消費税

2020年07月09日14:57イギリス政府、半年間「消費税」を20%→5%に【BBC】。ドイツは19%→16%(食料品等7%→5%)
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】イギリスBBCで、
新型コロナで経済大打撃の、英国政府が半年間、付加価値税の税率を20%→5%に下げ、外食産業支援として全てのレストランで使える割引券を発行すると報じていたので記録しました(青字はナレーション)
イギリスの武漢肺炎での苦難は日本の比じゃないのに・・
(英国:致死率15.5、感染者数288,511、死亡者数44,602 
 独逸:
致死率  4.6、感染者数198,699、死亡者数  9,048 
 日本:致死率  4.8、 感染者数 20,361、死亡者数    981)         2020.07.09 13:19 (日本時間)
半年とは言え、一気に15%も下げるなんて素晴らしい☆
経済のV字回復はこれしかないでしょ!日本も続くべし
(スタジオトークはやや要約)
一旦上げた消費税は、下げれないと思い込んでる人には衝撃のニュースでしょうね。
しかも、一気に15%(20%→5%)下げるんだから。
何もしなけりゃ、過去誰も経験した事のない大不況が来るのが目に見えているので、
この位思い切った政策するのは当然 去年の日本の消費税増税自体失敗だしね。
そもそも、日本の「消費税増税」、「増税による財政再建がなければ日本もギリシャへの道を辿る」とマスコミが言い続けてきたから、そう思い込んじゃってる人が多い。
そしてこのアホが国際公約しちゃった
«どこを見て政治をしているのか?!全てのツケは国民へ!消費税増税、国際公約【TVタックル】»2011年11月01日

005 006

野田総理「復興財源案では基幹税である所得税や法人税、個人住民税の時限的な引き上げなどにより、国民の皆様に一定のご負担をお願いする事としています。」

そして更に、消費税率10%をG20で安住財務大臣が国際公約。・・
野田政権ではマニフェストに「消費税増税」明記し、不退転でやり遂げると言ってましたね
«野田総理、「公約で消費税増税を明記」「不同意議員は公認せず」 【ANNニュース】»2012年07月12日
だけど、民主党マニフェストを実行するには、消費税10%上げたところで全然足りない事も明らかに!
なのに、民主党政権時代に担当相として消費税増税を決めた岡田克也氏は、安倍政権攻撃で「消費税先送りしろ」と無責任追及(呆)
«民進党・岡田代表の消費増税先送り&「約束を果たさないのなら内閣総辞職に値」発言と、民主党時代の発言 【NHK党首討論】»2016年05月19日

78cc653f.jpg

政府は消費税10%の方針を固めていますが、民主党は、マニフェストで約束した年金改革にはに増税が必要だとしています。中継です。」
小池記者「はい。民主党がここにきて、検討を始めた改革案はこれです。

0ab75897.jpg 1098f971.jpg

2009年の衆議院選挙マニフェストに沿った案ですが、

柱となるのが、月7万円もらえる「最低保障年金」の創設です。そして、国民年金、厚生年金、共済年金をすべて一元化し、払った保険料に応じてもらえるお金が決まる「所得比例年金」です。・・
実は、IMFのデータだと先進国G7の中で、日本はカナダの次に2番目に良い状態だし
«【消費税10%】高橋洋一氏「財務省に騙されるな!財政再建はとっくに完了!財務省・マスコミは隠している!」 【正義のミカタ】»2018年10月21日

(経済学者で、財務省の内部事情にも詳しい・高橋洋一氏紹介)
4 6
高橋先生のミカタ「軽減税率なんで目くらまし。増税なんて必要なし」

アベノミクスの立役者。 安倍総理の”師匠”が解説!
日本は1年間、消費税10%→0%で良いと思います!
だけど「下げても良い」か、一応民意を問うのは当然で、これを旗印に総選挙すべき。
もちろん「憲法改正」も掲げて。
そうしたらどっちつかずの与党議員も腹くくるだろうし、野党は壊滅するし

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2019年11月28日13:56#IMF「消費税を15%に」提言、ネット「違和感」。「IMFは財務官僚の出向機関で・・」
「消費税15%が望ましい」IMF報告書に批判殺到している件、
テレビ朝日の報道が真っ当だったので記録しました(青字はナレーション)
この際、「IMFは日本財務省の意向」「IMFの非常に厳しい貸し付け条件」等、IMF解説を分かりやすくやっていた番組も紹介します。
 ちなみにその8年前は「IMF」を知ってる人が26%でした。
1997年、韓国がIMFから約2兆3500億円を厳しい貸し付け条件で借りた時、韓国がやったのは、暖房を-5度まで入れないとか、貴金属を持ち寄って供出したとか・・その悲しい歴史振り返ります。
先月、消費税率を10%に引き上げた日本。家計の負担が気になる中、来日していたIMF(国際通貨基金)専務理事のこの発言が波紋を広げています。
IMFIMF2
IMF・ゲオルギエワ専務理事「IMFの見解としては徐々に消費税率を引き上げることが有効だと考えています。」
IMFは消費税率を2030年までに15%、さらに2050年までには20%まで段階的に引き上げる必要があると提言したのです。
IMF3
これに対し、ネット上では反発の声が上がっています。
「日本語で『大きなお世話』だという」「内政干渉IMFおばさん」
消費税率を引き上げたばかりのこの時期にIMFの増税の提言に違和感を持つ人も多いようです。
IMF4 IMF5
そもそもIMFとは加盟する約190カ国の貿易の促進や国民所得の増大などを目指す機関で、国際通貨制度の番人として1944年に設立されました。
IMF6
消費税率を段階的に引き上げる理由としてIMFは、日本の高齢化を挙げ、働き手が減る一方で、年金や医療費などが増え続け、国の財政運営が厳しくなると指摘しています。それにしても、なぜ日本へここまで具体的に提言するのでしょうか。
IMF7 IMF8
第一生命経済研究所・永濱利廣首席エコノミストIMFというのは、日本の財務省からも職員が出向していまして、政策提言的な部分は各国の財務省の意向が色濃く反映されているのが特徴があるんですね。
IMF9 IMF10
ある意味、直接自国の国民に言いにくい耳の痛い話をIMFという外的機関を使って発言する事はよくある事ですね。 」
このようにネットの声や、IMF自体の性格を報じたテレビ朝日のこの報道姿勢はグッドです。
短いけれど実に分かりやすい☆NHKはIMFの提言だけを報道してて、他局はニュース検索で出てこない)
まだ完全にデフレ脱却してない日本、消費税増税したばかりだし、消費税増税を提言するIMFのセンスを疑いますね(呆)
まさに「内政干渉IMFおばさん」『大きなお世話』だわ!(;一一)
ではここから、8年前の「IMF解説」を紹介。

元財務省官僚で金融危機の対策などを行っていた小手川大助の「MFっていったい何?」という話

«IMFって何?! ギリシャ・韓国・日本の場合 【そうだったのか!学べるニュース】»2011年12月09日

・・・続いてのニュースは、ヨーロッパ経済危機、その火種は今や世界中に飛び火し、日本にも超円高の原因のひとつとして影響を及ぼしています。

そんな中、最近ニュースでよく目ににするようになったのが『IMF』 

001 002

(中略)

026

IMFについて教えてくれるのは、元財務省官僚で金融危機の対策などを行っていた小手川大助分からない事を来年まで持ち越さず、これを機会に是非知っておきましょう。

(タレントのああでもないこうでもないという話 略)

2012年、世界経済のキーワード、IMF。でもIMFっていったい何?

027

小手川氏IMFは国際通貨基金で、これは国際機関のひとつ。」

IMFは、日本語で国際通貨基金と呼ばれるように、世界中のお金にまつわる仕事をする経済の国際機関の事。

001 028

国連のように世界各国が加盟しており、その数187ヶ国

それらの国から選りすぐられた2400人もの経済のスペシャリスト達が働いています。

029 003

今日解説していただく小手川さんも昨年までその1人だったのです。

では、そんな経済のプロが集まっているIMFは一体どんな仕事をしているのか?

小手川氏「ある国が借金をたくさん抱えてどこも貸してくれない時に、ここに最後に駆け込むといういわゆる駆け込み寺的なもの。」

004

そうIMFはお金が足りない、そしてどこもお金を貸してくれない状態の国に対してお金を貸すのが主な仕事

本来国は、国民から集めた税金を道路の建設費や公務員の給料など、国の運営資金として使います。それが足りない時は、国債を発行し、国内や海外の銀行・投資家などから借金をして賄います。この借金はもちろん徐々に返して行かなければいけないのですが、国の財政が悪化するなどしてお金を返すあてがなくなると国債を買ってくれる人がいなくなり借金が出来なくなります。

そんな国にとって最後の貸し手となるのがIMF。どこにも国債を買ってもらえなくなった国はIMFにお願いしてお金を借りるのです。

005

1997年には韓国がIMFからおよそ2兆3500億円を借り、経済危機を乗り切っています。しかし、そんな多額のお金をIMFはどうやって用意するのでしょうか?

006 007

小手川氏「世界で187の国がメンバーになっていて、お金はみんなで持ち寄って互助会みたいな形。ちなみに日本は10兆円以上の投資をしている。それはIMFで2番目に多く、1番はアメリカ。

008 009

投資だが金利は低いので利益は期待できない。

日本が10兆円出した時は、リーマン・ショック直後。IMFにお金がないと全世界に援助できない可能性があった。全世界が沈み込むと日本にも影響がある、、」

借金大国の日本が何故10兆円も出すのか?

010 011

それは世界第3位の経済規模を持つ国として、世界経済を安定させる責任があるから。

更に、もしどこかの国が借金出来ずに破産してしまったら、今回のギリシャのように日本を含む全世界が大きな打撃を受けるからなのです。

小手川氏「(日本にも貸してくれるのか?)それは日本政府がお願いすれば貸してくれるが、その際には非常に厳しい条件がついてくるので、出来れば最後まで借りない方が良い。」

012 013

そーなんです。最後の砦、IMFからお金を借りる場合、必ず返済できるように、その国には厳しい貸し付け条件が突きつけられるのです。

小手川氏「通常、ここにお願いに行く国は、もう本当に国が破産しそうになって、銀行預金も全く返ってこないというくらいの非常に厳しい経済状況の国。」

では、IMFがお金を貸すための厳しい条件とは? まずは今回のギリシャへの厳しい条件を見てみましょう。

014 015

小手川氏「例えば、公務員の人数を3万人削減、給料4割カット。年金も削減。消費税21%を23%にするというのが絶対条件。なので一時に全部貸すんじゃなくて、

016 017

6ヶ月置きに少しずつ貸していってチェックする。」

お金を貸す厳しい条件は国によって異なります。

1997年にお金を借りた韓国は、条件を満たす為に意外な行動を取りました。

小手川氏「韓国の場合には、エネルギーの輸入削減、消費節約という条件をつけたが、

それを受けて韓国政府と民間の団体がやったのは、

018 019

暖房を零下5度になるまで入れないとか、みんなが持っている貴金属を持ち寄って政府に供出してなんとか財政を助けようというような事をした。」

020 021

厳しい貸付条件。それは裏を返せば、赤字体質の国が強制的な指導でしか健全になれない経済状態にあるという事。

IMFにお金を借りるという事は、国としての信用が無くなるという事なのです。そうならないよう、IMFにはお金を貸す以外にもう1つ大きな仕事があります。

022 023

それが世界各国の財務状況の調査。これは財務状況が危険な国を前もって知るために行っています。そしてこの調査で今、なんと日本が目をつけられているのです。

小手川氏「やはり収入を増やしなさいと2012年には消費税を7~8%まで上げた方が良いんじゃないかと言ってきている。(10兆円を預けているのに?) IMFが言っているのは、今のような国の政策を続けていくと色々不安が起きる要素があるので前もってちゃんと手当てをしておいたほうが良いですよと、、

024 025

日本の借金は現在金額にしておよそ1000兆円

しかも毎年増え続けているので、外国に比べて低い消費税を上げるなどしっかり返済計画を考えておきなさいと忠告をしているのです。

つまりIMFとは、困った国にお金を貸したり、各国の財政状態を調査している機関の事かなりのスパルタなので日本はお世話にならないよう、しっかりとした政策を取っていかなければなりません。 ・・
「日本は借金大国」「このままでは日本は破綻って・・もう騙されないからね。それ言って国民を騙せる時代はもう終わった。
日本の既存メディアが全く報じないけど、2018年10月に「IMFから出されたレポート」(貸借対照表・バランスシートで見れば資産と負債がほぼトントン)を高橋洋一氏が読み解いたし
IMFが公表した日本の財政「衝撃レポート」の中身を分析する 2018.10.15
武田邦彦氏も日本財政の健全性を示し、「借金1000兆円!」と財政破綻を煽るのはフェイクニュースだと
「日本国の借金1000兆円」は嘘?武田邦彦教授が報道に怒り
・・「日本国は1000兆円の借金がある。子供につけを回すな」と財務省が言うと、それをNHKが放送します。事実は、「日本国は約300兆円の黒字で、政府が国民から1000兆円を借りていて、将来、子供に1000兆円を返す」ということですから、借金ではなく資産なのです。真逆のことを財務省が言っていて、NHKはそれが間違いであることを知っていて「財務省が発表したから」という理由で、そのまま伝えるというのが「フェイクニュースの仕組み」なのです。・・

財務省は、消費税増税に関し、IMFを使って外圧かけるのをやめなさい!乗っかるメディアもみっともないよ。
おまけ

«#韓国エクソダス で韓国経済大ピンチ「国際資本が韓国経済に完全に興味を失っている」【#ミヤネ屋】»2019年11月22日
2大変危険なシグナル
IMF再び

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年01月24日15:02『10%+数% 追加増税』が火種に!民主党年金抜本改革急浮上 【ANNニュース】

テレビ朝日【お昼のANNニュース】で、

今国会が、民主党年金抜本改革急浮上で、“追加増税”が火種に!というニュースをやっていたので記録しました。

よくテレビコメンテーターは、「消費税引き上げは自民党も民主党も一緒だから、選挙になっても争点がない」と言っていますが、そもそも民主党には消費税をいじる資格がないと思う。

18a72039.jpg 915106dd.jpg

アナ「”消費税国会”が今日開幕します。政府は消費税10%の方針を固めていますが、民主党は、マニフェストで約束した年金改革にはに増税が必要だとしています。中継です。」

小池記者「はい。民主党がここにきて、検討を始めた改革案はこれです。

7008a6c2.jpg 1794b9d3.jpg

2009年の衆議院選挙マニフェストに沿った案ですが、柱となるのが、月7万円もらえる「最低保障年金」の創設です。そして、国民年金、厚生年金、共済年金をすべて一元化し、払った保険料に応じてもらえるお金が決まる「所得比例年金」です。

f20b25b0.jpg b87ceac6.jpg

これをすべて実施しようとすると、消費税は10%では足りず、さらに数%の増税が必要だと岡田副総理など政権幹部が立て続けに発言しています。

どうしてこうなったのかということですが、これは、公明党が与野党協議に応じる前に「社会保障の全体像を示せ」と主張したからです。」

山口代表抜本改革の年金財源、消費税、この姿が不明確なまま議論しようというのでは、これはまさに画竜点睛を欠くと、、」

6cc7b166.jpg

「民主党幹部は、公明党を取り込むための環境整備だと考えています。

しかし、消費税10%の法案も手つかずの状況の中で、更なる上乗せ案が出てきたことで、新たな火種となることは間違いありません。」(政治部・記者)以上

この件については、TBS【朝ズバッ!】で、杉尾秀哉が解説していました。

4cce76ae.jpg

杉尾氏「この中に・・あっ、ここに書かれてますねぇ、いわゆるその最低保障年金、この税にその税を財源とするその最低保障年金7万円っていうのを、これ掲げていて、これをその実現しようと思ったら、更に要するに消費税を上げなきゃいけない

だから、その今その10%上げるって言ってるのに加えて、その部分も更に上げるってことになるとますます国民の理解が得られないって、こういう状況になってるんですよね。(ええーー!:みの)

ただ『公明党は全体像を示せ』って言うもんだから、じゃあ全体像を示したらこの最低保障年金ってのがやっぱ入ってくるっていう、、まっだから民主党の中、もう今もう矛盾に満ちみちゃってるわけですよ。」 みの氏「ねーーー、どうするんだろうねっ?」

これは、公明党GJですね(笑)

内緒にしてたのに、公明党を取り込もうと思って、つい本当の事をこのタイミングで岡田氏らが言いまくってるわけね。

ここで、2009年の『変わるのはあなたの生活です。民主党の5つの約束』というのをちょっと思い出しましょうか。

 a24f9c41.png
      

政権交代から随分経ちますが、今の時点で、1.ムダつかい の削減(予算の組み替え)がとっくに出来ていないと、あとの4つは膨大なお金のかかる話なので、ますます赤字を生むことになります。

09年マニフェストのバラマキ政策を全部やろうとすると、消費税に換算して20%要るそうです。(与謝野氏試算)

そりゃあ、最低保障年金7万円はマニフェストに書いてあるけど、そもそも財源あってのマニフェストって事を民主党は分かってない。

財源も見つけられないまま、あれもこれもというから、すべてがちぐはぐになって・・で民主党は矛盾だらけになっている。

つまり民主党の約束は、一度ご破算にして国民に信を問い直すのが筋だって事。(←このへんの事をコメンテーターは言わないんだけど)

こういう状況で消費税を引き上げるなんて・・・、こんな重要なこと、民主党はやっちゃいけないんです。資格がないんです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年01月20日11:20辻褄合わぬ野田総理、過去演説で(シロアリ)真逆発言 【やじうまテレビ】

テレビ朝日【やじうまテレビ】の朝刊チェックのコーナーで、

"消費税"と"マニフェスト"に関し、野田総理の過去発言が真逆だったという記事を取り上げていたので記録しました。またしても、巨大ブーメラン!ってカンジなんですが、コレ、朝日の局アナも朝日コメンテーターも批判しませんでした(・・;)

a8038d1d.jpg 5bd7128d.jpg

アナ「・・さっ、そしてコチラ、まっまぁひとつ映像の話ではあるんですが、

『書いてある事は命がけで実行する。書いていない事はやらない。これがルールです』と、これ野田総理が2009年8月の衆議院選で、街頭演説の際に言った事なんですが、この映像がYouTubeで流れて話題を呼んでいるんだそうですねぇ。

7249dc03.jpg 054c7955.jpg

野田総理、当時、民主党幹事長代理で、当時の自公政権に対しまして『書いてあった事は何もやらないで、書いていない事は平気でやる。マニフェストを語る資格がない』と批判していたんです。

ところが総理は先日ですね、野党側の姿勢に対して『マニフェストに書いていないことをやるのはけしからんと言われたら何も出来ない』と批判したばかりという事で、長田さん、整合性を問われそうだ。 と書かれていますねぇ。」

ba3bc603.jpg 1a6da3e5.jpg

長田氏「前に言った事がまさにね、こう自分にこうね、はねかって来ているような感じですけどねー、あの、この前のね、内閣改造で、総理自らが『閣僚は発言の重みに気をつけなさい』なんてわざわざ言ったんですけどねー、そういう意味では皮肉な感じもしますけれど、

あの、まっ、書いてないことでもね、本当に国民のためになると思えばやっていただければ良いしね、で、やるといった事をとにかく、まっ、やって頂きたいと、それだけです。」

アナまっ、全てね、国民のためという事でね、さっ、続いてコチラも政治なんですが、

713f65cf.jpg e5a61b04.jpg

新党きづな(内山晃代表)が野党から冷ややかな扱いを受けているというんですねぇ。(読売新聞の以下の記事読み上げ)


野党と「きづな」結べる?「小沢別動隊」と警戒 

民主党を除籍となった衆院議員9人でつくるきづなは「野党入り」を要望しているが、所属議員の多くが小沢一郎民主党元代表を慕っているため、野党には「『小沢別動隊』を加えたら、野党の戦略が元代表側に筒抜けになる」(公明党)といった警戒感が広がっている。

 内山氏は19日、新会派結成の報告のため、国会内の野党各党の控室を回り、「我々は与党と野党の間の『ゆ党』の立場だが、スタンス的には野党なので、ぜひ野党の仲間入りをさせてほしい」と要請した。

 共産党の穀田恵二国会対策委員長は内山氏と会談後、記者団に「自分から『ゆ党』と言っているのだから、野党の枠組みでなくてもいい」と語った。自民党幹部は「相手にすべきかどうか難しい」としている。(2012年1月20日08時40分 読売新聞)」

消費税をめぐる野田発言の整合性?・・全くありませんねぇ。そもそも、「財源はある!」と言い続けていたのが民主党ですし。ちなみに、話題になっているYouTubeはコレ

マニフェスト、イギリスで始まりました。ルールがあるんです。書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことはやらないんです。それがルールです。
書いてないことを平気でやる。これっておかしいと思いませんか。書いてあったことは四年間何にもやらないで、書いてないことは平気でやる。それはマニフェストを語る資格がないと、いうふうにぜひみなさん思っていただきたいと思います。
その一丁目一番地、税金の無駄遣いは許さないということです。天下りを許さない、渡りは許さない。それを、徹底していきたいと思います。
消費税1%分は、二兆五千億円です。十二兆六千億円ということは、消費税5%ということです。消費税5%分のみなさんの税金に、天下り法人がぶら下がってる。シロアリがたかってるんです。
それなのに、シロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?消費税の税収が二十兆円になるなら、またシロアリがたかるかもしれません。

鳩山さんが四年間消費税を引き上げないといったのは、そこなんです。シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。
そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。徹底して税金の無駄遣いをなくしていく。それが民主党の考え方です。 (動画説明文より)

これこれ!この過去発言こそが民主党の主張でした(遠い目) 今の総理大臣と中身一緒かなぁ?💦

コロコロ変わる口先だけの政治家に消費税をいじらせるのは絶対に嫌だわっ。

信用できるわけないじゃないですかー!

(おっと、忘れるとこでしたが、「きづな」とやらいう新党に関して一言いうと、相手にされないのが当然だと思う。国民のために結党したんじゃないしぃ。)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年01月04日21:23「新マニフェスト 仙谷氏始動」の記事へのコメント   【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】のお出かけ前の朝刊チェックで、

次期衆議院選に向けて前原氏と仙谷氏が新マニフェストの策定に本格的に取り掛かったという記事を取り上げていたので記録しました。初っ端のみのもんたのハイテンションが意味不明・・・?!

6652147b.jpg

みの氏「あのねっ、(はい:女子アナ)そろそろ動き出すなと思いました。この方、(仙谷さんですか?:女子アナ) この方が動き出すなと思ってた。早かったねぇー(そうですね:女子アナ) ははぁー」

女子アナ「早速、次期衆議院選を睨んでのこの動きという事です(仙谷さん:みの) はい(よしっ:みの) 読売新聞です。ご紹介しましょう。民主党です。

c74d0d9f.jpg 6edea5ba.jpg

次期衆議院選に向けた選挙公約(マニフェスト)の策定作業に本格的に着手します。

財源難などを理由に子供手当てや高速道路無料化など2009年衆議院選で掲げた主要政策の多くが行き詰まった反省を踏まえ、実現可能性に重点を置いたマニフェストをまとめたい考えですが民主党内には看板政策見直しへの反発も尚強く、作業は難航しそうだと読売新聞は伝えています。」

みの氏「若狭さん、マニフェストはいいんだけど1年2年で変わるんじゃないでしょうね(笑)」

9c9e97d3.jpg 3cec787d.jpg

若狭氏「そうですよね、ですからマニフェストの中で、これは絶対やると。もしやらなかったら解散総選挙に出ます!とかそういう位置づけって言うかですね、それを明確にランク付けしてマニフェストをやはりやるという事が必要じゃないかと思います。」

みの氏「だから大阪の橋下さん、分かりやすかったですね、『民意を問う!』って言ってホントそうなりましたもんね~。」

若狭氏「ですから要するにもう空手形みたいになっちゃってるわけですから(今ねー:みの) これからのマニフェストって本当に重要だと思うんですよね。」

みの氏「どう思いますか?仙谷さん。」

4ddb1f87.jpg 68c2a976.jpg

片山氏「ええ、今の段階でですね、新しいマニフェスト出しても多分国民はほとんど信用しませんのでね。(信用できないですよ:みの) ですからまずね、これまでのマニフェストがどこでどういう問題があったのか、それを今後どういう風にバージョンアップするのか、バージョンダウンするのかですね、これをちゃんとやるところからやらないと、今度これですと言ってもですね、多分ソッポ向かれるでしょうね。」

みの氏「ホント、そうですよね。逢坂さんどう思いますか?」

逢坂氏「あの、年末に野党から『マニフェスト違反だ!』って言われてますもんね。だからまぁこう今準備に入ったってところなんでしょうかね。またなんか政治ゲームが始まりそうな嫌な予感がしますけど。」

みの氏「どうなんですか? やたらポスター印刷している議員さんが多いって(笑)」

若狭氏「まぁ要するに総選挙を既に意識しているんですけど、やっぱりやるべき事をまずやるという事ですかね。」 みの氏「内容的にはどうなんですか?」

e0ad1757.jpg

女子アナ「内容的にはですね、まぁ仙谷さんがお顔写ってますけども、まぁ前原さんが仙谷さんに、これまで菅政権で官房長官として腕を振るった、腕を買いまして、それでマニフェストの、、(腕振るったの?:みの) 

という風にね、前原さんは判断したという事なんでしょうが、それに向けて仙谷さんがという事らしいですね。」(以下 略)

ジタバタ振りが滑稽ですね。でも、年が明けて解散モードになっているのは歓迎。

マニフェスト云々言うならば、1丁目1番地の八ツ場ダムも、結局政調会長の前原氏が「うん」と言わないと出来ないという政策決定のシステムにしたはずなのに、なし崩し・・・

消費税だって、閣議決定もしていないのにG20・APECでも、消費税を2010年代半ばまでに段階的に10%に引き上げると、国際公約・・・

そもそも民主党は、政権交代前には、「4年間は消費税を上げる必要はない」と主張し、。2009年の「政策インデックス」でも、税率5%を維持する、と明記しています。

で、鳩山元総理は、「消費税をこの4年間の間に触ることはしない、そのように決めております。」と国会で答弁しています。

鳩山と言えば、普天間問題も結局グチャグチャ・・・(;一一)

まず、政権交代した時の「出来る」「やります」と言っていたのを詐欺だと認めるとこから始めたら、ちょっとは見直してもいいわ。マニフェストを少しいじった位では、もう何も変わらない。

私だって、消費税はいずれ上げないといけないと思うけど、鳩山政権の「信」を引き継いでいる野田政権は、どう考えても消費税をいじる権利はないと思う。

消費税をいじるのなら、その前に解散総選挙で国民に信を問うのが筋ってもんですよねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月30日11:38朝鮮総連「民間人に死者なし」、 砲撃正当化の嘘文書【やじうまテレビ】

テレビ朝日【やじうまテレビ】の元祖やじうま新聞のコーナーの、

朝鮮総連の呆れた文書の記事と、増税かも!という記事を記録しました。総連は、馬脚を現したというか、自爆でしょう(・・;)

06a56cb0.jpg

吉澤アナ「東京新聞参りましょう、コチラ。えー、コチラは内部文書という事なんですが、

『民間人死者いない』 総連 砲撃正当化の内部文書 (アンダーライン部分読み上げ)

84f32813.jpg
 北朝鮮による韓国延坪島(ヨンピョンド)砲撃について、

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が「民間人に死者はいない」と主張する内部文書を配布している。

砲撃を正当化して民間被害への非難をかわし、総連組織内部の動揺を抑えるのが狙いとみられる

 文書は「西海(黄海)で起きた砲撃戦について」と題し、九ページ。総連関係者によると、中央本部(東京)で幹部や活動家ら向け教養資料として作成され、二十七日からメールなどで配布された。

 北朝鮮では朝鮮中央通信が二十七日の論評で「民間人死傷者が出たのが事実なら至極遺憾」と表明したが、総連は文書では「民間人では死者も重傷者もいない」と断定している。

c545e0e3.jpg
 根拠について「死亡した二人は島住民でなく軍施設工事のため本土から来た人間で施設内で砲撃を受けた」と記述。

「(北朝鮮による第一次砲撃は)島の軍砲台(だけ)を正確に打撃した」ので「住民は防空壕(ごう)にみな退避できた」とし、家屋や商店が破壊された住宅地で負傷者が出た事実には触れていない。

という事なんですねぇ。こういうのがあると!、朝鮮総連自体に対して、やっぱり国民から不信の目が向けられてしまうわけですよ。

三反園氏「そこが問題なんですよね。だからこういう事があると、一番かわいそうなのは誰かというと、子供達なんです。(そうです) ねっ!高校無償化の見直しもそうだけども、そこに影響を与えるという事を考えて、やっぱりこういう物も含めて発表しなきゃいけないでしょうね。」

0fa7e4bf.jpg

吉澤アナ「そうなんですよねー、ちゃんと正しい姿勢を持たないと、それこそ高校の無償化ってのと絡めるってのは、ボクは個人的にはおかしいと思うんですけども、でもやっぱりねー、ちゃんとしてほしいなと思います。」

(不透明な政党の調査委託費の記事 略)

吉澤アナ「・・さぁ、そのお金なんですけども、コチラ東京新聞参りましょう。

be6ad343.jpg
政府税制調査会が2011年度税制改正で、地方税である住民税の各種控除を廃止する検討に入りました。

生命保険料控除・地震保険料控除・退職所得の税額控除などが対象で給与所得控除などの国税の所得税について、控除の縮小を進めている方向性に伴いまして、地方税を管轄する総務省も長年の懸案を俎上に載せた。

と、お金がないんだからこういう所から取ろうとしているわけですよね!」

04c6dcc0.jpg
三反園氏 「あのねぇ、小手先でねぇ、色んな事をやろうとしてるじゃないですかぁ(ええ)こういうのはねぇ、やっぱりボクはダメだと思うんですよねぇ。年金だってそうでしょ!(はい)

お金がないから貰えるかどうか分からないとか、基礎年金部分とかを含めて色々と言われているわけじゃないですか!

そうするとね、もう政党・政治家、つまり政府がですね、正直にね、つまり消費税なら消費税、定員削減するとその代わり消費税お願いしますとかね、そういうものをやはり示して欲しいですよね。」

d98b0542.jpg吉澤アナ「本当、そうですよね。」(以上)

朝鮮総連ってバカですか?? 本国は「遺憾」って言っているのに、なんなんでしょう??

なんにせよ、日本人はお口ポカン状態です。数年後、このウソも教科書に載るんでしょうね!!

こればっかりは、吉澤アナ・三反園氏でさえ呆れてしまってました。

まっドサクサに紛れて、持論の朝鮮学校無償化の事は今日も何気に訴えていましたが・・(苦笑)

あと、民主党の増税のやり口には、アカヒもお怒りのようですね。

もう、外交もダメ、国会運営もサイテー、景気・雇用対策もダメ、財源確保も失敗・・

民主党政権になって、何か良い事ありましたか??ナントカ維新とか言っていたような気がしますが・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年08月06日21:26久々に山岡元国対委員長と鳩山元総理登場~ 【Nスタ・スーパーニュース】

TBS【Nスタ】とフジテレビ【スーパーニュース】で、

民主党内の"反菅の動き"と"不協和音"をやっていたので記録しました。(青字はナレーション)

まずは、TBS【Nスタ】より

005_2

(スポーツ議員連盟、谷亮子参議院議員が新会長決定までの大モメのニュースのあと・・)

006

007 008_2

丁度同じ頃、ある勉強会が行われていた。
参加したのはおよそ150人もの議員達。呼びかけたのは山岡前国対委員長だ。  

009011

山岡氏
我が党の本当に結党以来の危機が訪れて来ていると言っても過言ではないと、、(菅首相が)消費税をという話が出されて、それはマニフェスト違反じゃないかと、こういう思いを強くもたれたところにこの(参院選)大敗の原因があったと、、」

冒頭から菅総理への批判を展開した山岡氏。出席者に配られた紙には更に激しい文言が踊る。

-このままいけば民主党は次の総選挙で政権を失う。衆議院一期生は全滅状態になる。「座して死を待つ」というわけにはいかない。-

012 013参加者には、小沢前幹事長に近い顔ぶれが目立つ。

我々は小沢氏に近いある議員が、参加者の名前を控える様子を目撃した。この勉強会の目的はどこにあるのか。

山岡氏体制も本当に一新をして、新たな体制でですね、マニフェストの原点に返って、えー、そして国民の皆様のこの失われてきたその失望感というのを取り戻すと、、」

執行部の一新を求めた山岡氏。9月に行われる代表選にどう対応するのか話し合うのが目的だと。つまり菅総理に揺さぶりだ。会に参加した前官房長官のこの人は・・

014 平野氏「ある意味では物事の終わり、これにはやっぱりけじめっていうのが必要なんだと、その事があって飛躍的にやっぱりまたエネルギーとしてなる、、」

臨時国会の閉会を迎えて一旦休戦モードに入る国会。しかし菅総理には代表選に向けた新たな戦いが待っている


次にフジテレビ【スーパーニュース】より

(谷亮子、スポーツ議連新会長のニュースのあと・・)

001

民主党内の不協和音。国会の閉幕で菅総理に向けてもますます増幅。

鳩山氏「1期生の皆さん、ご無沙汰しております(笑)」(笑い・拍手)

002 003

鳩山前総理が挨拶をしたのは
小沢前幹事長の下、当選した衆議院の一年生議員ら100人近くが集まった勉強会

鳩山氏「今こそその"原点"を、、何故生まれたかというその皆さん方の出自というものを真剣に常に考えていく事、、」

004

鳩山氏が菅総理への揺さぶりを見せれば、小沢側近からは鮮明な"反菅"の動きが・・(山岡氏の勉強会の様子 略) 以上

なんか、もう末期のあがきに見えます(苦笑)”原点”って・・今更、政権交代用の嘘マニフェストに戻ろうとでも?! 財源がないっちゅうねん!

名前の出てきた、山岡氏・小沢氏・平野氏・鳩山氏って、菅総理の消費税発言を大敗の原因にすり替えているようだけど、「オマエが言うなっ!」ですよねぇ。

この人達の党運営や国会運営は独善的で呆れかえりました。政権担当能力の無さを見せ付けられました。

これも立派な敗戦原因なんですけど気が付かないのか、ただただなすり合いしているのか・・

まっ、せいぜい責任転嫁しあってください。とても醜いです。

やはり政権交代だけを目的に"この指とまれ"した人達は、こんなもんなんでしょうねぇ。

あと、山岡氏(金子)のその失望感というのを取り戻すと・・」ってとっても変な日本語じゃないですかー?!^^;

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月12日14:48「自民党はカスばっか残っている」by田中眞紀子 【朝ズバッ!】

今朝のTBS【朝ズバッ!】は、『ブチ抜き大選挙SP』と題し、いろんなゲストを呼んで感想を聞いていました。その中で、言いたい放題の田中眞紀子氏の発言だけ、ピックアップ。

生放送って怖いですね(苦笑)  民主党の内情も喋っちゃったよ~

タイトルの発言より、そっちの方が興味深いです。ところどころ、鋭い事言っているので是非お読みください。(ただし、田中直紀氏の話は省略 (青字はみのもんた氏の質問)

001_2

今回の選挙の結果の感想は?

眞紀子氏 「うーん、私はかなり残念ながら民主党は落ち込むだろうなと思いまして、自民党がこんなに躍進するかどうかは分かりませんでした

002_3 と申しますのは、あのー、

民主党に政権移行したきっかけが、とにかくもう7割ぐらいが、

自由民主党に対する国民の不信感、年金問題をきっかけとして、財政破綻、でありますから、

民主党が好きでやったわけではないって方、結構多いと思うんですね。前回の70%以上もの民主党への支持というのは。

ですから、自民党は今回は、まっ将来は分かりませんけども、伸びないかしら?!と。ただ民主党も伸びないだろうとは思っておりました。

004_2 ただ、選択肢がですね、9つも政党がある中で、

ほとんどの政党が自民党から出て行った、あるいは出された。出されたっていう意味では私もそうなんですけれども、そういう方たちですから、

政策の争点と言いますかね、論点が財政再建・社会保障その他全て、

なかなか有権者から判断材料がなかったということが言えると思います。」


ちょっと見ていただきたい映像があるので、ご覧ください。

(VTR) 005_2

眞紀子氏カンだかビンだか

ペットボトルだか知りませんけども、あの方大丈夫ですか?

一生懸命蓮舫だかナニほうだかが(仕分けで)切ってたけど、

まだ切り始めたところでしょ?!。

途端に『消費税上げる』と言っているんですよ。」


006_2

(大ウケしているみのに、街頭演説の演説手法でたまには面白おかしくしないといけない。メディアはそれだけを切り取っているという話など 略)

007_2岸井成格氏「今回は選挙管理内閣だと言われたが?」

眞紀子氏「そう思います。

何故かというとですね、まず鳩山さんから菅さんに移行したのも大変唐突で、

突然、当て馬のように樽床先生をかついだり、短い期間で突然、我々、委員会、私が文部科学委員長でしたが、やってる、これから質疑が始まるっていう3分前に全てストップをして、唐突にこういう風な形で総裁選をやりっ、

当然、菅さんが立つだろうと。もう片っぽの方は、まだまだこの間も落選しておられてですね、まだあの、????にもついておられないし、政策も何考えておられるか、党内でも分からない。菅先生に対しても分からない方もいっぱいおられる

それを唐突にバァーッとひとりよがりで始まってっ、そうして今度は色んな問題がこの始まっている中で、菅さんが説明をしなきゃいけませんよね。

どういう安全保障をとるのか、普天間も鳩山さんのを本当に引き継ぐのか、これ国会始まったら必ず糾明されてですね、かなり泥沼になると思いますけれどっ、

財政再建もしかり。社会保障もそうです。そういう事についてちゃんと最低一ヶ月くらいは国会で有権者の方々に向けて、誠実にご自分の哲学を述べるべきでしたそれもしないで突然選挙に突入する、これはかつての自民党手法となんら変わらない。

従って、これは選挙管理内閣で、ムードだけでやろうと思ってるんでしょうけど、国民はそんなにバカじゃない。そう思っていました。」

009_3 厳しいねぇ。

眞紀子氏「厳しくありません。客観的なの(笑)」

今、生放送で繋がっているのでお聞きしたいが、民主党と田中眞紀子さんとの関係はこれからも続くか?

眞紀子氏「政界がどうなるかという事だと思いますけど、私はやっぱり有権者・納税者の視点。世界の国々に発信するメッセージ。そういう事を一番重要に考えていますので、

こういう小政党が乱立する中ではですね、アンテナを高くして冷静に客観的な判断が出来るようなスタンスでいたいと思っています。」

(9月の代表戦に出るかの問いに、そういう器量はないという話など 略)

008_2  「鳩山さんも菅さんもそうだが、総理大臣の言葉が軽くなってきているが、どう思うか?」(早野氏)

眞紀子氏「はい。安倍・福田・麻生さんと同じような事でですね、鳩・菅・ナントカって行くんじゃないかなって危惧しております。

それは私この選挙制度に非常に問題があると。政治家の質という事も。総理だけではなくて。

で、これは大変問題なので、選挙制度の本質的な問題。

それからもう一つは菅さんが一番出来ることはですね、マニフェストは私は眉唾が多いなと思って、野党の時に高速道路安くするとか、子供手当がどうのと、野党としてそう言ってただけですけど、政権になったら話が違うと。こんな事がブレると自民党から言われるのは当たり前だと思いますのでね、

012_2  従って、やるのは定数削減80名、これは必ず出来ますよ。

反対する政党はね、これはもう国民が良く見ていますから。まずはこれくらいはやらなきゃダメですよ。

菅さんはね。出来ることから確実にやると。出来ない事は何故出来ないか、いくらかかるか、何年かかるか、きちっと説明する責任があると思います。

そしてこの政党がですね、まだ未熟で経験不足の方が揃っている。閣僚経験もないし、まして与党になった事ない。

それがかなり独善的にですね、独り善がりで、その人事もそうですけど、政策もドンドンやってると。それが国民の方の生活観からドンドン乖離しているという事に全然気付かないでですね、来ていると、いうところ。

求められている事はもっと謙虚に、そして落ち着いて、確実に仕事をするという事なんですよね、原点に戻って。それが出来るか出来ないかが民主党の将来を決めると思いますっ。」

(代表選の話再び   略)

傍で一緒に活動していて、腹立たしくなったりイライラすることはない?

眞紀子氏最近しょっちゅうありますよ。民主党の発言を聞いていて。与党ですからね。与党だから厳しく言うんですよ。野党はもう財源握ってないんですから、何いろんな事言ったって野党でしかない。

ですからそういう事よりもやっぱ責任のある、お財布を握ってる方たちがどういう政策をやるかという事について、極めてこれは独善的な人たちが揃ってるなと(笑)執行部が特にねっ、そう思って見てます。」

(元々、複数税率論者・国民背番号制には反対だという消費税の話 略)

眞紀子氏「・・・ですから私も(会社を)経営してますけれど、やっぱり経営者の視点がない人たちが閣僚になったり、総理になってですね、言ってもこれダメですよ。

政治は国家経営ですからね。

ですからあらゆる人達の意見をよく聞いてっ、そして政治にベストはないけれど、これだっ!と思うところにバーンと踏み込んで決断して実行して責任を取るっ。

この姿勢が自民党にはもちろんとっくにありません。あそこはカスばっかしか残っていません。今スタジオにいる方はよく存じませんけど。

013_2

従って与党であるのだったらば、そこのところでキチッとですね、出来ないとダメですね。」

石破さん、カスばっかり残ってる・・って言われてますよ、自民党(笑)

石破氏「いや、だからいいんです。仰りたい事を(だってみんな出て行っちゃったんですもん:眞) ですからね、それはいいんです。何を仰っても。

ただ今仰った事の中に、論点は相当にね、指摘されていると思う。だからもう消費税と言ったらばもうすぐダメなんだ。国民がそうだと思ったらそれは大きな間違いですよ。

きちんと説明をしてくれって話なんですよ。で、消費税の話だけするけれど、じゃあ法人税はどうするんですかって話もちゃんとしないと。大企業はドンドン外国に行けるけれど、下請けとか地場産業っていけないわけでしょ?! だからこれをどうしますか。

で、それから逆進性、つまり所得がまだ低い方々に重いんだってことがあるんですけど、じゃあ複数税率にした時に、どれくらい税収が減るんですか?! それだったら戻す方にしたらどうですか。今の田中さんの話だとね、国民総背番号制反対だぁっ! ってこういう話できますけど、本当にそれはそうですか?!そうしなきゃいけないんじゃないんですか?!って議論、、

私はもう消費税って聞いただけで、イヤだって話じゃなくて、論点をちゃんとつめるって事をやらないと、本当に大変な事になりますよ、この国は(全く同感です、同感です:眞) 

ですから、白か黒かみたいなこの話は、あんまりねぇ、分かりやすく分かりやすく持っていって、感情に訴えるってことはもうやっちゃいけないです。」

眞紀子氏「私は国民の方の意識の方がもっと高いと思いますし、今仰ったような。

ですからこの内閣が唐突だと申し上げているので、もっとしっかりと説明責任を果たしてから有権者はもっと賢いわけですから、いろいろな知恵を出して政策をお見せして、選んでもらう。これが成熟した民主的な国家であると、思いますよ。」

014_3 

石破氏「・・・・そういうことですよ。」

(田中眞紀子氏 時間切れ   以上)

まぁ~、口が達者なオバチャンですね。コメンテーターとして超一流だと思います。面白いもん。

だけど、石破さんの方が政治家として上手ってイメージで終わったカンジ・・

独善的政治の党が過半数を割って本当に良かった祝!眞紀子さんには、せいぜい党内批判で頑張って頂きたい。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月02日22:00消費税に関する9党の主張(ちょっと待った!総研) 【スーパーモーニング】 2日目

前記事の続きです。

テレビ朝日【スーパーモーニング】"ちょっと待った!総研"、今日は、民主党・社民党・・共産党・公明党の主張でした。

タイトルは前日と少し違って、『ちょっと待った!破綻寸前の国家財政 これが現実です で、どうしますか政党のみなさん』です。ハッキリ言って、民主党へのコメンテーターのツッコミが凄い面白かったです。(昨日の青字部分の説明を再度やった後・・・)

027

玉川氏「各政党はこのプライマリーバランスの差、政策的経費の22兆円3つの要素で、何とか埋めようとしている。ここまで頭に入れて頂いて、

民主党。」(VTR)

細野氏「優先順位は極めて明確で、まずひとつは行政改革無駄遣いです。(やはりそこが一番?) それが当然一番です。

加えて議員定数の削減も含めて国会の方のリストラも必要だと思います。これをまずやる事。これがまず第一である理由はすぐにやれるから。二つ目は(経済)やっぱり成長ですね。これは若干時間かかるわけですね。効果が出るまで早くても1年ぐらいかかってしまうわけですね。

まずは、無駄遣い、その次に効果が表れてくるのが(経済)成長という事ですね。

で増税はこれは第3番目の選択肢です。いずれにしても消費税を上げるまで時間がかかるので、財政再建に向けて無駄遣いをなくしましたと(経済)成長も効果が出てきましたと。ただなかなか赤字が減らないと、その状況が出て、それから消費税について議論すると(改正まで)さらに数年遅れますからそれはまずい。

029ですから優先順位は

1に無駄遣い2に成長3に増税なんだけど、

3番目の増税の議論についても少なくとも超党派で始めとかないと、間に合わないぐらい今の日本の財政状況は切迫してきている可能性があるわけです。(なるほど) 

ですから超党派で消費税を含む税制改革を議論できる事自体が、上げるという事ではなく、議論が出来ているという事自体が、日本はきちっと将来的に税収を確保できるという姿を国際的にも見せる事になりますので、安心感を与えることにつながると見ているわけですね

030 ですから、]出来れば自民党の皆さんにも、他の政党の皆さんにも、そのあたりの本当に日本が迎えている危機的な状況というのを考えて、

少なくとも(議論の)テーブルにはついて頂きたいですね。」

(スタジオ)

032玉川氏「(細野氏の話のまとめ) 話の中で『議論をする事が大事だ』とあったが、

今、実は利払い費に直結する国債の利子が下がっている。何で下がっているのかというと、民主党が増税の話を始めたからマーケットが『日本増税する気があるのか』と。マーケットは心理戦なので、下がってきているらしい。

でマニフェストとしては●国の総予算の全面的組み換え●不要な特別会計は廃止●各種法人は廃止を含めた改革 

ポイントは、●来年度の新規国債の発行は44.3兆円以下●2015年プライマリーバランスのギャップを半分に●2020年プライマリーバランス達成

与党で決定権を持っているので一番重要な経済成長を聞いた。」

(VTR)

玉川氏「民主党はどれくらいの経済成長を目指している?」

細野氏「名目成長率で平均的に3%を目標にしています。」

玉川氏「名目4%成長というのは消費税とかみんなの党とかも言っているが、これは民主党としては現実的に難しいと考えている?」

031 細野氏「4%の年があってもいいし、むしろそれは望ましい事だと思いますが、

景気には循環的な要素があって、良くなる時期もあれば、それが落ち込む、そういう流れがあるわけですね。

10年を視野に入れると当然、何度か景気の後退局面も織り込まないといけない。それを考えた時に平均4%というのはかなり難しい数字なんですよ。ですからそこは実現可能な目標という事で、3%というこの数値を我々は出しています。(現実を見ていると?) はいはい。

確かに成長が実現できると税収は上がるので、財政にはプラスに利くんですけども、もう一つは成長率が高まると、金利も上がるわけですね。

金利が上がると、国債の金利も上がるという事なんです。そうするとその毎年の利払いと歳入のバランスでいえば、実は金利が上がるというのは、マイナス要因になるので、その極端に成長が高まったからといって財政が良くなるわけではないんですよ。」

玉川氏「ということは、民主党としては、経済成長だけでいわゆるプライマリーバランスとのギャップ、つまり財政の赤字をなくすのは出来ないと考えている?」

細野氏「成長はそういう意味では金利の上昇を考えると、それだけで全てを解決するのは無理ですね。」

(スタジオ)

玉川氏「これ説明がいると思うが、バブル以降4%になった事はない。つまり4%の経済成長は難しい。それを10年間続けるのはムリという話。

もうひとつは、せっかく経済が4%あっても利払い費も増えるので財政的にはあまり良くないという事。

公務員の人件費削減の件、民主党は労組との関係があるので本当に出来るのか聞いてみた。」

(VTR)

033玉川氏「実は税金の無駄遣いをずっとテーマとして私はやってきているが、

若干、ここに来て民主党の姿勢というのが不安な部分が出てきてて

例えば独法に(公務員を)現役で役員を出向させるっていう。これ本当にその民主党が言っている公務員人件費2割削減というのをこんな事で達成できるのかと

要するに結局は公務員の給料を下げないと達成できないと思うが、それは出来る?」

034 細野氏「恐らく公務員人件費2割削減というのは、公務員全体の人件費を下げる事と、人数を減らすという両方をやらないと達成できないと思う。

そこの2割削減というのは我々ずっと言い続けてる事ですし、

やらなければなりません。

そこで手を緩めるようであればこれは財政再建はとても出来ないし、

それに手を緩めた状況で増税という事は国民が許さないと思う。」

(スタジオ)

035 山口氏「あそこまでハッキリ仰るのなら、

超党派の議論というのは消費税の税率についてやる前に、行財政改革とか公務員改革の為に、


まず超党派での議論を始めますという事を言わないと、こんなもん信じられませんよっだって去年の総選挙のマニフェストであれだけ言ってたわけですよ

それから予算を組み替えたら財源が出てくるって言ったわけですよ、それどうなっちゃったんですかという部分をハッキリさせてからじゃないと、、だいたい10%って数字だって、一人歩きしているだけで何を根拠にしているか分からないわけだから、そのへんは精査してくれないと困るし、、」

036 大谷氏そういう事をやってて、超党派で乗ってくださいと言われたって、自分の所のカネの使い方は同じようにやりますよと。うちの家計簿これなんですわと。だけどもちょっとカネ稼ぐ方法は一緒にやってくださいと

ちょっと待てと

その家計簿、なんとかしなさいよと、言うのが他の野党の考え方になると思う。それそのまんまにして、超党派、超党派と言われても、なんか『この指止まれ』『止まらないヤツがいけないんだと』言われているような気がするんですよね。」

山口氏いずれにしても、本当に騙されちゃいけないのは、消費税はいずれ上げなきゃいけない。だから上げるか上げないかという議論はもうこの際、しても意味がない。」

玉川氏「上げないっていう政党もあるんで、、(民主党に)ツッコミ足りなかったですかね?」山口氏「聞いててイライラしてきたから(笑)」

玉川氏「次、共産党やっぱりちょっと違うんです。」(VTR)

037 小池氏「優先順位って事で言うと、やっぱり無駄を削るという事がまず待つ先にあると思いますね。

でこの間事業仕分けっていっていろいろ無駄を削るんだってやったけど、

私やっぱりおかしいと思うのは、例えば防衛省の予算なんていうのは去年より増えちゃってるわけですね。一番増えたのは、アメリカ軍の再編経費は480億円も増えましたから、

それから国会議員関わっての無駄遣いで言うと、やっぱり政党助成金。やっぱりああいうのはね、事業仕分けで政党助成金を各政党の代表呼んで追求してやるべきではないかなと。事業仕分けで『政党助成金は廃止です』っていうのがやるべき仕事ではないのかと。

聖域になっちゃってるところにきっちりメスを入れるという仕事をやるべきだと思います。」

玉川氏「そのメスを入れると大体どれくらい歳出が削れる?」

小池氏「これはね、財源的に言うとやっぱりせいぜい3兆円から5兆円程度の財源だと思うんですね。」

(スタジオ)

玉川氏「まぁ無駄を削ればと各党言っているが、(共産党は)非常に特徴的ですね。

削減の中身●思いやり予算3370億円撤廃!●東京外環道計画を中止!●政党助成金廃止!」

優先順位 1無駄の削減(独自)  2税制の話は(VTR)

小池氏「税の原則ってのはやっぱり、負担能力に応じて負担していただく力のある人が負担するという事な訳ですから、やはり真っ先にやるべき事は、この間、所得税の累進課税なんかをどんどん下げてきました。大金持ちの減税をやってきているわけで、ここをまず見直すのが筋じゃないかと。

それから法人税ですね、日本の法人税は高いというんですけど、確かに税率だけ見ると比較的高い部類になるんですけど、外国税額控除とか研究開発減税とか、いろんな不平等な優遇措置があるんですね。こういうものをなくしていくのが必要だと私達思っていて、そういったことをやればこれで7兆円くらいの財源が出てくると思っています。」

038玉川氏「そうすると歳出のカットと歳入を増やす部分で、

リーマンショック前の状態に戻ればどれくらい収支が改善するという事になる?」

小池氏「まぁ12兆円」

玉川氏「消費税はやっぱり上げないと?」

小池氏「上げない。」

.

.

(スタジオ)

039 玉川氏消費税より所得税の累進を強化したり、

法人税の優遇措置を見直しという事で、簡単に言うと、お金持ちと大企業にもっと負担してもらうという事。」

赤江アナ「7兆円出ても22兆円には全く足りないですよね?」

玉川氏「だから歳出の削減と合わせて12兆円ぐらいという話をしていた。それでもまだ足りないが、コッチの方が気になる。

各政党が法人税を下げると言っているのに、共産党は上げると言っているので、企業が逃げるのではないかと聞いてみた。」

(VTR)

玉川氏「日本と例えばフランスなんかを比べると、企業だけ取り出してみれば、法人税に関しては、実効税率は日本の方が高いんですけど、、例えば社会保険関係費を企業が支払っている部分を考えるとフランスより日本の方が低いという事ですよね?今現状そうなっているんですが、これどうするっていう事ですか?

法人税の実効税率はそのままにして企業の社会保障負担を増やすという事?」

040_2 小池氏「まぁ両方とも増やしていくという事だと思いますよ。」

玉川氏「えっ?!法人税も増やすんですか?

という事は、企業の負担が今よりもすごく増えちゃうんですけど、それで経済成長できるんですか?」

小池氏「私は出来ると思いますよ。」

玉川氏「お話伺っていると、経済成長はしなきゃいけないという前提に元々立っていますよね? つまりリーマンショック以前より戻す、それにはもっとそれを経済成長させていくという事を前提として、出と入りで12兆円くらい改善するという話が最初にありましたよね?という事は企業が成長しなきゃいけないわけですけれども、ただ後の話を伺うと、今度は企業の負担は今より絶対的に増えるという事になりますよね? これで企業は本当に成長して(日本は)経済成長していくんですか?」

041 小池氏「この10年間何が起こったかというと、日本は設備投資GDPが全然伸びませんでしたよね。その間何が起こったかというと雇用者報酬が減っているんですね。日本は唯一G7の国の中で。何が増えたかというと内部留保ですよ、企業の。

で大企業の内部留保が設備投資なんかに回っていればまだ国内経済還元してるんだけど、多くは有価証券とかあるいは海外子会社に対する直接投資なんかが増えている。だから金余り現象が起こっているんですよ。大企業だけで内部留保だけで言えば、200兆円以上ですよ、今。 手元資金だけでいえば63兆円あるんだと言われています。だからこういったところをきちっと活用していく。税、あるいは賃金という形で財政に還流させる、あいは日本の経済の中に内需の中に還流させていくっていう事が、経済対策としては必要ではないかと。」

玉川氏「確かに法人税の税率だけで見ると実効税率は、日本は高いという事になるわけですけども、これを下げない限りはどんどん企業が海外に本社を移して逃げて行っちゃうでしょうと。更に大企業が海外に逃げていったら日本は空洞化して経済成長どころじゃなくなっちゃうんじゃないかという話が出てくると思うが?」

小池氏「今の日本の(実効税率の)水準は決して他国に比べて高い事はないはずだと思っていますから、それはさっき言ったみたいに法人税だけじゃなくて、社会保険料の負担も含めればね。いろんな自動車会社だって例えばヨーロッパに日本から進出しているけど、ちゃんと日本の1.5倍くらいの負担をしながら、ちゃんと企業活動をやっているわけですから。そういう力をやっぱり今しっかり大企業は持てる力を発揮してくださいという事を政治がちゃんと言わなきゃいけないんじゃないかと思うんですよね。」

(スタジオ)

玉川氏「どうですか?要するに企業はまだまだ力があると。」

大谷氏「(いろんな企業の優遇税制の話) 腑に落ちないのは所得の高い人から税収を取る話は、そんな事をして景気が回復するのかと。所得の高い人がお金を使うから経済は成長する。

玉川氏「で、社民党」(VTR)

042 阿部氏「世界金融の不安あるいは経済の失速。

どういう形で日本を切り返していくかという事で、三党連立でもそうだったが、"低炭素社会"に舵を切ろうと。

今は石油からそれに変わるエネルギーの基本構造を、これによって仕事が生まれる、

すなわち雇用も生まれる。アジアの関係これからの恐らく外需の中心はアジアの景気の回復をどう支え、取り込むかにありますから、そうした部分の柱になるのが低炭素社会という考え方です。」

(スタジオ)

043 玉川氏「まず低炭素社会が第一なんだと。そうするといろんな需要が出て経済が成長すると。

マニフェストでは●温室効果ガスを2050年までに80%削減●スマートグリッドの普及●自然エネルギーの割合を20%に

優先順位は1経済成長 2税制

ポイントは●所得税の累進課税を最高50%に ●法人税の課税ベース撤廃 ●相続税の最高税率を上げる

消費税について聞いてみた。」(VTR)

玉川氏「具体的に言っていただきたいが、消費税は現在5%だが、どのくらいまで上げなければいけないと考えている?」

044 阿部氏「もし例えば消費税を7%に上げるとしたら、折半の半々にするとか、そうやって生活に関わる財源に直接補填できるよう地方の取り分を増やしながら、状況を見ながら上げていくという事になるでしょうか。

ただし上げをいつ始めるかという事も景気判断があると思いますから、これは慎重に判断しないといけない。最初の連立政権合意が4年間は消費税を上げませんという事でしたから、逆にその裏には少なくともこの3年で低炭素社会に向けた布陣は作りましょうと。そのうえで対アジアの輸出を増やしていけるだけのものを作りましょうと。そこから税収構造もに転換が出てくるんじゃないか。」

玉川氏「逆に3年後、景気回復しているとして、その時新規国債の発行額はどれくらい?」

阿部氏「今ね、社会保障の需要額が多いですから、恐らくその段階でも30兆は上回ると思う。」

玉川氏「でしょうね。それでもやっぱり30兆は上回るという事ですね? (仮に)35兆としましょう。35兆の新規国債の発行が景気が回復したとしても今のままだと行われるわけですよ。(そうですよね) じゃあ35兆だと良い事はないですよね?(ないですね) どこまで減らさないといけない?」

阿部氏「まぁそれはあのー小泉政権で言われたプライマリーバランス論ですから、当然新しいそのー、、、うーん、、、、入りと出がトントンにしていかないといけないと思いますよ。」

玉川氏「そうすると20兆ぐらいでしょ?(まぁそうですね) そうすると15兆円ぐらい?(圧縮していかないといけないねぇ、うん) という事は15兆円ぐらい税を増やすか、15兆円ぐらいの歳出をカットするしかないが?」

045 阿部氏「うんそうですねー、あのね、不公平税制を正すという中で、それから景気回復を背景に見た場合に、それがどこまで試算をしろと言われれば数値だけなら出来るけども、不測の事態というのがあるから、

この例えば仮定としての15兆円の半分が、他の税収の例えば法人税・所得税。金融証券課税・相続税から来るとして、半分くらいは消費税に頼らざるを得ないんじゃないでしょうか。」

玉川氏「なるほど。そうすると7~8兆円は(消費税に頼る)ということ?(そうですね) そうすると仮に消費というのはそれほど変わらないとすれば(消費税)1%で(税収)2.5兆円とすれば3%ぐらい (3%ぐらいじゃないでしょうかね)なるほど。

安定軌道に乗ったとして、やはり3%ぐらいは上げざるを得ないという事ですよね。」

阿部氏上げざるを得ないでしょう。」

玉川氏「社民党としては、いずれは消費税を上げざるを得ないと考えていると?」

阿部氏「そうですね。はい。その場合には前提があって、地方の取り分をもっと増やすという事ですね。これは、民主党の皆さんの場合は、消費税は年金財源にとかなり思っているが、社民党の場合には、医療や介護や福祉。それは自治体にいくようにしたいという事が一点ですね、それからもう一点は、マニフェストにずっと数年出してますけど、食料品などの非課税措置、戻し税ですね。

400万円の世帯で4万円、大体食料品にかかる消費税、これは戻す。」

(スタジオ)

玉川氏消費税の引き上げはしないというマニフェストだが、いずれは上げざるを得ないと聞こえた。

で、公明党です。」(VTR)

石井氏「今の日本の経済財政の現状を考えると、まず景気回復・経済成長、これで税収を回復させるというのが非常に重要だと思います。

税収が増えるという事は赤字国債が減るという事ですから。更に経済成長を着実にやっていく事で自然増を増やしていく。だから歳入をしっかり確保するという事が一つです。

047もう一つは歳出ですね、歳出の改革。

今、民主党さんが事業仕分けやってますけども、これは継続してやっていく必要があると思います。

例えば公務員の人件費。まぁ民主党さんもマニフェストで2割削減すると言っているけども、

あれはキチンと政策的にやっていかなければいけない。政策的な歳出という事が重要になりますね。」

玉川氏「公明党は優先順位は1経済成長 2無駄の削減 

3税制は、消費税について聞いた」

(VTR)

049石井氏「長期的な財政健全化の目標としては、経済のGDPの規模に対して180%、あの比率がどんどん伸びている事が問題なんですね。経済の実力に対して借金がどんどん伸びていること。」

玉川氏「という事は額を下げるという事よりも、GDPを大きくすれば分母も大きくなるから良いだろうと。ではどのくらいの経済成長を考えている?」

石井氏名目で3ないし4%、実質で2%

玉川氏「自民党は消費税の増税を10%だと打ち出そうとしている。公明党としてはどれくらい上げるのか?」

  石井氏「財源は消費税だけではなく所得税もあり相続税もあり、全ての税目でどれだけ財源を生み出せるか。それと税率先にありきじゃなくて、どれだけ社会保障や子育て支援でお金を費やすか、それをきちんと超党派で議論して、そこを固めた上でそれを賄う為に、各税制でどういう風にやっていくかという議論をしなければならない。」

玉川氏「公明党独自では何%か打ち出せない?」石井氏「今のところはまだない。」

048

(スタジオ)

玉川氏「さぁ、どうでしょう?」

050 赤江アナ「昨日今日と9党のお考えを伺ってよく分かりましたけど、

玉川さん、結局日本は歳出に対しお金が足りないという事はもう明確に皆さん、、」

玉川氏それは明確で危機感はみんな持ってるのは共通でした。」

山口氏「足りなさはどれだけの規模かをハッキリさせた上で、何%って数字を出していかないと本末転倒、、」

大谷氏「・・・ANNの調査でも44対43で、皆さんやっぱり議論しましょうって人が相当いるんですよ。だからこういう事やっていかなきゃいけないと思う。」以上

やっぱり、9党の主張は多いなぁ・・^^; くたびれたー!途中で割愛したい政党もありましたが、一応選挙中だし、全部の党の主張を記録しないと比較できないしで頑張りました。

民主党に関しては、山口氏と大谷氏のツッコミに尽きます。

社民の党首は絶対消費税引き上げ大反対なのに、阿部氏は割と現実的というか正直だと思いました(苦笑)

自民党・石破氏はずーっと前から、誰に何を言われても「消費税引き上げしないと日本は大変な事になる」と主張していたので、今回の主張にもある意味納得。

小政党は、選挙の為に消費税論議を隠したいものですが、たちあがれ日本は、やはり日本の将来を真剣に考えてるなぁと思いました。それにしても何度読んでも分からないのは共産党!

あと、みんなの党も説得力なかった~みなさんは、どうでしたか?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月02日13:25消費税に関する9党の主張(ちょっと待った!総研) 【スーパーモーニング】 1日目

テレビ朝日【スーパーモーニング】ちょっと待った総研のコーナーでやっていた、『ちょっと待った!日本最大のリスク! 完璧な処方箋は一体どこに・・・』を記録しました。

各政党9党の党の要人に直接聞くという事で、1日目は、自民党と元自民党5党。2日目は民主党他の話です。(長いので、党人の話以外は要約)

001

026 玉川氏「最大のリスクとは・・

6月27日のG20で、先進国は013年までに財政赤字を半減しましょうと合意したが、日本は例外でいいですよと言われちゃった。要するに仲間外れ

それは何故か、日本の借金は莫大で、一人当たり約763万円の借金。これはいずれ返さなくてはいけない。国際は市場・マーケットで取引されていて、日本はダメだと思った瞬間にハイパーインフレが起こる可能性がある。そうすると物価が年間で5から10倍に上がる

だから今低所得者は今以上の苦しみを味わう可能性がある。リスクとしてそれがある。それで今、消費税の話も出てきている。どうにかできないのかという鍵は、3点しかない。財政を改善する為には●無駄を削減する! ●経済成長させる! ●税制改正する!  (消費税で増税など)国の歳入は、今ほとんどが借金で税収は少ししかない

002 歳出は、社会保障費などの政策的経費と

借金の利子とか元本になっている。

政策的経費と税収が一緒の事を

プライマリーバランスと言う。

.

これを各党はとりあえず目指している。

玉川氏「ここでまず自民党。」(VTR)

003 石破氏「私は消費税を当面10%という風に自民党の公約には書くという方針なんですけど、

それは借金減らそう何ぞという大それた事を考えているのではありません。これ以上借金を増やさない事を、まずやらなければいけない事なんですね。

消費税を上げて、、みんな嫌ですよ。嫌に決まってるんだけれども、借金をこれ以上増やしたならば財政破綻の日が日一日と近くなるって事ですからね、

これ以上借金増やさないっていう事の為に、税制改革ってのはやらなきゃダメだと。

だから、歳出の削減、、皆さん『無駄がなくなったら消費税上げますよ』と。いつ誰が無駄がなくなったって判定するんですか?『景気が良くなったら消費税上げますよ』と言うけれど、景気がよくなったら金利も上がるのよ。」

玉川氏「そうですよね、そうすると利払い費も上がるんですよね。」

石破氏「そう、だから『景気がよくなったら』とかね『無駄がなくなったら』って言うのはね、実は『消費税上げませんよ』と言ってるのとほとんど一緒なんだと私は思っていますね。」

玉川氏「なるほどね。当面、消費税を10%という話なんですが、この当面っていうのはどのくらいの期間を仰っているのか、それから当面の後はどうするのかその辺をもうちょっと具体的にお聞きしたい。」

006 石破氏「利払いを除いて入ってくる収入で支出が賄える(プライマリーバランス)というところまで、やはり5~6年かかると思っているんですね、

これはシュミレーションの仕方によって違いますけれど、いわゆる財政健全化、利払いを除いて政府の支出は国民から頂く税金で賄う事が出来ますよというのを5~6年で達成をする。

そして消費税の上げ方にしても当面10と言っているんだけれども、5からいきなり10に上げるかそれとも1年ずつ1%ずつ上げていくっていうやり方もありますよね。そこは、どういうやり方をするのかも含めてきちんとした制度設計をして"国民に信を問う"という形になると思いますよ。」

(スタジオで)

007_2玉川氏 「(石破氏の話をまとめたあと)、

更にマニフェストでは、無駄遣いを切るには●「天下り」あっせんに刑事罰 ●会計検査院の強化 ●国家公務員を20%・8万1000人切る(民主党は額20%だが自民党は数20%削減)

優先順位は①無駄を削減 ②消費税10% ③経済成長

消費税を上げるには、政権を取るので一回、信を問うので一回と二回の選挙後。最短で2年かかる。そして、自民党政権で作った多額の借金についての総括を聞いた。」

(VTR)

玉川氏「これはどうしても聞かざるを得ないのだが、これだけ国の借金が積み上がったというのは、今800兆円余りあるが、そのうち600兆以上は自民党政権の中で作られた借金だと思う。それは最初は緩かったが小渕政権の時に急激なカーブになり、小泉さんの時に少し減ったがその後もまた増えたという事で言うと、ここをきっちり総括しないとなんとなく説得力がないのだが、総括はどうするのか?」

008 石破氏「はい、小渕政権の時に物凄く財政が悪化しました。

ただあの時は、橋下内閣のもとで金融危機があった、アジアの通貨危機がありました。日本でも金融機関の破綻が相次ぎました。本当にこの国どうなるんだって時でした

あの時は小渕さんは覚悟を決めて財政出動というのをやられたと思います。あれがなければ乗り切れなかったと思う。

だけどその後、小泉さんになって財政の色んな支出をカットしていった。だけども『消費税上げる』という事は言わなかった。(そうなんですよ) それは私達は結果として責めを負わなければならない

ただ小泉さんの思いは『ここまできたらもう消費税上げなきゃいけないだろう』っていう、国民の合意が取れるまでは、カットを続けざるを得ないんだっていう考えはあったんだろうと思うんです。いいかっこしいじゃなくてね。

『消費税上げないよ』って言って『小泉さん良い総理だね』って思ってもらいたいって、そんな無責任な話じゃなくて、ここまで切ったらもう消費税上げなきゃしょうがないだろうっていう国民のコンセンサス、、それを意図していたという解説もあります。

でも結果的に、財政カットもやります。でも消費税も上げなきゃいけないんですって事を正面から訴えるべきではなかったかと、私は個人としてはそう思っています。」

(スタジオ)

(石破氏の話をまとめ)じゃあ次、たちあがれ日本。」(VTR)

玉川氏「破綻がこのままでは避けられないという考えという事だが、じゃあたちあがれ日本としては、この破綻を回避する為に何をすべきだと?」

与謝野氏「それは1つやって全部解決するっていう問題ではない。あらゆることを同時にやらなきゃいけない、、というのは、当然つまんないことにお金を使っていると判断されることはカットしなきゃいけない。」

玉川氏「(無駄は)出てきてどれくらいですか? 財務大臣もされてたんでお伺いする。」

010011与謝野氏「出てきてですね、、あの、、何百億とか(国全体で?) 国全体で、これやめちゃうと、、まぁ5000億円あればいい方でしょうね。(兆の単位には行かない?) いかないですね、なかなか。.

税としては、所得税・法人税・消費税・相続税・・その他の税ありますけども、

これをやっぱりガラガラポンで直して一定の財源を確保するようにしないと、日本の財政はやっぱり窮地に陥るというのが明らかです。」

玉川氏「ガラガラポンにするという事で言うと、何かを減らすけど何かを増やす。で全体としては増やすっていう事?」

与謝野氏「全体としては増やすんですけれども(どれくらい増やすんですか?) これなかなか難しいんです。払った事と受け取る事が1対1で対応してないと、なかなか国民の理解は進まないと。それからいきなり10%、15%と議論する人もいますけど、やっぱり徐々にやらなきゃなかなか国民の理解を得られない

それから上げる時はある水準まで行ったら、食料品とかそういうものは非課税、ないしは軽減税率を入れないとやっぱり良くない、、まぁそういう事です。

税っていうのは経済の回復でどの程度が回復かっていう問題があるわけですね。

012 まぁ日本の経済成長っていうのは

自民党の中でも"上げ潮派"とか、あるいは民主党の一部の楽観論者が言っているように

日本の経済って4%も5%も成長しないんです。

まぁ潜在成長力が2%ぐらいですから

やっぱり潜在成長力が実現しそうになったら、

やっぱり税の話は国民の理解を得るようにしないといけない。」

(スタジオ)

013 玉川氏「(与謝野氏の話のまとめ)

マニフェストでは消費税を

●2012年に8%

●経済回復後に12%~15% 

ポイントは、

●社会保障費が増える分は消費税増税などで、借金を減らす分は経済成長でやる。

●増税と受益を1対1でやらないと国民の理解は得られない

014

次、新党改革」(VTR)

荒井氏 「例えば今法人税は40%なんですよ。40を超えている。これを20台までに下げたい

そういう意味では経済活性化をして、入りを多くする。雇用を守る為にも法人税、これは下げていきたい。(半分にするという事?) 半分程度にしていきたい。しかし同時に消費税は上げざるを得ない。」

玉川氏「法人税を下げると法人収入は落ちるが、これはどうやって?」

荒井氏「しかし海外に展開しませんから雇用が守られます。全体として買い物もしますし、消費税は上がってくるんです。(法人税率を下げても、、) 雇用の場は守られる。」

玉川氏「法人税が下がった分以上が税として返ってくると?」

荒井氏「そういうことです。そして同時に消費税を上げて今の失業対策をしている分を考えれば、その方が痛みが少なくてみんなが働ける状況になる。で企業も競争力が高まる、こういう事ですから、

一つ、法人税は今の40数%から20%台に下げたい。世界との競争で活力を持って雇用を維持しそして収入の道を作ると。それは消費税にも返ってくる。そして消費税分・失業対策のもの、この分は減りますね。そういったものもある。ですから財政ともリンクするんです。

もう一方は消費税は2020年までに10%に段階的に上げていくと。ただし口から入るもの、何でしょう?(食料品?) はい"薬"そういったもの、健康や日常の食べる物を含めてこれは下げます。(5%より下げる?) はいそれ以外は上げていく。こういう我々は考えですね。」

015_2 

(『国民監査請求制度』あなたが毎日仕分け人の説明 略)

(スタジオ)

017 016
玉川氏
「ポイントは法人税を半減、

20%台にすると、企業の雇用が守られて経済が大きくなって、消費税の額がもっと増えるという主張。

国民監査請求は、国会議員の仕事じゃないのと思いで聞いてみた。」

(VTR)



荒井氏国会議員が汚職してるんですよ。官僚がデタラメやってるんですよ。誰も政治や官僚に信頼を置いていません。国民の皆さんに当然権利を与えていく。これは日弁連含めて憲法、法律論上も今、多数説です。

玉川氏「まっ感想はあとで(笑) 次、国民新党」(VTR)

森田氏「ざっくり言うと日本の場合は900兆円程度の借金がありますが、500兆程度の政府資産があります。金融資産です。100兆円程度が米国債、200兆円くらいが財投債の残高、貸付の残高。あるいは社会保障の基金も金融資産のうちに入れてもいいという論理もありますんで、

相当見合いのある資産があるという事かまず前提になってくるんだろうと思います。

018今の財政状況は決して健全とは言い切れないかも知れませんが、あまりにも悲観する状況にない

これからある程度、借金が積み重なったとしても向こう15年間くらいはその破綻のリスクはないと思います。」

玉川氏「私が伺ってるのは前提として、今のような借金を40兆円なりのレベルで続けていいのかという話です。」

森田氏それは続かないです。健全な経済成長が達成されれば、44兆円の国債を発行しなければならない局面というのは、恐らくこれから2~3年はそういう局面があるかも知れないけど、4~5年には、そこから脱出しますよという成長戦略をももってやっていかなければならないし、逆に言えば成長するためにはある程度、国が投資をしないと成長しようがないんで(ということは、今は非常時であると?)非常時です。」

玉川氏「では非常時が終わったあと、その後は?」

森田氏「一般論としては4%(成長)名目で目指さないといかんでしょう。」

(スタジオ)

020玉川氏「国民新党はちょっと特別で、15年くらいは大丈夫だと言っていた。

その間にGDPを4%成長させ、大事なのは借金の額ではなくGDPに対して借金がどれくらいあるかが問題だ言っていたが、

それに関して日本は、199%。 129%のギリシャより高いのでこのへんどうかな?と。

増税のプロセスは、とにかくデフレ脱却→サービス(社会保障)のレベルで国民合意したら、消費税5%プラスする必要もと言っていた。

今日の最後、みんなの党」(VTR)

021 022渡辺氏「まず成長、4%成長10年続ければ

GDPは1.5倍になります。お給料も1.5倍になります。年金も1.5倍になります。増税の必要は全くありません。」

玉川氏「ということは経済成長と歳出カットだけで十分ってことか?」


渡辺氏「そうですね、4%成長を続ければ歳出カットも必要ないんですね。予算の組み替えはやった方がいいと思いますけどね。要するに4%成長していくとね、歳出もその程度は伸びていきます。一方税収の方はもっと伸びるんですよ。」玉川氏「どれくらい伸びる計算?」

渡辺氏4%成長を続けていけば、大体プライマリーバランスは5年くらいで改善していきます。5~10年以内にはプライマリーバランスは黒字化いたします。」

(スタジオ)

023 玉川氏「この党は、他の党と全然違って増税の必要ないと。名目4%成長すれば増税はいらない

4%成長というのは、銀行の複利の利子と一緒。だから銀行に複利で預けると10年後に1.5倍になるという事。」

赤江アナ「でもさっき与謝野さんが4%難しいと、、」

玉川氏「みんなの党はそれは出来るんだと。(どうやって?) 今は全て官僚統制で色んな規制があって新しいビジネスが生まれてこない状況だから、それを止める事により自然と4%成長は出来ると。」

鳥越氏「小泉さんと同じ考え方?」

玉川氏「ほぼ同じ考え方。小さな政府を標榜しているので小泉さんの時の考え方を踏襲しているなという感じ。

林業・農業も規制だらけというのもあるが、ただ4%の成長を続けるというのはバブル成長後、4%を越えたことはほとんどないので・・・というのはある。

とりあえずここまで5党見て頂いた。」

024 鳥越氏「アナタがこれだけの借金をした総括をちゃんとしないとダメだよと聞いていたが、ボクはその通りだと思った。

結局石破さんは金融危機の時の財政出動があったので支出が多くなったと言ったが、

本質はそうじゃなくて、実は長い間自民党政権の間に公共事業をバンバカバンバカばらまいた結果。(それは半分以上はそうだと思う) それは国民が望んだ事でもある。(結果的には望んだといわざるを得ない、選挙で選んだんだから) ですよね。

だからそういう事を国民が認識して、もう一回耐乏生活をしろとは言わないが、、」

025 玉川氏「いやでも耐乏生活になっちゃうんです。

なっちゃう可能性が高まってるっていう事で今回コレやってる。明日もやる。」

赤江アナ選挙に負けるからって今まで皆さんが避けてきた消費税論議が、

二大政党が言っているという事は、それだけ日本が大変だと(逼迫しているということ)いうのは伝わってきた。」

玉川氏「明日は、民主党・社民党・共産党・公明党の話です。」以上

二日目の"ちょっと待った!総研"につづく・・民主党は細野氏、社民党は阿部氏、共産党は小池氏、公明党は石井氏の話です。細野氏が語った虫のいい話への、コメンテーターの大谷氏のツッコミがでビックリしました!(笑)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく