたJapan Expo in Paris。

それは全てがフランス人の手によって催されるヨーロッパ最大のクール・ジャパンイベントだ。

9c956f1c.jpg

クリステル「はい、えー、コチラ、会場の中なんですけれどもっ、もうなかなか前に進めないほどの多くの人がもう、自分の好きなマンガのブースに、もうこう目がけて行っているような、そんな感じですけども、、」

a04983ae.jpg 3bdb685a.jpg

日本のアニメなどに憧れるコスプレ族は今やお馴染みだが、今回驚いたのは、決してオタクっぽくない普通の人々が熱く深く日本を語り始めた事

e99b02fe.jpg 4aa0ccbd.jpg
「僕は宇多田ヒカルを聴いているよ。」クリステル「何故JーPOPが好きなの?」

「アメリカ音楽は凄く商業的だけど、日本は違う。」クリステル「フランス音楽は?」

フランス音楽なんて全然ダメだね(笑)」

また、浜崎あゆみの詞の深さにハマったという彼女は・・

cf87a10e.jpg
「例えばTogether When...という歌で彼女はこう言っています。(別れた恋人に) 『ありがとうと言いたかった ありがとうと言えなかった』(日本語)

日本語の表現は本当に感情豊かで美しくて切ないわ。フランス語ではこうはいかないの。絶対そう・・フランス人は別れたら全部忘れて、感謝せずに、ハイ、オワリ! 私は自分の中に日本的なモノをとても強く感じる。」

そう、今やクール・ジャパンはアニメやマンガオタクだけでなく、ごく普通の人をも惹きつけ、

08294cd4.jpg 42f18ec6.jpg
98739911.jpg 18fc166c.jpg
ガクトや島谷ひとみなど全く日本人と変わらぬJ-POPにハマっていた

去年から呼ばれているという日本の女子プロレスがごく普通のフランス人たちを魅了していた。

「素晴らしいですね、圧倒されました。日本の女性プロレスは優美でエレガントです。」

3db8a8c3.jpg ee1caee9.jpg

んな今回のジャパンエキスポ目玉は・・そう、今や日本でも絶好調のももクロだった。

ef36a27c.jpg 36d8476e.jpg
メンバーの自己紹介ではあいうえお作文まで理解する通っぷり一見AKB48好きな外国人と同じようにも見える。しかし、彼等はその微妙な差を感じていた。

1a0569de.jpg cb706bf8.jpg
AKBとは全く別だね。フランス人にとって、ももクロは一見ビザール(奇異)に見える。僕たちとは違うと

でもちょっと見方を変えると彼女たちは異質であり、爆発的なエネルギーがありながら、どこか優しいこれこそ日本の精神そのものなんだ。」

76b56809.jpg

ももクロフランスの皆さんは知ってて下さったんですけど、でも宮根さんって私たちの事知ってるんですかね?知ってるのかなぁってちょっと気になっちゃって、、」

d73ff9ed.jpg 3ac6dd3d.jpg
今回5億円もの収益が見込まれるというジャパンエキスポ

しかし、そこに日本政府はもちろん、日本企業もわずかしか関わってない事をイベントの創設者は残念だと言う。

8d5dd7cf.jpg 6757525a.jpg

トマシルディ氏今、フランスに日本文化があるのは日本人が努力したからじゃなくてフランス人が求めたからだという事を日本企業や日本政府は学ばなければいけない。

328e079f.jpg 201d220e.jpg
日本がちゃんとその事を受け止めていれば未来の為に素晴らしい事が出来るよ。」

その言葉を実現する日本企業のブースがあった。

クリステル「あはは、おっきいぬいぐるみ。ワンピースですねーー。大人気のワンピース!

5ddb6c61.jpg 185fdd64.jpg
クリステル「ユニクロ! ユニクロがワンピースとコラボしているんですね。日本では当たり前なんですけどフランス人にとっては堪らないんですよ、多分こういうのが♪」

5b4844cb.jpg c12c172a.jpg

そう、今、最も成功の近道と目されているのがニッポンの製造業とこうしたソフトビジネスのコラボレーション今年3月、経済産業省が主導するクール・ジャパン、官民有識者会議でも今後最も力を入れると決められた戦略だ。

55cd198a.jpg
例えば・・・スタジアムの大型モニターを受注するのに、ニッポンのメーカーなら、ガンダムがモニターを持ってる・・・なんて出来ますよ! とか。

fe116d23.jpg 8a8072d8.jpg

欧米に人気のJ-POP100がはじめから入ったウォークマンを売り出す!みたいな。

30feaf23.jpg db507139.jpg
日本が誇るソフトとハードをセットにして、国際競争力を高めようというのが狙いだ。

ユニクロはそのパイオニアとも言える存在。このパリ店では、ユニクロが日本の企業である事を強調するため、あえて日本以上の品揃えでコラボTシャツを展開していると言う。コラボするのはアニメやマンガだけではない

92a43f95.jpg 0f1c8ff0.jpg

クリステル「ああ、ありました、まるちゃん。ちょっと面白い。

何コレ、わっ、カゴメでしょ、ベビーチーズ、(笑)くいだおれ太郎、、」

7ac96f6f.jpg e6acf6a6.jpg
こうした日本企業のロゴやブランドが飛ぶように売れていく。

クリステル凄い真剣に選んでいます。」

クリステル「良く買うんですか?」「はい買います。」クリステル「これは何だか知っています?」「これはフルーツジュース?」クリステルノン、ノン、カレーです。カレー知ってます?」「ウィ ウィ」

9e9e2524.jpg d4faad97.jpg

クリステル「これね、(笑)ジュース、アップルジュースだと思ってたんだって(笑)」

真田秀信氏「うちの業界で言うと、色んな競合他社さんがいまして、その中でどっかのアジアから新しいブランドが来たという事ではなくて"日本から来た"という事を一番のメッセージとしてやっていきたい。」

667ebca1.jpg 1518ec52.jpg
ニッポン通にますます拍車がかかる欧米人と、それに答えるコラボ戦略

この2つに秘められたニッポンのチャンスはとてつもなく大きいのかも知れない。

(VTR終了 スタジオへ)

07edca20.jpg 4ee62fe6.jpg
クリステル「このジャパンエキスポの熱気には、実際に行ってやっぱりほんっとに凄い人気なんだと、、」

宮根氏「なんか日本のモノもそうだけど、日本の心とか精神っていうところもね。」

83b4fe55.jpg

クリステル「そうなんです。J-POPもそうですけど、こんな歌詞はフランス人の歌手には歌えないとか、ホントそういう細かい繊細な部分が凄く好きなんですよね。(ほんっとに詳しいですよね:宮根)

そう。で、あとですね、私が心に残っているのは、ジャパンエキスポの主催者が『とにかく今、チャンスだと。日本政府が入るなり日本企業が入るなり。何故なら今、中国・韓国がまぁこうやって政府でもってバックアップしてもらって盛り上げてきているので、そこで外国人から見るとみんな一緒に見えてきちゃう』と。 (なるほど韓国・中国の文化とか:宮根)

0d464321.jpg

はい。で、元々フランス人ってホント小さい頃からテレビで日本のマンガをずっと見て育っていたので、折角日本の文化がここまで浸透しているから、ここで一緒にされたらホントにもったいない。と

宮根氏「もう特に韓国なんか国策でこういうのを目指しているんですけど、日本っていうのは、まだまだ慎重なところがあるんですが。」

クリステル「そうなんです。本当に『ここだ』って言ってました。ホントに今の努力、これからの努力が一番、、」

839cee82.jpg

宮根氏「竹田さん、日本の伝統工芸品なんかも大変人気があるんですよね。」

竹田氏「そうですね、あの、昔は印象派の画家なんかも、浮世絵の影響を受けているっていうのは昔から言われてますから、(ああ、そっか:宮根)やはり単なる異文化へのエキゾチックさだけじゃない余地あると思うんです。

ただ、国があまり直接口を出すとロクな事ないと思うんで、知的財産の保護とか、周辺のバックアップをドンドンやるといいのかなと。」

bce58a39.jpg

クリステル「あと、差別化というものをちゃんとこれから策として練っていく、、その中国と韓国と日本の文化の違いの、、」

宮根氏「これはビジネスに結び付けない手はないですね、コレだけの熱気はね。」

クリステル「本当にそう思います。」宮根氏「さっ、続いては・・」以上

企画は凄い良かったんですが、スタジオでもっと滝川クリステルさんの話が聞きたかったな~

折角、肌身で感じたジャパンエキスポの凄さを興奮気味に今後の事も含めて話しているのに、宮根が話を取っちゃうんだもん・・(;一一)

どっかの国の付け焼刃的K-POPなんかこれだけの集客力はないですね。なんせフランス人が求めてこれだけのものになったんだから。フランスでの日本の文化の浸透を凄く感じました。

で、今後の課題はズバリ"差別化"だと思います。

韓国の参加問題

2004年から2009年まで、JAPAN EXPOに参加したフランスの韓国漫画出版社は、フランスの主催者が招聘した公式ゲストとは別に、一出展者として韓国人漫画家を招聘した。2006年にはフランスの主催者に招聘された公式ゲストの日本の漫画家8人を上回る11人の韓国人漫画家が招聘されたが、当初JAPAN EXPOの日本代理店を務めているユーロジャパンコミックの公式サイトでは、「日本からのゲスト」「中国からのゲスト」「韓国からのゲスト」「フランスのゲスト」と公式/非公式の区別なく一緒くたに表記されていた[19]ため、「Japan Expo」という名前にも関わらず韓国からのゲスト作家が多いのではとの指摘が相次ぎ、後にユーロジャパンコミック側が公式ゲストは日本のゲストのみであり、あたかも韓国のゲストも公式ゲストであると混同されるような表記で説明不足であったとして謝罪した[20]山田五郎によると、それに対して韓国側からは抗議があったという。また勝手に会場に太極旗を取り付けようとして悶着もあったとのこと[21]

2010年には、韓国政府所管のコンテンツ振興院のブースが設けられ、韓国ドラマ[22]K-POP[23]韓国漫画が出展された。会場を視察していた経済産業省の渡辺哲也クール・ジャパン室長は「韓国はとうとうここまで来たのか」とショックを受けたという[24]

2011年には、剣道韓国起源説を主張している韓国の海東剣道(Haidong Gumdo)の団体が出展すると発表されていたが、これを危惧した日本側の抗議により、公式サイトから海東剣道のページが削除された[21][25]。山田五郎は、TBSラジオ荒川強啓 デイ・キャッチ!』に出演した際に、これらの事柄を挙げて、韓国政府の積極的なコンテンツ輸出政策と潤沢な文化振興予算(2008年度予算で日本は1018億円、韓国は1169億で国家予算比で韓国は7倍)に触れ、日本の民間コンテンツ産業ももっと積極的に海外市場に本腰を入れて乗り出した方がいいと主張[21][25]「あれほど日本を嫌って自尊心が強い韓国政府が日本に便乗しようとしている」と皮肉った[26][27]。これに対して韓国コンテンツ振興院の関係者は「タイトルがジャパンエキスポになっているが、この行事は漫画、アニメーション コンテンツを主に紹介する展示会」で「日本側が事実をわい曲して誇張している」と反論している[26]

2012年にも太極旗を掲げた韓国ブースが複数出展され、K-POP関連商品の販売や「韓国語を学ぼう」とする韓国語学校の宣伝等と同時に、『初音ミク』や『ハローキティ』等の日本のアニメやキャラクター関連商品等が販売された。このため来場者が韓国を日本の一部の地域と誤解している例もあった[28][29][30]

日本政府がやるべき事は、知的財産を守る事と、こういう寄生虫韓国を駆除する事だと思うな。日本の国益と直結する事だから。モタモタしてると、冗談じゃなく乗っ取られちゃうよ~

あと、日本企業がソフトパワーとコラボするというの動き・・・スゴイ良いと思う

世界がソレを求める時代だもん。

【動画追加】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年01月22日14:23日韓ダンスバトル リベンジ編 またまた意外な結末!  【Asian Ace】

日韓ダンスバトル 韓国監督リベンジ編  【Asian Ace】の完結編です。


3ヶ月前のTBS【Asian Ace】の日韓ダンスバトルで日本チームは勝利したわけですが、

(前編)日韓ダンスバトル 「振り付けは韓国の方が上だ!」 【Asian Ace】

(後編)【動画追加】 日韓ダンスバトル 意外な結末!  【Asian Ace】

韓国側の監督が番組にリベンジを申し込み、2012年最初の対戦は日韓ダンス(女子団体戦)リベンジ編ということでやっていたので記録しました(青字はナレーション) (前編とダブっている部分は省略 今回は対戦までの韓国側の様子と結果など)

d05bbda7.jpg b4d74f41.jpg

・・・ここにAsian Ace初のリベンジマッチが成立した。(中略) そして今夜真のドラマが幕を開ける。

b56d62dd.jpg dbc2b5ea.jpg

リベンジに燃える韓国代表アン・ヒョンソクは、今回絶対の信頼を寄せる最強メンバーを招集。無論、監督同様選手たちにも負けられないという強い思いがあった。リベンジに燃える韓国代表、渾身のダンスは想像を超えたものだった。韓国と日本のダンスにとりつかれた若者たちが、わずか数分に己の全てをかける。

ダンス女子団体 ザ・リベンジ今夜決着!

146fec9c.jpg c38733c0.jpg

イ・ソンフン氏「韓国が一度敗れている事は知っていますが、今回リベンジされるアン監督に拍手を送りたいと思います。そしてそれを受けてくれたLOCKY監督にも感謝します。大変面白い戦いになりそうですし、冷静にジャッジします。」

ジョンテ★モーニング「私はダンスの動きの難易度を見ていきます。皆さんどれだけ一緒に動いているかという部分を重要視したいと思います。」

44344dd2.jpg 432550b1.jpg

前回は、やり残した事があると再戦を申し出た韓国代表監督アン・ヒョンソク。彼は少女時代のGeeも振付けた韓国ダンス界のトップ振付師。だからこそ・・

アン氏自分自身の名誉の回復のために。プライドを取り戻すためにリベンジする。」

今回、アン監督が目指すダンスは己の世界観を100%見せきるダンス

アン氏「自分の本当のダンスは決められたスタイルが存在しない。だからそれについてこられる人材、どんなダンスでも踊れる選手を集めるつもりだ。」

アン氏「彼女はアンダーグラウンドのチームで長く活動していて、男性的な複雑な踊りができる選手だ」

韓国メンバー1人目は、監督直々にスカウトに行くほど信頼する選手。若くして指導者の立場にもいるプロ中のプロ。彼女はどんなダンスでも踊れるという。早熟の天才ダンサーパク・ガヒ(21)

パク氏「中学2年の時にダンスを始めて、中学3年の時にはプロチームに所属して活動していました。」

そう、彼女は天才。 ・・現在は大学に通いながら週7でダンスの講師も務める彼女についてアン監督は

アン氏「彼女はダンスのスキルが高い。だから今回のキツイ練習にも耐えてくれると思う。」

6e9db03c.jpg

パク氏「覚悟しています。この対決は自分のダンサー人生のターニングポイントだと思う。それに自分の名前よりも韓国代表という大役なので全力でやろうと思います。」

新生韓国代表2人目は、

アン氏「スギョンは前から放送局で他のチームのリハーサルを見るとき、いつも気になっていた人です。」

韓国代表2人目は、数多くのPVにも出演している韓国のトップダンサー。アン監督がずっと目をつけていて、今回満を持して召集したという切り札コリアンエース、キム・スギョン。

アン氏韓国でスギョンを知らないダンサーがいないくらい実力がある人です。」

監督はスギョンに新たなエースとして期待を寄せる。

0fbbcda3.jpg

キム氏「監督からエースだと言ってもらった以上、韓国の期待に応えれるダンスを見せるわ」

そして、韓国代表のラストピースは・・

アン氏「前回負けて帰った時、彼女は自分よりももっと悔しい思いをしたはずだ」

3人目は前回のメンバーから唯一の召集。リベンジに燃える復讐のダンサー。帰ってきた一番弟子パク・ヘリ

bd17031a.jpg

パク氏「前回は私達のせいで負けた。選手間のチームワークが足りなかったんです。それが何よりも悔しいです。」

アン氏前回はヘリの実力を全部見せれなかったです。今回あの子の新しい姿が見られると思います。」

e45157fb.jpg ff4f28b4.jpg

アン監督と共に日本へのリベンジを誓う3人。ワンランク上の新たな韓国代表が結成された。

アン氏2回負けるのは自分の中で許される事ではないので自分の色、自分らしい振り付けを100%見せます。」

6e5436a9.jpg bda64780.jpg

(スタジオでの練習風景・選手選定は成功したということでリベンジ前祝の様子など 略)

(韓国ダンサーの素顔

bc594b32.jpg ceca18e9.jpg

(売れっ子ダンサー、パク・ヘリの自宅の様子

韓国のニューエース、キム・スギョンのダンサーの仕事の合間にスポーツジムで働く様子と母親の話

1b23d475.jpg

講師として週7本のダンスレッスンを持つ、パク・ガヒの大学での様子と世界的ダンサーになる夢など 略)

外から見ると華やかに見えるエンターテイメントの世界。その中で若き才能が成功を夢見て地道に頑張っているのは日本も韓国も変わらないそんな若者たちを率いるアン監督にも譲れないものがある。それは・・プライド

1f699fab.jpg

アン監督は18年前自らがリーダーとなり、バックダンサーチーム「STAND BY」を結成。以来、アイドルグループ神話を中心に韓国エンタメ界で振付師として活躍してきた。そして現在でも新しいアイドルグループの振り付けを手がけるなど18年もの間、第一線活躍を続けているのだ。

1ec58053.jpg 2e9324c7.jpg

ゴン「小さい頃から神話の大ファンでよく見よう見真似で踊っていました。そんな僕らが歌手になってあの頃マネをしていたアン監督の振り付けを直接学べる事はとても光栄な事だと思います。」(X-5 リーダー)

プロの振付師である己のプライドにかけて、そして自分を慕ってくれる後輩たちのためにも負けるわけにはいかない。(スタジオでの練習の様子)

82466ca6.jpg 3875aade.jpg

・・・そして、アン監督、勝利に確かな手ごたえを感じた。

オーディションを開催し、若き才能の中からトップを集めた新生日本代表

選手たちは勝つためにそして選ばれなかった仲間達のために、最高のパフォーマンスを見せた。

3faecf2a.jpg 6663c7b2.jpg

KANATA全然ですけど自分は。もう凄い人いっぱいいるし、、うん、だから勝ちたいです。」

負けるわけにはいかない。ある者は母国のために。

22f5ecac.jpg 1534e1bb.jpg

あるものは自分のために。そして監督のために。

アン氏自分の悔しさやプライドそれを取り戻したいです」

傷ついたプライドを取り戻す!アジアンエース、ダンス女子団体ザ・リベンジ。後攻、韓国!

7b3d8a96.jpg

アン氏チャイルドプレイというホラー映画を観て、それを今回のステージの上で表現してみたいと思いました。悪党たち・・・そんなイメージです。」

オーディションで若き才能のスイを集めたロッキー率いる日本代表。メイクから衣装まで世界観を統一して完璧なショーを見せてくれた韓国代表。どちらが勝つのか運命のジャッジ。

ddcfe951.jpg d2599a98.jpg

宮本氏「あのー、ボク、アン監督、前回もそうだったんだけども、凄くこうなんか映画監督だとティム・バートンみたいな、なんかちょっとブラックユーモアがあって必ず普通はこういきそうなものを、敢えて違う方向から入れるっていうセンスが大好きなんですよ。で、そこが本当に今回も見せてくれるんだなーっていう意味では面白く見せてくれたんだけど、

fc95b225.jpg

カナタさん?! カッコイイッ!! もう!なんかその表現とかもう全部をガーーって入る時のもう生き生きとしたものにワーーーと吸い込まれる、あなたが力を持ってて、もうその事をKyokaさん、LISAさんもその後についてるって言い方失礼かも知れないけど、グァーーーッて一緒になって3人で盛り上げてったってのは、観てて気持ちが良かったし、きっともしかするとこのダンサーの6人は本当に凄い力を元々持っていて、もっともしかしたら稽古する時間があったらワーーーッと出せる人たちだと思います。ただ今の時点でカーンとこのライブで実際生で見させてもらってキタものはあなた達(日本)だと思いました。」

05eba8a4.jpg 56a25ff3.jpg

イ・ソンフン氏「まず若いダンサーが大変な重圧に耐えてこの場に立った事、更に素晴らしい舞台を見せてくれた事に感謝します。」


ジョンテ★モーニング「ダンスのスタイルという点では、韓国のコスチュームとダンスのイメージがあっていて良かったと思います。

dbde0c2d.jpg 1f29917f.jpg

日本はダンス全体で動きが揃っていていたと思います。全てのアングルから見て完璧に動きが合っていたと思います。LOCKYさん、靴カワイイ♪」

アン氏不足な点があったのでこのような結果になったのだと思います。これからもっと一生懸命頑張りたいと思います」

ダンスにかける若者たちの様々な思いがぶつかった真剣勝負。ダンス女子団体ザ・リベンジは、日本の勝利で幕を閉じた。しかしこれは終わりではない。若き才能がいる限り戦いは続いていく!

韓国は企画力で勝負したカンジですね。見てて面白かったけど、小細工せずに堂々とダンス対決してほしかった気がします。まさに「チャイルドプレイ」のまんま。

韓国チームが映った瞬間はインパクトがありましたが、ダンスのみに集中して見るとやっぱり日本の方が上だったわ。

アン監督の名セリフ、『振り付けは韓国の方が上だ!』というのは、返上して頂いた方がいいですね。

46f66172.jpg

だって、韓国トップ監督が韓国トップダンサー召集して作ったK-POPのスペシャル集団が、日本のルーキー軍団に0勝2敗だもん^^;

で、今回の後編はアン監督のイメージアップVTRかっ?!って感じで、何度目かの少女時代のVTRと、男性新人アイドルまでしっかり映しちゃって、宣伝を兼ねてると思いました。

TBSは、この全員鼻のシリコンが不自然なアイドルグループ押しなのかしら??

ちなみに、ゲストの日本女性ふたりはTBS『恋愛ニート』というドラマの番宣。

966e64d5.jpg

ジャッジマンのイ・ソンフン氏という人は、『君はペット』という映画の監督というオチでした(゚ー゚)

最後の最後にその映像が流れて、後味が悪かったわぁ~

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年01月15日13:24日韓ダンスバトル 韓国監督リベンジ編  【Asian Ace】

3ヶ月のTBS【Asian Ace】の日韓ダンスバトルで日本チームは勝利したわけですが、

(前編)日韓ダンスバトル 「振り付けは韓国の方が上だ!」 【Asian Ace】

(後編)【動画追加】 日韓ダンスバトル 意外な結末!  【Asian Ace】

韓国側の監督が番組にリベンジを申し込み、2012年最初の対戦は日韓ダンス(女子団体戦)リベンジ編ということでやっていたので記録しました(青字はナレーション) (リベンジに至る経緯のみ)

19540c8e.jpg ab11acd3.jpg

昨年、日本と韓国の未来のダンス界を担う若き才能がぶつかり合った。J-POP対K-POPの代理戦争ともいえる一戦では・・

003

アン氏振り付けは韓国の方が上だ。」

そう豪語し、プロのバックダンサーを代表に召集して何度も振りを変えながらダンスを完成させた韓国に対し、

アン氏「まっ、一言で言うとルーキーって感じですね。スーパールーキーみたいな感じです。」

abbb2dde.jpg e331747c.jpg

次世代を担うスーパールーキーを召集し、監督がイメージするダンスを徹底的に磨き上げた日本。その結果・・完成度の高いダンスを披露した日本代表が勝利を収めた。国の威信をかけたこの戦いの重みを痛感した両者。あれから3ヶ月、Asian Ace実行委員会に一本の連絡が入った。

9a9c8883.jpg 0535bf23.jpg

『日本代表と再戦させてほしい』この申し出の主はダンス女子団体韓国代表監督・アン・ヒョンソク。彼は少女時代の「Gee」も振付けた韓国№1の振付師実行委員会は彼に詳しい話を聞くため韓国へ飛んだ!

e2cc7667.jpg 096c3810.jpg

ソウルの中心地から車で1時間ほど行った郊外。小さな居酒屋でアン監督は1人待っていた。

f7603fb4.jpg d0c19ac3.jpg

昼間から酒を飲み、心なしか元気のないアン監督。我々が到着すると、再戦を望むその思いを語りだした。

アン氏前回の対戦を自分は軽く考えていた部分があった。自分らしい振り付けを100%見せられなかったことが悔しくて、これは勝ち負けの問題じゃないんだ。自分の名誉の回復のために、プライドを取り戻すためにリベンジする。」

アン監督の思いを聞いた我々は日本へ帰国。再戦を実現すべく、あの日国を背負って戦ったもう一人の人物を訪ねた。

女子ダンス対決の日本代表監督・LOCKY。安室奈美恵などのバックダンサーでもあり、前回の日韓戦でルーキーを率いてキュート且つパワフルなダンスを創り上げ、日本を勝利に導いた若き振付師彼にアン監督の再戦を望む思いを伝えたところ・・

2ece6e23.jpg 81687499.jpg

ロッキー氏二度目に勝ってこそ本当にそれが勝利だなって思うので、もう一度引き受けて、で更に勝ちたいなと思います。」

アン監督の思いを受け止め、再び日本代表監督就任を承諾、再勝利を誓った。

そして今回ロッキーは、なんと日本代表選考のオーティ゙ションを開催。少女たちのダンスにかける思いが交錯する。

ダンスにかけるプライドと夢がぶつかり合うダンス女子団体・ザ・リベンジ。今幕が開く!

aed2cafb.jpg(中略)

課題曲は、公正を期すためオリジナルの曲。これを同日・同時刻に聞いてもらった。課題曲を聴いたアン監督は・・

33c213af.jpg dabd5a82.jpg

アン氏「前もそうだったけど、今回も複雑な曲ですね。前よりももっと難解ですね。今回の曲をロッキー監督が振り付けするなら大差はない。」

ロッキー氏「えー、体全体を使ったダンスだったり、力を使わないと出来ない振りだったり。前回よりはダンスの要素が多いものになると思います。」

若手に拘るロッキーは、イメージを具現化するため12時間ひとりでスタジオにこもり課題曲を聴きながら、感じたままに踊り続けて振りを生み出していた。

そして更なる高みを目指しストイックに振りを完成させたロッキー。それを演じる日本代表選手とは・・・

7b2ef03f.jpg fc7b7002.jpg

ロッキー氏いいダンサーがもっともっとたくさんいると思ったんで、オーディション・・」

524c0670.jpg

(全ての若き才能にチャンスを与える 37名 オーディションの様子 略)


かわいくてカッコイイ!☆この対戦、また見たいと思っていましたが、想像よりかなり早く実現しました(笑)

韓国チームはプロのダンサー&、プロの振付師と韓国№1というふれ込みだったので、ルーキーダンサー&若き振付師の日本チームへの惨敗を受け入れがたかったんでしょうね。

番組的には、ここで韓国に勝たせてイーブンにしておいて、また年末くらいに決戦!なんていうのがオイシイ展開なんでしょうが、この日本チームに勝つのは、難しいと思うわ~。

c87fc16f.jpg 2382083c.jpg

次週、K-POPのスペシャリスト集団・韓国№1振付師「アン・ヒョンソク」の作品が楽しみです。

それにしてもJ-POP対K-POPの代理戦争だの国の威信をかけたこの戦いだの煽りが過ぎるし、アン監督の居酒屋の場面とかドラマ仕立てで笑っちゃいましたわ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく