青木理の眼

2011年09月22日14:37増え続ける脱北者 「私達(日本人)の取るべき態度」   【青木理の眼】

CSアサヒニュースターに【青木理の眼】という、ニュースを独自の眼で解説するという番組があるんですが・・
001

9/21(水) 増え続ける脱北者 解説 :青木理(ジャーナリスト)アシスタント :青木梨紗(立教大学文学部4年)
石川県能登半島沖で保護された脱北者9人は長崎県の入管施設に身柄を移され、脱北した理由や経緯などを事情聴取されています。また9人は一時庇護の上陸許可を申請し、仮上陸が認められました。日本のメディアは日本海を漂流してきた今回の脱北者を大きく取り上げていますが、韓国では2006年以降、自国に入ってくる毎年2000人を超える脱北者を定着支援施設で保護し、社会復帰のための訓練を施すなど手厚く扱っています。核兵器をもつ北朝鮮をこれ以上、孤立させず、国際交渉のテーブルにつかせるため、日本はどのよう努力をするべきでしょうか
韓国特派員の経験をもつ青木理氏が北朝鮮の実情を解説しながら、その”軟化の糸口”を提言します。キーワードは「私たちの取るべき態度」です。是非ご覧ください!

その中で、日本の役割について、青木氏の解説がまたいつもの調子だったので記録しました。(ただし、流れはそのまま要約)まぁ内容は、ご想像通りです・・

002_2 003

(アシスタントがこのニュースを読んだ後・・・)

004 005

青木氏「(「私たちの取るべき態度」というフリップを出し、)これは後で説明するが、

これをかなり日本のメディアは大騒ぎし、船をヘリで撮ったりなどして大きく取り上げた。日本ではこんなに大騒ぎだが、

(私は)長く韓国に居たが、深刻な食糧難で脱北者の数は物凄く増えている。(フリップ説明)

”脱北者”というのは、最近日本でも使うようになったが元々韓国語で、それを漢字にして当てた。韓流用語と言えるかも知れないという状況。

で、累計でもう21,000人くらい韓国に来ているのに、9人くらいでこんなに大騒ぎっていうのはまだ随分と平和というか、韓国のことを考えると日本は騒ぎすぎじゃないかなという気もしちゃう。

で、このくらい来ていると韓国では大変で、脱北者が99年位から増えてきて、想像がつかないかも知れないが、北朝鮮から来ると韓国の生活に定着するのに大変(スーパーの買い物・電車に乗る・コンビニで買い物など)

言葉も結構違って、例えば店員を呼ぶときに『接待員同士』と呼ぶ。あるいはカタカナ言葉(外来語)なんて基本にほとんど使わないので、韓国の意味の分からない単語がいっぱいある。

言葉・生活の問題・市場経済の考え方が分からない

006 008

その為に韓国では99年にハナ院というのを造って、韓国語でハナウォンと言うが、ハナというのはひとつという意味で、南北はひとつという思いを込めているのだろう。

これはソウルからだいたい車で1時間半位の所で・・(フリップ読み上げ)

ところがそのハナ院でやっても、分院で少し増設したが1000人位しか入らない。でも毎年2~3000人来ているので追いつかないと。

教育が不十分なのと、習慣が違うこと、それから悲しいかな差別されたりという事もある

韓国は日本以上の教育、競争社会なので、それについていけないという事で就職率は5割いくかいかないくらい

就職してもやっぱり所得が低い。北朝鮮で医者だった人が肉体労働したりだとかということもあり、やっぱり所得が低く、]貧困や社会不適合で犯罪に走ったりというケースもある

で、それじゃ困るので韓国政府が定着施設のハナ院が足りないということで、今、第二ハナ院を7月に着工していて、カンウォンドのファチョンというある地方に、来年の12月くらいに完成する。ここは地上4階、地下1階で、そこに374億ウォン(日本円で30億円くらい)で造って、脱北者の教育・定着支援をすると。

やっぱり9人来た日本でこれだけ大騒ぎだが、実は韓国ではもう非常に大変な状況になっている。」

009 010

アシスタント「韓国でそれだけ対策をしてて、日本ではまだそれが薄いと思うが、これから日本への脱北者がドンドン増えたら私達の生活にも影響があるか? 

青木氏「ある。ただね、そうならないようにしなくてはいけないと思う。北朝鮮の体制が不安定。

もちろんボクも何度も北朝鮮に行き、北朝鮮の体制はいろんな問題があるしボク自身はヒドイ独裁体制だし、すごい苦しんでいる人がたくさんいるという事に本当に胸が痛むが、

一方で、日本では北朝鮮は明日にでも崩壊するんだとかね、北朝鮮・キムジョンイル政権なんか打倒せよみたいな極端な意見もたくさんあるが、実際にそんな事になれば、大量の難民が出てくるのが予想されるわけで、そうなったら韓国の政府も経済も崩壊状態になりかねないわけで、そのため(それを阻止するため)には、どんなに時間がかかっても、どんなにまどろっこしくても、やっぱり北朝鮮と周辺各国が粘り強く交渉してね、北朝鮮をいわゆる改革・解放に少しでも導いていくという努力を続ける以外ない

じゃないと、もう大量の脱北者・難民が出てくる事になりかねない。

で、朝鮮半島、未だに分断されていてひとつになってない。敗戦国のドイツは分断されて、統一した。

でも、東アジアでは敗戦国の日本が分断されず、隣の植民地支配から解放された朝鮮半島が分断されて今でも統一が成し遂げられていないという事を考えると、かつて、植民地支配した日本の我々にやっぱり責任があると思う

011

なので粘り強く交渉して北朝鮮を改革・解放に導いてなんとか軟着陸させる努力をまずしなくちゃいけない。

それから気になるのはね、やっぱり、この間しばらく日本の政権は首相がコロコロコロコロ変わってこういう事態が起きているのに、完全に外交が脳死状態ですよね、だからそういう努力をするってことすらやってないわけですよね。

そういう事を考えると、やっぱり野田政権には少し外交を立て直してね、朝鮮半島情勢なんかもなんとか外交努力を積み重ねてほしいなという風に思いますよね。」

012以上

確かに外交は脳死状態だし、北朝鮮崩壊のシナリオも頭に置かないと危機管理上大変な事になるとは思います。

でも、いつもの事ながら、竹島の事と一緒で、青木氏は「全部日本だけが悪く、朝鮮は被害者」という前提で話していました。

今どき、「朝鮮半島の分断は日本のせい」と言っている人は共産党と社民党と朝鮮人だけじゃないの?? 韓国留学時代に洗脳されたのかしら(呆)

国境を接している中国や韓国が焦って対策を講じるのはよく分りますが、日本が出来る事は、難民が来たら(日本人妻は別として)、韓国に送ってあげる事くらいしかないような気がします。

反日教育のお陰で日本定住を希望する人なんていないんじゃないかな。

出来ても、せいぜい今回と一緒で一時保護ぐらいかも。

韓国も少しは余裕が出てきたんだから、ハナ院をそこら中に造って備えるしかないんじゃないでしょうか。統一を望んでいるんだから、そういう覚悟なんだと思います(棒)

ところで、この青木氏はいっつも「日本の植民地支配がーー」って言うけど、日本は韓国を併合したのであって、つまり当時は日本の一地方だったわけですよね。

インフラ整備も、生活水準の向上にしても、人口が2倍に増加したのもこの時期です。

なぜ朝鮮人は嘘をつくのか。(竹島・日本海呼称問題・・・)

どんな酷い目にあったか、この番組できっちり上げてみろと言いたい。

いつも言いっぱなしでズルイ男です。

青木理解説「"竹島問題"なぜ韓国がこんなに怒るのか」 【ニュース解説 眼】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年08月10日13:10青木理解説「"竹島問題"なぜ韓国がこんなに怒るのか」 【ニュース解説 眼】

朝日ニュースター【ニュース解説 眼】という番組で、親韓国のコメンテーターとして活躍中の青木理氏が、韓国の言い分だけ代弁し、自民党の視察団を猛批判していたので記録しました。

この青木氏は、反原発・反死刑制度・反日思想の人物。まるっと韓国側の主張でビックリしました(・・;)

0018/8(月) なぜ韓国がこんなに怒るのか

解説 :青木理(ジャーナリスト) アシスタント :青木梨紗(立教大学文学部4年)
今月1日、自民党の国会議員3人は竹島近くの鬱陵島訪問の目的で韓国・金浦空港を訪れましたが、入国を拒否され日本に戻りました。
その後も韓国では「領土問題の紛争化を狙う政治ショー」などと批判が続いています。しかし日本の新聞ではベタ記事扱いと小さくこの問題に対して、日韓の思いが大きく離れているようです。
なぜ韓国はこんなに怒り続けているのでしょうか。
通信社の韓国特派員経験のある青木理氏が韓国人の抱く「竹島」問題への真意を解き明かします。
キーワードは「相手の気持ちを知ろう」です。是非ご覧ください!

002(自民党視察団訪韓での金浦空港での怒りのパフォーマンスの様子と韓国マスコミの論調など紹介 略   『相手の気持ちを知ろう』というフリップを出した後・・)

004 005 006

(日本では領土問題だが、韓国ではそれを超えた非常に敏感な問題。歴史表で詳しく説明。

日露戦争は帝国主義戦争で、日本海海戦の時、竹島が非常に重要な拠点だった。日本が勝利し、ポーツマス条約で朝鮮半島に関する優先権みたいなのを取った。翌年竹島は島根県と閣議決定。で、日本が韓国を植民地支配したという詳しい説明。

008

李承晩(リショウバン)ラインの話など フリップ通りなので略)

007_2 009

青木氏
「・・(日本は)植民地支配まで突き進んでいくとってことを考えるとぉ、韓国の人にとってはこれ、領土問題なんだけれども、やっぱりその日本とロシアの帝国主義戦争っていうのがあったんだけれども、日本がその朝鮮半島をその植民地支配するためのこれ、第一歩になったっていうその受け止めなんですね。(はい)

だから、どうしてもそのー、もちろんそのー、植民地支配されたっていう事に対する怒り、それから悔しさ、恨みっていうのがもう物凄くあるわけですよねぇ。(うーん)   っていうのも、その第一歩がそのーー、竹島であるということなんですね。

だから物凄く竹島問題、まっ韓国で言うドクト、独りの島と書いて独島って読むんですけども、独島問題っていうのは韓国の人にとっては物凄く感情的で、物凄く怒りを誘発するってことをね、その日本の人達は必ず知らなくちゃいけないし、やっぱりその、その状況を、、だから例えばね、ボク今でも憶えているんですけども、韓国ではね、ボク通信社の特派員で韓国行ったんですけども、その天気予報ってのがね独島っていうのが、、今日の独島の天気っていうのが出るんですねぇ。(人が住めるようなところじゃないですよね? ) ないですね。ほとんど岩なんです。岩みたいな所なんだけど、人がすめるような状況じゃないんですけども、ほとんどね、だけど独島の天気ってのは必ずやるし、

010

だから例えばボク、その韓国の外務大臣、まっ、向こうでは外交通商部の長官ってんですけどね。

その記者会見でそのー、独島問題っていうのは果たして領土問題なんですかと、あるいは歴史認識問題なんですかっていう質問をしたんですねぇ、確か、その当時の外交通商部長官、今国連の事務総長になってる潘基文(パンキムン)さんなんですけども、彼は確か領土問題だという風に仰ったと思うんですけども、その後にすぐ韓国の記者が質問に立って、いやそうじゃないんだと。いう事をとうとうと10分間位記者会見で演説するんですね。ボクはちょっと辟易としましたけども、やっぱり、そういう日本で思っているのとはまた向こうでは全然違う、非常に歴史認識問題と植民地支配問題と非常に結びついているんだっていう事をひとつボクら知らなくちゃいけないんだと思いますね。

012

青木アシ「うーん、はい、そんな中で今、日本の議員が向こうに行くっていうのはどういう事なんですかね?」

青木氏「そうなんですね、だからね、もちろん領土問題ですから、コッチは俺たちのもんだと。向こうは俺たちのもんだと言っているわけですよねぇ。

それはまぁそれでしょうがないところがあるんですけれども、

014

ただ、今ね、ちょっと冷静に考えてみるとね、日本国内は震災の復興で政治が全然機能してない。で、まっ復興が全然進まなくて苦しんでいるっていう、、実際政治が機能してないですよね(はい) これは与党の責任は大きいけれど、野党の責任も大きい

それから原発事故の収拾もついてない。っていうかもっと言えばこれからどうなるのかまだ危機は現在進行形なわけですよね。

そんな状況の中で果たして、そんなことしている場合なのかっていうのが1つあるのと、

015

もう1つはね、今、外交的な問題も少し目を向けなくちゃいけないんですけど、例えばいわゆる北朝鮮の核問題をめぐるその6カ国協議っていうのが、再開に向けて各国が微妙な動きをし始めてんですねぇ。

一番最初にこれ背後には、その2008年12月から6カ国協議ってのは中断しちゃってるんですけども、中国もそろそろやりたいと。北朝鮮も恐らくやりたいというかですね、まぁ色んな事情があって動き始めてるんですね。

ちなみに7月末にですねぇ、28日から29日ニューヨークでそのアメリカのボズワーズっていう北朝鮮問題の特別代表、それから北朝鮮はキムゲガンっていう第一外務次官ですねぇ、まぁ外交問題の事実上の責任者に近い人物になる人が、まっ訪米したんですね。

で、ここで米朝対談ってのを行われたんですねぇ。 これ2009年の12月以来だからまぁ大体1年半ぶりぐらいになるんですねぇ(はい)

それから、南北も動いてるんですねぇ。もちろん韓国は今えー、イ・ミョンバク政権でずっと北には厳しい対応取っていたんですけども、でもこれ7/22日にですねぇ、インドネシアのバリ島・ヌサドゥアって所で南北のその首席代表同士、まっ6カ国協議の首席代表同士が、えー、接触して会談をやったと。こういう状況なんですね。

で、こん時はそのー、まっ北朝鮮はえーー、キムゲガン氏、韓国はウィ・ソンラク?っていうまっ、これも6カ国協議の首席代表なんですね。

っていう事は南北も米朝も微妙に動き始めてるんですね。っていう時にその、、

で、核問題っていうのは日米韓の連携っていうのはこれ誰が考えても絶対に必要なんですね。

こんな時に韓国のその一番感情的なところを刺激するような行為をすることがね、果たしてその外交的にも意味があるのか。ほとんど無意味。

だからボクは敢えて言いますけども、外交的にもそれから国内の状況を考えても、もうセンスが無さ過ぎる(笑)っていう感じがするんですね。

だからやっぱり韓国の、、領土問題はあるにしてもね、だけど韓国のことを少し考えて動く、外交的なことを考えて動く。あるいは相手のことも考えつつやるっていうことのね、センスってのがないっ。

で、国内の状況を考えてもセンスが無い。だからまぁ今回の訪韓は、ボクはね、論外だったなという感じはしますよね。

016

青木アシ「はい、青木さん、今日はありがとうございました。今日は『竹島問題、なぜ韓国はこんなに怒るのか』をテーマにお伝えしました。ニュース解説 眼 次回も是非ご覧ください。」以上

日本のジャーナリストを名乗る人間が、この程度の認識なのかと愕然とします。とにかく、「竹島」を持ち出すと韓国を怒らせるから止めろって事でしょ?この青木氏の論法でいくと、『竹島の日条例』を制定した島根県もけしからんってことね(呆)

論理的にもおかしいし、事実も歪めている・・竹島が韓国の領土なわけはありません。韓国民も騙されています。

ご存知の通り、竹島は国際法上も日本の領土で、李承晩(リショウバン)ラインを勝手に引いて、警備隊を置き、そこから不法占拠が始まってる。

で、両国政府の密約と、日本側の申し入れにより、竹島の建造物等に関しては何十年も本格的にいじらなかったけど、民主党政権になってからあからさまに実効支配を強めているから視察に動いたという経緯があります。鬱陵島の竹島の博物館(独島博物館) の中に真実が!

韓国ウルルン島・独島博物館の?正体、下條教授が解説 【Nスタ・ニュースJAPAN・スーパーニュース】

視察団が騒ぎを起こそうとしたなんて発想は、韓国マスコミに乗せられている証拠。

この、青木理は金慶珠と会談した時も、菅談話がぬるい、もっと謝罪の気持ちを入れるべきと言ってました。崔洋一氏より韓国人っぽい思考でしたわ^^;録画はしてないけど、私の青木発言メモによると・・・↓

です。まるで、福島瑞穂のオトコ版ってカンジでした。

この青木理氏、韓国・延世大学校韓国語学堂に留学。その後、外信部勤務を経て2002年2006年ソウル特派員という経歴で、道理ではなく感情のみで一方的に韓国の味方・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ …

新藤義孝議員や下條正男教授にも取材してから喋った方が、後で恥かかなくていいのにね。

アカヒ系の番組でコメンテーターとしても重用されているけど、キケン人物だと思います。

(※ 竹島問題に関しては、下の「カテゴリー竹島問題 」にまとめてあります)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく