藤村修

2012年04月13日21:46北朝鮮ミサイル発射で、日本政府の対応に振り回されたとある県庁のドタバタ 【TSKスーパーニュース】

北朝鮮のミサイル打ち上げで、日本政府の対応の拙さが各方面に波紋を広げています。

Jアラート使われず、「発射」の発表まで約40分。

★韓国では8時過ぎ発表。なのに日本政府は「発射を確認していない」と危機管理・情報伝達に問題あり

まっ、そのあたりは明日以降のワイドショーを追いかけますが、夕方のTSK山陰中央テレビ【スーパーニュース】(ローカル)で、島根県庁の政府に振り回された様子をやっていたので記録しました(青字はナレーション)

36df8acf.jpg
アナ「ミサイル打ち上げ失敗も危機管理に新たな課題です。北朝鮮が打ち上げを予告していた長距離弾道ミサイルが今朝発射されました。」

女子アナ「打ち上げは失敗に終わり、日本国内に影響はありませんでしたが、政府の対応に、警戒していた山陰両県では戸惑いも見られました。」

レポーター「えー、北朝鮮からミサイルが発射された模様です。職員の動きが慌ただしくなっています。」

e088420c.jpg 300e52b8.jpg
今日、午前8時の島根県庁。ミサイル発射の一報を受け、緊張感が走ります。

しかし、その後ミサイルは打ち上げに失敗、韓国の西側の海上に落下した事が確認されました。

044722ff.jpg a14a4c5c.jpg

日本国内に影響をもたらす事のなかった今回のミサイル発射。しかし、島根県庁では政府の対応の遅れが混乱を招いていました

職員あっ?! 発射された模様? 」

16531021.jpg 84e441b9.jpg

テレビを見て動き出す職員たちミサイル発射の一報はテレビニュースでした。国から緊急連絡メールが届きますが・・

我が国としては発射を確認していません・・・という内容です。」

9f785415.jpg 4c441471.jpg

しかし、実際にこの時既にミサイルは発射され、海上に落下していました。

レポーター「北朝鮮がミサイルを発射し、まもなく洋上に落下、打ち上げは失敗だったという報道が出ていますが、国からの連絡は未だ届いていません。」

ミサイルが発射されれば通知が来るはずのJ-ALERT(Jアラート)と呼ばれる、国からの緊急連絡システムも反応はありません。

9f45004d.jpg 503f807b.jpg

国がミサイルが発射されたと島根県に伝えたのは実際の発射から57分後でした。情報提供が遅れた事に関し、藤村官房長官は・・

藤村官房長官「誤情報もありうるという事での、もうひとつの手段でのあらゆる確認を続けていたという状況ではありました。」「少し検証は必要かとは思います。」

と弁明しましたが、県の危機管理会議では・・

de32dc34.jpg f7b731f1.jpg
県・防災担当者7時50分頃でしたが、テレビの報道が最初にありました。」

国への皮肉をこめてか、県の覚知は「テレビ報道」と記録されました。

bf69591a.jpg ab62f601.jpg

危機管理監「情報をどれだけの確度を得た時に発表を、それぞれの機関として発表なさるのかという事が関係して来ているんだろうと推測をしておりますので、国の方も当然検証なさるんだろうと思っております。」

国境を超えた危機管理。自治体の情報収集は国に頼らざるを得ない場面も多くなります。国の危機管理能力が山陰地域の危機管理にも直結している事を感じされました。以上

一刻を争うこの事案で、素早い情報発信こそが重要なのに、藤村官房長官の発言はおかしいと思います。57分後って、あんまりだわ・・・ビックリ

TBSのニュースでは、防衛省関係者が「7時40分の一報を受け、J-アラートは発信されるという認識だった」と話し、政府の認識と大きく食い違っており、政府の危機管理能力の欠如を浮き彫りにした。と報じていました。

d7c00bef.jpg

確実に政府の判断ミスだと思うけど、その辺は明日以降の話~。

まっ、今回の北朝鮮ミサイル発射で、またまたまた・・・民主党政権の危機管理能力に大きな疑問符がついたのは間違いない。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年04月10日11:18友愛外交をイランが利用? 「完全に捏造だ」と怒りの鳩山氏 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】の8時またぎで、

「鳩山由紀夫氏の怒りの緊急会見」をやっていたので、VTR部分のみ記録しました(青字はナレーション)

国民の期待に反し、無事に帰国しちゃった。。。

昨日午後、訪問していたイランから帰国した鳩山元総理。硬い表情のまま、記者からの問いかけに何も答えなかった鳩山氏。帰国直後、怒りをあらわにした緊急会見を開きました。

15330fe6.jpg

鳩山氏これは完全に、えー、作られたいわゆる捏造記事であって、その事は大変遺憾に思っています。」

647c0639.jpg 05eb237d.jpg

核開発の放棄と国際社会への協調を呼びかける考えで6日から9日までイランを訪問していた鳩山氏。捏造記事と語る問題は9日、アハマディネジャド大統領と会談した際の、イラン側の報道にありました。

fc504e99.jpg 97a87d30.jpg

イラン国営の「プレステレビ」は、鳩山氏がアハマディネジャド大統領に 「IAEAはイランを含む特定の国に対し、二重基準的な対応をしていて不公平だ」と述べたと伝えたのです。

e69d67f7.jpg 3b57db33.jpg

核兵器の開発疑惑が持たれているイランで、原子力の平和利用を促進する国際原子力機関IAEAを批判したかのように報道された鳩山氏。

鳩山氏「イランの大統領府からどういう経緯で出てきたのかという事にもよろうかと思っております。当然遺憾でございますので我々としてどういう形になるか分かりませんが、何らかの形でこういう発言をしていないという事は先方に伝えたいと思います。」

会見でイラン大統領府の発表に基づく報道を強く否定した鳩山氏。

欧米経済の制裁が強まる中でのイラン訪問は出発前から国会でも批判が出ていました。

245819f1.jpg 8f48127f.jpg

(国会での山本一太議員と玄葉大臣・野田総理とのやりとり 略)

しかし、コミュニケーションがうまく行かなかったのか、鳩山氏はイラン訪問を決行、そして9日のアハマディネジャド大統領との会談となったのです。

58182624.jpg

鳩山氏「野田総理大臣も、私に電話を頂戴致しましたが、その中ではやはり時期が時期だけに慎重に発言はして頂きたいという事でございました。政府の考えているその線に沿って、それを逸脱するとかそういうような発言は一切しておりません。」

この問題に、野党議員からは・・・

e0c6809c.jpg 3ad62239.jpg

茂木氏「それほど外交がお上手でない方が、しかも総理を経験しているといったら、確実に利用されると向こう側に。分かってながら案の定そういう事になったという事だと私は思ってます。」

安倍氏「イランにのこのこ行ってですね、もうハトがカモ状態になってます。このように利用されるってのは最初から分かりきった事じゃありませんか。」
そして、藤村官房長官は・・・
e26aad57.jpg

藤村官房長官「例え個人の立場であっても、まっ今、こういう時期に訪問されないほうが良いということはずっと言い続けたという事でありました。政府として何かこれに対してコメントすることはありません。」
周囲の反対を押し切って進めた鳩山氏の「議員外交」に批判が広がっています。以上

与野党だけじゃなくて、アメリカも止めてくれと言ってたのに、案の定、飛んで火に入る夏の虫でした。

帰国後のこういうポッポの釈明会見、私でさえ想像できましたよ。

コレ、既に世界中に発信されているから、ポッポがいくら弁解してももう取り返しがつかない。

そもそもこんなんは、イラン訪問前から分かりきった事で、それを阻止できなかった民主党に全責任があります。

沖縄だけじゃなく、世界を巻き込んでのギャグ、ホントいい加減にしてくださいっ

スタジオでコメンテーターたちも口を揃えて言ってたけど、この件を踏まえて野田総理はこの外交担当最高顧問をクビにするべきですね。早く辞めさせないと、まだまだやりそう~

《鳩山氏と小沢氏の安全保障観とルーピー賞 【新報道2001】》 より

001鳩山元総理 

『首相時代に温家宝首相との間でホットラインを作った。

菅首相にも引き継がれているはず』

『私だったら、直後に温首相と腹を割って話し合えた

「総理大臣を経験した者は政界に影響力を残すべきでない」by由紀夫 ・・思い出せ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年03月14日22:02東日本大震災一周年追悼式典【台湾冷遇問題】、藤村官房長官の呆れた答弁 (世耕議員質問)

政府主催の東日本大震災追悼式典での台湾への非礼問題

12日の参議院予算委員会で総理と官房長官が謝罪し、一応一段落したと思ったら↓

13日の記者会見で、藤村官房長官が「事務的レベルの問題はなかった」と明言↓

そこで、今日、急遽、世耕議員がそのあたりを追求する事に。

残念ながらNHK中継されなかったので、動画より文字起こししました。

信じられないほどあからさまに、藤村官房長官の発言が徐々に変わっていきます(・・;)

【ニコニコ動画】03.14 参議院予算委員会 世耕弘成議員(自民)怒りの質問

cd0d2392.png

世耕議員「台湾との関係は重大な安保上の問題ですので、関連して質問させて頂き
ます。一昨日の予算委員会で私が、東日本大震災一周年の追悼式で、台湾の代表が2階席に座らされ、指名献花もなかった事について指摘したところ、総理も官房長官もお詫びを表明されました

この場に居た全員がお詫びをされたと認識していると思います。委員長からも異例の政府に関する注意喚起のお言葉がありました。

私の所には後で『よく指摘してくれた』『よくお詫びをさせてくれた』とのメール・電話が多数来ています。

総理と官房長官が、政府を代表してテレビ中継入りの予算委員会でお詫びされた事で、あんなに支援してくれた台湾への失礼な待遇を少しでも埋めあわせる事が出来たというのが国民共通の思いだと私は思っています。

しかし、昨日の記者会見で、官房長官は『問題なかった』と発言したと報道されています。

国会で答弁された事と、会見で発言されている事が食い違っています。どういう事でしょうか。」

1098b83f.png

藤村官房長官「あのー、もう一度ちょっときちんと言い直します。『東日本大震災に際し、台湾からは約200億円の義捐金の提供が為された他、緊急支援物資の提供、緊急援助隊の派遣など、心温まる、破格の支援を頂いており、我が国として深く感謝しているところであります。

えー、ご指摘の式典における台湾からの出席者については、まっ非政府間の実務関係として日台関係を維持するとの、我が国の立場を踏まえ、駐日タイペイ経済文化代表事務所関係者を、民間関係者として招待しており、同出席者を台湾に対する言及が為される事なく通常の形で献花を行ったもの』でありました。

で、私はまぁ、その先日の委員会においてはその点についても、あのー、まずよく、あのー、事前に説明を受けてなかったという点について、マネージメントの点など、不行き届きがあったと、この点でお詫びを致しました。

で、更に、えー、今述べましたように、台湾による多大な支援に鑑みれば、これは、台湾代表者による献花の際に、台湾に対する言及がなかった事というのは、これは当然もう少し配慮があって然るべきであったと。

世耕議員からもご指摘を頂き、委員長からも注意を頂いたところでありまして、その点で、この点につきまして、私は改めて台湾の皆様に感謝を表しながら、その配慮が足りなかった点についてはお詫びを申し上げたいと思います

まっ、昨日の記者会見では、ただいま述べたような趣旨を述べたところでありまして、事前の事務的な調整に基づく対応に、問題があったかと言うと、それはなかったと、まっ、そういう風に答えたところでありました。」(議場、ざわめき)

世耕議員事務的に問題がなかったというのはどういう事でしょうか? もう一度ご説明ください。」

藤村官房長官「これはあの、世耕委員にも先日も言って頂きました様に、いわゆる外交の面で、あのー、きちっとするべきところは、これ外務省のその、今日までの40年に亘る日本政府の姿勢ということで、外務省、そして内閣府と、まっ打ち合わせた上での、この取り扱いであったという事で、まっ、この点で何か問題がなかったという風には私は考えております。」(議場、ざわめき)

世耕議員「あの、事務的に問題がないと仰いますけれども

台湾の皆さんへの、感謝の気持ちを表した待遇を工夫出来なかったと言う意味では、私は事務方にも大変な問題があると思いますよ。昨日の記者会見で問題ないと仰ったのは間違ってるんじゃないですか? 」

藤村官房長官「今、世耕議員のご指摘、私、その通りだと思います。あのー、事務方に対して、なんら問題がなかったという事ではない筈だと。やはりこれは配慮をすべきであったということは、今後もこれ、反省材料としてして、この通り指示していきたいと思います。」

世耕議員「官房長官、昨日の記者会見ではですねぇ、『事務レベルの仕切りについて何か問題があったとは思いません』と明言をされ、それを報道されているんです。

じゃあ、会見の発言を取り消されますか?

藤村官房長官「あのー、指名献花が実は行われていたという事ではなかったんです(笑) あのー、本来、指名献花というのは、あの、きちんと国名・職名・氏名を呼ばねばならなかった。ですからまぁ、そういうやや細かいところで、事務方でこういう事にしたいという事を、私は事前にまぁ、直前にしか聞かなかったんですが、まっその事で、それに対して何か事務的に問題があったという事ではなかったと思います。しかし、配慮が足りなかったというのは、もうご指摘の通りだと思います。

私はそういう意味では事務方にも、これ配慮が足りなかったねと、今後こういう事に関しては政務も入れてちゃんと検討すべきであると、このようには指示いたしました。」

世耕議員「あのですね、昨日の記者会見で『事務レベルの仕切りについて、何か問題があったとは思いません』と仰ってるんです。これを撤回しないんですかという事を聞いています。」

藤村官房長官「あの、問題があったという、その言葉の意味でありますが、配慮が足りなかったという事は確かであります。」

d0b1893f.png(中断 速記とまる)

石井委員長「官房長官、明確に答えてください。」

藤村官房長官「あのー,新聞報道で一部しか報道されませんが、、あの、昨日の私の会見はこのように述べました。

『なんらこの事務的に調整されたから全て行き届いたかどうかという事は、また別の話だと思います。これを教訓にして今後の対応をしていきたい』ということであります。こう述べたんです。

ただこの事が報道では『問題なかった』という風に報道されたとしたら、まっ、それは私の言った事とはちょっと違うとは思います。」

世耕議員「これねぇ、事務的に問題があったのかなかったのかと、配慮が足りなかったかどうかは全然違いますよ。これ、大きな問題があったという事だと思いますよ。きちっとこれだけ支援してくれた台湾へちゃんと慮ったきちんとした待遇をしなかった事。そしてそれを事前に官房長官に相談しないで勝手に決めたという事は、重大な事務上の問題だと思われませんか?」

藤村官房長官「あの、誤魔化しじゃなしに、もう一度申します。つまり、報道されたという事と、ちょっと違うと思うんです。つまり『事務的に調整されたから全て行き届いたかという事とはまた別の話だ』とこのように私は記者会見で述べました。

で、『これを教訓にして今後の対応をしていきたい』という事であります。」(中断)

石井委員長「はい、官房長官」

藤村官房長官「先ほど私、答弁で、ちょっと最後の方、少し端折った部分がありますが、 昨日の記者会見でも私から只今述べたような趣旨を申し上げたところであり、事前の事務的な調整に基づく対応に問題がなかったという認識を示したつもりは全くありませんでした。このようにさっき最後の方、ちょっと端折りましたが、この事で問題があったという事でございます。」

世耕議員「問題があったという事は、だから会見で『問題はなかった』と仰った。ここは訂正していただきたい。いや、明らかに言ってますよ『事務レベルの仕切りについて何か問題があったとは思いません』と明確に。これ、私、正確に入手してますから、資料を。」

藤村官房長官「あのー、まっ、会見の、今、別のとこを多分読まれたと思います。あのー、『事務レベルの仕切りについて何か問題があったとは思いませんが』とは確かに述べました

ただ、トータルで考えて、配慮が足りないだとか、まっ、そういう事は事務的にも問題があったという事は、私も事務方にも言ったところで、まっ、それを教訓として今後そういうことはないようにしたいと、このように思いますので、

もし、事務的に問題がなかったという事だけが先行しているのなら、その事はその意図は無かったという事で、そういう風にとられた発言についてはお詫びをしたいと思います。」

世耕氏「あの、長官はこの間お詫びをこの委員会でされた時にはですね、これは知らなかった事をお詫びされたんですか? それとも台湾に失礼な事をされたからお詫びされたんですか? どっちですか?」

藤村官房長官「あの、2つあったと思います。まず1つは、直前までそういう事を知らなかったという事、それから私は配慮に欠けていたというのは、総理と同じ思いでございました。両方に大してのお詫びをしたつもりでありました。」

世耕氏「じゃあ、それをね、事務レベルでとか分ける事自体おかしいんですよ! 結果として台湾に対して失礼な事をしたという事を、もう一度政府を代表してきちっとお詫びしていただきたいと思います。」

411031c6.png

野田総理「あの、今回の大震災の際に、本当に多くの義捐金を送っていただきました。しかも即応という形でございました。その感謝の気持ちはですねぇ、台湾の主要の新聞紙等で謝意の広告を出したり、テレビのCM等で流しているつもりです。

感謝の気持ちはいっぱいあるんですが、追悼式という、それに関連する一つの節目の中でですね、あの、私はやっぱり失礼があったと思います

あのー、例えばいわゆる指名献花でも、ご指名の仕方、ご紹介の仕方はあったと思います。あるいは他の外交団と一緒に1階に入ってきた時に、右往左往されたという報道もありました。

きちっとご案内をしなかった等々含めて、私は心からお詫びを申したいという風に思います。」

世耕氏「そういうお詫びをされている総理にもう一回お伺いしますが、会見で事務的に問題がなかったという趣旨を発言される官房長官をどういう風に思われますか。」

野田総理「あの、真意は、さっき申し上げた通りですが、誤解を招いたとするならば、それは本当に申し訳ないという事でございます。」

世耕議員「これはですねぇ、配慮のレベルではありませんっ。外交上の大失態です。弔問外交という言葉があるくらいですねぇ、ああいう舞台というのは非常に重要な、まさに外交官としての技術が試される場なんです。事務的に問題がなかったという事を、もう一度明確に取り消していただけませんか、官房長官。」

藤村官房長官「あの、もう一度ちょっと、さっきのとこを申しますと、『いわゆる外交団という仕分けは、外務省の方できちっとしたものが、過去伝統的にあるという事でありますので、その事務レベルの仕切りについて何が問題があったという事ではない』と。

ただっ、それ以上に、それ以上に式典の運びについて配慮が足りなかったかどうかというとこれ、問題であり、今後の反省材料としたいと思います。そういう意味ではあの、事務的にも問題があったという事はきちっと認め、お詫びをしたいと思います。」

世耕議員「まっ、会見で仰っているのとは違って、この国会では事務的な責任もお認めになるという事でよろしいですね?」 藤村官房長官「はい、その通りでございます。」

世耕議員官房長官はですねぇ、政府を代表して常にコメントを出される立場なんです。オフィシャルスポークスマンなんです。立場として。そして海外との関係に関わる日々の発言は、ひとつひとつが政府を代表した外交行為なんです。

委員会での答弁と、記者会見での発言と、そしてまた今日の委員会での答弁が、その都度ブレるような官房長官ではですね、政府の仰るスポークスマンを努めてる資格は無いと私は思います。

今回のこの昨日の発言がですよ、真意がどうあったか分かりませんけれども、少なくとも問題なしと、今日、産経新聞の一面トップと日経新聞で報道されてるんです。

世界に伝わってる。台湾にも伝わってるんです。その事を、、反省の弁を言ってください。」

藤村官房長官「えー、委員のご指摘、そして委員長からのご注意も踏まえて、十分に反省し、今後の、、慎重に検討したいと思います。」

80477532.png

世耕氏あれだけの大きな式典を政府の官房長官として、台湾をどういう扱いをしているか、事前に知らなかった

そして私が指摘したら慌てて、この委員会で十分な事実確認もしないまままず謝罪をされた。その次の記者会見では事務的に問題ないと言い

今日、私が指摘したらやはり事務的に問題があった、、

この繰り返しで私は官房長官の資格がないと思いますし、もう(ここに)いなくなりましたけど、田中防衛大臣だって今の(佐藤正久議員への)答弁、酷かった。どこが一体、最強の布陣なんでしょうか。この内閣の閣僚の問題点を指摘して、私の質問を終わらせて頂きます。」以上

野田総理の気持ちはくみ取れたけど、藤村官房長官の「十分反省」という言葉が空しく響くのは、全く心が入ってないからだと思いました。

相当ヤジられてたけど、事務的に『問題はなかった』のか『問題があった』と言いたいのか、さっぱり分からない。

で、自分の真意が伝わらなかったのは、「報道が悪い」って・・(呆)

とにかく、こんなの無礼再び・恥の上塗りですよ。まっ、一言で言って非常識ってことね。

謝罪して一応収めたものを、わざわざ、またまた総理にまで謝罪させて、こんな人、官房長官として相応しくない。初めから、心底謝罪の気持ちがないから、こんな無様なことになるんです。

なんにしても、不手際・不敬は主催した政府の責任。何を言おうが言い逃れ出来ないのっ!

台湾の方達には、重ね重ね申し訳ないと謝りたいです

あと、天皇陛下への不敬行為も合わせて、もう一度反省すべき

野田政権「東日本大震災一周年追悼式典」での不手際・不敬(天皇陛下・台湾)に謝罪  【NHK国会中継】

関連記事

藤村官房長官、天皇の「男系」と「女系」の違い聞かれ答弁に詰まる しどろもどろに

【河村市長南京発言】 藤村官房長官「非戦闘員の殺害、略奪行為あった 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年03月12日18:52野田政権「東日本大震災一周年追悼式典」での不手際・不敬(天皇陛下・台湾)に謝罪  【NHK国会中継】

東日本大震災一周年追悼式典で、

式典を主催した日本政府の不手際、不敬っぷりを世耕議員が指摘していたので記録しました。

石井一委員長がちょっとマトモな事を言ってビックリー

dfbe8ec6.jpg cbbdedc2.jpg

世耕議員「自由民主党の世耕弘成でございます。昨日私も、東日本大震災一周年追悼式典に出席をさせて頂きました。

大手術の後のお体をおしてご出席頂いて、そして非常ーに心のこもったお言葉を述べられた天皇陛下のお姿に大変感動致しましたし、またご遺族3名の方のご挨拶にもですね、非常に心を打たれるものがありました

6ceae5de.jpg 4bc5a5ce.jpg

しかし、その中で私2点ほど『アレッ?!』と思ったことがありますので、総理、実行委員長でいらっしゃいましたので、事実関係をぜひ教えて頂きたい。

まずひとつは、天皇陛下がご入場になる時、ご退場になる時、これ普通ああいう式典ではどこの国でもですね、大統領や国王が出たり入ったりされる時には全員起立して迎えるものですが、場内アナウンスが流れて『着席したままにしてください』と言われた。言われたから私もそうしてましたけども、非常にあの式典としては変な形になったと思いますが、これどういう経緯でそういう風になったんでしょうか?」

a0450758.jpg

藤村官房長官「あの、正直に申しまして、あのー、事務方でずっと詰めてきたものを、昨日直前に私も聞いたところでありました。まっ、そういう意味では私が分からないでは済まないぞと言われましたが(笑) それはお詫びするしかないんで、あの分かりません。」

世耕議員「あの、非常に重要なところをね、事務方に任せきりだというところ、ここにまさに皆さん方の政権の国家観が出ている

世界に恥ずかしいですよ。大統領や国王が入ってきた時、日本で言えば天皇陛下が入ってきた時は立って迎えるのが常識だと思います。これ、非常に昨日の式典で残念な事だった。

もうひとつ、お伺いしたいと思います。あの、献花がありました。そして、外国の、、各国の大使館の献花、そして各国際機関の献花が氏名献花の形で行われました。この献花の中にですね、台湾の代表の方はいらっしゃいませんでしたが、これはご招待されたんですか、されてなかったんでしょうか?」

藤村官房長官「あの、いらっしゃらなかったと思います。」 

fd5a74ae.jpg

世耕議員「違うんですよ。あのねぇ、台湾の、いわゆる文化交流所?ですか、文化代表所の副代表の方が参列をされてたんです。しかし、どこに案内をされたか。

2階席。2階席で、一般の他の日本の企業とか団体と一緒に座らせて、指名献花もさせなかったんです。

台湾は、一番早く救援の手を、あの大震災の時差し伸べて、一番たくさんの義捐金もくれた国じゃないですか。その台湾に対してどうしてそういう失礼な扱いをされるんでしょうか、お答えいただきたいと思います。」

藤村官房長官「いわゆる国と国の関係において、ああして大使らが、多分あの指名献花されたと思います。で、台湾についてはこれは経済交流の機関という風な捉え方だったと思います。」

世耕議員「でもねぇ、あの指名献花の中には、国際機関も入ってるんですよ、OECDだって呼ばれてましたよ。パレスチナも呼ばれてましたよ。

どうして台湾に指名献花を、その一番最後でも良いからさせてあげなかったんですか。官房長官ですらも来てたか来てなかったかも分かんないって仰ってるじゃないですか。どう思われますか、もう一度お答えください。」

藤村官房長官「あのー、台湾が大変なたくさんの義捐金を頂いてると、まっこの事を私本当に深く感謝しているところでございます。まっその事について、えーー、十分にマネジメントできてなかったということについてはお詫びしたいと思います。」

世耕議員「これ、誰が、誰が台湾をそこに座らせると判断されたんですか。指名献花させないと判断されたんですか、お答えください。」

357d658f.jpg 337612d7.jpg

藤村官房長官「あのーー、まっ、事務方で全て、ある意味じゃ、お膳立てをしたという事でありますが、まっ、台湾に関するわが国の基本的立場は72年の共同声明にある点であり、それはなんら変更ないと、非政府間の実務関係者としてのお招きだったように思います。」

世耕議員一番、支援をしてくれた国に対して対応を事務方に任せている。外交上、難しい面があるのは私もよく分かりますよ。

だけども、こういう時はそれを超えて台湾の友情に答えるべきじゃないですか。

私もこの場で一人の日本人として、台湾の皆さんに昨日の我が国の振る舞いについてお詫びをしたいと思います。野田総理、お詫びをしてください。国を代表して、お願いします。」

89a292b8.jpg

野田総理「今般の東日本大震災の中で、本当に台湾の皆様には暖かいご支援を頂きました。そのお気持ちを、もしかすると傷つけるような事があったら、これは本当に申し訳ないと思います。あの、行き届いてなかった事を深く反省をしたいと思います。」

世耕議員「今、総理からお詫びの言葉があったという事で、今後、こういう事はちゃんと気をつけて頂きたい。台湾の方のあの熱い気持ちに我々もしっかり応えていくべきだという事を申し上げておきたいと思います。」

23b3bc17.jpg

石井委員長「はい、委員長として一言申し上げます。

ただ今の、天皇陛下に関するご提案、また台湾に関する取り扱い、非常に傾聴に値する意見であるという風に拝聴いたしました。

政府におかれましては、恐らく、そのーーー、その目的のためにこうしたんじゃない

しかしながら、こういう国璽行為に対しては、十分注意をされるように、今後お願い申し上げたいと存じます。」(大拍手)

世耕議員「あの、委員長の公平なお裁きに大変感謝と敬意を表したいと思います。ありがとうごづいました。次の話題に・・・」(以下 略)

こんな政府、恥ずかしいわっ。台湾の代表の方、台湾には無礼すぎて、本当に申し訳ないです。

「感謝している」と言いながら、そこに心[E:heart]が入ってないからこういう事になるんです。

天皇陛下に対しても、起立しないって・・・支持母体の日教組の要望かっ?!

石井氏は「政府におかれましては、恐らく、そのーーー、その目的のためにこうしたんじゃない。」と何気に庇ったけど、確信犯じゃないのぉ??

政権与党になってからも、いろいろと不敬なことやらかしてるもんなぁ・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年09月27日15:36平岡法相、朝鮮大学校50周年記念の祝賀宴で祝辞 【NHK国会中継】

午前中のNHK国会中継で、自民党・河井克行議員が、平岡秀夫法務大臣を追及していたんですが、

ちょっとビックリする内容だったので記録しました(流れはそのまま要約)

民主党政権になってからの法務大臣って、こんなのばっっっかりですね・・河井さんのこの淡々とした攻め方、好き!

001 002

河井議員「ここで公安調査庁長官に訪ねる。東京小平市にある朝鮮大学校は朝鮮総連の支配下にある学校という認識で間違いないですね?」

尾崎長官朝鮮総連は組織運営全般に当たって北朝鮮本国の強い影響下にあり、朝鮮大学校を含む朝鮮人学校での民族教育を通じて、北朝鮮・朝鮮総連に貢献しうる人材の育成に取り組んでいると承知している。」

河井議員北朝鮮の独裁体制を思想面で支えるチュチェ思想の教育が青年達に施されていると言われている。その朝鮮大学校の創立50周年記念祝賀宴が数年前、東京都内で行われたと聞いたが、いつどこで何人位集まったのか?」

尾崎長官「北朝鮮・総連の行動は感心を持って調査しているが、個別具体的な事柄に関しては今後の業務遂行を考慮し、答弁を差し控えたいと思う。」

河井議員その祝宴に招かれて、祝辞を言った日本の国会議員がただ1人いたそうだが、その名前を明らかにしてください。」

尾崎長官「具体的な調査については答弁を差し控えたいと思う。」

河井議員「長官、具体的な監視調査の在り方を詳らかにする事の不利益、私も法務副大臣を務めた経験から良く分かる。ただこれは朝鮮総連の中央機関紙・朝鮮新報2006年11/15日付けの新聞にもう載っている、ネットにも載っている情報だ。それでもお答え頂けないか?」

尾崎長官「朝鮮新報に報道されている事は承知している。」

河井議員「それではその辺の事をもう少し詳しくご答弁頂けないか。」

尾崎長官「朝鮮新報紙上に報道されている事で、ネット上にも公開されている事だが、えー、国会議員としては平岡秀夫衆議院議員が出席したと報道されている。」

河井議員2006年11/10東京新宿の京王プラザホテルで創立50周年の記念の宴会が開かれ、平岡秀夫衆議院議員(民主党)が挨拶をしたという事で、今、公安調査庁長官も、引用という形ではあるが確認して頂いた。

003

学校所在地の選挙区選出でもない衆議院議員が、わざわざお祝いに駆けつける。余程親密な関係だと伺えるが、長官、この平岡議員の当日の祝辞の内容については把握をしているか?」尾崎長官「個別・具体的な調査については答弁を差し控えたいと思う。」

河井議員「では、大臣ご本人から当日の祝辞の内容について答えてもらわなくてはいけないね。お答え下さい。お願いします。当日どんな祝辞を仰ったのか?」

004

平岡大臣「先ほど、選挙区でもない国会議員がということだったが、私が出席した理由についても合わせて説明したい。

朝鮮大学校については、私の母校の岩国高校の大先輩の末川博先生が長年に亘って支援されてきた学校であると承知している。末川先生については皆さんもご存知だと思うが、民法の大家であられ、京都大学を滝川事件で辞職された後、立命館大学総長を務められ、立命館大学学者には末川先生の法の理念は正義であり、法の目的は平和であるという言葉が掲示してあります末川先生が生きおられたならば、ご出席されたという思いで出席したが、

005

その出席の際の、挨拶については、当日来賓だった埼玉大学の鎌倉名誉教授・日本体育大学のマサキ名誉教授・東京国際大学のシモバ教授・早稲田大学のキナセ名誉教授(ざわめきが大きくなる)が祝辞を述べられた後に、私がその会場で依頼されて、挨拶したが、その中身は末川先生との思い出話を中心に話した記憶がある。」

006

河井議員「公安調査庁の大きな役割は、言わずと知れた北朝鮮及びその関連団体の様々な動向を監視・調査することだと聞いている。その公安調査庁を所管する法務大臣が、わずか数年前に監視調査対象の組織の宴会に出かけ、お祝いの言葉を言った

総理、組閣の際に平岡大臣とこの北朝鮮関連団体との関係情報は、アナタの所に上がっていたか?」

007

藤村長官「組閣の際、私も様々調査を依頼したケースがあったが、今の平岡大臣については、なんら上がっていなかった。」

河井議員「情報が上がっていなかったと言うことですね?(藤村長官頷く) これはですねぇ、総理、この内閣は適材適所だとあちこちで仰っているが、閣僚にやましい点があるかないか各方面の情報を集めて調べる、いわゆる身体検査は、その適材適所を選ぶ大前提ではないか?

閣僚候補の情報を集めないで、何故その人がその大臣に向いているか向いてないか判断でするんですか、総理。それを怠ったという今の官房長官の答弁は、この内閣は適材適所ではないという事を自白したと考えざるを得ない。総理、もう一度このへんの任命権者としてのご認識・お考えを伺いたい。」

008

野田総理「組閣をする際に、閣僚を判断する時に様々な情報を集めた。身体検査もやっている。ただ今、官房長官が話したとおり今の件については詳細な情報が上がって、それに基づいて判断したという事はない

ただ平岡法務大臣については、法務行政に精通していて経験も豊富であるという事で選んだのはバックグラウンドとして一番にある。」

009

河井議員「もうひとつですね、まぁたくさんあるんです、平岡さんについては。法務大臣の資質を疑わせる発言が、大臣就任会見であった。

『死刑執行について、法務省内の勉強会で考えている間は当然判断できない』とアナタは言い切った。当然判断できないとは何ごとか?! 当然というのなら、法律に書いてあるとおり死刑を執行するのが当然だ

それとも国民や国会議員が知らない内に当該法律の条文が書き換えられていたのか? 法務省刑事局長 刑事訴訟法第475条に法務大臣は勉強している間は死刑の執行をしなくても良いとかなんとか書いてあるんですか? 」

010

稲田局長「・・死刑の執行は法務大臣の命令によるとこのように定めております。」

河井議員「刑事局長、そもそも死刑を執行するかしないかは法務大臣の裁量の範囲内なんでしょうか?」

稲田局長「・・死刑の執行につきましては、法務大臣の命令によると定められていて、死刑の執行命令を発することについては、法務大臣の権限であり職責であるものと承知している。」

河井議員「大臣の権限であり職責、つまり義務・責務であるという答弁だった。ちなみに平岡大臣は、民主党次の内閣の法務大臣時代、2007年8/23の朝日新聞夕刊で、死刑など刑罰の在り方についてインタビューを受けてこのようにお答えになった『今までは議論を起こそうにも少数派だったが、本格的にこれから問題を提起していきたいと述べた』 これは国民の大多数、調査によると81.4%が死刑制度の存続に賛成する中で、自らを反対する少数派だと認めた事を意味する。

よって、勉強中だとか、江田前大臣のようにずっと悩んでいるとかなんとか口実を作っては、確信を持って死刑の執行命令書に署名をしない可能性が高いと私は危惧している。

法の番人としての責務を就任早々から放棄するような人を何故法務大臣にあてたのか。再び総理にお尋ねをしたい。

平岡さんの死刑に対する持論は、組閣の際に情報として上がっていなかったのか?イエスならば総理も同じ死刑廃止の考えの持ち主という事になるが、お答え下さい。」

011 012

野田総理「就任直後の平岡大臣の発言を率直に受け止めたいと思う。勉強しているということだと思う。」

河井議員「総理、その認識は間違っていると思う。法律の定めるところにより、粛々と、、もちろん慎重にしなきゃいけない。再審請求とか様々な事柄があるので。

でも、これ法律で決まっている事なので、これは勉強して結論が出る話ではない。いろんな資料をもちろん全部読み込まなきゃいけない。

法務大臣に質問する。今120人の死刑執行待ち・未決の方がいる。これ120人全ての資料をアナタは丹念に読んだ上で勉強しているのか?」

013 014

平岡氏「私が就任当初のインタビューで申し上げた事は、法務省の中に死刑の在り方についての勉強会があって、今勉強しているという事で、それは引き継いでいきたいという事で、その勉強会の経緯を自分なりにおさらいをしてみたいと。で、自分で考えている間は執行は考えていないと、、、」

「この時間は衆議院第一会議室からお伝えしました。国会中継を終わります。」以上

残念ながらここでNHKは中継をぶち切った・・なので、動画が上がったら貼り付ける事にします。(前半の閣内不統一の質問に関して、平岡氏が目を吊り上げ、声を荒げて自民党批判をし、委員長から「アンタ大臣だから」とたしなめられる場面あり)

【ニコニコ動画】9.27 予算委員会 河井克行議員(自民)平岡は北の工作員か?

平岡氏は問題ありすぎなのに、よくもまぁ「適材適所」を繰り返すもんだと、野田さんには改めてガッカリ。 野党も攻め甲斐がありますね。

平岡氏はこの答弁を見ても大臣の資質がないのは明らかです。この人いろいろあるけど、特にこの朝鮮大学校での祝辞はたまげました。

(最初てっきり、山岡(金子)か川上義博白真勲あたりかと思ったけど、こっちは民団関係だったわ^^;)

公安にマークされてる団体に、6250万円も献金していると国会でバラされたのがいたけど、民主党政権って、中枢に必ず朝鮮半島と怪しーーい関係の人が何人かいるのに、マスコミは追求も報道もしないんですよね~とっても不思議な話です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく