最低でも県外

2011年11月01日10:37どこを見て政治をしているのか?!全てのツケは国民へ!消費税増税、国際公約【TVタックル】

テレビ朝日【ビートたけしのTVタックル】(10/31)の、

オープニングVTRが短時間でよくまとめられていたので記録しました(青字はナレーション)

こういうのが政権の監視役、マスコミの役目だと思うな~

001 002

"増税国会"いよいよ本格論戦スタート

野田総理「今日生まれた子供1人の背中には、既に700万円を超える借金があります。未来の世代の重荷を少しでも減らし、国家の信用を守る大儀を共に果たそうではありませんか! 」

003 004

小泉氏安全運転だなと。普天間にしてもね、TPPにしても核心まで踏み込まなかったなと、、」

山口氏「自分がこうすると、こういう決意をもっと前へ出すべきだったなと思うんですよね。」

005 006

野田総理「復興財源案では基幹税である所得税や法人税、個人住民税の時限的な引き上げなどにより、国民の皆様に一定のご負担をお願いする事としています。」

そして更に、消費税率10%をG20で安住財務大臣が国際公約。

007 009

江田氏「こうした形であの、国際的に約束をして外堀を埋めていこうというやり方っていうのは極めて卑劣ですね。これ財務省のやり口ですね。」

財務省の声にはよく耳を傾けるという野田総理だが、国民の声は届いているのか?! ギリシャでの大規模デモ。日本も増税による財政再建がなければギリシャへの道を辿ると言われて来た。

010

しかし、ギリシャは日本以上の公務員天国。全労働人口の20%~25%が公務員だ。その優遇されてきた公務員が中心となりデモを繰り広げている。ギリシャ危機から学ぶべきもの。それは増税ではなく公務員制度改革ではないのか?!

011 013

政府は人事院勧告を見送り公務員給与を平均7.8%引き下げる特例法案を成立させるという。しかし、給与の削減は2013年度末までわずか2年間ほどに過ぎないのだ。更に、サラリーマンと公務員の年金格差も暫く解消されそうにない。

014 015

厚生年金と共済年金の一元化について・・

小宮山氏「可能性はあくまでも追求したいと思いますが、(法案の)来年提出はなかなか難しい状況かなというのが正直なところです。」

016 017

やはり野田政権に国民の声は届かないのか。そして野田総理が低姿勢で臨んだ日韓首脳会談。

018 019

通貨危機の際に外貨を融通しあう「通貨スワップ」については限度額を5倍に拡充することで合意した。これは韓国の通貨・ウォンの価値が急落している事に日本が支援する形だ。

020 021

自国民に増税を強いておきながら、韓国にはいたって気前がいい野田政権。

高橋洋一氏何で復興国債を買うのはすごく嫌で、韓国ウォンの方は買って(笑)円を渡すのかって、何で韓国ウォンだけはそうなのかって、それは不自然でしょう。」

022 023

就任後初来日し、普天間基地移設問題の進展を強く求めたアメリカのパネッタ国防長官。

この問題では、当時の鳩山由紀夫代表が『最低でも県外』と発言。

024 025

レポーター「鳩山総理が県庁を出ます。沿道からは非常に罵声が浴びせられて、今出て行きました。」

先週、玄葉外務大臣は国会で鳩山氏の『最低でも県外』という発言は誤りだったと答弁

026 027

この玄葉発言について、今度は野田総理が鳩山元総理との会合の席で「玄葉大臣が間違っていた」と陳謝したという。玄葉発言のどこが間違っているのか?!

028 029

ぶらさがり取材を拒否する一方、被災地の視察などパフォーマンスを繰り返す野田総理。

野田総理「いただきまーす」「まいうーです(笑)」

030 031

どこを見て政治をしているのか?!全てのツケは国民へ!

無責任国家ニッポン!以上

このような事柄は確かにニュースではやっていましたが、事実関係を流しただけ。

自民党政権時のようにワイドショーでいちいちコメンテーターが政権批判することはありませんでした。そもそもほとんど取り上げてない(呆)

日韓の通貨スワップの事もテレビ脳の人は知らないかも。


野田総理が何を考えて何をしようとしているのか、もっと取り上げて批判すべきだと思います。

ちゃんと報道してたら、野田内閣の支持率が5割以上ってあり得ないですよね。

(関連記事)

「朝鮮王室儀軌」 野田総理、韓国持参で引渡しへ  【FNNスピーク】

野田総理の朝鮮王朝儀軌引渡し・通貨融通枠超拡大・EPA交渉再開 【NHKニュースウォッチ9】

輸出好調の韓国!その陰で中小企業や主婦が悲鳴 【ニュースウォッチ9】

玄葉大臣の国会答弁に、野田総理が鳩山氏に陳謝 【ANNニュース】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく