民間の事故調

2012年02月28日10:52「民間事故調の報告書」の記事へのみのもんたのコメント 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】のお出かけ前の朝刊チェックで、

福島第一原発事故に関する民間の事故調の『官邸の初動が混乱の要因』という報告書の記事を取り上げていたんですが、みのもんたのコメントがヘラヘラしてて、あまりに無責任だったので記録しました。

98a73c3b.jpg ae4ebc8c.jpg

女子アナ原発事故は、官邸の初動が混乱の原因になっていたと指摘されました。

毎日新聞です。」(重要なので全文転載。アンダーライン部分のみ読み上げ)

福島第1原発:官邸初動対応が混乱の要因 民間事故調報告

 東京電力福島第1原発事故を調査してきた民間の「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」(北沢宏一委員長)は27日、菅直人首相(事故発生当時)ら官邸の初動対応を「無用な混乱やストレスにより状況を悪化させるリスクを高めた場当たり的で、泥縄的な危機管理」と指摘する報告書をまとめた。官邸の指示が事故の拡大防止にほとんど貢献しなかったと総括緊急事態の際の政府トップによる現場への介入を戒めた

 民間事故調は、科学者や法曹関係者ら6人の有識者が委員を務め、昨年の9月から調査していた。東電側は聴取を拒否した。

 報告書によると、原発のすべての電源が失われた際、官邸主導で手配された電源車が、コードをつなげず現地で役に立たなかった。枝野幸男官房長官(同)は「東電への不信はそれぐらいから始まっている」と、事故当日から東電への不信感が政府側に生まれていたと証言。報告書はこうした不信感が、官邸の現場への介入の一因になったと分析した。

 原子炉格納容器の圧力を下げるため気体を外に出す「ベント」が遅れたことについては、東電が現地の住民避難の完了を待っていたことや電源喪失が原因だったと指摘。「官邸の決定や経済産業相の命令、首相の要請がベントの早期実現に役立ったと認められる点はなかった」とした。

 1号機への海水注入では、12日午後6時ごろの会議で、注入による再臨界の可能性を菅氏が「強い調子」で問いただし、再検討を指示していた。海水注入は既に午後7時4分に始まっており、第1原発の吉田昌郎所長(同)は官邸と東電本店の中断指示を無視し注入を続けた。報告書は「官邸の中断要請に従っていれば、作業が遅延した可能性がある危険な状況だった」との見方を示した。同時に、吉田氏の行動についても「官邸及び東電本店の意向に明確に反する対応を現場が行ったことは、危機管理上の重大なリスクを含む問題」と批判した。

 一方、菅氏が昨年3月15日に東電に「(福島第1原発からの)撤退なんてありえませんよ」と、第1原発にとどまるように強く求めたことについては、「結果的に東電に強い覚悟を迫った」と評価した。

 また、菅氏の官邸での指揮に関し「強く自身の意見を主張する傾向」が班目(まだらめ)春樹原子力安全委員長や閣僚らの反論を「躊躇(ちゅうちょ)」させたとの認識も示した。さらに「トップリーダーの強い自己主張は、物事を決断し実行するための効果という正の面、関係者を萎縮させるなど心理的抑制効果という負の面があった」と言及した。【笈田直樹】
 ◇民間事故調報告書の骨子

首相官邸の現場介入によって、1号機のベント(排気)などで無用の混乱を招き、事故の悪化リスクを高めた可能性。介入の背景は、マニュアルの想定不備や官邸の認識不足▽東電や保安院への不信感▽被害拡大の危機感▽菅直人前首相の政治手腕など

・01年の米同時多発テロを教訓にした新たな規制内容を未反映

・菅前首相は昨年3月22日、原子力委員会の近藤駿介委員長に「最悪シナリオ」の想定を依頼

・地震当時、原発構内の作業員は「この原発は終わった。東電は終わりだ」と顔面蒼白(そうはく)

・緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)の運用や結果の公表を巡り、文部科学省が原子力安全委員会に役割分担させるなど責任回避を念頭にした組織防衛的な兆候が散見

・航空機モニタリングで、文科省と防衛省の連携が不十分

 【ことば】福島原発事故独立検証委員会

 東京電力福島第1原発事故の原因などについて民間の立場で検証しようと、財団法人が設立した組織。通称・民間事故調。委員は元検事総長の但木敬一弁護士ら民間人6人。研究者や弁護士ら約30人から成るワーキンググループがあり、菅直人前首相ら政治家や官僚ら300人余りから意見を聴取した。原発事故をめぐっては政府、国会、日本原子力学会なども独自に調査している。法律に基づいて設置された国会の事故調は、証人喚問といった強い権限がある。

c0af3437.jpg

下の読売新聞の記事を見てみますと、そのエピソードの一つとして、

菅首相が介入、原発事故の混乱拡大…民間事故調

 報告書によると、同原発が津波で電源を喪失したとの連絡を受けた官邸は昨年3月11日夜、まず電源車四十数台を手配したが、菅前首相は到着状況などを自ら管理し、秘書官が「警察にやらせますから」と述べても、取り合わなかった

 バッテリーが必要と判明した際も、自ら携帯電話で担当者に連絡し、「必要なバッテリーの大きさは? 縦横何メートル?」と問うた。その場に同席した1人はヒアリングで「首相がそんな細かいことを聞くのは、国としてどうなのかとゾッとした」と証言したという。

 翌12日朝、菅氏は周囲の反対に耳を貸さず、同原発の視察を強行。この際、同原発の吉田昌郎前所長(57)が東電本店とのテレビ会議で、「私が総理の対応をしてどうなるんですか」と難色を示す場面を目撃した原子力安全・保安院職員もいたという。

しかし、一方で報告書、東電による原発からの撤退申し出を拒否した事などについては菅前総理の行動力また決断力について評価もしているという事です。」

79a414e4.jpg 4e77ada5.jpg

みの氏だって菅さん、浜岡の原発、止めたじゃない。フフフ

女子アナこれは福島第一原発のね、対応についてなんです、、」

杉尾秀哉氏「うん、だから両面があって、その菅さんが東京電力に対して『撤退はあり得ない』と強く迫った事が、まっ東電に、それだけその、まっ強い、その、えーー、何て言うんですか、あの東電側も『こりゃ、引けないんだ』という、、

e932b0c9.jpg 5ea5eeab.jpg

で、最悪の事態はそれで防いだと言う人もいますけれども、逆に細かい事ばっかり、、それで怒鳴り散らして、ある人に言わせると、パニック症候群みたいな、本当にパニック状態になってて、ヒドイ状況で、やっぱり、それがそのやっぱり指揮官として、ちゃんとしたその正しいその判断と決断が出来たのかって、こういう事をいう人も結構多いんですよね。」

936168ba.jpg a4ff11ce.jpg

みの氏「うーん、ねぇー、しかし、阪神・淡路であれだけのこの経験をした我々なんですけれども、生かされなかったんですかねぇ?」

内野氏「だから、つくづく民主党政権になって、その鳩山時代の普天間の問題と菅政権時代のその震災の、まっ対応っていうのは、まっそのツケを全て国民がこう負ってるっていうのは、こうまぁ、

それでまっ、国民が選んだ政権という事もありますけども、なかなか時代として不幸な時代になってしまったなと。やっぱりリーダーを育てないといけないですね。」

2483ee90.jpg df84a0e2.jpg

三屋氏「ホントになんか、こういうの、、これ(新聞紙)今読んでも、結構やっぱり、ゾッとしますよねぇ。だからホンッットにこれからどうなるのかと思うと、暗澹たる気分にはなってしまうような記事ですよね、これね。」

みの氏「うーん、ね、日本という国の、この国土を考えると、いつ地震が来てもおかしくない。そういう危機管理体制ってのはやっぱり取れてなきゃね

マニュアル出来てるんですかねぇ? ちゃんとしたぁ~。それも心配になってくる、うん。」 以上

菅さんは指揮官なのに、危機管理の体制をことごとく邪魔してた感じがします。

今の副大臣、菅さんの事をこう言っていましたねぇ・・・

岡田氏「菅氏は必ず再評価される」 2011.10.13 18:41  産経新聞

 民主党の岡田克也前幹事長は13日、都内で講演し、幹事長として約1年間支えた菅直人前首相について「菅氏が再評価される時代が必ず来るだろうと考えている」と持ち上げた。

 岡田氏は東日本大震災や原発事故に対応した菅氏について「精神的な安定を保つことすら難しい中、非常に良くやられたと心底思っている。私が首相であれば、あそこまでできたかなと思うと最大限の賛辞を贈った

民主党の人って、菅前総理以下の能力って事かしら?!

で、「ちゃんとしたマニュアルは出来ているのか」と心配している様子のみのもんたですが、国会で「マニュアルどおり原発事故対応していない」と、菅総理に国会で追及した自民党・脇議員を、みの・杉尾・三屋氏は、 (2011年4月19日)批判しいたのに、すっかり忘れちゃったんでしょうか~]↓

《自民・脇議員の質疑を徹底批判するみのもんた・TBS杉尾氏 【朝ズバッ!】》

TBS【朝ズバッ!】の8時またぎで、昨日の「東日本大震災」参議院・集中審議のことを取り上げていたので記録しました(青字はナレーション)(ただし、国会の部分のVTRとコメンテーターの発言の部分を抜き出し)

菅総理の「一定の評価を頂いている」発言と、コメンテーター達の自民・脇議員の質問への批判にドン引きー。・・

マニュアルに関しては・・・↓

《桜井充財務副大臣の菅総理批判と、原子力総合防災訓練 【ANNニュース】》

その桜井充議員のHP、必見です!



桜井充メルマガ:「質問のお手本のような内容でした」 (一部抜粋)

昨日の予算委員会の脇雅史議員の質問は本当に素晴らしかった。
委員会の質問のお手本のような内容だったと思う。同意できる点も
多々あり頷いていたら、内閣の人間が自民党の議員の質問の時にどうでしょうかとも言われてしまった。

 しかし、質問者が誰であれ、その内容が素晴らしければ政策に取
り入れるべきであり、昨日の指摘は、私の今後の政治活動において
もとても参考になる内容であった。そして、民主党政権の問題がど
こにあるのかを浮き彫りにしていた
(続きを読む)

原発事故直後の日本側の対応は、「アメリカNRCの報告書」でも・・・↓

原発事故その時何が…米NRC議事録で分かった事 【サンデーモーニング】

・・その後、一旦は支援を断った日本から燃料プールを冷やす為の助言を求められると・・

80d60593.jpg

日本側の誰か『砂を入れてはどうか』と発言したが、・・

作成中の日本側の議事録・・・菅総理のパニックぶりしか書けないかもね。

あと、SPEEDIの対応一つで罪になるそうですよ。

《「国民を見殺しにしたら殺人未遂になり得る」by若狭弁護士 【朝ズバッ!】》

若狭氏「これはかなり極論の話になるんですが、

本当にこの致死量に至るような被曝の可能性がある程度高まっているにも関わらず、そのそこにいる人に避難指示をしなかったということは、これは殺人未遂になり得るんですよね。

危険が分かってて死ぬかも知れないって事も分かってて、『逃げろ』と言わずにその場に居留ませたという事は、殺人未遂っていうのも理屈の上ではなり得るんですよね。」

こうした、いくつかの事故調の報告を元に、最終的には一番権限のある国会の事故調で、菅直人・枝野幸男氏・東電側の証人喚問を絶対にしてほしいです。

この事故対応を教訓にして完璧なマニュアルが出来たとしても、それをこなすのはやっぱり人間力しかない。とにかく、危機管理能力のない政党を選ぶのは、今後絶対にやめましょうよ。

その選択のツケは、共同責任として国民全体がかぶる事になるんだから・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく