森本敏

2010年03月18日17:38丸川珠代劇場 (子供手当の巻)       【ミヤネ屋】

読売テレビ【ミヤネ屋】で、子供手当について、特に丸川議員を『丸川珠代劇場』として取り上げてやっていたので、その部分だけ記録しました。コメンテーターたちのコメントも今日はなかなか良かったような・・(青字はナレーション)

001 002丸川氏「夏の参議院選挙前の支給をあせり

拙速に議論を進めるのは大きな間違いです。何故、日本人ではない、日本で育ってるわけでもない子供の育ちの為の費用を、何故、子供手当という手段で日本社会がシェアしなければならないのか、、」

子供手当法案は、来年度、中学卒業までの子供一人当たり月額1万3000円を支給するものだ。以前、野党・自民党は子供が海外にいる在日外国人への支給について厳しく批判していた。

003005田村氏「(仮に)アラブの王様のお子さんあたりが、コチラ(日本)で知的労働して、数千万円稼いで、向こうに子供が50人いたっていったら、

50人が(支給)対象になるんですよね、これ。こういう問題をコレ、含んでます、、」

 丸川氏子供手当を商売にするブローカーが出てこないとも限りません。

このままで支給をすれば『やっぱり日本はカモだった』と、そう皮肉られるだけでは済みません。何故、(法案修正)をやらないんでしょうか!

006008-どうしてそんなに芝居がかってるんだ!-(女のヤジ)「最後にここにはおられませんが、、」

ヒートアップする丸川議員。こうした批判に対し、長妻大臣は、将来制度を見直す考えを示した。

長妻氏平成22年度においては、法案を修正する考えはありませんが、”国内居住要件”を課すことを検討したいと考えております。」(永田町それぞれの動きの話 以下略)

(スタジオへ 子供手当の話だけ抜き出し)

009 010宮根氏「さぁそれから丸川珠代さん、『芝居がかってるぞ』ってヤジが飛んでいましたが(笑)、子供手当なんですが、これ、飯干さんね、子供さんが海外にいる外国人にもこれ支給されると、まっ、このあたりちょっと我々も正直違和感あるのはあるんですが」

飯星氏「だからそう、お金としてね、そのー、支給するという事になっているからそういう話になるんであって、私は前から思ってたんですけど、もっと違う形、、給食費をタダにするとかね、なんかそういう具体的に分かりやすい方法にしたら、こんな事にはならなかったのにって、いっつもこの問題には思うんですけどねー。」

宮根氏「あのー、森本さんね、この子供手当なんですけども、お金集めちゃってそれで保育園なんか作ったら相当できるって言う議員さんもいらっしゃいますよね。」

011 森本氏「まぁそうなのかも知れないんだけど、

マニフェストに挙げたので、どうしても実行したいと思ってると思いますが、

しかし一番重要なことは、それに必要な財源がきちっと確保できるかどうかという事なんで、まず財源を確保する事が大事なんですね。

どうも子供手当をもらって既に貰ってしまったのは、やっぱり総理大臣ひとりと、いう感じなんで、、」

宮根氏「(笑)額は凄いですけどね、月々1500万。えーこれ春川さん、やっぱりちょっと我々としても国民としても納得いかないなぁというような気はします、、」

012 春川氏「まぁだから私はね、理念としては支持したいというか、やっぱり国の宝である子供達を、みんなの、社会の力で育てていく考え方は支持したいんですけども、

ただ、やっぱりあれだけマニフェストに掲げててね、『実行する実行する』って言って、今どこで線引くかって、要は制度設計が出来てないわけです。(そうですね) 時間切れで。

だから、マニフェストに書いているのに、そんなところまでやってなかったのかっていうのが、ちょっと驚きますよねー。」

宮根氏「あのー、子供手当っていうのは大変大事だと思いますし、国民の皆さんもその政権交代の時には期待されてた部分がある。一刻も早く支給して欲しいという部分もあると思いますけれども、

その制度上しっかりしてないと、アレッて国民が思うと、これはおかしな事になりますよね。」

013 春川氏制度設計もそうですし、森本先生が仰ったように、財源もそうですし、

当然実行するにあたってはね、考えているだろうなっていう事が、考えてないんじゃないかっていう風にやっぱり不安感がちょっと出てきますよねー。」

宮根氏「やっぱ森本さん、これ参議院選挙前にやっぱり、民主党としては子供手当はもうとりあえず支給したいという思惑もあるんでしょうか。」

森本氏「そりゃあ、そうだと思いますが、それをきちっと担保をしないで、次の参議院のマニフェストを作るって言うのは、僕はおかしいと思うんです。

マニフェストってあくまで政権交代の為の政権公約ですよね。参議院選挙があるからといってですね、別に政権が交代になるわけではありませんので(そうですね) いちいちこうマニフェストをその度ごとに作るっていうのはいかがなもんでしょうかね。」

宮根氏「はい、普天間の政府案っていうのもね、3月いっぱいですから、この後民主党政権っていうのは、非常ーーに注目されますし、夏の参議院選挙にも当然影響してくると思います。さっ続いてはこちらです。」以上

丸川珠代さん、いいですね!「丸川珠代劇場」と揶揄されていましたが、いいキャラだと思います。

芝居がかってて何が悪い?! 話が分かりやすくていい。元テレビ朝日の唯一の良心ですしね(苦笑)

丸川さんが自民党から出馬すると聞いて、「ビックリした。なんで自民党なんですかね?!」と言っていた、やじプラのアナウンサー達の顔が浮かびました。

結局、子供手当は制度設計も財源確保もテキトーの、選挙用バラマキだという事がハッキリして周知されてきました。

そもそも、こんな不正受給が懸念される欠陥法案を、手直ししないなんてふざけてます。まっ、これぞ民主党なんですけどね・・

宮根氏が言っていたお金集めちゃってそれで保育園なんか作ったら相当できるって言う議員さんもいらっしゃいますよね・・・  の話は、

子供手当採決を急ぐワケ 【朝ズバッ!】の松阪市の山中市長の発言を是非読んでください。凄い納得できる話だと思います☆

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年01月30日21:34『ニッポンの正念場』 外国人参政権 後編 【ウェークアップ!ぷらす】

前記事の続きです。(トイカメラの調子がますますおかしくなった・・・^^;)

(マニフェストから抜いた外国人参政権法案をこのタイミングで出すのは何故?という質問に対し・・)

028 029原口氏「そうですね、これはあのー、
他の政党を言うと、自公の連立合意の中に入っていたと言われています。それから先ほど小池さんが反対の立場で質問されてたようですけども、あの方が居られた自由党は永住外国人の地方参政権の法律を出しています。で、民主党はかつてマニフェストに入れていましたけども、

その後、その実際にやれるのか安全保障上の問題や相互主義、それから永住外国人っていっても、特別永住外国人と永住外国人とどう区別するのか、、」

辛坊氏「はい、要するにあのー、植民地だった時から日本にいらっしゃって、その子孫の方々と、そうでなくて戦後日本に新たにいらっしゃって永住権を持った人とどう区別するのか、原口さんの個人的意見はどうですか。」

原口氏「いや、私はもう所管なんで、まさにこれは国会のご議論に、、待たないといけない。私自身は政府がですね、多数を持ってる政府がこういう民主主義の基本の所を『自分たちはこっちだ』って言ってそれで多数決でやっていいかっていうのをまず思ってまして、、」 辛坊氏「つまり、政府提案ではなくて、議員提案にすべきだと」

原口氏「そうです。政治資金規正法もそれからこういう参政権っていう、民主主義の根幹に関わる事は、私たち行政府の人間がやるんではなくて、国会が国権の最高機関が、、」

辛坊氏「これあのー、原口さんがそう仰るのは非常に重要で、だって法案出す時に所管の大臣は政府としてやるべきではないって言ったら、今の政府からこの話が今国会で出てくる可能性は非常に低いですね。」

原口氏「私は今の時点で、やはり行政府のこっから先はやってはいけないっていうものをですね、、私自身あの、特別永住外国人の地方参政権についてどう考えるかって、またそれは自分の考えがありますけども、しかし、それをじゃあ、政府で多数決でエイヤとやっていいかっていうと、私は慎重であるべきだと思います。」

辛坊氏「うーーーん、なるほど。かなりキーワードになるご発言だと思いますが、じゃあそもそもえー、これ、どうしたらいいのかというところで、皆さんのご意見を伺いたいと思います。さっ続いてのテーマです。」

030 031女子アナ「続いてのテーマはこちらです。

外国人参政権に何故賛成で何故反対か。」






辛坊氏「よくありますけれどもね、推進派の方の意見は 『税金払ってるんだから当然の権利だろう』それから『韓国では認めている』『日本でも認めるべき』だというのが推進派ですね。

032

033で、慎重派は、『そもそも憲法違反じゃないのか』『国益・安全保障を損なうんではないかという意見がありますが、森本さんどうお考えですか。」

森本氏「いや、あのーそうだと思いますよね。国益・安全保障と言っても、例えば地方で、特定の、、例えば、例えばですね、米軍基地を作るとか自衛隊の部隊を受け入れるとか、あるいは教育の制度だとか、原発を作るとかっていうのを、特定のその地域で、特定の議会で決めると。それに影響力を参政権という形で、投票権という形で影響力を持つと言うけれども、これは地方の問題ではないんですよ。国全体の問題に関わるわけですから、、」

辛坊氏「今回の普天間でも千数百票差のギリギリだという事になると、あそこ、まぁ、ある種別の意思で何か投票行動を、というような事も出来るギリギリの票数、、」

森本氏「そうですね、ええ、それでそれがまさに住民の方々の意見というよりか、むしろその周りの国の意向がそれにまぁ関わってたら、これはやっぱり国家の主権に関わる重大な問題なんで、私は憲法の解釈というよりか、国家主権の問題なんではないかという風に思ってる訳です。」

辛坊氏「なるほど、片山さんは地方の首長でいらっしゃいましたが、そのお立場からはどうですか。」

034 片山氏「わたしはねぇ、やっぱりこれ、賛否両論激しいんですよね。

今までね、実はあまり議論してない事なんですよ。今回良い機会ですからね、民主党がまぁ問題提起されたんですから、もっと広範に国会でもそれから国民のレベルでも議論したら良いと思いますよ。

今のままね、こんなに賛否がこう険しく対立している時にね、一気呵成にやる問題では私はないと思いますね。

あの、小沢さん、まぁ特徴的なんですけどね、ソウルではね(笑)この問題を発言されたんですよ。日本でね、国民に向かって発言された事ないでしょ。もっとね国内で議論、、何故これをしようとするのかっていうのをね、議論すべきだと思いますね。」辛坊氏「原口さん、その辺その指摘はどうですか。」

原口氏「いやぁ、片山先生の仰るとおりですね。私は特別永住外国人かつて日本人であって、サンフランシスコ講和条約でですね、日本国籍を離脱しなきゃいけなかった。そういう方々に対する参政権の付与とそれ以外の方ともう全然議論が違いますし、

もっと言うと、森本先生仰ったむしろ安全保障で言うと、今37組に1組が外国人の方との結婚なんです。そして籍を入れるって意外な程、簡単なんですね、そうするとじゃあ安全保障ってのは、一体なんなのか、も一回、もうその反対側で、多様な文化多様なその日本の多様性を維持する為にはどうするのか、そういうところをしっかりと議論すべきだと思います。」辛坊氏「江上さん」

035江上氏「あのー何となく、この情としてはですね、まぁなんかこう分かるんですけれども、その戦争の経験とか色んな事をこう踏まえたりしますとね、

まぁだけども考えたら、こうドンドン日本国民も一億2000万から9000万になろうかという風な予測もされているぐらいですから、

まぁいろんなその相手国の色んな人達の色んな事情もあるでしょうけれども、

帰化をね、勧めて、やっぱり国民としてですね、全てについて責任を持てるような状態という風な事で参政権を得るっていうのが僕の意見ですねぇ。」

辛坊氏「岩田さん、あの在日の方々でも所属している組織によっては意見が様々ですね、この問題、、」

036 岩田氏「ええ、それとね、あのー私も朝鮮半島の取材って両国ともしましたけども、

あのー例えば向こうのね、北朝鮮の場合でも国会議員の資格を持っているっていう方もいるわけです。」

辛坊氏日本国内で在日でありながら、

北朝鮮の国会議員の選挙権を持っている、、」

岩田氏「ええ、そうです。投票権を持っている。向こうでのですね。そういう事について指摘する人もいて、もしなんかの微妙な投票なんか起きる場合に、じゃあ本国からのね、意思っていうものが反映されるケースになった場合どうなんだろうとか、その辺も少し議論をやっぱりきちっとしていく必要があると思いますねぇ。」

辛坊氏「さっ、テレビをご覧の皆さん、本当に続々とご意見いただいてます。ご紹介しましょう。」

038 女子アナ「はい、ご紹介いたします。

選挙において何も問うていないのに、何故今この法案を提出しようとするのか、とても大事な問題であるのに、国民を無視するが如く、勝手に決めようとするのか。

外国人に参政権を与える事によって民主党に有利になる事でもあるのですか。』

 もうひとつご紹介致します。

『国への貢献、税金の納め方、在日年数、日本国に対する知識、その他、で決めるべきですが、これを判定する人、内容で随分偏ってくるのではないか。

今はこの議題を話し合うべき時ではないと思います。他に優先すべき政策があります』これは40代主婦の方から頂きました。」

辛坊氏「はい、意外と賛成の人のアレは、、ないわけじゃないんでしょうけれども。また後ほど紹介させて頂きたいと思います。原口さんいかがですか。」

039 原口氏「そうですね、やはりしっかりと国民の民主主義の基盤に関する事ですから議論をする

それから永住特別外国人っていうのは一体どういう方々なのか、そういう方々についての理解。

あるいは、じゃ帰化すりゃ良いんじゃないか、、これアイデンティティーの話ですから、

そういう思いもしっかりと国民に分かるように伝えてそして拙速を避けると、これが大事だと思います。」

辛坊氏「はい、どうもありがとうございました。原口大臣はここまでです。」以上

原口氏は、「何故マニフェストから抜いたのに今国会で提出するのか」という問いをはぐらかしてますね。そこが一番聞きたかったのにぃ。ところで・・・・

うちの亡くなった祖母がよく「朝鮮人はコワイ」と言っていたのですが、当時は子供心にそういう祖母のそこだけが嫌でした。でも、戦後の朝鮮人の悪行を調べてるうちに、

http://tool-4.net/?id=pachicyu&pn=0 http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm

みたいなのに酷い状態を知ってたのかも?と、今は想像しています。うち、商売やってたし。

マスコミも戦後この話題に触れなかったので、すっかり風化してしまってますが、身内に年配の方がおられたら、この機会に是非聞き出してみるといいかも。アイデンティティーとやらと、事実を知る為にもね。日本人、全体で考えるいいチャンスです。

あと一言・・『日本の参政権は、日本人だけのもの。国民の権利!』 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく