金美齢

2011年06月07日14:33君が代起立条例に関する所功先生の手紙☆ 【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビ【そこまで言って委員会】(6/5)で紹介していた、

大阪の君が代起立条例の問題で、ja.wikipedia.org所功 先生氏の手紙に感動したので書き起こししました(青字はナレーション)

日本語のお手本みたいな文面です。この手紙に頷けない人は、日本人、辞めた方がいいね。

辛坊氏「そんなこんなで次のテーマに参りたいと思います。当委員会でもお馴染みのあのお方からお手紙が来ました。」

先日、当委員会の良心、所功先生から番組宛にご丁寧なお手紙を頂きました。

bf2d23ac.jpg

早速ながら、大阪の橋下知事が国旗・国歌の式典起立を励行する条例の成立に積極的意向を表明されたこと、誠にありがたく、御同慶の至りに存じます。

369e1ad0.jpg 41b654b5.jpg
お手紙の内容は、大阪府の橋下知事が代表を務める大阪維新の会の府議団が、公立の小・中・高の学校行事で、君が代を斉唱する際、起立を義務化する全国初の条例案を提出したことに関するものでしたが・・

橋下氏晴れの舞台である入学式や卒業式を欠席すればいいんでね。現場には行くわ、ルールには従わないっていうのはなんちゅう教員なんですか、こんなの。こんなの大阪府にはいりません。」

b4bc6095.jpg

ただ、同知事の言い方が石原知事と同様、あえて挑戦的なため、一部に無用の誤解・反感を呼ぶ恐れもあり、

むしろ、当然の常識として訴え、良識ある府民大多数の支持を得て、条例を成立させてほしいと念願しております。

所先生が危惧されているのは橋下知事が、

橋下氏公務員がその国家・国旗、これを否定するんだったら、公務員辞めりゃいいだけの話なんですよ。」

と、語気を荒らげ、

橋下氏それでも起立しないっていうんだったら、もう大阪府民への挑戦として捉えてね、辞めてもらいます。」

と、表明したこと。

502a9e6f.jpg dec2056f.jpg

朝日新聞は、橋下氏は大阪府教育委員会が文書での指示を繰り返してきたことに対し、「起立を拒む教師が続いていることにいら立ちを隠さなかった」とし、

「学校現場から威圧感を感じる、国や郷土を愛する気持ちを育てるのは大切だが、問題はやり方。条例で人の心を縛るのは乱暴ではないかなどの声が上がっている」と報道。これに対して所先生は・・

8841b645.jpg
朝日の報道で遺憾な点は、既に平成11年に、君が代が国歌として法律化されている事実を示さず、学習指導要領も小・中・高で順守すべきことに触れていないことです。法律・告示を尊重するのは、公務員のみならず、法治国民として当然という論旨を広げてゆくことが必要だと存じ上げます。

0f967f46.jpg 3f9a0497.jpg
その後、朝日新聞は、『君が代強制、教育なのか』の見出しで、「府内の教員、弁護士で作る日の丸・君が代強制反対ホットライン大阪のメンバーが、君が代起立条例に反対している」と報じ、メンバーの一人である府立高校の52歳の教諭の、「特攻隊に志願した父が教育に騙されたと語るのを聞いて育ち、君が代は歌わないと決めた。国歌斉唱が導入された2000年度以降、不起立を貫いてきた」とのコメントを紹介。

490ec88a.jpg 0e3e06f6.jpg

またあるスポーツ紙は、某著名人の、「時代錯誤でまるで北朝鮮、低次元な話で呆れる」との批判コメントを掲載。

更に日弁連は、宇都宮健児会長名の反対声明を発表し、「思想・良心の自由などの基本的人権の保障に加え、教育の内容や方法への公権力の介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反するものとして看過できない」と指摘。

363285b9.jpg e568fa82.jpg

そんな中、卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、退職後に嘱託教員として雇用されなかったのは違法として、都立高校の元教諭が都に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁は、起立を命じた校長の職務命令を合憲と判断し、原告の上告を棄却しました。

判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、「他国の国旗・国歌に対して敬意を持って接するという国際常識を身につけるためにも、まず自分の国の国旗・国歌に対する敬意が必要」との捕捉意見が付け加えられました。所先生のお手紙は・・

8475dc68.jpg

もし、貴番組でこの件を取り上げていただければ幸いです。小・中・高の反対運動の実態を広く知らせる必要があります。

と、締めくくられていましたが、6月3日、大阪府議会の本会議で、大阪維新の会が提出した、君が代起立条例が可決・成立。君が代の起立斉唱を義務づける条例が、都道府県で初めて制定されることに

b04ee7a3.jpg

橋下氏こんな教員は、とっとと教員を辞めてもらいます。だから辞めさせるルールを考えます。絶対に辞めさせる。」

という姿勢の橋下知事は、罰則についての条例を、9月議会で成立させる意向を表明していますが・・そこで皆さんに質問です。君が代斉唱の際に、起立しない教職員は辞めさせるべきだと思いますか?

(VTR終了 スタジオ)

e61bf4e8.jpg 2eb82118.jpg

たかじん「知事のツイッターでは、朝日新聞との対決を鮮明にしたツイッターの文を、毎日がーっと書いております。とことん私はやると、本人は。」

辛坊氏「この問題についてはですね、私のとこにも本人からメールが来たんで、本人に無断でフラッシュという写真週刊誌の連載持っているんですけれども、今、発売中のやつに書いときましたんで。」

たかじん「また宣伝か~い!当然、皆さん賛成の中でも反対の方もいらっしゃる。まずこれは当然、田嶋先生に口火を切って頂きましょうか。」三宅氏「短く完結にね。」

田嶋氏「先生ほど長くないから。(はい、どうぞ)いきなりそんな親切されると何から言っていいか分からない。」

d7f17628.jpg
三宅氏
「じゃあ、私が代わろう。あのね、アフリカのどんな国でもね、独立するでしょう。まず最初に作るのが国旗・国歌なんですよね。

それでやっぱり自分達が独立して主権国家になったということは、国旗を持ち、国歌を歌うことによって、初めて自分らのアイデンティティーを確認する、世界中、当たり前の事なの。

君が代についてはね、君が代っていうのが天皇の代だということで、その時代錯誤だって意見があるけどね、

国旗っていうのは大体どこの国でもね、革命歌か、あるいは独立戦争の歌なんですよ。だからすごい血なまぐさい、ラ・マルセイユ…なんてすごい、当たり前なの。だけどね、国旗として決めたらそれを守ってやっていくのは当たり前であってね。

田嶋氏「あのね、いいですか?」三宅氏「・・ずーっと発言なくてよろしい。だからね、、」

c2c30e97.jpg
田嶋氏
「1999年に小渕さんがね、これを法律を作るときに言ってるんですね。

国旗に対する尊重規定や侮辱罪を創設することは考えていないって、そういう風に言ってるんですよね。

それから一般国民に、例えば日の丸を自宅に掲げたりする義務が生じないばかりか、例え国旗や国歌を尊重しなくても、また侮辱などしてもそれを罪に問うことができる法律ではないとしているっていう事。ちゃんと、、与謝野さんも言ってるし、ちゃんとこう書いてあるんですけどぉ。」

村田氏問題は????の公務員だっていうことですよ。で教員は学校現場では子どもたちには規則を守りなさいって教えてるわけですよ。子供たちに規則を守んなさいって言ってる人たちが法制化された規則を守らないことの矛盾っていうのはね、やっぱりそれは良くないよくない影響を子どもたちに与えると思います。」

田嶋氏「でもね、ここで小渕さんも言ってるように、それは強制してることじゃなくて、しかも憲法でもって自分の思想、良心の自由と、、

三宅氏自分の心情と国旗とは関係ありませんっ、そんなこと。」

4f916d79.jpg
田嶋氏
「例えば今、そこにテレビに出てきたじゃないですか、これがなんでこんなことになったらっていったら、やっぱり太平洋戦争のせいですよね。

で皆さんここにいらっしゃる方のお父さんとかおじいさんはとても偉い方たちだったと思うんですよ。さっきの人も。分かんないけど

要するに、天皇陛下の命令をみんなに伝えて、そして戦争に連れていく立場の人たちだったと思うんです。

でも、私がこういうことになぜ敏感かっていうと、うちの父親は上等兵とか2等兵とかそのレベルなんですよ。すると、殺したくない人を殺すことも命令されてやる。死にたくないのに死ぬのも命令の状況でそういうことになるわけですね。そうすると、、」

三宅氏「もう止めなさいよ、あなた。」

田嶋氏今もってまだ日本の国旗に対して、ある思いを持ってる人たちがいるわけですよ。その思いっていうのは、思想・良心の自由であって、その思いを踏みにじることはできないんですよ。それは憲法で保障されているわけですよ。」

三宅氏「あのね、国旗・国歌はそんな思想・良心と関係ありませんっ。(いや関係ある。思いだから:田嶋)  ね、日本国民である限り、日の丸は国旗である。(思いだから。関係あるんですよ。愛国心だから:田嶋) 君が代が国歌であるということは、一分の、ちょっと、ちょっと・・、あなたね、小渕さん、小渕さんって言うけども、私はね、小渕内閣の時にね、野中官房長官が一番動いたんだけども、彼に聞いたんですよ。あの人は非常にリベラルな考え方の持ち主だから。(そうそうそう:田嶋)

そしたらね、その国旗が日の丸であるとかなんとかっていうような事はね、法律で定めるまでもない常識だと。

だけどもこれはね、例えば日教組がね、これを反対をして、それを揚げようとした校長が首くくって死ぬような事件があった。ね。それで文句を言ったら、法律にあれは準拠していないじゃないかと。日の丸・君が代は。

それで残念だけども法律にすることにしたと。本来ならこんなことをしなくても、国民の常識として、日の丸は国旗だと、君が代は国歌だと言ったらそれでいいんだと、そう言って答えたんだよ。(でもねちょっと前まで、、:田嶋) これは当たり前の話なんですね。」

e8c48667.jpg
金氏
「私に話させて。あのね、私はね、あの中華民国っていう国を否定してるんです。中国という国を。

その為に31年、ブラックリストに載せられて、台湾に帰ることができなかった。パスポートも無効になって。

だから、何かを反対するっていう事はそれぐらいの覚悟とコストをね、かける位のつもりでやってほしいと思う。

それでも私は、まぁ台湾が民主化されて、台湾へ帰った時に、陳水扁が総統になって、2004年の総統就任式に参加したんですよ。まだまだね、、要するに台湾の国歌は、要するにサンミン主義っていう、国民党の党歌みたいな歌なんですよ。でもそれを歌うときにね、私は起立しました。何故なら、敵の国でも、もしそこの国のその歌が歌われるときに、起立するのがね、礼儀だと思ったから。

私はね、もしね日本人として日本に生まれて、日本という国の恩恵を被っているんだったら、私は国旗・国歌っていうのは運命共同体のある意味では儀式としてね、それが出てきた時には、それ相応の敬意を表するっていうのが、日本人としての基本的なマナーだと思ってる

ましてや、公務員たる者ね、それこそね、しかも教育者たる者ね、規則を守る、ルールを守るということ、何かに対しての敬意を表するということ。日本という国に恩恵を受けて、日本という国に世話になっているという、そういう標っていうか、共同体のね、それこそ確認として、卒業式・入学式、、(凄い立派な演説、もういいんじゃないの~? 私、そんなに長くしゃべってない:田嶋) 立派です。あなたよりはるかに立派です。」(大拍手)

田嶋氏「たかじんさん、聞いて。アメリカで出た判例の具体例。いい?! 1977年ニューヨーク連邦の地裁が出したものはね、国家吹奏の中で星条旗が掲揚されるとき立とうが座っていようが、個人の自由である。これ一つ。

あの2つあるんですけれどぉ、1989年の最高裁判決これは国旗の焼却事件があったんですね。その時、我々は国旗への冒とく行為を罰することによって、国旗を聖歌、ホーリーなものにするものではない。これを罰することは、この大切な象徴が表すところの自由を損なうことになる。すなわちアメリカの国旗の象徴は自由なんですね。それからもう一つ、1989年に最高裁が出したの。上院で可決された国旗規正法を却下して、国旗を床に敷いたり踏みつけることも表現の自由として保護されるものであり、国旗の上を歩く自由も保障される。(アメリカのことはいいよ:三宅)」

63fc873d.jpg
辛坊氏
「アメリカ云々で言うとね、田嶋さんの仰る通りなんだけども、アメリカが合衆国連邦州制第1条で、すべての価値よりも表現の自由を大切にすると。

だけど、橋下知事が言ってるのも、実は今言っているのと同じことで、

『僕は卒業式に来てる親に立てとは言わないと。私はそんなことを言う権利はない』と。『場合によったら、学生に立てとも言わない』と。『そんな権利もない』と。『私は、公務員は教育委員会で立てという命令が出ている』と。『それに従わないのはおかしいだろう』と言ってる話で、今の話は同じで、

日本の国の今のどの法律とったって、国旗燃やしたから、それで罪になることはありません。ただだけど、それを行政命令として行われることと、一般の個人レベルでできる事と、、」 田嶋氏「でもね、でも国家の信念の意味が違うでしょ。」

三宅氏「あのねぇ、外国はやっぱり国旗の威力っていうのはあるんですよ。アメリカは長崎…っていうのがあって、長崎の中国領事館へ掲げた国旗を日本の右翼が、やったことがあってね。それで中国が大騒ぎしたんですよ。日本が謝罪したんだよ。だから外国がね、自分の国旗のことをね、そんな踏みにじられたり、火をつけられたりしてね、日本はデモのときに日本の国旗が火をつけられたりしたらみんな笑って見てるけどね、普通の国は自分の国の国旗に火をつけられたら激怒しますよ。

辛坊氏「確かに私の知ってる限り、世界の、世界の国の中で国旗侮辱罪の罪がないのは、たぶんアメリカと日本ぐらいだと思います。というのは、アメリカというのは特別な国だから。非常に特殊な国なんです、実はそういう意味では。それ以外の国では大概あります。」

三宅氏「ねぇねぇ、だけどアメリカでもね、アメリカに帰化するときは国旗に手を置いて忠誠を誓うんですよ。日本はね、金さんは日本に帰化したんだけどね、そういうことをさせないんだね。」

3f4a49df.jpg金氏「してない、してない。」(以下 略) 

君が代、日の丸に敬意を払うのは当たり前。 が結論だと思います。

常識 対 非常識の構図なのは、三宅氏 対 田嶋氏 でよく分かりますよね。

(そういう意味で、田嶋陽子は必要悪だと思うわ~^^;)

ただ不思議なことに、田嶋氏のような人が現実的に結構いるのも事実。この番組↓の出演者なんか、全員だし・・

《「日の丸・君が代がなんで嫌いなのか」 【パックインジャーナル】》

だから、常識を常識とするための条例が必要ということ。なんだか情けない話ですけどね。

根っこは日教組問題に繋がっています。

《民主党の死角"日教組" (テレ朝 サンプロ)  その1》より

革マル派などの団体が機動隊ともみ合う場面が見られた。厳重な警備の中、会場入りする教師たち。中では日教組の全国教研集会が開かれていた。

008007「(戦争)たたかい~

こえて~

たちあがる~

みどり~のさんが~」

これは日教組がかつて『君が代』に替わる国歌として位置づけた『緑の山河』

教師らは昔、この歌を学校で教えたというが、今では教師の間でも歌われる事はほとんどない。・・

その「緑の山河」には、こんな証言も・・・

《【必見】沖縄の反米教育・日教組との戦いの証言 》より

・・そしたらね、あの母親と女教師の会っていうのがありまして、そこで国歌を合唱するという事で起立になったんですね。

で、その時にチラシが渡って、それに国歌あの緑の山河・・・緑の山河っていうのが来て、で、見たらピョンヤンって書かれてるの。」

「ピョンヤン?!」

ピョンヤン! はい。書かれてたから、国歌って君が代でしょ?! 

おっかしいねと思ったから、アレを見てるとアノ中の文句は素晴らしいんですね。緑の山河ですから。そしたら考えたら、ピョンヤンって北朝鮮じゃないですかぁ。

そしたら彼らは北朝鮮を祖国という事で祖国の歌を歌わしてたんです。祖国って言うんですよ

で、私はびっくりして、その時その大会、、これは大変な事だっていうんで、翌日新聞投書やったんです。・・・

日教組が君が代を拒絶する理由は、こんなとこにもありそうです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月19日19:05中国に学ぼう!SP 中国の世界制覇戦略【そこまで言って委員会】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】、中国に学ぼう!スペシャルの中で、

023

第3章 未来編”スゴイ3つの世界制覇戦略”のVTR部分を記録しました(青字はナレーション)

001 003

辛坊氏「じゃあ、続いて参りたいと思います。最後は中国の戦略から学べ。」

002

2007年中国政府はアメリカ太平洋艦隊のキーティング司令官にこう持ちかけた。

「太平洋を東西に分けて、中国とアメリカで"分割管理"しよう」

当時のアメリカは、この提案を鼻で笑って一蹴したというが・・
ここにきて、近い将来現実に起こりうると言われている。

今年5月、アメリカのウォールストリートジャーナルに、恐るべき未来予測が掲載された。

004005

”中国よりアメリカが優位を維持する為に残された時間は・・おそらく5年から10年だろう”と予言したアメリカの軍事専門家はさらにこう続けている。

中国の海洋覇権の確立は台湾への侵略を許し、日本や韓国で真っ先に行われるのは米軍基地の撤去

006

アメリカ国防総省は、2009年の中国の国防関連費は1500億㌦以上と推計。これは日本の防衛予算のおよそ2.6倍

007 008現在、中国は、その莫大な資金をつぎ込み、

原子力潜水艦や国産空母を建造し、さらに西太平洋に展開するアメリカ空母を攻撃する、対艦弾道ミサイルを開発中という。



009

もし近い将来それらが完成すれば、いくらアメリカ太平洋艦隊といえども小笠原諸島、グァム、インドネシアの第2列島船内を我が物顔でユウリョクするのは困難になると言われている。

010 011実は、この中国の軍拡は、

1982年の時点で既に決定されていた「海軍海洋計画」に基づいているものだ。

つまり中国は、この29年間着々とアジア太平洋地域の覇権を握るべく、軍事戦略を推し進めてきたである

こうした中国の動きを警戒したのか、周辺国では既に軍拡競争が始まっており、中国と南沙諸島の領有権を争うマレーシアは、過去5年間に潜水艦や航空機にど海外からの兵器購入費を7倍に増やした

またインドは、ロシアから空母購入を急ぎ、オーストラリアは、防衛予算を今後10年間毎年3%増やす計画を立てている。

012 013こうなれば、さすがに普天間問題に揺れる我が国ものんびりしていられない・・と思いきや・・

米軍への思いやり予算を事業仕分けの対象としたばかりか、来年度の予算編成にあたって、公開の場で予算の優先順位をつける「政策コンテスト」の対象とするという。

014

日米同盟や国防戦略よりも、とりあえずのカネにご執心の民主党一体この方針は誰から学んだものなのか?

015 016また、中国は、高度経済成長を維持するためのエネルギー戦略に於いても、日本がお手本にしたいくらいの恐るべき用意周到さを見せている。

現在、中国は、中東・中央アジア・アフリカなど油田や鉱山の権益を次々と獲得し、それらエネルギー資源を安全に運ぶ為のシーレーン防衛を目的として、最南端の海南島に原子力潜水艦の基地を建設している。

ただ、この海域は日本や韓国など周辺諸国にとっても輸入する原油の8割が通過する「死活的に重要な国際シーレーン」である。

その為、万が一、この海域での航行に中国が介入してきた場合、日本や在日米軍はすぐさまエネルギー危機に陥ると危惧する声もある。

017 そんな中、ある外務省幹部は、東シナ海での中国のガス田開発の真の狙いについて、こう断言している。

「海上に構造物を構築し、いずれ既成事実化した上で、太平洋上への拠点にしたいと考えている。」

「資源獲得だけが目的ではない。」

こうした中国の軍事・エネルギー戦略を側面から支えているのが、先程も話題に上がった通貨戦略である。

018中国政府は市場介入によって、人民元相場をほぼ固定しながら、徐々に人民元を貿易等の決済通貨として国際的に浸透させてきたのだ。

さらに今後、より人民元を普及させる為、人民元札の顔を残忍な独裁者のイメージがつきまとう毛沢東から、国際的に人気の高い聖人君子の孔子に替えようという案まで検討されているとか。



019

020

強大な軍事力と経済力を背景に、世界のエネルギーを独占し、あらゆる外交を有利に進めていく。

果たして近い将来、世界は中国に飲み込まれてしまうのか?!


021 022

ここでみなさんに質問です。近い将来、中国は「世界№1大国」になると思いますか? 以上

で、ナナシーさんから教えて頂いた、29年間着々とアジア太平洋地域の覇権を握るべく、軍事戦略を推し進めてきた証拠を是非見てください!

1988年南シナ海・南沙諸島で中国海軍がやった事

中国海軍の犯罪の証拠 :チュオンサ諸島における惨殺
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=Gz_mo9...
チュオンサ諸島(英語名:スプラトリー諸島)におけるシナ(中国)によるベトナム人の惨殺( 1988年中国のドキュメンタリーフィルム)。スプラトリー諸島(シナ名:南沙諸島)の一部であるシントン島で1988年3月14日に起こったベトナム海兵隊とシナ(中国)海軍の紛争、ベトナム領内に侵攻した中国海軍に対してベトナム海兵隊は3隻の輸送艦で籠城したものの、無防備なベトナム軍輸送艦にたいして、重武装のシナ(中国)海軍艦艇は集中攻撃、輸送艦を撃沈、また海兵隊の救出活動をシナ(中国)軍は妨害した。そして今もなお、シントン島は中国の占領下にある。

でも今、日本の一番の敵は・・・・反日日本人と平和ボケ日本人。そして、反日日本人は新閣僚にもいます!菅改造内閣新大臣のトンデモ情報と片山総務大臣過去発言

民主党に日本を任せていいですか?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年05月16日21:00三宅久之氏が語る 官房機密費  【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビの【たかじんのそこまで言って委員会】で『メディア論スペシャル』をやっていました。

ゲストに田原総一朗やビートたけしまで呼んでの豪華版で、テレビ局の内情とか色々話していて結構面白かった☆

その中で、今、波紋を広げている野中発言・官房機密費の部分だけ記録しました。

辛坊治郎氏VS上杉隆 、 三宅久之氏VS田原総一朗氏  に注目です。
「最近のメディアは暴走しているか」という質問に対しての、上杉隆氏の発言より書き起こし(CM前後の繰り返しは省略)

026

001

上杉氏「あのー、弱くなると急にみんな攻撃的なんですよ。えー、強き者は助けると、ですから記者クラブ問題に帰結するんですけど、

結局政権が強い時はみんな叩かないで、落ち目になると、麻生さんだろうが、鳩山さんだろうが、安倍さんだろうが福田さんだろうが寄ってたかって叩くと。

まっこれを何度も繰り返しているんで暴走に見えるんですけど、実際は権力とか、えー例えば検察とかそれからまぁメディア自身とか、強いものになると急にみんな口をつぐむと。

最近の機密費問題に関しても、やはり自分達含めて関わってくるとなるとテレビ等も何も言わないですよね。」

002 003
辛坊氏
「あの機密費問題で、評論家だとかジャーナリストだとかに、お金が出てたってありました。名前誰が出てました?こん中にいますか。」上杉氏三宅さんも出てましたね。」

三宅氏いやいや、私の名前は出てませんよ。私は名前を出してもらいたいと思うんだよ。もし私が受け取ってるなら出してもらいたい。」

004 005辛坊氏「あの中の言い方だと、

基本的にテレビや新聞に関わっているような評論家だのジャーナリストはみんな機密費からカネもらってるような印象をみんな受けますよね。あの一言は。現実にどうなんですか。」

三宅氏「そんでねぇ、今ネットの世界ではねぇ、

私の名前なんか名指しでね、ともかくもうテレビから下ろせとかね、アイツ殺してやるとか色んなのが出ているわけです。現にさっき警察から電話があってね、警護しましょうかってゆう電話まで来てるわけですよ。

でねぇ、だけど私はハッキリ申し上げるけど、野中さんからビタ一文もらった事なんてありませんよ。ああいう事を出す時にはね、ちゃんと名前を出してくれたらいいんだよ、ちゃんと。そうじゃないとね、非常に貰ってない者は迷惑するんだよ、ホントにね。」

006 宮崎氏「官房機密費に関しては、政権が交代した場合にこれは見直すという方針でしたよねぇ。(民主党になってから:上杉) 民主党になってから。で、私はあのー、過去に遡ってこれはあの内訳、使途、支払い先という事を私明らかにすべきたと、、」

上杉氏「でも全然出ないですよね。平野官房長官がそれを後ろ向き。鳩山総理、それから岡田外務大臣は明らかにしろと、指示したのにそこで止まってるんですね。で普段だったらこれこそまさに、政治とカネの問題だから、マスコミがこれを追及するべきなのに基本的にはほとんどベタ記事程度でオワリと。」

宮崎氏「なんで追求しないんですか。」上杉氏やはりそれは当事者が、中にいっぱいいる、、」辛坊氏「・・あれは、、田原さん、貰いました?」

007 田原氏「野中さん、もらってないって言ってくれてるじゃん。(えっ?!) 

野中さんが何故か貰ってないと言ってくれてる、、」

辛坊氏「だけど官房機密費で飲食した記憶はありますか(えっ?) 

出元はもしかすると、あのメシ食うたやつは官房機密費かもしれない、、」

田原氏「ないと思う。僕はねぇ、政治家たちとメシを食う時は、必ず会費制かお互いに出し合うかどっちか。官房機密費はないと思う。だからね、、」

008010辛坊氏「逆に言うと、逆に言うと、あの田原さんの周りで、あるいは三宅さんの周りで官房機密費もらってたような人たちを知ってます?」

田原氏「あのねぇー、ちょっと違うんでね、あの僕はねあのー、野中さんがね、名前出してくれたんだけど、あのー、、小泉純一郎って知ってる?」(スタジオ笑い)

辛坊氏「一応、辛うじて、、」田原氏「彼がバレンタインのチョコレートを返したんです。ねっ、つまりバレンタインのチョコレートってもらうのが当たり前なんです。盆暮れのお中元とかお歳暮はもらうの当たり前。それ突っ返すってのはね、(失礼) 失礼。

だからねぇ、しいて言うなら僕はバレンタインのチョコレートを返したようなもんで、そんなヤツはね、非常識な人間だと私は思っています。」

辛坊氏「じゃじゃ、ちょっと待ってください。今の話で言うと、野中さんの名前に田原さんも出ているわけですか?」

上杉氏「官房長官は田原さんのみならず、かつてはたくさんいましたよね。」

田原氏「ちょっと、(辛坊氏を指差して)読んでるの?(読んでない) 読んでないから分かんない。何故か僕の名前だけ書いて、田原さんだけは受け取らなかったと言っているわけ、、」

辛坊氏「じゃあ、田原さん以外は全員もらってるっていう意味ですか。」

田原氏「野中さんはそう言ってるわけ」上杉氏たくさんもらった人がいるって、、」

辛坊氏それだけじゃ、野中さん、めちゃくちゃだね、そりゃ。」

011 三宅氏「あのねぇ、あのね琉球新報を読むとね、

詳しく書いてあるんだけどね、私は送ってもらって読んだんだけどねぇ、

例えば、日頃偉そうなね、事を言っている評論家が、その500万円もらってですよ、500万円ですよ。そして『ご苦労』言ってやってると。まぁ中には政治家から評論家になった人が家を新築するんで3000万円よこせって言ったとかね、

色んな話が書いてある。まぁ中にはそういう人いるかも分からんけどねぇ、その不特定で名前を出されると非常にね、これは訂正するも何もね(笑)、」????のあれだからねぇ。」

012_2 

上杉氏三宅さんの名前が出たのはあの2000年5月31日号のフォーカスで、三宅さんの名前がそのまま、、」

013 三宅氏「それ、全くの誤報なんですよ。

それを根拠にネットで広がってるんですよ:上杉) これはね、ついでだから私的な事を言うけどね、

藤波孝生という私が学生時代から知ってる男だけどね、彼が官房長官になった時、確か年の暮れだったかな。ねっ。それで電話かかってきて新年に講演の口を2つ頼まれていると。だけど官房長官は東京を離れるわけにいかんから、三宅さん良かったら肩代わりしてくんないかって事で行っただけの話なんです。

そしたら藤波さんの事務所から議員秘書が届けてきたんです。私はそん時、内閣機密費なんて全然、一瞬も考えないでもらったんです。それが出たって話を聞いたけどね、後でね。取り消すほどの事もないからほっといたけどね。」

上杉氏「その記事は訴えたり、取り消し、抗議したりしないんですか。」

三宅氏「そんなもん、抗議したってしょうがないもん。」

014 015村田氏「あの、官房機密費のね、あり方がどうあるべきかってもちろん議論すれば良いと思いますし、念のために言っておきます。もちろん私も一銭ももらってませんけど、ただ私はね、官房機密費が全く無くてですよ、.裏金が全くない政府なんて恐ろしいと思う、、」

上杉氏官房機密費はあって当然なんです。問題はジャーナリズム側に渡る事は世界中でやってはいけないルールなんですね。公的法人とか公職についている人間だったらまだしも、

メディアの人間がそういう権力からもらってはいけないわけです。」

016

辛坊氏「・・誤解を招くんで少なくても、私の知る限り一人もいません。私ももらってない。」

上杉氏「いや、、それは、ひとりひとりが、、それは私の知る限りでって取材、、」

辛坊氏上杉さんの言い方だと、まさに野中さんと同じようにみんなもらってる。自分はフリーのジャーナリストだからもらってないけども、新聞記者やテレビの記者はみんなもらってるっていう風に取りますよ、そりゃ。」

上杉氏「そーんな事、一言も言ってないじゃないですかー。」

辛坊氏「そういう風に取れますって!」

上杉氏「取れないですよ(取れるって!) もらってる人が多いと、、」

辛坊氏もらってる人が多い! (指差しながら) 分かった! 名前言って貰おう。名前言って貰おう上杉氏「出しますよ。」

田原氏「ちょっとちょっと下らない。(ざこばに)そんな事言っちゃ困るよねぇ。」

辛坊氏言ってみて、名前、ハッキリ誰と誰がもらってるって。」

上杉氏「リストで言うのはっ、危険なんです。」宮崎氏「だって、上杉さんが知るわけないでしょう。」辛坊氏「だって、もらってる人がいるって言ったんだもん。」

上杉氏いやリストはあるとっ! でリストで言うのはこれジャーナリズムっておかしいですよね。」辛坊氏「リストに載ってる人は本当にもらった、、」

017 上杉氏「まだ発言中です。 だーから今言おうとしてんじゃないですか。聞いた方が良いですよ、人の話は。リストを出る、そのあとにそれを政府がもしかして都合の悪いジャーナリストを陥れる為に名前載せる可能性もある。

更には官房長官が抜いたために、帳尻合わせるために人の名前を使う可能性もある。

こういう名前が可能性があるからそこは出さないです。ただ今回は野中広務さんっていう官房長官をやった人が直接渡した人が証言したんでこれ証拠になるわけですね。

ですから野中さんは、言いたいのは中途半端にもらってない人を言うんじゃなくて、もらった人を自ら言うのが国、そしてメディアの健全な、、」

018 勝谷氏「だからね、国会で証人喚問するべきですよ。ちゃんと。

官房長官としてカネを配ったのだったら、これ我々の税金なんですから、

アナタ本当に配ったんですか、誰ですか、名前が出た人がいたらまたその人も呼んだらいい。

アナタは本当にもらったんですかと、宣誓をして、それで証言をするべき。」

辛坊氏「その通りだと思う。これ本当にもらってる人間がいたとすりゃあね、大問題ですよ。」(上杉を指差しながら)

田原氏「大問題であるよりも、僕は官房機密費は必要だと思ってる。一番大事なのは何かって、情報提供者ですよ。

つまりいろんな人が情報を提供しに来るわけだ、ねっ、そして役職も何もない人が『ありがとう』ってお礼言うじゃない。基本的に官房機密費ってねぇ、三宅さん。情報提供者にあると。今はほとんどは実は官房機密費はどうなっているか。議員たちの海外旅行するだけの餞別ですよ。」

勝谷氏「だから、これをヘタに歪めちゃうと警察や検察の裏金を作って、情報収集者に渡したじゃないですか。あんなの逆に本当に捜査が必要だったりなんかすれば、ちゃんとそれはやればいいわけ、、」

田原氏「勝谷さん、勝谷さん、僕は彼が言うみたいにね、民主党内部になったんだから一回止めてみるのも手だと思う。止めてきてもしね、止めてみて不便だったら申し訳ない国民の皆さん、こういう不便な事出てきたと。だからまたやりますと、ねっ三宅さん、折角内閣替わったんだから。」

021 三宅氏「それ是非やったらいいと思うんだけどね、あのー、内閣にはね、政治上やっぱりその公にできないカネってあるんですよ。ねっ。

例えば在留外国人がテロリストに誘拐されました。いう風な時にねっ、その例えばイスラムの聖職者が来て斡旋してるとか言うでしょ。それを待ってるとか、報道でそういう事になってる。だけどねぇ、話し合いで釈放するようなら最初っからそんな????ないですよ。大体そういう時はね、政府が、、」

田原氏「・・僕はね、やっぱり自民党内閣がけしからんと思うのは、自民党内閣が、、」

三宅氏ちょっと待ちなさいよっ、ちょっと待ちなさいっ、アンタちょっと待ちなさい。アンタしょっちゅう『ちょっと待て』っちって、、(スタジオ爆笑)

020

022そういう時に、釈放されるには必ずね、カネが動くんですよ。そういうのは表ざたに出来ないカネだから。」

上杉氏「三宅さん、あの官房機密費があるのは当然だって、コレ全員一致してるんですよ。

問題はそのお金がマスコミに渡るのが問題で、例えばアメリカでも、5ドルルールとか2ドルルールとかありましたよね、手島さん。要するに記者が公権力から2ドル、例えばスターバックスのコーヒーとか3ドルまでならいいけどそれ以上の金銭・物品供与を受けたら、これジャーナリズムとして失格なんでそれでオワリ

まさに官房機密費っていう国民の税金をマスコミ側の人間が何十万円単位で もらった瞬間に本来はその場でですね、筆を折るか番組を降板するか、、」宮崎氏「その通り、、」

023 三宅氏「あのねぇ、ちょっとね、記者とかね、我々評論家のように自由業と一緒に混同してもらっちゃ困るんだ、これ。

記者はビタ一文だってもらっちゃいけませんよ。会社から給料もらってるんだから。ねっ。評論家っていうのはね、その色んな不特定の事で稼いでいるわけですよ。講演もしますよ。ねっ。講演して謝礼もらって悪いですか。」

上杉氏「あっ、それ対価はいいんですよ。意味のない、無意味な、、」

三宅氏「それはねぇそのー、全部一緒こたにしてね、言われても困るんだよ。評論家って言うのは別にそりゃ、なーんにもなくてだよ、お金もらって『よろしく』なんてもらってるのはいかがわしい話でしょ。だけども講演なんかもらうの当たり前、、」

024 金氏「この際ね、私も言っておかないとね、金さんもらってるかもらってないかって言ってあのー、推測されるんで、ハッキリ言っときますけれども、そのー、そういうお金をね、一度ももらったことないです。残念ながらっ。私はまだそれだけ影響力がないって言う風に見なされたのかも知れませんけど、

ただ、2回ね、公邸で夕食をご馳走になったとはあります。それは新聞にも出てる事だし別に秘密でもなんでもないですけれども、残念ながら、まだ私は小物だと思われたらして一銭ももらうチャンスがありませんでした。」

勝谷氏「先生、仰る通りで、恐らくフリーランスの人間にとってはですね、それがより一層バレたらそこでオワリなんですよ。」

025 手嶋氏「恐らくですね、官房機密費そのものを実際に見たのは多分、、田原さん見たことないですか、ありますか、現物は。(ありますよ、何度も。断ったんだから)

いやキャッシュ自身を(あります) 僕金庫自身でやったんです。非常に親しい官房長官で、官房長官室で、1対1で話していて、ある日一度ちょっと見てみたいと思ったんで、『官房長官、誠に異なお願いではありますけれども、官房機密費を見せて頂けませんか』ええ、暫く考えてね、『君、ちょっと目をつぶっていてほしい。開けてみよう』って言ってね、開けてみてくれたとありますよ。もちろん薄目を開けて見てました。

で、つまり三宅さんの方がずっとお詳しいんですけども、ずっと談合の時代には、実はそのような形で有力な野党のリーダーにお金が、、っていう事で使われていたんですね。」

辛坊氏「今は報道中心の話でしたけど、メディアっちゅうても報道だけじゃありませんので、このテーマ・・」以上

で、これがその元ネタ

「官房機密費、毎月5千万~7千万円使った」

2010年4月30日21時42分

 小渕内閣で1998年から99年にかけて官房長官を務めた野中広務氏が30日、当時の官房機密費の取り扱いについて、「毎月5千万~7千万円くらいは使っていた」と暴露した。首相の部屋に月1千万円、野党工作などのため自民党の国会対策委員長に月500万円、参院幹事長にも月500万円程度を渡していたほか、評論家や当時の野党議員らにも配っていたという。都内で記者団に明らかにした。

 野中氏はさらに「前の官房長官から引き継いだノートに、政治評論家も含め、ここにはこれだけ持って行けと書いてあった。持って行って断られたのは、田原総一朗さん1人」と述べた。

 与野党問わず、何かにつけて機密費を無心されたこともあったという。「政治家から評論家になった人が、『家を新築したから3千万円、祝いをくれ』と小渕(恵三)総理に電話してきたこともあった。野党議員に多かったが、『北朝鮮に行くからあいさつに行きたい』というのもあった。やはり(官房機密費を渡して)おかねばという人と、こんな悪い癖がついているのは絶対ダメだと断った人もいる」とも語った。 (朝日より抜粋)

辛坊氏は上杉隆が本当にキライなんでしょうねぇ(笑)

上杉隆はジャーナリスト?なので、そのリストを全部取材して真偽をハッキリすればいい。

評論家でもらってたヤツし晒してもらわないと、もらってない人は堪ったもんじゃないですよね。

野中氏は、証人喚問覚悟で言ったんだと思うので、やれば良いと思うけど、

民主党のことだから、もし自民党にダメージを与えれるものなら、とっくに段取りしてると思うけどなぁ~。元自民党の人もたくさんいるから拙いんじゃないの?!

とにかく、某サヨ掲示板とか、その手のブログでは、三宅さんや金さんや辛坊さん青山さんの事を、鬼の首でも取ったかのように書きまくってたから、ザマッーと思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2010年01月24日21:39橋下知事の考え、かなりヤバイかも 【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】外国人参政権の討論の部分だけ文字起こししました。がーー

諸事情で画像ナシです^^; 動画アップされたら是非見てください。重要です☆橋下知事はヤバイんじゃないかなぁ・・

辛坊氏「さっ、原口さんに折角お越し頂いてますので、ここの番組でですね、先週からずっとあの水面下で話題になっているのが、お二方が書いて頂いているこの『地方参政権』『外国人参政権』の問題、、これ村田先生、、」

村田氏「あの、地方参政権、先生が法案出されるんでしょ?(いや、分からん:原口)

まあまあ、そういう話ありますよね。その時に気になるのがね、あの外国人永住者の場合も特別永住者一般永住者の方おられますよねぇ。

特別永住者は第二次世界大戦前のいろんな混乱の中でいろんな事情があって日本にお越しになってそのままおられて、その後いろんな形で定住された方と二つあって、これを同じようにするのか、やっぱり分けるのかっていう事ね、これがひとつとですね、

もうひとつ気になるのは、やっぱりさっきの地方分権の話もそうなんだけれども、今度は例えば条例を制定権を強化するっていうことになった時に、条例がかなりもう大きな事を決められると。大胆な事を自治体が決められるとなった時に、その時に外国人の方が参政権を持ってるって事がですね、地方の枠を超えて、例えば日本の外交とかね、日本全体の利益とかを左右する事になったらやっぱりある種の抵抗ってのは持っておられる方は多いと思います。その辺のご意見を是非伺いたい。」

三宅氏「あのね、ちょっとその前にね、ちょっと一般の方に補足的に憲法上の事を申し上げますとね、憲法15条にね、『公務員を選定し、罷免する事は国民固有の権利である』と『国民とは何だ』というと『日本国民だ』という事が最高裁でハッキリしてます

どうしても日本の参政権が欲しかったら帰化すれば簡単なんですね。とこが帰化するのはイヤだと。自分の祖国は韓国であると。韓国人以外で欲しいって人はいませんから。北朝鮮も欲しくないと言っているし、台湾の人も欲しくないと言っている。

祖国は別にあって、政治に参画する事だけ日本でよこせっちゅうものは、私は憲法に照らし合わせても反対だと。」

金氏「あのね、特別在留のあのー永住者だけでなくて、やっぱり一般在留の永住者にも与えるっていうようなことになったら、これは韓国だけの問題じゃなくて、今ドンドンドンドン中国から来ている人がね、永住者が増えているんですよ。これが大問題だという風に私は思ってますよね。うーん。」

原口氏「だから今の、、お答えするとですね、まずはこれはじゃあ誰が発議するんですかと。法律は。で、これは国民の権利とか様々な民主主義の基盤に関わる事だから、これは内閣がやる事ではないんじゃないかっていうのが私のまず大前提です。

それはどうぞ、国会の議員立法で、立法府、国権の最高機関でまずお考えくださいと。私達が、多数派を取っている政府がこれでやるんだと押し付けるような事は、それはおかしいと。それがひとつです。

それから二つ目。それでも尚且つ与党三党で纏まるとすると、今度私のとこに来るわけですね。で、そこで法律をさっきの4点に亘って論点整理をしなさいっていう事を言ってます。ひとつは、三宅先生が仰る憲法との関係。憲法15条との関係でそれが本当に出来るのかと。

それから金先生が仰る、いわゆる特別永住外国人なのか一般永住外国人なのか

それから投票権だけなのか、あるいは被選挙権までなのか。もちろんこれ地方ですよ。

それから、もうひとつの論点は、韓国で国政選挙に投票できる方が、じゃあわが国のその首長を選ぶっていう事がこれが出来るのかどうか。安全保障上どうなのかって、そういう論点を全部整理しなさいって言ってる。そういうことでやってるわけです。」

三宅氏「あのねー、私が非常に心配しているのはね、小沢一郎の一の子分と言われている山岡賢次という国対委員長がいるわけです。

で、先般ね、在日居住民団の新年会が帝国ホテルで開かれた。その時山岡さんがそこに出席してですね『この前の選挙の時には民団の皆さんには大変にお世話になった』と。ね。まぁ直接投票権はありませんけれども、ビラ貼りとか電話かけたり、その他でお世話になったと。これを、恩を返すのは皆さん方のアレを錦の御旗としてナントカって言ってるわけですよ。というコトバを使って、、何の事か意味は分からないんだけども、そういう事を言っているわけです。

で、小沢さんはですね、この前韓国に行って、イミョンバク大統領と会った時にこの国会でその地方参政権法案は通すという事を言っているという風に新聞報道でされてるわけですよね。

今最大の実力者でありね、かつての平清盛の再来と言われているオザワ一郎がヤレイ!と言ったら、これ通る可能性がある。これ非常ーにね国家の基本に関わる事と同時に問題ですから。

でねぇ、原口さんに大変言いにくいんだけど、心を鬼にして言うとですね、ねぇ、民主党っていうのはこの国柄をどうしようとしているのかという風な事についてもね、アレがないんですよー、指針がね。」

村田氏民主党の動機が未だに分からない。」宮崎氏私もそう

勝谷氏小沢さんの動機も分からない。たかだかどう見積もっても30何万票の事で、ひょっとしたら国民は民主党政権もう少し頑張っていろんな改革をしてもらいたいと思ってるけど、これだけは許しがたいから、この事と民主党政権は心中するかもしれないんですよ。どうしてそんな事をするの。」

橋下氏「だから民主党が、ロンドンの政策のように開放政策を取るのがね、もう日本という国を、、まぁ僕もアジアの経済エネルギーを吸入していかないと日本は立ち行かないと思ってるんです。そうであれば中国資本、そういう物もドンドン日本に持ってこないといけないし、韓国資本でも同じです。

だからそのようにね、日本という器をさっき言った国民の同一対、同一性ユニファイみたいなものをある程度捨て去って、もうどんな人でもいらっしゃいっていう国づくりにするっていう方針だったらある意味一貫性は出てくるのかなぁと思うんですが、、」

勝谷氏「それは長いスパンで論議すべきことだよね?国民的な、、」

橋下氏「だからそこを本当にしっかりそういうね、国柄にするのかどうなのかって話は確かにまだ見えてこないのと、ただ今度は現実問題としてこれは外国人参政権は地方の参政権ですから、これは僕に関わってくる事なんですけれどね、

で、特に僕の大阪っていう所が一番これ大きな問題で、在日韓国人、まっ30何万人の内、21万人が大阪に住まわれているんです。

で、やっぱりね、在日韓国人ってのはこれは日本の国のいろんな所、特に東京の人は絶対に分からない。その経緯とかその在日韓国人とこの大阪府民の関係とか絶対に分からないと思う

やっぱり僕は日韓の歴史的な関係とか大阪府における在日韓国人との関係ってものを見ると、先ほど言ったなんか『外国人!』っていうことでバーーンッと選を引くっていうのは、これは現実の行政を預かる者としては、やっぱりそれも違うんじゃないかなと思うんですね。」

金氏「だからこそ大阪の人はもっと真剣に考えなきゃならないのは、大阪においてはね、そういう事がもし参政権が通ってしまったらね、間違いなくキャスティングボートをね、握る事になるから。それで良いのかどうかっていう事になります。

そうするとね、やっぱりそういう方々の意見やそれこそ希望をね、全部通させないと自分が当選できないっていう事になったら、やっぱりそっちの方に傾いちゃうっていうようなね、間違いなく起こるっていう事も考えてこういう話は真剣に考えてください。」

原口氏「だからね、金先生が仰って橋下さんが仰っる事は僕らの論点整理の中にもあるわけです。全国的にアレするのか、それともやはりその日本に来られてずーーっと住んでおられる隣の隣人の長い歴史の経緯のある方についてどうするか、これ段々段々減ってくわけです。

だからこれがバァーーッと増えるとなるとね、私はそのさっき仰った中国の方がたくさん来られて、その方々に地方参政権っていうような話は、ちょっと私は、、」

辛坊氏「民主党で出てる案はそうじゃなくて、いわゆる一般永住外国人の(違います:原口)  50万人の人も含めて大体100万人の方々っていう議論ではないんですか?」

原口氏違います。あの元々ですね、僕らは法案で、、」

三宅氏自分の国で投票した事もないんだから、一回も有史以来選挙やった事がない。それで人の国に来て投票権よこせなんて、冗談じゃないよ。」

田嶋氏「だけどねぇ、アメリカみたいに、、アメリカは連邦制だから日本と全く違うけれども、例えば同姓愛婚はこの州はいいけどコッチはダメ。死刑はこの州はいいけどコッチはダメってなってるでしょ。(同性婚はダメです:三宅)

だからこの件に関してもね、(そんな事は憲法上許されません)  先生、人の話も聞いてよ。

だからやっぱりアタシは、その地域の事情でやって良いと思うの。国全部でやらなくても、、」

原口氏「橋下さんが仰ったね、とっても大事なのは日本はどっちの政策をやるんですかと。例えばホンコンとか台湾の中では日本に来たいって言う大金持ちいっぱいいるわけです。そしてそれはグリーンカードっていう形にして呼び込むっていう政策も大事で、

ただ、その事と投票権の事はやっぱり別なんですね。」

金氏「あのねー、ちょっと実は今、グリーンカードと仰ったけども、投資をね、いくら以上してで企業を起てればねあの滞在の権利が得られるビザが取れるんですよ。

参政権があろうがなかろうがね、お金っていうものはね、日本に投資すれば儲かるっていう風になればみーんなが投資するんです。」

橋下氏「もちろんそうです。国民・国民っていうのを僕らが前提で考えているのは血統主義なんですよ。だからずーっと自分の親が日本人の血を持っているって事でこれ国民・国民って言ってますけども、実はこういう血統主義をとっている国っていうのは以外に少なくてね(そうなんだよぉ:田嶋)  

生誕主義で生まれたらもうその国民ってやっている所も(そうそう:田嶋)  国民はね確かに憲法上、国民が公務員を選定権・罷免権があり、参政権は国民っていうように、主権は国民ってなってますが、その国民の範囲を決めるのは実は何で決めているかっていったら法律で決めているんです。

だからこれは法律でね、国会で、じゃあ今のような日本の血統主義でいくのか、ないしは仮に特別永住外国人っていうのはもう2世3世っていうのは、生誕主義でいけばこれ国民になっちゃうんですよ(そうなんだよぉ:田嶋)

だから僕らが国民・国民とか皆さんが国民・国民って言うんですけど、その前提が非常に世界の中では少数主義でね、、」

宮崎氏「橋下さんねぇ。血統主義、、純粋なくて、、だって先ほど三宅先生も仰ったように帰化が可能なわけですから、実は意思主義というのも入っているわけだ。純粋に日本は血統主義だけでいっているというのは違う、、」

橋下氏「前提にしているっていう事ですね、まず」

金氏「ちょっと待ってください。国籍の問題についてだったら私に聞いてください。(そのとおり:宮崎)

私はね、台湾人として50年日本にね、滞在してましたし、ずっと居住してましたし、地方参政権欲しいと一度も思った事はありません。

だけど私は日本の国籍を去年の9月に取りました。だから私はね投票権があります。

で、私の子供たちも日本に生まれて日本に育って、で日本の国籍を卒業して就職して取りました

だから今のね、出生主義にするのか血統主義にするのかっていう事はね、これはやっぱりね、国籍法を改正(変えないと、そうそう:橋下)

だからね、(その議論を) そう、その議論をちゃんとしなきゃいけない。」

村田氏「結局根本的にいうなら、日本人とは何かっていう話なんで(そうそう:橋下)  それはもちろん法律も大事ですよ。法治国家だから、法律も大事ですけどやっぱもっと哲学的で政治的なことを含んでいるんでね、

そういう事を含めてこの地方参政権の問題があるから、やっぱある程度幅広い合意が出来るように、じっくりと時間をかけた議論っていうものをしないとね、場合によったら次の総選挙のね大きな争点としてそれで戦ってもいいぐらいの大きな、、」

原口氏「だから、だからね、僕は内閣で出して、そして内閣で出せばですね、党議拘束かかるわけだから、それで四の五の言わないで法律が通るというようなやり方は良くないですねって、、」

村田氏「いや、民主党に対して言いたいのは、こういう大事な時間をかけてやらないといけない事を急ぐんじゃなくて、もっとお宅達は、急いで結論出さないといけない事早くやってっ。」

(場内 大拍手)

辛坊氏「ちょっと待ってください、じゃ原口さん、その法案が閣議決定で回ってきたら署名はどうします?」

原口氏署名も何も、僕の所管だから。」

辛坊氏「その段階で拒否する?」

原口氏「・・・・・それは考えないといけないですよね(小さい声)」

(場内 爆笑)

橋下氏「だから、もう一方で言いたいのは、じゃあ日本人って一体何なんのかと(うーん:田嶋)  日本は海外に向けて開くのか閉じるのか(そうそう:田嶋)  ここの議論なんです。

37組に1組が外国人とのカップルなんです。こういう状況の中でじゃあ閉ざすっていう選択肢は僕はないって思っている。」

金氏「私もね、血統主義に実は反対なんです。だけども哲学的な問題って村田先生仰ったけどね、私の基準はね、日本っていう国にロイヤリティーを(忠誠心!:宮崎)  忠誠心をね持つ人が日本人になってほしいという、これが私の結論」

(場内、大拍手  三宅先生も)

勝谷氏「君が代歌って日の丸の前で食事するんだよ、日本人になりたければ」

村田氏「そりゃロイヤリティーも色んな形があるからね(そうだよー:田嶋)

金氏「あんまりそういう風に茶化さないのっ」

以上

橋下知事は参政権問題への明言は避けたけど、その考えは大体分かりました。

田嶋さんに同調されるような考え方っていうだけで、びっくりー。

開かれた日本と参政権って関係あるのかなぁ?????!

外国人参政権がテーマの番組は金美齢さんに出演してもらって全部論破して欲しいわ。

忠誠心を持つ人が日本人になってほしい」にはシビレました。

三宅さんはもちろんだけど、村田さんも今日はスゴク良かった~

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年01月22日23:10国民の怒り第2位「外国人選挙権」  【太田総理】

日本テレビ【太田光の私が総理大臣になったら】の国民の怒りトップ5で、

外国人選挙権(外国人参政権)が堂々第2位でしたので、この部分だけ記録しました(青字はナレーション)

026013アシ 「第2位はコチラです。 

外国人選挙権法案提出

11日、鳩山内閣は永住外国人に地方選挙権を与える法案の提出を決定

014

015永住外国人とは、

永住申請を許可された外国人や

戦前・戦中に日本に移住した在日コリアンの方々などのこと。

しかし選挙権に関しては憲法で公務員の選定は国民固有の権利とされている為、

016017

日本国籍を持たない人の投票は憲法違反ではとの声も。国民は注目しています!

田中氏「一太さん、これについてはどういうお考えですか。」

 山本氏「私はこれやはり憲法15条違反だと思いますね。で、基本的には反対です。

で、もちろん違う考え方の方もいると思うんですが、やはりその参政権を行使したいのであれば、やっぱり日本国籍を取ってもらいたい。」.

018 019末松氏「私はですね、

賛成なんですよ。

で、これは民主党でもですね、ずっとマニフェストに入れてましたで、どういう事かというと、まぁ共生社会の実現という事で、色んな人が住んでいる中でそこは仲良く暮らそうよと。その地域に住んでて、税金も払って全く権利がないんですかと。しかも在日コリアンの方々っていうのは、

020

021まぁ日韓併合時代に日本にかなり来られた方なんですね。

じゃあ、そこでもうまた出て行けという話でもないですから、、」

金氏「あの『出て行け』って誰も言ってない。

022

023

アナタ達はね、おかしいのはね、

納税と選挙権は全く違う次元の話なの。」太田氏「金さんはどういう立場なの」

金氏「私は反対ですよ当然(いやいやご自身は?)

私はだから、選挙権が欲しいから日本の国籍、去年の9月に取りました。特別永住者だけじゃなくって、一般の永住者にも与えるっていうのが今度の法案でしょ?(はい)

そうするとね、永住の外国人がドンドンドンドン増えてくる

024 025その人達がね、

固まる地域ってのは大体決まってるんですよ。その時にやっぱりねキャスティング・ボートを握るってこれが大問題なんだ。

それをね、もうちょっと真剣に考えないとね、おかしなことになりますよ。」

末松氏「いや我々、真剣に考えてきましたよ。(いや)そういった中で国政はね、我々は認めませんと。あと被選挙権、、例えば首長になると。これもダメですと。ただ地域にいてね、

市議会議員さんなどに投票したい。これを全部ダメっていうんですかと色々と議論した結果ですね、我々はここまではいいんじゃないかという事を言って来てるわけですよ。」

「民主党はマニフェストにもずっと入れていた」と末松議員は発言したけど、だったら何故、去年の夏の選挙の時だけ抜いた????

しかも番組中に訂正なし・・これって紛らわしいと。で、今日の国会の様子をTBSのニュースで振り返ると・・(外国人参政権のみ抜き出し)(青字はナレーション)

009 010小池氏民団の方には約束をする。いったい民主党はどこの国の政党なのでありましょうか。」.

赤松氏「あの、私自身の政治家としての信念であり約束すると、個人としてですね、、」

小池氏「この問題は多くの課題、、つまり日本国は誰のものであって誰によって決めるのかっていう一番基本のところですよ。亀井大臣どうされます?お答えください。」

011 亀井氏「私の所属しております国民新党は、

付与する事については反対でありますし、

私としても反対であります。」

亀井大臣はこう答弁し、

閣内での足並みの乱れが露見する形となった。政府は今国会での提出を検討しているがその行方は不透明だ。

民主党議員って、言ってる事がいい加減過ぎますね!マニフェストからわざわざ抜いてるのに、民団と勝手に約束ってどうよ?!

オザーサンだって、韓国行って勝手に約束してたし・・自民党も色々問題あるけど、少なくとも民主党よりは韓国向いて政治やってない!! 自民党はこの部分で絶対阻止して欲しいですね。

話は戻って・・・この法案、提出はするけど、亀井大臣次第って事です。

亀井さんのHPはメールが多く来過ぎて、一時パンクしていましたが、現在復旧しています。

亀井静香公式Webサイト ← ※必ず音量ミュートにしてから行って下さい^^;

すぐにskipして左側ののご意見バナーから入ってね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2010年01月19日09:07大マスコミのタブー 小沢不動産    【たかじん】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】(1/17)

『2010年ヤバイモノ徹底検証 これはヤバイ!TOP10』

今回、久しぶりに凄い面白かったんですが、その中で今話題の小沢不動産問題(4億円の土地以外)について抜き出しました。三宅久之さんの発言に注目です。(青字はナレーション)

002 004・・続いて第4位は

 マスメディア


インターネットの普及によって特権性を失い、100年に1度の不況により調査報道を売り物にしてきた雑誌などが次々と廃刊。新聞社やテレビ局の経営難もささやかれる中、

マスメディアの危機は”知る権利”の危機に直結するのか。

宮崎哲弥氏出版業界と新聞業はヤバい河野太郎氏テレビ局は電波使用料の引き上げで利益がなくなる

三宅久之氏新聞社もテレビ局も広告収入の減少で強者による合併が進む」岸博幸氏ジャーナリズムも衰退している。」

そこで皆さんに質問です。アナタはマスメディアはヤバい?と思いますか。

006 007(VRT終了 スタジオへ)

たかじん「ヤバイですよ。ねっ、さっ、えー、小沢報道見ていても頭がおかしい』」.

勝谷氏「とにかくね、政局の動きでは、小沢、豪腕、闇将軍みたいな名前を出して、

そこで思考停止なわけね。(そうそう:田嶋)ねっ、その一言で、切り札で終わり。
そっから先の解説を知りたいのに、ねっ、それをくっついてるのを書くのがメディアじゃないですか。(早くも興奮気味)

それからあの説明責任、説明責任って言うけど、説明責任一番して欲しいのはオマエら、メディアや。あれだけ政権交代の前西松建設、西松建設ワーワーワーワー言って検察の情報全部垂れ流して、今度この間法廷に出てきた検察側の証人の西松建設の総務部長が、えー、あの政治団体はダミーだと認識はしてなかったと、言ってるわけでしょ。そういうことちっちゃーな活字で載せるだけで、説明責任って責任を取らないんですよメディアが。こういう事をしていると少なくとも信用はされなくなるよね。うん」

たかじん「でも、一般庶民はそれだけ頭入れて、ねぇ」

勝谷氏「もっと言ったらですね、ごく最近、大阪やったらわかりやすいと思うけど、メッセンジャーの黒田君が・・(2ケ月の骨折とドンペリ25万円が、実はドンペリも飲んでないし店長のケガは全治2週間だった話。あれも警察発表をそのまま垂れ流しているからで、メディアは信用できないという話 略)」

009 010村田氏「小沢報道でメディアが説明責任ってオマエが言うなっていうのは、気持ちは分かるんですけどね、でも、小沢さんや鳩山さん、自分たちが野党の時にはね、自民党にやっぱり(説明責任を求めてたわけじゃないですか(笑):宮崎) だからオマエが言うなって同じ事なん、、

三宅氏あのねぇ、小沢さんがその政治資金で不動産をたくさん取得してるってんだね。これはね、今から4年前にね、週刊現代っていうのがね、

011 特集で、小沢さんの陸山会っていう政治資金団体が、なんでその東京都心にね、高級マンションをたくさん買って所有しているのか、全部登記まで調べて出したんです。XXXXXがね、すぐ小沢さんと民主党とが一緒になって名誉毀損と事実誤認であると東京地裁に告訴したんです。

そうしたら記事は相当と認められるって事で小沢さんが負けたのね。で今度東京高裁になった。同じように負けたわけですよ。で最高裁は諦めて確定しちゃったわけです。それは。小沢さん負けたの。

これはねぇ、週刊現代が書いたんじゃなくて、裁判でですよ、その小沢一郎が負けたんだから、その事についてどこかの新聞が書きましたか?で地方紙で書いたとこはある。小さく書いたとこはある。

だけども中央紙とか中央の放送局では、全く報道してない。小沢さんの事を。それほど小沢さんが怖かったのかも分からん。その当時はね。

だけどもねぇ、裁判でそのー敗訴したと、続けて二回も敗訴して最高裁の上告も断念したという事はね、私はニュースだと思うけどねぇ。それをね一般の大新聞は全くその時は書かなかった。それも私は不思議な話だと、、」

012 宮崎氏「しかもね、その取材っていうのが、これ私の違う番組に出ていただいたXXXXXっていう非常に優秀なジャーナリストで、これにねぇ、他の大組織新聞が、社会部が、その追求は出来なかったわけですよ。

そういう側面もあるのかも知れない、ひょっとするとちゃんと報じられなかったということは、、」

勝谷氏「記者クラブに入る大マスコミからしたらですね、そのXXXXXさんのような優秀なフリーランスでも、いないような存在なんですよね。

記者クラブに出入りしていない記者は記者じゃない・ないんですよ。その人達が色々と活躍されては困るわけ。だから今でこそ少し書くようになったけど、昔僕が週刊文春の記者やってた頃はいっくらスクープ書いて、それをちょこっと引用するんですよ、新聞がね。一部報道によると、、一部報道ちゃうわ、週刊文春によるととせめてね、書いて欲しいけど、絶対一部報道によるとなんですよ、うん。それくらいこう見下げてるんやろね。」

田嶋氏「はい、話いいですか?違う、、(テレビのニュース、お笑い番組がつまんないという話 略)」

014金氏「いやそれよりもね、やっぱり特に

テレビに出てお話をする、要するにコメンテーターっていう人達っていうのはその時の風の流れに沿って発言してるわけよ。

でその後全然違うね、現実に、、ある意味では時間が全く違うって事をねはっきり証明してたって、だーーれもね、あの責任もとらないし、反省もしないしね、また今度違う事を言っているって言うようなね、状況がね、、」

勝谷氏「だから、昔のね発言を繰り返し流されるこの番組の緊張感っていうのはやっぱり凄いですよ。誠実ですよこの番組は。いつまでも、、」田嶋氏「都合の悪い所は流さないよっ」

015 三宅氏「いやいやそんな事はないだろっ。

やっぱりだから田嶋さんの発言は、、アナタのはまぁ、左に捻じ曲がったまま一貫して(アタシは一貫してるもん)、ね、だけどね

ビデオ、、いやいや私は自分の所説を変えた事はありませんよ。ありますか?(うん?)私が自分の意見を変えた事ありますか?」

田嶋氏「わかんないけど、順応なさるよね。」

村田氏「ヘアースタイルは変わらない」

三宅氏「(略)・・・自分の主義主張とか国家のあり方とかね、そういうことについて自分の考えをありませんよ。そんなことは。妙な事を言うのは止めて頂戴。

アナタはねぇ、議論に困ると私のことをハゲとかなんとか言うけどねぇ、だけどねぇ私がアナタの事をブスと言った事が一度でもありますか。(以下、延々と三宅先生の反撃・笑い話 略)

016 017

(グーグルの中国撤退の話) 

かつて日本の新聞社の支社を台湾に置いたら、中国・北京には置けないというのを唯々諾々と飲んだのが日本のメディアで、情けないという金美齢氏の発言) メディアの話 以上

今回は、NHKの反日報道がヤバイ・排出権取引や日本経済がヤバイ・皇室報道がヤバイ・お笑いブームがヤバイ、とか超盛りだくさんで書ききれませーん。

勝谷氏は、小沢さんが大好きでしょうがないんですね。何があっても弾除けする覚悟のコメントで一貫している・・

今になって大マスコミも小沢不動産のタブーを破ったようで、徐々に報道されてきましたが、こんな「裁判に負けた」という動かざる真実を報じない大マスコミって信用できませんよね。

そんな真実より、「漢字の読み間違い」「カップラーメンの値段」報道を繰り返してたマスコミは、伝える伝えないの取捨選択権があるのでしょうか。

あー~・・中川昭一さんへの攻撃も朝から晩まで凄かったな

金さんが言うように、風の流れのコメンテーターのお陰で政権交代させてもらった民主党。なのに、小沢問題の報道が気に食わないとマスコミ監視委員?を発足って・・

小沢氏を切るなら国民は拍手モノだったのに、一蓮托生を決めた民主党って・・『マスコミと検察が悪い!]』と叫んでますね(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく