死刑執行

2011年12月28日22:25死刑執行ゼロに関する 江田五月のコメント 【やじうまテレビ・ニュースの深層】

テレビ朝日【やじうまテレビ】で、

産経新聞の『死刑執行、19年ぶり「ゼロ」濃厚』の記事に、真っ当なコメントをしている女性弁護士と、同じ記事に江田五月が全く逆の話を一時間番組で喋っていたので両方記録しました。

22055633.jpg

アナ「・・・さっ、続いてこちらはどうなんでしょうか。」(アンダーライン部分のみ読み上げ)

死刑執行、19年ぶり「ゼロ」濃厚 産経新聞 

 ■確定囚130人、遺族の悲嘆
 平成23年の死刑執行は27日現在、行われておらず、4年以降19年ぶりに「執行ゼロ」となる見通しとなった。刑事訴訟法の規定では死刑執行には法相の命令が必要だが、複数の法務省関係者によると、平岡秀夫法相が年内に執行を命じる動きはないという。
 死刑執行は昨年7月28日に千葉景子元法相が行ったのを最後に止まっている。戦後、執行がなかったのは昭和39、43年と、平成2、3、4年だけだ。
 平岡氏は27日の閣議後会見で、19年ぶりに執行ゼロとなる可能性について、「いろんな検討をした結果なので、それ自体、大きな意味があるとは受け止めていない」と述べた。
 一方、27日現在の確定死刑囚は130人で、戦後最多を更新。昨年末時点での確定囚は111人だったが、今年1年間で22人の死刑が確定し、3人が病死した。
928693c1.jpg ■法相ずらり慎重派、「時間稼ぎ」勉強会
 死刑執行が止まる中、膨れあがる一方の確定死刑囚。平岡秀夫法相は死刑制度について「考えを整理したい」「国民的な論議を呼びかけたい」などと繰り返し、9月の就任以降、慎重な姿勢を貫いている。民主党政権になって法相は次々と交代した。法相個人の意思で執行が止まっている現状に犯罪被害者や遺族からは、刑事訴訟法の改正を求める声も出始めた。
 ◆平岡氏の真意不明
 今月19日、法務省内で開かれた「死刑の在り方についての勉強会」。死刑廃止国のイギリス、フランスの専門家が、廃止の経緯や現状などの説明を行い、平岡氏らが熱心に聞き入った。
 死刑執行がストップしている間、法務省内で続けられてきたのが、この勉強会だ。昨年8月、当時の千葉景子法相が「国民的議論の契機としたい」と設置し、計10回開かれたが、進展はない。法曹関係者からは「勉強会は執行しないための時間稼ぎにすぎないのでは」との声も上がる。
 平岡氏は27日の閣議後会見で、「勉強会が何らかの結論を出す性格のものではない以上、個々の問題をしっかり考えていかなければならない」と述べ、勉強会を開く間も執行に含みを残したが、真意は不明だ。
 ◆「どちらが残酷か」
 法相の姿勢に、いらだちを隠せないのが遺族だ。
 「死刑が執行されない限り事件は終わらない」と語るのは、平成11年の池袋通り魔事件で長女を殺害された宮園誠也さん(77)。加害者は19年に死刑が確定したが、現在も執行されていない。
 高齢となり、心配なのは自身の健康問題だ。「犯人より早く死ねない」と体を鍛えるため、週4、5回のジョギングに励み、今年の夏は富士山にも登った。死刑廃止論者の中には「絞首刑は残酷」との意見もあるが、「娘は何時間も苦しんで死んでいった。一体どちらが残酷なのか考えてほしい」と訴え、「法相は死刑を執行したくないから、逃げているだけじゃないのか」と批判する。
 ◆法改正求める声も
 死刑囚の数は増える一方だ。今年6月には、強盗殺人事件の被告が控訴を取り下げ、裁判員裁判で初めて死刑が確定。オウム真理教の一連の事件でも幹部3人の死刑が今年確定し、刑事裁判が終結した。麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(56)を含め13人の死刑が確定しているが、いまだに執行されていない。
 21年9月の民主党政権発足後、死刑を執行したのは千葉氏だけ。千葉氏の後任の柳田稔氏、仙谷由人氏(兼任)は短命で執行せず、今年1月に就任した江田五月氏は廃止派で、現法相の平岡氏も「これまで執行に前向きな姿勢はない」(法務省幹部)という。
 全国犯罪被害者の会(あすの会)顧問の岡村勲弁護士は「法相は法を守るべき国の最高責任者であり、法を守らないことは許されない。これ以上、執行しない状態が続くならば、法相から死刑執行命令権を取り上げ、検事総長に移す方向で、刑事訴訟法を改正すべきだ」と指摘している。
まぁこれは萩谷さん、ちょっとどうなんだろうなという感じはしますけどねー。」
5ea6acfb.jpg
萩原氏「あの、法律上は、死刑判決確定から6ヶ月以内に執行することになっているわけですね。で、裁判員裁判になってから量刑が重くなる傾向にありますから、今後も死刑判決は増えていくだろうと思いますけれども、まぁあの、死刑制度というものが存知している限りは、やはり法務大臣の思想信条によって、執行されたりされなかったりっていう事があってはいけないと思うんです。
誰が法務大臣になっても公平に執行が行われると、そこが担保されなければかえって被害者のご遺族であるとか、あるいは死刑囚にとっても非常に残酷であると思うので、法務大臣になってから勉強するではなくて(そうですねー)
法務大臣になる段階で、覚悟を持って就任しなければいけないと思いますねー。」
65e1fc36.jpg
アナ「そうですねー、まぁあの戦後最多という確定囚130人という事になっているんだそうですね。」
で、この記事に関し、CS朝日ニュースター【ニュースの深層】に、元法務大臣で現在は民主党最高顧問の江田五月氏が出演し、人権活動している司会者(神原元弁護士の奥さんの土井香苗氏)と、死刑制度について語っていたので、その部分だけ箇条書き。
5f63b1e6.jpg
■死刑ゼロにしようと思ってやったのではなく、自然にゼロになった。
■ずーーーーっと遡ると、平安時代には2,3百年ゼロだった。
■人間は必ず死ぬので、その寿命ぐらいは国家の意思で断ち切るのはやらない方がいいというのが死刑反対者の一番深い気持ち
団藤 重光先生の「死刑廃止論」の中に、死刑廃止派理論の実践であり、実践の理論だと言っている。人を良くして行くのが刑事法ではないかと。死刑は取り返しがつかないこと
6516f624.jpg
世界的な流れでも、死刑執行国の中に人権問題に問題がある国の中に日本が入ってしまっている。
■7,8割の日本人が死刑制度賛成だが
今の日本はみーんな今の自分とは関係ない、自分は安全なコチラで世の中の事を観客席で解説している。
誰もが犯罪者になりうるのに、
■悪いのがいたら『アイツを潰せー、良くやった!』という感じで怖い
ゆとりのある話し合いの出来る社会でなければいけない。
■大臣就任の時「悩ましい制度だ」と言ったら、たちまち「臆病者ー」とかスゴイメール・電話・ファックスが来て残念なことだった。
■死刑は勧善懲悪で良いっ!となっちゃうが制度というのはそう単純じゃない
先進国は死刑をやってないという話・韓国も何年も執行してない。モンゴルも死刑廃止した。
■平岡大臣は今悩んで苦しんでいる。
原発問題とある意味似ている
絞首刑と当日死刑宣告される日本はユニーク
■よく死刑制度は抑止力になるというが、死刑廃止している国はそんなことにはなってない
法務大臣一人が悩むんじゃなくて、日本全体が悩まなくてはいけない問題だ。
2f802399.jpg
萩原弁護士のコメントには納得だけど、この江田五月の話は、ぜーーーーんぶ????マークが飛んで全く理解できませんでした(・・;)
「日本全体が悩む」必要なんてナイし、原発問題と違うし、法律で決まってるんだから、法務大臣は凶悪犯から判子を押せばいいだけの話。この人達、何言ってんだか・・・( 一一)

関連記事



2011年11月22日20:06オウム死刑執行、平岡法相「慎重に判断」絞死刑は残酷?? 【スーパーニュース】

フジテレビ【スーパーニュース】で、長年のオウムの一連の裁判が終結した事に関し、平岡法務大臣のコメントを報じ、木村氏が死刑の仕方についてコメントしていたので記録しました。

001

アナ「平岡法相は、今日の会見で、オウム真理教による一連の事件の死刑囚に対する刑の執行について、「慎重に判断していかなければならない問題だ」と述べました。」

002 003

平岡法相「重大な判決が、まっ出ているわけで。(死刑執行は)慎重に、えー判断していかなければならない問題であるというふうに思っております。これ一般論ですけれどもね。」

アナ死刑をめぐっては、2010年7月を最後に執行されておらず、平岡大臣は、これまで慎重な姿勢を崩していません。オウム真理教による一連の事件の裁判は、昨日の元幹部・遠藤誠一被告(51)の判決が確定することで終結し、

004

今後は、死刑を言い渡し首謀者の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(56)ら13人の刑の執行が焦点になります。(VTR終了 スタジオへ)

009 008

安藤氏「はい、このオウム真理教の一連の事件、そして裁判については死刑が執行されればそれで事件にケリがつくわけではないと言う声ももちろんあがっています。

ただ、一方でこれまでの15年間に亘る法の裁き、さらにはその結論・判断と言うものを大臣がどういう風にその重みを受け止めるのか、また自分の職務についてどう考えるのかそこらへんをハッキリした上で『慎重に』と言う言葉を使って頂きたいという風に思います。はい。」

006 007

木村氏「そうですね、それと死刑について議論する良い機会になるんじゃないかと。それはね、死刑が良いか悪いかという話じゃなくて、あの死刑の方法について死刑というのは残酷だと言う意見が死刑是認論者からも出てきているわけですよね。

そうするとそれを考えるのに麻原彰晃という人は、これほど残虐な事をした人はいないわけですから、それはどういう形の罪を償うべきかていう議論をする上で、まっ格好のと言ったら悪いんですけども、今回良い機会じゃないかと思いますね。」以上

平岡法務大臣といえば、例の4年前の日テレ太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。】の中で被害者遺族に心無い言葉を吐き、

あの時の被害者少年の母親の元を訪れ謝罪したというニュースを記録したばかり。

平岡法相が暴言を吐いた、滋賀リンチ殺人事件遺族に直接謝罪 【キャスト】

なんでもかんでも「慎重に判断する」っていうけど、どう考えているのか国民に向けてきちんと会見すべきだと思います。もちろん野田さんもね。

あと、死刑の仕方という話だけど、松本死刑囚に関しては「絞死刑が残酷だ」というのはあたらないと思う。

ポアされた犠牲者たちは、自ら死に方も選べず、いきなり無残に殺されたんです!

特に坂本弁護士一家殺人事件なんて、あんな小さな子供まで・・どう考えても絶対に絶対に許せません。

私は、死刑の仕方に関しては出来たら同じ殺し方すればいいと思ってるくらい。。。

13人もの死刑囚を出したこのオウム真理教。

何故日本にこんなテロ集団が生まれたんでしょう?、外国との繋がりは本当になかったんでしょうか?

宗教法人の在り方、もっと考えた方が良いと思う。

とにかく!二度とこんなテロを起こすような組織を生まないために、絶対に忘れてはいけない事件です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく