森まさ子

2010年10月26日12:42「蓮舫はさすが~」とテレビ朝日の面々(呆)  【やじうまテレビ】

テレビ朝日【やじうまテレビ】の元祖やじうま新聞で、昨日の参議院予算委員会での蓮舫の謝罪?を取り上げていたんですが、吉澤アナと三反園解説委員のコメントにポカ~ンとしてしまったので記録しました。

62ad30a0.jpg

吉澤アナ「さぁお待ちどうさまでございました。やじうま新聞のコーナーでございますねぇー。蓮舫さん、昨日追及されました。さぁコチラ、日刊スポーツ参りましょう。

663db4bd.jpg蓮舫歯切れ悪く…自分は仕分けできず

蓮舫行政刷新担当相(42)が25日の参院予算委員会で、国会内ファッション誌撮影問題をめぐり、「必殺仕分け人」らしくない歯切れの悪い発言を連発した。撮影許可までの経緯について、蓮舫氏と参院事務局と見解が異なる点について、自民党議員にイエスかノーかを問われたが、はっきり答えず、質疑が6度もストップする事態になった。蓮舫氏が仕切る事業仕分け第3弾は、27日始まる。仕分けとは勝手が違い、自身の問題にはなかなか切り込めないのか。と書いてありますけどもねー、

97a05454.jpg e093d42f.jpg

しかしまぁ、明日からいよいよ仕分け本番始まるわけなんですけど、その前の日にですねぇ、こういう・・・・なんか、予算委員会ですからねぇ、ようちょっとなんかやる事たくさんあるはずだと思うんですが、、(半ば呆れたように)」

4a3ae1dd.jpg
三反園氏「うん、まぁその通りですよね。だからそのー、蓮舫さんもそのこの問題についてですね、もうハッキリともう少し早くね、すいませんでしたという形の中で、心から陳謝していりゃあまだ良かったんでしょうけども、どっかにぃー、悪くはないっていう気持ちがどっかにあったんじゃないかなと(突っ込まれる余地残しちゃった)うん、ですよね、ええ。

984f2556.jpg
だからあのー、事業仕分けやる前の蓮舫さんと今大臣になった蓮舫さんとはですね、ボクちょっと雰囲気がね、個人的には、変わってきたかな~っていう思いがあるので、ボクは前の蓮舫さんにやっぱり戻ってほしいなという、こう、なんとかやるんだよっ!

というですね、もうちょっと雰囲気をこう、、逆にほら、後ろ向きになるんじゃなくて、

蓮舫さんの良い所は、前へ前へ攻めて行く所が良い所じゃないですかぁ。(はい)

b331f668.jpg

まさしく、この事業仕分けっていうのは攻めて行かなきゃ行けないわけですよね(うーん) だからそのー今度始まりますけども、本丸の特会にねぇ、切り込むわけですから、その場でですね、蓮舫さん、逆にほっんとうにですね、蓮舫さんらしさを発揮して、こう結果を出してほしいんですよね。」

吉澤アナ「そうですよねー、まだファッション誌撮影なんか、良いじゃないかっ!というそういう気持ちで、なんかガンガンガンガン強気で攻めてほしいなと思いますね。」

2181069e.jpg

三反園氏「そう、でも、これ良く似合いますね、やっぱりね。」(笑)

吉澤アナ「まぁ、さすが、モデルの蓮舫さん、、」

三反園氏さすがですよね。(一同笑い) だから仕分けで行くとね、この間のほら、前回行われたのもそうだけど、廃止、廃止って言ってるけれども、実際問題ね、じゃあどれくらい廃止になったのかね、そこらあたり含めてねぇ、明らかにしてほしいですよね。逆に廃止されてないのも結構あるようですよ。」

fe2a0f24.jpg

吉澤アナ「仕分けで廃止って言っても、結局戻されちゃうみたいな、、(そうなんですよね:三反園)さぁ続いて・・」

この人達、どんだけ蓮舫好きなんだって話です(苦笑)

この森まさ子議員VS蓮舫大臣のやりとりは、「蓮舫が国会でウソをついた」というのがポイントで、森議員はとっとと終わらせたかったんです。蓮舫氏の事務所費問題も質問したいと言ってましたし!

日刊スポーツの記事は、最後が肝心

森VS蓮舫の質疑は、このテーマだけで7度。森氏は「事務局に責任をなすりつけるようなことがあれば、仕分けでも国民の信頼を得られない」と詰め寄ったが、蓮舫氏は「結果的に虚偽と思われるのは本意ではない」という、苦しい表現で逃げ切った。事業仕分けは逆風続きの菅内閣にとって、看板事業。バシバシ切り込む司令塔が、自身の問題で煮え切らない態度を続けた姿はNHKでも生中継され、27日から始まる第3弾を前に最悪のタイミングとなってしまった。(前出の日刊スポーツ記事より)

何が酷いって、西田議員の追及に「事務局のアドバイスに従って申請したから、私は悪くないもん」的な、責任転嫁発言をしていた事です。それが虚偽だと指摘されている、吉澤と三反園のように「さすが~」で済ます問題じゃないんですけどね(呆)

テレ朝も、自民党政権の時と違って、随分苦しい擁護が続いていますが、テレビで伝える側の人は、絶対に事の本質を曲げて伝えてはいけないと思います。前回も蓮舫の雑誌の件は、異常なアゲコメントでした(・・;)

蓮舫大臣のVOGUE撮影と、仙谷官房長官の国会爆睡 【やじうまテレビ】

毎回、毎回、いい加減にしなさい!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく