派遣村

2010年01月11日17:42カメラが捉えた「公設派遣村」あきれた実態 【バンキシャ!】

日本テレビ【バンキシャ!】(1/10)の「公設派遣村」を記録しました。(青字はナレーション)

福沢アナ「年末から始まった、政府によります公設派遣村。東京都の施設には800人以上が集まりました。

002 001しかし、交通費などとしてこの現金2万円が支給されると、驚くべき実態が起きました。カメラが捉えた驚くべきその実態を今日は大臣とともに検証です。」



003 004今週火曜日、東京大田区に新たに場所を移した公設派遣村。そこに突如長い行列が出来ていた。入所者が手にしていたのは、千円札。

「品川のハローワークに行くのに、それの交通費です。」

派遣村の入所者に東京都から現金が配られていた。そして、翌朝、

「今日朝、放送が入って明日から18日の分まで一応交通費を仮払いしますと。」

005 006

就職

こうした現金の支給で思わぬ事態が・・活動や交通費や昼食代として入所者542人更に一律現金2万円が配られたのだ。

記者「あっ、お酒を買っています。」

-ナゾ 支給「2万円で酒 派遣村の実態」-

先月28日 東京渋谷区、都が初めて開設した公設派遣村。

007 008記者「シーツにシャツ、下着や、あっ歯ブラシまで配られていますねぇ。」

普段は路上やネットカフェで生活している人達。ハローワークで登録すれば、12/28から1/4までの年末年始をここで過ごす事が出来る。集まったのは800人以上部屋は個室。その中を見せてもらった。

009 010「お金はないしさ、寒いし、ねっ、泊まる所はないってったらやっぱりすごくありがたいですよ。」

ここでは毎日3食が支給される。更に職業相談や住宅相談などの行政サービスが受けられるというふれこみだこの男性、早速生活相談を受けた。

011 012都職員「今はどちらに寝泊りをしているんですか?」

「サウナとか、、これサウナのポイントカード・・」

仕事をする為に住む場所を早く見つけたいという男性。しかし・・

都職員「ならまずね、市役所にちょっと市役所とか行って相談した方が良いと思うんですね、うん。」

今回の場合は、この対応が限界なのだという。当初感謝の言葉を口にしていた入所者たちだったが、年が変わると思惑のズレに苛立ちが・・

「どうやって生活を成り立たせるのかっていうのを、相談したかったんですよぉ。それがもう元旦ですけどまだ見えてこない。」

「4日以降はどうなるんだろう、また路上に戻されるのかなぁとかね・・」

連日、派遣村を訪れた閣僚たち(福島大臣・長妻大臣の映像)鳩山総理の視察にはこんな声も飛んだ。

013 014「鳩山辞めろーぉっ」

トラック運転手として10年間働いてきたが、仕事がなくなり廃業してしまったという大森さん。今の全財産を見せてもらうと・・

大森氏「198円?、7円か。」

東京都が派遣村を延長する事に決めた4日。

015 016大森さんは100円ショップに向かった。なけなしのカネで購入したものは・・履歴書だった。

大森氏「派遣でも何でもいいから、とりあえずは何か始めないとどうしようもないんで・・」

一日も早く派遣村から抜け出したいと必死の思いで自立への道を探っていた。しかし、入所者542人に一律2万円が配られた水曜日、派遣村に異変が・・

その夜、200人以上が施設からいなくなり行方がわからなくなってしまったのだ。

017 更にバンキシャは施設のすぐ近くのコンビニエンスストアーである光景を目にした。

記者「あっお酒を買っています。」

派遣村の入所者だ。レジで出したのは一万円札だった。酒を購入すると男性は店の裏に。隠れるようにして酒を飲んでいた

他にもビールや日本酒を購入していく男性が次々に現れた。全て派遣村の入所者たちなのだ。話を聞いてみると・・

「(もらったのは)だいたい2万円ですよね。」

「ハローワーク行ったりアパート探しに行ったり、市役所に生活保護申請に行ったりする為の交通費です。(ああ、そうですか)それでお酒を飲んじゃってます。」

そう話す足元には、日本酒が・・

「えー、こりゃまずいだろ、こりゃまずいだろ(笑)」

「まっ真剣に仕事探そうなんて考えてない人だっているわけだから、その人にとって2万円なんてお小遣いだよ、ただの

021 022「聞いた話によると、昨日のうちにパチンコに使っちゃっちまったヤツもいますよ。飲まないとやってらんないよねぇ。」

行方が分からなくなっている(200人以上)人達については・・

記者「お金、支給された途端いなくなった?」

「そうそうそうそう。ガッツポーズかなんか決めて出て行ったけど、はははははは」

今回の派遣村に使われる費用は予定を大幅に上回り、一億円まで膨れ上がりそうな状況だという。これらは全て税金で賄われる。一方、本格的に職探しを始めた大森さん。向かった先はハローワーク。

大森氏「トラック(運送業)はないですかねぇ?」

職員「そうですねぇ、運送関係はちょっと今あまり景気が良くないので、うーん。」

勧められたのは介護の仕事。しかし・・

023

025大森氏「(介護に興味は?)ないですね、正直言うと。(笑)まぁ未経験だし。」

条件を満たすものはなかなかなかった。

職業相談部長「求人自体がもう大変少ない状況ですから、大変厳しい状況だと思いますね。」

東京都では、おととい現在ハローワークで仕事を見つけたとして派遣村を退去できた人を1人も把握していないという

この人は、派遣村を今月18日に閉鎖すると明言した。

026 027石原知事つらい仕事は嫌だ。あげく要するに生活保護くれというのは、僕はちょっと甘えた話だと思うしね、」

そして、予算を出すだけと、国を批判

「本当は現場を構成するはずの国が何もしないでだね、総理大臣が来たかも知んないけど『お気の毒ですね、大変ですね』で済むのかね。」

今も派遣村で生活する入所者は300人余り。先行きは不透明なままだ。

-VTRおわり スタジオへ-(以下、長妻氏がグダグダなので要約^^;)

028 029福沢アナ「さぁここからは長妻昭厚生労働大臣にお話を聞きます。」

「今回の公設派遣村、点数をつけたら何点か?」

長妻氏「(マイナス30点は)これはひとつの通過点。これから仕事を探す為、本人の適正を見出して就職に結びつけるということ。そもそも公設派遣村は本当に、年末年始の緊急避難的措置。」

福沢アナ「ただ,就労活動支援でひとり当たり2万円支給して、直後に200人以上が所在不明、酒を買う人まで、、というのは2万円は税金なわけで、2万円支給は失敗だったのではないか。」

長妻氏「これについては、10日分の交通費あるいは昼食代として渡し、領収書を取って余ったものは返却というルールの下で渡している。ルールを破った方は非常に残念だが、みなが一緒に見られる事は良くない事。数字は200人という数字が出ているが、所在不明者は今朝の段階で64人。」

福沢アナ「今回、雇用対策なのか福祉対策なのか、入居者はどちらも求めていたが、蓋を開けたら福祉だけだったのかなという印象で、準備不足は否めないのではないか。」

長妻氏「日本の制度の不備は、住む所がないと職探しもままならないという現実があること。住み込みの仕事に特化して公設派遣村に行ったが、まだ結果は出ていないが、18日までに結果を出していきたい。で、結局第二のセーフティーネットとよく言われるが、生活保護の要件まで満たってない。雇用保険も切れてしまう。あるいは自営業ははじめから雇用保険がない。あるいはフリーターとか非正規で雇用保険入っていない方、つまり雇用保険もないし生活保護まで至らないその狭間の方をどうするかという事で我々は法案も準備しているが、そこが今空白だからこそこういう取り組みも必要だと思う。」

030 河上氏「ある程度はわかるが、ただ昨年こういう問題があり、もっと準備すればちゃんとした形を取れたと思う。(職業訓練までやったという江戸時代の話 略)今度の場合、人が集まって相談するだろうがそれ以上のことはやらない。ということは結局やる気がない人にとっては何もない時間的余裕は十分にありえたはず。その辺の事をもう少しお考えになった方が良い。」

長妻氏「今のお話で、制度が非常に不備な所があり、住宅手当は昨年10月から始まり、雇用保険が切れた方が職業訓練をする場合一定の生活費を支給するという制度も徐々に始まっている。その制度が定着してない狭間の中で緊急避難的に今回開いたという事。」

河上氏「結局、根本的な問題じゃない。根本的な問題はやっぱりみんなに仕事がなきゃいけない。その為に公共工事がある程度きちっと行われれば、末端まで全部仕事もカネも行くわけ。そういった方向はマニフェストにとらわれないでもっと全体的な考え方をした方が良いと思うが。。」

長妻氏「ただ、公共事業で仕事を増やすというのが今までの発想だが、雇用波形係数というのがあって、むしろ介護などの仕事の方が同じ100億円を投入するのでも公共事業よりも人を多く雇えると。そういうところへの橋渡しを我々はやらなければいけない。そして二回公設派遣村に行ったが、話しをすると誰でも家がなくなって公園で生活をするという事があり得る社会に今なっているという事で、制度が追いついてない、その狭間の措置で、、

ただルールを破るというのは良くない事なので、そういうの謹んでもらって我々もそれをチェックする形でお金を渡す仕組みも考えなきゃいけないと思う。」

職を探している人の声のVTR「長妻大臣へ一言」

「求職活動して半年経ちます。自分なりに努力はしていますがなかなか見つからないのが現状」「中高年にもっと配慮した職場を作ってください」「求人も少ないですし相当厳しい現状。仕事について普通の生活ができるようになればいい。」

福沢アナ「というなかなか厳しい声だが、」

倉田氏ああいう2万円だったら、そりゃお酒買っちゃう人もいるよねと当然のように思う

職業意識の問題もあって、『介護の仕事はやりたくない』と言っていた人がいたが、そういう場合じゃないでしょ?!やっぱりその辺の意識改革的なことをした方が良いと思った。」

長妻氏「これは全体のハローワークにも、生活相談員を配備して、適性も見るようなコンサルタントもする。いずれにしても先進国の中で日本はその措置が遅れているので、制度的なバックアップもしていきたい。」以上

70点ですかー? ?  客観的に見てない採点ですね。

どう見ても30点くらいでしょ?!  だって仕事に就いた人0人!

それに、くらたまさんもコメントしてるけど、現金2万円そっくり渡したら、そりゃ飲んじゃうでしょ。普通に考えて。河上さんのコメントも全くその通りだと思いました。要するに「甘いっ」って事!

ルールを守れって言っても、ルールが守れない人だからこうなったって事も考えられるし。

こういう甘~い政治家が考えたバラマキ政策って、すっごいムダ遣いだと思います。

多分、きっと、子供手当もきっとコレの二の舞だよっ。

蛇足ですが、一緒にコレ見ていた娘が「豪華弁当で頭くるー!と怒ってました。そりゃ私の作ったお弁当は、残り物が多いですけどね( ̄ε ̄*)ちっ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく