金平茂紀

2011年01月23日14:32【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (後半)【報道特集】

TBS【報道特集】、一色正春氏(sengoku38)の独占インタビューの続きです。

Q:仕事を辞めなければいけない状況になってしまった事については?

ffd7491a.jpg

「まぁ組織のルールを破ったので、やむを得ないという風に考えています。」

Q:後悔はあるか?

「んー、ありません。自分がやるべき事をやったというそれだけですね。まぁ逆にやらなかったらやっぱり後悔しているでしょうし。」

一色氏には妻と2人の子供がいる。家族にはYouTubeに映像を公開した翌日にその事を打ち明けたと言う。

Q:ご家族に、自分が投稿したと説明したのはどんな時点だったか?

0ea421cf.jpg
「11/5日、翌日の夜電話で家内に話しましたけど。(世間に出る前?) そうですね。はい。

(奥様の反応は?) うーんやっぱり驚いてましたね。かなり。衝撃を受けて、

まぁ一番先に『この先どうするの』という話やったんですけど、まぁ如何せん電話ですから、まぁある程度慰めて、、という感じです。」

Q:やった事に対しての奥様の反応は?

「んー、でも私を責める事はひとつもないですよね。

まぁ結局私自身を信じて結婚したからこの先も変わらないと。まぁあなたがやった事なら私も信じてそれでついて行くだけ。まぁそういう事です。」

Q:今後の生活に不安は?

80a2ee15.jpg

「不安・・・・もまぁないって言ったら嘘になりますけど、まぁ逆に何でも出来るなという、そこはもう前向きに考えています。」

602f5674.jpg

ビデオが公になってから7日目。YouTube投稿の発信地として、初めて神戸が浮上した。

この日、早朝から勤務についていた一色氏。上司への告白は洋上の巡視艇で行われた。

Q:なんであの時点で、告白する事にしたのか?

「うーん、まぁ全く予想外と言うか、私の上司にあたる船長が聞いてきたものですから、嘘はつけないと。『やったのか』と聞かれると『はい』としか、本当のことですから、それだけの事です。」

Q:船長から一色さんに『お前じゃないか』と声かけがあった?

b87d5187.jpg
「はい、そうです。(思い当たるふしがあったという事?) うーん、数回電話があって、まぁその辺からですね、雰囲気がおかしくなったのは。

その電話の内容は当然私には分かりませんけど、まぁその時は朝からずっと仕事でしたから、テレビなんかも見てませんし、どうも電話が立て続けに数回入って、そこら辺からだと思うんですけど、ちょっと私には分からないですね、そこは。

私は普通に、務めて平静にして、まぁ私が感じたのはそのー、電話があった時から空気が変わった。

よくそのー、神戸という報道は為されて、それを見て落ち込んだとか、まぁ実際はそれは見てないんでですね、その点は明らかに違います。」

4e169754.jpg

その後一色氏は、第五管区海上保安本部に向かい、警視庁の事情聴取を受けた。聴取は任意だったが、一色氏は6日に亘って庁舎内に泊り込み、一歩も外に出る事はなかった。

Q:一色さんだと浮上して以降、周りの職場と接してどんな声をかけられたりしたか?

fdfd32a4.jpg

「うーーん、やっぱり一様に気を使ってるなって感じがしました。まぁ余計な仕事・余計な苦労もさせて、迷惑をかけてる上に、そういう事をしてくれるという事は、ちょっとやっぱりまぁ余計に心に負担があったという事ですけど。」

一色氏が公の場に姿を見せたのは、上司への告白から7日目の未明。その際、カメラの前で深々と頭を下げた。

e0cf2ea0.jpg

Q:大きく頭を下げられていたのがとても印象的だったが、あれはどうして行ったのか?

「うーん・・・・・、何ていいますか、やっぱり色んな人に迷惑かけてるっていう、、それが最大の気持ちですわね。恐らくそういう人達がそれを見るでしょうから、それに対するお詫びと言うか、お詫びになるのかならへんのか分かりませんけど、、それが本心です。」

そして、今も謎として残るビデオ投稿の際のハンドルネーム。sengoku38。これには一体どんな意味があったのだろうか。

Q:sengoku38というHNはどういう意味?

「まぁその件については色んな人から、、かなり聞かれますけど、まぁそこは伏せておくという事です。(何かのメッセージは込めている?) まぁそう思うなら思っとって下さいって事ですよね。

efc31e08.jpg

ちなみにうちの家内にも話してないですし、、、誰にも言ってないです。」

Q:一方で適当につけたんだ(笑)というのもあるが?

「だからそう思うんだったらもう思ってくださいって事ですよね。うん。(それを秘密にしたいなという気持ちは?) 秘密にしたいな?・・・うーん、秘密にしたいなというか、うーん・・・・、まぁどう言うんでしょうねぇ。うーん、まぁ秘密・・うーん・・・・

まぁひとつぐらいあってもいいんじゃないですか、そういう、、うん。」

27aded5d.jpg 90e23229.jpg

海上保安庁は去年末、一色氏を停職一年とした他、鈴木海上保安庁長官を含む24人の懲戒処分を発表。一色氏はその後、海保を依願退職した。

Q:映像公開して正しかったと思っているか?

81640e7c.jpg
 「うん、まぁ正しい、、と思ってやりました。まぁただやっぱり迷惑かけた人とか、あのー、多くいますから、完全に正しいっていうのは言えないですね。それが正しいか正しくないかというのはやっぱり、、今すぐ答えが出る話でもないと思います、そこは。」

(VTR終了 スタジオへ)

f03d46a6.jpg

金平氏「えー、インタビューを行った中野裕介記者に聞きます。中野さんね、この独占インタビューに至る経緯についてちょっと話してくれますか。」

f70894d3.jpg
中野氏
「はい、私は昨年11月ですね、ビデオ流出事件の時にですね、最初に流出を疑われた石垣島の海上保安本部に取材に行き、事件の行方に大変興味を持ちました。

間もなく一色氏が浮上したんですけども、手紙などで連絡を取り、今回起訴猶予という大きな1つのタイミンクの区切りでインタビューを行いました。」

金平氏「あのね、インタビューを聞いていると、その非常に印象に残ったのは、一色氏がその政府に対して非常ーーに強い不信感を持っている事ですねぇ。あの『詭弁』っていうような非常に強い表現使ってましたですけども、

あのー、まぁ本人は逮捕・裁判も覚悟していた事も分かりましたし、それから何よりも自分が正しい行為を行っているとそういう事を確信しての行為だっていう事はよく分かったんですけれどもぉ、

ffb6ddc1.jpg

そうであればですねぇ、尚更なんですが、その海上保安官ってのは警察権を持っている訳ですねぇ。警察権がそのある種、現場がね、警察権を持っている人間が、現場がまぁ暴走してしまう事のその危うさみたいなものをですね、私は個人的には実は感じたんですけども、そういう点はどうでしたか。」

中野氏「まぁそういう批判は確かにあると思うんです。えーただですね、一色氏はですね、名前が浮上して以降、肉声を出していなかったもので、世間の興味が彼の人となりに集中して、彼が本来提示したかった論点について非常に霞んでしまった事に懸念していました。

えー、金平さんのようにちょっと批判的な人もですね、支持する人もまずは自分の考えている事を知った上で判断してほしい。その材料となればいいという事で今回インタビューを受けてくれました。」

9bee3935.jpg

日下部氏「でもこの尖閣海域っていうのは、必ず同じような事件、また起きると思うんですよね。」

中野氏「まぁ今後も、あのー、こういう事を忘れないで議論してほしいと、本人は言っていました。本人が行った映像投稿と今回のインタビューがその助けになれば、、と本人はそんな事を言っていました。」

b7bc6187.jpg

金平氏「そうですね、まぁ一色氏の主張どおり、その問題の本質を論じないまま、うやむやに終わるのだけは、まぁ避けたいとこですね。報道特集、それではまた来週。」(以上)

金平氏のような考えの人って、政府があんなトンチンカンな対応をして、国会で「詭弁」を弄していたことへの批判はしないんでしょうか??

そもそも あのビデオを「ひ・み・つ」にしたのが事の始まり!

日下部氏が言うとおり、今後起こる外国船領海侵犯への対応するにしても、あのビデオの公開が必至なのは当ったり前。サルでも分かる話。政府が機密扱いする意味が全く理解できません。

sengoku38というHNの真相は、私はこのへんにあると思います。”38”の意味は本人のみぞ知る。で良いじゃないですかね。

だいたい、問題の本質を論じないのは今のテレビじゃないですかー!(呆)一色氏は決して暴走したわけじゃない!警察権があるから危険?? はぁ~???? 

だったら、例えば警察で悪事をしている上司がいても善悪を判断する事は許されず、上の指示に従えと??そういう現場のリークを狙って取材・報道しているクセによく言うよっ!

尚、このインタビューの間、始終真面目な表情だった一色さんですが、唯一ちょっとだけ笑顔になったのが、sengoku38のHNの秘密を答えている部分でした。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年01月23日08:59【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (前半)【報道特集】 

TBS【報道特集】で、一色正春氏(sengoku38)の独占インタビューをやっていたので記録しました(青字はナレーション)(質問部分のみ要約) 

【独占】sengoku38さんが、読売テレビ記者に託した話と自筆メモ 【ミヤネ屋】

の時に受けた印象も「正義感の塊みたいな人」だったけど今回、より確信しました。

752013ae.jpg
金平氏
「尖閣諸島ビデオ流出事件で、昨日、元海上保安官の一色正春氏が起訴猶予処分となり一連の捜査は終結しました。一色氏は昨夜、午後8時から2時間近くに亘りまして、私達"報道特集"の独占インタビューに応じました。

何故映像を流出させたのか。そしてsengoku38とは一体どういう意味だったのか。早速インタビューをお聞きください。」

7a748bc0.jpg

Q:起訴猶予処分が出たが、感想はどうか?

「まっ、予想通りという事です。処分がどうだかなっていう事は思ってませんけど、まっただ今回の事件がこれで終わるのかなと。えー問題の本質を論じぬままに終わってしまうのはちょっと残念かなっていう気がします。」

93860dd4.jpg 2948c4a5.jpg
元海上保安官の一色正春氏。
去年9月尖閣諸島沖で起きた中国漁船の衝突事件で海上保安庁撮影のビデオをsengoku38のHNで動画投稿サイトYouTubeに投稿した人物だ。

一色氏は国家公務員法の守秘義務違反の疑いで書類送検されたが、昨日東京地検は一色氏を起訴猶予処分とし、捜査は終結した。

9ce25e08.jpg 4ff8ad32.jpg

まだ多くの人が見れてない映像があの数倍ある訳なので、そこら辺を今後どうしていくのか、それと、もうやむやに終わるのか私自身は秘密に当たらないと、はっきりとした確信があるからああいう事をやったわけですので、まぁ議論が噛み合わない時は、最終的には、まぁ公判で裁判でですね、決着をつけるっていうのが法治国家の在り方ですが、結局その道を避けたという事ですよね、検察の方が。」

衝突映像を初めて見た時の印象を一色氏はこう振り返る。

659015be.jpg
次の日にでも公開されるようなそういう感じだったと思うんですけど、隠す理由なんか一つもないんですから、当時は多分隠すとか非公開とかそういう話は、議論はなかったと思うんですけどねぇ。

あの映像を見て分かる通り、やっぱり逮捕というか、何らかの処罰を下されるべき行為だと、まぁ常識的に考えて思うんですよね。まぁそれが国籍が違うからとか、そういう理由で、えー実質無罪みたいな感じになるっていうのはおかしいと思いますけど。」

一色氏が見た映像は同僚が巡視艇「うらなみ」の共有パソコンに海上保安大学校から取り込んだもの。一色氏はこの映像をUSBメモリーに移した。

7106ba0c.jpg
  「業務の参考というかですね、

やっぱり、私の考えとしてはやっぱり海上保安官だったらああいう映像は見ておくべきだと、そういう考えでしたから。

まぁごく当たり前というか、当初は秘密でも何でもなかった訳であります。」

Q:ビデオを公開しなきゃいけないなと思い始めた具体的なきっかけは?

「やっぱり本来、通常海上保安庁っていうのはああいう事件の時は必ずビデオを撮影して、当然それを公開してきたわけですよね、今まで。まぁ恐らくそうなると思って当初は私も事態の推移を見守ってましたけど、どこら辺からか、どうも外に出ないと。まぁそういう事になってきて、いつ、いきなりって感じじゃなくて、やっぱり徐々そういう気持ちが強くなっていったという事で、、」(CM)

34a477bd.jpg

一向に公開されない映像。一色氏は自宅に映像を持ち帰る。

Q:最終的に決意のはどんな時?

「うーん、やはり当日ですね。11/4日。まぁあのー何がきっかけとかいう、、まっそういう事は簡単に・・ね、説明できる事じゃないんですけど、いろんな思いが来て、やっぱり止めようか、やろうか。まぁだけど自分しかやれる人間がいない。自分がやらないと という感じでしたけどね。」

Q:逮捕されるかも知れないという覚悟はあったか? 

「はい、十分考えてました。」

Q:その時、ご家族や仲間の誰かに相談したか?

「ないです。(ひとりで?) はい。」

7c6e8f4e.jpg

去年11/4日、一色氏は自宅近くの神戸市内の漫画喫茶からYouTubeに44分間の映像を投稿した。

「漫画喫茶を選んだっていうのはやっぱりあのーー、、宿舎の事情ですね。私がやってる後ろを子供が通ったり妻がね、通ったりしますので、やっぱり1人きりで出来る場所って、安易に考えてそこにした。まぁそれで自宅で消せばまぁ足がつくって言いますけど、まぁどっちにしろ漫画喫茶にしろ自宅にしろどっちも同じ。いずれはバレるんだと、そういう考えでしたから。」

5839841a.jpg

一色氏は当初映像をCNNの東京支局に郵送した。しかし一向に放送される気配はなく、YouTubeへの投稿を決めたという。

「やっぱりそのままの、、何の解説もなしにそのまま見れるっていうのと、44分間丸々見て、見た人が自分で考えるって事ですよね。解説なしで。

まっそういう事が出来るのはやっぱりテレビ局よりああいうもの(YouTube)の方が優るんではなかろうかと思いますけど。」

Q:その後の反響はどうだったか?

0cffcd47.jpg
「うん、思ったより早かったですね、その伝わるのが。まっそれは正直言ってちょっと、あっこんなに早いのかっていう風に思いましたけど。まぁ、反応の大きさっていうのは、、ある程度予想通りでした。」

Q:内部告発は素性を明かすが、それは考えなかったか?

「やっぱり実名でやるとなると失敗が、、チャンスが一回だけですよね。結局CNNも名前書いて出したらもうあの時点で終わっていたかも知れないですよね。だからそこら辺が、どっちを重点に置くかですよ。

(絶対に成功させなければいけないと?) そう言う事ですね。やっぱりやるからには中途半端に終わったら何の効果もないわけですから、まぁ目的がもうそれなんで、その手段についての是非もありますけど、より確実に成功させるっていう所に重きをおいとったわけですよ。

まぁ当時、私の頭の中にはもうこれを間違いなく、あのー世に広めると、そういう考えしかなかったですから。

万が一テレビ局にねぇ、直接持ち込んで失敗したらもうそれで終りですよね。だからなるべく色んな可能性を考えて、まっ最終的にはああいう形になった。そういう事です。」

映像を広く知らしめる事に重きを置いたという一色氏。一番の目的はなんだったのか。

7e63a018.jpg

あの海域で何が起こっているかとか、普段一般の人が知れない所ですから、やっぱり見てそれでどういう事が起こってるか、でみんなどうせんといけないのかとかですねぇ、まぁそういう事を考える事の方が重要だと思います。

私の主張がないって言ったらウソになるんですけど、それは見る人が見て、自分で考えて、っていうのが私の主旨です。だからそこに解説してこれを見て何をしろとかですね、これを見たらどういう風にしろとか、こういう風に考えろとか、そういうようなんはなく、ただあの映像を一人一人見たら、一人一人考えがやっぱり違うと思うんですね。それはもう見た人なりの感想なり考えを持っていただいたらそれで良いと思います。」


一色氏が投稿した映像は海上保安庁が撮影したのべ10時間あまりのうちの44分。今回のように編集された映像ではかえって誤解を生むという批判について、こう答えた。

df71aa21.jpg
「それはそう思います。あの、っていうか、全面的っていうかまぁそういうビデオがあればね、私も当然やってたでしょうけどでも手元にあるのがコレだけで。そしたら何もせんでもええのかっていう、百かゼロかみたいな意見でも、

現実的に自分が出来る事っていうのはもうアレしかなかった訳なんで、まぁそれはそういう意見はそういう意見であるし、まぁ理解も出来ます。

でもまぁ不可能ですわね。それこそ本当の犯罪行為でもしない限りは無理ですから。まっそこまで自分の手持ちの駒で、出来る事をやったっていうそれだけです。

出来る事なら全てを公開すべきだと思いますけど。」

904b51fe.jpg

映像の公開が国家公務員法の守秘義務違反に問われた事については、このように反論した。

Q:あのビデオは秘密に当たるような扱いをされていたか?

「まぁ当初は全く。だと思います。」

Q:公開されなかった事についてはどう感じたか?

「まぁ、一貫してですね。公開しない理由ってのが分からないですから。そういう思惑があれば教えて頂きたいぐらいですけど。」

Q:官房長官も説明していたが、政府がビデオを出さない説明に関して現場の職員としてどう感じたか?

4fecab83.jpg

全くの詭弁っていうんですかね。裁判の資料って、、裁判なんて現実的に開かれるわけないんですから。まぁ言葉を遊んでるだけですよねぇ。」

政府の方針に反して映像を公開した事については、国民の議論を待ちたいと振り返った。

1c591ba9.jpg

「そういう政府の判断に逆らったっていうのはやっぱり、良いか悪いかと言ったら悪いことでしょうけどね。ただ自分としてやらなければいけない事をやったという、、まぁ逆に公務員はこんな事したらアカンっていう人もいますけど、

自分の中では、一日本人・一国民としてやるべきことをやったっていうそれだけの事です。

まぁ公務員っていうのは、むしろその、、国民全体に奉仕するっていうんですかね、そういう私なりの理屈ですねぇ。まぁその結果、もう職を失うんであれば、まぁ公務員っていうのはもうそういうものかと。

公務員だったら何も考えずに、事の善悪をね、考えずにひたすらやればいいのか。まっそういう考えもありますけど、それはどちらが正しいかっていうのはもうこれからも議論が続いていくところじゃないんですかねぇ。」

13b6c8fe.jpg

Q:英雄気取りとかいう事に対してどう感じるか?

「うーん、別にそう思うんだったら思っ、、それもひとつの見方ですからね。まっそれはその人のお考えですから。まぁただ自分の考えはそれと違いますけど。でもそれ違うから考え直せとかね、そういう風に自分の考えを押し付けるっていう事まではもう、、しないっていうか出来ないですし、実際問題。そこまでは考えてません。」(長くなったので後半へつづく・・)

後半は、奥さんとのやり取り・今後の事・上司への告白の様子・同僚たちへの思い・sengoku38というHNの真相・・などです。最後の金平キャスターの批判キター!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年01月15日22:56秋から与謝野氏に極秘の入閣要請。水面下の交渉とは・・【報道特集】

TBS【報道特集】で、「人事のウラ側と"ネット政治"」をやっていたんですが、

『与謝野氏への説得は秋から始まっていた』のVTR部分と、最後のキャスター2人のコメントを記録しました(青字はナレーション)『政治家は何故ネットメディアに向かうのか』の部分は、目新しい事じゃなかったのでカット。

4256b76e.jpg 7a9b4ac8.jpg

金平氏「えー、菅第二次改造内閣の目玉人事・与謝野馨氏の入閣に関して、報道特集が入手した極秘の内幕。そしてにわかに高まるインターネットを使った政治家のメディア戦略を追いました。」

fcdc5df4.jpg

与謝野氏「菅総理があえて消費税に、えー、触れられたという意気に感じて、閣僚に就任した次第でございます。」

民主党の内外から強い批判も噴出した与謝野馨氏の入閣。唐突に決まったようにも見える人事だが、実は与謝野氏への説得は去年の秋に始まっていた

7863081c.jpg 86a13cde.jpg
菅政権発足から4カ月が経った去年10月中旬東京四谷にある与謝野氏の個人事務所を密かに訪れた人物がいた。民主党の岡田幹事長だった。関係者によると、岡田氏は3度目の訪問で与謝野氏にこう切り出したと言う。

岡田氏与党になって政権運営の厳しさを思い知りました。今の民主党にはマニフェストを自力で修正する体力はありません。与謝野さんの力をお借りしたい。」

21741f22.jpg 883ba5f4.jpg

与謝野氏私に出来る事があれば協力しますよ。」

与謝野氏民主党には政治に対する哲学や思想はありません。」

たちあがれ日本の共同代表として、民主党を鋭く批判していた与謝野氏。その与謝野氏に岡田幹事長は何故声をかけたのか。

979e5843.jpg 74188ba2.jpg

伏線は9月にあった。菅総理が突然都内の美術館を訪問した。

そこは公明党の支持母体・創価学会の池田名誉会長が設立した美術館だった事から、公明党に秋波を送ったのではないか、という憶測が流れた。

参議院で過半数を割る中、生き残りをかける菅総理が頼ったのが公明党に太いパイプを持つ与謝野氏だ。菅総理は更に大連立も視野に入れていた。

010 9d08853b.jpg
与謝野氏との信頼関係を築いていった岡田氏
は、11月下旬になって入閣を打診与謝野氏の内諾を取り付ける。そして12月4日、ついに菅総理が自ら乗り出した与謝野氏と極秘に会談し、協力のあり方について突っ込んだ話し合いをした。

8a927753.jpg 31f0d64e.jpg

ただ、民主党として有権者との約束であるマニフェストを見直すには、たちあがれ日本との連立という形を取った方が名目が立ちやすいそんな民主党側の意を組んだ与謝野氏は、たちあがれ日本の平沼代表に入閣を要請した。しかし・・

平沼氏「連立補完的な役割をたちあがれ日本が担おうというそういう事だったら、こういう申し出みたいなものは明確に今回は断るべきではないかと、、」

結局平沼氏は、入閣の要請を拒否。たちあがれ日本は連立に参加しない事を決めた。

7cc93a1d.jpg
この直後、与謝野氏の携帯電話を鳴らしたのは菅総理だった。

菅氏「連立、難しくなったみたいですね。」与謝野氏「そうなんですよ。平沼の気が変わっちゃいましてね。」菅氏連立はダメでも今後とも政権にご協力ください。」与謝野氏できる協力は何でもします。」

59155d88.jpg

菅政権に協力したいと言う与謝野氏の意向は変わらず、与謝野氏はたちあがれ日本を離党する。連立がご破算になった事で、菅総理と岡田幹事長が当初から声をかけていた与謝野氏が"一本釣り"される形となったのだ。

b21433dc.jpg

水面下で政権浮上を模索してきた菅総理。一方、国民に向けては発信力を強化する事で支持率を回復させようと躍起になっている。(ネットメディアを活用する菅総理・小沢氏の様子、ツイッター・ブログを活用する民主党議員の様子など 略)

(VTR終了 スタジオへ)

11850864.jpg 2f59a466.jpg

日下部氏「あのね、ネットや、まぁ様々なこういった媒体を使って、政治家が自分の考えを伝えること自体、これは有権者にとってはプラスだと私は思うんですけれども、

ただ自分の意見が伝わらないとか、編集されるからという理由でですね、既存のメディアを拒絶する政治家の態度は、僕はいかがなものかと思うんですね。

えー、確かに我々既存のメディアもですね、様々な声聞かなきゃいけないとは思うんですけども、編集して伝える事と、恣意的に伝える事はこれ全く別な事で、

まぁそれをですね、自分の思っている事は、思うように伝えないから、つまらないから出たくないっていうのは、ちょっと政治家としてはあまりにもひ弱な感じが私などするんですけどね。」

d8ad2e0e.jpg
金平氏「まぁ、実はね、政治家がそのメディアに露出する事自体に実はメリットがあるって事がまずあの1つあると思うんですけども、

それよりもまっ、基本的なジャーナリズムの役割ってまぁ基本的な事を考えるとですね、

権力の監視って、ウォッチ力って機能と、アジェンダセッティングって、自分達が考えるべき議題をこう設定してそれを国民に知らせるってのがあると思うんですね。

で、政治家の主張をそのあえてそのままノーカットで流してあとは受け取り手の判断を仰ぐってのもまぁ大事な局面もあるでしょう。

ただ、政治家っていうのは自分の言いたい事・伝えたい事がある一方で、言いたくない事とか、伝えたくない事とかってのがあるんですよね。

で、それをこう探り出して国民の目の前に出すっていう事も必要だと。例えばVTRの冒頭であった与謝野氏の入閣の機縁に関する情報って実はあんまり報じてほしくない事かもしれない。

37543306.jpg

ただ、私達の場合はそれは取材して出すと。出たくない政治家がいたら出ざるを得ないようにして私達は努力するんだっていうのがまぁメディアの役割じゃないかという風に思うんですが、ただ私は、従来のメディアとインターネットメディアをこう対立的に考える考え方っていうのは決定的にもう古いと思いますね。」以上

誰がリークしたのか知らないけど、つまり与謝野氏と岡田氏と菅氏がノリノリだったって事みたいですね。まっ、この件に関しての感想は前記事に書いた通りなので省略(^^ゞ

TBSのキャスター2人のコメント、言いたい事半分は分かります。

小沢氏が自分の都合の良いメディアだけに出て言いたい事だけ言うのは、政治家としての説明責任を果たす事になってないと思うし、都合の悪いことを引っ張り出して報じるのが、メディアの役割だとは思います。

もマスメディアの方もねぇ・・安倍政権・麻生政権時での、本当にしょーーーもないあげ足取りの報道は酷かった!!恣意的な編集を猛省して改めるべきだと思います!

私はそれに頭にきて、ブログ始めたぐらいですから(苦笑)

メディアは、何も足さず、何も引かず、ただ真実だけを国民に伝えてほしい。

で、もう終わったようなタレントを追っ掛け回して意味のない事をニュースで長時間流すのとか止めてほしい。

あと頭に来るのが局の番組宣伝や、局のイベントがらみの宣伝をワイドショーで延々とやる事。

そんな事ばっかやっているから、テレビ離れしてみんなネットに行っちゃうんだと思う。

対立的にもならないと思うわ~。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく