請求権

2015年06月22日13:29「日本からの経済援助は"はした金"」のように言った金慶珠氏(・・;) 【そこまで言って委員会】

読売テレビ【そこまで言って委員会NP】(6/21)、

シリーズ「戦後70年」第1弾 日韓国交正常化50周年記念 韓国はなぜ反日なのか?徹底検証スペシャル

のうち、金慶珠が、日韓基本条約の際、日本が韓国に出した経済援助金をはした金?のように言っていたので、その部分だけ文字起こしして記録しました。

金氏曰く、"実質的に韓国経済発展を後押ししたのは、、ベ゙トナム戦争でのアメリカからの資金。日本からの8億ドルのお金は、日本では「経済援助」で韓国には「請求権の結果」であり、「韓国にしてみればそもそも試算した額の半分以下」"だそうです。ふらふら

人さし指あと、14年に亘る日韓交渉の知られざる内幕として、そのお金の「名目」についての攻防も紹介します。まず、番組の大まかな流れ右

金慶珠氏、日本が韓国に送った8億ドルの援助金を軽視

21日放送の「たかじんのそこまで言って委員会NP」(読売テレビ)で、東海大学准教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏が、日韓基本条約締結後に日本が韓国に送った援助金を軽視するような発言をし、スタジオが騒然となる一幕があった。
この日は「韓国はなぜ反日なのか? 徹底検証スペシャル」と題し、出演者たちが日韓問題について議論を交わす中、日韓国交正常化にテーマが移った。
日韓両国は国交正常化に向けた会談を1951年から断続的に行っており、1965年には日韓基本条約を締結している。このときに結ばれた「日韓基本条約の付随協約」に従い、日本は韓国に対し、有償無償合わせて8億ドルを援助したのだ。
ところが、金氏は、8億ドルという金額に対する見方が日韓両国で異なることを指摘した。日本にとっては「経済援助」である8億ドルが、韓国にとっては「請求権の結果」であるという。
そもそも、「日韓基本条約の付随協約」の正式名称は、「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」といい、請求権も当然に含まれているというのが韓国の見方らしい。
金氏は、援助額の大きさに対する解釈が日韓両国で違うと告げた上で、「日本にとってみれば非常に大金だけれども、韓国にしてみればそもそも試算した額の半分以下である」とコメントした。
また、金氏は、日韓基本条約締結と同時期に、米国からも莫大な援助があったことも指摘する。韓国軍は1965年にベトナム戦争へ参戦しており、その見返りとして米国から韓国へ多額の援助金が入ったのだという。
金氏は「実は、韓国の経済発展の虎の子は、より直接的には、ベトナム戦争の際にアメリカから8年間入ったお金、そのケタ違いの現金なんですね」と断言してみせた。
金氏の発言に他の出演者が反応し、激しい言い争いが続く中、評論家の志方俊之氏が「ここでいくら言っても、この番組の品位が下がるだけですよ!」と割って入り、何とか事を収めていた。

今回はVTRが非常に面白かったので、是非全編見て頂きたいです。

記事ではその金慶珠の発言の卑しさが伝わらないので、問題の発言部分の書き起こしを右

(西岡氏が日本の経済援助で韓国が発展したというデーターを説明しているのに、何度も口を挟み・・・)

・・・57.40  

001 002

金慶珠氏「さっき辛坊さんの質問にも関わるんだけれども、韓国の人はコレ知ってるのかと。韓国の教科書に書いてあるから、まっ、知ってるんだけれども、何故日本人が思っている意識と大きく違うのかって言うと、1つはさっき申し上げたように、その"名目"が違ういう事と、それからこの8億ドルというお金の大きさを解釈する、解釈がまた違うと。

日本にとってみれば非常に大金だけれども、韓国にしてみればそもそも試算した額の半分以下であるという事が1つ

それからその大事なのは、世界情勢見るとね、65年というのは、韓国にとって日韓基本条約を結んだ年でもあるけれど、同時にベトナム戦争に参戦している年でもあるんです。で、このベトナム戦争をやっている間には米軍から多額のドルが入るんです。

003

で、実は韓国の経済発展の虎の子は、より直接的にはベトナム戦争の際にアメリカから8年間入ったお金、これは多分ホン先生の方が非常に詳しいんだけど、その桁違いの現金なんですね。」

ホン氏「それで韓国が得るのは経済効果が、日本から20年間借款入れて8億ドルの10倍、、」

池田氏「だからそれがどうしたんですか日本からのお金はどうでもいいと言いたい訳?(笑)」(みんなが同時に喋りだし騒然)

004以上

お口が達者な金慶珠は心底負けず嫌いで、いつもいつも言い返すクセがあるんだけど、

この発言は日本だけでなく、14年間の日韓交渉で苦労した韓国の先人にも失礼だと思いますよ。

そもそもお隣さんから借金しても、まずお礼を言うのが人の道。

せめて感謝を言ってから、まだアメリカの事を言うのなら少しは分かるけど・・

あとで、知ったかぶりで文句ばかり言うのは本当に下品だし愚かです。

人さし指では、最終段階に入った頃の日韓交渉の"名目"の攻防を見てみましょう右

《「日韓条約 知られざる交渉の内幕」 その5 【NHK】 (再)》 一部抜粋

その4から続きです(青字はナレーション)(昔のテレビのアナウンサーの声はピンク字)

このシリーズの最後の記事になります。 ポイントは、・日韓の"請求権"の攻防と、 ・韓国政府が個人補償せず、国家躍進の為に日本のカネを使った経緯と、 ・(戦争)被害者補償訴訟の矛先が日本企業からポスコに行く過程と、 

・日韓会議に直接携わったキーマンが「日韓条約締結は、最善を尽くした結果、正常化に繋がり、韓国は極貧国から世界第11位の経済国になったから良いじゃないか」と正直に言っているのに、それを許さぬ韓国民ってあたりです。

・・キム・大平会談の後、パク・チョンヒ政権が日本から得た資金をどのように使おうとしたのか、韓国で公開された資料によってその一部が明らかになってきました。

1f0d3dbb.png

韓国政府が纏めた報告書です。

資金の使い道について、経済発展の為に効率的に使うという方針が打ち出されていました。

a7772b53.png

特に重点項目として、農業基盤整備・社会資本の拡充・工場建設や輸出の促進などが挙げられていました。

75588927.png

韓国は日本からの資金によって財源不足を補おうと考えていました

この当時国民一人当たりの年間所得はわずか82ドル。

5億ドルは当時の国家予算にも匹敵する額でした。

3717ea56.png

これは韓国経済企画院が外務部に宛てた公電です。公開した資料に含まれていました。韓国政府が個人補償について対応を協議していた事がうかがえます。

1761e13d.png

-現在行われている韓日会談が妥結した場合、民間人が保有する対日財産請求権は消滅してしまうのか。現在の交渉では個人への補償は行わないつもりなのか-

外務部からの返答です。

-韓日会談において日本に提示した請求権は、政府当局の請求権と、韓国国民が保有する個人請求権も含まれています。よって韓国政府は個人の請求保有者に対して補償義務を負うことになると思われます。個人の請求権の補償問題は金額の用途・国家予算とも密接な関係があるだけに対策をすぐに検討された方が良いかと思われます-

38f2e891.png

キム氏パク大統領は日本から相当なカネを受け取って、それを被害者個人の請求権を充てるよりは国家復興に充てようと考えていました個人の被害の解決に充ててしまうと経済再建の方針と合致しないと考えていたのです。」(元駐日大使)

b6edd5c3.png

キム・ジョンピル「これどうしようも無かったんですよ、ただ、朴大統領ははっきり言われましたよ『少し国が余裕が出来たらこういう人達の面倒をみよう。いちいち日本に(が)手を差し伸べなくても良い様な時に面倒をみるようにしよう』こういう考えだったんですね。」

日本から韓国に支払う5億ドル。残された課題はその"名目"でした。1965年5月、調印の一ヶ月前になっても支払いの名目について両国の鬩ぎ合いが続いていました。

日本「日本側としてはある種の政治的協力という意味で提供するのであって、一方的な義務で提供すると思われては困る」

韓国「全く義務がないというのは話にならない。問題の始まりは"請求権"であり、韓国が困っているから助けてくれと言ったわけではない。韓国の国民感情はあくまで"請求権"だ。万が一、この表現が変わってしまうと重大な問題になるだろう」

日本「日本側としては主として"経済協力"という捉え方だ。」

議論は平行線を辿り、日本側の提案により5分間の休憩が取られました。休憩の後、日本側がこの問題の先送りを提案しました。

日本「この問題はあまり触れないでおく事にして、とにかく我々としては早く協定文を作り出すのが重要ではないだろうか。」

414c7cc8.png

松永氏"請求権"という事はですねぇ、やっぱりその損害に対する賠償請求というのが基本なんですね。だからそういう請求権は認めないというのが日本の基本的立場でしたからねぇ、

それに替えてという事になるわけですが、あのー、"請求権請求権"と言って"請求権"が一人歩きするという事はですね、避けるべきであるというのは非常に日本側は強い考え方だったと思いますねぇ。」(当時の外務省条約課長)

キム氏「我々は"請求権"という文言を入れたい。しかし日本はそれを受け入れられないという立場でした。結局この問題はただ無償いくら・有償いくらという表現に留まりました。それがどのような性格のカネなのかは両国がおのおの判断するという風な決着をつけるしかありませんでした。」

結局、名称は"請求権及び経済協力" 両国の意向を並列した形で決着する事になりました。・・

韓国の報告書にあるように、日本からのカネは経済発展の為に効率的に使うという方針だったわけで、最初から国力の強化に使う目的だったんです。金慶珠さん、そもそも当時、韓国が最貧国だったのをお忘れ?! まっ、こんなのをテレビに出すな!という人の気持ちも分かるけど・・・

 人さし指とにかく、金慶珠が口を開けば嫌韓が増えちゃうわけで、それはそれでヨシ!

(最近の)金慶珠・関連記事

《反町氏「『皇族を従軍慰安婦に』というコラムが大変問題になったが?」 金慶珠氏「あれは日本人が韓国人に成りすましたものっ!」(・・;) 【プライムニュース】》

011

金慶珠氏「あれはぁ、あのー、]日本の人が書いた訳ですよね、韓国人になりすまして。」

《「明治日本の産業革命遺産」をめぐる 武貞秀士VS金慶珠氏。 そもそも世界文化遺産「高麗の八万大蔵経」とは? 【新報道2001】》

005

金慶珠氏日本に居ると、何か韓国が本気で世界遺産登録を阻止しようとしているという報道が多いが、(違うんですか? :アナ)

《産経・加藤前ソウル支局長在宅起訴問題&竹島問題を金慶珠が珍解説!(・・;) 前半 【教えて!ニュースライブ 正義のミカタ】》

5128f890.jpg

1つだけ言うと、アメリカも先程ね、仰っていたけど、私は正直アメリカには言われたくないのがぁ、最近、そのスノーデン氏の事件にも見られるように、アメリカもやっぱり情報統制に対しては相当な力を使わざるを得ない訳ですよ今。だからそういう中で、どこまでその法を規制するかという話、、」

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2014年10月30日06:00「日韓条約 知られざる交渉の内幕」 その5 【NHK】 (再)

その4から続きです(青字はナレーション)(昔のテレビのアナウンサーの声はピンク字)

このシリーズの最後の記事になります。

ポイントは・日韓の"請求権"の攻防と、・韓国政府が個人補償せず、国家躍進の為に日本のカネを使った経緯と、

・(戦争)被害者補償訴訟の矛先が日本企業からポスコに行く過程と、

・日韓会議に直接携わったキーマンが「日韓条約締結は、最善を尽くした結果、正常化に繋がり、韓国は極貧国から世界第11位の経済国になったから良いじゃないか」と正直に言っているのに、それを許さぬ韓国民ってあたりです。

(重複部分 略)

柳谷氏「その当時の日本の立場から言えば相当奮発したですねぇ、思い切った額を韓国側に渡すと。で韓国側がそれを受け取る事によってですねぇ、それまでの請求権の請求はこれ以上行わない事にするという事で合意するならば、まぁ韓国側の、、

まぁお互いの立場をそれなりに理解しあった上で、結果的にはですねぇ、一定のお金が韓国の側に流れるという形で解決をするという、これしか解決する方法は無いんじゃないかと。」(当時の北東アジア課長代理)

5億ドルの合意に対し、韓国では激しい反対運動が起きました。

51

「屈辱外交反対。日韓会談の中止を求めて立ち上がった学生の動きは次第に激しさを増していきました。」

5億ドルの償いは日本による植民地支配への償いをうやむやにするものであり、また新たな経済侵略を招くものだという主張でした。

「遂にはその矛先が朴大統領にも・・・」

52

パク・チョンヒ政権は非常戒厳令を発令。集会やデモを一切禁止し、力で抑え込もうとしました。

53

イ・ジェオ氏「過去の日本の韓国侵略が怖い顔による侵略だとするなら、当時の日韓条約は笑顔によるもうひとつの侵略なのではないか。それに韓国政府が協力してはいけないというのが学生達に広がった共通した感情だったのです。」(当時デモを率いた国会議員)

キム・大平会談の後、パク・チョンヒ政権が日本から得た資金をどのように使おうとしたのか、韓国で公開された資料によってその一部が明らかになってきました。

54

韓国政府が纏めた報告書です。

資金の使い道について、経済発展の為に効率的に使うという方針が打ち出されていました。

55

特に重点項目として、農業基盤整備・社会資本の拡充・工場建設や輸出の促進などが挙げられていました。

56

韓国は日本からの資金によって財源不足を補おうと考えていました

この当時国民一人当たりの年間所得はわずか82ドル。

5億ドルは当時の国家予算にも匹敵する額でした。

57

これは韓国経済企画院が外務部に宛てた公電です。公開した資料に含まれていました。韓国政府が個人補償について対応を協議していた事がうかがえます。

58

-現在行われている韓日会談が妥結した場合、民間人が保有する対日財産請求権は消滅してしまうのか。現在の交渉では個人への補償は行わないつもりなのか-

外務部からの返答です。

-韓日会談において日本に提示した請求権は、政府当局の請求権と、韓国国民が保有する個人請求権も含まれています。よって韓国政府は個人の請求保有者に対して補償義務を負うことになると思われます。個人の請求権の補償問題は金額の用途・国家予算とも密接な関係があるだけに対策をすぐに検討された方が良いかと思われます-

59

キム氏パク大統領は日本から相当なカネを受け取って、それを被害者個人の請求権を充てるよりは国家復興に充てようと考えていました個人の被害の解決に充ててしまうと経済再建の方針と合致しないと考えていたのです。」(元駐日大使)

510

キム・ジョンピル「これどうしようも無かったんですよ、ただ、朴大統領ははっきり言われましたよ『少し国が余裕が出来たらこういう人達の面倒をみよう。いちいち日本に(が)手を差し伸べなくても良い様な時に面倒をみるようにしよう』こういう考えだったんですね。」

日本から韓国に支払う5億ドル。残された課題はその"名目"でした。1965年5月、調印の一ヶ月前になっても支払いの名目について両国の鬩ぎ合いが続いていました。

日本「日本側としてはある種の政治的協力という意味で提供するのであって、一方的な義務で提供すると思われては困る」

韓国「全く義務がないというのは話にならない。問題の始まりは"請求権"であり、韓国が困っているから助けてくれと言ったわけではない。韓国の国民感情はあくまで"請求権"だ。万が一、この表現が変わってしまうと重大な問題になるだろう」

日本「日本側としては主として"経済協力"という捉え方だ。」

議論は平行線を辿り、日本側の提案により5分間の休憩が取られました。休憩の後、日本側がこの問題の先送りを提案しました。

日本「この問題はあまり触れないでおく事にして、とにかく我々としては早く協定文を作り出すのが重要ではないだろうか。」

511

松永氏"請求権"という事はですねぇ、やっぱりその損害に対する賠償請求というのが基本なんですね。だからそういう請求権は認めないというのが日本の基本的立場でしたからねぇ、

それに替えてという事になるわけですが、あのー、"請求権請求権"と言って"請求権"が一人歩きするという事はですね、避けるべきであるというのは非常に日本側は強い考え方だったと思いますねぇ。」(当時の外務省条約課長)

キム氏「我々は"請求権"という文言を入れたい。しかし日本はそれを受け入れられないという立場でした。結局この問題はただ無償いくら・有償いくらという表現に留まりました。それがどのような性格のカネなのかは両国がおのおの判断するという風な決着をつけるしかありませんでした。」

結局、名称は"請求権及び経済協力" 両国の意向を並列した形で決着する事になりました。

512

日韓条約締結の直後から、韓国は日本からの総額5億ドルに及ぶ資金と技術協力を得て、年10%の成長を達成

韓国経済は飛躍的に発展しました。それはソウルを横切る大河・ハンガンになぞられて、"ハンガンの奇跡"と呼ばれています。

反面、韓国が日本から得た資金で行うとされていた個人補償は十分には為されませんでした。

513

条約締結から6年、韓国政府は個人補償の受付を始めました。しかし、告知が徹底せず、手続きも煩雑で申告しない人も大勢いました。その総額は92億ウォン。日本から得た無償資金3億ドルの5.4%に過ぎませんでした。

最近になって、長い間日本の企業を訴え続けてきた被害者の人達の新しい動きが起きています。ヨ・ウンテクさんは日本の企業に未払い賃金の返還を求め、一昨年最高裁判所で棄却されています。

ヨさんは最近、戦後補償問題推進協議会という団体を頻繁に訪れています。ここは2000年に設立された新しい団体です。植民地支配の被害者の裁判の支援や実態調査などを行っています。

2005年1月の文書公開で個人補償の請求権は韓国にある事が分かりました。ヨさん達はそれを受けて新たに計画している事があります。韓国の企業に対する抗議です。

514

キム氏韓国の企業は対日民間請求権資金で成長しました。対日民間請求権資金は、被害者が日本の政府や企業を相手に請求できる権利が事実上それに替わるものでしたから、韓国企業も責任の一端を担うべきだと考えています。」(事務局長)

515

5月16日、ヨさん達は韓国鉄鋼メーカー最大手のポスコに抗議にやってきました。個人補償の責任は日韓条約で得た資金で成長した企業にもあるのではないかという主張です。

ポスコはかつてポハン製鉄と言いました。日韓条約締結後、日本からの資金の23%が使われ、その後の韓国経済の牽引役となった企業です。

516

ヨ氏「私は62年前、日本に強制連行させられ、死ぬ思いで稼ぎましたがなんの補償もありません。そのカネでポハン製鉄は出来上がったのです。第一に日本に裏切られ!二番目に大韓民国に裏切られました! ポハン製鉄はそのカネを全部持って行ってしまいました!三番目にはポハン製鉄に裏切られたのです!」

今、ポスコは世界有数の製鉄会社になりました。この日、ヨさん達は会社の幹部に面会を求めました。植民地支配の被害者を救う基金の為に資金を出してくれるよう要望書を提出するためです。面会はおよそ1時間半に及びました。

ポスコ側は、会社の法的責任はないが、趣旨は分かる。政府が問題解決に向けて方策を立てるなら、一個の企業として協力したいと応じました

517

「韓国政府と企業が被害者問題の解決に乗り出すとなったら、日本の政府や企業も法的責任を超えて、道義的責任・歴史的責任というレベルでこの問題に賛同して欲しいと思います。」

518

今、韓国では日韓条約に対する見直しの機運が高まっています。韓国政府は真相糾明委員会の調査を開始し、日韓条約に関する残りの文書も8月15日までに公開するとしています。

60年間放置されてきた植民地被害者への救済の動きはまだ始まったばかりです。

519

1965年6月22日、日韓条約が調印されました。

植民地支配のきっかけとなった韓国併合条約などについては、韓国側にとっては最初から無効。日本側にとっては今は無効

520

どちらとも解釈できる"もはや無効"という表現になりました。

個人補償については、両国及びその国民の間の請求権に関する問題は"完全かつ最終的に解決された"と記されました。

調印後、日韓両国は国民に対し、それぞれ異なる説明をしました。

日本政府は5億ドルは韓国独立の祝い金であり、経済協力という意味で支払ったと説明しました。

韓国の経済建設に役立つために、日本がこれを享由するものであるという趣旨でございます。」(日本の国会にて)

521

一方、韓国では条約反対の動きが国会でも高まっていました。政府は日本からの資金は謝罪と償いの意味を込め、主に請求権として受け取ったと説明しました。

それでも植民地政策への清算が不十分だという声は収まらず、与党は強行採決を行い、条約を批准しました。

522

キム・ジョンピル氏「あの時はあの時で最善を尽くした結果ですよ。何の事でもそうですよ。いくら良くやってもその後からいくらでもいくらでも粗探しが出来るから。

結果は正常化に繋がった。そしてその正常化は韓国を、極貧国から今日世界第11位のそういう経済国に仕上げた。良いじゃないかと。これからだ!と私はそう思います。そしてみんなそう思って頂きたい。」

柳谷氏「申し上げたいのはね、やっぱり韓国側の方がより大変だったと思いますよ。

本当にさっきも言いましたように、もう『自分達は命がけでやってんだと。これまぁ一見日本に歩み寄って妥結する、軟弱だとか弱腰だとか国内からは酷く言われるけれども、こうやる事がね、やっぱり長期的に見て韓国の国民国家の利益だと信じているからやってるんで。今は非常に不評でありこれから大変なまぁデモにあったりね、攻撃に晒されるけど、まぁやっぱり自分達は信念を持ってやってるん』という事をいながら、まぁ帰国して行かれたのを憶えていますが、、」

523

オ氏対日交渉は外科手術と同じなんです。場合によっては後遺症が出る事もあるし、再手術が必要な事だってあるんです。ですから[E:danger]交渉妥結で全てが終わるのではなく、その後も管理をしっかりしなければならないのです。」(元駐日大使)

14年に亘る交渉を経て、日本と韓国は新たな関係を築き上げていく事になりました。

しかし、植民地支配をめぐる歴史認識の隔たりは大きく、被害者への救済も進んできませんでした

524

条約締結から40年が経った今も二つの国の間には重い課題が横たわっています。以上

NHKのナレーション韓国人の証言には??マークが飛び交いましたが(・・;)、それは置いといて・・・

日韓基本条約締結に向けて、それぞれが国益を背負って信念に従って交渉した、14年に亘る日韓の攻防の様子はまさに外交だと思いました。

キム・ジョンピル氏も言っているように、こういう命がけの外交しても、後で文句言ったり、怒り狂う韓国人・・・

当時の韓国は極貧国で、日本のカネがどうしても欲しかった。日本は早く清算して国交正常化しなければならないという背景があり、お互い当時的には最善だったと思います。

日本がねばって個人補償については、両国及びその国民の間の請求権に関する問題は"完全かつ最終的に解決された"という事で「個人補償の請求権は韓国にある」としたのは勝利。

この一文があるから、昔の事でいくら韓国人が日本に補償を要求しても、一切却下できるようになってますもんね。で、締めくくりのナレーションの部分↓ですが、

植民地支配をめぐる歴史認識の隔たりは大きく、被害者への救済も進んできませんでした条約締結から40年が経った今も二つの国の間には重い課題が横たわっています。

これ、重い課題の原因は全部、韓国国内の問題。

植民地支配と言うけど、久保田発言や韓国高官の証言にあるように、日本は韓国にすごい恩恵を与えていたけど、それを反日政策でイ・スンマンが歪めて国民を洗脳しちゃった・・

韓国政府は、日韓条約の内容を韓国国民に啓蒙し、豊かになったんだから、とっとと個人補償してあげてほしいわ。

最近、慰安婦問題がまーた再燃し始めたので、基本に戻って「日韓条約」締結の過程をこうやって記録しておきたくなった次第です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2014年10月28日06:00「日韓条約 知られざる交渉の内幕」 その4 【NHK】 (再)

その3から続きです(青字はナレーション)(昔のテレビのアナウンサーの声はピンク字)

被害者個人に支払いたいとする日本側と、韓国側は名簿がないので国が一括して受け取りたいと主張し対立したまま膠着する日韓会談の様子。でも・・・両国ともに実は「名簿」があったというオチ・・ (・・;)

の頃、日韓会談の方針について外務省が纏めた機密文書です。第5次会談が始まる直前に書かれた物と見られています。

41

その内容は、「謝罪」や「償い」といった意味の"請求権"ではなく"経済協力"という形の援助を行うというものでした。

-財産請求権問題は、一種の棚上げにする方が適当である。その一方で、日韓会談妥結の為に韓国になんらかの経済協力を行う必要がある。我が国にとっても、「過去の償い」という事ではなしに、韓国の将来の経済に寄与するという趣旨ならば、かかる経済協力を行う意義ありと認められる-

文書には外務省幹部の意見が付け加えられていました。

-無償援助は韓国側請求を全て放棄せしめるのでなければ、国内で支持を得られない-

つまり経済援助によって、韓国側の請求権を帳消しにし、更に工業製品などを送る事で日本の経済成長にも結び付けたいという考えでした。この頃、経済協力方式の取りまとめに奔走したのが、当時、北東アジア課長代理だった柳谷謙介さん、80歳です。

42

柳谷氏「どの辺が落とし処かと、、基本的な立場なり利益は守りながらも相手国の言うにも歩み寄ると。そうやって韓国との関係が良好になる事はとっても長期的な国益だという意識がまぁありましたからね、そうなるとまぁ例えば請求権についてはね、なんか落とし処を具体的に定めなきゃなんないという事で私も随分ペーパーを書かされた思い出がありますけれども、やっぱりねぇ、あのー、今でも私はそう思ってますけど、あのような解決ねっ、経済協力という解決の他にですねぇ、別の選択肢が本当にあったのかどうかというと、なかったという気がするんですね。」

会談の席上、韓国側は「請求権」の内容を具体的に提示しました。

韓国側の発言韓国側は生存者・負傷者・死亡者・行方不明者、そして軍人・軍属を含む徴用された人々全てに対する補償を要求する。」

これに対する日本側の反応は、韓国側にとって意外なものでした。

日本側の発言「日本側も韓国人被害者、そしてその遺族に対して可能な限り措置を講じようと思う。韓国側は被害者の具体的な調査をする容易はあるか? これらの人々の名簿があれば速やかに解決できるはずだ。」

韓国側の発言若干の資料はあるが、不完全だ。これから調査する事は困難である。特に軍人・軍属については日本側が全て資料を焼き捨てたではないか。多くの人が徴用された事だけは事実であり疑う余地がない。その数は[E:danger]様々な資料に基づいて調査したが名簿はない。」

日本側は証拠の提示を繰り返し求めました。

日本側の発言徴用者の中には負傷者もいるし、死亡者もいる。また負傷者にも原因や程度に違いがある。これらの事実が全然分からないままカネを払うわけにはいかない。まず、被害者個人の具体的な申告があってから支払うのが妥当ではないか。 」

韓国側の発言韓国側は国として補償を請求しているのだ。被害者個人に対しての支払いは韓国政府の手で行いたい。」

会談では、被害者個人に支払いたいとする日本側に対し、韓国側は名簿がないので国が一括して受け取りたいと主張しました。

当時、韓国外務部に入ったばかりだったキム・テジさん、70歳です。キムさんはこの会談の下準備に当たっていました。

43

キム氏「証拠について言うなら、当然日本がたくさん持っていたはずですが、それを示そうとしませんでした。つまり、日本側も被害者個人ではなく、韓国政府に一括してカネを支払うという方法しか選択がなかったのです。日本側は交渉の過程ではあのように話していましたが、実際に我々がそれを受け入れると思って話していたとは思えません。」(元駐日大使)

柳谷氏資料は実際上消滅してしまっているという事がはっきりしていたから、お互い口には出さないけれども、これで対立している限り、いつまで経っても解決しないなと。何か別の解決法を探さなきゃなんないなという気持ちになっていた頃ですからね、それはやがてその経済協力という形になっていくわけですけれども、、」(当時の北東アジア課長代理)

44

第5次会談で、名簿の有無が話し合われてから30年後、日本で詳しい個人資料が見つかりました。これは戦後間もなく厚生省がまとめた物です。

この名簿が見つかったのは1990年、来日したノ・テウ大統領は日本政府に強制連行者の資料の提示を求めました。これを受けて労働省が調査した結果、6万7000人分の名簿が発見されました。

45

ここには朝鮮半島から来た労働者1人1人について、氏名・生年月日・本籍地・職種・入所年・退所年・退所理由・未払いになっている賃金・厚生年金など多くの項目が記されていました。

日韓会談で、日本が無いと主張していた名簿は存在していました。その後、資料発掘の機運が高まり、民間でもいくつか当時の名簿が見つかりました。その1つが駒澤大学図書館に保管されています。

46

この名簿にも未払い賃金や貯金・厚生年金などの額が詳細に記されています。朝鮮半島から来た労働者の未払い賃金などを示すこうした資料はまだ公開されないまま全国にあると言われています。また、同じ1990年、韓国にも名簿のある事が確認されました。

47

倭政時・被徴用者名簿   第5次会談が始まる前の1957年、韓国政府が帰還者や遺族から聞き取り調査を行って纏めた28万人に及ぶ資料です。日韓会談当時、韓国にも被害調査の痕跡があった事が分かります。しかし、会談の場に提出される事はありませんでした

2005年6月3日、日韓会談の重大な鍵を握る人物が来日しました。韓国首相を務めたキム・ジョンピルさんです。国交正常から40年、日本の新聞社の招きで講演を行いました。

キム氏韓日国交化を主導したバク・チョンヒ大統領と私は、韓国が経済発展に成功し、軍事的・外交的にも自立自主できるする国に成長する事が、対等且つ生産的な韓日関係を持続させる鍵であると考えました。」(元首相)(流暢な日本語)

「軍部のクーデターは5月16日突如、ソウルに向かって進撃を開始、、」

4_2

1961年、韓国で軍部によるクーデターが起きました。政権を掌握したのが後のパク・チョンヒ大統領でした。

48

パク大統領は日本との国交回復に積極的でした。韓国経済を立て直すためには日本からの資金と技術が欠かせないと考えていたからです。

この時、パク大統領が会談妥結に向けて送り込んだのが、当時の№2キム・ジョンピル中央情報部長でした。

キム・ジョンピルさんがNHKの取材に答えました。この40年間、日韓会談の内幕について語る事はほとんどありませんでした。戦前、日本で教育を受けたキム・ジョンピルさんは自らの思いを直接伝えたいと日本語で語りました

49

キム・ジョンピル氏「・・・いや、毎年来ますよ。今年の正月はソウルが寒かったから。

お互いに言葉尻を捉まえては、それでなんか言い合って会談を中止したり、まぁ時間が経てばまた集まって話をするような振りをするけど、内容、何にも無い。こういう事を繰り返しながら10年を費やしたんですよね。

だからいざ会談を纏める為には誰か犠牲的な事をして、門を閉ざされているその門を開いてやらなければいけない。これが朴大統領の考えであり、そして私に『君、我々は革命もした。その気迫で人が出来ない事をやろうじゃないか。韓国の近代化の為には、工業化の為には、これは必ず打ち開かなきゃならない道なんだから、どうだ、やるか』『はい、やりましょう』それで始めたんです。」

1962年、第6次会談は"請求権"をめぐって膠着状態が続いていました。前回の第5次会談で、日本が韓国になんらかのカネを支払う事については大筋の合意が得られていました。残された課題はその"額"と支払いの"名目"でした。

韓国側は日本に対する"請求権"として7億ドルを要求していました。

それに対する日本側の回答は、7千万ドル。両者の隔たりは明らかでした。

410

第6次会談の前から、アメリカは日韓会談の仲介に乗り出していました。訪米した池田首相に対し、ケネディー大統領は早期決着を求めていました。更に金額についても具体的な提案を行っていました。

韓国が提示した7億ドル、そして日本が提示した7千万ドルの丁度半分、3億8500万ドルで妥結してはどうかと提案しています。

ベンジャミン・フレック「アメリカは日韓会談の早期解決を本気で望んでいました。というのも当時はキューバのミサイル問題が深刻でケネディー政権は日本と韓国の対立といった問題に時間を取られたくはなかったのです。日韓会談が解決すれば、東西冷戦やキューバ危機といった他の問題を考える時間に費やす事が出来ますから。」(当時の駐韓大使館書記官)

日韓会談の決着は両国首脳による政治折衝に持ち込まれる事になりました。そこで登場したのがキム・ジョンピルさんでした。

日本側を代表したのは後の首相・大平正芳外務大臣でした。この時、キム・ジョンピルさんはパク大統領からの特命をおびていました。

411

キム・ジョンピル氏「まっ韓国としては、当時100億ドル貰っても少ないと言うでしょうねぇ。それで私はお尋ねしたんですよ、『大統領はどれ位をお考えですか?』と。『8億ドル位貰って来い』私はちょっとビックリしました。

当時日本は、私が当時知っておった日本の外貨保有高は14億ドル位。それは数字の上で。実質的にはその半分位持っておったらしいですね。難しいでしょう。しかし、やはり、、」

会談は冒頭から核心に迫る議論が交わされました。

412

キム・ジョンピル氏「日本はどの位支払う事が出来るのか?最終的な数字を言ってくれ。」

大平氏「大体、3億ドルである。」

キム・ジョンピル氏「それは韓国側としては到底受け入れられない数字だ。どのような事があっても6億ドルは超えなければならない。」

キム・ジョンピル氏「もう1つの問題は"名目"だ。日本側としては国民と国会向けに"独立祝賀金"あるいは"経済援助"などと表現出来ればよいが。」

キム・ジョンピル氏「日本の事情はそうだろうが、我々は"請求権"という名目であっても逆賊扱いされる状況なのだ。」

大平氏氏「しかし、我々が"請求権"という名目を使用すれば7000万ドルを支払うのも難しい。」

キム・ジョンピル氏「この問題は難しい。この話は止めてちょっと棚上げしよう。」

キム・ジョンピル氏(現在)「それで暫く経って私はこういう事を言った。『それも今やっているのを見ると無理でしょうね』どういう事かと。 『今、会談始めて2時間以上経っているのにコーヒー一杯くれないケチな国だから、(笑)それはもう出せないでしょう』 と僕はね、ちょっと皮肉ったらね、これはシマッタ!というので、コーヒーを持ってこさせたりしましたねぇ。だから会談が始まって2時間半位経った時に、コーヒー一杯貰いましたよ。

それからちょっと弾んで、『無償もちょっと増やし、出しましょうと言ってください』と。だから無償はまぁ2億ドル・有償2億位上がったんですよ。それで私に言えというから、『じゃあ言いましょう。これはもう最終的な韓国側の要求。そういうように受け取ってくれ。無償3億・有償2億そして輸出金あるいは民間借款協力、こういう性質のものを1億+α。』 とにかく私はもう8億ドルに作ろうというんで、そういう事をゆうたんです。

そしたら椅子から飛び上がりましたよ。(大平さんが?) おっ、『とんでもない』と。『私はそういう事出来ません』と。『いやできますよ。』、、」

413

この時の会談について一枚のメモが残されています。キム・大平メモと呼ばれるこのメモには日本が支払う合計金額が書き込まれています。

無償援助3億ドル・有償援助2億ドル

しかしこのメモには合意した金額だけが書かれ、"請求権"なのか"経済協力"なのか交渉の焦点だった支払いの名目については一切触れられていませんでした

キム・ジョンピル氏「『私は国民を代理して請求権と言いますよ。そして『国会に報告も、国会を通して国民に報告も、請求権をこういう風に合意を導出したこう言うはずです。だったら都合の良いように国会で国民に説明されたらいいですよ。どうせ請求権で始まった事ですから。』こう言ったんですね。」(つづく)


"名簿"(個人資料)の件ですが、日本側の物は詳細に記入してありました(・・;)

朝鮮人曰く、「強制連行という酷い仕打ちをされた」ハズなのに、氏名・生年月日・本籍地・職種・入所年・退所年・退所理由・未払いになっている賃金・厚生年金・・・

あと「会社で貯金をもしてくれていた」「怪我を理由に帰国した」という被徴用者の証言もあるし、結構厚遇されていたのね!と思いました。

韓国人って、強制連行の意味、間違って理解してない?!

このシリーズ最後の記事は、14年に亘る交渉を経て1965年6月22日、日韓条約が調印されるまでの最終戦と、個人補償をめぐって日本企業を訴え続けてきた人達が、

2005年の文書公開で個人補償の請求権は韓国にある事が分かり、ポスコに抗議に至る場面などなどです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2014年10月26日06:00「日韓条約 知られざる交渉の内幕」 その3 【NHK】 (再)

その2から続きです。(青字はナレーション)(昔のテレビのアナウンサーの声はピンク字)

韓国人の各証言がたくさん出てきますが、ちょっと変。元慰安婦という李玉善(イ・オクソン)さんの証言も、かなり変。

゚クさんが配属されたのは長崎県大村の海軍航空隊の整備場でした。

31 32

日々激しさを増す空襲の下で戦闘機の整備にあたっていました。

パク氏「(つらい体験をされましたか?) 何度も死ぬ思いをしました。空襲の時に爆弾が落ちて爆音で耳をやられました。今でも耳鳴りが続いています。(爆音で耳鳴りがするようになりそれで悪化して片耳は聞こえなくなったのですね?) はい。 」

パクさんのように自ら徴用に応じた場合でも、当時の社会状況では断れなかったとみなされ被害者として認定される予定です。

「もう忘れてもいいほどの年月が経ったけれど、辛かった思い出だけは忘れられません。」

33 34

老人「この国の運命だったと思います。昔から日本に何度も侵略されてきたのだから、国の運命だったと思うしかありませんね。」

被害者のほとんどは補償もないまま60年間放置されてきました。調査員が訪れるのを待ち構えるようにして自らの被害体験を語ります。

「韓国人を日本軍に入れようとみんな連れて行かれたんだ。」

申請をした人は現在までに16万人。被害者の大半は80歳を越えています。調査は時間との戦いです。真相糾明委員会の活動の中で調査が難航しているのは、慰安婦の問題です。聞き取り調査もあまり進んでいません。

35 36

韓国で慰安婦の存在が公に知られるようになったのは1980年代後半の事です。今尚、社会の偏見が残っています。

パク・ジュンエ氏「今も尚、自分の経験を恥ずかしい過去だと考えて口に出せない人が大勢います。また、勇気を出して証言するにも辛い記憶を思い出す事になるわけですから、被害の内容を本人の口から聞き出すのは非常に難しいのです。」(慰安婦調査担当)

37

戦時中、日本軍の関与により、朝鮮の女性たちが戦地で慰安婦として働いていました日韓会談の中では被害者の対象となりませんでした

イ・オクソンさん、78歳。現在までに真相糾明委員会が確認している元慰安婦の生存者129人の内の1人です。

釜山で生まれたオクソンさんは、15歳の時、日本人と朝鮮人の二人組に捉えられ中国吉林省に連れて行かれたと言います。

38 39

イ氏11歳以上の子が連れて行かれました。私がいた所では14歳が一番下で17歳が一番上でした。一日に40~50人の兵隊の相手をしろと言われました。言う事を聞かないと殴られ軍刀で刺されました

310

毎日この傷を見ているから日本人のした事が忘れられない。」

2月から始まった真相糾明委員会の調査では11人が新たに名乗り出ました。しかし、その内の2人は家族に迷惑がかかると申請を取り下げています。

パク・ジュンエ氏これまでは彼女たちを連れて行った人間や業者についての調査はされてきませんでした。しかし、調査の範囲を広げていけば慰安婦に関する真相究明にも新たな可能性が出てくると思います。そして、自分の過去を口に出来ない人々にも話すきっかけを与えられるのではないかと思っています。」

1953年、久保田発言をきっかけに日韓会談は決裂していました。

「会談は初めから緊張の内に続けられましたが、久保田発言を巡って紛糾し、10/21日の大師本会議の席上、遂に決裂。この問題は暗礁に乗り上げました。」

311

韓国側は李ラインでの取り締まりを強化。この年だけで47隻585人が拿捕され、韓国に連行されました。

一方、日本政府も朝鮮戦争の避難民や日本が強制退去処分にした在日韓国・朝鮮人を長崎県の大村収容所に収容していきました。

日韓の亀裂は深まっていました。この事態にアメリカ・アイゼンハワー政権は再三に亘って交渉の再開を促しました。

日本には久保田発言の撤回を、韓国には李ラインの廃止を要請しました。

312

ベンジャミン・フレック氏「当時アメリカは、共産主義と戦うために出来るだけ多くの同盟を得たかったのです。東アジア地域で日本と韓国が対立している事は共産圏に対抗するための防共ラインの構築を目指していたアメリカにとって決して好ましいことではないのです。」(当時の駐韓大使館 書記官)

先に譲歩したのは日本側でした。久保田発言と対韓請求権を撤回し、4年半に亘って中断されたいた交渉が再開されました。しかし、その最中、韓国で政変が起きました。

(NHKニュース) 50万人のデモ 李政権を倒す

313 314

「韓国全土に広がった反政府デモは遂にリショウバン政権を倒しました。」

1960年4月、大統領選挙の不正を糾弾する民衆の声は次第に高まり、大規模なデモに発展しました。4/19日には、デモ隊が大統領官邸に押し寄せ、警官隊と衝突。200人近くが死亡する惨事となりました。

日本に対して強行な姿勢を取ってきたイ・スンマン大統領は辞任を余儀なくされました

決裂と再開が繰り返された日韓会談は8年が過ぎても具体的な進展は見られませんでした。しかし、このあと、会談は急速に展開していくことになります。

2005年1月、日韓条約を結ぶ最終段階の記録文書が初めて公開されました。

315

第6次第7次の会談の議事録と韓国政府内の機密文書です。会談は被害者への個人補償をどちらの国がどのように行うのかを中心に話し合われました。

「日本は過去の歴史を反省し、被害者に補償せよー!」

316

今、韓国では日韓条約の見直しを求めるデモが相次いでいます。植民地支配の被害者にとって、個人補償の問題は今に至るまで解決されていないという主張です。

韓国政府は、このような人達の声に答えて文書の公開に踏み切りました。

317

キム・ウォンジン課長「公開によって日韓条約に足りない部分がある事が発見されれば、[E:danger]その足りない部分を参考にして、日韓両国の望ましい関係を築き上げる為にどうすれば良いか。両国で真剣に考え直すきっかけになると思ったのです。」(外交通商部 東北アジア課)

文書の公開を中心となって求めてきたのは韓国人犠牲者遺族会です。これまでいくつもの戦後補償裁判を起こして来ましたが、日韓条約が壁となってきたからです。

318

キム・キョンソク会長韓日協定で全て終わったと裁判の度に日本側は主張します。何がどのように終わったんでしょうか。私達はもどかしい。なぜ終わったのか、実情はどうなっているのかどうしても知りたかったのです。」(太平洋戦争韓国人犠牲者遺族会)

遺族会会長のキム・キョンソクさんは、79歳。1990年代の初めから一貫して日韓条約の壁と戦ってきました

キムさんが住むチュンチョン市には、キムさんが自費で建てた無縁仏の納骨堂があります。キムさんの兄も強制連行で北海道の炭鉱に連れていかれ、その地で亡くなったと言います。戦後、キムさんは、兄の遺骨を探し続けましたが未だに見つかっていません。この納骨堂はその旅の過程で出会った無縁仏を供養するために建てられました。

キム氏「兄の骨は死ぬまで探し続けます。遺骨を探し出して立派なお墓を建てなさいというのが母の遺言でしたから、必ず見つけ出したいのです。ここにまだ日本名のままの人がいます。遺族がまだ見つかっていない遺骨です。とても残念で悔しいことです。」

キムさんが日本の鉄鋼会社に徴用されたのは16歳の時でした。

「火入れ式を済ませた川崎工場の第5溶鉱炉から4/6日初めて・・・」

キムさんが働いていたのはこの鉄鋼工場です。その頃日本は戦争遂行の為に鉄鋼生産を拡大していました。ここでキムさんは[E:danger]社員の暴行を受け、右腕に大きな怪我をしました。キムさんはその怪我が元で帰国。戦後も右腕に運動障害の後遺症が残りました。北海道の炭鉱に徴用された兄は亡くなっていた事が分かりました。

1991年、キムさんは日本企業相手に初めての裁判を起こしました。長い間、[E:danger]強制連行についての謝罪も、障害を負わせた事に対する損害賠償も全く無かった事への怒りをぶつけたのです。

キム氏「もちろん私達も裁判で負けています。しかし私達は100年裁判で戦うつもりです。私が死んだら子供が。子供が死んだら孫達が戦いを続けていくでしょう。」

319

植民地支配の被害者達は、次々と日本政府や企業を相手に謝罪や補償を求める裁判を起こしました。韓国に関る戦後補償裁判は現在30件以上。その多くが日韓条約を理由に訴えを退けられています日韓条約の一文です。

両国及びその国民の請求権に関する問題は、完全かつ最終的に解決されたこの一文が原告たちの訴えを退けて来ました。

そうした一連の裁判の中に具体的な証拠に基づいて未払い賃金の返還を求めた訴訟があります。

原告の1人、ヨ・ウンテクさんです。ヨさんは1943年、大阪の製鉄所に徴用されましたが、給料のほとんどは貯金の名目で会社側が預かっていました

ヨ氏「私達は補償をくれと言っているのではなく、貰えなかった労賃をくれ言っているんだよ。未払い金。当然、未払い金を、私の財産なんだよ。貯金して預けておいたお金なんだ。預けておいたお金を何故渡してくれないんだよ! 私が貯金したのに。そうじゃないですか。」

徴用されていた2年間で差し引かれた金額が記された書類です。495円52銭。この資料があってもヨさんの訴えは日韓条約を理由に棄却されたのです。

ヨ氏「あん時もう食料が足らなくて1/3も足らない食料を、、骨みたいに痩せて汗水流しながら一生懸命働いてこういう風に、その月々その2年間集めて貯金したのです。この金額この金を韓国にやったとして(返して)くれないの。65年に日韓条約に、、」(日本語)

これまでに、4件の裁判が和解し、見舞金などの名目のお金が支払われました。しかし、日韓条約という法的な壁を乗り越えたわけではありません。

「華やかな反映の道を辿ってきた日本の経済は、膨れ上がる一方でした。」

日韓会談は新たな段階を迎えていました。1960年、池田内閣が誕生した日本では、所得倍増計画が打ち出されました。池田内閣は日韓会談に積極的な姿勢で臨みました。

小坂善太郎外務大臣が韓国を公式親善訪問し、植民地支配について初めて遺憾を表明しました。

「小坂外務大臣は日韓両国の友好を望む声明を読み上げました。」

李承晩大統領が退陣した韓国政府にも日韓会談への態度に変化が見られ始めました。チャンミョン首相は交渉の早期再開に意欲を見せました。

320

「対日問題について過去の事は水に流して現実的な外交政策をとり、国交を正常にするため全力を尽くすと語りました。日韓関係の見通しは一段と明るさを加えました。」

1961年、第5次会談が開かれました。この会談では植民地支配の被害者に対する補償が本格的に話し合われる事になりました。韓国側は、謝罪や償いの意味を込めた"請求権"という形で補償を要求しました。

しかし、植民地支配は合法だとする日本側は"請求権"は受け入れられないという立場でした。(つづく)

あらゆる裁判で"日韓条約の壁"かぁ~昔の外交は良い仕事してましたねぇ(☆。☆) !!

韓国人の証言をいちいちツッコミませんが・・・やっぱヘンですよねっ。

イ・オクソンの証言の詳細と変遷はコチラのサイト

あと、一日に40~50人相手って・・・常識では考えられまへん。次は、"請求権"をめぐる攻防です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく