柴山昌彦

2011年02月01日21:45財源問題「民主党は無知だった。」by与謝野  【国会中継】

今日の国会中継、ところどころ見ていたんですが本当に面白かったです。

石破氏の「憲法をもっと勉強していらっしゃい」とか^^;、やっぱ役者が違うなぁという印象。

で、一番私の溜飲が下がった箇所は、マニフェスト詐欺の尻尾をつかんだ稲田朋美議員の質問

民主、無知だった=公約修正は不可避―与謝野経財相

時事通信 2月1日(火)18時43分配信

 与謝野馨経済財政担当相は1日の衆院予算委員会で、無駄削減と予算組み替えで16.8兆円の財源を捻出できるとした民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)について、「同情して言えば(民主党は財政の仕組みを)知らなかった。厳しく言えば無知であった」と述べた。
 自公政権で財務相を務めた与謝野氏は衆院選の前、民主党の公約を「ほとんど犯罪に近い」と批判。この日の答弁でも「これから財源の壁にぶつかる。客観的に冷静に、実現可能性に視点を置いて見直す必要がある」と述べ、大幅な修正が不可避との見方を示した。稲田朋美氏(自民)の質問に答えた。 

↑このニュース記事の国会中継の文字起こしです。

稲田氏「与謝野大臣に聞きますが、どう思われますか?」(委員長とのやり取り 略)

013

与謝野氏「まぁあのー、同情してものを言えばまぁ『知らなかった』と。えー少し厳しく言えば『無知であった』言わざるを得ないぐらいの数字でございます。

しかし実際に政権を取れば金庫の中もわかる訳ですから、政策はどんどん現実的になっていく。そういう事はあるわけですから、マニフェストに沿って今までやってきましたが、こっから先の難しい局面をどう乗り切っていくかというのは菅総理はじめ民主党に課せられた非常に大きな課題であるとワタクシは思っております。」

稲田氏「今、与謝野大臣は民主党は無知であった、知らなかった。と仰った訳ですけれども、総理、今の大臣のお答えを聞いてマニフェストを全面改訂するおつもりはありますか。特に財源について。」

9c576f1a.jpg

菅氏「(聞かれている事には答えず、野党の立場ではなかなか分からなったとグダグダグダグダ言い訳)」

46942b14.jpg

稲田氏散々バラマいておいて公約したはずのムダ排除は全然出来ない。与謝野大臣も無知だった・知らなかったとお認めになっております。

そしてやっぱり増税したいから野党も連帯責任を負って下さいなどと、無責任政治の極みではありませんか。国民はもう誤魔化されません。

予算審議を真摯に進めたと仰るのであれば、バラマキマニフェストの撤回とムダ排除が桁外れに出来なかった事の謝罪と国民に対してきちんと説明をされるべきではないでしょうか。(以下省略)」

その次の柴山昌彦議員も凄かったぁーー

e421a5aa.jpg 
自民、旧自由の資金問題を追及=藤井副長官「分からない」

 自民党の柴山昌彦氏は1日の衆院予算委員会で、旧自由党の資金の流れが不透明だとして、同党幹事長だった藤井裕久官房副長官を追及した。藤井氏は「分からない」との答弁を繰り返した
 旧自由党の2002年の組織活動費約15億円が藤井氏宛てに支出されたが、その後の資金の流れが不明になっているとされる。
1d887431.jpg
 柴山氏は、藤井氏の署名と押印がある領収書の写しを提示。「多額の資金を何に使ったのか」などとただしたが、藤井氏は「領収書の認識がない」と自らの関与を否定。ただ、「領収書と書いてあるのを見ずに署名したのか」と詰められると、「私が書いたかどうかについては分からない」と言葉を濁した。
 柴山氏は答弁に納得せず、当時の旧自由党職員(現在は民主党職員)の参考人招致を要求した。(2011/02/01-19:11)
3fe6b531.jpg

稲田さんの攻め方上手かったです。

事業仕分けの話からジワジワ始まって、マニフェストの不実行部分を具体的に指摘して、与謝野大臣に振ったんですよ。「以前民主党マニフェストを犯罪まがいだと言っていたけどどうか!?」って・・

もう言いたい事全部言ってくれてスカッとしました。「民主党は無知」発言まで引き出して、サイコーです☆

柴山氏は、証拠の領収書のパネルで上手く攻めたんですが、藤井のおじいちゃん、「知らない」「覚えがない」「承知してない」の繰り返し・・また、入院しそうな感じ。

あの答弁は相当に異様だったから、当時の旧自由党職員(現在は民主党職員)の参考人招致を要求する布石としてGJ!!(☆。☆) 

今日は完全に自民党VS民主党の日だったんですが、総理大臣はペーパーの棒ーーー読みか論点のすり替えばかり(呆)マジで見るに耐えない惨状でしたワ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年12月06日10:57国会改革『予算委員会でスキャンダルは扱わない』案提言について 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】の朝刊を読むコーナーで、

その中途半端な報道の仕方に「アレッ!?」と思ったので記録しました。毎度コメンテーターの「ジミンガー」もなんだかなぁ・・

アナ「・・与野党3党の有志議員8人が集まりまして、国会改革の提言を行いました。

1af2e4d2.jpg

どんな内容なのか。

(1)予算委員会では醜聞つまりスキャンダルは扱わないようにしようじゃないか。

(2)さらに価値観を問う法案は党議拘束を外して個人の責任で投票しようじゃないか。

(3)そして党首討論は今まで午後3時に行われていましたが午後8時に開こう。これによって国民に見えるようにやっていこうじゃないか。などの提言が行われたという事なんです。」

69f0993f.jpg
みの氏「予算委員会ではスキャンダルは扱わないじゃなくて、スキャンダルを起こすような国会議員は即辞めろって決めりゃいいじゃない。そっちの方が大事。」

アナねじれ国会が上手く運用できなかったという事で与野党今こそ歩み寄ろうじゃないかと、、」

92b8a599.jpg
みの氏
「(被っていて聞き取れず)・・ねー。そう思うでしょ!? だって、、」

「そうですよねー。ホントにねー。あとねぇ、自民も追及しすぎっ。あんな事やってるから空転しちゃうんですよねーー。さらっと流さないとね。

みの氏「だからスキャンダルをね、起こすような国会議員はもう辞めなさい。バッジ外しなさいと。そうだよー。相当、半分ぐらい辞めちゃうんじゃない?じゃあ。」

アナ「いえいえそれは分かりませんが、まぁそもそもの話もある中でこういった動きが、、」

3a34334d.jpg
みの氏「スキャンダルっていうのは、あの全て入るからね。例えば不謹慎な発言から何からね、あーん。」

アナ「今国会でも多かったですからね。で最近良く聞くウィキリークス・・(UFO情報)」以上

この説明を聞いていて、「(2)(3)は良いんじゃないかな??」と思いました。

私は予てから、何でもかんでも党議拘束かかっているのは良くないと思っていたし、麻生総理と鳩山由紀夫氏の党首討論を見て、鳩山氏は凄ーーいヘンだと思ったので、アレは国民の多くが見るべきだったと思っていたから。

なのに、3時からの党首討論を夕方のニュースで編集した物を見ると・・テレ朝の小宮悦子氏が「鳩山氏圧勝!!☆」とか言ってて仰け反りましたし(苦笑)

(1)は、「じゃあ国会は何も追及しないの??」と思いました。みの氏が言うように「スキャンダルを起こすような国会議員は即辞めろって決めりゃいいじゃない」というのは、本人の弁明する場が国会なのにどうやって判断するのか分からないし、それこそ冤罪を生む危険がある暴言だと思いました。で、これ誰が提案したのかな?と思い、元記事を調べてみました。

国会改革:与野党3党有志が提言 予算委の効率化など - 毎日jp(毎日新聞)

 民主、自民、みんなの与野党3党の衆参国会議員有志8人が、「ねじれ国会」の打開策としてまとめた国会改革の共同提言が5日、明らかになった。3日に閉会した臨時国会は与野党の対立が激化し、重要法案は審議入りさえできずに終わった。提言は政策重視を基本理念とし、「予算委員会ではスキャンダルは扱わない」など、審議の充実に向けた具体的な方策を打ち出している。

 提言したのは、細野豪志、馬淵澄夫、長島昭久、泉健太(以上民主党)、河野太郎、柴山昌彦(以上自民党)、水野賢一、山内康一(以上みんなの党)の8氏。いずれも当選2~5回の中堅・若手議員で、国土交通相の馬淵氏をはじめ、党や政府で要職を経験している。

 提言は、直ちに着手できる改革として(1)予算委員会ではスキャンダルを扱わず、[E:danger]代わりに政治倫理審査会を活性化(2)臓器移植や夫婦別姓など価値観を問う法案は党議拘束を外し、個人の責任で投票(3)通常午後3時からの党首討論は午後8時開会とし、国民の関心を高める--など。また、法改正が必要な改革として、国会の会期ごとに議案が廃案となる「会期不継続原則」の廃止を挙げた。

河野氏は毎日新聞の取材に「今後さらにメンバーを拡大し、国会改革を具体化したい」と語った。

まさに代わりに政治倫理審査会を活性化(2)臓器移植や夫婦別姓など価値観を問う法案は党議拘束を外し・・ の部分が重要なのに、なんで朝ズバッ!は伝えないんでしょう?? なんでー?!  まぁ、この8人のメンバーはわたし的には非常にビミョ~ですが^^;、

今後、政権交代した後の事を考えると、良いんじゃないかなと思いました。今の内閣は死に体だから、タイミングとしても良いかも。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく