谷垣禎一

2012年09月26日19:17安倍新総裁を今度こそ支えよう!そのためには・・・

安倍さんが石破さんとの決選投票した結果、新総裁になりました万歳万歳万歳

22443a34.jpg

挨拶の場面で開口一番、谷垣さんへのねぎらいと感謝の言葉に、谷垣さんがウルウルしていたのと、

谷垣さんが挨拶の最後に「安心して新総裁にバトンタッチして影の男になります」と言って会場に笑いが出たところで、去り際の潔さにちょっとホロッ😢としました。

だって、民主党代表選は同じ党とは思えないほど主張が違い過ぎて酷かったし、足の引っ張り合いも目に余ったし、民主党のトップ交替する際の往生際の悪さに辟易していたから余計。

私は清々しい思いで総裁選の投票を見守ったけど、コメンテーター達は早速、批判しはじめてますねぇ・・

日本再生の為には安倍さんしかいないのに、足を引っ張るな!安倍さんの敵は日本のマスコミです。人さし指特にテレビと朝日新聞

Imagescapum0f5_2 

「安倍の葬式はうちで出す」「安倍叩きは朝日の社是」

↑ここに出てくる若宮 啓文 という人物像を見ればよく分かります。

Imagescab0xu1q_2
1970年(昭和45年)4月、朝日新聞の記者となり横浜支局へ赴任。飛鳥田一雄市長による「ベトナム行き米軍戦車ストップ事件」などを取材。

  • 1972年(昭和47年)9月、長野支局へ移り、1975年(昭和50年)の元旦に起きた青木湖スキーバス転落事故などを取材する。長野では部落解放同盟長野県連合会の協力を得て長野版に「ルポ 現代の被差別部落」を長期連載し、のちに加筆して刊行された。[1]
  • 1975年(昭和50年)5月に本社政治部へ移り、ロッキード事件前後の三木武夫政権、新自由クラブの結成や大平正芳政権での「四十日抗争」など昭和から平成にかけて激動の政治を報道した。また、全斗煥韓国大統領訪日、中曽根康弘首相の靖国神社公式参拝、宮澤喜一政権での天皇訪中をはじめ冷戦終結前後のさまざまな外交問題を取材。その後、論説委員、政治部長を歴任する。
  • 1979年(昭和54年)8月に山下元利防衛庁長官の同行取材で訪韓し、翌1980年(昭和55年)9月には北朝鮮を訪れて金日成とも会ったことから、南北朝鮮に関心をもち、1981年(昭和56年)9月から1年間ソウルに留学して韓国語を学ぶ。そこで歴史教科書事件による激しい「反日」を体験したことから、日本とアジアの「和解」が自らのライフワークとなった、と本人は言う。[要出典]
  • 以降、1993年(平成5年)に発足した日韓フォーラム」に参加、近年では「東京=北京フォーラム」などの日中対話にも積極参加。日中韓の「和解」や「相互理解」を促す論評、コラム、著書を発表し、国際派言論人として中国、韓国にも広く知られるサッカー・ワールドカップの「日韓共催」を社説で提案した。
  • 2001年(平成13年)5月に米国ワシントンのブルッキングス研究所で客員研究員となり、滞在中にアメリカ同時多発テロ事件が勃発。
  • 2002年(平成14年)9月に論説主幹となり、5年7ヶ月にわたって朝日新聞の社説、論調を主導する。かつて「反対」していたPKO(国連平和維持活動)への自衛隊参加について積極論へ転換したほか、「有事法制」にも賛成へと大きくカジを切るなど、伝統的な朝日の反戦イメージを修正する現実路線に踏み出した。
  • 2007年(平成19年)5月3日には「提言・日本の新戦略」と題する21本の社説を一挙掲載して「地球貢献国家」を提唱。そこでは憲法9条の改正に反対する「護憲」の立場を改めて鮮明にしつつ、平和安全保障基本法(仮称)を設けて自衛隊の存在や役割を「準憲法」的に位置づけることを提唱した。こうした一連の社説づくりの内幕は、自ら『闘う社説』(2008年(平成20年)、講談社)で明らかにしている。
  • また、社説とは別に朝日新聞には署名コラム「風考計」(現在は「ザ・コラム」に改称)も連載。2005年(平成17年)3月には竹島問題について「竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想」を書いた。日韓の友好を固めるために「いっそ日本が竹島を譲ってしまい、韓国がこの英断を称えて『友情島』となづけて周辺の漁業権を日本に認める」といった戦略的な「夢想」を提示したもの[2]。この内容は強い批判を招いた。これらのコラムはすべて英訳されHerald Tribune Asahiに Japan Notebookのタイトルで掲載されている。コラム集は『右手に君が代 左手に憲法――漂流する日本政治』(2007年(平成19年)、朝日新聞社)として出版され英文も収録されているPhoto
  • 2008年(平成20年)2月、自著が中国で翻訳出版され、中国人民外交学会がその出版記念パーティーを開催、招かれた若宮主筆(当時、論説主幹)が秘書を同伴し、その際、会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していた
  • 翌2009年、朝日は東京国税局の税務調査を受け社内の飲み食いに使った金を、取材費として計上していたことが発覚、そのさい若宮の不正も発覚し彼はそれを認め、全額を会社に返済した。不正経理はもちろんのこと、日本の主要紙である朝日新聞の幹部が、外国の準政府機関からの接待を唯々諾々と受け入れている点でも問題があると批判されている。[3]
  • 2011年(平成23年)5月1日、朝日新聞主筆に就任。
  • 2012年(平成24年)4月5日、韓国の東亜日報にて、従軍慰安婦問題に関して野田総理大臣が謝罪すべきであり、朝日新聞を介して提案を行ったとのコラムを執筆した。[4]
  • 日本人とは思えない所業ですね。それととも、中韓になんか弱み掴まれてるのかな??

    China絡みの活動では古森義久氏や櫻井よしこ氏も批判

    告発スクープ! 本社直撃に「不徳の致すところ」だって

    朝日新聞主筆 若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞  (週刊文春2012年5月17日号) より

    石原都知事の「尖閣購入」を痛烈批判した若宮氏。

    この日本を代表するオピニオンリーダーは、中国政府主催の自書の出版記念パーティーのため美人秘書同伴で訪中。

    しかも会社のカネを不正につかったというのだから、開いた口がふさがらない!

    (中略)

     都の尖閣購入プランを「挑発」「筋違い」と斬り捨てた上で、石原氏を「アジア侵略の責任を強く否定する」と、批判している。

     これを執筆したのは、同紙主筆の若宮啓文氏(64)である。

    麻布高校、東京大学法学部を卒業し、一九七〇年に朝日新聞社に入社。

    父の若宮小太郎氏は朝日新聞政治部記者を経て、鳩山一郎首相の首席秘書官を務めた人物。

    エリート揃いの朝日の中でも抜群の毛並みの良さである。

    「主筆」とは読んで字のごとく、朝日の社説を決定する最高責任者の意味だが、若宮氏の影響力はそれにとどまらない。

    三月初め、ロシア大統領のプーチン氏(当時首相)は野田佳彦総理よりも早く若宮氏との会談に応じ、北方領土問題について踏み込んだ議論を交わしている。

    いまや若宮氏は日本を代表するオピニオンリーダーであり、国家の政策や外交にも大きな影響力をもつ人物である。

     そんな若宮氏について、驚くべき情報がもたらされlた。

    朝日新聞社幹部が告白する。

     「若宮氏が主筆に就任する前、二〇〇八年二月のことです。

    当時、論説主幹だった彼が、中国出張に女性秘書の加藤洋子(仮名)を個人的に同行させ、しかも会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していたのです。

    後日、社の内部監査室による調査で不正が発覚したのですが、彼はこれを認め、全額を会社に返済しました。 金額は数十万に上るヒ言われています」

     もし本当だとすれば、、このような人物を主筆に戴いている朝日新聞社のモラルも問われかねない。

    (中略)

    若宮氏は三十代前半でソウルに語学留学しており、韓国通としても有名だ。

     「向こうではチョー・ヨンピルの師匠に歌を習っていたそうで、カラオケでも韓国語の歌を十八番にしています」(別の朝日OB)

     韓国通ゆえか、韓国ネタになると筆が滑ることもある。

    最も有名なのは論説主幹時代のコラム「風考計」(〇五年三月二十七日付)で、(いっそのこと(竹)島を(韓国に)譲ってしまったら、と夢想する〉 と書き、物議を醸した

     意外にも、ライバル社の主筆とは関係良好だという。

    「じつは若宮氏は読売新肺の渡連恒堆会長兼主筆に可愛がられており、頻繁に大手町の読売の会長室を訪ねています」(同前)

     これまで、〝女性問題″らしきものは一度だけあったという。

    「彼が若い頃、韓国の女性から電話がA社にしきりにかかってきたことがあった

    それでもみんな若宮氏の将来を心配し、協力して電話を取り継がないようにしたんだ」(同前)

    (中略)

    中国との親密すぎる関係

     また、中国出張の目的そのものにも、重大な疑惑がある。

    「若宮氏を招待した中国人民外交学会とは、中国外交部の別働隊で、中国政府そのものです。基本的には大使経換者とか、外交部で部長や副部長を歴任したOBたちがサロン的に出向してくるセクションです。

    そんな組織が、外国の記者が出した本の出版記念パーティーを主催するには、何か思惑があるのでしょう」(全国紙外報部記者)

     なぜ中国政府は若宮氏をそれほど大切にするのか。

     ここで思い起こされるのは、今回の尖閣問題だけでなく、靖国参拝問農など歴史認識が絡む問題となると、若宮氏はつねに中国に与する論を展開してきたことだ。

    中国で翻訳出版され、出版記念パーティーが開かれたのも、『和解とナショナリズ』(朝日選書)という、おもに日中間の歴史認識を題材にした作品である。

     「ほとんどブラックジョーク」と呆れるのは、産経新聞ワシントン駐在編集特別委員の古森義久氏だ。

     「まるで『雨の降ってる晴天の日』というようなもの。

     日本という、言論の自由のある国のジャーナリストとして、言論の自由が無い独裁国家の政府機関に自らの言論活動をお祝いされるというのは本来ありえないことです。

    私であれば、嬉々として出かけていくことなど考えられない

     ジャーナリストの櫻井よしこ氏も手厳しい。

     「中国にとっては、それだけ若宮氏が『大事な言論人』であるということでしょう。

    意見は違っても、若宮氏は尊敬に値するジャーナリストだと思っていましたが、この件は朝日新聞と若宮氏の信頼性を大きく傷つけるものであり、とても残念に思います」

    (中略)

    経理への事前説明の有無や、「自主的に返納」という点など、若宮氏の説明とは若干異なる。不正ではないなら、なぜ返納を受け入れたのかも疑問である。

     若宮氏が主筆に就任したのは、本件が露見した後である。

     日本を代表する報道機関の社論を代表する立場にある者として、若宮氏は中国という独裁国家との距離、公私の分別を含め、自らの言動に細心の注意を払うべきではないか。以上

    アカヒらしいといえばらしいけど・・・こんなのペンの暴力というか、ペンのテロじゃん!

    中韓に都合のいい事ばかり論説して・・・何をかいわんやですね。

    人さし指アカヒと言えば・・・朝日ニュースターの愛川欽也パックインジャーナルなんて、

    毎度、安倍総理を口汚く罵り、辞任後も「下痢ピーで逃げた~」とみんなで笑ってました。忘れもしない!キンキンはじめ、ゲンダイ二木とBPOの吉岡忍、朝日新聞・山田厚史・、元朝日新聞・下村満子などなど、出演者全員です  アカヒの葬式は国民の手で! 

    アカヒや反日コメンテーター撲滅運動は私達ができること。国益です。

    私達が安倍さんを守るのは、そういうことかなと思います。

    早く総理大臣になって、ゲルを副総理にして、共に「美しい日本」を取り戻してほしいです!

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




    2011年11月30日21:48「マニフェストなんて変えて良い。他党が拘るな」by木村太郎 【スーパーニュース】

    フジテレビ【スーパーニュース】で、

    野田総理と谷垣総裁の初党首討論のニュースをやっていたんですが、安藤&木村コンビの感想が、いつもの事ながら自民党だけを批判しているように思えたので記録しました(青字はナレーション)

    このコメント、どう思います??

    010 011

    女子アナ「続いて先ほど行われていた野田政権発足後の初の党首討論で、野田首相と自民・谷垣総裁が初対決です。

    谷垣総裁にとっては、3人目の首相との対決になったわけですが、振り返れば鳩山元首相は、自らを「私は愚かな総理かも知れない」と発言。さらに、菅前首相は、谷垣総裁を「谷垣総理」と間違って呼ぶことも。TPP参加問題や消費税の引き上げなど課題が山積の中、一体どんな発言が出たのでしょうか。」

    012 013

    谷垣総裁沖縄防衛局長の、極めて遺憾な発言が飛び出しました。

    防衛局長の上司にあたられる一川防衛大臣。この間、ブータン国王がお見えになった時は、晩餐会を欠席されて、『政治資金パーティーの方が重要である』こういう風に仰った。」

    野田総理沖縄の皆様に、誠心誠意、丁寧な説明をしてきたつもりでございました。加えて先般は私も心から沖縄の皆さまにお詫び申し上げたいという風に思っています」

    014 015

    総理就任以来、初めての党首討論。野田総理は、昨夜更迭した前沖縄防衛局長の不適切発言などをめぐって追及を受け、防戦一方ところがTPP問題をめぐっては・・

    谷垣総裁総理の仰る国益というのは一体なんですか。コメは一体どうなさるんですか。守るんですか、守らないんですか。」

    016 017

    野田総理「今、御党のTPPについての立ち位置は、どういう事なんでしょうか。

    と、党としての賛否を明確にしていない自民党に逆質問も。

    谷垣総裁「そういうお問いかけをなさるのであれば、やはり政府の持っている情報を、共有していこうというところから、スタートしていただかなければいけないと思います。」

    そして、熱い議論となったのが消費税増税をめぐる問題。

    018 019

    野田総理「これは、年内をめどに、結論を出していきたいと考えております。もちろん我々が是非素案を作った暁には、是非自民党は協議に応じて頂けるでしょうか。

    谷垣総裁消費税を上げるという決定は、皆さんの2年前のマニフェストに違反しているのではないかという、、・・もう一度、野田首相は信を問うて、足腰を鍛え直して出てこなければいけない。」

    野田総理先送りにできない課題だと強く思っています。だとするならば、同じ思いがあるんだったら、是非大いに議論をして、国民のために、成案を得るように、お互いに努力しようではありませんか。お願いします。

    平行線のまま、両者の対決は終了しました。

    安藤氏「はい、というまぁ議論に終始した今日の党首討論だったんですけれども、ちょっと今日の討論置いといて、一体私達は何の為に党首討論を見せられているんだろうかという事を考えてみたいと思うんですね。

    020

    で、この党首討論というのは1999年に当時、小沢さんが自由党の党首だった時に、導入を強く押したんですよねぇ。(行ったんですよね、イギリスに) そうなんです。小沢さん昔からもうイギリスをモデルにやっていこうという論者ですから。

    で、その結果ですね、イギリス議会でクエスチョンタイムというのが置かれていましてですねぇ、やはり同じように党首同士が対峙して、まぁお互いにやり合うんですが、それを参考にして導入されたのがこの党首討論というわけです。

    で、党首討論は原則毎週水曜日の45分間で、この質問の時間は野党間で調整して決められているものなんですね。

    021

    で、今日の党首討論をめぐっては、みんなの党の渡辺喜美代表に対して、自民党が持っている持ち時間の一部を譲るという事でこれもう話がついていました。

    ところが民主党は、それはできないとこういう風に拒否したので、みんなの党の渡辺代表は、まっ質問に立つことができなかったと、こういう風な顛末なんですけども、

    どうでしょうか、TPPにしてもそれから増税の問題にしても、もし谷垣さんが与党だったらどうだったんだろう?ってそういう整合性考えると、果たして何のための議論だったのかという、????にする反対じゃないのかという風にも見えてきませんか?!ねぇ。」

    022

    木村氏「ええ、あのー、やっぱり折角、党首同士がやるんですからあんまりルールで縛らないで、あの本当にその二大政党の代表が話し合うっていう場が欲しいと思うんですよね。

    ひとつね、今日、気になったのは『それマニフェスト違反じゃないか』っていうことで攻めた(えー、言ってましたねぇ、はいー、契約違反、、:安藤) んですが、マニフェストってのは途中で変えても良いんですよ。

    だけど検証するのは、自分が検証して後で発表する。で、他所の党がこういう問題じゃないって、あんまりそういう事に拘らずに政策論議をしてもらいたかったなと。」安藤氏「なるほど、はい。」以上

    確かに今日の討論を聞いていて、自民党が与党だったらTPPに参加していると思いました。

    だけど今は野党で情報がないんだから、情報共有からスタートだというのは当然の話。

    安藤&木村氏は、野党の攻め方云々言っているけど、気になったのがソレって、コメンテーターとしてあまりにお粗末。マニフェストも守れない、復興も遅れに遅れている与党に苦言しないのは何故????

    「マニフェストは国民との契約だ」と言っているのは民主党ですよ!

    勝手に変えても良い?! 契約違反と言った谷垣総裁の方が正しいと思う。

    2年経っても、あれだけ大口叩いていた「財源」は出てこない。つまり詐欺だと感じているんです。国民は!ヤフーみんなの政治なんて、「民主党に入れたけど騙された」のオンパレードです。

    安藤さんも木村さんもずっと「ジミンガー」のコメントばっかだけど、本当にいい加減にしてくださいよ・・・(;一一)

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年06月13日17:18「自民党はなーんにも協力してない」byコメンテーター 【ミヤネ屋・ANNニュース】

    テレビ朝日【お昼のANNニュース】でやっていた今週の政治の流れと、読売テレビ【ミヤネ屋】で、質の悪いコメンテーターの発言があったので、合わせて記録しました。

    『一定のメド』は魔法のコトバ。 ですね^^;

    c4b4c813.jpg
    アナ
    「国会です。退陣カードを切ったものの、続投意欲が衰えない菅総理大臣に対して、仙谷官房副長官が『今月中の退陣』という認識を表明しました。

    当の菅総理は、赤字国債を発行するための特例公債法案について、「自らの責任で成立を図る」と述べていますが、この法案は野党の協力が欠かせないだけに退陣カードが鍵を握ります。中継です。」
    65ea327d.jpg eb873a07.jpg
    記者
    「はい、官邸では、まもなく菅総理が国民新党の亀井代表と会談を行います。

    退陣時期について調整しますが、菅総理はあくまで続投する構えです。

    枝野氏「仙谷さんも、私も、菅総理がおっしゃられた通り、『(一定の)そのメドがつくまではしっかり責任を果たす』という事の中で、考え方についてズレがあるとは思っておりませんっ。」

    民主党は今週中にも自民党の谷垣総裁らと会談し、特例公債と総理の進退にメドをつけたい考えです。ある幹部は「特例公債法案が成立すれば、退陣を決断しやすい環境ができる」としています。

    17ac239f.jpg

    今週後半に開催する両院議員総会までに進退を明確にできないと、党内からの辞任圧力はさらに激しさを増します。

    「一定のメド」という便利な言葉を繰り返す菅総理ですが、本当にメドがつけられるかどうかが問われる1週間となりそうです。」以上

    次に、【ミヤネ屋】でNNNの世論調査の結果のあとの、舘野晴彦氏と春川解説員のコメント

    2019317c.jpg c6963375.jpg
    a7aa55d9.jpg

    (「被災者は政府が何とかしてくれと言っているのに、国民が客だとするとニーズに答えてないってことですよね」 という宮根氏の質問に・・)

    1bc78d6c.jpg
    舘野氏「全く分かってないですよねぇ。今、何をやらなきゃいけないのか。

    まぁ自民党も同じですよね、協力しなければいけないところ、なーにもやってない。もう被災地の人達は本当にこんなに耐えて苦しんでいる。一般の国民は義捐金だボランティアだ、いろんなことをやっている。なにの、集めたお金すら回っていない。もうこーんなおかしな事はね、いつまで続くんだった感じですね。」

    602e1dfd.jpg 2c02a5bd.jpg

    (「ここにきて、自民党の中でも大連立の話が割れてきましたね」 という問いかけに対し・・)

    春川氏 「だからあのー、内閣不信任案が出る前のね、党首討論、思い出して頂きたいんですよ。党首討論の時に谷垣さんは『もう菅さんさえ辞めれば与党野党は全部協力してオールジャパンでやりますよ』って言ったわけですよ。

    まぁいつ辞めるかはゴタゴタしてますけど、まぁ事実上、もう退陣を表明したのでこれはもう大連立するのか、その政策ごとのあのー、協力にするのか色々意見はありますけども、やっぱりオールジャパンって形をね、一日も早く作んなきゃダメだと思いますけどねー。」以上

    舘野氏の、「自民党はなーにも協力してない」発言は無知か、わざとですね。復興基本法案作ったのは誰か答えてみなさいよ(呆)

    春川氏は、以前から民主党擁護の姿勢が顕著過ぎて解説になってないのがイタイし、結構いい加減なことを軽く言うんですが、

    尖閣諸島中国漁船衝突事件を受けて行われたデモついて「こういうデモに参加するのは一般の人ではない。」と述べた。放送後、この件で自身のブログにデモ参加者からの批判コメントが殺到し、後日ブログ上で春川が謝罪するに至った。

    政権与党がやるべきことをやってないのを棚に上げて、自民党は黙って協力しろという論調には厭き厭き。

    で、党首討論で谷垣氏は、無条件でオールジャパンでなんて言ってないし、そもそも「辞めれば」とは言ったけど、今現在、辞めそうもないじゃん!

    野党の立場で考えて、やってることが信用できない時点で「大連立組みまーす」って言う方がアホでしょ?!

    辞めても、民主党内をまたも纏められないような人物だったら、オールジャパンどころか、内閣が空中分解するかもしれない。

    もう民主党は未熟すぎて、自民党に頼らないと何も出来ないということを認めた方がいいと思うし、それが一番被災地が早く助かる道なんですけど!!マトモな評論家なら、皆分かってるんですけどねぇ・・

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年06月01日23:08党首討論の様子・『不毛な不信任案提出だ』by木村太郎  【スーパーJチャンネル・スーパーニュース】

    今日の党首討論の様子と、その感想を2つのニュース番組より抜き出して記録しました。

    まずは、テレビ朝日【スーパーJチャンネル】から(青字はナレーション)(伊藤惇夫氏の話は要約^^;)

    内閣不信任案提出を前に行われた党首討論。ピリピリとした雰囲気が異様な熱気を刺激した。

    4b50f6a8.jpg a603c121.jpg
    谷垣氏
    「申し上げたいことはただ一つ、お辞めになったら如何ですかということであります。原発問題、これをきちっと処理をすることが日本の信頼を回復する所以だと思いますが、どうも政府のやっている事は少しおかしいんじゃないかと、事実を隠蔽しているんじゃないかと、こういう声が起こりつつある。

    これはやっぱりあなたの行動が起因しているですね。アナタが不機嫌に怒鳴りつけ、叱り付け、責任を押し付けるもんだから、、

    これは復旧・復興をアナタの下でやっていくことは不可能だと思います。」

    1cf471f9.jpg
     
    菅氏「まず、谷垣総理に、、あっ、失礼、谷垣総裁に(大拍手)・・・・

    今、国民の皆さんに応えなくてはいけないのはっ、与野党を超えてどうやればこの震災を、復興の軌道に乗せていけるのか

    そして、原発事故を収束に向かってきちんと位置づけることが出来るのか。その事だと私は確信し、その責任を果たしていかなければならない。」

    7f9d2d38.jpg 487769a2.jpg

    谷垣氏 「今、政治空白というのが何故起こるのか。それは与党の足元がガタガタしているからですよ。要するにっ、アナタが党内をまとめる人徳もない。力量もない。それが政治空白を生んでいる原因ではないかと、私は思っています。だからお辞めなさいと。こう言った。アナタの下では(復興は)不可能だと思います。如何でしょうか。

    15fffa74.jpg a2cb5860.jpg
    菅氏
    なにか、いろいろ谷垣さんも何かの本を読まれたところの受け売りかも知れませんが、決して私はそういったこと(原発対応)をですねぇ、思いつきや自分だけの考え方で処理することがいかに危険かということは、誰よりも私は知っているつもりであります。」

    c5417a8c.jpg a15715f3.jpg
    谷垣氏「青森からずっと岩手、宮城、福島、茨城、千葉。数百キロにおよぶ海岸は、堤防は半壊、全壊ですよ。そうしてこの予算は1次補正ではほとんど予算化されていない台風シーズンを迎えて、土嚢で凌げといっているような状況なんですよね。こういうのを一体、どうなさるんですか。」

    菅氏「今、谷垣総裁がおっしゃった事も含めてですね、しっかりとこれからの国会の中で審議ができるように、場合によってはこの大震災の時でありますから、通年国会ということも含めてですねぇ、国会の延長を考えたいと思います。どうでしょうか。」

    63d71b3f.jpg 5f4395c8.jpg
    谷垣氏6月22日でさっと会期を閉じるような情報を流しておきながら、苦しくなってくると通年国会も視野に入れてなんてね、誠に真のない話だと私は思います。」

    内閣不信任案の早期提出に向け、強い意欲を見せたのは、実は自民党より公明党の方だった。

    山口氏「仮設住宅。首相が約束した『5月末3万戸』、いまだに達成されてませんよ。あまりにも遅すぎますっ!総理、いったいやる気があるんですかっ?!」

    5f8cb4c5.jpg 29227045.jpg

    菅氏「私も、急ぐべきものは大いに急ぐべきだと思います。」

    党首討論に先立って開かれた午前の参議院本会議。自民党議員らは真剣な表情菅総理のG8主要国サミットの報告を聞いていた。

    2f215a85.jpg a0e52874.jpg

    一方、民主党はというと、菅総理のサミット報告より内閣不信任案に関する新聞記事の方が気になる様子

    その内閣不信任案について自民党と公明党は先ほど党首会談を開き、提出することで合意した。果たして内閣不信任案は可決されるのか。

    6016b028.jpg

    (菅・鳩山会談決裂の話、 可決ラインの話、被災地の「なにやってんだ(呆)」の声 略)

    cda77fc8.jpg bbd05827.jpg

    (政治記者の「小沢系副大臣ら辞表提出、採決の仕方、可決は鳩山グループの動向次第」などの報告

    伊藤氏「(党首討論をどう見るか?)久しぶりに白熱した党首討論だった。やはり谷垣さんが非常に従来から比べて歯切れがよく、かなかな熱がこもった対応だった。それに対し、菅総理はどうもやっぱり受身であまり覇気が感じられなかった

    (とにかく信がないので辞めるべきというのが谷垣さんと山口さんの主張だったが?)

    一般の皆さんから見ると今こんな時期に政局かという思いもありながら、しかし政界の内部で見ると、やはり菅さん自身の存在が復興を遅らせ、原発の安定化を阻害しているんじゃないかと言う声が非常ーに強いのも事実

    (採決の行方は?)

    昨日ぐらいの時点は執行部側は30~40ぐらいだろうと安心をしていたが、ここにきてかなり緊迫してきている。かなりの数がいくんじゃないかと。

    (政務官らが内閣から出る動きもあるが?) 当然、小沢グループ中心の全面的な戦いを表明したことになる。(中略)鳩山氏が賛成する場合、接戦になり可決の可能性も出てくるかも知れない。

    (今後は?) 野党は菅総理さえ退けば、大連立も出来ると言っている。可決の場合、解散は不可能なので総辞職になる。その場合、民主党内で総理を出すのか、新しい連立の中で出すのかまだ全然見えていない。(明日まで凄い攻防戦になる)」以上

    党首討論の感想その2  フジテレビ【スーパーニュース】です。

    258db1a6.jpg

    安藤氏「・・木村さん、じゃあ、菅さんを引きずり下ろしました。次、私達はより良い政権が保障されるんでしょうか。」

    木村氏「あのー、その問題もあるし、それから今日あの、党首討論で菅さんが皮肉を言ったんですけどね、小沢さんっていう人はマニフェストに忠実にやろうとしている。とがころが谷垣さんはそんなバラマキやっててどうなんだと。この2人がくっついて不信任案出して、可決されてなんか良い政策が取れるんでしょうかね。もうとにかく、今回、どっちが正しいかじゃなくて不毛な不信任案の提出って(はい)感じしますよね。」

    安藤氏「ホント、そうですよね、はい。」以上

    谷垣総裁と山口代表の迫力、凄かったですね~。キッパリと引導を渡していてスカッとしました!

    ここにきて、内閣不信任が通るかも知れないような状況になったのは、この二人の腹の座り方で勢いがついたとは思いますが、そもそも与党内のゴタゴタが尾を引いて、政治を不安定にしているんだと思います。

    党内からも見放されているのは、菅総理自身に問題アリ!なのに、安藤氏と木村太郎はいっつも「野党が悪い」と言ってる・・・(呆)この2人、おかしいよっ。ワンパターンすぎ(苦笑)

    自分らの感情・感覚ではなく、複眼的に情勢を把握してコメントすべきですよね。

    たまには、伊藤氏のようなフツーのコメントができないもんかねぇ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ ~

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年06月01日11:29またまた隠蔽?! 原発トップ長期不在問題 (なんと病欠) 【朝ズバッ!】

    TBS【朝ズバッ!】の8じまたぎで、

    『被災地が・・国民が・・望んでいることなのか。今日にも不信任案提出・見えないこの国の行方』と題してやっていたんですが、その中で、昨日の国会で、福島第一原発の現地トップ不在を隠蔽?の与野党のやり取りのVTR部分だけを抜き出して記録しました(青字はナレーション)「てんこしゃんこ」って何???

    ・・政権維持に意欲を見せる菅総理。しかし、昨日の国会審議ではまた新たな政府の混乱が明らかになりました。
    西村氏「どうなってるんですか! 今、初めてその事を聞きました、、」
    afe2804a.jpg 4d1fb411.jpg
    福島第一原発の事故を受けて、国が主体となり、原発事故に取り組むとして設置された、原子力災害現地対策本部の本部長政治家が務める本部長が病気療養のため、およそ2週間も現地に不在であることが明らかになったのです。
    西村氏「何故、何故発表しないんですか! 何故隠してきたんですか! 」
    9a3de505.jpg fde9fbf6.jpg
    海江田氏隠してはおりませんっ私は総理にも、そういう意味では、任に耐えないならば、これは、あのー、代わりの方にやって頂きたいという事をお伝えをしてございますっ。」
    この本部長、実はこれまでにも何度も交代していることが指摘されていました。
    岩城氏池田副大臣 松下副大臣 池田副大臣 中山政務官 池田副大臣 中山政務官 池田副大臣 こう代わっています。」
    f6443cb5.jpg c96dd775.jpg
    海江田氏これほどコロコロ代わってはいけませんので、私からこれまで代わった事に対するお詫びを申し上げます。」
    原子力災害現地対策本部の本部長が2ヶ月あまりで6回も交代した後、現在は長期不在に。
    c56eeca5.jpg 60772d9a.jpg
    西村氏総理! 何故こんな状態が続いているのですか?! 何故本部長を置かないんですかっ?!」
    菅氏えー、早急に、いー、あの、おー、他の副大臣あるいは政務官に、えー、対応してもらうように、えーー、海江田大臣とも相談をしたいと思います。」
    次々と明らかになる菅政権の混乱。
    aa271f39.jpg
    谷垣氏もうダメだと私は思います。もう!この菅さんの政権に任せていたら、日本の復興という事は、絶対に成就しないっ!」(以下、内閣不信任案提出の話  略)
    で、その前の朝刊を読むコーナーで、この件に関してみのもんたがコメントしていたんですが、ちょっと意味が分かりません。
    みの氏「・・・さてっ、毎日新聞、厳しいねぇ、何を隠している??」

    d87a7643.jpg

    女子アナ「自民党が隠蔽追求という見出しなんですが、

    mainichi.jp福島第1原発:現地トップ不在判明 自民は「隠蔽」追及 次々釈明 政府側』 (アンダーライン部分のみ読み上げ)

     衆院東日本大震災復興特別委員会で31日に行われた集中審議で、東京電力福島第1原発事故で政府の原子力災害現地対策本部長を務める池田元久副経済産業相(70)が19日から入院し、本部長不在になっていることが明らかになった。1日に内閣不信任決議案を提出する構えの自民党は「またも情報の隠蔽(いんぺい)だ」と勢いづき、政府側は「支障はなかった」と釈明に追われた。【松尾良、佐藤丈一】

     この日の委員会で自民党の西村康稔氏は「現地対策本部の責任者はだれか」と質問。海江田万里経産相は「池田氏は体を壊して入院し、今は自宅療養中」と答弁し、経産省原子力安全・保安院次長が事務を代行していることを認めた。本部長不在は西村氏が集中審議に備えて用意したカードだった。

     「なぜ隠したのか」とたたみかける西村氏に、海江田氏は「隠してはいない。(菅直人)首相にも『任に堪えないなら代わりの人にやってほしい』と伝えた」と反論。責任を転嫁された格好の菅首相は「早急にほかの副大臣か政務官に対応してもらう」と答弁した。

     枝野幸男官房長官は「事務方の次長を先頭に、各省政務(三役)が必要に応じて関係省庁との調整を担っている」と答弁。31日の記者会見で「早期に復帰していただく期待の中で、事務方のトップが指揮を執る中でも対応できると判断したと推測する」と支障は生じていないことを強調したが、枝野氏が池田氏の不在を知ったのはこの日のことだった。

     福島第1原発1号機への海水注入を巡って政府と東電の説明が混乱したばかりだけに、自民党は「一層の危機管理体制の欠如という意味で(内閣)不信任(決議案提出)の大きな理由になる」(大島理森副総裁)と批判を強めている。
     ◇後任本部長に田嶋経産政務官

     政府は31日、池田氏の後任の本部長に田嶋要経産政務官を充て、1日から福島県に派遣することを決めた。

    d2c2c1ce.jpg
    みの氏「こういうなんか、てんこしゃんこするのってのは、マイナスですねぇ(笑)」
    若狭氏「そうですね、生産性がないと言うかですねぇ、まぁ、隠蔽かどうかっていうよりも、そういう風に少なくても隠蔽だって追及をされちゃうっていう事が悲しいですよね。(なーるほどね~:みの )何回も同じような事を今繰り返してきているわけですから」以上

    てんこしゃんこというコトバを初めて聞いたので^^;、ちょっと意味が分かりませんが、もちろん、菅総理のマイナスって意味ですよね??

    それともいつもどおり、国会であげ足取りの自民党がマイナスっていう意味かな(苦笑)

    まぁ、隠蔽うんぬんより、またまた危機管理能力欠如の露呈じゃないでしょうかね。

    組織のギクシャクがハンパない。これじゃ震災対応も原発対応もムリムリ。

    菅総理が自ら辞めたら与野党オールジャパンで復興出来るのに、なんでこの人未だにへばりついてんの?!(呆)

    へばりついて意地でも辞めないから、内閣不信任案しかないわけです。誰も、好き好んでこの時期に政局にしているって見られたくないよ。悪いのは、能力がないのにへばりついている菅総理。 単純な話です。

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年05月18日17:49"不信任案封じ"狙いの菅総理、「プチ補正」と「プチ延長」作戦 【ANNニュース】

    テレビ朝日【お昼のANNニュース】、毎度、政界ニュースの中継が良い味出しているので、ちょっとお気に入りなんですが、今日も、野党の菅政権へ不信任案提出をめぐるニュースの切り口が面白かったので記録しました。

    74836389.jpg b25ce2ee.jpg
    アナ
    「国会です。菅政権はこれまで、野党側の追及を避けようと、自民党の谷垣総裁や公明党の山口代表が求めていた会期延長には消極的でした。

    しかし、震災の復旧・復興に向けた第2次補正予算案をめぐって、野党側が「この国会に出さなければ内閣不信任案提出だ」と表明した途端、"不信任案封じ"を狙って小幅の会期延長2次補正の一部を提出する方向で検討に入りました。中継です。」

    記者「 いわゆる"プチ補正"と"プチ延長"の検討を突然始めた背景には、野党の批判を逆手に取り、政権を延命させる狙いがあります。

    c7e2fbc4.jpg 07b6e8cd.jpg
    枝野氏
    (会期延長は)時期が来たらですね、いろいろと検討しなければいけないと思ってはおりますが、現段階ではそういう段階ではないと思っています。」

    会見ではこうはぐらかした枝野長官ですが、補正予算の財源は赤字国債の発行が想定されています。

    3c4ff67e.jpg 6de3a741.jpg

    補正の提出で野党の賛同を得て、いまだに成立していない子ども手当などの財源となる特例公債法案も合わせて成立を図りたい考えです。

    公明党幹部は補正を出さなければ不信任と言っていたので、これでやりづらくなった

    と、こぼしていて、一定のけん制効果は出ています。

    2277c14d.jpg 054a6544.jpg

    しかし、リスクもあります。今回検討している補正の規模は小規模で、野党が求める大規模補正とは大きなギャップがあります。

    むしろ、会期延長によって国会での追及の場が増えることで、党内外の菅降ろしが勢いを増す可能性もあります。

    不信任案の提出を避けることで何とか延命を図りたい菅政権ですが、その道筋は容易ではありません。」以上

    プチ会期延長とプチ補正でお茶を濁そうなんて、ぶさけんな!っと思いますよね。

    せこいし、歪んでるんだよっ。保身にもほどがある!法律の改正だって、山積みのはず。

    国会で議論する事はいっぱい!!こんな緊急事態は国会開きっぱなしにするべきです。

    そもそも民主党は、「通年国会にすべし」と言っていたんですけどねぇ・・(遠い目)

    自分達の原発・被災地への対策でボロが出そうだからといって、トンズラしようとするなんて、いやはや情けない・・逃げ菅とは、よく言ったもんだワ┐( ̄ヘ ̄)┌ ~

    で、通らないかなと思っていた不信任案ですが、なにやら詰んできたようですね。

    今、朝日放送の【NEWS ゆう+】で、曽我氏が解説していたので、取り急ぎまとめようと思います。

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年04月10日21:13被災地選出議員の声 自民・小野寺議員、民主・平野議員【激論!クロスファイア】

    昨日のBS朝日【激論!クロスファイア】(4/9)で

    自民・小野寺議員(宮城県)と民主・平野議員(岩手県)が生出演し、

    地元の様子と政府の対応、今求められているものについて語っていたので記録しました(ただし、長いのでかいつまんで超要約)

    平野氏が、政府の対応のミスを認め、「自民党の提案に感謝する」と言って、最後に二人が握手していたのには、少し清清しい思いがしました。

    ちなみに小野寺氏は、家も事務所も全壊し、車二台を流され、中にいた友人は行方不明。今でも地元の電気・水道のないあばら家に住み、国会のある時だけ上京しているという事です。

    2e05d187.jpg 693739eb.jpg

    (小野寺氏の地元気仙沼の様子 VTR 略)

    46ec2d6c.jpg
    小野寺氏
    「当日は国会で、電車で帰ろうとした時に地震に遭った。

    それから自民党の対策本部に入った。唯一繋がった気仙沼市長との電話で、『全ての情報が入らないので、NHKを見て津波の状況を教えてください』と言われた。

    一番感じたのは被災地は情報が一切入らないという事。今でも気仙沼の多くの人達は、ラジオしかないので津波の映像を見ていない。

    翌日車でなんとか帰ったが空襲後のようだった。とにかく避難所を歩いて回ってやっと家族と会えた。」

    0ff5d31c.jpg
    平野氏
    「私も当日は国会で、次の日の朝ヘリで岩手に入り、上空から視察した。

    その翌日釜石市に入り、次の日に大槌町に入ったが、もう言葉がなかった。信じられない感じで、本当に大変な事になったと強く感じた。」

    小野寺氏「(皆さん何を求めているか?)一番初めに感じたのは物資が届かなかった

    朝晩の対策会議に毎日出て困ったのは、物資で、特に軽油・重油・ガソリンが入ってこなかったこと。

    これは是非今後の反省点にして頂きたいが、翌日車で入った時にガソリンスタンドが全部しまっていて、オーナーに聞いたら『政府が緊急車両以外販売するなという指示が出ています』と。で、給油待ちの車の列が出来て救急車両が通れなかった

    それから私は高速道路で帰れたが、これも緊急車両以外は乗せないという事になりタンクローリーも物資輸送も乗れなくて、現場は重機の油がなかった

    もっと辛かったのは、現場でがんばっている消防団員・自衛隊こういう人達の食料の補給が全然なかったガソリンはあるのに売れない。通れるのに高速道路も通れない、、」

    0a0b5ff7.jpg 9e6e5ae4.jpg

    平野氏「(これはどうなの?)そこは当初混乱があったと思う。当初は灯油も売らなかった。すぐ政府に電話して元売に働きかけてそこはすぐに放出してもらった。港が全て機能停止したので、今までの物流が完全にストップしたというのは事実。あと緊急車両を優先にしたのは、ひとつの危機管理の考え方と思うが、ガソリンスタンドで当初売らなかったのは私もいきすぎだと思う。」

    小野寺氏「今は物資が足りたと言っているが、病院も停電になったので自家発電する為に重油が必要だった。あと一日でなくなったら重篤患者が亡くなると言われたので、私は官邸まで行って、早く出してくれとお願いした(災害3,4日目)。でようやくタンクローリーが一台来たがそれで終わりだった。

    当時官邸は原発対応で、余裕がなかったようだ。今でも車のガソリンは十分ではない。」

    平野氏「私も当初1週間岩手県の現地対策本部にいて、物資を要求してもどこに出せば良いのか分からないのは実は私も感じていた。私はたまたま政府の人間なので電話して対応できた。

    最初の5日間は小野寺さんが言われるように、官邸は原発対応で精一杯だった、、物資班が対応しているが、問題は震災で当初物流システムが遮断したので、ガソリン・灯油が来ない。空港まで運んでもらって大車輪で活躍したのが自衛隊。」

    ffd41a23.jpg

    小野寺氏「ただ実際ヘリで運べる量はごくわずかで、ガソリンも運べない。

    だから本来は動いていた東北自動車道を使って物資をドンドン送っていればこんな事にはならなかった。でも、それを何故か緊急車両だけで高速はほとんど車が走ってない状態を誰も気づいてないので、官邸に申し入れてタンクローリーと物資輸送の車は出してほしいとお願いして、一週間経ってようやく走れるようになった。」

    d66558cb.jpg

    曽我氏「(一週間だって、曽我さんどう?)小野寺さんが官邸に行ったという話しが象徴だと思うが、取材してても、官邸の誰が担当なのか分からないと。」

    小野寺氏「(どうもバラバラだと)そこで私が戻って、一番最初にお願いしたのは、物資班と補給班に分ける形で作らないとダメだと言って、出来たのが被災者生活支援特別対策本部。実は出来たのが20日その前は情報は入らない、色んな混乱はするで、現地は正直言って大変だった。」

    平野氏「(20日までってなんでそんなに時間かかった?)ひとつは原発の件が大きかった。あとは物流システムが完全に遮断された事。あとタンクローリーを集めるのに手間取った沿岸部の通信が困難で状況が把握できなかった。」

    小野寺氏「一週間、10日で良くよくなってきたのは、家族の遺体を確認したいが車がないので中古車やで車を買おうとしたら、車庫証明と住民票がないと売れないと

    で、かけあってようやく3日前、無くても買えることになった。」

    平野氏「私も役所は今回の震災の凄まじさ・異常さを認識してなくて通常モードで仕事していたと思う。」

    13a0f972.jpg

    小野寺氏「(民主党の体制は機能しているか?)実は仙谷官房副長官に対策本部長になってくれと申し入れしたのは自民党

    官邸に行って、とにかく未曾有の災害なので原発対応と震災対応を分けてやったらどうかと。で窓口を作ってくださいと。大島副総裁に同行し官邸に行って、この仕組みが出来た。」

    bb38c77e.jpg 12762b74.jpg

    平野氏「(なーんで自民党から言われるまで民主党は出来なかった?)自民党さんから言われたのは本当にありがたい。私共も同じ事を考えていた。このままでは窓口も分からない、必要なものも送り届ける事が出来ないと。」(中略 仮設住宅・がれき処分・義捐金・ご遺体の事など)

    小野寺氏「(現地は大変だし一致団結しなきゃいけないのに、なんで政界はバラバラなんだ?)避難地域を回ると、政治の戦いを止めて協力してやれと。現場にいる人間は平野さんも陸前高田の黄川田さんも石巻の安住さんもみんな一致している。

    ですから震災対策の問題は一致してやっているのに何故か国会は違う動きをしていると非常に違和感を感じる。」

    平野氏「こういう体制の中に自民党もいっぱい入ってもらった方がいいと思うね)自民党さんとは政策協議やって小野寺さんの言うように方向はほとんど一致している。だから、あとはもう政党の垣根を越えていろんなことが出来る可能性は高いと思う。」

    e8869acd.jpg
     
    曽我氏「(菅さんも谷垣さんも消極的だが?)ある意味今日の番組で答えは出ていると思う。つまりテレビを見ている人がお二人の意見をどう聞いたか。

    平野さんがまず自分達のミスも認めた上で、自民党の提案に『ありがたい』と言った。小野寺さんも政府を叩くんじゃなくて反省材料にと言った。この二人の気持ちであれば、これは既に大連立の姿。

    それを菅さんと谷垣さんは東京に居て、、僕なんか小野寺さんのように現地を知っている人が震災担当で入るべきだと思った。それを総理大臣が政党のトップに『入ってくれ』と言う話をするから崩れていく。だから菅さんと谷垣さんはきちんとした常識を取り戻してほしいと思う。

    02061cb9.jpg
    曽我氏「(あえて聞くがどっちが悪い?)そりゃ菅さんでしょう。ハッキリしている。責任は菅さんにある。」(中略)

    平野氏「もう現場の状況を見ると党利党略は吹っ飛ぶ。」

    小野寺氏「(言いたい事一言!)是非全国の皆さんのご支援を私のふるさとにお願いをしたい。政府には万全な対策を取っていただきたい。」

    017(握手)以上

    よく地上波テレビでは「政治家は何やってるんだ」という街の声とか流していますが、こういう話をちゃんと報道すべきだと思います。やはり地元には、政党なんて関係ないんですよね。

    お二人とも日本の復興にこのまま邁進して頂きたいです。官邸が震災対応でほとんど機能しなかったのは明らか。っつーか、足ひっぱってるじゃん!(呆)

    自民党の提言でやっとなんとかここまで来たってカンジ。自民党も相当歯痒い思いをしてきたと思います。

    もう菅総理は、能力がないを認めて自ら辞任するしかない。そして、党派を超えて真の救国内閣を作るべきだと思います。

    今回の記事はかなり端折ってしまったので、時間のある方は是非この動画をご覧下さい

    政治はいま何をするべきか!?与野党キーマン生討論! ...  

    47分 - 1 日前 - アップロード元: shiro19790909
    ... 20110409BS テロ朝 激論クロスファイア 被災地緊急レポート 政治はいま何をするべきか!?与野党キーマン生討論!! 平野内閣府副大臣 自民 小野寺五典 ...
    www.youtube.com/watch?v=BZCG5WQm57Q

    それにしても!仙谷氏を対策本部長に・・と言ったのは自民党。という話は本当にビックリした~

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年04月06日22:16それでも流れは大連立。だって三重県が・・・! 【NEWSスゆう+】

    ABC朝日放送【NEWSゆう+】で、

    谷垣総裁が否定しても、流れは大連立という解説をやっていたんですが、

    これがもう前記事大連立拒否「震災対策の予算の利権にまたタカりたいのか」 【やじうまテレビ】と比べて笑っちゃうほど深い読みだったので記録しました(青字はナレーション)(ただし、VTR以外は流れはそのまま要約)特に、大連立の止め男の話に納得。統一地方選挙に期待します~♪

    279545ff.jpg 288decd9.jpg
    菅氏復旧・復興に関しては、与野党超えて、協力をして推し進める、、そうなる事をワタクシとしては切望を致しております。」

    震災復興をきっかけに持ち上がった、民主党と自民党の大連立構想。既に震災復興担当大臣など3閣僚の増員などを自民党に打診。菅総理も強い意欲を示していますが・・

    谷垣氏連立したいなんて一言も言った事ありませ~ん。野党は野党でやっていく、、」

    相棒となるはずの谷垣総裁からはつれない言葉・・ 

    003_2

    本音はいったいどこにあるの!? やるの!?やらないの!? 大連立

    (VTR終了 スタジオへ)

    女子アナ「はい、今日は大連立の話だが、浮上しては消えまた浮上してと、良く分からない。そこで今日は徹底的に曽我さんに解説していただく。さぁ、まずは今朝の新聞各紙を見てみましょう。

    a48496ed.jpg 3fbe5305.jpg

    毎日・読売は『大連立はもうない』という論調だが、朝日(曽我氏が編集委員)は『大連立の交渉役、岡田氏にシフト』。どうして新聞によってこんなに違うのか? 」

    曽我氏こんだけバラけるのはそうそうないが、もうちょっと言えば、読売と毎日は『大連立断念』と。朝日と日経と産経は『まだ決まってない』と分かれた

    まぁこういう時は、気をつけなきゃいけないのは、政治家の言葉というのは色んな事由で喋る。彼が表で言った言葉をそのまま解釈するのか、彼が置かれている状況で、なんでアレを言わなきゃいけなかったのかと。

    朝日新聞が正しいとここで言うつもりはないが、正直そこの取材の差が出たと私はそう思う。(じゃあ自信アリと?)ええ、はい。」

    女子アナ「曽我さんとしては、何だかんだ言っても大きい流れは大連立という事でいいか?」

    be0c8251.jpg

    曽我氏「そうですね。是非こういう機会なので皆さん是非政局を見ていくひとつ秘訣をお教えしますと、少し上から目線ですみません(笑)

    こういう時は、まぁ昨日今日明日っていう目の前の事に気を取られるとちょっと間違えるんですね。半年一年先を考えて、そこから逆算したらどうだろうかと考えると、過去の例から言って間違えないどう考えても復興計画は与野党でやるしかない。だって復興の基本法案ひとつとっても、例えば自民党が反対したら基本法案が通らない。その先の来年度の予算(春の)までは与野党協調でやるしかない。そうすると大連立が出来るかどうかじゃなくて大連立的な与野党協調がもう前提

    その中で、実際に内閣を同じくして閣僚何人出すか、じゃあ大連立やるんだったらどういう条件かというのは、まぁ部分的な話であって、私は大きな流れは大連立。それは基本的には全く変わってないと思う。」

    22d18633.jpg d4a234fc.jpg

    女子アナ「そうですか。では、どうしてすんなり大連立という事で話がまとまらなかったのか。曽我さんによると菅総理と谷垣さんの頭の中で描いている大連立が違うものだからという事。

    まず菅さんの頭の中は『大連立をすれば2年後の衆院選まで総理でいられる』と考えていると?」

    曽我氏「そうですね。政局を読む秘訣を言うと、その人の気持ちになって考えてみればとても簡単。じゃあ菅さんの置かれている状況を考えてみましょう。

    具体的に言えば、この大震災の前っていうのはもう支持率がどうしようもなく低下し、外国人からの献金疑惑が出てきてしまった。まぁもちろん菅さん口が裂けても、大震災のお陰でこうなったとは言えないが、

    彼からすれば、これは野党も反対できない政局であろうと。従って自分が総理を続ける上でも大連立はひとつのチャンスとまでは言わないが、まぁ機会だと。しかもまぁオレしかいないと。そういう発想ですね。」

    「うーん、自信がおありなんで・・・しょうかね? さぁじゃあ谷垣さんはどうなんでしょうか。こんな事を考えているようだ『連立入りして政局の主導権を握り、早期の解散・総選挙へ』これが本音?」

    b69e22f0.jpg
     曽我氏「そうですね。まぁ菅さんと比べれば谷垣さんはもうちょっと複雑だ。

    表裏があって、表向きは昨日の発言で『大連立は難しい』と言ったが、元々総理大臣は自民党に渡してほしいという表の発言はしている。ずっと。

    ただ、裏向きで言うと、実はやっぱりいかに解散総選挙に追い込むかっていう基本スタンスは変わってないと。

    そうすると間違いなく彼の本音は、表向きは総理大臣くれとは言うが、具体的には総理大臣を菅さんが続ける場合に、丁度一年ぐらいやった上で、解散総選挙にもって行きたいということ

    8215ad91.jpg a1fcbfca.jpg

    女子アナじゃあ何で谷垣さんは本音で大連立したいのに『連立したいなんて事、一言も言った事もない。野党は野党でやっていく』と言ったのか? 」

    曽我氏「谷垣さんが昨日これを言ったタイミングが全て。なんで昨日言ったか。紙面をずっと見ていると昨日、丁度4/10の統一地方選の情勢分析が出揃った

    知事選でもっと民主党が大震災があったにも関わらず、伸びてない。すると、もう一押しすると全て自民党が勝てるかも知れない

    例えば三重県の知事選。圧倒的に民主党と思っていたら、どうも自民党が追いついていると。

    選挙の現場で対決しているわけで、その時わざわざ大連立っていう必要は全くなくて、だから僕はこういうのは言ったタイミングが全てであると。

    で、言葉で聞いても完全に否定はしていない。つまり『政策のすり合わせのない大連立が駄目』だと言っているだけで、政策のすり合わせがあったらいい訳

    だから言ったタイミングからすれば統一地方選対策だとみるのが当然。」


    女子アナ「更に、もうひとつ理由があるんですねぇ。」

    1c83a439.jpg

    曽我氏「これは非常に面白いが、今の話の続きになる。

    これは僕もまだあまり書いていないが、今まで交渉してきて、一番大連立の止め男が民主党の岡田幹事長

    で、岡田さんが『総理を替えない』とか、政策的にもなかなか自民党に持ってこない

    そうすると統一地方選で、さっき言ったように民主党が負けると誰かが責任を取らなきゃいけない。菅さんは辞めない

    そうなった場合、通常の選挙の最高責任者は幹事長なので、止め男だった岡田幹事長の責任が必ず出てくる。

    そうすると岡田さんが辞めた時に、代わりに大連立に前向きな幹事長に替わる可能性があると、自民党は読んでいる。」

    女子アナ「そこまで読んでいるんですね(はい) いろんな思惑が見えてくるが、ズバリこれからどう動くか?」

    07cd68d0.jpg

    曽我氏「今の流れで言うと、統一地方選が終わったあとの、まず岡田幹事長が替わるところから話が進むと思う。その上でまぁ菅さんを替える力は民主党にもなかなかないので、そう長く大連立やるかという気がするので、まぁ一年限定で菅さんのままだと。その後話し合い解散逆に言うと一年後の話し合い解散を約束してっ、一年間大連立を組む。それなら菅さんでいいよというのが、恐らく政局的に言うと一番可能性が高いでしょうね。」

    女子アナ「まぁいずれにしても復興のために、もう何よりも早くベストの形を取っていただきたいですよね。」

    曽我氏「そうですね。だから、きちんとこういう手順を踏んだ調整をして私も早く結論を出してほしいと思っています。」

    7df0d132.jpg

    女子アナ「以上、曽我さんの深層解説でした。」以上

    読売と毎日は『大連立断念』と。朝日と日経と産経は『まだ決まってない』と分かれた。・・はてさて、どっちが正解でしょうねぇ??私も今朝の時点では、「大連立断念」か!? と思っていました。

    でも、今はこの解説を聞いて「統一地方選対策」としか思えなくなってきています(苦笑)

    曽我さんの取材力と分析には、いつも感心!三重県の皆さん、どうぞがんばって!本当にお願い

    蛇足ですが、今まで深層解説のコーナーはキンキンファミリーのゲンダイ二木氏だったので、民主党寄りの解説で頷く部分がなかったんですが、曽我氏になってから面白いです。マジでアカヒの編集委員とは思えませんわ~^^;

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年04月06日11:50大連立拒否「震災対策の予算の利権にまたタカりたいのか」 【やじうまテレビ】

    テレビ朝日【やじうまテレビ】の朝刊チェックのコーナー、

    リニューアルしたコメンテーター陣の中で、見事な偏向コメンテーターを発見したので記録しました。

    アナ「・・さぁそんな中、期待される政治なんですけどもどうでしょうか。コチラ毎日新聞です。(アンダーライン部分のみ読み上げ)

    81324ece.jpg

    自民党の谷垣禎一総裁は5日、民主党との「大連立」に応じない方針を固めた。大連立を巡っては自民党内で賛否が分かれており、菅直人首相が退陣する保証のないまま連立に踏み切れば、地方組織や支持者の理解を得られないと判断した。東日本大震災の復旧・復興対策については政府に協力するが、菅首相から入閣要請があっても応じず、数次にわたる11年度補正予算案の編成には野党の立場で協議に臨む構えだ。

     谷垣氏は5日、小泉純一郎元首相と東京都内で会談。小泉氏が「今は健全な野党のあり方をしっかり発揮すべきだ」と大連立に否定的な見解を述べたのに対し、谷垣氏も「まったくその通りだ」と同意した。谷垣氏はこの日、海部俊樹元首相とも会談したが、海部氏は「首相が(大連立に)本気かどうか見極めた方がいい」と助言した。会談後、谷垣氏は「政策のすり合わせのないところに連立はない」と記者団に明言した。

     自民党は子ども手当や高速道路無料化など民主党の「4K」政策を撤回して震災対策にあてるよう求めている。自民党幹部は5日夜「今は健全な与野党が必要だ。復旧中心の1次補正には反対しないが、2次補正以降は財源を厳しく議論する」と語った。


    ということなんですが、早坂さん、なんかどうなるんだろうという事だったんですが、昨日は、とりあえず応じないという方向でまとまったようなんですけども。」

    920bbf77.jpg a0ba8e2b.jpg
    早坂氏 「あのー、震災対策という意味ではですね、あのー、大連立は必要ないと思います。自民と民主でですね、震災対策の予算案と関連法案をしっかり協議して成立させるという事で十分なんでぇー、でね、この大連立の話が出てきた時に、私はもうすぐ勘ぐりましたよ。もう自民党は相変わらずかと!ねっ。

    震災対策の予算の利権にまた集りたいのかと(笑)これねぇ、もう私の前の昔の感覚ですよ。

    0f2d2d91.jpg a89d8893.jpg

    なんで、小泉さんがね、ああいう風に言ったのは、政治家としてはホンットにねぇ、健全な感覚!もうしっかりねぇ、対策やれば良いんですよ!政局にね、絡めてもらいたくないっ!

    アナ「なるほど。そうするとまぁやはり言うように、健全な野党としてってことになるんでしょうかねぇー。さぁつづいては・・」以上

    大連立の話は、どっちにしても批判が起こるのは当然ですね。

    「党派を超えて協力しろ」というコメンテーターも多いし、残念ながら、一般国民の「自民党は何やってるのか!?」という声は大きい・・

    ただ、秋波を送ってきているのは、政権延命しか考えていない民主党の方なんですけどね。

    大震災直後の全面協力するという自民党の宣言も、最初の大連立話の内情もほとんど報道しないので誤解があると思う・・

    自民・林政調会長代理が語る『大連立の条件』  【激論!クロスファイア】

    結局、この筋の通った自民党の提案を呑まないからご破算って事じゃないのかな。

    で、この元官僚の早坂氏は、やじうま初登場ということで張り切っているようですが、「昔の自民党のイメージ」だと、印象付けてコメントするのは不適切極まりないと思います。

    この人のバックボーンが良く分からないけど、プチ鳥越ってカンジのポジション!?

    私は日本の復興の事だけを考えて、時限的大連立した方が良いと今でも思っています。

    で、その後すぐに解散総選挙でいい。その為にも、担当と責任を明確にすることが絶対条件だけど。

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2011年04月02日18:44自民・林政調会長代理が語る『大連立の条件』  【激論!クロスファイア】

    BS朝日【激論!クロスファイア】で、自民党・林芳正政調会長代理が大連立の条件を具体的に話していたので記録しました(流れはそのまま要約)(青字は田原氏の発言)

    先週は、最初の連立話は菅総理が暴走して壊したという話でしたが、今回の話は近々実現しそうに感じました。今日も朝日新聞・曽我さんの解説がGJ!

    (今、統合戦略本部がないが、日本の復興に関しては、別建ての権限を集中してやるのが歴史の知恵だという話などのあと・・ )

    cc909790.jpg fc1e0f51.jpg
    田原氏「・・・やっぱり現場は、自衛隊も消防もみんな一体なのに、政治の世界は未だに民主党だ自民党だとケンカしている。もっと一体化できないのか?」

    林氏「これは今、与野党の協議会が出来て、そこで申し入れをし、分かったやると言って、なかなか下りないみたいなところが隔靴掻痒で、これはもう責任を本当に両方で、シェアできる仕組みを考えなければいけない。」

    田原氏「この間、菅さんが谷垣さんに、総合本部長になってくれと言ったのに、谷垣さんはなんで断った? ボクは絶対にOKすべきだったと思う。」

    林氏「これは連立を組もうという話なので、震災担当の所だけであとは関係ないという訳にいかない話。

    すぐに断ったのもアレだと思ったが、やっぱり断られないように岡田幹事長・石原幹事長と条件詰めてくれと内々にやって、出来そうになったら電話するからと(根回しをちゃんとやって?) はい。」

    d3d8d1dc.jpg

    曽我氏「だから、その根回しの責任がどっちにあるかだが、本来は政権側が根回しをして、自民党の中でも根回しをするのが当然だが、

    私は先週も、『菅さんが暴走をして大連立が一回潰れたんだ』と言わざるを得なかったが、結局今週に入っても同じ事が続いている

    例えば、今の話で言うと、復興の基本原案が決まったが、アレなんで与野党で作らないんだろうと(なるほど) 

    基本法案は政権の方で原案作っておいて、一方で閣僚3人増やすから大連立来てと、、(あっ内閣法を変えて大臣の枠を3人増やすと?) はい。

    だから、言ってる事とやってる事があまりに食い違ってるわけですよ。

    本当に大連立をやりたいんだったら、基本法案に関しては与野党でまず一回話をしましょうと。それで原案を作るのがこれは筋ではないですかね。」

    316c04aa.jpg

    林氏そうしないと結局、責任だけ一緒に引き受けて、やるのは全部我々がやりますからって聞こえちゃう。

    だけどこういう時期は、もうそういう事があっても一緒にやろうと。だから大連立という事であれば、岡田さんから石原さんに内々に話をすることも含めて前回やらなければいけなかったのになかった

    しかし我々も今度は、少なくとも条件を党内で議論しておこうと。むしろこれだったら良いですよというのをコチラから言っていくぐらいの事をしておかないと、またなんかポンと来ると、、」

    田原氏「これだったらやるよのこれって何?」

    林氏「はい、一つ目は、修正動議を出した。子供手当などの4Kを全部止めて、2兆円ぐらいお金が出るので震災復興にそのまま使う

    もう1つは、私の個人的な案だが、総理・財務・経産・国交この4つを任せてくれと。経産を任せてくれというのは、原発も計画停電も全部責任持ちますと

    これくらいの気迫をもって、我が代案を出せばいいと思う。」

    22b9b67b.jpg

    田原氏「どう、乗るかな?」

    曽我氏「うーん、今の修正動議と絡めた林さんの大臣ポストの話は非常に大きいと思う。

    大震災の直後に自民党が緊急アピールを出したが、僕はアノ文章が非常に興味深くて(どういうの?) 

    復興は全政党でやるんだと。規模は20兆円ぐらいになると。復興庁の話も与野党協議会の話も入っていた。

    私は読んで、これは大連立の準備を始めたなと思った。

    つまり今年度の予算は修正動議でまとめると。来年度の予算もやらざるを得ないんだと読みとれた。

    仮に大連立を組むとしたら、問題は期間だと思う。いつまでやるかという。」

    林氏「これは、復興のメドがつくまでだと思う。そうすると限りなく任期満了、、ダブル選挙になると思う。そのくらいまでは一緒に責任を持つという覚悟で臨む方が、、」

    田原氏「そこでボクは民主党幹部何人かに聞いたが、自民党は菅さんが辞めないと連立組まないと言っていると。これはどうか?」

    630d2f46.jpg

    林氏「今、4つ言ったのは、総理(ポスト)も含まれている(あっなるほど)

    ですから村山政権の時も、自民党は大きかったけど、村山さんを擁いた。村山さんは震災後一年で自ら譲られた。ですから自ら引くという事をご英断いただきたいなと。」

    218f92fa.jpg

    田原氏「一年後に引くのか、直ちに辞めるのかどっち?」

    林氏「これは、私はすぐに引いて頂く方が良いと思う。」

    曽我氏「一番のポイントはそこだと思う。期間と、大連立の場合必ず大政翼賛会批判が出る。

    期間と目的がハッキリしないといけない。それが1年なのか、2013年の衆参ダブルかっていうのは絶対に出てくる。

    それと総理大臣を誰がやるかだ。復興のメドがつくまでは菅さんがやるのか、前半で引いてもらってまた考えるのか。

    これは谷垣総裁が森さん・安倍さん・麻生さんと会って、、だいたいこういうのは動かす時に会うから、流れを作ろうとしている

    期間(一年間限定)に言及したのは安倍さん。ポストに言及したのは森さん。この流れはもう大連立の準備を始めたと我々は見ざるを得ない。」

    bf5f8aa5.jpg

    女子アナ(今の説明分かる?)正直に言って、今、政局の話を聞いても悲しくなる部分もある。(という事は菅総理はそのままで自民党は全面協力しろと?) 

    まぁ手段は良いので前に進む、、菅総理は現場主義と言っているが、何より大事なのは不眠不休で劣悪な条件で現場で作業している方。そういうのを与野党関係なくどう見ているのか?」

    田原氏世論も段々自民党に厳しくなると思う。まず何やってるんだ民主党政府は!という批判があるが、

    それにしても自民党は阪神大震災も経験しているのに、ここで拘って協力しないのはおかしいという世論が出てくる。」

    林氏「当然そうなってくると思う。だから一緒に責任を共有して一緒に仕事をする為にはやっぱり連立を組んで、正式に責任を共有した方が(そう!もちろん!)入りやすいし、

    我々が本当に隔靴掻痒なのは、こうしたらああしたら良いでしょうと言っても実施は向こうなので、なかなか最後まで伝わらない

    官僚と政務三役がバラバラだが、我々が政務三役でやっていればもっと出来ると思いながらやっているので、そうであればこそやっぱり責任を共有する究極の形を早くね。あんまりこういう話をずーっとやってると、、」

    436db52b.jpg

    田原氏国民もこんな事に時間かけるなと。早くやれと、、

    で、例えば2+2(岡田・玄葉、石原・石破)でやるなんて申し入れたらどうか。」

    林氏「これは実務者に下ろしているが、元々全党がやっている枠組みがある。ただ物凄い時間が限られているので2党、3党(公明党入れて)でやるのが必要だと思う。」

    田原氏「それが出来るのは、林さんか石破さんしかいない、ねぇ。」

    曽我氏「(石破さんと林さんは)恐らく官僚候補になってくるので。ただ呼びかけは基本的にはトップの仕事だ。」

    田原氏「だって谷垣さんと菅さんって一番苦手な二人。ボクは頭にきている。(谷垣氏が断ったのはけしからんという話 略)なんで谷垣さんは条件を出さないんだと! なんで?」

    林氏「前回はあまりに唐突だったので、、役員会はやったんですが・・。

    2+2やろうという事も含めて、我々は党内を動かしていきたいと思う。(林さんが言えば石原さんも石破さんも動くよ)

    そんな権限はなんですが、ただみんなそう思っています。その思いを形にして、、(何故出来ない?) 出来ないんじゃなくて今からやれば出来ると思う。(やるべきだよ!)

    a135cd36.jpg

    曽我氏「田原さん、1つ言うとですね、先週も言ったがこういう事は手順は凄い重要だと思う。こういう時って必ず政局より政策と言うが、正直おかしいと思っている。つまり政策を実現する為に政局が安定しなきゃいけない。政局を安定させるために良い政策を進めるんだから、

    ですから我々メディアもちょっとこれまでの常識と違う反応で考えなきゃいけないなと思っている。」

    田原氏「期間限定、一年なら一年とやれば菅さんでもOK?連立は?」

    林氏「うーん、菅さんが引いてくれるのが一番良いと思う。

    が、どーーしても引かないというのなら、これはもう最後は谷垣総裁と菅さんが腹を割って決めて頂ければ、もうみんなそれに従う。」

    9fae72c1.jpg

    田原氏「分かった!谷垣さん、菅さん、腹割って話し合えと! そこで・・」(原発を含む日本のエネルギーの話 略)以上

    民主党政権だけで復興は無理だし、総選挙は絶対に出来ない状況なので、昨日も書いたけど、やはりここは大連立しかないような気がします。

    田原氏は、先週も「けしからん、頭に来た」と喚いていましたが、前回、谷垣さんがきっぱり断ったお陰で、条件をちゃんと議論する時間的余裕が出来てむしろラッキーだと思いました。

    ただ、この番組でも言っているように結論を先延ばしにすると、国民がそっぽを向くのは間違いない。

    自民党には、とにかく日本復興に、その余りある力を総理・財務・経産・国交という役職に注いでけど、さてさて、菅総理大臣はどう出るのでしょうねぇ~??

    ちなみに、愛川欽也のパックインジャーナルでは、大連立の話題で「大政翼賛会だ!冗談じゃない!」と騒いでいました(苦笑)

    先週の正論

    政府の対応はこれでいいのか!? 田原総一朗&朝日編集委員 【激論!クロスファイア】

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく