香山リカ

2010年09月21日11:32尖閣沖衝突事故の『証拠ビデオ』で公判維持は難しい【NEWS23・スッキリ】

昨晩(9/21)TBS【NEWS23クロス】で、尖閣沖衝突事故の証拠ビデオについてやっていて、

今朝のその証拠ビデオについて、日本テレビ【スッキリ!】でもやっていたので、テリー伊藤氏のコメントも合わせて記録しました。(青字はナレーション)

落としどころはこれか・・?? まずは、【NEW23クロス】から

中国側の反発は強まる一方だが、問題解決の糸口はあるのだろうか?日本政府の対応の裏側を取材した。
前原氏「日本の法律に反した人間については国内外問わず毅然と対応していく。それに尽きます。」
004  今回の衝突事件をめぐり、日本側は毅然とした態度を貫いています。

実は、海上保安庁に今回の事件の瞬間を撮影したビデオが厳重に保管されているという。

ビデオのコピーは許されず、視聴した後は、必ず回収されるという徹底ぶりだ

映像を見た政府関係者はこう感想を漏らした。

005

船長が故意の衝突を否認すれば公判維持は難しい衝突が潮の流れなど外部の要因であることは完全には排除できない」(政府関係者)
006 007

その上で捜査の結果、略式起訴か起訴猶予となり、船長の拘束は解かれる可能性があるとみる
008_2

姜瑜報道官「日本側は直ちに中国の船長を釈放し、中日関係に対する更なる損害を回避すべきだ」(中国外務省)

中国政府が主張しているのは、一貫して「船長の解放」だ。

009

「決着点」が見えてきた以上、むしろ政治判断などをはさまずに粛々と法律に則った手続きを進めた方が日中両政府にとって「傷が少なくて済む」これがこの関係者の見立だ。

(中略)

010 松原氏「毅然とした態度というのは評価されていいんでしょうが、その一方で中国とのパイプの薄さなどから毅然とした態度をとるほかはないという手詰まり感も指摘されています。

筋を通すという事と、交渉における老獪さ、外交とは何かを改めて考えさせられます。(国連総会で中国首脳と会う予定はないという話 略)」

以上

"決着点"が、船長の解放だとすると、証拠ビデオは、門外に出さないようにして、潮の流れなどのせいにしちゃえばいい訳だ・・TBSは、そうしろとでも言っているかのようです。

私は、【スッキリ!】のテリー伊藤氏と渡邉氏の方が正論だと思います。

011 テリー「あのね、まずその巡視船と中国の漁船が衝突したって言うけど、本当にあれが漁船だったかどうか疑問ですよ。

そしてね、今回一番の失敗は、漁船を日本側で確保していない事です。日本側でこの船をなんで日本で確保しなかったのか。車の事故と一緒で、どっちがぶつかったかハッキリ判るんですよ。

それを例えば第3機関(海外の)がそれを調査するという事も必要だったと思うし、

もうひとつ、本当に日本がそこまで主張するんだったら、VTR映像もあると思うんですよ。VTR映像を何故出してないんですか? 日本が出来ることってたくさんあるのに、(船長の裁判っていうか、取調べが終わった後に出すという風に:リポーター)

でもね、それは先に出さないからこういう風な騒ぎになってる、、これ本当にね、まだまだ実は日本がやれる事はいっぱいあったんですけども、

本当にねぇ、まぁ領有権って言うんですか?これ日本があるっていうのは確実な歴史の事実なわけじゃないですかー。

だったら例えば沖縄返還の時に尖閣諸島も返還された時、何故中国はアノ時点で、文句言わなかったんですか?!あの時点で言わないで今更なってですね、自分の国が力が出来た段階で言うっていうの、これまた変ですよね。

だからそういうのを考えると、もう少し日本も毅然とした態度を、前もって取るべきだった。」

加藤氏「そうですよねー。渡邉さんいかがですか?」

013渡邉氏「これそもそもね、国内法に基づいて司法が判断している事に対して、怒ってるわけでしょ?

『俺達の領土だ』って言うんだったら、これはもう間違いなく国際司法裁判所にしっかり提訴すればいいだけの話で、

それをこういう形で民間でね、圧力欠けたら何とかなると思ったら、中国は大きな間違いでね、

015 014ただこれ救いがあって、やっぱり今回民間で大使として行かれた丹羽さんいらっしゃいますよね?私非常にいろんな形で交流があるんですが、あの方絶対に筋曲げないですから。下手な意味での腰砕けは絶対にしない人ですから、多分今回日本の筋をしっかり通していただけるんじゃないのかなぁという、、」

加藤氏「中国の政府は、中国の国民に対するという事もあるんでしょうねぇ。」

渡邉氏「これ間違いなく、対日感情から対政府感情に移るのが怖い、、だから今対日に向けているだけであって、、」

テリー「世界はどう見ているかっていうと、アーミテージさんも言ってましたけど、日本が試されてんですよ。こういう風な時に日本はどういう風に対処するのか。

これね、今後だって起きますよ。まぁ毅然とした態度でねぇ、やって欲しいですよね。」以上

今回は、違法操業で捕まえたのではなく、公務執行妨害容疑ですから証拠が揺らぐとどうしようもありませんね。

まぁどちらも譲歩した事にはならないし、中国政府は今は船長解放を主張しているのだからそのへんで手打ちかも。そういう流れになるような気がしますが、どうですか?!

でも船長を解放したところで、中国の目的は「尖閣諸島」なので、真の日中友好はあり得ません。もうヤクザみたいな脅しまがいをやる国だから、今後もリスクが大きすぎます。

それが日本国民に浸透しただけでも、良かったかな・・あとは、粛々と自衛隊を強化すればいい。

ちなみに新閣僚の勉強会では、この問題には触れなかったという事です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく