緑の山河

2011年06月07日14:33君が代起立条例に関する所功先生の手紙☆ 【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビ【そこまで言って委員会】(6/5)で紹介していた、

大阪の君が代起立条例の問題で、ja.wikipedia.org所功 先生氏の手紙に感動したので書き起こししました(青字はナレーション)

日本語のお手本みたいな文面です。この手紙に頷けない人は、日本人、辞めた方がいいね。

辛坊氏「そんなこんなで次のテーマに参りたいと思います。当委員会でもお馴染みのあのお方からお手紙が来ました。」

先日、当委員会の良心、所功先生から番組宛にご丁寧なお手紙を頂きました。

bf2d23ac.jpg

早速ながら、大阪の橋下知事が国旗・国歌の式典起立を励行する条例の成立に積極的意向を表明されたこと、誠にありがたく、御同慶の至りに存じます。

369e1ad0.jpg 41b654b5.jpg
お手紙の内容は、大阪府の橋下知事が代表を務める大阪維新の会の府議団が、公立の小・中・高の学校行事で、君が代を斉唱する際、起立を義務化する全国初の条例案を提出したことに関するものでしたが・・

橋下氏晴れの舞台である入学式や卒業式を欠席すればいいんでね。現場には行くわ、ルールには従わないっていうのはなんちゅう教員なんですか、こんなの。こんなの大阪府にはいりません。」

b4bc6095.jpg

ただ、同知事の言い方が石原知事と同様、あえて挑戦的なため、一部に無用の誤解・反感を呼ぶ恐れもあり、

むしろ、当然の常識として訴え、良識ある府民大多数の支持を得て、条例を成立させてほしいと念願しております。

所先生が危惧されているのは橋下知事が、

橋下氏公務員がその国家・国旗、これを否定するんだったら、公務員辞めりゃいいだけの話なんですよ。」

と、語気を荒らげ、

橋下氏それでも起立しないっていうんだったら、もう大阪府民への挑戦として捉えてね、辞めてもらいます。」

と、表明したこと。

502a9e6f.jpg dec2056f.jpg

朝日新聞は、橋下氏は大阪府教育委員会が文書での指示を繰り返してきたことに対し、「起立を拒む教師が続いていることにいら立ちを隠さなかった」とし、

「学校現場から威圧感を感じる、国や郷土を愛する気持ちを育てるのは大切だが、問題はやり方。条例で人の心を縛るのは乱暴ではないかなどの声が上がっている」と報道。これに対して所先生は・・

8841b645.jpg
朝日の報道で遺憾な点は、既に平成11年に、君が代が国歌として法律化されている事実を示さず、学習指導要領も小・中・高で順守すべきことに触れていないことです。法律・告示を尊重するのは、公務員のみならず、法治国民として当然という論旨を広げてゆくことが必要だと存じ上げます。

0f967f46.jpg 3f9a0497.jpg
その後、朝日新聞は、『君が代強制、教育なのか』の見出しで、「府内の教員、弁護士で作る日の丸・君が代強制反対ホットライン大阪のメンバーが、君が代起立条例に反対している」と報じ、メンバーの一人である府立高校の52歳の教諭の、「特攻隊に志願した父が教育に騙されたと語るのを聞いて育ち、君が代は歌わないと決めた。国歌斉唱が導入された2000年度以降、不起立を貫いてきた」とのコメントを紹介。

490ec88a.jpg 0e3e06f6.jpg

またあるスポーツ紙は、某著名人の、「時代錯誤でまるで北朝鮮、低次元な話で呆れる」との批判コメントを掲載。

更に日弁連は、宇都宮健児会長名の反対声明を発表し、「思想・良心の自由などの基本的人権の保障に加え、教育の内容や方法への公権力の介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反するものとして看過できない」と指摘。

363285b9.jpg e568fa82.jpg

そんな中、卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、退職後に嘱託教員として雇用されなかったのは違法として、都立高校の元教諭が都に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁は、起立を命じた校長の職務命令を合憲と判断し、原告の上告を棄却しました。

判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、「他国の国旗・国歌に対して敬意を持って接するという国際常識を身につけるためにも、まず自分の国の国旗・国歌に対する敬意が必要」との捕捉意見が付け加えられました。所先生のお手紙は・・

8475dc68.jpg

もし、貴番組でこの件を取り上げていただければ幸いです。小・中・高の反対運動の実態を広く知らせる必要があります。

と、締めくくられていましたが、6月3日、大阪府議会の本会議で、大阪維新の会が提出した、君が代起立条例が可決・成立。君が代の起立斉唱を義務づける条例が、都道府県で初めて制定されることに

b04ee7a3.jpg

橋下氏こんな教員は、とっとと教員を辞めてもらいます。だから辞めさせるルールを考えます。絶対に辞めさせる。」

という姿勢の橋下知事は、罰則についての条例を、9月議会で成立させる意向を表明していますが・・そこで皆さんに質問です。君が代斉唱の際に、起立しない教職員は辞めさせるべきだと思いますか?

(VTR終了 スタジオ)

e61bf4e8.jpg 2eb82118.jpg

たかじん「知事のツイッターでは、朝日新聞との対決を鮮明にしたツイッターの文を、毎日がーっと書いております。とことん私はやると、本人は。」

辛坊氏「この問題についてはですね、私のとこにも本人からメールが来たんで、本人に無断でフラッシュという写真週刊誌の連載持っているんですけれども、今、発売中のやつに書いときましたんで。」

たかじん「また宣伝か~い!当然、皆さん賛成の中でも反対の方もいらっしゃる。まずこれは当然、田嶋先生に口火を切って頂きましょうか。」三宅氏「短く完結にね。」

田嶋氏「先生ほど長くないから。(はい、どうぞ)いきなりそんな親切されると何から言っていいか分からない。」

d7f17628.jpg
三宅氏
「じゃあ、私が代わろう。あのね、アフリカのどんな国でもね、独立するでしょう。まず最初に作るのが国旗・国歌なんですよね。

それでやっぱり自分達が独立して主権国家になったということは、国旗を持ち、国歌を歌うことによって、初めて自分らのアイデンティティーを確認する、世界中、当たり前の事なの。

君が代についてはね、君が代っていうのが天皇の代だということで、その時代錯誤だって意見があるけどね、

国旗っていうのは大体どこの国でもね、革命歌か、あるいは独立戦争の歌なんですよ。だからすごい血なまぐさい、ラ・マルセイユ…なんてすごい、当たり前なの。だけどね、国旗として決めたらそれを守ってやっていくのは当たり前であってね。

田嶋氏「あのね、いいですか?」三宅氏「・・ずーっと発言なくてよろしい。だからね、、」

c2c30e97.jpg
田嶋氏
「1999年に小渕さんがね、これを法律を作るときに言ってるんですね。

国旗に対する尊重規定や侮辱罪を創設することは考えていないって、そういう風に言ってるんですよね。

それから一般国民に、例えば日の丸を自宅に掲げたりする義務が生じないばかりか、例え国旗や国歌を尊重しなくても、また侮辱などしてもそれを罪に問うことができる法律ではないとしているっていう事。ちゃんと、、与謝野さんも言ってるし、ちゃんとこう書いてあるんですけどぉ。」

村田氏問題は????の公務員だっていうことですよ。で教員は学校現場では子どもたちには規則を守りなさいって教えてるわけですよ。子供たちに規則を守んなさいって言ってる人たちが法制化された規則を守らないことの矛盾っていうのはね、やっぱりそれは良くないよくない影響を子どもたちに与えると思います。」

田嶋氏「でもね、ここで小渕さんも言ってるように、それは強制してることじゃなくて、しかも憲法でもって自分の思想、良心の自由と、、

三宅氏自分の心情と国旗とは関係ありませんっ、そんなこと。」

4f916d79.jpg
田嶋氏
「例えば今、そこにテレビに出てきたじゃないですか、これがなんでこんなことになったらっていったら、やっぱり太平洋戦争のせいですよね。

で皆さんここにいらっしゃる方のお父さんとかおじいさんはとても偉い方たちだったと思うんですよ。さっきの人も。分かんないけど

要するに、天皇陛下の命令をみんなに伝えて、そして戦争に連れていく立場の人たちだったと思うんです。

でも、私がこういうことになぜ敏感かっていうと、うちの父親は上等兵とか2等兵とかそのレベルなんですよ。すると、殺したくない人を殺すことも命令されてやる。死にたくないのに死ぬのも命令の状況でそういうことになるわけですね。そうすると、、」

三宅氏「もう止めなさいよ、あなた。」

田嶋氏今もってまだ日本の国旗に対して、ある思いを持ってる人たちがいるわけですよ。その思いっていうのは、思想・良心の自由であって、その思いを踏みにじることはできないんですよ。それは憲法で保障されているわけですよ。」

三宅氏「あのね、国旗・国歌はそんな思想・良心と関係ありませんっ。(いや関係ある。思いだから:田嶋)  ね、日本国民である限り、日の丸は国旗である。(思いだから。関係あるんですよ。愛国心だから:田嶋) 君が代が国歌であるということは、一分の、ちょっと、ちょっと・・、あなたね、小渕さん、小渕さんって言うけども、私はね、小渕内閣の時にね、野中官房長官が一番動いたんだけども、彼に聞いたんですよ。あの人は非常にリベラルな考え方の持ち主だから。(そうそうそう:田嶋)

そしたらね、その国旗が日の丸であるとかなんとかっていうような事はね、法律で定めるまでもない常識だと。

だけどもこれはね、例えば日教組がね、これを反対をして、それを揚げようとした校長が首くくって死ぬような事件があった。ね。それで文句を言ったら、法律にあれは準拠していないじゃないかと。日の丸・君が代は。

それで残念だけども法律にすることにしたと。本来ならこんなことをしなくても、国民の常識として、日の丸は国旗だと、君が代は国歌だと言ったらそれでいいんだと、そう言って答えたんだよ。(でもねちょっと前まで、、:田嶋) これは当たり前の話なんですね。」

e8c48667.jpg
金氏
「私に話させて。あのね、私はね、あの中華民国っていう国を否定してるんです。中国という国を。

その為に31年、ブラックリストに載せられて、台湾に帰ることができなかった。パスポートも無効になって。

だから、何かを反対するっていう事はそれぐらいの覚悟とコストをね、かける位のつもりでやってほしいと思う。

それでも私は、まぁ台湾が民主化されて、台湾へ帰った時に、陳水扁が総統になって、2004年の総統就任式に参加したんですよ。まだまだね、、要するに台湾の国歌は、要するにサンミン主義っていう、国民党の党歌みたいな歌なんですよ。でもそれを歌うときにね、私は起立しました。何故なら、敵の国でも、もしそこの国のその歌が歌われるときに、起立するのがね、礼儀だと思ったから。

私はね、もしね日本人として日本に生まれて、日本という国の恩恵を被っているんだったら、私は国旗・国歌っていうのは運命共同体のある意味では儀式としてね、それが出てきた時には、それ相応の敬意を表するっていうのが、日本人としての基本的なマナーだと思ってる

ましてや、公務員たる者ね、それこそね、しかも教育者たる者ね、規則を守る、ルールを守るということ、何かに対しての敬意を表するということ。日本という国に恩恵を受けて、日本という国に世話になっているという、そういう標っていうか、共同体のね、それこそ確認として、卒業式・入学式、、(凄い立派な演説、もういいんじゃないの~? 私、そんなに長くしゃべってない:田嶋) 立派です。あなたよりはるかに立派です。」(大拍手)

田嶋氏「たかじんさん、聞いて。アメリカで出た判例の具体例。いい?! 1977年ニューヨーク連邦の地裁が出したものはね、国家吹奏の中で星条旗が掲揚されるとき立とうが座っていようが、個人の自由である。これ一つ。

あの2つあるんですけれどぉ、1989年の最高裁判決これは国旗の焼却事件があったんですね。その時、我々は国旗への冒とく行為を罰することによって、国旗を聖歌、ホーリーなものにするものではない。これを罰することは、この大切な象徴が表すところの自由を損なうことになる。すなわちアメリカの国旗の象徴は自由なんですね。それからもう一つ、1989年に最高裁が出したの。上院で可決された国旗規正法を却下して、国旗を床に敷いたり踏みつけることも表現の自由として保護されるものであり、国旗の上を歩く自由も保障される。(アメリカのことはいいよ:三宅)」

63fc873d.jpg
辛坊氏
「アメリカ云々で言うとね、田嶋さんの仰る通りなんだけども、アメリカが合衆国連邦州制第1条で、すべての価値よりも表現の自由を大切にすると。

だけど、橋下知事が言ってるのも、実は今言っているのと同じことで、

『僕は卒業式に来てる親に立てとは言わないと。私はそんなことを言う権利はない』と。『場合によったら、学生に立てとも言わない』と。『そんな権利もない』と。『私は、公務員は教育委員会で立てという命令が出ている』と。『それに従わないのはおかしいだろう』と言ってる話で、今の話は同じで、

日本の国の今のどの法律とったって、国旗燃やしたから、それで罪になることはありません。ただだけど、それを行政命令として行われることと、一般の個人レベルでできる事と、、」 田嶋氏「でもね、でも国家の信念の意味が違うでしょ。」

三宅氏「あのねぇ、外国はやっぱり国旗の威力っていうのはあるんですよ。アメリカは長崎…っていうのがあって、長崎の中国領事館へ掲げた国旗を日本の右翼が、やったことがあってね。それで中国が大騒ぎしたんですよ。日本が謝罪したんだよ。だから外国がね、自分の国旗のことをね、そんな踏みにじられたり、火をつけられたりしてね、日本はデモのときに日本の国旗が火をつけられたりしたらみんな笑って見てるけどね、普通の国は自分の国の国旗に火をつけられたら激怒しますよ。

辛坊氏「確かに私の知ってる限り、世界の、世界の国の中で国旗侮辱罪の罪がないのは、たぶんアメリカと日本ぐらいだと思います。というのは、アメリカというのは特別な国だから。非常に特殊な国なんです、実はそういう意味では。それ以外の国では大概あります。」

三宅氏「ねぇねぇ、だけどアメリカでもね、アメリカに帰化するときは国旗に手を置いて忠誠を誓うんですよ。日本はね、金さんは日本に帰化したんだけどね、そういうことをさせないんだね。」

3f4a49df.jpg金氏「してない、してない。」(以下 略) 

君が代、日の丸に敬意を払うのは当たり前。 が結論だと思います。

常識 対 非常識の構図なのは、三宅氏 対 田嶋氏 でよく分かりますよね。

(そういう意味で、田嶋陽子は必要悪だと思うわ~^^;)

ただ不思議なことに、田嶋氏のような人が現実的に結構いるのも事実。この番組↓の出演者なんか、全員だし・・

《「日の丸・君が代がなんで嫌いなのか」 【パックインジャーナル】》

だから、常識を常識とするための条例が必要ということ。なんだか情けない話ですけどね。

根っこは日教組問題に繋がっています。

《民主党の死角"日教組" (テレ朝 サンプロ)  その1》より

革マル派などの団体が機動隊ともみ合う場面が見られた。厳重な警備の中、会場入りする教師たち。中では日教組の全国教研集会が開かれていた。

008007「(戦争)たたかい~

こえて~

たちあがる~

みどり~のさんが~」

これは日教組がかつて『君が代』に替わる国歌として位置づけた『緑の山河』

教師らは昔、この歌を学校で教えたというが、今では教師の間でも歌われる事はほとんどない。・・

その「緑の山河」には、こんな証言も・・・

《【必見】沖縄の反米教育・日教組との戦いの証言 》より

・・そしたらね、あの母親と女教師の会っていうのがありまして、そこで国歌を合唱するという事で起立になったんですね。

で、その時にチラシが渡って、それに国歌あの緑の山河・・・緑の山河っていうのが来て、で、見たらピョンヤンって書かれてるの。」

「ピョンヤン?!」

ピョンヤン! はい。書かれてたから、国歌って君が代でしょ?! 

おっかしいねと思ったから、アレを見てるとアノ中の文句は素晴らしいんですね。緑の山河ですから。そしたら考えたら、ピョンヤンって北朝鮮じゃないですかぁ。

そしたら彼らは北朝鮮を祖国という事で祖国の歌を歌わしてたんです。祖国って言うんですよ

で、私はびっくりして、その時その大会、、これは大変な事だっていうんで、翌日新聞投書やったんです。・・・

日教組が君が代を拒絶する理由は、こんなとこにもありそうです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく