辛坊治郎

2014年08月13日21:12靖国神社問題も!火をつけたのは朝日新聞の加藤千洋記者

朝日新聞はこれまで旧日本軍をこれでもかっ!というほど貶めてきましたが、

人さし指そもそも「靖国神社参拝問題」も、朝日新聞記者だった加藤千洋の書いた記事が発端です。

2006年のチャンネル桜「報道ワイド日本」を書き起こしました(やや要約)

靖国神社問題。これも朝日新聞の加藤千洋記者が昭和60年8月7日の、中国『日本的愛国心を問題視』という記事をはじめとする一連の記事で、この年の8月15日に予定されていた中曽根康弘首相の参拝について繰り返し批判の記事を書いた。

c767475b.png

そして8月15日には実際に参拝が行われ、朝日も批判記事を載せた。
ところが実は中国政府はこの時に正式な抗議を見せていない。
そして同年8月27日、10日以上過ぎた時点で社会党の田辺誠書記長らが訪中し、注進

c3016de6.png
この社会党訪中団の先導を受ける形で、その翌日、中国の姚依林副首相が初めて政府要人として中曽根首相の靖國神社参拝を批判
実はこれ以前、歴代首相、戦後58回も参拝を繰り返している。
いわゆる「A級戦犯」合祀された53年秋の大祭以降も20回の靖国神社を参拝を繰り返しているにも関わらず、中国は一切それを批判していなかった。
それを考えれば、靖国神社をめぐる外圧の初めは昭和60年。それも朝日新聞の加藤記者の火付け記事→社会党の訪中 →先導されて動き始めたのが27日。15日参拝から中国は元々重大問題化する意図はなかったというのはこの日付からも明らかに読み取れると思う。

靖国神社をめぐる外圧の発端は、実に朝日新聞の火付け記事。加藤記者は火付け記者と言って良いと思う。」 以上

811f71d2.jpg ←古館と加藤千洋

朝日新聞が大ごとのように書き立てるまで、中韓は何も言ってこなかったんです。

反日のネタを中国様に提供していたんですアカヒは勝ち誇り「従軍慰安婦」「南京大虐殺」も、朝日報道から始まったけど、

朝日新聞、異例の記事撤回、「強制連行報道」32年後の衝撃 【ミヤネ屋】

朝日新聞が「南京事件」を「南京大虐殺」として火をつけた本多勝一の「中国の旅」とは

"日本軍を極悪非道を仕立てて発信"するのが社是なんでしょうね。

気が付けば、日本はそういう国で、反省がないという国際的にレッテルを貼られている・・

銀色の艦隊さまの《靖国神社とは?「たかじんのそこまで言って委員会」動画と一部書き起こし…<靖国神社について解説>負け続けていた情報戦争、靖国は「war shrine」戦争神社ではない!英霊に対し尊崇の念を表し御霊安らかなれと祈る場所。 》 より、辛坊治郎氏のコメント部分を抜粋[

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 042
辛抱次郎氏
「でも確かにね、確かに田嶋さんのいう事にも一理あるのはですね
これはやっぱり20年ぐらいの情報戦争で1978年の・・A級戦犯合祀まででこれが問題になる事は・・まあ殆どなかった
だけど1978年にA級戦犯合祀になった後、中国・韓国・朝日新聞・ニューヨークタイムス等が、まず最初に国内で火つけて・・外国で火つけて回って
ヨーロッパあたりで普通の人、アメリカあたりの何にも知らない普通の人達の印象で言うと
え・・それこそヒットラーのお墓に参るのか…っていうようなイメージ持っている人が多いっていう・・
このなんというか情報戦争・・この20年ぐらいで完全に負けてるっていう・・・。

<参考:もう一度念のため経緯を…>

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 023
1985年、時の総理だった中曽根康弘氏が靖国を公式参拝した際
中国が、過去の侵略戦争を正当化した…として問題視したが」


2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 024
「それは、太平洋戦争におけるA級戦犯の合祀が理由だった」

靖国問題、朝日と中国()

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 043
佐藤正久氏
靖国神社はね「war shrine」っていう表現するんです・・海外のマスコミは。」
宮崎哲弥氏
戦争神社「war shrine」って」
<参考:毎日新聞英字版(AP)>

毎日新聞(AP)、英字版記事で靖国神社を「靖国戦争神社(Yasukuni war shrin)」と配信
毎日新聞(AP)、英字版記事で靖国神社を「靖国戦争神社(Yasukuni war shrin)」と配信

佐藤正久氏
「全然違うんですよ。」

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 044
辛抱次郎氏
「とにかく・・私ね、まあ・・はじめて言いますけど
生まれて初めて靖国神社に参拝した時はもう小学校の低学年ですよ、小学校1年の時です
え・・祖父に連れられて行きました。
やっぱり思いとしては、平和になった日本で、自分は生き残ってこの国で…子育てして幸せに暮らしてます・・・
多分その思い・・も、ホントに純粋のその思いで私を・・連てってお参りをすると。
つまりそういう施設なんだという事をちゃんと発信しないと。
あそこは戦争するための神社なんだ・・っていうこの20年間情報戦でまったく抵抗せずに無抵抗で負けてきたと。
誰にとっても不幸だよね。」

ヘンタイ新聞も靖国神社を「war  shrine」・・靖国神社は戦争賛美の場所じゃない!

英霊に尊崇の念を表し、平和な日本を報告する為に手を合わせる場所だという事を世界にもっと発信しなければ!人さし指最後に、脱・洗脳史講座さまの靖国の記事を是非お読みください。

 12    靖国参拝報道

   日本のメディアが毎度騒ぐ靖国問題ですが、首相、閣僚の参拝に反対する朝日の一連の報道は、坊主憎けりゃ何とやらで、執拗さを越えてほとんどビョーキ の段階ではと疑います。靖国参拝を中国・韓国と日本の間の厄介な問題にしてしまったのも朝日報道が大きくあずかったことは言うにおよびません。
 2005年4月、中国全土で「愛国無罪」 を旗印に同時多発的に反日デモが起こりました。日本大使館や総領事館だけでなく、和食レストランや日系企業がターゲットとなります。しかし、中国政府は「愛国無罪」 を叫ぶ暴徒を阻止するどころか、「責任は日本にある」 と公言したのです。このデモが官の後ろについた「官製デモ」 であったのは見え見えでした。
 毎度のことながら、「新しい歴史教科書をつくる会」 が作った中学用歴史教科書の検定合格 や、日本の国連安保理の常任理事国入りに反対する「国民感情」 などを持ち出していました
 こうした中国の反日デモの根底に「小泉首相の靖国神社参拝」 があるとし、参拝中止を求めたのは朝日新聞です。2005年5月12日付け大型社説のなかで、以下のように主張します。

 〈 靖国神社に参拝し続けることに、どのような国益がかかっているのか
譲るものものも持たずに、
どうして相手にだけ誠意ある対応を求めることができようか 〉

 「相手の嫌がることはあえてしない」という理由から「参拝の意思なし」 を表明した福田首相が総理に就任した後、小泉、安倍両首相時代と違って、「中国との関係は好転した」 と評価したのは朝日新聞でした。
 ところが、「好 転」 したと朝日が言うのもつかの間、ガス田開発問題に加え、毒入りギョーザ事件 、チベット問題、さらには尖閣諸島をめぐる領有権問題など、次から次へと問題が出てきます。
 靖国参拝で「譲 歩」 したからといって、何かが得られるわけもなく、さらに中国は踏み込んだ対応をしてくるに違いありません。何度経験し、何度煮え湯を飲ませられなければわからないのでしょうか
 アジアの覇権を得るためなら、歴史問題は言うにおよばす、靖国問題だろうがなんだろうが利用できそうなものはすべて利用する、これが中国のやり方なのです。こんなこと分かりきった話です。
 にもかかわらず、日中関係の「好転」を保つために、ガス田開発問題、尖閣諸島問題、チベット問題でも、際限なく「 ご説ごもっとも」  と陰に陽に朝日は中国の言い分に理解を示しつづけるのでしょう。そのうち、尖閣諸島を日中共同管理にと朝日は言い出すかもしれません。
 そういえば、ダライ・ラマ14世のノーベル平和賞受賞(1989=平成2年)に反対したのも朝日新聞でした。
 チベット人の5人に1人、つまり120万人が虐殺された と言われているのに、チベット人の窮地にはいたって冷淡で、中国の言い分に沿う報道をしてきました。
 「人権侵害」だの「弱者救済」だのとなると、やたらに理解を示す新聞が、チベットに対するこの冷淡な態度はどうしたことでしょう。ここまで中国ベッタリ になっているのですから、どこの国の新聞かなどと詰問するのも芸のない話です。
    ・   曽野 綾子の文を2つ
 靖国参拝を考える際の参考になると思いますので、曾野 綾子 のエッセイから次の文を抜粋します。

〈  靖国神社に祭られた人たちの99・99パーセントまでが、普通の兵士である。
A級戦犯の数など一体何人なのか。数人のために残りの人にも参らないというのは筋が違うだろう。
それに日本の古来の神道では、死者はすべて神になるというのだ。
キリスト教でも「裁きは神に任せなさい」という絶対の掟がある。
死んだ人が地獄へ行くか天国へ行くかは、人間の決めることではない
のだ。
なぜなら人間は、その人の生涯の全容を知り得ないからである。それができるのは神か仏だけだ。 〉

 もうひとつ、同じ曽野の含蓄に富む次の文章を加えておきます。2013年4月、第2次安倍内閣のもと閣僚数人が靖国を参拝しました。
 朝日は、2013年4月26日付け社説で、

〈 私たちは社説で、首相や閣僚の靖国参拝に反対してきた。
日本が過去の過ちを忘れ、こうした歴史観を後押ししていると
国際社会から受け止められかねないからである。
さらに首相や閣僚による公式参拝は、憲法の政教分離の規定からみても疑義がある
。 〉

 などとあらためて参拝反対を主張しました。
 この閣僚参拝に対して、曽野 綾子は「戦死者追悼は人として当然」と題したエッセイを書いています( 「透明な歳月の光」、2013年5月1日付け産経 )。曽野の物を見る目の「確かさ」をあらためて感じさせられます。

〈 靖国に祭られている絶対多数の戦死者は、
祖国を守るためにやむなく死んでいった普通の青年たちである。
恐らく政治家も多くの国民もその人たちを悼むために靖国に参るのだ。
人間として日本では普通の行為である。
むしろ靖国に参る人たちほど、残酷な戦争を忌避している
。 〉

〈 4月23日の毎日新聞社説は「閣僚参拝は無神経だ」 という論説を述べた。
まだこの新聞は国際政治の無難な行為だけを望んでいる。
自国民だけでなく、他国民の幸せや平和を守るのは当然だ。
しかし今まで国際社会において、自らの哲学と信念を勇気を持って
静かに表すことがなかったからこそ、日本が軽視されてきたのを
まだこの新聞はわからないのだろうか。

そういう点で諸外国は、実に冷酷なまでに、
他国の政治家の人間性と実力を観察しているものなのである。 〉

日本は戦争に負けたけど、もうこれ以上、日本を貶める情報戦争に負けるわけにはいきません。

先人の為、未来を担う子供達の為に、今を生きる私達がやるしかない。まずはアカヒを敵とみなし、ぶっ潰そう!

Photo_3


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年01月17日13:55「メディアの自民党叩きは酷かった」by辛坊アナ  【たかじんのそこまで言って委員会】

昨日の読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】(1/16)の記事がメインですが、

その前に、テレビ朝日【やじうまテレビ】でやっていたコレをザッと読んでください。

6e22c3d4.jpg da9f155d.jpg

吉澤アナ「・・最後にこんな記事ご覧頂きましょう。産経スポーツです。

小沢さん!なんですが、小沢さんの関係政治団体、えー、誠山会。ここがですね、あのキャバクラへ支払った飲食代金を政治活動費として計上していた事が産経新聞の調べで分かったと。

これ、産経スポーツと産経新聞だけっという事なんですけども、しかし政治活動にキャバクラ行く人が結構多いというのが最近分かったわけでございます。」以上

記事を基に取り上げたのはこれだけ。もし、これが自民党だったら・・しつこく党全体を調べ上げてこのコーナーの間中、コメンテーター達と猛批判していた事でしょう。キャバクラ!と言えば・・

江田五月法務大臣が浮かびますねぇ。元キャバクラファイブ・メンバー!

首相と30年来の盟友=法相・江田五月氏-内閣改造

父・三郎氏を師と仰いだ菅直人首相にとっての兄貴分であり、30年来の盟友。民主党が参院で第1党となった2007年に議長に就任。昨年6月に野党が提出した首相問責決議案を本会議に上程せず、強い批判を浴び、同7月に議長を退いた。東大在学中に司法試験に合格し、裁判官の道を進んだが、社会市民連合代表だった三郎氏の急逝で政界入り。政治資金をキャバクラなどの遊興費に充てていたことが問題化したことも。趣味の水泳(日本泳法)は範士の腕前。69歳。(民主) 

テレビでやらないから、私がネットでもう少し調べてみました

小沢氏関係団体、政治資金でキャバクラ「事務的ミス」と訂正へ

政治資金の不適切な支出をめぐっては昨年11月、小沢氏系の議員グループ「一新会」事務局次長を務める松木謙公農林水産政務官の関係政治団体が、21年分の収支報告書に元秘書のキャバクラ代5万5千円を一時計上。その後、訂正していたことが明らかになったばかり。

 また、民主党では21年にも、江田五月法相川端達夫衆院議院運営委員長ら5議員の政治団体が、15~19年分の収支報告書にキャバクラやクラブの飲食代を「政治活動費」として計上していたことが発覚。自民党でも昨年12月、今村雅弘衆院議員(比例九州)の資金管理団体が18~21年に、秘書らのキャバクラ代を計上していたことが判明している。

民主議員の収支報告書にキャバクラ・仕分け人献金…「?」項目ズラリ

松木謙公農林水産政務官の関係政治団体「けんこう冬日会」は、キャバクラ代ほか

議員会館の事務所で飼育するクリオネ約10匹の年間レンタル料31万5千円や、フォークグループ「アリス」の復活ライブのチケット代4万2千円なども支出

古川元久官房副長官の資金管理団体「ふるげん未来塾」は同年12月、仕分け人を務めた都内の公認会計士から120万円の献金を受けた。16~20年にこの会計士から受けた献金は総額600万円に上る。

篠原孝農林水産副大臣の「衆院議員篠原孝全国後援会」139人から集めた会費計27万8千円を、寄付金控除が可能な「個人献金」として計上。サポーター費は寄付金控除の対象ではないが、計3人に控除証明書が発行された。篠原氏の事務所は「細かな制度を知らず、間違えた。すみやかに訂正したい」。

岡本充功厚生労働政務官が代表の「民主党愛知県第9区総支部」は党の内規に反し、公設秘書2人から計40万円の個人献金を受けていた。民主党は昨年9月15日、秘書の同意の有無を問わず、自らの公設秘書からの献金を禁止することを決めている。

「キャバクラ」検索だけでもこれだけありました。思い出してください。

吉澤アナは、皮肉たっぷりに「サンケイだけ」と言いますが、安倍政権時代のメディアは朝から晩までそれを繰り返しやっていましたよね。

で、ここからが今日のメイン記事。読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】で、メディアの本質??を論じていたのでその部分だけ記録しました。

(菅・小沢のメディア批判は正しいかというテーマで侃々諤々の議論の後・・)

9da84c33.jpg
三宅氏
「金さんの言う通りでね、要するにメディアがね、民主党民主党ってヨイショしている時はね、それはそれで良いんだよ、ねっ。

ところが批判を始めると途端にだねぇ、『けしからん』とかね、『検察のリークにしか頼ってない』とかね、????なーにを言ってんだっ。」

bfdf6095.jpg
宮崎氏
「あの自民党政権の時、例えば麻生政権の時、麻生さんがバーに通ったとかなんとかっていうのを、しっきりと流してましたよねぇ

その時私の知る限りでは、民主党の方々もその報道に乗っていたような気がするんですけどねぇ。」

50a05e6c.jpg

辛坊氏「いや、一番凄かったのは、やっぱりね、あのぉ・・安倍晋三さん以降の3世代の自民党の時のメディアの自民党に対する攻撃ってのはまぁー物凄い、明らかにこれは政権交代を意識して、、一番酷かったケースは、あの顔に絆創膏貼ってただけで袋叩きに、、」(会場笑い)

006 e532d1b5.jpg

宮崎氏
「池田さんが書かれている『政策について勉強していない』って、その通りで、

要するにね、政治記者って何やっているかっていうと、政局をね、こう自分達で作りあげているわけですよ。

で、それを以ってこの政治記者の誉とする様なところが、、あのー、全てがそうとは言いませんが、そういうところがあって、そういう中でこう国民の世論が右往左往されられているという批判ならば私はその通りだと思います。」

田原氏「インターネットが怖いのはね、つまり『小沢さんは辞めろ』というのはね、世論調査でね70から80%あるんですよ。

ところが一般の国民はね、小沢さん知りませんよ。会った事もない。やっぱりメディアが『悪い悪い』と流すから国民がやっぱり『小沢は悪い』っていう風になるんですよ。」

7f78b59b.jpg 033861ec.jpg

三宅氏「『辞めろ』なんていってないんだよ、メディアはね、あのねぇ、小沢はだよ、政倫審に出て説明をすべきだとかそういう事を言ってるだけで、、」田原氏「後の話だよ」

三宅氏「『小沢は辞めろ』なんて言ってないじゃない。」

田原氏「小沢はいかに悪いやつだってドンドン流してるじゃない。」(以下 バトルはつづく 略) 以上

これ、まったくマトモな議論です。(田原以外)

宮崎氏は正論。辛坊氏は少しは反省しているようだから他の司会者と比べて全然マシ。

田原氏は、安倍さん・麻生さんの時からそういっていれば説得力あったのに、何言ってんだか(呆)

政権交代前のメディアは、麻生総理のあることないこと、箸の上げ下ろしまでネチネチネチネチ批判して、それこそ『バカだバカだ』と流すから、世間で『麻生はバカ』になったんでしょうがっ!

で、それとは反対にアノ鳩山氏のトンチンカンっぷりは『宇宙人』と称してまでも生暖かく報じていましたねぇ。

何度も書くけど党首討論も「鳩山圧勝」と報じていたんですよ! ←テレ朝!

とにかく、メディアが情報を流しても鵜呑みにしないことです。

今は幸いネットがあるので、自分で確かめる事が大切ですよねー。

党首討論なんか今見たら、鳩のルーピーっぷりに仰け反りますよ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年05月16日21:00三宅久之氏が語る 官房機密費  【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビの【たかじんのそこまで言って委員会】で『メディア論スペシャル』をやっていました。

ゲストに田原総一朗やビートたけしまで呼んでの豪華版で、テレビ局の内情とか色々話していて結構面白かった☆

その中で、今、波紋を広げている野中発言・官房機密費の部分だけ記録しました。

辛坊治郎氏VS上杉隆 、 三宅久之氏VS田原総一朗氏  に注目です。
「最近のメディアは暴走しているか」という質問に対しての、上杉隆氏の発言より書き起こし(CM前後の繰り返しは省略)

026

001

上杉氏「あのー、弱くなると急にみんな攻撃的なんですよ。えー、強き者は助けると、ですから記者クラブ問題に帰結するんですけど、

結局政権が強い時はみんな叩かないで、落ち目になると、麻生さんだろうが、鳩山さんだろうが、安倍さんだろうが福田さんだろうが寄ってたかって叩くと。

まっこれを何度も繰り返しているんで暴走に見えるんですけど、実際は権力とか、えー例えば検察とかそれからまぁメディア自身とか、強いものになると急にみんな口をつぐむと。

最近の機密費問題に関しても、やはり自分達含めて関わってくるとなるとテレビ等も何も言わないですよね。」

002 003
辛坊氏
「あの機密費問題で、評論家だとかジャーナリストだとかに、お金が出てたってありました。名前誰が出てました?こん中にいますか。」上杉氏三宅さんも出てましたね。」

三宅氏いやいや、私の名前は出てませんよ。私は名前を出してもらいたいと思うんだよ。もし私が受け取ってるなら出してもらいたい。」

004 005辛坊氏「あの中の言い方だと、

基本的にテレビや新聞に関わっているような評論家だのジャーナリストはみんな機密費からカネもらってるような印象をみんな受けますよね。あの一言は。現実にどうなんですか。」

三宅氏「そんでねぇ、今ネットの世界ではねぇ、

私の名前なんか名指しでね、ともかくもうテレビから下ろせとかね、アイツ殺してやるとか色んなのが出ているわけです。現にさっき警察から電話があってね、警護しましょうかってゆう電話まで来てるわけですよ。

でねぇ、だけど私はハッキリ申し上げるけど、野中さんからビタ一文もらった事なんてありませんよ。ああいう事を出す時にはね、ちゃんと名前を出してくれたらいいんだよ、ちゃんと。そうじゃないとね、非常に貰ってない者は迷惑するんだよ、ホントにね。」

006 宮崎氏「官房機密費に関しては、政権が交代した場合にこれは見直すという方針でしたよねぇ。(民主党になってから:上杉) 民主党になってから。で、私はあのー、過去に遡ってこれはあの内訳、使途、支払い先という事を私明らかにすべきたと、、」

上杉氏「でも全然出ないですよね。平野官房長官がそれを後ろ向き。鳩山総理、それから岡田外務大臣は明らかにしろと、指示したのにそこで止まってるんですね。で普段だったらこれこそまさに、政治とカネの問題だから、マスコミがこれを追及するべきなのに基本的にはほとんどベタ記事程度でオワリと。」

宮崎氏「なんで追求しないんですか。」上杉氏やはりそれは当事者が、中にいっぱいいる、、」辛坊氏「・・あれは、、田原さん、貰いました?」

007 田原氏「野中さん、もらってないって言ってくれてるじゃん。(えっ?!) 

野中さんが何故か貰ってないと言ってくれてる、、」

辛坊氏「だけど官房機密費で飲食した記憶はありますか(えっ?) 

出元はもしかすると、あのメシ食うたやつは官房機密費かもしれない、、」

田原氏「ないと思う。僕はねぇ、政治家たちとメシを食う時は、必ず会費制かお互いに出し合うかどっちか。官房機密費はないと思う。だからね、、」

008010辛坊氏「逆に言うと、逆に言うと、あの田原さんの周りで、あるいは三宅さんの周りで官房機密費もらってたような人たちを知ってます?」

田原氏「あのねぇー、ちょっと違うんでね、あの僕はねあのー、野中さんがね、名前出してくれたんだけど、あのー、、小泉純一郎って知ってる?」(スタジオ笑い)

辛坊氏「一応、辛うじて、、」田原氏「彼がバレンタインのチョコレートを返したんです。ねっ、つまりバレンタインのチョコレートってもらうのが当たり前なんです。盆暮れのお中元とかお歳暮はもらうの当たり前。それ突っ返すってのはね、(失礼) 失礼。

だからねぇ、しいて言うなら僕はバレンタインのチョコレートを返したようなもんで、そんなヤツはね、非常識な人間だと私は思っています。」

辛坊氏「じゃじゃ、ちょっと待ってください。今の話で言うと、野中さんの名前に田原さんも出ているわけですか?」

上杉氏「官房長官は田原さんのみならず、かつてはたくさんいましたよね。」

田原氏「ちょっと、(辛坊氏を指差して)読んでるの?(読んでない) 読んでないから分かんない。何故か僕の名前だけ書いて、田原さんだけは受け取らなかったと言っているわけ、、」

辛坊氏「じゃあ、田原さん以外は全員もらってるっていう意味ですか。」

田原氏「野中さんはそう言ってるわけ」上杉氏たくさんもらった人がいるって、、」

辛坊氏それだけじゃ、野中さん、めちゃくちゃだね、そりゃ。」

011 三宅氏「あのねぇ、あのね琉球新報を読むとね、

詳しく書いてあるんだけどね、私は送ってもらって読んだんだけどねぇ、

例えば、日頃偉そうなね、事を言っている評論家が、その500万円もらってですよ、500万円ですよ。そして『ご苦労』言ってやってると。まぁ中には政治家から評論家になった人が家を新築するんで3000万円よこせって言ったとかね、

色んな話が書いてある。まぁ中にはそういう人いるかも分からんけどねぇ、その不特定で名前を出されると非常にね、これは訂正するも何もね(笑)、」????のあれだからねぇ。」

012_2 

上杉氏三宅さんの名前が出たのはあの2000年5月31日号のフォーカスで、三宅さんの名前がそのまま、、」

013 三宅氏「それ、全くの誤報なんですよ。

それを根拠にネットで広がってるんですよ:上杉) これはね、ついでだから私的な事を言うけどね、

藤波孝生という私が学生時代から知ってる男だけどね、彼が官房長官になった時、確か年の暮れだったかな。ねっ。それで電話かかってきて新年に講演の口を2つ頼まれていると。だけど官房長官は東京を離れるわけにいかんから、三宅さん良かったら肩代わりしてくんないかって事で行っただけの話なんです。

そしたら藤波さんの事務所から議員秘書が届けてきたんです。私はそん時、内閣機密費なんて全然、一瞬も考えないでもらったんです。それが出たって話を聞いたけどね、後でね。取り消すほどの事もないからほっといたけどね。」

上杉氏「その記事は訴えたり、取り消し、抗議したりしないんですか。」

三宅氏「そんなもん、抗議したってしょうがないもん。」

014 015村田氏「あの、官房機密費のね、あり方がどうあるべきかってもちろん議論すれば良いと思いますし、念のために言っておきます。もちろん私も一銭ももらってませんけど、ただ私はね、官房機密費が全く無くてですよ、.裏金が全くない政府なんて恐ろしいと思う、、」

上杉氏官房機密費はあって当然なんです。問題はジャーナリズム側に渡る事は世界中でやってはいけないルールなんですね。公的法人とか公職についている人間だったらまだしも、

メディアの人間がそういう権力からもらってはいけないわけです。」

016

辛坊氏「・・誤解を招くんで少なくても、私の知る限り一人もいません。私ももらってない。」

上杉氏「いや、、それは、ひとりひとりが、、それは私の知る限りでって取材、、」

辛坊氏上杉さんの言い方だと、まさに野中さんと同じようにみんなもらってる。自分はフリーのジャーナリストだからもらってないけども、新聞記者やテレビの記者はみんなもらってるっていう風に取りますよ、そりゃ。」

上杉氏「そーんな事、一言も言ってないじゃないですかー。」

辛坊氏「そういう風に取れますって!」

上杉氏「取れないですよ(取れるって!) もらってる人が多いと、、」

辛坊氏もらってる人が多い! (指差しながら) 分かった! 名前言って貰おう。名前言って貰おう上杉氏「出しますよ。」

田原氏「ちょっとちょっと下らない。(ざこばに)そんな事言っちゃ困るよねぇ。」

辛坊氏言ってみて、名前、ハッキリ誰と誰がもらってるって。」

上杉氏「リストで言うのはっ、危険なんです。」宮崎氏「だって、上杉さんが知るわけないでしょう。」辛坊氏「だって、もらってる人がいるって言ったんだもん。」

上杉氏いやリストはあるとっ! でリストで言うのはこれジャーナリズムっておかしいですよね。」辛坊氏「リストに載ってる人は本当にもらった、、」

017 上杉氏「まだ発言中です。 だーから今言おうとしてんじゃないですか。聞いた方が良いですよ、人の話は。リストを出る、そのあとにそれを政府がもしかして都合の悪いジャーナリストを陥れる為に名前載せる可能性もある。

更には官房長官が抜いたために、帳尻合わせるために人の名前を使う可能性もある。

こういう名前が可能性があるからそこは出さないです。ただ今回は野中広務さんっていう官房長官をやった人が直接渡した人が証言したんでこれ証拠になるわけですね。

ですから野中さんは、言いたいのは中途半端にもらってない人を言うんじゃなくて、もらった人を自ら言うのが国、そしてメディアの健全な、、」

018 勝谷氏「だからね、国会で証人喚問するべきですよ。ちゃんと。

官房長官としてカネを配ったのだったら、これ我々の税金なんですから、

アナタ本当に配ったんですか、誰ですか、名前が出た人がいたらまたその人も呼んだらいい。

アナタは本当にもらったんですかと、宣誓をして、それで証言をするべき。」

辛坊氏「その通りだと思う。これ本当にもらってる人間がいたとすりゃあね、大問題ですよ。」(上杉を指差しながら)

田原氏「大問題であるよりも、僕は官房機密費は必要だと思ってる。一番大事なのは何かって、情報提供者ですよ。

つまりいろんな人が情報を提供しに来るわけだ、ねっ、そして役職も何もない人が『ありがとう』ってお礼言うじゃない。基本的に官房機密費ってねぇ、三宅さん。情報提供者にあると。今はほとんどは実は官房機密費はどうなっているか。議員たちの海外旅行するだけの餞別ですよ。」

勝谷氏「だから、これをヘタに歪めちゃうと警察や検察の裏金を作って、情報収集者に渡したじゃないですか。あんなの逆に本当に捜査が必要だったりなんかすれば、ちゃんとそれはやればいいわけ、、」

田原氏「勝谷さん、勝谷さん、僕は彼が言うみたいにね、民主党内部になったんだから一回止めてみるのも手だと思う。止めてきてもしね、止めてみて不便だったら申し訳ない国民の皆さん、こういう不便な事出てきたと。だからまたやりますと、ねっ三宅さん、折角内閣替わったんだから。」

021 三宅氏「それ是非やったらいいと思うんだけどね、あのー、内閣にはね、政治上やっぱりその公にできないカネってあるんですよ。ねっ。

例えば在留外国人がテロリストに誘拐されました。いう風な時にねっ、その例えばイスラムの聖職者が来て斡旋してるとか言うでしょ。それを待ってるとか、報道でそういう事になってる。だけどねぇ、話し合いで釈放するようなら最初っからそんな????ないですよ。大体そういう時はね、政府が、、」

田原氏「・・僕はね、やっぱり自民党内閣がけしからんと思うのは、自民党内閣が、、」

三宅氏ちょっと待ちなさいよっ、ちょっと待ちなさいっ、アンタちょっと待ちなさい。アンタしょっちゅう『ちょっと待て』っちって、、(スタジオ爆笑)

020

022そういう時に、釈放されるには必ずね、カネが動くんですよ。そういうのは表ざたに出来ないカネだから。」

上杉氏「三宅さん、あの官房機密費があるのは当然だって、コレ全員一致してるんですよ。

問題はそのお金がマスコミに渡るのが問題で、例えばアメリカでも、5ドルルールとか2ドルルールとかありましたよね、手島さん。要するに記者が公権力から2ドル、例えばスターバックスのコーヒーとか3ドルまでならいいけどそれ以上の金銭・物品供与を受けたら、これジャーナリズムとして失格なんでそれでオワリ

まさに官房機密費っていう国民の税金をマスコミ側の人間が何十万円単位で もらった瞬間に本来はその場でですね、筆を折るか番組を降板するか、、」宮崎氏「その通り、、」

023 三宅氏「あのねぇ、ちょっとね、記者とかね、我々評論家のように自由業と一緒に混同してもらっちゃ困るんだ、これ。

記者はビタ一文だってもらっちゃいけませんよ。会社から給料もらってるんだから。ねっ。評論家っていうのはね、その色んな不特定の事で稼いでいるわけですよ。講演もしますよ。ねっ。講演して謝礼もらって悪いですか。」

上杉氏「あっ、それ対価はいいんですよ。意味のない、無意味な、、」

三宅氏「それはねぇそのー、全部一緒こたにしてね、言われても困るんだよ。評論家って言うのは別にそりゃ、なーんにもなくてだよ、お金もらって『よろしく』なんてもらってるのはいかがわしい話でしょ。だけども講演なんかもらうの当たり前、、」

024 金氏「この際ね、私も言っておかないとね、金さんもらってるかもらってないかって言ってあのー、推測されるんで、ハッキリ言っときますけれども、そのー、そういうお金をね、一度ももらったことないです。残念ながらっ。私はまだそれだけ影響力がないって言う風に見なされたのかも知れませんけど、

ただ、2回ね、公邸で夕食をご馳走になったとはあります。それは新聞にも出てる事だし別に秘密でもなんでもないですけれども、残念ながら、まだ私は小物だと思われたらして一銭ももらうチャンスがありませんでした。」

勝谷氏「先生、仰る通りで、恐らくフリーランスの人間にとってはですね、それがより一層バレたらそこでオワリなんですよ。」

025 手嶋氏「恐らくですね、官房機密費そのものを実際に見たのは多分、、田原さん見たことないですか、ありますか、現物は。(ありますよ、何度も。断ったんだから)

いやキャッシュ自身を(あります) 僕金庫自身でやったんです。非常に親しい官房長官で、官房長官室で、1対1で話していて、ある日一度ちょっと見てみたいと思ったんで、『官房長官、誠に異なお願いではありますけれども、官房機密費を見せて頂けませんか』ええ、暫く考えてね、『君、ちょっと目をつぶっていてほしい。開けてみよう』って言ってね、開けてみてくれたとありますよ。もちろん薄目を開けて見てました。

で、つまり三宅さんの方がずっとお詳しいんですけども、ずっと談合の時代には、実はそのような形で有力な野党のリーダーにお金が、、っていう事で使われていたんですね。」

辛坊氏「今は報道中心の話でしたけど、メディアっちゅうても報道だけじゃありませんので、このテーマ・・」以上

で、これがその元ネタ

「官房機密費、毎月5千万~7千万円使った」

2010年4月30日21時42分

 小渕内閣で1998年から99年にかけて官房長官を務めた野中広務氏が30日、当時の官房機密費の取り扱いについて、「毎月5千万~7千万円くらいは使っていた」と暴露した。首相の部屋に月1千万円、野党工作などのため自民党の国会対策委員長に月500万円、参院幹事長にも月500万円程度を渡していたほか、評論家や当時の野党議員らにも配っていたという。都内で記者団に明らかにした。

 野中氏はさらに「前の官房長官から引き継いだノートに、政治評論家も含め、ここにはこれだけ持って行けと書いてあった。持って行って断られたのは、田原総一朗さん1人」と述べた。

 与野党問わず、何かにつけて機密費を無心されたこともあったという。「政治家から評論家になった人が、『家を新築したから3千万円、祝いをくれ』と小渕(恵三)総理に電話してきたこともあった。野党議員に多かったが、『北朝鮮に行くからあいさつに行きたい』というのもあった。やはり(官房機密費を渡して)おかねばという人と、こんな悪い癖がついているのは絶対ダメだと断った人もいる」とも語った。 (朝日より抜粋)

辛坊氏は上杉隆が本当にキライなんでしょうねぇ(笑)

上杉隆はジャーナリスト?なので、そのリストを全部取材して真偽をハッキリすればいい。

評論家でもらってたヤツし晒してもらわないと、もらってない人は堪ったもんじゃないですよね。

野中氏は、証人喚問覚悟で言ったんだと思うので、やれば良いと思うけど、

民主党のことだから、もし自民党にダメージを与えれるものなら、とっくに段取りしてると思うけどなぁ~。元自民党の人もたくさんいるから拙いんじゃないの?!

とにかく、某サヨ掲示板とか、その手のブログでは、三宅さんや金さんや辛坊さん青山さんの事を、鬼の首でも取ったかのように書きまくってたから、ザマッーと思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2010年03月04日14:27田母神氏をめぐる 【たかじんの・・委員会】 vs 【やじうまプラス】 

田母神さんの統幕学校の卒業式出席をめぐり、テレビ朝日【やじうまプラス】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】の(2/28)コメンテーターの意見が180度違っていたので記録しました。

まずは、今朝の【やじうまプラス】一刀両断より

(統幕学校 田母神氏の卒業席出席を一転拒否 (1/2ページ) - MSN産経ニュース の記事を吉澤アナが読み上げたあと・・)

002 吉澤アナ「・・ただ、伊藤さんねー、

航空幕僚長の時に、あの発言をして辞めさせられた。

なのに、この今回のこの統合幕僚学校の会に招かれるっていうのは、そりゃやっぱり変っていやぁ変ですよね。」

伊藤氏「まぁねぇ。招いた方が問題あるんじゃないですか?」

吉澤アナ「一番最初に招いたっていうのがねぇ。」伊藤氏「それ以上の何ものでもないと思いますけどね。」

吉澤アナ「そうですよねぇー。まぁだから、あのー三反園さんねぇ、民主党政権になって今の政権になって、よりなんか圧力がかかり始めたという風にも仰ってるようなんですけれども、、」

006 三反園氏「そうなんですよねぇ。あのーこの間、ほら1佐(中澤剛1等陸佐)がね、そのー鳩山総理の発言に対してですね、

一言物を言うとかですね、そういう話があったじゃないですかねぇ。(ありましたねぇ)

 色んな形で田母神さんの発言も色々とあるじゃないですか。という事はですね、日本の今防衛を含めてですね、民主党政権になって、どこを目指して何をやろうとしているのかね、そこがハッキリしないわけですよね。その方針をね、鳩山さん含めてしっかりして、だから田母神さんはですね、招かないというですね、そういうものをやっぱり示すべきじゃないですかね。それがやっぱりシビリアンコントロールに繋がっていくんじゃないかですねどっかなんか緩んできているような感じが私はするんですけどね。なんか、はい。(そうですよねー)」

003 萩谷氏「でも、これ読むと、あのー、歴代の統幕学校長を務めた人は卒業式に招待されるのが慣例になっているって書いてあるんですね。

で、平成16年まで務めてたわけですよね、それじゃ今まで招待されていたのかと。それは大丈夫だったのかという話にもなってくるわけなんですよね。だから何か喋らせなければいいのであって(笑)、なんか出席しないでくれっていう事は無いんじゃないか、、」

三反園氏「ただ、ただね、慣例だからそれで全部認めるとかね、そういうのはどうかなって、私は感じがするんですよね。

彼が今まで何をやってきてどういう発言をして、相応しいのかどうかっていう、そういうものをやっぱりこう判断するっていうのも政治のシビリアンコントロールじゃないかと、私はちょっと思うんですけどね。」

007 吉澤アナ「まぁその意味では、

国の防衛と、この人を招いていいかどうかっていうのはやっぱりその辺はねぇ、、」

三反園氏「もうちょっとその辺はしっかりしてほしい。何となくちょっとね、不安を感じるんですけどね。ええ。」

吉澤アナ「そうですよねー。はい。」以上

ここから先週の【たかじんのそこまで言って委員会】テーマ「ガッカリしたこと」

001 田母神氏「私はですね、コレ意味がよく分からないと思いますけれども、」

たかじん卒業式に『来ないで』と言われ??」

田母神氏統合幕僚学校の卒業式が3月の5日にあるんです。私は統幕学校長の経験者なんで歴代校長は卒業式に招待を受けるんですね。

私は招待を受けて、『出席をする』とお答えをしておいたんです。ったらつい最近になって、『来ないでくれと』(それはヒドイ:たかじん) 統幕学校から。

何故かといったら、防衛省で誰かは分からないけれども、『田母神さんが出席するんであれば防衛省からは誰も出席しない』という風に言って来たと。だからそれじゃあ困るんで、『田母神さん、申し訳ないけれども出席を見合わせてくれないか』という風に私の所へ言って来た。(あららら:たかじん) これっておかしいでしょ? (おかしいっ!:勝谷) ねっ、

なんか意見の違いはあっていいけど、ここまでやったらね、これ中国と同じになりますよ、本当に。」

004 辛坊氏「別に田母神さんは処分を受けて、あの辞めたわけじゃないですよね?」田母神氏「そうです。はい」

辛坊氏「普通に定年でお辞めになった訳ですよね。」田母神氏「はい。そうです、はい。」

宮崎氏「それ、なんで防衛省の人は同席されないんですか?」

田母神氏「だから、私がまぁ色々防衛省に批判的な事を言ったりなんかした事が気に入らないのかも知れませんね。」宮崎氏「それは狭量ですよねぇ。」

009 浅尾氏「あの、あれですよだから、田母神さんの話もそうだし、

この間の連隊長の発言は、あれよく読むと別に変なこと言ってないんですよ。アノ発言はね、全部読むと、、」

田母神氏中澤連隊長のね、あの挨拶、スピーチはね、米軍が絶賛ですよ。素晴らしいスピーチだと。今防衛省では禁句があるらしいですよ。使っちゃいけない言葉。それは『信じない』という言葉だそうです。」(スタジオ 笑い)辛坊氏「トラストミーって言っちゃいけない?」

田母神氏「ああ、最近は鳩の鳴き声が変わったと言われてますから。鳩は何て鳴くか、最近。『トラストミー トラストミー』と鳴くらしい」

008010三宅氏「はははははは。これは面白い。ははは」(スタジオ笑い 拍手)

勝谷氏「いやだけど、今のですねぇ、あの田母神さんの出席問題はこれはもう大ごとにしてもらわないと困りますね。とんでもない話で。あの文民統制の反対であって、暴走ですね。」

浅尾氏「来ないでくれで、行きませんって言って、こそっと当日行ったらどうなるんですか?」三宅氏「いやいや、それは堂々と行かないと、、」

勝谷氏「堂々と行ってください。一緒に行きましょうよ。」(スタジオ 爆笑)

辛坊氏「でも、メディアの論調見てたら、新聞の社説で、『あの自衛官の発言は許せない』とか『あれはダメだ』とか書いてた新聞が何紙かありましたよね。(あった!:勝谷)」浅尾氏「連隊長ですか?」 辛坊氏「そうそうそうそう」

勝谷氏クーデターを予想されるって、、なーにを言ってんだろう?!」

田母神氏「クーデターなんかやったらね、大吟醸は飲めないしゴルフにも行けないし、誰があんな事やりますか。バカな事を。」(笑い)

011 勝谷氏「だから今の、、あの退職金の時と同じですよね?(そうそう) 

そういう風に最初はちゃんと招待状が来たわけじゃないですか?(うん、来た)

それをちゃんと目に見える形でやっていく事が文民統制なんですよ。クリーンに。

そうやっておきながら『出る』って言ったら、こっそり『ない』見たいな事を伝えてくるって、これこそ一番危ないんですよ、軍の統制の上で。北澤長官、、これあのー大臣は知ってるのかっ?! 知ってるのか知らないのか、是非マスコミは、、」

田母神氏「私はだから、長島防衛政務官にね、ちょっと伝えたんです。こういう事をご存知ですかと。そうしたら長島政務官は『知らない』と言ってました。『調べる』と。」

勝谷氏文民統制が出来てないじゃないかっ!」(以降、別の話題)

いかがでしたか?!テレビ朝日の局アナ&コメンテーターたちは、田母神さん自体を否定しちゃってますね。

そういう人を招待するのが悪い!!みたいな・・

こーんな事でクーデター云々考えちゃう人って全く理解できないけど、テレ朝の局アナ&コメンテーターにあい通じるものがあるんじゃないかと思いました。

田母神さんのように命がけで日本を守った人と、机上で考えすぎの平和ボケ集団との違いって感じです。たかじんの方が、いたって常識的ですよねぇー?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年01月30日21:34『ニッポンの正念場』 外国人参政権 後編 【ウェークアップ!ぷらす】

前記事の続きです。(トイカメラの調子がますますおかしくなった・・・^^;)

(マニフェストから抜いた外国人参政権法案をこのタイミングで出すのは何故?という質問に対し・・)

028 029原口氏「そうですね、これはあのー、
他の政党を言うと、自公の連立合意の中に入っていたと言われています。それから先ほど小池さんが反対の立場で質問されてたようですけども、あの方が居られた自由党は永住外国人の地方参政権の法律を出しています。で、民主党はかつてマニフェストに入れていましたけども、

その後、その実際にやれるのか安全保障上の問題や相互主義、それから永住外国人っていっても、特別永住外国人と永住外国人とどう区別するのか、、」

辛坊氏「はい、要するにあのー、植民地だった時から日本にいらっしゃって、その子孫の方々と、そうでなくて戦後日本に新たにいらっしゃって永住権を持った人とどう区別するのか、原口さんの個人的意見はどうですか。」

原口氏「いや、私はもう所管なんで、まさにこれは国会のご議論に、、待たないといけない。私自身は政府がですね、多数を持ってる政府がこういう民主主義の基本の所を『自分たちはこっちだ』って言ってそれで多数決でやっていいかっていうのをまず思ってまして、、」 辛坊氏「つまり、政府提案ではなくて、議員提案にすべきだと」

原口氏「そうです。政治資金規正法もそれからこういう参政権っていう、民主主義の根幹に関わる事は、私たち行政府の人間がやるんではなくて、国会が国権の最高機関が、、」

辛坊氏「これあのー、原口さんがそう仰るのは非常に重要で、だって法案出す時に所管の大臣は政府としてやるべきではないって言ったら、今の政府からこの話が今国会で出てくる可能性は非常に低いですね。」

原口氏「私は今の時点で、やはり行政府のこっから先はやってはいけないっていうものをですね、、私自身あの、特別永住外国人の地方参政権についてどう考えるかって、またそれは自分の考えがありますけども、しかし、それをじゃあ、政府で多数決でエイヤとやっていいかっていうと、私は慎重であるべきだと思います。」

辛坊氏「うーーーん、なるほど。かなりキーワードになるご発言だと思いますが、じゃあそもそもえー、これ、どうしたらいいのかというところで、皆さんのご意見を伺いたいと思います。さっ続いてのテーマです。」

030 031女子アナ「続いてのテーマはこちらです。

外国人参政権に何故賛成で何故反対か。」






辛坊氏「よくありますけれどもね、推進派の方の意見は 『税金払ってるんだから当然の権利だろう』それから『韓国では認めている』『日本でも認めるべき』だというのが推進派ですね。

032

033で、慎重派は、『そもそも憲法違反じゃないのか』『国益・安全保障を損なうんではないかという意見がありますが、森本さんどうお考えですか。」

森本氏「いや、あのーそうだと思いますよね。国益・安全保障と言っても、例えば地方で、特定の、、例えば、例えばですね、米軍基地を作るとか自衛隊の部隊を受け入れるとか、あるいは教育の制度だとか、原発を作るとかっていうのを、特定のその地域で、特定の議会で決めると。それに影響力を参政権という形で、投票権という形で影響力を持つと言うけれども、これは地方の問題ではないんですよ。国全体の問題に関わるわけですから、、」

辛坊氏「今回の普天間でも千数百票差のギリギリだという事になると、あそこ、まぁ、ある種別の意思で何か投票行動を、というような事も出来るギリギリの票数、、」

森本氏「そうですね、ええ、それでそれがまさに住民の方々の意見というよりか、むしろその周りの国の意向がそれにまぁ関わってたら、これはやっぱり国家の主権に関わる重大な問題なんで、私は憲法の解釈というよりか、国家主権の問題なんではないかという風に思ってる訳です。」

辛坊氏「なるほど、片山さんは地方の首長でいらっしゃいましたが、そのお立場からはどうですか。」

034 片山氏「わたしはねぇ、やっぱりこれ、賛否両論激しいんですよね。

今までね、実はあまり議論してない事なんですよ。今回良い機会ですからね、民主党がまぁ問題提起されたんですから、もっと広範に国会でもそれから国民のレベルでも議論したら良いと思いますよ。

今のままね、こんなに賛否がこう険しく対立している時にね、一気呵成にやる問題では私はないと思いますね。

あの、小沢さん、まぁ特徴的なんですけどね、ソウルではね(笑)この問題を発言されたんですよ。日本でね、国民に向かって発言された事ないでしょ。もっとね国内で議論、、何故これをしようとするのかっていうのをね、議論すべきだと思いますね。」辛坊氏「原口さん、その辺その指摘はどうですか。」

原口氏「いやぁ、片山先生の仰るとおりですね。私は特別永住外国人かつて日本人であって、サンフランシスコ講和条約でですね、日本国籍を離脱しなきゃいけなかった。そういう方々に対する参政権の付与とそれ以外の方ともう全然議論が違いますし、

もっと言うと、森本先生仰ったむしろ安全保障で言うと、今37組に1組が外国人の方との結婚なんです。そして籍を入れるって意外な程、簡単なんですね、そうするとじゃあ安全保障ってのは、一体なんなのか、も一回、もうその反対側で、多様な文化多様なその日本の多様性を維持する為にはどうするのか、そういうところをしっかりと議論すべきだと思います。」辛坊氏「江上さん」

035江上氏「あのー何となく、この情としてはですね、まぁなんかこう分かるんですけれども、その戦争の経験とか色んな事をこう踏まえたりしますとね、

まぁだけども考えたら、こうドンドン日本国民も一億2000万から9000万になろうかという風な予測もされているぐらいですから、

まぁいろんなその相手国の色んな人達の色んな事情もあるでしょうけれども、

帰化をね、勧めて、やっぱり国民としてですね、全てについて責任を持てるような状態という風な事で参政権を得るっていうのが僕の意見ですねぇ。」

辛坊氏「岩田さん、あの在日の方々でも所属している組織によっては意見が様々ですね、この問題、、」

036 岩田氏「ええ、それとね、あのー私も朝鮮半島の取材って両国ともしましたけども、

あのー例えば向こうのね、北朝鮮の場合でも国会議員の資格を持っているっていう方もいるわけです。」

辛坊氏日本国内で在日でありながら、

北朝鮮の国会議員の選挙権を持っている、、」

岩田氏「ええ、そうです。投票権を持っている。向こうでのですね。そういう事について指摘する人もいて、もしなんかの微妙な投票なんか起きる場合に、じゃあ本国からのね、意思っていうものが反映されるケースになった場合どうなんだろうとか、その辺も少し議論をやっぱりきちっとしていく必要があると思いますねぇ。」

辛坊氏「さっ、テレビをご覧の皆さん、本当に続々とご意見いただいてます。ご紹介しましょう。」

038 女子アナ「はい、ご紹介いたします。

選挙において何も問うていないのに、何故今この法案を提出しようとするのか、とても大事な問題であるのに、国民を無視するが如く、勝手に決めようとするのか。

外国人に参政権を与える事によって民主党に有利になる事でもあるのですか。』

 もうひとつご紹介致します。

『国への貢献、税金の納め方、在日年数、日本国に対する知識、その他、で決めるべきですが、これを判定する人、内容で随分偏ってくるのではないか。

今はこの議題を話し合うべき時ではないと思います。他に優先すべき政策があります』これは40代主婦の方から頂きました。」

辛坊氏「はい、意外と賛成の人のアレは、、ないわけじゃないんでしょうけれども。また後ほど紹介させて頂きたいと思います。原口さんいかがですか。」

039 原口氏「そうですね、やはりしっかりと国民の民主主義の基盤に関する事ですから議論をする

それから永住特別外国人っていうのは一体どういう方々なのか、そういう方々についての理解。

あるいは、じゃ帰化すりゃ良いんじゃないか、、これアイデンティティーの話ですから、

そういう思いもしっかりと国民に分かるように伝えてそして拙速を避けると、これが大事だと思います。」

辛坊氏「はい、どうもありがとうございました。原口大臣はここまでです。」以上

原口氏は、「何故マニフェストから抜いたのに今国会で提出するのか」という問いをはぐらかしてますね。そこが一番聞きたかったのにぃ。ところで・・・・

うちの亡くなった祖母がよく「朝鮮人はコワイ」と言っていたのですが、当時は子供心にそういう祖母のそこだけが嫌でした。でも、戦後の朝鮮人の悪行を調べてるうちに、

http://tool-4.net/?id=pachicyu&pn=0 http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm

みたいなのに酷い状態を知ってたのかも?と、今は想像しています。うち、商売やってたし。

マスコミも戦後この話題に触れなかったので、すっかり風化してしまってますが、身内に年配の方がおられたら、この機会に是非聞き出してみるといいかも。アイデンティティーとやらと、事実を知る為にもね。日本人、全体で考えるいいチャンスです。

あと一言・・『日本の参政権は、日本人だけのもの。国民の権利!』 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年01月30日14:09『ニッポンの正念場』 外国人参政権 前編 【ウェークアップ!ぷらす】

日本テレビ【ウェークアップ!ぷらす】で、ニッポンの正念場 テーマ『外国人参政権の行方』についてやっていたので、記録しました(青字はナレーション)(※ 尚、今日の画像は、トイカメラにて撮ったので不鮮明ですみません^^;)

辛坊氏「・・番組のテーマという事で言うと、一年を通してですね、日本の正念場と題して、これからどうして行ったら良いんだろうかという事を考えます。今日は、原口さんをお迎えしてこのテーマです。」

001 002アナ「えーまずはコチラをご覧ください。

これ今年のセンター試験の現代社会の問題なんですけれどもこんな問題がありました。

『参政権に関する記述として適当でないものを選べ』

という問題だったんですけれども、ちょっと③番の記述に注目してください。読んでみますと、〔最高裁判所は、外国人のうち永住者に対して、地方選挙の選挙権を法律で付与することは、憲法上禁止されていないとしている。〕

という記述が書かれていたんですけれども、この記述が適当であるということに、この問題はなっているんですね。で、この記述について今国会で取り上げられました。

女子アナ「そういった意味で今国会でも取り扱いが注目されている、永住外国人に地方選挙権を付与する法案とはどんな法案なんでしょうか。ここが正念場。」

(VTR)

009003大阪市内の通称コリアタウン。この街では、長年在日韓国・朝鮮人が生活を営んできた。

アナ「ああ、こちらはキムチの辛い香りが漂ってまして、そして韓国の食材、たくさん売られていますね。」

国籍がある母国より日本の暮らしが長い人も多いが・・・

在日女性「日本人みたい感覚やけどね、もううちの場合やったらやっぱり選挙権とかな、ないからね、、」

"日本の国籍"がなければ"選挙権"もない・・・そして今、

鳩山氏「はい、日韓併合の100年というタイミングでもあるという事を以て、色々と検討している最中だと、、」

005

004その1つが、

外国人参政権法案

なのだが・・


『ニッポンの正念場』

006

007

民主党は結党の時、.

外国人に地方参政権を与える事を基本政策に掲げ、幾度も法案を提出してきた。





008

010政権与党となった今、

改めて国会に法案を提出する構えだ。対象になると見られるのは、コリアタウンの住人のような永住外国人だ。

国際化で今や全国で永住外国人の数は韓国・中国出身者をはじめ、91万人に上る。
.

011

012アナ外国人参政権ってのを認めるべきだっていう法案を出そうという動きがあるんですけれども、その事に関して、、」

在日女性「そう、それやったらうれしですよ。てたらホンマに。」

在日女性「選挙権があれば、そりゃ一生懸命選挙行きますよ。」

013

014在日女性「日本に何十年間おって

税金はなっ、もうこれひとつ品物売っても、ちぇんぶ(全部)税金はろうてるやん。それでなんで選挙権はくれへんとぉ、、」

納税していても地域コミュニティー作りに反映されない。その実態を外国人の支援をしてきた団体が語る。

吉田氏「外国人の為の施策をやはり地方議員の方であるとかね、そういう方にお願をする時もあります。中にはね『そういう外国の方は票がないから、そこまでは出来ないよ』という風に言われる方も現実今までおられたので、、」

外国人参政権の対象は地方選挙。だが地方からは"法制化に反対"する動きが続々と。

埼玉県議会も『慎重な対応を求める意見書』を採択

015016奥ノ木信夫氏「地方自治体も

やはり安全保障とか、

教育など国家の存立に関わる事柄に深く関与しているっていう、こういう事ですね。ですから簡単に参政権を付与するべきではないと、、」さらに

石原都知事絶対反対。民族移動のような形でね、案件によってその、なんていうのかな、投票を行使したら、うーん、例えば千代田区のようなですね一人区だったら、人口が極めて少ないのにあそこでどんな問題がこれから起こるか知れませんが、そういうものを想定するとですね、私はね、とても危ない試みだと思いますね。」

長崎県の対馬市。

026

027

島には大勢の韓国人観光客が訪れ、

ホテルや土地も韓国の資本に買われている。人口36000人の島に、もし何万人もの外国人が永住し、参政権が認められたとしたら・・

平沼衆議院議員はこんな危惧を

017_2 018_2平沼氏「そういう人たちが何万人になったら、

市長まで誕生しちゃうわけです。その時に我々は"対馬は韓国領"だと宣言せられたら、反対する理由がなくなっちゃうわけ。ねっ。そういう可能性まであるわけですよ。

一番日本にとっては(国境の)要の対馬というものが、日本の領土でなくなってしまう・・・そういう事までね、国政に影響があるんだからここは慎重にしなきゃいけない、、」

法案成立の旗振り役と言われるのが、小沢幹事長だ。先月、韓国のイ・ミョンバク大統領と会談。外国人参政権を政府提出法案とする考えを表明した。国会で野党は

019_2

020_2
小池氏
「・・そしてこの外国人参政権についてですね、

民主党のマニフェストには参政権の付与は記されていないわけでございますね、、」

先の選挙のマニフェストに入っていないと指摘

  小池氏「赤松農水大臣、、12日の民団の新年のパーティーで、永住外国人への地方参政権の法案の成立は『民団への公約だ』と仰ったそうでございますね、、」

今月開かれた、在日本大韓民国民団の新年会。ここで赤松農水大臣が『法案成立は公約との見解を示したと追求。

赤松氏「私自身はこの問題に熱心に、長い間取り組んできた1人だと思っておりますので、えー、私の意見を申し上げたという事でございます。」

021_2

また、別の閣僚からは・・・

亀井氏「私の所属しております国民新党は、

あの付与する事については反対でありますし、

私としても反対であります。」

理由として大臣は

亀井氏「参政権が得たいと思う人は、まず帰化すればいい話でね、帰化の条件をね非常に緩和と言ったらおかしいけれどね、、していくというような事で、、」

この法案を担当するのが原口大臣。在日外国人の思いや地方の不安をどう受け止めるのか。

(VTR終了 スタジオへ)

辛坊氏非常ーに国民的関心が高くてですね、番組のHPにもいろーんなご意見も既に頂いています。で、この一年間ですね、これどうなるのかこの番組でじっくり掘り下げて行きたいと思いますがっ、さぁまず、」

女子アナ「この問題には憲法上の部分などグレーゾーンの問題があります。五十嵐さん。」

アナ「はい、今の国会で法案が提出されるかも知れないという事で注目が集まっています、外国人参政権、永住外国人の地方参政権なんですが、参政権についてはそもそも日本国憲法ではどう決まっているかと言いますと、

022_2 023_2まず第15条の1項なんですが.

〔公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である〕と書かれています。

一方で地方自治体の選挙について定めた憲法第93条の2項なんですが、

〔地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方団体の住民が直接これを選挙する〕と書かれていまして、

024_2

025_2『国民』とは書かれていないんですよね。

じゃあ国民なのか住民なのかどっちなんだという事なんですけれども、これについて1995年に最高裁判決はこんな判決を出しました。

〔93条の『住民』も日本国民を指す〕という判決です。ところが同じ判決の傍論では・・〔外国人参政権は憲法上禁止されておらず立法政策の問題まぁつまり、法律で決めれば認める余地がありますよと言っているんですね。

結局のところ、どっちなのかやっぱり良く分からないというのが今の現状なんです。

辛坊氏「さぁ、テーマ別に進めていきましょう。まずは」女子アナ「はい、コチラです。何故今このタイミングなのでしょうか。」

辛坊氏「これについては、民主党はあの選挙直前の政策集には入れてましたけれども、マニフェスト作る段階ではいったん外してるんですよねぇ。 (はい、外してます:原口)

それをここになって来て、急浮上している理由が良く分からないんですが、、」

長くなったので、後編へ続く。後編は、管轄大臣の原口氏と各コメンテーターの意見です。

  • 江上剛(作家)片山善博(慶應義塾大学教授・前鳥取県知事)
  • 森本敏(拓殖大学 海外事情研究所所長)●原口一博(総務相) ●岩田公雄(解説委員)

参考 ]傍論とは、

「法案は明らかに違憲」 外国人参政権の理論的支柱が自説を撤回 (サンケイ 1/28記事)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年11月12日12:19外国人参政権 【ズームイン!!SUPER】で解説

日本テレレビ【ズームイン!!SUPER】(11/12)で辛坊治郎氏が

外国人参政権の解説をしていたので記録しました。

001 女子アナ「日本に住む外国人へ参政権を認める法案を、

民主党の山岡国対委員長が突然、今の国会へ提出する方針を示しました




002 今日の『コレ聞く』は、

外国人参政権なぜ今?この問題が沸いたんでしょうか・・・」





003 辛坊氏「はい、という事で本日のテーマはコレです。

なんで今なんだろう。急にクローズアップされましたのは、コチラですね。

外国人参政権なんでありますが、ちょっと新聞ご覧ください。





005

004

えー、先週の土曜日。

コレ産経新聞です。

参政権法案提出へ。それから朝日新聞もご覧のように、外国人参政権、小沢氏公認で議員立法。

大きく報道されております。

006

007

ちょっと唐突な感じがしたのは、ちょっとコチラをご覧頂きたいんですが、今回の選挙の前に出した、民主党の政策集の中には確かに出てきます。

ちょっとコチラ、アップでご覧ください。」『早期に実現する』という文言で確かに出てくるんですが、

008

009

選挙の直前になって作られたこのマニフェストの中には、実は入ってないんですね

ということになると、あっマニフェストとしては取り上げない、すぐにやる気はないのかしら。と思ってたら、

今の臨時国会に急ーに出てきたわけです。ちょっと整理してお伝えしたいと思います。そもそも外国人参政権とは何かというと、

一定の要件を満たす外国人に地方の首長、まっ市町村長などですね。それから、議会の選挙権を付与するという制度であります。

これはねぇ、厳しい対立の図式がありまして、まず賛成の意見から見てみましょう。
010

●地域住民への公共のサービスに納税もしている定住外国人が関与できるのは当然だろうと、それから

  • では外国人に既に地方参政権を認めているんだから、

日本でもっていう意見ですね。これに対して反対意見は・・


011●選挙権は国民固有の権利であってこれを認めると憲法違反になるんじゃないか。で、

●参政権を望むなら日本の国籍を取得すべきではないか。

というのが主な反対の意見ですが、

013女子アナ「求めている韓国はどういう状況なんですか?」

辛坊氏 「韓国なんですねぇ、ちょっとご覧ください。韓国は非常に世界の中でも珍しい状況です。

  • 2005年に韓国に住む永住外国人に地方参政権を付与して、日本人も含まれる。
  • ところがね、日本人の該当者はごく少数だし、それを申請する人もほとんどいないんですねぇ。

で、これが出された背景に何があるのかというと、

在日韓国人の方が40数万人いらっしゃるんですが、この人達、ずーっと日本での参政権を求めている

で、日本に対してある種のプレッシャーをかける為の戦略じゃないかという見方をする人達がいるのも、これ私、色々取材しましたけども、現実で・・・す。
さっ、じゃ、日本で憲法でどう決まっているかというと、

014 日本国憲法第15条第1項

  • 公務員を選定し、及びこれを罷免することは国民固有の権利である

地方の議員は公務員ですから、これは国民固有の権利だという事は、じゃあちょっと、外国人の方は、この憲法上ムリかなと思うんですが、その一方でこういう条文もあります。


015 第93条第2項

  • 地方公共団体の長、その議会の議員および法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

ここにはね、国民と書いてないんですよ。この二つの条文があるものだから、どっちなんだってとこになるわけなんですが、これに対して最高裁は判決を出しております。

016 1995年最高裁判決、主文の中で、

  • 93条に書いてある「住民」も日本国民を指しているんだということで、もう結論出ているような気がするんですが、

ところがその主文ではなくて、傍論で、同じ判決の中で最高裁はこうも言っているわけですよ。


『外国人地方参政権は憲法上禁止されておらず立法政策の問題』つまり、法律で決めれば認める余地があるとも言っている。というのが立場なんですが、さぁじゃあどうしたらいいのか、

017 本日の結論です。私、こう思います。いずれにせよ、ドン

いくらなんでも、この臨時国会、今月で終わるこの段階で、突然、提案・採決するという方向はあまりに無謀ではなかろうか、乱暴ではなかろうか。

やっぱり、やるんだったらちゃんと通常国会でしっかりとした議論がいると思います。

以上

まぁ、ネットの情報よりシンプルな内容ですが、テレビ脳の人が何気に見ても分かる内容ですね。

今のこの混乱は、この傍論から始まっているんです。

その経緯が村田春樹さんの解説でいかにインチキか、この裁判官の正体が、よーく分かるので是非ご覧ください。

園部逸夫は万死に値する!朝日新聞も、いい加減にしろっ!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく