森まさこ

2011年11月16日13:22山岡大臣元秘書・NP社トップリーダーT野氏は、根岸秘書官の母と姉妹 【NHK国会中継】

NHK【国会中継】(11/15)で、森まさこ議員によって、またまた山岡大臣の疑惑が追求されていたので、新しく出てきた疑惑部分だけ記録しました(但し流れはそのまま要約)(ピンク字は森議員の発言)

【ニコニコ動画】H23/11/15 参院予算委・森まさこ【被曝した参考人招致も拒否する政権】

野田総理「・・(山岡議員は)政治の経験等々含めて適材適所で選ばして頂いた。」

001 002

「山岡大臣、自分の事務所の秘書を大臣秘書官に登用しているか?」

山岡氏「いつもそうだが、事実でない事を述べられ、私の答弁のチャンスが無いという事が続いているが、(中略)   」(戻りかける山岡に、委員長が「秘書官の事は?」と聞き) あー、それはそうだ。その通りだ。」

山岡氏(名前は?)ここは公の予算委員会の場なので個人的な名前を聞かれるのは(ヤジが激しく聞き取れず) だが、秘書官なので言うが『根岸』と言う。」

山岡氏(根岸秘書官のお母様をご存知か?) 個人の家庭の事はよく承知していない。」

山岡氏(アナタの政治団体・賢友会の主たる事務所は何処か?) 永田町にあるパレ・ロワイヤル永田町だ。」

山岡氏(その高級マンションの持ち主は?) 個人的な持ち主なので答えるのは差し控える。」

「その部屋の持ち主は"会社"だ。アナタが創立したパレ・インターナショナルという会社か?」

山岡氏「それは創立した当初はそうだ。ただ法務政務次官になった時点で、そういう会社の利益に関わる事を一切手を引いている。」

パレ・インターナショナルの初代社長は山岡賢次大臣だが、その会社の持っている豪華マンションの部屋に賢友会が入っているパレ・インターナショナルがアナタの賢友会の大家さんになっている。そこが会社の本店であり、賢友会の主たる事務所。アナタが根抵当の債務者で7000万円、事実上アナタが所有者だと思うが、今は他人名義になっている。現在の社長はどなたか?」

004 005

山岡氏「この場では、そういう個人的な事の答えは差し控える。」

山岡氏「 (大臣の奥様が社長ですよね?) 親族でも、知人でも、友人でも、第三者的人格を持った個人なのでこういう場でその名前を言うのは控える。」(委員長に再答弁を促されても、同じ答弁を繰り返したので 紛糾)

「前回の予算委員会で山岡大臣が、『私の政治団体の収支報告書を良く見ればいい』と言われたので、よーーく見たら、マルチ団体からの未記載やこういう事実も判った。(パネル)

006 007

調べれば調べるほどいろいろ出てくる。

山岡大臣の奥様が今、パレ・ロワイヤルの所有の社長になっている。山岡大臣は資産公開でトップだが、更に資産を持っていたんじゃないのか? つまりアナタが最初買った時の債務者になっている。

最初(山岡大臣が)社長になり、その後、お母様になり、その後先ほどのN秘書官のお母様になり、その後奥様に変わっている。これが資産公開に載ってない

008

これ資産隠しと疑われてもしょうがない。物凄い高級マンションで、しかも賢友会はそこに毎月毎月物凄い高額な家賃をその会社に払っている。しかも賢友会、収支報告書の未記載もあった。」

(総務省の答弁・・・政治資金規正法により、故意・重大な過失により未記載の場合は5年以下の禁錮か100万円以下の罰金に処する)

「しかもN秘書官のお母様がこのパレ・インターナショナルの社長。前回指摘したトンネル会社と疑われる会社は山岡インターナショナルだ。

この山岡インターナショナルの方を使って、マルチ企業から献金が入ったのではないかと言われている。 しかもマルチのDVDで問題になったNP社のトップリーダーの山岡大臣の元女性秘書。その関係でNP社の宣伝・勧誘に出かけていって『私の元秘書のT野さんの、あなた達の仲間だから、私は拉致されてここに来た』 と言っている。

このTさんがナント、根岸秘書官のお母様と姉妹だ。どういうことか?

『マルチ商法は全く関係ない。このナチュラリープラスという会社を何も知らなかった』 と言っているが、自分の秘書官のお母さんは、実はNP社のトップリーダーのお姉さんで、根岸秘書官のお母様もナチュラリープラスの会員ですよね? この事をご存知だったか?」

009 010

(前段の話は事実ではない。大臣規範の説明しルールには反していない。委員は断定的にものを言うが、その事に関しては否定する。元秘書の事は当初は知らなかったが、その後伺った。という説得力のない話をダラダラ 略)

「私が言いたいのは、根岸秘書官のお母さんも、前の秘書も、全部マルチ企業の一定のNP社と深い関係にある。

 消費者大臣室に根岸秘書官はいつもついて行っている。マルチを取り締まる立場の大臣の秘書官が、お母さんがマルチ会員、叔母さんがマルチのトップリーダー。とても消費者からしたら信頼できない。しかもその会社は収支報告書の未記載がある(中略)

総理は身体検査をしたと仰ったが、前回、今から事実調査をすると言われたが、このDVDはご覧になったか?」

011

野田総理「昨日、秘書官に渡されたということだが見ていない。」

「衆議院・参議院の理事会、自民党でも会で見ている。文字に起こしたものはもうずっと前にお渡ししてある。山岡大臣が17分間に亘ってマルチの勧誘している。見ていただいてないのは残念だ。

委員長にこの委員会で視聴する事を申請する。」

山岡氏委員はしきりに勧誘に行ったと言うが、それは全く事実に反する。委員には何度も何度も同じ説明をしているが・・・(合法だという解説と、勧誘ではなく仲間内の会というダラダラ説明 略) 一方的に言われては困る。正しく表現して頂きたい。」

012 013

「たくさん疑惑があるが(パネル)

(真岡市長に自分の秘書を派遣したのでお金をよこせという事件論文盗用問題    略)

ひとつひとつ否定されているが例えば前回、奥様が株を持っていないといった事も、その後の資産公開でニューワールドの株を持っていただからこの場で言い訳をしているだけだ総理、最後にお聞きするが、これだけの疑惑があり、私がちょっと調べただけでも、虚偽記載・株の問題も載っている。適材適所か?」

野田総理「山岡大臣の問題は本人が説明しなければならないが、まだご自身も反論等々、話をしたい向もあると思うので、質問があればお答えしていくという形で責任を果たしていただきたいが、私自身は適材適所だと思っている。」

014

「総理は山岡大臣が、警察トップとして職務怠慢があり、マルチ企業の違法行為に加担し、選挙違反で捜査されていて、収支報告書は虚偽表示し、戸籍まで変えマルチ企業との繋がり資産隠しに秘書官までもグルになっている疑いがあるのに、適材適所と言い張る、これはもう小沢グループから採用したからだとしか思えない。国民目線ではなく、小沢目線だ。

はすぐにでも山岡大臣を罷免する事を求めまして、質問を終わります。ありがとうございました。」 以上

野田総理には、あのDVDを早く見てこの山岡という詐欺師の正体を見抜いてほしいものです。

山岡(金子)氏は勧誘した事をほんの少しでも認めてしまうと、もしネズミ講だと認定された場合、懲罰があるし、

過去に講演料や献金を受け取っていて離党になった例もあるので、辻褄は合わなくても言い訳に必死です。

マルチ宣伝マン・山岡大臣ピンチ! 野田総理の任命責任も 【スーパーニュース】

でも、マルチ企業のナチュラリー・プラスの勧誘ビデオ を見れば一目瞭然。

山岡賢次の数々の疑惑を追求する森まさこ議員 【NHK国会中継】

そして、法務政務次官の時実の親族も知らぬ間に戸籍を変えた経緯も本当に変です。

山岡大臣の改姓・改名についての国会答弁(金子→藤野) 【NHK国会中継】

これだけの疑惑を背負っている人間を大臣に任命して「適材適所だ」と繰り返し言い張る野田総理・・しかも、消費者担当&国家公安委員長&拉致担当だなんて、まったくふざけた話です。

大臣の椅子に居座れば居座るほど、次々といろんな証言が出てくるでしょうねぇ。

山岡賢次研究】民主・山岡氏の“裏金疑惑”全部バラす!元後援会長が怒りの告発

辞任か、クビか、離党か・・・時間の問題です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年09月30日20:56(マルチ商法を推進する議員連盟会長)山岡賢次国家公安委員長の数々の疑惑を追求する森まさこ議員【NHK国会中継】

NHK【国会中継】(9/28)で、山岡消費者担当大臣・国家公安委員長のマルチ業者との疑惑、600万強要問題などなど、国務大臣として不適格として自民党・森まさこ議員が徹底追求していたので、その部分のみ記録しました(長いので流れはそのまま要約ですが、もう答弁がメチャクチャなので、要約しきれないグダグダな箇所は・・・・^^;)

【ニコニコ動画】9.28参議院予算委員会森まさこ議員(自民)

さすが弁護士!法廷での尋問のようでしたね。読んだら分かるけど、答弁が詐欺師の典型。。。

(ピンク字は森まさこ議員 青字は山岡大臣)

001 002

「・・・山岡消費者大臣の疑惑について質問する。総理、被災地で賠償などをネタにした新手の詐欺が発生している。消費者大臣は重要な役目だ。山岡大臣は適材適所か?(議場内 笑い声)

野田総理山岡大臣の政治経験等を踏まえて、しっかりと職責を果たして頂けるものと思う。」 「どういう政治経験か?」

野田氏「あの豊富な政治経験を持っていらっしゃるところだ。」

「マルチ商法から献金を貰っていることか?」(おーー)

「そういう報道は承知しているが、そうした問題はご自身がきちっとご説明をされてきたと思う。」 「事前に調査はしたか?」

003

「それぞれ総合的な判断をしている。」

「私は消費者弁護士として、被害者の側で長年弁護団をやってきた。

加害者である悪徳商法側、マルチ商法を推進する議員連盟の会長が山岡大臣だが、それでも消費者大臣として適任か?(いい質問だ)

野田総理「それらの件については山岡大臣からご説明頂ければと思う。」

石井委員長「静粛に願う。」

「それでは山岡大臣、どういう議員連盟か?」

005

「この事については2,3年前、私が国対委員長の時代に、森先生が参議院で随分と取り上げ頂いた。・・・・・・

経緯は、率直に言って最初はこの議員連盟は何をするものか分かっていなかったが、学校の卒業の同窓の議員の集まりで、たまたま後輩の議員が『後輩の面倒も見てください』『いいよ、何なんだ?』と言った、今思えば、正式な名前は『健全なネットワークビジネスを育てる推進する議員の会長』を暫定的にやってくれないかと。

私はそうは思わないが重みのある私(山岡)が、一度就いてくれれば次の人を見つけやすいから』という話だったので私は軽い気持ちで引き受け、後ほど辞めた。

その間、この関係の業者から政治献金を受けたのは事実だ。

 しかし、この事は法律的には問題ないのは弁護士である先生(森議員)のご承知の通りだ。

 消費者担当の閣僚として、誤解を受けないよう、今後の行政の公平性・透明性・的確性をより一層確保するために、頂いたお金は全額お返しすることにした。

 今、詳細を調べている最中なので、判明次第、順次お返しして、最終的には収支報告できちっと報告をさせて頂くつもりだ。」 「では、まだ返金していないのか?」

「今、担当者が精査しているので判明次第、返還している最中だ。最終的には法的な収支報告書できちっと報告するので、よく点検して頂きたいと思う。」

006

鳩山総理の言葉とそっくりだが、いつまでに調査するのか?」

「できるだけ早くする。できるだけ早くする。なかなか数は、他のものも含めてひとつひとつ見なきゃ、、つまり、他の政治献金が結構あるので、事務的に判別しにくいものもあるので、調査して判明次第全部返す。」

「この問題は、多額の政治献金というだけではない。消費者大臣が、被災地の社会的弱者につけ込んで、その財産的損害だけでなく、身体的・精神的にも打ちのめすという悪徳極まりない商法、

それを取り締まる消費者大臣だからこそ、(アナタに)なって頂きたくない。ここで、悪徳商法撲滅委員会委員長の堺さんにマルチ商法の特徴伺う。」

007

(被害者が加害者意識なく加害者化し人間関係がメチャクチャになるのがマルチ商法。という例を挙げながら詳しい説明 略)

山岡大臣は記者会見で『良いマルチと悪いマルチがある』と言っているが、堺会長、良いマルチがあるのか?」

(良いマルチは無害というに等しいがそれはあり得ない。マルチの本質はねずみ講でいつかは破綻する。被害が広がる前に手を打つべきと説明 略)

「山岡大臣、アナタが献金を貰ったマルチは良いマルチか?」

009

「まっ、良いマルチ・悪いマルチが適当かどうか、つまり合法なものは合法だし、どんなビジネスでも非合法なものは非合法。悪いものは悪いのは当然の事。

私が頂いたのは、当然その議員連盟は健全なネットワークビジネスという方向で、ああ、そういう事かと思っていたので私はそれは健全なものだと思っていた

俗にマルチ商法と言われているが、明確な定義はなく、個別の事例ごとに判断せざるを得ない。総じて全部良いとか全部悪いとかいうものは、あらゆるビジネスにそういう事はあり得ない。

010 011

だから一律に合法か否か答える事は出来ないし、法律上、・・・・・規則がちゃんと置かれているので・・・・、いずれにしろ・・・・・違反する行為があれば消費者庁として厳正に対処してまいる。」

「私が作成したパネル6をご覧ください。山岡大臣に対するマルチ企業やトンネル会社からの資金の流れだ。山岡インターナショナルという会社を知っていますね?」

012

「その会社は私が国会議員になる以前に設立した会社だ。中身は英会話・子供達に柔道・剣道を教える道場などもやっていた。

 62年頃に法務政務次官になったので関係を断ったし、株を持っているわけではない。」

「アナタはマルチ企業から花代を貰ったことがありますね?」

「そういう記憶はない。」

「アナタは山岡インターナショナルの口座から、山岡賢二の名前でマルチ企業に花代を返金し、『返金いたしました』と答えていますね?」

「承知してない。貰ういわれのないものは貰うなと指示はしていた。」

「アナタの奥さんが山岡インターナショナルの株の6割を持っていますね?」

「設立した当初はそうだが、私が離れて以来、そういう事はない。」

山岡インターナショナルの社長はアナタとどういう関係ですか?」

「62年頃だからよく憶えていないが、自分が離れるにあたって・・・・お譲りした。」

山岡大臣のご両親のお宅で住み込みで家事をしていた方と報道されているが?」

013 014

「率直に言って、設立の時は、しがない民間のイチちっちゃな資本金何百万か忘れたが、企業だったので、・・・・・適当に揃えた様な気がする。当時。設立当時。」(ざわざわ)

「その方は、山岡大臣に頼まれて名義を貸しただけと言っているようだが?」

「それは22年に辞めたので、作ったのは30年くらい前かも知れないが、誰に頼んでどうしたか記憶に定かでない。」(ヤジ)

「アナタはマルチ企業のナチュラリー・プラスの勧誘ビデオで演説している。これはYouTubeでも配信中だ。資料でそれを文字起こししたものをみなさんに配っているがパネルにも一部ある。

それ以外にもナチュラリー・プラスのサミット、全国コンベンションという所で、会員向けに売っているDVDの中でも勧誘演説をしている。その中で

私の秘書T野さん(女性)がみなさんのトップリーダーを務めている。唯一お金が儲かる部署にいる人だ。

国のためになる仕事だ  国としてお手伝いする

私の親父は作家〔山岡荘八〕です

マルチが日本ではネズミの親戚にされちゃう。全く間違っている

015 016

こういう事を言っているが、アナタ!ナチュラリー・プラスの会員なんですか?」

「それは少し誤解があると思う。あの当時、国体委員長をやっていたので、自民党と政権をかけて激しく対峙していたので、私に対する色々な面での週刊誌等での攻撃がたくさんあった 

その件については、その中で撮られたビデオがテレビなどで放映されたようだが、・・・・人から頼まれれば、全国いたるところで大概出て話をしているのが政治家だが、その件は、その件は、たまたま知人が・・・・・・激励をしてくれと言われたので、話したが、それがたまたま内部のビデオが話題でテレビに流されたというのは事実だが、しかし、どの会に行っても、・・・・・・若干ヨイショの話を入れながらやるのは当然の事で、(ヤジ)

私がその会で言ったのは、アメリカでの経験とか、人間というのは・・・・・・・・信長や秀吉や家康や・・・・どこでも言っていることを申し上げたわけだ。そしてその会はそういう会社の会ではなく仲間内の集まりだということだったので、ナチュラリー何某の依頼ではない。」

017

総理!私は怒りでもう本当に震えております!今のはなんですか!いったい!!消費者大臣ですよ、マルチでどれだけの被害があるのか分かっているのかっ?!

しかも資料9にあるように、自分のHPでマルチ商法の宣伝をしているではないか!何が頼まれてやった だ!  

国民のみなさん、YouTubeをみて下さい!ナチュラリー・プラス被害者の皆さんも見てくださいよ!あの中で5分以上に亘って、もう延々と勧誘をしている。頼まれた演説じゃない!

 委員長、そのYouTubeのビデオをこの委員会で放映し検証することを求める!」

018 019

(石井委員長、「そんな事協議するの?」と一度スルーするが、異議が出そうになり、ふて腐れながら「理事会で協議する」と言い放つ)

「このナチュラリー・プラスの被害件数を消費者庁説明して下さい。」

「平成21年度、225件。 22年度 196件 23年度9/20まで 69件の相談がある。」

福島県でも相当な被害が出ている。富山に行った時、被害者に会った。山岡大臣、ナチュラリー・プラスは良いマルチか?」

「ナチュラリー・プラスには行ってないし、承知していない。」

「総理には全て資料を渡しているが、今までのやりとりを聞いて、これでも適材適所と仰いますか?

020

野田総理「今の大臣答弁でナチュラリー・プラスには行っていないという話なので、挨拶なのか勧誘なのか、事実関係を本人に確認するが、いずれにしても被災地でそういう動きがあるとすれば許されないので、大臣としてしっかりと対応して頂きたいと思う。」

「調べると仰ったが、任命前に調べなかったのか?山岡大臣自身が予算委員会で質問されたと言ったが、私は2回質問して議事録もある。簡単に調査はできるではないか? 」

野田氏「さまざまな情報を集めた中で判断した。」

「これは悪夢だと次々に言ってくる。マルチと深い関係なのに、なんで消費者大臣なのかと。本当にあり得ない事だ。 

疑惑は私も6つ挙げたが、マルチ以外にもある。 

昨年の12/12の毎日新聞に、8/30日の総選挙で、山岡派による買収容疑で運動員2人に12万円の現金を渡し、告発されている。 この事実関係はどうか?」

021
「さっきの話だが、販売のためではなく、従事している人の集まりに激励してくれと言われ、人間と言うのは・・・・(訳のわからない言い訳)念のために申し上げておく。

そういう事実は報告を受けていないし、ございません。」

「法務省、告発を受けて今どうなっているか?」

022 023

「告発状は受理し、捜査中だ。」

総理、こういう事を取り締まるのは警察で、その最高指揮官は国家公安委員長ではないのか? それが山岡大臣では、ドロボーがドロボーを取り締まるようなものだ。 これでも適材適所か?」

野田総理ご本人はそういう事実はないとキッパリ言っているので、それを踏まえて????(聞き取れず)」(ヤジが一層激しくなる)  石井委員長「静粛に願います」「事実関係を調べていただけるか?」

024 025

野田総理「私が調べるというか、受理をされている所が調べると思う。」

任命した以上、事実関係を調査していただけるかと言っている。警察のトップとして適任なのかと言っている。調べて国会で報告して下さい。」

平岡法相「・・・・・検察当局においては、法と証拠に照らして適切に作業しているので、個別の問題にここで答弁するのは出来ない。」石井一委員長「ご静粛に願います。」

「平岡法務大臣には聞いていない。でも言っておくが、検察は警察を指揮して捜査する。その警察のトップが山岡大臣だから質問している! 

次は、週刊新潮で報道された事実。たくさんありすぎて大変だのだが、、

027
山岡大臣、アナタはここに書いてある『山岡荘八が泣く!裁判からコソコソ逃亡した 山岡賢次 』 アナタはカネを強要された真岡市長の告発記事が掲載された週刊新潮を、名誉毀損だと東京地裁に民事裁判を提訴しましたね?」

「その当時、何度も言うが、国対委員長の私に対して(週刊誌の)ありとあらゆる対応が為されたと思うが、そのマスコミの対応はあまりに目に余ったので、私はそういう記事を書く週刊誌を告訴したわけでそのひとつひとつの事(内容)を告訴したわけではない。週刊誌がこういうありとあらゆる事実に基づかない悪口を並べて書くのは、名誉毀損だといって告訴したものだ。」

「その裁判は今どうなっているか?」

「ご案内の通り、裁判と言うのはかなり長引くので、判決までに話が沈静化するのはよくあること。・・・・・・・ 当時国対委員長だったので・・・・・・裁判で陳述するわけには行かないので、・・・・・それじゃあと取り下げた。」

「資料に出したように、自分の(税金で雇っている)公設秘書を応援に行かせ給与を強要した。給与の二重取りだ。 この問題は本当に沈静化したんでしょうか? 委員長、真岡市長夫婦の証人喚問を求めます。」  石井委員長「理事会で協議する。」

029 030

「山岡大臣、アナタは裁判は終わったと言ったが、請求放棄をしたんですね?」

その辺の事は弁護士に任せてあるが、とにかく、(裁判所に)行くわけには行かないよと申したわけだ。」

「法務省、請求放棄と訴え取り下げについて説明して下さい。」

「両方、判決によらず訴訟が終了する点では同じだが、取り下げと違って請求放棄は、原告の請求棄却する旨の判決が確定する。つまり原告敗訴判決確定したのと同じだ。」

「最後に野田総理に尋ねる。今のように、山岡大臣は自ら犯罪に関与したことを認めて請求を放棄した。そういう大臣。

マルチの疑惑。それ以外にもたくさんある。これでも適材適所とお考えか、任命責任を問う。お答え下さい。」

野田総理「ひとつひとつのご指摘にきちっとご本人が説明しながら、職責を果たしていただきたいと思う」(ざわめき)

「まだまだ疑惑がある。その他と書いてあるが明日にでもまた新しい疑惑が報道されるかも知れない。この山岡大臣の数々の疑惑に対する、集中審議を委員長、求めます。」(拍手)

031 032
(↑チッと言った瞬間!!!

石井委員長「協議する。」「これで質問を終わります。ありがとうございました。」以上

そもそも山岡賢次は、藤野・佐藤・金子と苗字ロンダリングしてるし、真っ当な日本人とは思えませんっ。 答弁見てわかるようにウソを平気でつく男です。

こんな人間を、よりによって消費者担当大臣&国家公安委員長&拉致担当大臣に任命した野田総理の不見識に呆れる!

さまざまな山岡問題は、これから野田政権の爆弾になりそうな予感がします。

で、話の中に出ていたYouTubeですが、コレ、自己紹介でまず掴みで「山岡荘八の倅」と言い、なにやら自慢話と、ネットワークビジネスの大大宣伝・勧誘してますねぇ~口から生まれた稀代の詐欺師だと思いました。議員連盟の会長としてもバックアップすると言ってるし、国会答弁と違うじゃん。

これ、国会議員のトークじゃないよ。完全にマルチ業界の講師だわ ┐( ̄ヘ ̄)┌ ~

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年09月14日11:53「国民を見殺しにしたら殺人未遂になり得る」by若狭弁護士 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】の朝刊チェックで、ベント失敗で致死量の被曝という保安院の試算が、3/12に出ていた件で、若狭弁護士がその問題点に言及していたので記録しました。

女子アナ「・・続いて東京新聞の記事です。(えーーー?!:みの)

002

3/12日ベント失敗の場合だったら敷地内で致死量の被曝線量になったかも知れない…保安院は最悪の事態も想定

経済産業省、原子力安全・保安院は福島第一原発1号機で、ベントが出来なかった場合、原発敷地内の外周部でも、致死量に匹敵する、数千ミリシーベルト以上の被曝の恐れがあるとの想定文書を東日本大震災翌日の3月12日に作成していた事を明らかにしました。

こちらなんですが、保安院から安全委員会にFAXで送られていた物という事なんです。

003 004

そのFAXの直後にベントは成功。格納容器の圧力は下がったという事だったんですが、これが誰に配布され、どう活用されたのかも分からないという事なんです。」

みの氏「そういうニュースが出る度にさぁ、こういうニュース読むたびにさぁ、大丈夫かねぇ、原発はって思うよねぇーー」

005 007

城戸氏「そうなんですよね、何かを隠してるのか分からないはずはないと思うんですよね。何も隠さないで伝えてくれた方が不安が消えると思うんですけどねぇ。」

若狭氏「これはかなり極論の話になるんですが、

本当にこの致死量に至るような被曝の可能性がある程度高まっているにも関わらず、そのそこにいる人に避難指示をしなかったということは、これは殺人未遂になり得るんですよね。

危険が分かってて死ぬかも知れないって事も分かってて、『逃げろ』と言わずにその場に居留ませたという事は、殺人未遂っていうのも理屈の上ではなり得るんですよね。」

008 009

みの氏「これ、今日片山さんお見え頂いてるからアレなんだけど、まっ、あの、言えなかったら言わなくて良いんですけど、例の3.11、そしてそれ以降の菅内閣の色んな対応、大変だったんですか、やっぱり?!」

片山氏「いや、そりゃあ大変でしたね、特にその原子力の問題は大変でしたね。( はぁーーーーーー!:みの) あの専門家の方もね、色々と来られてたんですけどねぇ、なかなかねぇ、そのキチッとした情報公開がないですからね、だからあの担当大臣でない、私を含めた大臣は、いささかもどかしい思いをしてましたねぇ。」

みの氏「あ~、そう、、なんか東京電力からの情報開示みたいなものがなんか中途半端だったりなんかって、ニュースになってましたけど、やっぱ、そういう面もあったんでしょうねぇ。」

片山氏「そうですねぇ、あのもう少しね、やはりキチッと大事な事をやはり、閣僚も含めてね、あのー、教えてもらいたかったなと思いますね。」

みの氏「こういうケースで、危機管理体制って、出来上がってんですか、? 日本は?」

片山氏「組織は出来上がってますけどねぇ。 (組織は?) ええ。ただそれがまぁ機能するかっていうのはまた別ですから。」

みの氏「そうですよねー、凄く心配だな、それ。」以上

みのもんたが、大臣退任で箔のついたコメンテーター片山氏を前にして、ヘイコラしていた様子がちょっと滑稽でした(呆) もっと、この殺人未遂罪についてズバッと切り込めば良かったのに!

菅政権には、若狭弁護士のコメントと合わせて、SPEEDI(スピーディ)」を公開せず、福島県民を必要以上に被曝させてしまった罪もあります。

必見

森まさこ議員の、この涙の訴えを要約したブログを紹介↓

脳脊髄液減少症 さまより一部引用

森まさこ議員 ありがとう!!!

涙をこらえ、拭きながらの、素晴らしい訴え質問であった。

「素晴らしい訴え質問」の抜粋

1、スピーディーが何時でも利用できる体制であった。

  ①総理がヘリで福島に行く予定前後のものがある。

  ②これがあれば、福島県民が避難先として被曝が多い場所へと避難なぞしなかった。

  ③これがあれば、学童達が野外で食事等をしなかった。水も飲まなかった。

  ④原子力安全委員会の答弁は、支持があれば何時でも提出できます。

  ⑤原子力安全委員会の答弁は、スピーディーは突然の危機には間に合わないが、放射能の量が不明でも役にたつ。

  ⑥スピーディーは、法で危機時には、発表することになっている。

  ⑦発表が無い事で、福島県民は多くの被曝を受けてしまった。 

2、福島県民は、ボデイーカウンターで放射線量の測定は誰も受けていない。

  全員の計測をして頂きたい。

3、被災者の対応が、まったく出来ていない・・・・・・・・・・・・・

すばらしい、質問であった。

マニュアルどおりに公開していれば・・・時、国会中継を見ながら腹が立ってしょうがなかった事を思い出します。

これは防災基本計画違反であり、原子力災害対策本部長(菅前総理)自らの無駄な視察により、内部被曝しなくてもいい人達が犠牲になってしまいました。

あと、菅直人は、最近マスコミを使って「東電が全面撤退をするのを怒鳴りつけて止めさせた」とヒーローぶって主張していますが、いくら東電でもアノ状況で全面撤退すると言ったとは信じられません。腹を括ってた吉田所長もいるのに??

菅前総理の木で鼻をくくったような国会答弁や、なんでも人にせいにする言動を見てきて、自分たちの初動のミスを全部、東電に擦りつけようとしているように私は思えるんです。

この、殺人未遂罪、どうにか立証されないもんでしょうかね。

民主党が日本国民の命を軽んじているんじゃないか?!と思った質問をもうひとつ紹介

「『津波対策推進法案』のたな晒し、民主党は腸がよじれる思いで反省せよ」by自民・赤澤議員 【国会中継】

ある非常に重要な法案の長期たな晒しについて、不見識で無知な総理のトンデモ答弁が、テレビで一切報道されないので文字起ししました(但し、流れはそのまま要約)

国会のやり取りで分かるように、東日本大震災の9ヶ月も前に自公で提出していたのに、民主党が無視・握りつぶしていた法案についてのやり取りの記録です。

震災後3ヶ月経って、全会一致で成立したという経緯を頭に入れつつ、菅総理と平野防災大臣のヒドイ答弁をご覧ください。

民主党が津波・人命を軽く見ているという分かりやすい事例です。・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく