石垣市

2011年10月27日16:41沖縄・"国境の島"の教科書問題  【NHKニュースウォッチ9】

沖縄の八重山地区での教科書採択バトルの話は以前にも書いたんですが、あの時は、とある反日番組のリポート。

で、おとといNHK【ニュースウォッチ9】(10/25)で、直接取材して報じていたので記録しました。

まず、これ↓を頭に入れて読んでください。

論説委員・石川水穂 逆転不採択を煽った地元紙 MSN産経ニュース  より

 ◆発端は採択制度の改革

 沖縄県石垣市と与那国町、竹富町の教科書採択をめぐり、八重山採択地区協議会で採択された育鵬社の中学公民教科書が同県教育委員会の介入により、八重山教育委員協会で逆転不採択とされた

 八重山教育委員協会は単なる親睦団体で、適正な手続きを経た協議会の決定が採択権のない組織によって覆されたケースは前代未聞だ。文部科学省は逆転不採択の決定を無効とした。当然である。

 なぜ、こんな違法がまかり通ったか。育鵬社など保守系教科書に対する地元紙のバッシング報道が深くかかわっている

002 001_2

アナ「さて、沖縄本島の西にあるコチラ、石垣島などの八重山地区です。尖閣諸島の南に位置しています。領土をめぐる日中の意見のぶつかり合いは、この地区の人にとってはまさに身近で起きている問題なんです。この八重山地区で、実は来年4月から使う中学校の公民の教科書が決まらないという異例の事態が起きています。」

003 004
女子アナ「争点になっているのは2つの教科書。1つは現在使われている東京書籍という出版社の教科書。そしてもう1つが地区の教育長の一部が新たに採択しようとしている育鵬社という出版社の教科書です。

どちらも文部科学省の検定を通ったものなんですけれども、記述には差があります。コチラご覧ください。例えば(フリップ読み上げ)と記述しています。」

アナ「はい。こうしてみますと育鵬社の方が領土をめぐる記述が多いのが分かります。意見が激しく対立する背景には何があるのか取材しました。」

005 006

沖縄本島から南西に400km。石垣島を中心とする八重山地区です。八重山地区は、石垣市・竹富町・与那国町で構成されています。

同じ地区に区分される市町村は法律で同じ教科書を使わなければならないとされています。

しかし今回、竹富町がこれまでの教科書を選んだのに対し、石垣市と与那国町は新たな教科書を選びました。

9月上旬、地区の全教育委員が集まり、教科書の一本化を図るための会議がもたれました。(怒号)

本来、教科書は8月末までに決めなければなりませんでした。しかし、その期限から2ヶ月近く経った今日まで結論が出ていません。

007-歴史と現在と- (ここより NHK沖縄)

公民教科書の採択をめぐる対立。しかし背景には沖縄の歴史をどう教えていくのか考え方の違いがあります。新たな教科書の採択を主張する石垣氏の玉津博克教育長です。石垣氏の教育長になるまで沖縄県内の高校で歴史を教えて来た玉津さん。

008 009

副読本の編纂を行うなど沖縄の平和教育にも深く関ってきました。

しかし、太平洋戦争末期の沖縄戦の被害ばかりを強調しているのでは?と次第に疑問を持つようになったといいます。

玉津さんが選んだ教科書は、自衛隊や領土についての記述が明確だとし、現代の国際情勢に対応した教育ができると考えています。

玉津博克氏現代の色んな様々な動きを取り入れながらこの問題を考えていく、勉強していく。もし受け入れていくということであるならばですね、やはり今現在の沖縄に住む方々のですね、意識が大きく変わっていこうとしている。これを受け入れることによって変わるということも考えられるんじゃないかなと、、」

010 011

去年、尖閣諸島沖で起きた中国漁船による衝突事件この事件がきっかけで今回、新たな教科書が必要と考える人たちも出てきています

石垣氏で商店などを営む若手経営者たちです。国境に接する島では自衛隊や領土について学べる教科書が必要だと感じるようになったといいます。

自衛隊の位置、尖閣とかそういった行政権の位置っていうのをしっかりと明記しているほうが後輩たちのためにとっては、議論の種が1つでも多いほうが良いと思う、、」

012 013014

知らないまま育ち、そうそう、そこを考えるしなかったらどうなるか、、」

「がんばろーーー!!(おー!)がんばろーーー!!(おー!)  」

一方、現場の教師やPTAの間ではこれまで培ってきた平和教育の否定に繋がるのではという声が上がっています。

015 016017

(新たな教科書で)"授業をやれ"と言われたら"嫌ですっ"と断ります

教科書を替える動きを阻止しようと頻繁に集会が開かれています。これまでと同じ教科書を支持する竹富町の慶田盛安三教育長です。これまでの教科書はアメリカ軍基地の整理縮小への取り組みなど沖縄の考え方がしっかりと記述されていると考えています。

018 019

慶田盛さんが4歳の時に起きた沖縄戦。地上戦で多くの住民が犠牲になりました。沖縄に基地があり続けることで再び戦争の惨禍に巻き込まれる可能性があることを学ぶべきだと考えています。

020 021

慶田盛氏「戦争の教訓ですよね。これらは非常に根底にあるものとして今度の教科書の公民分野についても検討してきたわけですけど、教育で使うものですからやはり我々は恒久的なもの(平和)を考えると、基地というものにはもう本当、敏感にならざるを得ない。」

高校の教師として40年近く平和教育に携わってきた新城俊昭さんは、これまでの教科書を支持しています。その一方で現在の沖縄を取り巻く課題をどう社会科教育に盛り込んでいくべきなのか難しさも感じています。

新城氏「沖縄戦に機軸を置いてたのは良いんですけれども、多様化していく現代国際社会の変化でどう私達は対応しなければならないかという部分についてはちょっと弱かったのかなという思いはしています。

じゃあ今までの平和教育がいけなかったのかというと決してそうではなかったわけですから、反省よりも今までの平和教育を踏まえて更に現実問題として今の基地問題として発展させ考えていく必要があると思います。」(VTR終了 スタジオ)

022

アナ「はい、まぁ悲惨な過去を繰り返すまいという従来の平和教育を守る中で、では従来の文脈だけでは語る事の難しい現在の問題をどう教えて行くかそのバランスの取り方をめぐって意見が真っ向からぶつかり合う形になっています。」

女子アナ「両者の間に歩み寄りの動きは今のところありません。八重山地区の苦悩が続いています。」以上

一見、両者の意見を取り上げたようなニュースになっていますが、

冒頭に書いたように八重山採択地区協議会で採択された育鵬社の中学公民教科書が同県教育委員会の介入により、八重山教育委員協会で逆転不採択いう暴挙に出たことには一切触れていませんでした。

つまり、竹富町が(文部省も認めた)正式な採択を無視して、駄々をこねた形。

「自衛隊」や「領土」に関して詳しく記述するなんてあったりまえの話だと思いませんか?!

今までの日本の教育は「領土を守る」という観点が抜けていたんです。例えば「竹島」だってほとんどの人は関心ない。

教科書にしっかり書いてなかったし、マスコミもちゃんと啓蒙してこなかったので当たり前です。国民に考えさせてこなかったんです。それが今の現状に繋がっている。

平和を守ることは当然だけど、「自国の領土の事をちゃんと知り、それを守る」ことはそれと相反することではないはず。

沖縄で過去あった、日教組による『自衛隊、人殺し』という教育の方が大問題だと思うけど・・・

《【必見】沖縄の反米教育・日教組との戦いの証言 》

で、育鵬社へのバッシング報道は沖縄紙だけじゃありません。

日本一偏向報道しているのに、自称:「日本で一番わかりやすいニューストークショー」の朝日ニュースター【パックインジャーナル】 でも、

こんなトンチンカンな司会者が唇を怒りで震わせながら息巻いていました。いつもの事ながら"憲法"の話になっちゃってるし・・ 

東京では知らない沖縄の歴史教科書問題 【愛川欽也パックインジャーナル】より抜粋

006

愛川氏「それ、ハッキリ言えばねっ、あの集団自決ってありましたねぇ、よくニュースで見た、あのよく崖から落っこてって死んじゃっ、かわいそうにさぁ子供連れてなんかして、、

あれはっ、日本軍が関与したか、しないか。つまり日本の軍が。そういう事に関して『あれは軍が関与したんじゃなくて、あのおっかさんが自分の意思でやったんだ』という事にしようというのが、どっちかと言うとその右よりの教科書の歴史だね。」

鈴木氏「うーん、そうハッキリとは書いてないんですけど、、」

これ、本当に沖縄だけの問題じゃないです。真実を歪めているのは、マスコミだという事をもっと知らなくてはいけませんね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年12月12日15:56尖閣諸島上陸・武器輸出三原則見直し問題 安住VS石破 【新報道2001】

今日のフジテレビ【新報道2001】は、

『緊急SP!日本の安全保障徹底討論…北朝鮮暴走&普天間&中国問題で政府VS石破』という事で、なかなか見ごたえがありました。

その中で、尖閣諸島上陸についてと、武器輸出三原則見直し?についての安住氏と石破氏のコメントの部分だけ記録。フジ解説委員の平井氏の質問がナイス~

d77baa5c.jpg
須田氏
「・・あの、北朝鮮と中国という関係で今話を頂いたんですが、中国は日本に対するその直接的な脅威も、もちろん考えなきゃいけないという視点があります。おととい、あの尖閣諸島でこんな事があったんです。」

65a9c50a.jpgカメラマン「ああ、今1人が海に飛び込みました。そして今、南小島に1人が上陸しました。」(ヘリからのリポート)

吉田氏「えー、コチラは沖縄県石垣市の市議会議員2人が尖閣諸島に上陸した模様をFNNのカメラが捉えた映像なんですが、これに対し中国は、中国の領土と主権を侵犯したと非難する談話を発表していますけれども、安住さん、政府はこれに対してどのように対応していくんでしょうか?」

2e6c62bf.jpg
安住氏「まぁ我が国固有の領土ですから、あのー、ただ所有者の方の了解を得ないで入ったりしないように、まぁ冷静にやって頂ければとは思います

まっ特にあのー、お聞きすると、おー、市議会の議員の方々っていう話ですから、まぁその冷静な対応なさった方が宜しいんじゃないでしょうかという風に思います。」須田氏「石破さんは?」

0c0e53c4.jpg
石破氏
「うーん、この方はね、石垣の市会議員の仲間さんと仰る方ともう1人の方なんですけどね、ずっっっとこう、この尖閣の実効支配という事について、我々の時代も含めて、政府がきちんとした対応をしないと。

だからあそこは石垣市のテリトリーですのでね、だから石垣市の代表たる市会議員として、そこへ行かなければどうにもならないと

で、彼は先日も来たんです。市長さんなんかと一緒にね、東京に。だけど、総理も会わなかった。外務大臣も防衛大臣も会わなかった。じゃあいくら言ったって聞いてくれないじゃないかという事があるんですね。

2759f91f.jpg
彼らは別に好き好んでこういう事をやってるわけじゃない。私達の時代も含めて、石垣市の考えている事、沖縄の人達の考えている事、その事をもっと自分の事として捉える姿勢ってのは必要なんだと思います。

だから、これを事なかれみたいにね、静観しても駄目で、どういう思いで彼らがやっているか、それに対して日本政府は真摯に答えているかっていう事が問われているのかも知れません。」

須田氏「あのー、日米統合総合演習が終了したという事は先程もお伝えしましたが、まさにその尖閣諸島など島嶼防衛に応対した作戦訓練も今回の訓練では展開されたようです。中国を牽制する狙いもあると思うんですが・・」(中国の国防費の年々の膨張の分析など 略)

尖閣諸島上陸の件、安住氏に政府の対応について詳しく言ってほしかったです。

石垣市の皆さんが上京した際会ったのは、外国人参政権の件でテレビで堂々とウソをついたアノ末松議員でした。《国民の怒り第2位「外国人選挙権」  【太田総理】》

ここから防衛大綱と社民党についての話です。

6bc84030.jpg
吉田氏
「・・この大綱を元に、今後予算や自衛隊の配備などが決まっていくという非常に重要なものなんですが、ここに来て、菅政権と社民党が接近した事で、兵器の国際共同開発などが行えるようにする為の武器輸出三原則の見直しは明記を見送る方針を決めたという事なんですが、平井さん、この民主党と社民党の復縁の動きといいますか、このあたりはどうでしょう?」

ff9d08f3.jpg
平井氏
「これはね、ちょっと安住さんに一言文句を言っておきたいんですが、

その防衛大綱の2つの目玉があって、そのうちの1つが武器輸出三原則の見直しだったんですが、これがまぁ社民党の反対で見送りになったと

あのー、安住さんね、たった10人しか国会議員がいない政党の考えでこの日本のここ10年間の国防政策が変えられる、、ちょっとおかしいんじゃないかなと思うんですね。

で、目玉のもう一つである南西重視。まさかこれもですねぇ、社民党がガタガタ言ってますが、これについてはまさか変えるという事はないですよね!、安住さん!」

09aebf41.jpg
安住氏
そんな事は絶対にさせません

あの武器輸出三原則の話もちょっとあの、そこに明記見送りと書いてありますが、まっ原案の中では、見送っているのではなくてあのー、明確に変えますっていう事は大体その実は、大綱というものの書き方によるんですけども、大綱というのはこの10年でこういう方針で行きますよっていうのを書くわけですよね。

32e97248.jpg
で、その中ではですね、あの素案って言いますか、あの今抱えている、例えばその国際共同開発の流れ、それから例えばPKOなんかで行った時に資材をそのままその途上国に例えばそのまま供与するとかですね、なかなかままならないような状況。

こういう事については、きちっと問題として列記をして、今後はやっぱり検討して行きましょうっていうようなですね、事は是非書かせてもらいたいと、今、調整をしている最中なんですね。」吉田氏「ああ、そうですか~!?」

須田氏「石破さん、そういう中、社民党へ菅政権がこう呼びかけている声を掛けたという、この事態をどう見ますか?」

da049833.jpg
石破氏
「うーん、だから、福島さんがね『私がブチ切れるような事は言わないでね』と(菅さんに対して:須田)言ったわけですですよ。

彼女がブチ切れるってのは何かって言うと、普天間を辺野古に移設する・・ブチキレましたね。武器輸出三原則を解除する・・ブチキレますね

だけどその事がどれだけ国にとって大切かって事なんですよ。

私はね丁度10年前、安住さんの立場にいた。防衛庁副長官やった。その時からどうやってこの武器輸出三原則というものを解除するかという事を考えてきた

dea81f5d.jpg
いいですか。戦闘機にしろ、潜水艦にしろ、あるいはイージスにしろ、一回持ったら30年使うんですよ。30年間の時代の変化に耐える物を造らなきゃいけないんです。

だとすれば、共同研究・共同開発しなければ30年間耐えられる物を造れない中国の軍事費の伸びっていうのは、金額もそうですけど、中身が物凄く高度化してるんです。第5世代の戦闘機も造る、静粛性の高い原子力潜水艦も持つ

だとするならば30年先を見越して日本は最先端の技術を持たなきゃいかんじゃないですか。財政が厳しい中、少しでも質を抑制しようと思えば、それは共同研究・共同開発するとが大事じゃないですか。色んな国とやろうと思えば同じものを持って、みんなが使う事が大事じゃないですか。今さえ良きゃいいんですか。

30年先を見越してどうやるかってのはまさしく今の菅政権が決断すべき事だと。今まで色ーんな人達が努力して努力してやって来たものを是非無にしないで貰いたい。」

72070ab8.jpg
安住氏
「私もあのー、これは石破前大臣と全く同じ考えでして(笑)、実は今武器の話なさいました。共同開発から遅れるとですね、結果的にやっぱり2倍近いお金を払ってその武器を購入しないといけない。

尚且つ壊れた時にですねぇ、そのまま日本国内で例えば直せなくて、それも何十倍というお金でまた払う。この財政難の時にそんな事また続けるのかと。

それからもうひとつはですね。(自民党時代に例外にし、提供している地雷除去装置については、国際平和に役立っているという話)

ですから、私は是非あのー、社民党の皆さんにもお願いしたいのは、こう頑なな態度じゃなくて、ひとつずつ是非あの認識をしていただいた上でね、日本の今の抱えているこの問題点、そもそもこれ佐藤内閣のですね、共産圏に対する輸出規制から始まっているですね、非常に時代に合わなくなってきた現状っていうのは、是非ここは分かっていただきたいという風に思います。」(日米同盟の話など   以下 略)

安住氏は、石破氏が喋っている間中、頷きっぱなしでした。

で、安住氏は社民党との連立は絶対にないと断言していたし、武器の国際的共同研究・開発はする?ように言っていました。ホントかな~?

とにかく、社民党みたいな党が日本の政権の舵に手を伸ばすなんて以ての外!民主党支持者も怒るべきだと思います。あと、大連立の事も石破氏はキッパリ否定していたので安心しました。

石破さんの分かりやすい解説と、安定感はやっぱり素晴らしい!! 『日本国はどうあるべきか』がよーく分かるもん!☆どっかの総理大臣も見習ってほしいものです。

沖縄県石垣市の市議会議員2人が尖閣諸島に上陸した模様をFNNのカメラが捉えた映像の詳細はこれです。

【独自】尖閣諸島2人上陸   【スーパーニュース】
99c6ae85.jpg

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく