河上和雄

2010年08月02日20:48中国人個人観光ビザ緩和から1カ月の成果 【バンキシャ!】

日本テレビ【バンキシャ!】のモクゲキシャのコーナーで、

中国人の個人観光ビザ緩和から1カ月の成果というのをやっていたので記録しました。(青字はナレーション)

中国の観光会社の規定が厳しいようで少し安心したんですが、それをまたまた緩和させるような日本の動きあり・・

001女子アナ中国人観光客へのビザ発給の条件が緩和されて1カ月

これまでのように団体ばかりでなく、個人の旅行客が続々と訪れています。」

福澤アナ「バンキシャは、日本側のキーマンとも言える観光庁長官を追いました。」

溝畑氏「エンドレス、ジャパ~ン フフフフ」「強烈セールスですよ。ハグ。」「変態ですよねぇーもうなんかすいません、もう。」(VTRつなぎ合せ)

福澤アナ強烈なキャラクターでトップセールスを仕掛けるこの方、以前は意外な職業に就いていました。」

女子アナ「一方、中国国内ではビザ発給をめぐって思いがけない事態が勃発していました。」

(VTR)

山開きした富士山。バンキシャが訪ねるとそこには・・

「中国の方がたくさんいますね。」

002_2 

今、日本各地で中国人観光客が急増している。先月、観光ビザの発給条件が緩和され、更に個人での旅行がしやすくなったのだ。団体客が訪れなかった街中のすし屋さんにも中国からの個人旅行客が。

004_2 こうした観光客誘致の旗振り役が観光庁の溝畑長官だ。そのピーアールは実にユニーク。

溝畑氏「ニーハオ!!」溝畑氏「ラブラブ~」

しかし、バンキシャの取材で意外な事実が明らかに。

女性ビザ申請の第一号に選ばれ、書類を出しましたが却下されました。」

ナゾ 個人観光ビザ緩和から1カ月・・・成果は

006 007水曜日、バンキシャは茨城空港に向かった。

「あっ来ました 来ました。飛行機が茨城空港にやってきました。」

この日、中国の格安航空・春秋航空のチャーター便が初めて就航。到着口に現れたのは、中国の団体旅行客だった。

Q:日本に来た理由は?「温泉が有名だから、温泉に入りたい。」「海鮮料理を食べるのが楽しみです。」

008

今年訪日した中国人観光客は上半期だけで70万人。過去最高を記録した。これまでは、日本を訪れる中国人の多くは、団体旅行客。決められたコースを決められた時間で回るのが主流だった。

009 010しかし、先月1日、個人で自由に旅行が出来る観光ビザの発給条件が緩和された。対象が富裕層から所得の低い中間層にも拡大され、更なる観光客増加が見込まれている。今、個人旅行を望む中間層とは?・・ 

バンキシャは新たにビザが発給された中国人を訪ねた。湖北省武漢市で、夫の電気販売店を手伝う劉敏さん。今は年金暮らし。日本のビザを取得する為、提出したものを見せてもらった。

劉氏10万元(約130万円)の定期預金の証明を提出しました。」

条件緩和のお陰でビザが発給された。

011 012劉氏「ビザが発給されてとてもうれしかったです。日本に行くのが楽しみ(笑)」

旅の目的は、関西にいる日本語学校に通う娘に会うことこれは行き先が決まった団体旅行では不可能だった。娘とやりたい事を尋ねると・・

劉氏「おすしを食べたいです(笑)」

そして先週、初めての日本へ。一年半ぶりに娘と再会し、うれしそうな敏さん。早速、念願のおすし屋さんへ。

(内陸部に住むため、生ものが口に合わず、結局うなぎの蒲焼を食べた様子 略)

翌日、劉さん親子が向かったのは・・

劉氏京都に行きます。」

013 014清水寺を見るため京都へ。

しかしこの日の最高気温は35度。あまりの暑さに途中の坂道で・・

劉氏「まだ上まで上るんですか? 写真を撮るだけでいいです。」

清水寺の入り口でギプアップ。記念写真を撮るとすぐに、

劉氏「帰ろう 帰ろっ、 暑くて耐えられないです。」

日差しから逃げるように土産物店の中へ。気楽に予定を変えられるのも個人旅行ならではだ。

016

中国最大手の旅行会社でも、日本人気は高まっていた。壁一面に貼られた日本のポスター。更には電車の時刻表まで。

017018Q:今どうですか、日本の人気は?

周氏「高いんですよ、お陰さまで。中国全体の経済力が上がっていると共に、海外旅行はですね、大変ブームになって、、」

中国人が日本への一回の旅行で使う金額は平均16万円。これは外国人の中で最も多い。多くの中国人を呼び込むことが日本経済の活性化に繋がると期待されている。

今、日本が国を挙げて取り組む観光事業、その仕掛け人がこの人。

019020溝畑氏 「観光庁長官を拝命いたしました、溝畑宏と申します。」

かつてはサッカーチームの社長だったという、異色の経歴の溝畑長官。ユニークな行動で報道陣にも笑いを振りまく。(スーツで踊りまくりの様子)

溝端氏「(笑)もうヘンタイですよねー、もう、すいません、なんか、もう」

では、どのようにして観光事業を盛り上げようとしているのか?バンキシャは視察現場に同行した。この日は大阪。中国人観光客の受け入れ態勢を自分の足で確かめている。更に・・

021023溝畑氏 「ちょっと待って、中国の方じゃないですか~?  シェイシェイ!、ニーハオ!、ウエルカム! 」

中国人観光客を見つけると、握手攻め

Q:テンション上がりますね。溝畑氏「エンドレス ジャパーン!(笑)」

観光客誘致の為、時には中国へ。この秋、1万人の社員旅行を計画する中国企業を自ら訪問。行き先は決まってなかったが、長官直々のトップセールスで日本への招致へ成功

溝畑氏「いやもう強烈セールスですよ。ハグ! 」

先月、観光ビザ緩和の際に、自ら中国へ出向いて現地メディアに日本をPRした。

024025溝畑氏心の底から中国の人にたくさん来てもらいたい気持ちが強いから、一つ一つの言葉に込めて話したつもりですけどね。頑張ります!まだまだ続きますよ!これから。」

中国訪問のクライマックスは、このセレモニー。瀋陽でビザ申請第1号となる女性に記念品を贈呈した。

溝畑:氏私より愛を込めて

026

こうした大々的なピーアールの成果もあって、先月個人観光ビザの申請は去年に比べ6倍近く増加した。

027 しかし、その後、ビザ申請第1号のあの範さんを訪ねると・・

Q:個人ビザは発給されましたか?

範氏いいえ、個人観光ビザの申請要件を満たせなかったからです。」

なんと申請から3週間以上が経ってもビザが発給されていなかった

範さんは瀋陽の飲食業者の幹部で収入も十分だが、旅行会社の判断でビザが発給されていなかった。

028 瀋陽にある旅行会社を取材すると・・

担当者実際の条件を満たす人は少なく、領事部に提出する事が出来ません

10人中に2人しか条件を満たしていません。」

ビザ申請は領事部に提出する前に各旅行会社が、独自に事前審査を行う


仮に旅行客が日本で問題を起こした場合、旅行会社も責任を負う事になるからだ。そのため、ビザ申請も慎重にならざるを得ないのだ。今回バンキシャが取材した、劉さん・範さん、2人の資産はほぼ同じ。しかし範さんは旅行会社の審査にひっかかり、領事部に申請されなかった。

030 こうした中国国内の現状を受け、溝畑長官は・・

溝畑氏更に関係省庁の理解を得てですね、少しでもハードルが低くなるべく努力はしていきたいと、、」

ビザ発給条件の更なる緩和を訴えた。

加熱する中国の海外旅行ブーム。大きなビジネスチャンスに今後日本はどう向き合っていくのだろうか。

(VTR終了 スタジオへ)

031

福澤アナ「制度が新しくなって1カ月経ちましたが、中国国内では混乱も生じているようです。河上さんどうご覧になりますか?」

032 河上氏「まぁ幸い中国の観光業者がね、割と限定的にやっているみたいですから、まぁあんまりおかしな人は入らないだろうけども、

心配しているのは、やっぱり治安に与える影響なんですよ。これは誰もが当然抱くわけだけども、、

というのはね、昭和50年代の終わりから外国人の犯罪ってのは非常ーに増えてきてその外国人の犯罪の中でね、中国人が大体32,3%を占めているわけですよ。まぁ一番ですけどね。ですから、今までも中国から合法的に入ってきて、そのまま行方不明になってる人って結構多い

そういう事を考えるとねー、やっぱりまぁ何でもお金の為にたくさん人を入れれば良いってもんじゃないんで、やっぱり限定的に運用してるって事をずーっとそのまま続けてもらいたいと思います。」

女子アナ「はい、一方で渡邉さん、トップセールスで中国企業総勢1万人の社員旅行が決まったというのはいかがですか?」

033 渡邉氏「うーん、もう大歓迎ですよね!

まっ実際にフランスが7千万ですか?日本がまだ600万ぐらいでしょ? まーだ、これから観光立国していかなきゃいけないわけですよねぇ。

実際私の中国のお店で、『日本行きたいですか』って言うとみなさんほっっんと『行きたいっ!』 そして人気があるのがディズニーランド、富士山、北海道、それから居酒屋と。(笑)  ほっっんとそうなんですよ。だからもうドーンドン来て頂いてですね、うちの店でもう全部中国語メニューですから。もうー、はい。」

女子アナ「準備万端ですね。」

福澤アナ「観光庁では去年600万人あまりだった来日する外国人の数を今年度には1千万人。そして3年後には1千500万人にするという目標を掲げております。続いては・・」以上

この溝畑宏 氏は、AKB48のライブで踊りまくっていました。相当ユニークな人ですね。

渡邉氏のような商売人は、中国に対してビジネスチャンスへの期待が大きいと思うけど、犯罪者が多いのも事実!

観光庁長官は、警察庁と連携して治安維持を考えながらやってほしいものです。優良な中国人旅行者はむしろ歓迎ですから。

中国の旅行会社の審査がこんなに厳しいのにちょっとビックリでしたが、喜ばしいですね。

言いたい事は、河上さんが全部言ってくれました!さすがです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく