有本香

2019年10月03日20:19北朝鮮のミサイルを「アレは人工衛星だ!」と言っていた人達(#金平茂紀、田岡俊次、朝日新聞)【#虎8】
【DHC】2019/10/3(木) 有本香×河野克俊×居島一平【虎ノ門ニュース】(←動画)で、
北朝鮮のミサイルに関する、約20年前のTBS金平茂紀氏のコラムを問題にしていた部分を書き起こして記録しました(やや要約)
朝日新聞のコラムと瓜二つで、どっちかがバクったんじゃないの?!と思うほど 、相当恥ずかしい💦もんだけど、
私は、当時「アレは99%人工衛星だ!」としつっっこく解説していた軍事専門家を思い出します・・(遠い目)
1
有本氏
「北朝鮮のミサイルの話で、約20年前、1998年8月に北朝鮮の新型弾道ミサイル、テポドン1号が日本列島を飛び越えて三陸沖に着弾して大騒ぎになった時に
3
マガジンハウス ダ・カーポという雑誌に、TBSの金平茂紀さんが『弾道ミサイルと人工衛星じゃ全然、話が違うぜ でも、今さら正もできないしなぁ』というコラムを書いていて、
つまり、メディアと政治家が大騒ぎし過ぎたじゃないかと。北朝鮮は人工衛星の打ち上げに成功したと発表したよと。なんだ人工衛星なら誠に結構だ。だったら早く言えよって
それに引きかえ、日本のメディアは大騒ぎをし、尚且つ『これは日本にとって相当恥ずかしい事ではないでしょうか、何がといって関谷建設大臣が国家存亡の危機だの、あるいは森幹事長、交戦状態になってもおかしくない事態だの、かなり舞い上がった発言を導いた。その前提となる事実が違っていたわけですから』と。
つまり、この人は朝鮮中央テレビの報道は全て正しいと頭から思い込んでるという話
確かにこの時、アメリカ側も北朝鮮は小型の人工衛星を軌道に乗せようとしたが失敗した様な事は言ってるが、でも、これはテポドンで間違いなかったんですよね?
2
河野氏
間違いないです。その後の北朝鮮の動きを見ても人工衛星、宇宙開発なんて事一切やってない。当然人工衛星ではない
有本氏「朝日新聞なんかも気になる事を言っていて、これより更に前、ノドンが5年前に発射し日本海に落下した時、防衛庁の制服組の情報担当者による勉強会で、ノドンは命中精度が悪くて政治的に使えば影響が出るという程度のもので、ミサイルと言っても砲弾程度の話で大した事ないと言ってたと、ニュース三面鏡というコラムを使って書いている。ただこの勉強会が本当にあったかかなり調べたが確認できない
4
居島氏
「その流れで例の不滅の名言、一発だけなら誤射かも知れないというのが、、」
有本氏「なので、93年のノドンの時、98年のテポドンの時にこういうメディアは大した事はない。大騒ぎするなという世論を作ろうとしてた。そういうのがいっぱいアーカイブから出てくる。この時に、もうちょっと森さんが言ったように交戦状態になってもおかしくない事態だという危機感を持って色んな事を変えていればここまで北朝鮮をレベルアップさせる事はなかったかも知れない。」
河野氏「レベルアップ、実験を繰り返す事によって段々段々上がって行く訳なので、この時点で大した事ないっていう話はやはり無意味。ここからやっていくという兆しが出ているから。そこの段階で大したことないと終わらせる話じゃない。」
有本氏「国民レベルでどういう情報を共有するかはあるが、実験してるという事は、そこから上に行こうとしているという事で、それに対して備えるのは当然の話だったのに、
そうじゃない方向に導こうとして一生懸命の政治家を腐している、まともな危機意識を持とうとしている人達をこうやってメディアが叩き落としてきた経緯がある。と同時にいま政治的な動きを振り返るべきだと思う。」
 金平氏は報道特集オープニングの口上でイヤミを言わないと気が済まない様だけど、コラムでも同じ芸風なのね💦
 この人はじめ左派メディアが、常識的な感覚のマトモな政治家を、必死に叩き潰そうとするのは許せない。アンタ何様だって話
ここで、「北朝鮮は地上の楽園」と言っていた時代の「マスコミの作る空気」の恐ろしさを議論していた過去記事を紹介(・「朝鮮戦争は韓国が北進した」と言っていた人達とか、 ・北朝鮮のミサイル実験を「アレは人工衛星だ」と言い張っていた人達とか、 岩波書店の話とか・・)
金平氏のコラム、アカヒの素粒子に瓜二つなんですけどーー
«【新春討論 未知なる時代への選択いま、日本を考える2018】 なぜ日本はかつて「北朝鮮は地上の楽園」と思い込まされていたのか?!»2018年01月04日

・・まず朝鮮戦争は、今どこの教科書にも書いてあるが北朝鮮の奇襲で始まった(もちろん:田原)
でも20年位前までの大学ではね、それは韓国がやったんだと言ってて、マスコミのコメンテーターなんかでもそういう事を言う人がいっぱい居たわけ。
そればかりか、北朝鮮が初めてミサイル撃ってきた時も、『アレ人工衛星だ』言ったんだよね。そしたら喜んでね、『アレは人工衛星です。オマエ達右翼は何を言うんだと。『防衛をしろなんてトンデモないみたいな事を言ったから、、』(いつの話?:河村)

4
えっ、じゃあ証拠出して良いですか。じゃあ出しますよ。持ってきましたから。」

5

コレ、朝日新聞の夕刊の素粒子です。最初のミサイルは日本海に落ちた、日本には届かなかったんです。それに対してアメリカの国務省や日本の防衛庁(当時)が、『これは日本の平和に対する大変な脅威だ』と言ったら、

北朝鮮が翌日、アレは平和目的の人工衛星だったんですよと書いたら、素粒子が喜んで書いた。

打ち上げたのは、兵器ではなく、人工衛星だったという
 まことに結構だ(だったら早く言え!)。
本当だったらいい教訓だ。精密を誇る米国の偵察システムは一度の恥、日本の防衛庁などは、二重三重に恥をかく。それもまた結構
 ただ「将軍の歌」とか流さないでもっと気の利いた歌報道特集流したら。例えば山本リンダの「困っちゃうな」とか、ベルディの「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」とか。
 朝日新聞東京夕刊 1998.09.05

で、このあと何を言ってるかというと、要するに国務省とか防衛庁はバカだと言ってるんですよ。そんな事言ったら一般庶民は信じるじゃないですか。もう1つ重大なのはこんな誤報だった・・

3 6
井上氏「朝鮮戦争は北からじゃなくて南からやり始めたというのはいつ、誰が言ったんですか?」

井沢氏「それは昔大学でそういう風に教えてたんです。岩波の現代史なんかにもそう書いてあります。」
田原氏「僕は1976年に文藝春秋で、

当時朝日・読売・産経までが世界で一番素晴らしいのは北朝鮮で、韓国は地上の地獄だと(言ってましたね確かに:井沢)

僕はある金融業界のトップから実はいま韓国は景気が良いと。嘘だと思うなら行って調べてこいと言われ韓国に行った。そしたら景気が良い。朴正煕の (ハンガンの奇跡ですよね)

で、韓国は景気が良いと文藝春秋に書いたら、抗議殺到。担当編集が困った~と。それから僕に対する糾弾集会がアッチコッチで開かれて
 (本当の話なんですか?)(本当の事を言って糾弾されたんですよ)僕は糾弾されるの好きだから出て行って反論した。

そうしたら文藝春秋が2か月後に、北朝鮮万歳と言ってる奴(小田実オダマコト)と僕と対談。コテンパンにやっつけた。で1年半後には僕の言う通りになった。」・・
次に、軍事の専門家、元朝日新聞の田岡氏のご高説。お題は「ミサイル破壊命令発令へ」
«理解できない番組【愛川欽也パックインジャーナル】»2009年03月23日

田岡氏「・・・今回はね、人工衛星になることは99%そうなので、なぜかって言うと北朝鮮は世界に声明して通報して、・・・あれで人工衛星が上がらなかったら、また失敗したと言われるわけで、面目丸つぶれだから、世界に公言した以上は人工衛星上げる・・・」

-人工衛星だと延々説明-

「怖いのはノドンであって、韓国人は前線にいるだけあって、戦の感覚があって、ノドンでも騒がない。・・」「ハワイの方向に飛ばしているのは、アメリカに関心を持たせる。・・前の核実験の時そうだったから。」「普通ロケットの故障は一段目。日本海に落ちるから関係ない。ノドン上にスカッドC を乗せたものがテポドン。・・・日本には落ちない。・・・迎撃も出来ない。迎撃は二段目だが、はるか上空だから関係ない。」

「北朝鮮だって自爆装置はつけてますから、(つけてないってテレビで言ってる人いるんですよ:愛川)・・・・ 2006年の7月にあのとき自爆命令を出したと分かってます。・・・二段目も自爆装置をつけておるでしょうから、おかしくなったら簡単にボンといっちゃう・・」

-迎撃できない・説明を延々-

愛川氏「これはねー、日本のネオコンの人たちにとってはね、北朝鮮はすごい協力的ですよ。これぶっ壊れて落っこったりしたらねそれ見ろって事でね・・・、」

-迎撃したら残骸が降ってくる説明-

愛川氏「こうやって新聞、テレビもしきりとね北朝鮮がやると。迎撃ミサイルおいてね、まるで戦争前夜みたいな、ロケット戦争前夜みたいな、しかも発令をしたとか、なんなんですかねこれは!?」

警報システムに関しては、北朝鮮に対する何らかの意図。空襲警報だと笑いながら語り、

愛川氏「問題は、カケラの一個もおっこってきて、次の防衛計画なんかに仮想敵国を大きくしていって、北朝鮮って国をうーんと、もうどんどん怖い国にしてって、そして日本のそういう動きが出てくるってこと・・・・」

落合氏「メディア観てても迎撃迎撃って言葉がもう飛び交っていますよね。ミサイルみたいな形で飛び交うと。そういう中で私たち気をつけなきゃいけないのは、
冷静になるべき時は本当に冷静にならなくてはいけない。・・・騒動がおきた時、この騒動で本当に笑ってんの誰ですか~
おっかないですよ、おっかないですよ、おっかないですよ。と世の中にどんどん広がっていった時、本当に得するのはダァレ??

愛川氏「こういうことで憲法拡大解釈、拡大解釈していくにさらに歯止めが効かなくなってね、核でも持とうという動きになったら大変だよー

川村晃司氏「一方でテレビやメディアにも責任あるんですけど、田母神さんがね、ひっぱりだこなわけですよ。出すもの出すものベストセラーだというんだけど、基本的にそのムードに流れていくムードが怖いんですよね。田母神問題ってもっともっと検証しないといけないんだけど、・・・田母神さんが評価されるってことになってきているんですよ」

藤井裕久 氏「やっぱりね戦前の問題を反省しなくてはいけないと思うんですよ。戦前はね結局ひとつのムードでね、しかもアジテーターが出て、だから日本は滅びたと。    第二次大戦の反省をしっかりと身に着けないと又こういうことが起こる可能性があるんですね。
田母神さんはありゃ物語を創っているわけですよ。歴史と物語は全然違うんですね。例えば・・・・偏狭なナショナリストは物語を創るんですよ。・・・あの人がやっているのは物語りなんです。」

-ここから酷ーい田母神氏徹底批判否定・ナショナリズム批判・歴史教育批判・延々-

川村氏「一番怖いのは田母神史観のような物語をそれが歴史だってことで大学・・・若い人がそれを買って読んで思い込む。それを修正できる教育がなされないと・・」「抵抗力がない」

愛川氏「カケラのひとつも落ちないことを祈るばかりことでだね」

落合氏「本当に何度も言いますが冷静じゃなきゃいけないですよ。メディアものっかちゃうのが間違いだと私は思うんですけど」
当時は本当に左派メディアが「人工衛星だ!」「騒ぎすぎだ!」と必死でした。・・だから信用できないんだよ! そこで思考停止してたら、何の対応も出来ないでしょうに(呆)
何かあってからは遅い!取り返しがつかないのに、パヨクの皆さんはそこんとこどうお考えなのかしら?! 頭悪いよね(;一一)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2019年07月04日13:562009年 #ウルムチ事件 の真相【#虎8】と、当時、田岡俊次氏の解説比較

【DHC】2019/7/4(木) 有本香×石平×居島一平【虎ノ門ニュース】(←動画)

有本香氏が「ウルムチ事件」に関し、事件一週間後のラビア・カーディルさんの主張等を話していたので記録しました(やや要約)
7月5日で「ウルムチ事件」から10年になりますが、マスコミ(特に朝日新聞系)を通すと真逆な話になると改めて衝撃を受けました。
2009年に元朝日新聞の

田岡俊次

次氏が解説したものと是非比べてみて下さい。

ウルムチ1
有本氏「10年前にウルムチ事件があった1週間後に、たまたまワシントンに行き、ラビア・カーディルさんに会った。
当時中国政府はウルムチ事件で死亡したのは190人、大半は漢民族だと言っていたが世界ウイグル会議側は少なくても400人以上亡くなり大半はウイグル人だと
ラビア・カーディルさんは「その日中にデモ隊が弾圧されて亡くなったのが4、500人で、問題はその後なんです」と。どういう事か聞いたら・・
ウルムチ2
その日の夜、ウルムチのウイグ人が住んでる地域だけ夜中過ぎまで停電し、その間に不気味な銃声が鳴り響いた」と。その動画が実はアップされていて見せられた
「その時に銃声・悲鳴など色々聞こえて、朝になったらデモに参加していた人達あわせて約1万人のウイグル人が消えた。一夜にして。」と。消えたとはどういう事か聞いたら・・
殺された人・逮捕された人・・とにかくすごい数のトラックで運んで行ったのを何人も見た」と。
10年経つからハッキリ言うけど、実はその夜の騒ぎを見てその直後に外に逃れたウイグル人がいて、その人達が当日のウルムチの昼から夜の状況、その時ウルムチを中国の軍隊が取り囲んでいたけど、そこから逃れた人が、当時インドネシアのユドノヨ政権で、ユドノヨさんもムスリム教徒として凄くウルムチの状況に同情し、その人達を保護して詳しい状況を全部聞いたそれをアメリカ当局と全部情報交換して。
中国が電気を消すのは、衛星から監視されない為。そういう事もあって非常に悲惨な事件だったんですよ。」(中略)
ウルムチ4
「(日本に)帰って来て、すぐに原稿に書かなきゃと思って、その時に石平さんにお電話して
出来るだけ多くの所に書きたいから、知ってるメディアを紹介してほしいと頼んだ。それは大変な問題だから協力すると言ってくれた。
2013年に、ラビア・カーディルを日本に呼んで、東京・大阪・那覇・札幌・名古屋でやった時に、大阪で石平さんが駆けつけてくれて壇上で話もしてくれて・・
漢民族で民主化求めている人でもウイグル人の人権に興味ある人ほとんどいない。」
(視聴者アンケート)
ウルムチ5(ある程度は理解していると思う11.8% 誤解をしていると思う1.8% まったく意識がないと思う86.4%)
居島氏地上波番組で『歌って踊って楽しそうですね』はないですよね・・。」
あんなに弾圧差別されてるウイグル人のアンケート、「誤解をしていると思う1.8% まったく意識がないと思う86.4%」は結構ショックでした。( YouTube動画の56分~ 在日ウイグル人へのインタビュー・解説もあるので是非ご覧ください)
でも、私もテレビだけ見ていたなら、ウイグル問題はここまで深刻だと思わなかったかも。
だって仮にも「ジャーナリスト」の肩書を持つ人が、2009年7月にこんな解説していたし
愛川欽也パックインジャーナル
«G8ドタキャン 中国側の言い分!? 【愛川欽也パックインジャーナル】»2009年07月12日
・・朝日ニュースター愛川欽也パックインジャーナル】田岡氏のトンデモ発を重点に抜き取り。

愛川氏「・・少数民族に対する弾圧のように思えてくると。実際はどういうことなんだろう!?」
田岡氏「弾圧といってもね、これね、ずっと時系列で今回の事件を見ているとね、5日にウイグル人が暴動を起こしてそれで漢族を襲って百何十人か殺しちゃったわけです。それでそれが騒ぎになって、それで翌日、漢族の方が何にもしてないのに、けしからんということになって棒を持ち出して騒ぎになって、、」

内田氏が必死に客観的事実を説明

田岡氏「中国の場合はね、他の国に比べりゃね、まだマシだと思うんですよ。あそこウルムチとか行きましたけどね、非常にアメリカのテキサスと同じ光景で、大草原がありまして、農業も豊かで、そこにすごい立派なハイウェーがドーンと走っておって、石油汲み出しておって、街も発展もウルムチなんか行くとまさにテキサスの街に行ったというそういう感じ。ところが違うのはテキサスはアメリカが無理やり奪取しました1840年ぐらいに。メキシコ人が相当非常に下の方でおると、あそこでもトルコ系のウイグル人が下の方におるんだけれども、しかし行政の長なんかは一応は、ウイグル族一応カタチだけこう並べておると満州で日本がやっておるのと一緒

愛川氏「いやぁー、満州を思い出すね。」

田岡氏よそよりマシだというのはね、ひとつはね、政府として相当気を使っているんだと思うのは、例えばひとりっこ政策ね、あれ少数民族は適用しない。それから大学入試でもね、少数民族には一割ぐらいゲタ履かせるんです。・・・・」

内田氏「(遮る)こんな場所でですよ、漢族の人口が40%超えてるんですよ!・・・」

田岡氏「植民地じゃなくてね、あれだけ発展してりゃ、(漢族も)行きますよそりゃ。(またテキサスの例)」

「あのね~、あそこアメリカがテロ団体に指定してるわけです。ウイグルのああいう連中は。ふたつぐらい。今までも飛行機をガソリン撒いて放火しようとした事件とか機内で、それから16人、警察官、車で突っ込んで殺した事件、もうしょっちゅうなんですよ、これ。」

(アメリカのダブスタの解説) 以前は中国が新疆ウイグル地区で人権弾圧をしていると言っていたが、911以降はテロとの戦いを認めるために、弾圧を認める方向に転換した。だからサミットでもオバマもこの問題に踏み込まないと川村氏

田岡氏「鎮圧は難しいんですよ。チベット人は大人しいんです。ところが新疆ウイグルはトルコ人でして、トルコの本部があそこなんです。実は本国は!で12,3世紀、西へどっと来て、それでトルコの半島に侵入して、そして東ローマ帝国を滅ぼして東ヨーロッパから全部、強かった。、チェチェンでもそうで、(ロシアの話)」

コキントーがG8ドタキャンは何故かという話では、

田岡氏「新疆ウイグルの問題以前からね、中国の利害考えればねあんまり出たくはない話だと思うんですよ。ひとつはねG8はちゃんとあって、その他に陪席みたいにして呼ばれているじゃないですかあれ。まるでだからディナーに呼ばずに食後のコーヒーだけお付き合いくださいと言っているような話で、そりゃあ彼にとっては、すごい屈辱であって、実は。現実はアメリカと中国が決めているような話。G2になっているわけですから。なのに外されていると。だからもともとあんまりうれしくない、多分。

第二にまさに問題はあのー、CO2の排出の問題で、そこでも出て行けば、また色々、発展をするからあまりうれしくはないと。

だから新疆ウイグル問題で出なかったというけれどもねぇ、出たらまずいかと言うと、非難される恐れはあまりなくて初めから、まず国内問題だし、それからアメリカはご承知のとおり中国の絶対的味方ですから、今は。だから今回でもあのー、G8これ全然言及しないと。何故かというとアメリカが猛烈に押さえ込んで絶対にそれ入れるな入れるなというから、入れなかったわけで、・・・」

田岡氏は中国側に立つのが得意です。少し見えてくるものもありますが・・^^;、・・

ウィキによると、田岡氏は暴力・暴言で問題になったことも多々あるようです。この番組でも「自衛隊のやつらはバカだ。何も知らん」と繰り返し言ってたし・・(遠い目)
84f7a575.jpgあと、尖閣動画流出の件でも「愛国無罪的心理でやったんでしょうけどね、・・あれは戦前に、そういう事で満州事変が起きたり、2.26や5.15が起きたりするわけで・・非常ーーに危ない。あの自衛隊以上ですよ」などとトンチンカンな解説も(・・;)
で、「ウルムチ事件」を現場で取材した日本人がいないので、どっちが真実かは想像するしかないけど、「暴動」と片付けるのだけは絶対に間違ってる!
2009年ウイグル騒乱 - Wikipedia

「暴動」表記について[編集]

・・また世界ウイグル会議も、“暴動”というのは明らかに中国政府側に立った表現だとし、もし暴動という呼び方をするのであれば、日本のマスコミは現地に記者を派遣して徹底的に取材し、デモに参加したウイグル人たちが最初に暴力事件を起こしたという証拠を提示したうえでそう呼ぶべきでしょう。しかし実際には、現地でそんな詳細な調査・取材を行っている日本のマスコミは、テレビでも新聞でも一社もありません。にもかかわらずマスコミは、中国政府に都合の良い報道を毎日のように繰り返しているとして、そのような日本のマスコミの態度の原因を1964年に中国政府と日本の大手マスコミとの間で締結された日中記者交換協定にあるのではないかとした。実際に同協定のなかには「(日本人の記者は)中国政府に不利な言動を行わない・台湾独立を肯定しない」という取り決めが含まれているとされ[21]、1968年3月の「日中覚書貿易会談コミュニケ」では、日中双方が遵守すべきとして「政治三原則」が明記された。「政治三原則」とは、周恩来・中華人民共和国首相をはじめとする中華人民共和国政府が、従来から主張してきた日中交渉において前提とする要求で、以下の三項目からなる

  1. 日本政府は中国を敵視してはならないこと[22]
  2. 米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しないこと(台湾問題)。
  3. 中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げないこと。

このうち項目2は、台湾国民政府を正統の政府と認めないという意味である。以降、中華人民共和国政府の外務省報道局は、各社の報道内容をチェックして、「政治三原則」に抵触すると判断した場合には抗議を行い、さらには記者追放の処置もとった。記者交換協定の改定に先立つ1967年には、毎日新聞産経新聞西日本新聞の3社の記者が追放され、読売新聞東京放送の記者は常駐資格を取り消された。  詳細は「日中記者交換協定」を参照

つまり、マスコミフィルターを通すと「とんでもない認識」になるという話です。
チベット・ウイグル問題・ウルムチ事件などもっと日本人は知るべき。
香港・台湾問題も他人事じゃないです。次は必ず「沖縄」ですから。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく