青嵐会

2012年04月17日09:37東京都、尖閣諸島買い取りニュース&石原都知事と尖閣灯台  【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】の朝ズバッ!ニュースで、

東京都が尖閣諸島を買い取るという、ワシントンでの石原都知事の講演のニュースをやっていたので記録しました。石原都知事の尖閣諸島への思いは、1970年代の活動から見て取れますね。

b212a936.jpg

アナ「東京都の石原知事は16日、滞在先のワシントンで講演し、中国などが領有権を主張している尖閣諸島を東京都が現在の地権者から買い取ることで基本合意したことを明らかにしました
275a454c.jpg 10ef62da.jpg

石原都知事(中国は)この尖閣は俺たちのものだと言いだした。とんでもない話だ。

でねぇ、東京都はアノ尖閣諸島を買いますっ。買うことにしました。」

石原都知事が講演で明らかにしたところによりますと、

a97e5150.jpg

去年の末から尖閣諸島の地権者と話し合いを進め、東京都が島の大半を購入することで基本合意したと述べました。金額については明らかにしていません。
bbe56b3f.jpg 77450c92.jpg

石原都知事は、「このまま置いておくと尖閣諸島がどうなるかわからない」と話し、購入後は沖縄県などと協力するとしています。

尖閣諸島をめぐっては、おととし中国の漁船が尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に衝突、中国人船長が逮捕されましたが、中国政府がこれに猛抗議し外交問題に発展しました。以上

久々に目の覚めるようなニュースでしたが、平和ボケサヨたちがまた大騒ぎするんだろうな~

本来は沖縄県や国がなんとかする問題だとは思うけど、そんな悠長な事言ってるうちに中国やられちゃいますよ。

突然のニュースなので、新党構想に向けてのパフォーマンスだと思う人もいるかも知れないけど、石原都知事は40年前からこの問題に取り組んでいます。尖閣諸島の灯台建設の経緯です↓

《"尖閣ビデオ"と、石原都知事の尖閣問題の取り組み 【新報道2001】》 より

(VTR)

尖閣諸島にある灯台。石原知事はこの灯台を通じ中国と戦ってきた石原氏あんな理不尽な事、ヤクザのやっている事と同じじゃないですか、中国のやっている事ってのは、、」

cca1f558.jpg
海底に眠る石油資源の調査が始まった1970年頃から、領有権を主張し始めた中国

db37bdca.jpg 728fab9d.jpg

それを察知し、動いたのが石原氏をはじめとする自民党の若手で結成された青嵐会

仲間で資金を出し、有志の学生たちに頼んで1978年灯台を造った

658eec42.jpg

その後、日本青年社などにより、今の形になった灯台。これが日本の外交姿勢を照らしだした。

4d1ead48.jpg a110c75f.jpg
石原氏「運輸省の水路部もチャート(海図)に(灯台を)記載しようとしたらね、

外務省がね時期尚早と言って止めたんですよ。

それから長い事ね、あの灯台は灯ったままね、チャートに記載されなかった、、」

65b00b8b.jpg
中国からの圧力もあり、灯台が海図に記載される事はなかった。結局、灯台の記号★印が記載されたのは2005年になっての事だった。・・

尖閣諸島をめぐる、国の対応に対してのフラストレーションが今回の行動なんじゃないかな。

民主党政権があの尖閣ビデオを隠蔽したせいで、一時、日本の海保の方が加害者というデマを中国ネットで流布されちゃったという事もありましたよね・・・(遠い目)

《尖閣で中国ネット氾濫 「海保が衝突」既成事実化 【やじうまテレビ】》 より

002

それにしても石原さんの 発信力・行動力って並じゃないわ。

公表の場所がアメリカだというのも、このタイミングも、インパクトも素晴らしい

領土問題は、国際社会に発信して行く事が一番大事なんです。

竹島問題にも活かしてほしいですねっ!

《尖閣問題「「根拠にあるのは実は竹島問題なんですよ」 【TSKニュース】》 より

020 

『中国の強硬圧迫に降伏した日本』

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月24日15:41"尖閣ビデオ"と、石原都知事の尖閣問題の取り組み 【新報道2001】

フジテレビ【新報道2001】で『緊急生出演…石原都知事が対中国外交に痛烈提言 石破VS長島参戦で激論』というのをやっていて、凄い面白かったんですが、

その中で、尖閣の灯台建造のVTRと、石原氏が話した衝撃の中国漁船衝突ビデオの中身?の部分だけ記録しました。(青字はナレーション)

アナ「・・今、都知事が指摘したそういったチャイナリスクを乗り越えて戦略的互恵関係を築くには、やっぱりこの問題の解決ですかね。まずこのVTR、都知事、ご一緒に。」

(VTR)

尖閣諸島にある灯台。石原知事はこの灯台を通じ中国と戦ってきた

石原氏あんな理不尽な事、ヤクザのやっている事と同じじゃないですか、中国のやっている事ってのは、、」

94e1c9ae.jpg
海底に眠る石油資源の調査が始まった1970年頃から、領有権を主張し始めた中国

61e6dd8d.jpg 46095c44.jpg

それを察知し、動いたのが石原氏をはじめとする自民党の若手で結成された青嵐会

仲間で資金を出し、有志の学生たちに頼んで1978年灯台を造った

581e1e84.jpg2c3b18fa.jpg

その後、日本青年社などにより、今の形になった灯台。これが日本の外交姿勢を照らしだした。

石原氏「運輸省の水路部もチャート(海図)に(灯台を)記載しようとしたらね、

外務省がね時期尚早と言って止めたんですよ。

e0399243.jpg fa333af7.jpg

それから長い事ね、あの灯台は灯ったままね、チャートに記載されなかった、、」

中国からの圧力もあり、灯台が海図に記載される事はなかった。結局、灯台の記号★印が記載されたのは2005年になっての事だった。

676c3176.jpg e00d6ab0.jpg

それから灯台の周囲は騒がしくなる一方。2008年には4隻の中国艦隊が津軽海峡を通って沖縄まで日本を周回。今年4月には10隻が沖縄近海を航行した。

95c3977c.jpg 9cfc183f.jpg

そして先月、漁船衝突事件がおきた。事件後現れた中国監視船2隻は、今月初旬に撤収。

24d1a375.jpg

しかし、中国では今度は漁民権益保護を名目に再度漁業監視船を3隻を派遣と報じられている。再び両国に火がつく日も近いのだろうか。

(VTR終了 スタジオへ)

(民主・長島氏が中国の東シナ海侵略の過程を説明、自民党・石破氏が船長は処分保留で釈放となっているが、次こそきちんと国内法に則って逮捕・起訴・裁判すべきと話し、それぞれ法体制整備の話のあと・・)

d91ce67b.jpg

石原氏「・・・それからねぇ、情報ってのは必ずどっかから漏れてくる。昨日もね(北朝鮮拉致のキャンペーンを都庁でやって)、

その時にもまぁ政府の関係者だったけど側聞ですが、聞きましたけど、とにかく日本の巡視艇の乗員が落ちたのを、、なんかはずみに。中国の漁船が銛で突いてるんだって。(その方がですか?)うん。

それをね、側聞ですがってって言ったけど、数人の人から(笑)聞いた

それはねぇ、やっぱりその実態ってのを私たち知る必要があるし、公開すべきだと思うし、それがやっぱりこの問題に対しての正当なねぇ、日本人の世論ってのを作っていくと思いますよ。

今のその政府ってのは、自民党も民主党もみーんなもう世論調査気にしてピリピリピリピリしてね、世論なんていい加減なものに阿っているんだけど、

31e25d28.jpg

私はねぇ、とにかくその尖閣で漁船が向こうから突っ込んできて、しかも航路を妨害し、はずみに落ちた例えば日本の要するに乗組員をね、銛で突いたなんて事、、魚じゃないんだから、マグロじゃないんだから、まぁウソか本当か分かりませんけれど。????じゃないんだから公開したら良い、そりゃ、あるんだから、アナタ方、メディアしっかりしなさいよ

bf6a77f5.jpgアナ「いやいや、両方確認する必要が確かにあると思いますが、森本さん・・」(以下 略)

まぁ真偽は分かりませんが、もし”銛”の話しが本当だとしたら・・ビデオ公開すれば現政権は吹っ飛ぶかもね。

中国漁船側がそんな事しているのに処分保留の釈放って、法治国家で絶対にあり得ませんから。

で、尖閣諸島の灯台をちゃんと見たのは初めてだったので、ちょっとちゃっちくてビックリしました。頑丈な「灯台」のイメージと違った。

センカクモグラの生態調査と同時に、尖閣の灯台の補強工事を早急にした方が良いですね。

蛇足ですが・・この番組に民主党が長島氏を出演させるのは反則だと思います。

私は長島氏はその辺の自民党議員よりよっぽど国防の考えがしっかりしてて、ゲルと師弟関係だと思っているので!もっと民主党"らしい" 社会党系の論客とかテニアン川内とか送りこまなくちゃ!

マトモな政党に見えちゃうじゃないですかー(苦笑)

追加

【my日本のコメントで教えてもらったツイッターの画像。中国側の再現ビデオ、分かりやすいので拝借 http://news.ifeng.com/world/video/detail_2010_09/12/2494190_0.shtmlより

c2c6f32e.jpg

追加動画 【新報道2001中国とどう向き合う!石原慎太郎知事生登場】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく