長崎知事

2010年02月22日14:37長崎知事選の進次郎効果     【やじうまプラス】

長崎県民と、東京の町田市民に拍手です。民主党は、実は末期なんじゃないかなぁ~

その報道をテレビ朝日【やじうまプラス】の、吉澤アナは全く想定外の流れに持って行ってたので記録しました。

吉澤アナは、自民党の悪口言わないと気が済まないようですが、今日のコメンテーターはいつものように、あんまり同調してくれませんでした(苦笑)(今朝の一刀両断のコーナーは、この話題のみで長いので、吉澤発言以外は要約)

001 002吉澤アナ「一刀両断です。

長崎県知事選、与党敗北です。

コチラ参りましょう、朝日新聞です。

えー、長崎県知事選は、昨日投票。即日開票されまして、自民・公明両党の支援を受けました無所属・新顔で元副知事の中村法道氏が、民主・国民新党・社民与党三党が推薦した、

元農林水産省改革推進室長の橋本氏ら無所属新顔の6人を大差で破り初当選を果たしました。まっ、今年初めての知事選になったわけなんですが、与野党対決型。しかも閣僚や与野党幹部が相次いで長崎入りしたと。

そして民主党にとってこの長崎県というのは、去年の衆議院選で県内4選挙区すべてで公認候補が勝利。過去二回の参議院選でも勝った完勝区だったんですねぇ。なのに負けてしまった。

003 その理由、いくつか取りざたされているわけなんですけれども、その一つとして挙げられているのが、コチラ進次郎氏で勝ったというコチラでございます。日刊スポーツ。

まぁ今回、えーまぁ自民党はですね、小泉進次郎氏を25回街頭に立たせたという事で、まぁ今月の3日、18日、19日、3回長崎に入りまして25回の街頭演説で支持を訴えたこの進次郎氏の効果が大きかったと。

終盤2日間は執行部の指示で泊りがけ。自民党関係者曰く『最終兵器』の起用が中村氏の逃げ切りに繋がったという事で、えー、ただ一方、谷垣総裁はというと応援に入っておらず結局、人気ルーキー小泉進次郎氏に頼らざるを得なかった悲しい現実も浮き彫りになったと。

じゃあ民主党はという事で、民主党はですね、2区で自民の大物久間元防衛大臣に勝った福田依里子議員も出たんですが、走り回ったんですが、エリー効果は出なかったという事なんですが、ただ投票率、前回を7.81ポイントも上回る60.08%。かなり関心の高さを示していたという事なんですけどねぇー、

しかしこれ、萩原さん、ねぇ、谷垣総裁が入らなかった。でも小泉進次郎さんは25回も街頭演説に立った。この効果結構あったかも知れませんね。」

004 萩原氏「ただ、実際のところは、自民党が進次郎氏でポイントを上げて勝ったというより民主党が小沢・鳩山氏のカネと政治の問題でポイントを下げて負けたという事が実際のとこだと思う。

与野党の対決型というが、政策自体は両者とも諫早湾の開門調査反対・新幹線建設賛成で、政策の違い。

しかも民主党が優勢のはずが負け、更に昨日の東京都町田市長選これもやはり民主党推薦候補が負けている。なので、たまたま負けたのではなく、国民は政治とカネの問題で怒っていると。小沢さんがこのまま居座る事にはやはり許しがたいという意思の表れだと私は思う。」

005 吉澤アナ「なるほどねー、そうなると出てくるのがコチラでございますね。東京新聞です。

まぁ結局ですね、今回鳩山総理あるいは小沢幹事長の政治とカネの逆風を懸念した民主党にとって、不安が的中した格好になったわけなんですねぇ。

くすぶり続ける小沢氏の進退問題が再燃する可能性があると。というのもですね、今回の敗戦にデジャブーを抱く民主党議員がいると。

去年、実は西松建設事件で秘書が起訴された後も小沢氏は党代表を続投しました。しかし、その後行われた千葉・秋田両県知事選で連敗しまして、そしてその後に代表を辞任しているという事なんですねぇ。

これ竹田さん、そうなるとやはり流れとしては小沢さん、選挙に勝つために自分は幹事長をやると言う風にずーっと仰ってたわけですから、そういう意味では、これは結構大きなやっぱりショックでもあるんじゃないでしょうかねぇ。」

006 竹田氏ただ長崎の結果だけで国民全体がそういう風に思ってるって決め付けないほうが良いと思う。

10万票の差で政策の違いもないという事は、去年の総選挙の時に民主党に吹いた風で動いた分が

進次郎さんでスライドしたという部分も結構大きいんじゃないか。逆に言えば自民党は参議院選の事を考えれば、総裁を替えるなり進次郎さんをもっと前面に出したほうが有効だという事が確認できた選挙だとみても良い。」

吉澤アナ「小沢さんの交代ってのはどうですか。」

竹田氏「民主党が選挙の結果の分析として、知事選や町田の結果よりも、

やっぱり政党支持率と政権支持率を細かく見ていくと思う。党内の調査も加えて小沢さんだけではなく鳩山さんのお金の問題も含めてかなり影響してくるという判断をしたら、5月に普天間移設を決める前に、小沢さんが退く選択肢は、昨年の西松の時の対応みても、今度の参議院選はそれと同じように重要なので十分可能性はある。」

008 川村氏「ただ長崎の場合には、衆議院選挙を取材したり、今回の県知事選をずーっと地元ジャーナリストとメールのやりとりしたりしているが、

長崎県議会、市町村議会はみんな自民党系が多い。つまり国政では昨年勝ったが、地元に根付いている金子体制の後継者という意味で、民主党に入れた人達も県知事選になると違う態度を表明していて、ねじれ現象がある。

むしろ町田市長選の方が、小沢幹事長も入っている。

長崎県には鳩山総理も小沢さんも入っていないので、票差をみても町田は相当離れていて、つまり民主党支持者が投票しなかったのではないか。このへんが全体的な政治離れ、政治不信を招いているのがポイントだと思う。」竹田氏「でも、長崎は投票率は上がっているが?」川村氏「上がっているが、民主党支持者は行っていない。出口調査によると。」

吉澤アナ「だけど思ったより票差が開いたんじゃないですか?」

009 川村氏「開いた。だから民主党支持者の方から、政治に対する嫌悪感がかなり出て、かつて行かなかった人が行って、行ってた人が行かなくなったという朝日新聞の出口調査があるので、それを考えるとこの次の参議院選挙はやはり投票率が下がるのではないか、だからどっかで小沢幹事長辞任というカードを切るタイミングがあるのかなと捉える向きも多いと思う。」

萩原氏「今回の候補者見ても、中村さんは県庁からのたたき上げなのに対し、与党3党が推した橋本さんは元農水省官僚で、民主党というのは脱官僚依存と言いながら、やっぱり連れて来るのは中央からの官僚OBかというところで、県民の方々も拒絶反応があったのかなぁと思う。」

010 011吉澤アナ「なるほどね、

まぁ、とりあえず自民党の退潮傾向にストップがかかったわけなんですが、まぁそこでですね、変えようという風な動き、自民党もですね新しくしなきゃなんないという動きも出てるんですけども、これ先週お伝えしました、ちょっとコチラご覧頂きましょう。読売新聞なんですが、先週はですね、自民党の派閥を解消しようじゃないかという動きが、まぁ石破政調会長らが出したんですけど、結局、ベテラン組を中心にやはり慎重論が出てきていると。今は与党と対抗する時で派閥解消の議論は手順論としていかがなものかとか、あるいはですね、派閥解消まで一気に行かなくても事務所の閉鎖からはじめ、党の新生を示すべきだと激変緩和の必要性をベテラン議員が言い始めてる。この辺がですね、まだまだ派閥解消という所までは行かない。

まーー、自民党はやっぱり変われないのかなぁなんて感じが、またしてしまうんですけれどもね、どうでしょうか。」

コメントがいつになく長くて、時間が押していたため、その次の読売新聞ネタをワザワザ飛ばして、最後の派閥解消の記事。。どうしても自民党批判記事で締めくくるのが掟のようです。それと、この番組、何故か進次郎潰しに躍起なんですよね・・

喫煙所大臣・うるさいっ大臣・仁王立ち大臣・携帯大臣【朝ズバッ!・やじプラ】

2010年01月29日

それにしても川村氏のコメントは分かりにくい・・、投票率が上がってるのに、民主党支持者が選挙に行ってないという解説は、えっとー、試しに政権持たせたら、幻滅ーーで、支持者が離れたという理解でオーケーですよね?!同じテレ朝つながりで、【スーパーモーニング】もスゴイです!!鳥越氏は「検察のせいで負けた」と言っています。

でも、やっぱりこれを見て、恫喝と利益誘導の民主党の姿に、長崎県民がノーを突きつけたんだと確信しました。

【ニコニコ動画】『スーパーモーニング』  長崎県知事選

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく