萩谷麻衣子

2011年12月28日22:25死刑執行ゼロに関する 江田五月のコメント 【やじうまテレビ・ニュースの深層】

テレビ朝日【やじうまテレビ】で、

産経新聞の『死刑執行、19年ぶり「ゼロ」濃厚』の記事に、真っ当なコメントをしている女性弁護士と、同じ記事に江田五月が全く逆の話を一時間番組で喋っていたので両方記録しました。

22055633.jpg

アナ「・・・さっ、続いてこちらはどうなんでしょうか。」(アンダーライン部分のみ読み上げ)

死刑執行、19年ぶり「ゼロ」濃厚 産経新聞 

 ■確定囚130人、遺族の悲嘆
 平成23年の死刑執行は27日現在、行われておらず、4年以降19年ぶりに「執行ゼロ」となる見通しとなった。刑事訴訟法の規定では死刑執行には法相の命令が必要だが、複数の法務省関係者によると、平岡秀夫法相が年内に執行を命じる動きはないという。
 死刑執行は昨年7月28日に千葉景子元法相が行ったのを最後に止まっている。戦後、執行がなかったのは昭和39、43年と、平成2、3、4年だけだ。
 平岡氏は27日の閣議後会見で、19年ぶりに執行ゼロとなる可能性について、「いろんな検討をした結果なので、それ自体、大きな意味があるとは受け止めていない」と述べた。
 一方、27日現在の確定死刑囚は130人で、戦後最多を更新。昨年末時点での確定囚は111人だったが、今年1年間で22人の死刑が確定し、3人が病死した。
928693c1.jpg ■法相ずらり慎重派、「時間稼ぎ」勉強会
 死刑執行が止まる中、膨れあがる一方の確定死刑囚。平岡秀夫法相は死刑制度について「考えを整理したい」「国民的な論議を呼びかけたい」などと繰り返し、9月の就任以降、慎重な姿勢を貫いている。民主党政権になって法相は次々と交代した。法相個人の意思で執行が止まっている現状に犯罪被害者や遺族からは、刑事訴訟法の改正を求める声も出始めた。
 ◆平岡氏の真意不明
 今月19日、法務省内で開かれた「死刑の在り方についての勉強会」。死刑廃止国のイギリス、フランスの専門家が、廃止の経緯や現状などの説明を行い、平岡氏らが熱心に聞き入った。
 死刑執行がストップしている間、法務省内で続けられてきたのが、この勉強会だ。昨年8月、当時の千葉景子法相が「国民的議論の契機としたい」と設置し、計10回開かれたが、進展はない。法曹関係者からは「勉強会は執行しないための時間稼ぎにすぎないのでは」との声も上がる。
 平岡氏は27日の閣議後会見で、「勉強会が何らかの結論を出す性格のものではない以上、個々の問題をしっかり考えていかなければならない」と述べ、勉強会を開く間も執行に含みを残したが、真意は不明だ。
 ◆「どちらが残酷か」
 法相の姿勢に、いらだちを隠せないのが遺族だ。
 「死刑が執行されない限り事件は終わらない」と語るのは、平成11年の池袋通り魔事件で長女を殺害された宮園誠也さん(77)。加害者は19年に死刑が確定したが、現在も執行されていない。
 高齢となり、心配なのは自身の健康問題だ。「犯人より早く死ねない」と体を鍛えるため、週4、5回のジョギングに励み、今年の夏は富士山にも登った。死刑廃止論者の中には「絞首刑は残酷」との意見もあるが、「娘は何時間も苦しんで死んでいった。一体どちらが残酷なのか考えてほしい」と訴え、「法相は死刑を執行したくないから、逃げているだけじゃないのか」と批判する。
 ◆法改正求める声も
 死刑囚の数は増える一方だ。今年6月には、強盗殺人事件の被告が控訴を取り下げ、裁判員裁判で初めて死刑が確定。オウム真理教の一連の事件でも幹部3人の死刑が今年確定し、刑事裁判が終結した。麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(56)を含め13人の死刑が確定しているが、いまだに執行されていない。
 21年9月の民主党政権発足後、死刑を執行したのは千葉氏だけ。千葉氏の後任の柳田稔氏、仙谷由人氏(兼任)は短命で執行せず、今年1月に就任した江田五月氏は廃止派で、現法相の平岡氏も「これまで執行に前向きな姿勢はない」(法務省幹部)という。
 全国犯罪被害者の会(あすの会)顧問の岡村勲弁護士は「法相は法を守るべき国の最高責任者であり、法を守らないことは許されない。これ以上、執行しない状態が続くならば、法相から死刑執行命令権を取り上げ、検事総長に移す方向で、刑事訴訟法を改正すべきだ」と指摘している。
まぁこれは萩谷さん、ちょっとどうなんだろうなという感じはしますけどねー。」
5ea6acfb.jpg
萩原氏「あの、法律上は、死刑判決確定から6ヶ月以内に執行することになっているわけですね。で、裁判員裁判になってから量刑が重くなる傾向にありますから、今後も死刑判決は増えていくだろうと思いますけれども、まぁあの、死刑制度というものが存知している限りは、やはり法務大臣の思想信条によって、執行されたりされなかったりっていう事があってはいけないと思うんです。
誰が法務大臣になっても公平に執行が行われると、そこが担保されなければかえって被害者のご遺族であるとか、あるいは死刑囚にとっても非常に残酷であると思うので、法務大臣になってから勉強するではなくて(そうですねー)
法務大臣になる段階で、覚悟を持って就任しなければいけないと思いますねー。」
65e1fc36.jpg
アナ「そうですねー、まぁあの戦後最多という確定囚130人という事になっているんだそうですね。」
で、この記事に関し、CS朝日ニュースター【ニュースの深層】に、元法務大臣で現在は民主党最高顧問の江田五月氏が出演し、人権活動している司会者(神原元弁護士の奥さんの土井香苗氏)と、死刑制度について語っていたので、その部分だけ箇条書き。
5f63b1e6.jpg
■死刑ゼロにしようと思ってやったのではなく、自然にゼロになった。
■ずーーーーっと遡ると、平安時代には2,3百年ゼロだった。
■人間は必ず死ぬので、その寿命ぐらいは国家の意思で断ち切るのはやらない方がいいというのが死刑反対者の一番深い気持ち
団藤 重光先生の「死刑廃止論」の中に、死刑廃止派理論の実践であり、実践の理論だと言っている。人を良くして行くのが刑事法ではないかと。死刑は取り返しがつかないこと
6516f624.jpg
世界的な流れでも、死刑執行国の中に人権問題に問題がある国の中に日本が入ってしまっている。
■7,8割の日本人が死刑制度賛成だが
今の日本はみーんな今の自分とは関係ない、自分は安全なコチラで世の中の事を観客席で解説している。
誰もが犯罪者になりうるのに、
■悪いのがいたら『アイツを潰せー、良くやった!』という感じで怖い
ゆとりのある話し合いの出来る社会でなければいけない。
■大臣就任の時「悩ましい制度だ」と言ったら、たちまち「臆病者ー」とかスゴイメール・電話・ファックスが来て残念なことだった。
■死刑は勧善懲悪で良いっ!となっちゃうが制度というのはそう単純じゃない
先進国は死刑をやってないという話・韓国も何年も執行してない。モンゴルも死刑廃止した。
■平岡大臣は今悩んで苦しんでいる。
原発問題とある意味似ている
絞首刑と当日死刑宣告される日本はユニーク
■よく死刑制度は抑止力になるというが、死刑廃止している国はそんなことにはなってない
法務大臣一人が悩むんじゃなくて、日本全体が悩まなくてはいけない問題だ。
2f802399.jpg
萩原弁護士のコメントには納得だけど、この江田五月の話は、ぜーーーーんぶ????マークが飛んで全く理解できませんでした(・・;)
「日本全体が悩む」必要なんてナイし、原発問題と違うし、法律で決まってるんだから、法務大臣は凶悪犯から判子を押せばいいだけの話。この人達、何言ってんだか・・・( 一一)

関連記事



2011年03月07日10:38「前原さんのカネの話は、実は内々に言われていた」byTBS杉尾 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】のおでかけ前の朝刊チェックで、前原大臣の辞任についてやっていたので記録しました。前原大臣のカネの問題の話は、実はTBSの内々にはしていたそうです。

そういえば、身体検査って言葉流行ったけど、マスコミは民主党政権へのチェックはなかったような・・

みの氏「政治とカネの問題がついにここまで来てしまったかって感じだねぇ。」

5df722b0.jpg
女子アナ
「そうなんですね。前原外務大臣のこの外国人献金での引責辞任なんですけども、各紙大きく一面で取り上げています。

毎日新聞では、前原誠司外務大臣、昨日なんですが、政治資金規正法で禁じられている外国人からの政治献金受領問題の責任を取って辞任しました。

菅総理は慰留したんですが、前原氏の辞意は固く了承したという事なんですね。

で、今回のこの辞任について読売新聞の記事を見てみますと、各国が速報で報じているという事なんです。コチラご紹介しましょう。

(アメリカ:<国際社会における日本の信頼性を低下させる危険がある>

中国:<前原氏について「菅首相の後継者と見られている」と紹介今回の辞任は「菅政権にとって深刻な打撃と見られる」と分析>、

ロシア:<前原外相の辞任を至急電などで報じ、北方領土問題で緊張が高まる中、大きな関心を示した>)

0a7386e5.jpg 716ca503.jpg

みの氏「これから日本の外交問題がどういう風に進展してったらいいんでしょうね。」

末吉氏「うん、あの僕はこれ辞めて当然だと思うし、辞める事で日本の国家主権を守るんだってその姿勢を示す事は良かったと思いますね。

でも次、の外務大臣っていうのが、この失われた信頼をどう回復するのかねぇ。

でも総理自身がその慰留をしたっていう事自身、僕は非常に不思議でならないんですよ。

こういう問題であれば『パッと辞めてくれ。国家主権の問題だから辞めてくれ』と言った方が僕は菅さんの信頼感が増したと思いますけどね、ええ。」

bb01f5b9.jpg
萩谷氏
「いや、本当にこれ前原さんの不注意、本当に軽率な行為でこうなったと言っていいと思うんですね。だから、今後日本の近海だけ見ても(中略)問題山積しているのに、ここでこれを建設的に前に進めていく為には、やっぱり諸外国との信頼関係ってのを基礎にしなきゃいけない。それをねぇ、損なってしまうような事になったっていうのは、本当に大きな国益の損失であって、(中略)今後、原発や新幹線を売り込んで行かなきゃいけない。それにもやっぱり外国との関係で信頼関係気づかなきゃいけないこの時期にこうなってしまったという、非常ーにまぁ残念というか無念というか憤りさえ感じます。」

みの氏「これ、杉尾さんさぁ、一時、『身体検査』なんて言葉が流れていた事ありますよね。(そうですよね) 国会議員の身体検査しろー、、」

eab226d2.jpg
杉尾氏
「あのー組閣する時、まぁ閣僚に任をするという話になった時、やっぱり一応カネの話とか調べますよね。

だからまぁ今回その菅総理の任命責任っていう話も出ているわけですけども、その辺のとこも指して言っているんじゃないでしょうか。」.

502afeb7.jpg 509a9d5a.jpg

みの氏「なるほどね。これ、今からでも遅くない。国会議員全員自分の足元をもう一度洗い直すって必要ですね。」

杉尾氏前原さんについては、前からこういったそのお金の話って、実はちょっと内々に言われてましてね、ええ。ちょっと前からこういう話が出ていました

で、今回はこの外国人の人からのその献金ですけども、別にその脱税したその企業からの献金、まぁそういったそのー、あのー、他の話もある、、まぁちょっとその脇の甘さっていうのは隠しようがないですね。」

みの氏「こういう事がもうイヤだから、もうウンザリしたから、我々国民はじゃあ我々の税金から助成しようじゃないかといって、大枚のお金を用意したんです。だったら個人献金がどうのこうの、、献金一切受け付けないでね、国会活動できないのかやってみたらどうですか。

『政治はカネがかかる。選挙にはカネがかかる。』そういうバカな事言わないでっ!カネを使わない選挙やって堂々と受かる国会議員が1人でも増えなきゃ駄目なんじゃないですかぁ~。だって民主党は献金は止めよう、、」

杉尾氏うん、企業団体献金はね。それをその個人献金に移そうって言ったらこういう問題が出てきちゃったっていうのが、余計に深刻だっていう事ですね。

じゃあイチイチこれからその戸籍取り寄せて外国人かどうか調べるとか、、いやそれを指摘される前に積極的にやってくださいと、、」

3a690e8b.jpg

みの氏「やるべきですよねー・・・・。まっ国会議員の皆さん、一人一人に自分の足元を見てほしいなと思いますね。」以上

やっぱり、前原大臣のカネの問題は、内々(マスコミ内)では囁かれていたんですね。なんで今頃言うのでしょう??

それこそ安倍政権の時みたいに、マスコミが徹底調査取材していれば、こんな唐突感はなかったのでは??

それにしても!この番組内の「街の声」でも、世論調査でも、ヤフーみんなの政治でも「これくらいで辞任しなくていい」という国民の声の多い事・・(呆)

外国人が日本の政治に干渉する事を厳しく律しているという事なのに、民主党はもとより国民にも危機感が全くない事の方を案じます。

今後、この問題で「こんなことぐらいで・・」と言うコメンテーターが、もしいるとしたら、そいつはアホだと思った方がいい。

おまけ

韓国の速報は、悔しさがにじみ出ていますね。

韓国も前原外相辞意を速報 対日関係への悪影響懸念(産経ニュース)より

 韓国の聯合ニュースは6日、前原誠司外相が政治資金規正法が禁止している外国人からの献金を受けていた問題の責任を取り、辞任の意向を固めたことを東京発で速報。

献金したのが在日韓国人であることから、永住外国人への地方選挙権付与が「一層難しくなる」などとし、対日関係への悪影響を懸念した。

 同ニュースは、「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書を韓国に引き渡すとした「日韓図書協定」の国会承認に「否定的影響が予想される」と伝えた。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年08月27日12:42小沢出馬をハズしたコメンテーターと私    【朝ズバッ! 】

代表選、小沢出馬はない思っていた、私の予想はハズレました。。。

いつもの「出るぞ~出るぞ~」と思わせて、裏の権力をゲットのパターンかと思ったんですどねぇ~^^;そこで、一緒に予想を見事にハズしたコメンテーターをTBS【朝ズバッ!】でやっていたので紹介。

005_2 006

杉尾氏:「出馬するべきではない。出ないだろうと思っていた。」

金井氏:「出馬には驚いた。想定していなかった。」

杉尾氏:「菅総理の裏切りに対する怒りと鳩山グループのバックアップで勝てると思って出馬した。政治生命最後の勝負だと思っている。」

金井氏:「挙党体制(自らの復権)が出来ないから、やむをえなく出馬したのでは?」

007 与良氏:「出馬の可能性はまったく低い」

その後スタジオで与良氏は「・・言い訳すると99%ないんじゃないですかと言って、段々エスカレートして・・、失礼致しました。(深く頭を下げる)」と生謝罪していました。

ちなみに、私はテレ朝【やじうまプラス】の萩谷弁護士のコメントそのものだと思ってました
小沢氏が総理になったら     【やじうまプラス】

005萩谷氏 「まぁ憲法では、国務大臣っていうのは、あの首相が起訴を認めなければ、起訴をされない、起訴を猶予されますから、

自分自身が認めなければ(笑)、起訴を猶予されるという事にもなりかねませんが、

小沢さん、自分が出るという、、

そこまでセンス悪くないだろうと思うんですよ。

民意無視のKYの極地ですよね。まぁ、せいぜいドロドロの内ゲバを繰り広げてください。

小鳩手と手を取って辞任→ 「暫く大人しくしとけ」→ 参議院選挙惨敗 →総理に会わない一兵卒 →ますますお互い意固地に・・ この対立の流れって子供のケンカに見えます。 

ここまできたら、民主党支持者が早く気付いてくれることを願います。

それには今後のテレビ出演は、ゆうこ・松木けんこう・山岡(金子)賢次がいいかも(笑)

日本人の常識で計れないのが、民主党。

おまけ

001 002 003 004

「そもそも1年足らずの間に、2人続けて政権を投げ出した自民党の総裁が、総選挙を経ないで3度ここにこうして、総理の座に座っておられるのは信じがたい光景であります。」by小沢一郎 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年05月03日13:23憲法記念日各紙比較と川村コメント    【やじうまプラス】

今日は憲法記念日という事で、

テレビ朝日の【やじうまプラス】一刀両断でも憲法改正についてやっていたんですが、

川村晃司氏のコメントが物凄ーく浮いていたので記録しました。

法律に詳しい政治学者の岩井氏と、弁護士の萩谷氏とのコメントとの程度を比べてみてください^^;

(今朝の朝日新聞・9条改正67%反対・改正必要47%、改正不要39%の記事

日経新聞・改憲支持 横ばい47%の記事

毎日新聞・改憲に期待50%の記事を読んだあと、

各紙の社説紹介

・東京新聞 『初心を今に生かす』 普天間で揺れている日本。憲法9条をどうするか初心に一度立ち戻ってみようじゃないか。それを生かそうじゃないか。

・朝日新聞 『失われた民意を求めて』 国民主権を代理としている政治は、果たして民意をちゃんと反映しているのか。それに合わせて憲法を考えてみよう。

・読売新聞 『改正論議を危機打開の一助に』 今、八方塞の日本。政治をどうにかしよう。日本をどうにかしようという危機打開の一助に改正を考えても良いんじゃないか。

・日経新聞 『憲法審査会で論議を始めよ』

・毎日新聞 『”安保”の将来を含め論憲を』普天間に合わせて9条、安保の将来を含めて論憲する時期に来ているんではないか。

・産経新聞 『中国の脅威増大に対処を(集団的自衛権で同盟立て直せ)』その為には改憲の論議は必要ではないか。 と各紙の見出しを紹介した後・・)

吉澤アナ「・・とそういうような各紙の見出しになっているわけでございますけどもね、岩井さん、まっ、えー、一年に一度だいたい憲法の記事は新聞各紙に載るんですけれどもねー、、」

003 岩井氏「そうですねぇ、特にまぁ、民主党政権になってからは、憲法審査会が一回も開かれてないですよね。

で、あのー、やはり民主党がやっぱり憲法が一番のアキレス腱だと言われて、

まぁ民主党自体がその憲法論議自体しないと。

ただ、その憲法改正については、やはりあのー全体としてはやはり改正していった方が良いという議論ですし、

まっ、確かに9条になるとですね、これ核論になるとなかなか難しいんだと思うし、我々から見るとですね、むしろ統治機構・国会をどうするとか、あるいは内閣をどうするとか、大きな問題、いっぱいあるんですね。

そういった面では、やはり議論っていうのはやっぱりきちっとやっぱりもっとやるべきだと思うんですねぇ。

その点でいくとやはり、民主党政権になってから議論が止まってしまっているっていうのはどういう事なのか

やはり民主党もその憲法像、自分達の憲法像っていうのはやっぱりキチッと明らかにするべきだと思いますよねー。」

吉澤アナ「マニフェストでも掲げている事は掲げているんですよねー、まっそういった意味で、それこそ18日施行される憲法改正の為の議論、それをどうしようかという、それが全く今、まき起こってこないというのが、

まっ萩谷さん、そういった意味では、まっある意味でちょっと考える時期に来ているのかも知れないというところですよね。」

005萩谷氏「そうですね、あの5月18日に国民投票法が完全施行されるわけですが、

まっ、これで憲法改正案がですね、国会にいつでも提出できるようになるわけですね。

ただ、この9条改正というのは、やっぱり国の安全保障をどうするかというところに直結していて、そこを議論しなければ、

今回の基地の問題やそれから外国人の参政権の問題というのも、結局結論を出す事が難しくなってくる。

そこをまぁ、民主党政権というのは、与党であるからこそ責任もって議論しなければいけないのに、していない

004 006あとは、憲法改正というのはやっぱり統治機構・・に関連してきますけれども、なんかこう民主党というのは、政治主導の下に国会よりも政府の方を上位機関として位置づけているのかなぁという感じも受けて、三権分立との関係でどうなんだろうと、ちょっと疑問もありますので、そのあたりも含めて議論をしていった方がいいかなぁと思っています。」

吉澤アナ「そうですねー。まぁそれこそ、川村さんね、マニフェストに掲げている、、まっいくつも掲げてます。それこそ、今ねぇ、えー普天間の問題があれだけ大きな問題になってる。

だからやっぱり憲法っていうものを考えなくちゃ、それこそ9条っていうものに対してやっぱり、論憲っていうのは必要なんじゃないかっていう、そういう時期だと思うんですけど、、」

007 川村氏「そうですね。とりわけまぁ鳩山総理は明日、沖縄に行ってですね、

ま沖縄の県民と向き合うと言っているわけですけれども、まぁ日本国民は全て平等であるって、いうそういう基本から言いますとね、

沖縄に鳩山総理が来ても、自分たち沖縄県民の負担だけがですね、

基地について、これだけまぁ本土の国民よりも押し付けられているのかと。そういう意味で同じ国民でありながら、沖縄県民について我々はやっぱりずーっと差別を受けてきたじゃないかと。いう事がもうあからさまにですね、かなり大きなうねりになってるんですね、私沖縄に行って感じたのは。

そうなるとそれに対して、鳩山総理がまぁ今日のその憲法についての憲法観っていうもので、何を加えて何を論議していくのかって、そこのところを明確にしていく必要があると思いますね。」吉澤アナ「そうですね、さぁ続いてはコチラ・・・」以上

川村晃司は、巧妙に『差別』という言葉を交えて持論を展開していました。地上波ではさすがにモロには言いませんが、朝日ニュースターの方では、沖縄タイムスなどを広げて見せて解説して、

米軍を沖縄から追い出すべき・9条守れ・民主党がんばれという主旨の発言をいつもしています。

テレビ局の解説委員としてあるまじきコメントだと思います。

解説委員の特徴は前述のように「解説」することであり、そこに自分の主義、主張を含むことはできない。これは放送法の第三条第二項に規定されている・・・(Wikipediaより)

なんにしても、GHQに押し付けられたものではなく、自国で作った日本国憲法にしない限り、いつまでも他力本願的思考から抜けられないかも・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年02月08日12:54コンクリートから人へ(笑) 【やじうまプラス】

政権交代前に鳩山さんは「政治が変わるんです!」と力強く言っていましたけど、なんか変わりました?!

えーっと、事業仕分けは注目されましたね。それから・・・鳩山・小沢の巨額のカネ疑惑。。。

外国人参政権などの日本人に何のメリットもない法案提出の画策。。。

そんな中、テレビ朝日【やじうまプラス】一刀両断で、初めてちゃんとした民主党批判をして、びっくりしたので記録しました。

吉澤アナ「さぁ続いて心配なのはですね、民主党、本当に大丈夫なのかという、こんな記事なんですね。

001005朝日新聞参りましょう。

このコーナーでも何度かお伝えしております、2010年度予算案の概算要求時に、建設凍結候補となっていました主な国道、およそ130路線のうち、少なくとも6割の78路線に予算が配分され、凍結解除となる事が、朝日新聞の調べで分かりました。しかもその判明分では、地元の民主党都道府県連が重点要望した道路はすべて凍結を解除されている。という事なんですねぇ。

その辺の解説記事、コチラ朝日新聞の3面参りましょう。

民主党、結局お手盛りという見出しが付けられています。自民党族議員の力の見せ所とされた公共事業の予算配分を、明確な基準で行い、そして堂々と国民に示して国会で議論する。そんな公平性透明性が民主党の信条のはずだった。

ところが今回発表になりました、国土交通省の2010年度予算の配分案は党が情報を統制し、中身も選挙区を意識したお手盛りが伺えると。いう事ですねぇ。

えー、選挙区事情を考慮して議員を仲介した所は、結構厚遇されているという事なんですけども、萩谷さん、こういうの見ると全然やっぱり変わってないじゃないかという声が出て来ちゃうんですよ。」

002 萩谷氏「そうですよね。

あのー民主党『コンクリートから人へ』何度も言われてる事ですけど、こう言って無駄を削ると言っいた。公共事業費も削ると言っていたのに、やっぱり復活したかと。

で、復活するに当たっては公共事業費、今後は、特に道路建設については国がもう必要最小限ものを精査して国が造ると言っていたのに、やはり今後は高速道路会社に対して国が補助を出す形で、お金を渡す形で造らせると、、

そうするとなんか必要なものが本当に必要なだけ造られる事にはならないんじゃないかというような疑問も沸いて来ますし、やはりこの先週来から問題になっている個所付けですか、個所付けだとかこの高速道路建設の復活については選挙を意識した、、もう地方からはとにかく公共事業は必要だという声が強いのは分かるんですけれども、選挙を意識してこうなったのかなぁということは、ちょっと疑問に感じますよねぇ。

004 003吉澤アナ「そうですよね、造るべき道路というその辺の部分に関して、仲介した議員でさえも『えっ、こんなに増えたの』という結構驚きの声も出ているという、、」 

萩谷氏「しかも、それを推奨しているのが小沢さん、、だからこうもう党に全部、、小沢さんに声が集まるようになっていて、その小沢さんは『7割やめようと、国民が言っている』と、そこにやっぱり問題があるんじゃないでしょうかねぇ。

吉澤アナ「そうですよねぇー。そしてその選挙なんですけれども・・」

(民主党は元ミス東京の民放アナ、自民党は元ヘアヌード女優の候補の話 略) 以上

最近鳩山総理が「コンクリートから人へ」を「いのち」の連呼に変えたのは、ちょっとは後ろめたいからでしょうかねぇ。田舎はね、「いのち」を守る生活道路を待ち望んでいるんです。

なので「道路を造りません」って言う方が、地方無視だと思ってました。

とにかく、キレイ事言って政権をとったクセに、執ったらもうマニフェスト以外の事に精力的で、スローガンさえ守れない、本当にいい加減すぎる!それなのに、民主党支持が40~50%って、到底信じられません。

国会見て、鳩山総理の逃げの答弁聞いたら、だめだこりゃって思うはずなんですけどね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく