池田恵理子

2014年08月11日18:14NHK「ETV2001  問われる戦時性暴力」番組改変問題も、そもそも朝日新聞捏造記事の波及から

NHK番組改変問題を憶えてますか?

人さし指ザックリ言うと、「ETV2001  問われる戦時性暴力」(2001年放送)で、政治家が介入したと朝日新聞が騒ぎ立て、NHKと朝日新聞が紙面と放送でガチバトルしていたアレです。

私はそのNHKの番組自体を見てないけど、当時、サヨク番組で何週にも亘ってずーーっとこの話題を取り上げていたので良く憶えています。(その泥仕合の模様はwiki で)

そのサヨク番組では、朝日新聞を大応援してNHKと安倍さん・中川さんをボッロクソに言ってました。CS朝日ニュースターの【愛川欽也パックインジャーナル】なんですけどね(笑)

NHK VS 朝日新聞  ←BPO より一部抜粋

昨日の愛川欣也パックインジャーナル も、相変わらず麻生総理・安倍元総理をアホ扱い、小沢氏過擁護。地上波はマスコミが自民寄りで大政翼賛会のようでけしからんとか、15兆の半分はムダとか、給付金でありがたがるのはバカだとか、1000円高速道路批判とか、13日の党首討論で国民の目が覚めるとか・・・トホホな内容。  

これは、いつもの悪口の繰り返しだからレポートするのやめよっかな~と思っていたら、  

吉岡忍氏の発言にピキッ[E:annoy]ときました。安倍さんは政権を下痢になって放り投げたから、反省しろ。敵前逃亡だ。自民は除名しろ。とのこと。  

で、次の項目が例のBPOが「NHKに「自主・自立を危うくする」と意見した」という項目で、ナントこの吉岡氏、BPOの役員だそうです。・・・

NHK VS 朝日新聞  ←BPO その2より一部抜粋

003

吉岡氏「・・NHKの最高責任者・番組制作局長が放送前に政治家に、当時の安倍、当時副官房長官・中川さんあの~後に酔っ払って大変な問題を起こした人ですけど、その人たちにこういう番組になりますよ。ということを説明したんですよ。これから放送する番組ですよ。そりゃやっぱまずいだろうと。だって普通やんないでしょ。絶対。新聞だってやんないでしょ。で、NHKってのは特殊なとこがあって、放送法によって予算だとかそういうものを国会で承認もらわなくちゃいけない。・・・それで頻繁に政治家に会うということは、仕組みとしてあるから。・・」・・

人さし指そもそも、この原点の話ですが、ある集団がこういうアホな事をやっていたんです。

a949ba5a.jpg
民衆法廷である日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷(略称:女性国際戦犯法廷)は、VAWW-NETジャパンが主催した民衆法廷で、「従軍慰安婦」など日本軍の戦時犯罪の責任は昭和天皇および日本国家にあるとして提訴され、2000年12月12日、「天皇裕仁及び日本国を、強姦及び性奴隷制度について、人道に対する罪で有罪」との判決を言い渡した[2]

人さし指そして、NHKが番組にする訳ですが、その辺はやはりNHKにいた池田信夫氏が詳しい。

NHKの「番組改編問題」についての誤解

NHKの籾井会長が慰安婦問題で失言して「炎上」する原因になったのは、2001年に放送されたETV特集の「番組改編問題」である。これは今では覚えている人も少ないと思うが、ナンセンスな記事が週刊誌に出て、それを信じる人もいるようなので、事実関係を確認しておこう。
この番組は日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷という模擬裁判を教育テレビの番組にしたものだ。この「戦犯法廷」は「従軍慰安婦」を戦争犯罪として糾弾し、昭和天皇を被告人として弁護人もつけないで欠席裁判して「有罪」を宣告したもので、とてもNHKが番組を丸ごと1本費やして紹介するようなイベントではない。
この裁判を企画したのはVAWW-NET JAPANという団体だが、番組を企画した池田恵理子氏(私とは関係ない)はその発起人だ(これは彼女の部下をCPにして隠蔽していた)。彼女はNHKの中でも「チャイナスクール」として知られる極左集団のリーダーで、「戦犯法廷」の運営委員だった。つまり主催者が番組の実質的なプロデューサーなのだから、もともと中立な報道ができるはずがなかったのだ。
この内容が事前に右翼にもれ、安倍晋三氏などが問題にした。それがNHK予算審議の直前だったものだから、幹部が介入して番組を大幅に編集し、政治家に「ご説明」に回ったことが問題をかえって大きくしてしまった。これを朝日新聞が「政治家の介入を受けてNHKが番組を改竄した」と騒ぎVAWW-NET側が「取材されたとき期待した内容と違う」として訴訟に持ち込んだ。
二審まではNHKが敗訴したが、最高裁で逆転勝訴した。これは当然だ。下級審の判決のように取材された側が「期待」した通りにNHKが番組をつくる法的義務はない。使えない映像はカットするのが当たり前で、これは憲法で保障されたNHKの編集権である。撮影した映像をすべて流したら、NHKスペシャルなどは20時間ぐらい放送しなければならない。
この「戦犯法廷」は常軌を逸した極左的プロパガンダであり、検事役として登場した黄虎男は北朝鮮の工作員だった。NHK幹部が介入したのは当然であり、むしろすべて没にすべきだった。本来この番組は最初から企画として通すべきではなく、NHKの責任が問われるとすればその点である。以上

NHKがこれを番組にすること自体アレだけど、この時の朝日新聞の異常な安倍さん・中川さん攻撃も信じられませんでした

朝日新聞が「慰安婦の強制連行捏造を認めた記事」を出した今、振り返ると尚更おぞましい。

という訳で、この番組を是非記録したいと探したんですが、動画が見つかりませんでした。

人さし指でも画像入りのとても分かりやすいサイト☆を見つけたので、

「加害ウイルス」の散布者たち  ― やはり 朝日とNHK ― さまの記事を引用。

 ・・・ (1)  大量報道による国民教育 ・・・・ 従軍慰安婦
 「従軍慰安婦」報道は、偏向のもとに行われた大量報道の一例です。この問題に関連する執拗な放送が、いかに誤った事実にもとづいて行なわれ、われわれ日本人に誤った知識を刷り込み、日本軍への憎悪を駆り立てたかを証明しているものだと思います。
 まず、下の2コマの写真をご覧ください。
 1995(平成7)年8月、ETV特集「50年目の“従軍慰安婦”問題」 が2回にわたって放送されました。その見出しを写したものです。

 1回目は「“ わかちあいの家”のハルモニたち」 (左上写真)、2回目は「 日本はいかに償うべきか 」 (右上写真)でした。
 1回目は、韓国で共同生活をいとなむ元慰安婦だったという7人の韓国人(ハルモニ=あばさんの意)の生活、その3人の「労苦と怒り」などの体験談を交えながら番組が進みます。
 途中、日本軍に場面が変わり、次のように解説が加えられました。

〈 第2次大戦中、中国大陸や東南アジア、太平洋諸島を侵略した日本軍は、
占領地での日本軍兵士による強姦や兵士たちの性病予防などを目的に、
当時植民地であった朝鮮半島を中心に若い女性を慰安婦として前線に送りました。
その数は8万人とも20万人とも 言われました。 〉

 また2回目は、国連人権委員会のラディカ・クワラスマミ 特別報告官(スリランカ人、女性)一行が、成田空港に到着する場面から始まります。女史は韓国で慰安婦からの聞き取り調査をした後に来日したとのことでした。
 先ず、放送は「従軍慰安婦」を以下のとおり定義しました。

〈 従軍慰安婦とは、各地の日本軍が拘束して、
脅迫のもとに兵士たちに性的な奉仕をさせられた女性のことです 〉

 「強制連行」という言葉は使用していませんが、日本軍は「8万人~20万人」もの朝鮮人女性を「強制連行」し、兵士たちに体を売らさせたとするNHKの解説を、「なんて日本軍は酷いことをしたのだ。同じ日本人として恥ずかしい、申し訳ない」 など、日本軍に対する一層の嫌悪感を持ちながら、視聴者は番組の意図するところを共感をもって見たことでしょう。
   ・  8万~20万人の出所は?
 この「8~20万人」の数字の出どころですが、朝日新聞が「慰安所 軍関与示す資料」 として1面トップで報じた記事(1992=平成4年1月12日付け ) の右端下、「従軍慰安婦」の用語を解説したなかに出てきます。

〈 1930年代、中国で日本軍兵士による強姦事件が多発したため、
反日感情を抑えるのと性病を防ぐために慰安所を設けた。
元軍人や軍医などの証言によると、開設当初から約8割が朝鮮人女性だったといわれる。
太平洋戦争に入ると、主として朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行 した。
その人数は8万とも20万 ともいわれる。 〉 (解 説 全 文)

 朝日新聞のこの報道は「従軍慰安婦」 問題がクローズアップされる一大転機となったものでした。ここにハッキリ「強制連行」と断定されています。
 「8~20万人」という数字は、平凡社大百科事典にも記載があるとのことです。どちらが元なのか調べていませんので確かなことはいえませんが、NHKの「8~20万人」はこの朝日報道の影響を受けたものであろうことは、容易に想像できるところです。
 朝日の解説は、挺身隊 = 慰安婦 とした無知な誤説で、このお粗末な解説がまた、日韓間に大きな誤解を与えてしまい、挺身隊=慰安婦が韓国内で定着させてしまったのです。
    (2)  NHKの正体見せた「問われる戦時性暴力」
 もう1例、教育テレビで2001(平成13)年1月29日から4回にわたって放送された〈 ETV2001 「 戦争をどう裁くか 」  〉 を紹介しておきましょう。
 とくに問題となったのは2回目の「問われる戦時性暴力」(左下写真)でした。このなかで、「 女性国際戦犯法廷」 (右下写真、中央の斜めの席が裁判官席 )と称する模擬裁判を好意的に取り上げていたからです。

     ・  「女性国際戦犯法廷」 ってなに ?
 この法廷(模擬裁判)の主催者は、松井 やより元朝日新聞記者を代表とするNGO「戦争と女性への暴力 日本ネットワーク」(略称、バウネット・ジャパン) で、〈 日本軍性奴隷制を裁く 「女性国際戦犯法廷」  〉 という旗印のもと、2000(平成12)年12月、皇居に近いという理由から東京の九段会館などで裁判が行われました。
 裁判の目的は、東京裁判で裁かれなかった日本軍による「性奴隷制度」、つまり慰安婦問題を裁き、日本政府と昭和天皇の責任を追及しようとするものでした。法廷の最終日(12月12日)、マクドナルド裁判長(アメリカ人)が 「天皇裕仁を婦女暴行と性奴隷制についての責任で有罪とする」 と言い渡したことからも、この裁判が何を意図していたのかは容易に読み取れるでしょう。
 法廷は弁護人もなく、したがって証人への反対尋問もなく、“被害者”として登場した元慰安婦たちの「証言」で、一方的に審理が進むというとんだ茶番劇でした。笑わせるのが、傍聴者はこの法廷の主旨に賛同するものだけだといい、誰もが自由に傍聴できないことでした。
 このような法廷をいち早くNHK教養番組部が題材として取りあげ、 「教育番組」 として放送したのです。それも慰安婦の「強制連行」が既定の事実であるかのように制作・放送されました。いかに左がかった考えの持ち主がNHKに巣くっていて、主導権を握っているかがわかります。
 昭和天皇を有罪とした下りこそカットされ放送されませんでしたが、これも放送直前、試写を見た吉岡教養番組部長が「女性国際法廷の紹介番組ではないか」「お前らにハメられた」などと怒り、大幅な修正を命じた結果とのことです。カットされたなかには中国戦犯の2人の証言( ⇒ こちらを参照ください )も含まれていました。
 とはいえ、「女性国際戦犯法廷」を軸に番組が展開されているのは間違いないところです。ですが、放送番組を見て怒ったのが主催者のバウネット・ジャパン。早速、カットしたのはケシカランとNHKに対し抗議するやら、提訴するやらの騒ぎとなりました。
     ・  朝日報道から政治問題化
 さらに約4年後の2005(平成17)年1月12日付けの朝日新聞が、中川 昭一( 経産相、当時 )、 安倍 晋三 (内閣官房副長官、同 )が、放送の前日にNHK幹部を呼んで「偏った内容だ」などと指摘、このためNHKは番組内容を変えて放送したと一面上段で報じました
 政治家の圧力により、NHKの番組が改変されたというのです。朝日報道は「事実を歪曲」したものとNHKは猛反発、朝日NHK のゴタゴタ騒ぎとなりました。あれからまだ日も浅く、ご記憶の方も多いことでしょう。
 この問題は、NHKが偏向番組を放送したこと自体が問題の核心 であることを忘れてはいけないと思います。
     ・  多数の慰安婦報道
 NHKはこのほかにも慰安婦に関連する番組を多数、放送してきました。下もその一例です。

 これらの放送が重なり、やがてアメリカ下院本会議で、「慰安婦制度は日本政府による軍用の強制的な売春で、20世紀最大の人身売買の一つ」 などとする対日非難決議案が可決され、日本政府に 「公式謝罪」 を求めてきました。この腹立たしい出来事の責任の多くを、NHKも負うべきものと思います。
 NHKは慰安婦問題にかかぎらず、南京虐殺をはじめ日本軍を断罪できそうなネタを探して放送することが、重要な国民教育の一環と考えているに違いなく、ズッーとつづけてきたことでした。今も変化はないと思います。
 別途、慰安婦の問題を含め、分かっていることを報告する予定です。・・・

一連の流れが良く分かりますね。このように、慰安婦という素材を見つけてきて、日本を貶めるために火のない所に煙を立てまくって、消えそうになるとまた火をつけてきた朝日新聞という反日メディアと、それを利用しきた反日日本人達!・・・この構図を断ち切らないと、日本を取り戻せないとつくづく思います。朝日の記事取り消しを一切報じようとしないメディアも同罪です!勝ち誇り

「加害ウイルス」の散布者たち  ― やはり 朝日とNHK ― 様が

大量報道による国民教育 ・・ 従軍慰安婦」とタイトルにしていましたが、まったくその通りです。

関連記事右

1993年、(従軍)慰安婦を語る 福島瑞穂弁護士×松尾貴史 【NHK教育・ワールドウォッチング】より

24b0e33b.png
福島瑞穂氏「どうぞよろしくお願いしますぅ。」

松尾氏「福島さんはこの問題にいつ頃から関わられたんですか?」

福島氏「はい、えー本などではもちろん読んでいたんですが、1990年6月に日本政府が国会の答弁の中で、『従軍慰安婦は民間業者が連れ歩いていただけで国や軍は一切関与していない』という答弁を行ったんですね。(はい)

で、それはいや違うんではないかっていう事で、えー、それから日本の女性としてこの問題を考えようという事で会を作ったのがきっかけですぅ。」

《1991年TBS【報道特集】の吉田清治の「慰安婦狩り」証言と、秦郁彦氏の慰安婦問題検証 【知りたがり】》より抜粋

b33c6fee.png 25396479.png

昭和18年の事である。こうした戦地での慰安婦不足を背景に、この頃朝鮮半島では、慰安婦狩りとも言える若い娘たちの強制連行が始まった。吉田清治。慰安婦狩り実行部隊の責任者であった

442578a8.png

元山口県労務報国会・動員部長 吉田誠治(78)
ボクは1000人ばかりの女性を連行した

家の中から引っ張り出して道路に座らして、慰安婦として使えそうな女を警察のトラックに部下たちが、棍棒で殴りつけて放り込んで連れてったわけ。
赤ん坊抱いてる女は、赤ん坊を取り上げて傍の他の女に渡し、そして連行すると
、、」(中略)

c35dbeb3.png

アナ「えー、戦争から50年近く経って今ようやく加害者の側の重い口がこう開きつつあるわけですけども、

その一方で植民地支配、あるいは加害者としての戦争という事がまだもうひとつ分かっていない人達もいるという現実が浮き彫りになったのではないかという風に思いますが、

村上さん、こうして見ますとね、国としてのこの政府の責任ですね、それはもう言い逃れができないのではないかという風にボクは感じるんですが、日本政府の対応というのをちょっと整理して頂けますか?」・・・

大谷昭宏の反日コメント集 (テレビ朝日・朝日放送編)より

《従軍慰安婦についての呆れたコメント(大谷昭宏・木村太郎)【スーバーニュース・スーパーJチャンネル】》11/12/14

大谷氏「そうですね、私はどんな戦争犯罪もですねぇ、あの許し難い戦争犯罪である事は確かだと思うんですね。

ただ、この従軍慰安婦の件に関してはですねぇ、その戦争犯罪の中でもですねぇ、お詫びしてもお詫びしてもお詫びしきれないね、犯罪だったと思うんですね。

[E:danger]私、慰安婦だった女性の方ともう10年以上前ですけども、じっくり話した時に、その体験を聞いたときにどういう言葉を返していいか分からなかった

まっことに申し訳ないという以外に日本政府としてもうないと思うんですね。

ecfc1803.jpg

ただ、その事と大使館の前にああいう形で銅像を置くという事は、お互いの為に良いことだろうかと。両方が結局はささくれ立ってですねぇ、民族間のですねぇ、あらぬこう対立を生むことに繋がりはしないんだろうかと。もし補償するなりなんなりするとしても、・・

「慰安婦狩り」がウソだった事が確定したけど、今まで繰り返し国民を洗脳してきたメディアはどう責任取るの!?勝ち誇り


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2012年05月09日19:30反日利権、ソウル・「慰安婦博物館建設」を主導した日本人たち

韓国ソウルに「戦争と女性の人権博物館」、いわゆる慰安婦博物館という笑うに笑えない反日施設が出来ました。

例の在韓日本大使館前の慰安婦像は外交問題になっているのに、この慰安婦博物館の事をテレビは報道しません。ということで、この動画を文字起こししました。

【撫子日和】反日利権、慰安婦博物館に群がる日本人[桜H24/5/8] 

(動画説明)このほどソウルに建設された「慰安婦博物館」。大使館前の慰安婦像に続く「反日のシンボル」であるが、この博物館の建設にはまたしても「反日日本人」が多数群がってるとい­う。韓国人に阿るばかりで、過去と現在と未来の日本人の人権を侵害していることに気付かない彼らの愚かしさについて糾弾させて頂きます。


「佐波優子の撫子日和です。

さぁ、とうとうソウルに慰安婦博物館なるものが出来てしまいました。早速新聞記事をご紹介していきたいと思います。5/6日の産経新聞ですが、これによるとこのように書いてあります。 (アンダーライン部分のみ読み上げ)

ソウルに「慰安婦」博物館が開館 慰安婦像に続き「反日」の象徴2つ目 。日本統治時代の慰安婦に関する資料などを集めた「戦争と女性の人権博物館」がソウル市内に完成し5日、開館式が行われた。

来賓の韓国の金錦来・女性家族相は挨拶で日本政府に慰安婦問題の解決を求めていくことを宣言した。このほか朴元淳・ソウル市長や国会議員らも来賓として出席

在日韓国人の歌手が歌を披露したほか、日本からも市民団体などが参加した。
 元慰安婦をめぐっては昨年12月、支援団体の「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」がソウル中心部の日本大使館前に慰安婦像を建立している。日本政府が抗議するなど外交問題となっているが、「博物館」が完成したことで、半年の間に首都に2つの反日の象徴が建設される異例の事態となった。
 博物館の展示室には、元慰安婦が旧日本軍から「被害」を受けたことを示すとされる資料、写真などのほか、大使館前に設置されているものと同寸大の慰安婦の像も置かれている。
 建設を主導したのは挺対協と、日本に組織された「日本建設委員会」。当初は韓国政府の金銭支援を受け、日本統治からの独立を記念する「西大門独立公園」内の一角に建てられる予定だった。
 だが、独立運動の記念団体などが「独立運動家に対する名誉毀損(きそん)だ」などとしてソウル市に敷地提供を取り消すよう要請。ソウル市が建築許可を取り消し、韓国政府も予算支援を撤回するなど紆余(うよ)曲折があった。

という風に書いてあります。非常ーに驚いてしまいました。

あのですねぇ、こちらの博物館を建てるには、建設を指導したのがですねぇ、日本に組織された"日本建設委員会"というものがあるそうなんです。

この「日本建設委員会」ってどんな組織なんだろうと思ってちょっと調べてみたんですが、こちらが"戦争と女性の人権博物館 日本建設委員会"というところが建設を主導したそうなんですね。

これはどういう団体かと言いますと、実際にこの慰安婦問題に対して、この博物館を建てるために様々な活動を行っている団体でありまして、この建設基金の募集活動を行っているんですね。そしてHP によると、日本からの募金、総額1億円を目標に活動している団体なんだそうです。

そして、こちらの建設呼びかけ人と致しまして、例えば日本軍の慰安婦の強制連行があったと主張している中央大学の吉見義明教授ですとか、また靖国問題などを書いた東大の高橋哲哉教授などが名前を連ねているという状態です。

そしてこちらの団体は、元々韓国にあった団体なんですが、2009年に日本支部が発足したという事です。

で、この度、日本のこの慰安婦があったという風にされる資料が展示された慰安婦博物館がソウルに出来てしまいました。

昨年12月には日本大使館前に、あの慰安婦の像が出来てしまったばかりですが、とうとうこのような施設がソウルの中にまた出来てしまったんだなぁと思うと非常に腹立たしさを感じます。

それによりですね、やはり例えばアメリカでは、無実の韓国人女性をレイプした日本人の子孫だ! という事で、子供たちがイジメに遭っているそうなんですね。

という事は同じように韓国に居る日本人の子供たちがイジメに遭う可能性も非ー常に高いわけです。

この建設を主導した"戦争と女性の人権博物館 日本建設委員会"の方々は、女性の人権を守りたいですとか、まっそういう気持ちがあるのでしょうが、

やはりこのような無実の罪で、、日本軍がレイプをしたという風に言われている、、まっ、その元軍人さんたちもそうですけれども、今生きている子供たちの人権も、日本の子供たちの事もしっかり考えなければいけないと思います。

やはり濡れ衣を着せられて、その子供たちが今、韓国やアメリカでもしイジメに遭っているとしたら、それは本当に大きな問題だと思います。

女性の人権を考えるような人たちにも、是非そのような事でイジメに遭っている子供たちの事もしっかりと考えていただきたいと思います。

佐波優子の撫子日和でした。」以上

独立運動家と慰安婦支援者の利権は重ならないようで、そういうわけで、この博物館、古い住宅を改築しそうです。

博物館は一般市民の力により建てられた。市民の自主的な寄付金のうち合計20億ウォン(約1億4000万円)を充てた。寄付金17億ウォン(約1億2000万円)で個人所有だった住宅(敷地350平方メートル、延床面積308平方メートル)を買い取り、1年間にわたる「1万ウォン(約710円)寄付リレー」キャンペーンで集めた3億ウォン(約2100万円)を改築工事の費用に充てた。寄付者約8000人の氏名は博物館2階の中央に作られた「寄付者の壁」に1人1人刻まれている。

「寄付者の壁」には、この人たち・呼びかけ人の名前も刻まれているわけね。

李政美(歌手)
イ・ヨンスク(一橋大学教授)
池田恵理子(アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」運営委員長)
石川真生(写真家)
鵜飼哲(一橋大学教授)
大森直樹(東京学芸大学教員)
川田文子(ノンフィクション作家/日本の戦争責任資料センター共同代表)
君塚仁彦(東京学芸大学教員)
金富子(VAWW-NETジャパン運営委員)
辛淑玉(人材育成コンサルタント)
高里鈴代(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表)
高橋哲哉 (東京大学教授)
鄭暎惠(大妻女子大学教員)
中野敏男(東京外国語大学教員)
中原道子(VAWW-NETジャパン共同代表)
西野瑠美子(VAWW-NETジャパン共同代表)
林博史(関東学院大学教授/日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
朴慶南(作家)
吉見義明 (中央大学教授)

"その道"で、名の知れた人ばかりだわ。多分、中山千夏や永六輔や石坂啓や田中優子の名も刻み込まれてるんだろうなぁ・・ 寄付者一覧表です→http://www.whrmuseum-jp.org/list20120704.pdf

関連記事

韓国反日記念館の実態(蝋人形のウソ)、日本の冤罪

日韓『慰安婦問題』入門編  秦郁彦氏大解説 【知りたがり!】

慰安婦水曜デモに火をつけた韓国人女を詐欺で摘発のニュースについて

【慰安婦問題】ソウル大名誉教授『反日運動は無意味』発言と大谷昭宏の偏見 【ムーブ!】

火のない所に火を付け回る人々 (仙谷由人と高木健一)

というわけで、明日の《《【愛国女性のつどい花時計】5.10従軍慰安婦はいなかった!周知街宣》》にいけない人はコチラで見守りましょう! sakuraraさんのコメより 

ニコ生はコチラ↓で配信されますので、是非、見守って頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。おにぎり&ももちゃんの日本大好き!

http://com.nicovideo.jp/community/co1603869
▼予約スケジュール 開場:2012/05/10 11:27  開演:11:30 ~
従軍慰安婦はいなかった! 主催 愛国女性のつどい花時計  (放送者:おにぎり)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく