鳩山邦夫

2010年02月14日16:35与謝野VS大塚副大臣  国会場外バトル^^;  【サンデープロジェクト】

テレビ朝日【サンデープロジェクト】の 大塚VS与謝野 国会場外バトル編、見ました?!

大塚氏が反撃したはずが、与謝野さんに返す刀でバッサリでしたねぇ。

是非、昨日の記事「平成の脱税王」仁義なき戦い 【スーパーニュース】を頭に入れてご覧ください。不規則発言多し^^;  (ピンク字は田原発言)(青字は与謝野発言)(オレンジ字は大塚発言)

(2/12)国会での与謝野・鳩山対決のVTR終了後・・ 

001 002(ナレーション)総理の動揺を誘った与謝野氏、舞台をサンプロに移し、元財務大臣として、政府予算に物申す!迎え撃つは、民主党きっての経済政策通、大塚金融担当副大臣!今、優先すべきは景気対策か、財政規律か真っ向対決だっ!


田原氏「いやあ、与謝野さん、あの金曜日の国会は、国民がみんな唸りましたよ。」与謝野氏「あっ、そうですか。」

田原氏「いや、自民党はね、鳩山さんや小沢さんの批判してんだけど、みんな同じでね、変化なかった。与謝野さん思い切っておやりになった。

003

ところが、それに対して今VTRにもありましたけど、鳩山さんが『全くの作り話であります。』と、どっちが作り話か?」

与謝野氏「これはねぇ、この証言の後、鳩山邦夫さんが私の事務所に来ましてね(あっ来た?) うん。で、お目にかかって

『あれは俺と母の会話なんだ』と。(ほお) 『どういう会話したかなんてアニキが証明も否定も出来ないだろ』って、、『聞いたんだ』と。(聞いたんだと?)うん。だけど私も質問の時に『無心』なんて言葉、使ってないですよ(そうですね。お金を貰ったんですよと、貰っていたんですよと) そうそうそう。貰っていたんです。」

田原氏「あっ、わざわざ鳩山邦夫さんが与謝野さんのとこに来られて、、」

004 005与謝野氏『今日の質問は良かった』と。(あっ、良かったと?) うん『私もあなたの話を裏付けます』と言ってました。(あっ良かったと言ってるんですか?)うん」

大塚氏「それはぁー(大塚さんどう思う?)いやまず私、与謝野先生に申し上げたいのは、

あのー、先生にはこういう質問はしていただきたくなかった。」田原氏「それはいいよ、まぁ」

大塚氏「ぃやぃや、まぁ僕、尊敬してますんでね、自民党のみなさんもね、与謝野先生にこの役回りをやらしちゃ駄目です。そしてこれが事実なら良いけれども、昨日、鳩山邦夫さんは記者会見、ぶら下がりだったか(昨日?)どちらかだったかですが、昨日ですね、その、、総理がそういう、、お母さんにお願いをしたという事を言ったつもりはないという風に、、(えっ?)与謝野氏「そんな事言ってません」

大塚氏「いや、鳩山、、邦夫さんの記者会見、、(ちょっとちょっと見せて、読んで何て言ってんの?)

大塚氏「あの、どうぞこれ差し上げます。(いや、だから読んで、それ何て書いてある?)

006 大塚氏「あの、これ私も頂いたあーあー、物なんで、記者さんの書き起こしですけどね(はい) 

『兄がお袋にお金を無心したなどという事はありません。私が聞いた中には一切ありません。兄が母にカネを無心したという話は母から、聞いておりません。首相が母に無心、邦夫氏が証言なんて書かれると、そこは私は、、私はそのような事は言っておりません。』

もうね、このアンダーラインの所、どうぞ与謝野先生お読みください、で、私は、、」

与謝野氏「いや、それはね、これよーーく読んでください(はい)要するに鳩山邦夫さんは、母親から電話を貰ったと、お兄さんは子分を養成する為にお金が必要だと、しょっちゅう言ってくると、邦夫さんは大丈夫なの?と あなたには子分がいないの?と こう言ったんですよ。(いや、ところがですね) 

だからだから、、それは鳩山さんから私が聞いて、鳩山さんが母親から聞いた話ですよ。(いや) その中で『無心した』って言葉は使ってない。」

008 大塚氏「無心したという言葉を先にお使いになったかどうかは別にして、しかし、完全にそういう文脈でご質問をされてですね、いや私は(いや違う違う違う)

いや、与謝野先生にお願いしたいのはですね、

私も野党時代、総理とは十数回質疑をさせて頂きました。常にしかし、他党の方ではあっても総理に対しては敬意を持って私は議論をさせて頂きました、、是非ですね、、」

与謝野氏「大塚さんね、(いやいや謝罪していただいた方が良いと思いますよ)大塚さんね、(はい)大塚さん、ちょっと待ってください。

あなたが今、言ってる事はね(はい) 総理大臣だから無条件で尊敬しろって言ってんですよ。とんでもないんです。(いやいや) 

税金払ってない総理大臣なんていうのは、国民誰も尊敬なんかしないんですから。(敬意は払うべきだと思います)

国会っていうのはね、何聞いたって良い場所なんですよ。(いや~しかしねぇ)

それをね、与謝野さんだから聞くななんて、そーんな事言っちゃいけない。(いやいや私は、、)我々は野党なんです。」

大塚氏「聞いて良いです。聞いて良いんですが、事実と異なる事を聞いて頂いたら困るという事なんです。(いや事実だから聞いてんですよ)

田原氏「もう一回聞きたい。どこが事実と異なるわけ?」

009 大塚氏「邦夫さんはご自身の発言として『首相が、、兄が、、お母様に、、お袋にお金を無心したなどという事はありません。私が聞いた中には一切ありません』って昨日発言しておられるんですよ。」

与謝野氏「違う違う。違います。(いやだからそこは、ハッキリさせてください)

何を?ちょっと待ってください。(はい)ねっ、その後私、勝場さんの証言を言ったでしょ?! 裁判関係者に言った、、お金は来てましたと。(勝場さんって元秘書の?) ????の金庫に入れましたと。(はい)

私から民主党の議員に配った場合もあるし、鳩山自身から議員にした事もあります。母親から来たカネをこうやって配ったんです。党内で。」

大塚氏「裁判で、、あるいは捜査の記録がちゃんと明らかになる中でですね、ちゃんと事実に基づいて、そういう議論をしていただくのは良いんですが、

いや、私が申し上げたかったのは、与謝野先生ともあろうお方が、(違うんです)少し、不確かな事実で(確かな事実) 質疑を遣っていただくと、これ逆メール事件になっちゃいますよ。」

与謝野氏「いや、違う。確かな事実。全部。確かな事実(いや)

大塚氏「少なくとも邦夫先生の(そりゃあね)この昨日の会見(違う違う)の記録を読む限りそうは(違う)思いませんけどねぇ。」

与謝野氏「それはね、この事件が起きた時、(はい) 

鳩山さんが小さなウソをひとつ付いたんです。ねっ。だから次々とウソをつかざるを得なくなった、というのが今回の事件ですよ。」

大塚氏「いやいやまぁそこは、あのー私は(いや、あなたは) 全てを知る立場ではないので、これ以上は申しませんが、(いや、だって、、)与謝野先生には、しかし私は、国会の場でああいう質問をしちゃいけないと申し上げているんじゃないんです。」

与謝野氏「政策の話はやりますけど、」田原氏「わかった。ちょっとね、星さん、これどういう風に見てますか?」

010 星氏「あのー、与謝野さんの質問をですね、実は我々も全文起こして読みましたけども、実は物凄く周到に出来ていまして(笑)、(あっ周到?)

邦夫さんと与謝野さんの会話。で邦夫さんとお母さんとの会話ってのは、ちゃんとこうきちっと分けられてんですね。

で、恐らく、邦夫さんはお母さんとの会話で、いやそのお兄さんは子分がいて大変だって言ってんのよと、いう部分はクォートされて、引用されてて、

それに対して与謝野さんは、自分の言葉でアンタどうんだと、もらったんじゃないか?っていう質問してんですよね(笑)

そこがね、非常ーに周到に出来てますから、ちょっとあの大塚さん、確かに、邦夫さんの昨日の記者会見でその『無心はしてない』と。お兄さんはお母さんに無心はしてないという事は言ってるんですけど、そこのそのー、時々ボヤいてるんだ、というやりとりは残ってんです、実はね。

そこは与謝野さんがきちっと聞いてて、裏付けも取ってるもんだから、どうもやはりそこは与謝野さん、相当ここは練りに練ってやってるもんですから、なかなかそう簡単に、その突き崩せない部分があるかなと私は思って、、」

011 田原氏「ただ、邦夫さんがね、昨日の記者会見で、えー『実はグチをこぼしたのが一年半か一年の間かな』と。

えー『全く与謝野さんと話した時は雑談の中で言ったわけで、それを証言だろうと表現されると非常に私も困ります』なんて言ってる。」

与謝野氏「いや、私もボヤいてる話を聞きました と、で、『そのボヤいた話を委員会の質問でしていいか?』と鳩山邦夫さんに聞いたら(聞いた?) 正確に再現してくれるんなら、結構ですよ と、言うんで、正確に再現したんですよ。」

大塚氏「だから、ここにあのー、正確な昨日の書き起こしがあるので、一度是非、邦夫先生とやり取りしていただいて、、

与謝野氏「いえいえ、だから私の質問の議事録を読んでくださいよ(はい)。鳩山さんはね(はい) もう最初の選挙の時から、べらぼうなお金使って選挙やってる人なんですから。

そんな事をね、知らないなんて言うのはね、それで私はクリーンな政治家ですなんていう事はね、全く私は烏滸がましいと、、」

田原氏「分かった! えーーこの問題は、またやってください、国会で。CM挟んで政策論行きます。」以上

大塚さん、藪でヘビつっついちゃいましたね。論点が最初からズレてました。脱税王の擁護もほどほどに。

そもそも、与謝野さんは最初から『無心した』なんて言って無いので、邦夫氏が『無心した』を否定したのはマスコミの見出しに対してだと思いますけどね。

大塚さんは、『無心したとは言ってない』という邦夫発言で、最初はスゴイ勢いが良かったし、『謝れ』とまで言ったのに、途中からトーンダウン・・(苦笑)さすがに尊敬されてる与謝野さんとは格が違いました。

この後、『与野党を代表する経済政策通・エキスパート激論』だったのですが、政策通の与謝野さんの対戦相手として、民主党には大塚氏しかいないんでしょうか?!フジには出演していた菅直人大臣(笑)が出演して激論したらもっと面白かったのに。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年12月09日13:57鳩山邦夫氏の贈与税に関する発言・亀菅のケンカなど解説 (朝ズバッ!)

TBS【朝ズバッ!】のメインコーナー『8時またぎ』より、

鳩山邦夫氏の贈与税支払い発言、ポスト鳩山の動きとそれらの解説などを記録しました。(青字はナレーション)
-VTR-

001 002邦夫氏親子の貸し借りなどという論理は国民の常識としては通用しない。きちんと贈与税を支払いをして国庫に納入をしたい。それが私の責任のつけ方ではないか・・」

昨日母親からの資金提供があった事を事実上認めた鳩山邦夫元総務大臣。つい6日前までは『寝耳に水』こう語っていた邦夫氏。しかし昨日は、、

邦夫氏「ただ、多分これは兄もそうなんでしょう。兄や私の知らない所で母の善意がいろいろな形で我々の方に届いていたということでございます。」

関係者によると、母親から邦夫氏側への資金提供は総理である兄と同様月々およそ1500万円。贈与税を支払っていなかった疑惑が兄弟共に持ち上がっている中、弟邦夫氏が一転、贈与税を支払うと明言しました。

邦夫氏「(贈与税を払わなければ)潔い政治姿勢を続けることができないと自ら判断を致しました。」

当初は分からないとしていた母親からの資金提供。その存在を認めたものの金額については、

003 005邦夫氏「それは実際に見ていないお金ですから、いくら入っていたのか分からない。分からなくても、関係者が兄の事件の関係でそのようなこと(資金提供)をおしゃべりになっているとするならば、

それはそれを計算してその最大限の値に対して贈与税を自ら支払う。」

更に、兄との違いを強調

 007006

邦夫氏「私は兄と違いますのは政治資金収支報告には一点の曇りもありません。」

(兄の鳩山総理の発言は、今までとダブルのでカット)

邦夫氏「私が兄と違いますのは、この『新声会』(資金管理団体)政治資金収支報告には一点の曇りもありません

008 009つまり虚偽記載というような犯罪行為は一切しておりません。兄もつらいと思います。時々国会の中で会いますが、やせていた兄がますますやせたようでございます。

兄は私のように信念の堅固な政治家では元々ありません。」

弟の邦夫氏の発言によって、これまで『ないと信じる』と述べてきた兄の鳩山総理にも更なる説明を求める声が強まりそうです。

-VTR終わり スタジオへ-

020

みの氏「まぁ、要するに鳩山邦夫さんにしてもですよ、総理大臣のお兄さんにいたしましてもね、毎月1500万円のお金については、最初は『寝耳に水』だった。

で、次にはね『母の善意がそういう形で私達の知らない所に』と仰っているんですけれども、『知らなかった』という事はそのお金は手付かずでずーーっとどっかへプールされているんでしょうね。そのお金もし使ってたら、何に使ったのか分かりますもんねぇ。

さぁ、毎日新聞の特別編集委員でございます、岸井成格さんにおいで頂きました。おはようございます。」

010 岸井氏「おはようございます。」

みの氏「どうも僕らから見ると、『うそだぁ、知ってんだろ』って思っちゃうんですけどねぇ。」

岸井氏「うーん、まぁそうでしょうねぇ。常識的にはそうでしょうね。いっくら金持ちだから我々と全然違う(笑)感覚と言ったって、12億でしょ。あのー総額で言うとね。

そーれを全く知らないっていう事はないし、今、みのさんが言われたように使ってますよ

だから私がピンと来たのは、昔のね、自民党の派閥の親分。そのくらいのお金は必要なんですよ。選挙資金とかいろんな事にね。恐らくそういう所に使ったと思うんですよ。

丁度、あの代表戦の後からでしょ。丁度7年間っていうと。だからそういう事を総理大臣を目指すっていう事を意識してからなんだろうなぁって気がしますよね。

という事は分かってたと、私は推測しますけど、分かりませんけど。ただ少なくとも総理は『捜査待ち、捜査待ち』って言って、党首討論も集中審議も全部避けて来て、ちゃんとした記者会見やってないんですよね。

これはいくら知ってるか知らないかも別にして潔くないですよ、やっぱり。キチンと説明すべきですよね。」

みの氏「これ、落しどころってあるんですか?!どっかに」

岸井氏「うーん、これはね、最終的に国税とか検察がどうするかですけれども、上申書を書いて、、総理が上申書を書くこと自体がだいたい異例ですけどね、で、弁明をするんでしょうね。

それが事実かどうか、貸付金だったらどうか、あるいは贈与だったんなら贈与税を払う、修正申告して、恐らく5億円くらい払うんですよ。凄いでしょ、これね。

それはいわゆる脱税の意図はなかったっていう弁明しなきゃなんないんでしょうけれども、落しどころとしてはそこなんでしょうね。」

みの氏「だけど、税金、、まぁ重加算税とかいろいろあるんでしょうけれども、5億円を超えた場合にはこれ、一般の民間人だったらもうすぐ収監されて実刑っていう風に考えちゃうんですけれども。」

岸井氏普通はそうですけれどもねぇ~、、だけど本っ当に知らなかったかどうかって事ですよね。だからどっちにしても、貸付にしても贈与にしてもなんかそれを裏付けるような書類・資料があるかどうかがやっぱり決め手になるんでしょうねぇ。」

みの氏「これ、あれですか。鳩山邦夫さん、弟の場合と、現役の総理大臣である鳩山さんとではだいぶ違いますか?! 由紀夫 対 邦夫。法律的に

岸井氏全く同じだと思いますよ。全く同じ。ただね、これも推測ですけど、法務・検察の当局からすると、現職の総理大臣でしょ。

014それからもう1人与党の大幹事長がいるわけですよ。この献金疑惑でいろいろあるわけじゃないですか。

やっぱりその政権のトップとナンバー2をね、手を付けるってのはこれは容易じゃないでしょ。普通なかなか何処の国でもそりゃ簡単にできませんよ

だから、それを配慮しちゃってる一般の人と差別しているって事になると問題ですけれども、やっぱり検察からするとそれをやる事によって、政権潰す事になるかも知れないでしょ。そこら辺はなかなかねぇ、やりにくいんじゃないでしょうかね。」

川戸氏「あの小沢さんの西松の時もそう言われましたもんね。」

岸井氏「西松ん時も国策捜査、選挙妨害だって言われましたからねぇ。」

015

片山氏「ですけどね、やっぱりあのきちっとすべき事はきちっとしないと、今度税の話になりますとね、国民が納税に対する意識が変わる可能性があるんです。『あー、アレでもいいのか』と。という事になります

それで、さっきその政治資金の問題には全然不明瞭な事はないと言われてましたけどね、(邦夫さん?!) 

ええ、例えばね、贈与税を払うっていう事は、自分が貰ったっていう事ですよね。で、貰ったものを何に使ったんですかっていう事で、政治資金に使ってんならば、そこで政治資金規正法の違反が出てるんですよ。

ですから、貰って贈与税を払えば良いっていう問題では無いんですよ。じゃあ政治資金で何処に使ってたんですか。誰に渡してたんですか。って話になって、ずーーっと他の政治家にも政治集団にも波及する可能性があるんですよね。」

岸井氏「そうでしょうね、必ずそこに行く。出口でしょうね。」

みの氏「だとしたら、それは徹底的に解明して頂けないんですかねぇ。司局の手で。」

016  片山氏贈与税ってのは、貰った人が払うんですよ。お母さんが誰かにね、渡したから子供が払いますってもんじゃないんですよ。

自分が貰ったから払うんですからね。『寝耳に水』なのに払うって言うのはおかしいんですよね。」

みの氏「あのー、さっきの岸井さんのお話の中にその時の政権政党である党首であるそういう人間、司局の手が何処まで伸びるかっていう問題があったんですけども、

やっぱり潰れようが潰れまいが、そういうところは黒白ハッキリする姿勢じゃないと総理大臣だから上申書で済むよと、、そういくんですか?!」

011岸井氏「いや、それはいかないと思うんですよ。だけどとりあえずはそういう処理の仕方をしようとするんでしょうね。

でも今、片山さんいわれたように、税に対する国民の不信感がある上に政治不信を更に拡大しますよね。その方が怖いですよね。」

みの氏「これ、今の日本の景気の中で二次補正がどうの大モメにモメてる、普天間の基地の問題がある、さぁ民主党はどう出るかっていう時に、

総理大臣自らこういう疑惑を抱えてるっていう事は、大変な事ですよねー!」

岸井氏大変な事です。はい、はい。まぁトリプルジレンマって言ってますよね。経済・景気と、普天間の日米同盟と、この偽装献金問題とね。なーかなか、余裕じゃないですよね、これを乗り切っていくのは。」

みの氏「自民党の方はどうなんですか?!一方。ただ黙って手をこまねいて(笑)見てるんですかね。」

岸井氏「いえ、そんな事無いと思いますよ。ただ、あのー茫然自失としてね(笑)、なかなか立ち直るきっかけを掴めないでいるんで、焦点は来年の通常国会の予算委員会でやると言ってますけどねぇ。」

片山氏「ここでちょっと作戦が狂ったのは、鳩山首相の方に例の何億円もの子供手当がありましたねって谷垣さんが批判してましたよね。実は自民党の方にも(笑)弟さんの方にもあったっていう事で、お互い様みたいになっちゃいましたよね。」

みの氏「(笑)ほっんとにね、岸井さん、いいんですか、こんな事で(笑)」

岸井氏「おかしいですよ。」

018川戸氏やっぱり政治に対する不信感を拭ってもらわないとね、その為の政権交代だったはずですからね。」

みの氏「だったはずですよねー。物凄い期待してたんです」

川戸氏これまでの55年体制のこんな政治イヤだって言って民主党政権にみんな入れたわけですからね。ここはキチンともう根本ですからやって欲しいですよね。」

みの氏「まぁ、政治家と秘書。絶対にこれは政治家が責任を取るべきだって、由紀夫さん仰ってましたからね。」

岸井氏『私なら議員バッジ外す』とまで言った。そのくらい厳しく言ったわけですからね。ケジメつけないとね。」

みの氏「でも、このまま行って年越しちゃったりなんかして、来年の予算委員会がまた紛糾して、で、参議院選挙があるんですよね。(7月ね)7月に。これも影響する、、」

片山氏今のまま行きますとね、ズルズルズルズルそのー支持率が下がるって事で、結局なんか、麻生政権の時とか安倍政権の時と同じような状況になっちゃいますよね。」

みの氏「うーーん、これ仮にっの話なんですけれども『よし分かった。私はやつぱり前に行ったとおり秘書の問題は私の問題。バッジを』というようなところまでもし進展すると、民主党はどうなる?!」

岸井氏「いや、これはね、解散総選挙は常識的にまずやりませんから、だからまず4年民主党政権が続くっていう事が前提になりますが、

そうすると、鳩山さんの顔を替えるって事になるんじゃないっすかね。だからその水面下の動きはもう話としては進んでますよ。場合によってはもしつまづいて鳩山さんが政権投げ出すような時には後誰にしたら良いのかって。誰なら繋げるか。参議院選挙誰で戦うかですよね。」

みの氏「・・・・・・・・・・・・えーーーーっ。」

岸井氏「だからそこに、菅さんと亀井さんのケンカって、そこにもあるんですよ。亀井さん、自分が総理になると思ってるから。」

019 みの氏「(笑)岸井さんがおっしゃってるんですよ(笑)。えーーっ?!」

岸井氏「そうですよ。だから菅さんか岡田さんか前原さんかって話になるけれども、『冗談じゃないよ』って人もいますよね。」

みの氏「そういうもんなんですか、政治って」

川戸氏「いや、完全に政局になってます。だから今回の補正も普天間の話もそこに、、おかしくなってる訳ですよ。」

みの氏「はーーはーはーはーっ」

川戸氏「だって社民党だって、国民新党だって次の参議院選挙で自分達の存在意義を今見せておかないと、負けるわけですからねぇ。」

みの氏「じゃあ、ここで番組を切り替えましてですね、次期政局はという、、(笑)」

岸井氏「まだ早いまだ早い」

みの氏「まだ早い?!(笑)どうもありがとうございました。いやスゴイ話になりましたね。ははー」

(今朝、亀井・菅氏がが20分間怒鳴りあいをしたという話へ)

以上

ちなみに片山氏は元税務署長なので、税に関するそのコメントは説得力があると思います。

そうそう、パックインジャーナルでアノ川村氏もとうとう「鳩山さんはあと1年持たない」と言ってキンキンと揉めてました(笑)

11月にも書きましたが鳩山・小沢献金問題、民主党内部と世論の反応 (朝日の追求編の政治評論家の浅川さんの言ったとおりになってきましたよ。亀井さんの政権への色気の話。

今日のみのさんは徹底追及しろというスタンスで良かったと思いました。亀井氏の野望には目を剥き仰け反ってましたけどね(苦笑)

巨額のお金が政治家や政治団体に流れている可能性もあるわけで、そうなるとなんかドロドロになりそうな予感・・・

そういえば、草彅氏に「最低の人間」とか言ってましたよね、邦夫氏。どこが白い鳩なんだか・・

もし自分は白い鳩というなら、黒い鳩を道ずれにしなさい。そうしたら、すっごく見直すかも。

どこのコメンテーター達も、自民党も子供手当があったので攻めあぐむとか言ってるけど、私は、これは自民党にとって、チャーンスだと思います。徹底調査するべきです。でももし、庇うなんて事したら、失望は大きい。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   





2009年12月03日10:27母から鳩山兄弟へ資金提供のニュース比較 検察の捜査 解説リポ 

鳩山兄弟、母親から資金提供の件や検察の動きについて、

昨晩のニュースの3番組の解説だけ抜き出してみました。(疑惑の詳細は前記事参照して下さい。)

まず、フジテレビ【スーパーニュース】

003 001安藤氏「・・それにしても、

これだけのお金が長年に亘ってお母さんから自分の方へ来ていたとして、それが分からないっていう、、この私はこの金銭感覚自体が分からないんですよ。それは言っちゃならないと思いますよ。

本当私達にとっての10億11億は100円?!10円?!って言いたくなっちゃいますよねー」

木村氏「ただ、邦夫さん側にも同じ額が提供されていたという事になりますとちょっと自民党側も責める矛先も鈍らざるを得なくなるんですよね

それからあの、地検特捜部も総理の事情聴取はしないって事になって、そろそろ幕引きなのかなぁって感じがするんですが、この問題ってのを世論調査で見てみますと

例えばFNNの調査なんかで見てみますと、あのー、総理の対応が良くないって人が65%ぐらいいるんですよ。ところが総理を支持するって人も65%ぐらい

002つまりね、 考えてみるとね、まぁお母さんから貰ったお金、自分のお金を使っている分には、それは良かぁないけど、まぁしゃーないかっていうぐらいの見識なのかなって思うんですが、

そうじゃないんです。

これはね、金持ちしか政治が出来なくなっちゃいけないから1千万円って上限が決められているあるんだし、贈与税にももしかしたら違反するかもしれないから、そこがね、まぁ良いかで済む話じゃないって事は、しっかり僕らも考えておかないといかん事だと思いますよね。」

日本テレビ【リアルタイム】解説リポ

004 005アナ「・・一方鳩山総理自身について特捜部は聴取を見.送る方向で検討しています。その理由とは。」

(ウソの記載の構図解説と元公設秘書の在宅起訴・元政策秘書の略式起訴のレポート 略).

006

007リポーター「・・更に鳩山総理については上申書の提出を求め、

事情聴取を見送る方向で検討しています。これは憲法上、]総理大臣はその在任中、

刑事責任を問われる事はないと解釈されている為、

訴追の為に行われる聴取も出来ないとする専門家もいる事などから、特捜部は聴取を見送る判断をしたとみられます。」

.河上氏「(総理大臣とは言えども)聞くだけのことは聞かないといけないと思うし、

上申書だけでもし済ますならば、一体何の為に検察っていうのはね、

検察権を持っているのか、権限をもっているのかわからない。(元特捜部長・弁護士)

008

リポーター「母親からの多額の資金提供と偽装献金。

果たして総理はどこまで認識していたのか、

本当に元公設第一秘書だけがウソの記載を行ったのか

特捜部の捜査による全容の解明が求められています。」
.

TBS【総力報道 THE NEXT】

009 011邦夫氏「言いたくはないけど、私の兄の政治資金の問題が出てきた。死んだ人から"個人献金"、.

010 012もしこれがほんとうならば虚偽記載という大犯罪なんですね。」

兄に向けられた疑惑をこう批判していた弟の鳩山邦夫元総務大臣にも母親からの資金提供の疑惑が明るみになった。・・・.

Q.「先生一言お願いできませんか。」

邦夫氏「寝耳に水」.

014

015後藤謙次氏今後検察がどこまで切り込むのか、

まぁ税金面でどう決着させるのか、そこがポイントですよね。」

アナ「そうですね。まぁ母親から総理側に流れたカネというのはですね、

まぁ個人への贈与なのか、それとも貸付なのか。二通りの見方があるわけですね。

コチラをご覧頂けますか。総理の元秘書はですね貸付だと主張しているんですね。

ですが借用書はないんで、特捜部は贈与だという見方で固まっているわけなんです。

まぁその結果、悪質な資金隠しがなければ、修正申告という事になるわけなんですが、

納税額は4億円という事になるんですね。ですが税法上の追求はここまでという事になるそうなんです。」以上

016

私は、日本テレビの報道が一番分かりやすかったです☆

ちょっと、TBSの終わり方がアレなので、朝ズバッ!でみのさんが持っていたパネルだけ置きます。
元秘書と元政策秘書の事だけでも同義的責任が鳩山総理には十分ありますよね。野党時代の徹底追及の時空を超えたブーメランです。
それにしても邦夫氏の「寝耳に水」はウソっぽいと思いませんかー?!

だって、兄ちゃんが母さんにアレだけのお小遣いを貰った報道を見て、普通絶対に確かめますよねぇ。私だったら、母親に問い詰めるけどなぁ~「自分こそ正義」と言っていた御仁なので、兄とは違う正義を見せて頂きたいです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   





2009年12月02日11:05鳩山総理の弟邦夫氏にも巨額子供手当 「兄弟平等」by元税務署長 

TBS【朝ズバッ!】朝刊ズバ斬りのコーナー。

自民党・鳩山邦夫議員氏と民主党・石川知裕議員のカネの問題について、元税務署長のコメンテーターのコメントを記録しました。

003 004

みの氏邦夫さんも貰ってた。」

アナ「はい。」

みの氏兄弟で?!

アナ「はい、東京新聞の一面です。今度は弟さん、邦夫氏の名前も出てきたんです

鳩山総理の資金団体を巡る政治資金収支報告書の虚偽記載問題にからみ、鳩山家関連の国際交流団体の常務理事が東京地検特捜部の事情徴収に対し、総理の実の弟で自民党の鳩山邦夫元総務大臣側にも2002年以降、兄弟の母親の資金が、毎年1億8000万円ずつ渡っていた事を認めていることが分かったと。記事は伝えているんですね。

005 で、ちょっと分かりやすくしますと、東京新聞によりますと、

お母さんから毎月3000万円が邦夫氏の元政策秘書に渡っていました。

そのお金が毎月1500万円ずつ鳩山総理と邦夫氏に渡っていたという事なんです。

2003年から2008年、少なくとも合計21億6000万円が渡っていたのではないか、、」

みの氏「えーーっ、片山さん、これは何のお金なの??」

片山氏「うん、これはお母さん個人のお金なんでしょうけどね。」

みの氏「じゃあ、それは相続というか」

006 片山氏「いや、それは普通でしたら、贈与税の対象になるんです。

相当贈与税払わないといけないですね。

で、政治資金ならですね、政治資金規正法違反になるわけです。

150万円しかあげちゃいけませんからね。」

みの氏「はーー、21億とはまた、、ただこれがゼネコンからもらったとかさぁ、ワイロじゃないところがね、、」

片山氏いや、それはいけないんですよ。それはお金持ちしか政治が出来ないようになっちゃいけませんからね、規制が政治資金規正法にあるんです。(すっごいですね:みの)でもよく兄弟平等に扱ってましたよね。」

アナ「まぁ、新たにお金の流れが邦夫氏側にも流れていたんじゃないかと記事は伝えています。」 みの氏「なるほどねぇ。」

008 009アナ「そんな中、お兄さんの鳩山総理、

地デジじゃない恥ずかしい地デジ会見と・・・」(鳩山首相の自宅の未デジ化 の記事 略)

010

011みの氏「まだなんだ、ふーん」

アナ「ええ、あの質問をした草彅さんもタジタジだったそうですが、こういうやりとりがあったんですね」

みの氏「何千万も何億もねぇお母さんからもらってんのにねぇ、ギリギリまで使うんじゃない?今のテレビ。いいことよ。ねー」

みの氏あいやー、秘書、秘書、秘書。もう通用しないよな、こりゃ。」

アナ「民主党の石川議員をめぐる問題です。民主党の石川衆議院議員が、

2007年11月頃から2008年9月までの間、札幌市の介護事業会社の男性社員を私設秘書として勤務させていた事が分かりました。

012 そしてみのさん、問題はここからなんです。

この男性の給与は会社側が支払っていました。しかし石川議員が代表を務める支部の政治資金収支報告書には該当する記載がなかったんです。

そこで政治資金規正法に抵触する可能性もあると記事は伝えているんですが、

この政治資金規正法では、政治家の事務所が秘書として雇いますね。

その雇った社員の給与を会社が負担していた場合、更に社員がこの会社の業務を行っていなかった場合は、この給与は寄付として収支報告書に記載しなければならない。

そういった決まりがあるんですが、記載がなかったんですと。いう事で抵触している可能性があるんじゃないかという問題なんですね。」

みの氏「なんでこういう事ばっかしやるのかね。」

013 015片山氏「これは結局ですね、ヤミ献金なんですよね。あの、正規で行くとですね、制限がありますから、それ以上にやってもらおうと思ったときに、こういう形で、????を使うわけですよね。これ違法ですよね。」

杉尾秀哉氏「これだけどよくある話で、あのーこれ石川議員ですけれども、他の議員も車に秘書をつけて提供ってのは、非常ーによく行われている事、パターン。

もう止めなきゃいけないって随分前から指摘されているんですけど、まだやってるって事ですよね。」.

007 みの氏「なんで止められないんですかね。」

片山氏「いやー、ですからお金が足りないからですよね。

だから使わなきゃいいし、それから使うんだったら正規のルートで確保するとか。

だって政治家には政党交付金も出てるんですからね。

しかももうひとつ問題がありますのはね、企業の方もね問題があるんですよ。税法上。例えば社員に払ってる給与は損金になるわけです。必要経費。ところが会社で仕事をしてない人でしょ。だからその損金にしたのを間違いっていう事で、法人税の計算上もこれ問題があるんですね。」

みの氏「あー、多分損金扱いしてますね。」 片山氏してます。」みの氏「まずいなそれは」

片山氏「私、元税務署長ですから」(スタジオ笑い) みの氏「マズイ。二重にマズイわ。あー」事件記事 略 以上

良かったですねー、兄弟平等で(苦笑)”恵まれた家庭に育った” その2ですねぇ。

邦夫氏の今後の発言に大注目ですね。秘書のせいにするのかなぁ。

ちょっとこの人達に教えてあげたいんだけど、納税は国民の義務です。

石川知裕氏は、中川昭一さんの選挙区の議員で、オザーサンの元秘書。ヤミ献金ですか・・。

脱税総理とオザーサンのまわりって、なんか色々出てきますねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく