核心的利益

2010年10月03日10:47安倍元総理"尖閣迷走"菅政権を斬る(後半)  【激論!クロスファイア】

前ページの続きです。

何故中国は強硬になったのか、中国の狙い、今後の日中関係、日本の為すべき事を、安倍さんが明快に答えています☆

001

田原氏「おそらく日本側は船長を釈放したら一件落着だと思っていたが、それどころか謝罪と賠償しろと言った。これをどう見るか?」

002 004安倍氏「これは(民主党)政権が、中国がこの海洋に対する絶対的な不動の基本戦略を考えずに、日本の外交課題として中国とどう対峙をしていく戦略を持っているかを全く考えずに、政権に就いたと思う。その結果こういう事案が発生する。」

田原氏「実は78年に、当時副主席の鄧小平が日本に来て、中国の経済の為に日本に支援してほしいと言って、その時、領土問題は次の次の世代まで先延ばしだと

当時中国は経済的に弱小国。で、次の次の世代が今来たんじゃないかと。

中国は今や経済的にも軍事的にもアメリカに次いでいるので、今なら領土問題をまともにやってやろうと。」

安倍氏「まぁ中国は鄧小平さんがそう言いながら、92年には尖閣は自分のものだと法律を通している

そして経済成長には資源が必要なので、それを取る事が出来る軍事力を持っていれば、排他的経済水域、領海を変えることが出来ると考えている

それをいつやるか。私は民主党政権が出来てスケジュールを早めた思う

何故なら、鳩山政権が誕生し、”友愛”というフニャフニャした事を言い、日中韓首脳会議でテレビの前で鳩山さんは日本はともすれば、同盟関係の日米関係を重視するなと言った。見直しますと。これからは北東アジアだと。アメリカの友人は吃驚した。なんでアメリカに言わずに中国人に言ってるんだと。(北京で言った:星

一方で中国側は喜んだと同時にこの人達バカだなぁと思ったと思うこの人達は日米同盟の重要さを分かってないと分かってないなら取るべき物は取ろうと。

その後、習近平副主席の会見問題もあっさり天皇陛下の権威もあっさり売り渡すような事をする。」(田原氏が1カ月ルールを詳しく説明 小沢さんが強引に会わせたと。)

安倍氏「その後、委員会で、国境の島・与那国島も求めている自衛隊の駐留を自民党は要求したが、北沢防衛大臣が『中国を刺激したり嫌がる事はしない』と言って断った。これが国土・領海に対する意思を見て、更に菅政権での菅談話。これは朝鮮半島に向けたものだが、65年日韓基本条約、条約で結んだ権利すら、相手が望めば考え直しますよという極めてお人好しぶり、国益を削って相手の気を買おうとするその姿勢を見たわけで、民主党政権はこうなんだなと、そうならどんどん強く出て行こうと。だから船長を返せばすむ問題じゃなく、この島、海が自国のものだとはっきりさせようと。」

005 星氏「少なくとも鳩山政権でアメリカに頼りすぎたという話をした

それから普天間問題で日米関係がギクシャクしたので、中国からすればグッドチャンスだと思っているのは間違いない。外交のパワーゲームの中では。」

(鳩山元総理の普天間の迷走っぷりを詳しく解説)

安倍氏日米関係の強度を当然中国は見ている

普天間問題もあるが、インド洋の給油活動をあっさり止めた。実はあれには二つの意味があって、米国を支援しテロとの戦いに寄与するのと、

010_2

あの海域にイージス艦隊を堂々と世界の支持の下に置く事が出来る実は大変な権益で、イージス艦は凄く広い海域の情報を一手に握り、むしろアメリカはその情報を下さいという関係が成り立つ。それは日本だからできる。インドとの関係が良いから

実は日本が止めると言った時、中国がすぐやると言ったが、インドがNOだった。

こうなれば誰の目から見ても、アメリカとの関係がギクシャクしているのが分かる。」

006 田原氏「国会を見ていてイライラするのは、相手は中国なのにベンチの中でケンカしている。どうすんの。」

安倍氏「全くその通りでケンカしているが、しかし監督がこれじゃ戦いにならない。

そもそもこれについては、ちゃんとした認識と戦略を持っていなければ勝負にならない

一事案ではなく中国に対して資源の問題もあるので、世界の枠組みに入れれるかどうか。」

田原氏「民主党を批判しててもどうしようもない。自民党も変な人が色々いるので、、むしろ安倍さんが、、どうする?」

安倍氏「まずこれからの問題としては、日米同盟を再構築する必要がある。」(ヒラリークリントンが尖閣諸島が日米安保条約の範囲内と言った話)

007

安倍氏「これは当たり前。」

星氏「本当にアメリカが、自衛隊が何もしないのに中国と一線交えるかと言うと、必ずしもそこまでは、、」

安倍氏「これは日本が自分で断固として守るという決意を示さなければ誰も助けない

しかし海域が広いので東アジア全体を見渡せば日米同盟の力が必要

まずは行動で示すべきなので、インド洋の給油を再開すれば良いまず再開する事だ。更に日米の合同演習をやれば良い。どこかの島でするべき。」

009田原氏「安倍さんがせっかく中国と交渉する時に、インド、オーストラリアと同盟関係に近いものを結んだ。

アセアンは中国が”核心的利益”と言って頭にきているので、アセアンと日本が結べば良い。」

安倍氏「もちろんアセアンは日本がどういう行動を取るか固唾を呑んで見守っていた。

アセアンは常に中国のプレッシャーがあるが、同時に経済の事もあるし援助も受けている。でも安全保障上困っている。日本ぐらいはやってくれるんじゃないかと期待してガックリした。」

星氏「いやぁ、ガックリしたでしょう。アセアンも複雑なところで中国にいじめられているが、国内的には弱腰と言われるので言いにくい。」

田原氏「日本も経済的にはなくてはならないマーケットとしての中国、一方で領土で際どい問題になっている。どうしたらいい?」

安倍氏「これは中国が今の路線で軍事力で領海・排他的経済水域を決める事は出来ませんよと。経済的にも大変な事になるかも知れないという事を理解させなければいけない

まず軍事力で来るなら、こちらも日米同盟を強化するし、防衛費を増強する覚悟があると。それをやるのかと。かつてのソ連はどうなったかと。」(ソ連が軍事費を増強しすぎて経済が崩壊した詳しい話 )

田原氏「中国にとって中国国民がハッピーになる為には、もっと経済成長すべきで、軍事力に注いでも無駄だと!それをどうやって言う?」

安倍氏防衛力増強のし合いは、お互いに不幸だから、ウィンウィンになるにはどうするかお互い一緒にに考えましょうと。」

012 女子アナ実際に危機感を持った国民は多い。しかもあの船長のピースサイン、、安全保障をどうするのか明示してほしいところだが。」

安倍氏「中国の気持ちは、自分達はこの20年間防衛費をずっと増やして来た。10数倍にした。なのに日本は減らしている。これは我々は自制を強いられて来た。だから当然取るべき権利を取るという気持ちがある。だからたじろがずにやる。

だから、中国に対する認識を多くの国々と一致させなければいけない。」

011 田原氏「僕はさっきから言っているけど、安倍さんがインド・オーストラリア・アメリカ・ヨーロッパなどと組んで仲間を作って、そういう世界の世論を作るべきだと。

中国が軍事力を強めるのは中国国民にとって幸せじゃないと。」

星氏中国は軍事力増やしても良い事ないと。むしろ、経済で平和外交、法の支配で条約や法律を守るとかそっちに行った方が中国にとって良いですよと。」田原氏「現にソ連は失敗したじゃないか。」

安倍氏「今、中国はこれだけ高度成長しているので、日本も恩恵を受けているし、リーマンショック以降中国の存在は大きくなっているし、外貨準備高も物凄い。財政赤字もほぼないので、中国はちゃんとした正しい方向に行くようにするには、こちらも覚悟が必要だし、同時に、国際社会で認識を一致させる必要がある。

私がヨーロッパに行った時もこの話をして、中国は不快感を持った。日本でも『そんな中国の悪口を世界中に言ってどうする』と言われたが、やはり認識を一つにしないと、ヨーロッパは遠いので他人事に近い。当時中国への武器輸出解除の問題があったが、最終的には理解を得た。」

田原氏「日本では安倍さんと言えばタカ派で、すぐ軍事力って言ってると(笑)、、違う。

世界にもっと仲間をいっぱい作れと。」安倍氏アセアンは、本当に求めている。」

013

女子アナ「政府は『領土問題は存在しない』と頑なに言っているが、二国間の摩擦はある。それをどうこじ開けていくのか?」

安倍氏尖閣問題について領土問題が存在しないというのは、一歩たりとも絶対に後退できない

同時に彼らが必要なのは資源。中国はエネルギー効率が物凄く悪い。(環境ムチャクチャなんだ:田原)だったら効率を良くして上げましょうかというのも含めてよく議論していく。

だからまずもう一回、態勢を整えなければいけないのでそう簡単な事ではないが、まずは日米同盟。これは行動で示さなければアメリカは信用しない。一回失った信用は。

例えば、日米関係を良くする為には私も協力したい。」

女子アナ「安倍さんの日本が守るべき国益とは、一つとで言うと何?」

安倍氏「それは国民の生命と財産と未来です。未来を守ると言う事です。」

014以上

安倍元総理が、どんだけ中国を手玉にとって外交をしていたのか、よーく分かりました☆

インド洋の給油・・遡って、やっぱあれがネックでしょうね。野党民主党はとにかく狂ったように『反対』でしたね・・

政権交代して外交的には、周辺国に脇の甘さを露呈しただけ。ロクな事してない。

今回の尖閣沖衝突事故の行き当たりばったりの対応を見て、『ちゃんとした認識と戦略』・・民主党にそれがあるとは思えません。

内政は、騙し騙し乗り切っても、外交・安全保障の面で完全に甘ちゃんですからね。

「友愛」って唱えてりゃ何とかなるってバカ党に、日本の未来は守れると思いますか?! 

世界に積極的に関わっていくには、まずインド洋給油活動を再開すべきだと思います。日米関係の修復のためにも。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月02日21:55安倍元総理"尖閣迷走"菅政権を斬る(前半)  【激論!クロスファイア】

BS朝日【激論!クロスファイア】に安倍晋三元総理が出演し、『尖閣諸島巡り日中関係緊迫! 内外に政治課題山積・・・安倍元総理が菅政権にモノ申す!』 と題してやっていたので記録しました(ただし、要約)

自民党時代の中国への対応、2004年尖閣諸島上陸事件との違い、今後中国とどうつきあえば良いかなど、非常に興味深い内容です。

Main

(オープニングで、民主細野氏、北京入り 関係修復へ戴国務委員と会談か  の朝日スクープ記事の紹介・細野氏訪中のVTRのあと・・)

田原氏「安倍さん、これは中国との繋ぎが出来たと見て良いか?」

023 安倍氏「そこはどう見るかだ。

例えば、首脳会談を復活させたいというアプローチをすると、その段階で彼らは交渉する

中国は普通の国と違って、北朝鮮もだが、

普通は会ってから交渉するが、会うか会わないかをカードに使う。会ってあげるでかなり勝負がつく。そういう危険性があると思う。

中国の外交がどういうものかを踏まえて展開しないと、ただ接触すれば良いものではないと思う。」

024

田原氏「実は、安倍さんが総理大臣の時に2006年9月16日にまず中国へ行った。で日中首脳会議で胡錦濤さんと安倍さんが会った。その時”戦略的互恵関係”を構築すると。大変な事だがこれは行く前に出来ていたのか?」

026

安倍氏「基本的には。ただ一部の歴史認識の問題等は飛行機の中で事務方が用意したものを書き換えた

”戦略的互恵関係”にするというのは、これまでは今までは”友好第一”関係。友好は大切だが目的ではない。目的は国益

友好が第一になると国益をどんどん削って、友好的な関係を作るという事。国益を削れば向こうは喜ぶ(そりゃそうだ:田原) そういう勘違いがあった。

だからそれはお互い不幸だから止めますよ。日中関係をお互いのプラスにする、ウィンウィン。それを冷静にお互いの利害関係をよく計算してドライに付き合いましょうと。」

027田原氏「小泉首相の靖国参拝で日中関係が冷え込んだ。

それで安倍総理が”戦略的互恵関係”を作った。

つまり単に仲良くするんじゃなく、踏み込んでやった。」

安倍氏「その為には、小泉総理が靖国参拝したが、

『私は参拝しないという譲歩は一切しない』と。『あなた達も日本が投信が必要だろう。日本が工場を造り雇用を生み出す。そこで出来た製品を売ってお互いに利益を上げる。日本にしか出来ない半製品もある。そういう事をお互いに理解しましょう』と。

反日デモの時は彼らも困ったが、中国との関係はコチラが一方的に善意を示せば良いというのではなく、

”戦略的互恵関係”を確立した次の年、温家宝総理の訪日のスケジュールを作った

他方、その間、私は防衛庁を"省"に格上げし、集団的自衛権を事実上行使する方向で懇談会をスタートした。

そして12月にはインドのシン首相が来日し、日印首脳会談をし日本とインドの間で”戦略的グローバルパートナーシップ関係”にし、安保、エネルギーについて同盟に近い関係にすると合意した。

そして翌年1月にNATOで『我々はアジア、世界において自衛隊を派遣する事に、今までと違って臆病ではない。NATOと協力をしていく』と演説をした。

3月に豪州ハワード首相が来日し、日豪首脳会談をし、安全保障協力に関する共同宣言をした。日豪関係を同盟に近い関係に

これらを固めておいて私は温家宝首相との首脳会談を、、(あっそうか。温家宝が来る前に、:田原) 

安倍政権において中国にどう対応するかが最大のテーマだったので、その為には日中間だけの外交の組み立てでは駄目!

まず同盟、インド、オーストラリア、アセアン、更にはNATOという考え方でやった。」

028

田原氏「これが日本では誤解されていて、安倍さんはタカ派で、すぐ戦争したがると(笑)。違う。

実は中国と”戦略的互恵関係”を結ぶにはインド、オーストラリア、アセアンと仲良くする、、仲間をいっぱい作ってそれで中国とやるんだと。」

安倍氏「やはり世界地図を見ながら中国と交渉しなければそう簡単ではない。

普通なら防衛省を庁に昇格させるというとも、よく朝日新聞はそれでアジアの国々は心配させるなとこういうが(ははは:星一切それに対して批判はなかった。」

029 田原氏「余計な事だが、僕は安倍政権は長期政権だと思っていた。こんな運の悪い人はいない。

安倍さんと関係ないことが次々起きた。例えば、年金、大臣3人の事務処理問題、大臣の自殺、絆創膏・・(笑)

中国の漁船が日本の経済水域に入っていっぱい漁をやっていて、その中の一番ずうずうしい船に海保の巡視船が『止まれ、出て行け』と言ったら、二度にわたり体当たりしてきた。そこで船長を逮捕したが、この逮捕はどう思うか?」

030

安倍氏「これは当たり前のこと。よく小泉政権の時に上陸して逮捕したのと比べられるが、今回は交通違反した人を捕まえようとしたら2度パトカーに体当たりしてきたようなもの。その人を逮捕しないのはあり得ない。その後釈放もあり得ない

あの時の上陸はあったが、今の事案とはだいぶ違う。今回は海保の船に2度ぶつかった。

あと普通に考えて、普通の漁民が大きな機関砲のある武装した海保の船に体当たりなんかしない。体当たりすればもしかしたら沈むかもしれない。膨大な修理費になる。どう考えても普通はぶつからない。怪しいと思う。」

田原氏「あの船長は普通の民間人じゃないのではないかと」

星氏帰ってから英雄扱いされてるのが気になる。(Vサインでね:田原)安倍さんが幹事長だったあの2004年の時は、あの7人のニュースは一切ない。ヒーロー扱いされていない。」

031 田原氏2004年に中国人7人が尖閣に上陸し、小泉内閣がその7人を逮捕して2日間で強制送還した

今度はずっと勾留したと。例えば谷垣さんが『直ちに国外退去させた方が良かった』と言ってんだけどどう?」

安倍氏これは誤解されていると思う。『そういう選択肢もある』と

前回の小泉政権の時、私は幹事長ですから、政策決定には関与していないが、、あの時は基本的には尖閣は我々が実効支配しているので、当然我々は領土問題はないという基本的考え。

基本的には実効支配している方は静かに、しかし来たらさっと排除すると言う姿勢で臨むべきもの

あの時だって更に勾留するという選択肢もあったと私は思うが、ただ今回は、2度ぶつかっていて、彼らは相当世界に向かってアナウンスし始めた。こうなったら絶対に屈服と言うのは外交上あり得ない。」

033

田原氏「中国はガンガン強硬措置をとり、日本は船長を釈放した。このことに関しては?」

安倍氏「まっ外交ですから駆け引きと。ある意味ではゲーム。

小泉政権時代反日デモがあった時、日本大使館が襲撃されて、オオキ大使を呼び出したが、忙しいと言って公使を出してきた。例えば丹羽大使を深夜に呼び出したが、公使が行っても良かったと思う。そこから勝負が始まるんだと思う。

仙谷官房長官が『冷静に、そして偏狭なナショナリズムはいけない』と日本国民に訴えたが、これは外交上、拙劣だと思う。外交においては何をするか分からないというのが相当なパワーを持つ、、。」

034

田原氏「領土問題については、謝罪して尖閣をあげるか、戦争するかの二つしかない。どうすりゃいい?」

安倍氏「この問題は大きな流れで見ないといけない。

中国は1980年代に戦略的辺境という論文が登場し、これは国力が領海や国境や排他的経済水域を決めると言った

かつてナチスがレーベンスラームという生活圏という概念を出した。

つまり国力が増強すると資源が必要で、政府にはそれを確保する責任がある。その為に軍事力を持たなければいけないし、国力があれば国境を変えることが出来ると

そこで中国共産党が一党支配で資本主義経済。(ソ連の失敗を見てるから経済だけは資本主義にしちゃった:田原) 

でも残ってるのは共産党の一党支配。結果の分配がおかしい。だから柱が必要になる。一本は高度経済成長で豊かさだから着いて来なさいと、もう一本は国威発揚

2020年にはアメリカの石油消費量を上回る。だから彼らは絶対的に資源を確保しなければいけないので、20年間毎年毎年軍事費を10%以上、、(二桁二桁:田原

必ず日本近海でこういう事が起こるのは目に見えていた。」

田原氏「海軍力が2倍になったのは何故なんだろう??」

035

星氏「中国は石油が枯渇しているので、海から出ないといけない」

安倍氏「中国は経験があって、かつて台湾で李登輝とチンスイヘンの大統領選の時、独立派とみなされていた李登輝さんの当選阻止の為に近海でミサイル演習をした。

あの時、二隻の航空母艦をクリントン大統領が派遣した(95年:田原) あの二隻の航空母艦の戦力で彼らは沈黙せざるを得なかった。屈辱その時から特に彼らは海軍力。潜水艦能力であり航空母艦を沈める弾道弾だ。」

田原氏「航空母艦を二隻造ると言っているが。」

安倍氏「これはそう簡単に上手くいくとは思えないが、今、潜水艦能力は相当ある。航空母艦が台湾に近づけないので、台湾は手に落ちるという考え。」

(中国と台湾に何か起きてもアメリカの航空母艦が近づけなくしている説明)

036037

田原氏
「この間のアセアン地域フォーラムで、中国の外相が南シナ海は『核心的利益』と言った。中国が仕切るぞと言う事。」

安倍氏「実情かなり仕切っちゃっている。フィリピンも岩礁・海峡を奪われている。」

田原氏そういう中国と、いったい日本はこれからどう付き合うかをCM挟んで安倍さん、よろしく」(長くなったのでつづく・・)

よく、民主党でも自民党でもあまり変わらないという事を言うコメンテーターがいますが、全く的外れだと言う事が分かりますね。

後半は、具体的な安倍さんの案です。民主党が賛成すれば、すぐに出来る事です!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく