星浩

2011年01月30日17:35日本の国債格下げ問題 「疎いので」「耳を疑いました」【サンデー・フロントライン】

テレビ朝日【サンデー・フロントライン】の、今週の『これはニュースだ』第1位の『日本の国債格下げ』をやっていたので、コメンテーターたちのコメントを記録しました(青字はナレーション)

毎日新聞論説委員と朝日新聞編集委員が引っかかるんだなぁ・・

6701a22c.jpg
女子アナ「・・・変わりまして、重要ニュース選定委員会の18人が選んだ『これはニュースだ』第1位は、コチラです。」

64d6527c.jpg 8a9eb8d5.jpg

菅氏「そういう事に疎いんで・・」

最大の理由は、『民主党政権には債務問題に対する一貫した戦略が欠けている』

a426dccd.jpg

アメリカの格付け会社(スタンダード&プアーズ社)が、日本国債の格付けをワンランク下げた

国と地方の借金が900兆円に迫る日本の財政この格下げは、その信用度が低下している事を改めて突きつけただがこれを受け総理の口から出た言葉に・・

6bda8033.jpg

山口氏「『疎いので』と発言したことに、耳を疑いました。」

総理は『疎い』という言葉を『詳しく聞いていない』という意味だと釈明したが・・

3c28276d.jpg e9bd2673.jpg

夏野氏「これだけの債務を抱えた国のトップがこの発言、ありえない。」

財政通のこの人も必死に総理を庇う。

与謝野氏「菅総理は格付けの問題とか、格付け会社の話とか、実はお詳しい。」

590c1de0.jpg 7e845ce7.jpg

日本国債の格下げは2002年以来、およそ9年ぶりだが、当時民主党幹事長だった菅総理は、小泉政権の対応に対して・・

菅氏「まぁ(小泉)総理は、事実上こういう問題に対してほとんど能天気ですから、、」
478102c6.jpg 25cf0bd1.jpg

 福本氏「菅さんの『疎い』発言は確かに残念だが、そんな言葉尻のことで空転してしまう政治が、まさにリスクだと警鐘を鳴らしたのが今回の格下げではないか。」

ランクはこれまでのAAからAA₋に、財政難のスペインよりも下だ。今回の格下げが深刻な財政危機に繋がるのだろうか?(他のランキングへのコメンテーターの指摘)

cd2d0ae3.jpg 

後藤氏「綸言安栖の如し。『言葉の軽さ』が命取りになった鳩山前総理に対し、『雑な言葉』で足元が崩れかねない菅総理。」

3d926ef3.jpg eb511e41.jpg

小宮氏「星さん、この一位の国債格下げなんですが、これは日本の経済にというよりは、政治にイエローカードを突きつけたという事ですね。」

星氏「そうですね。菅さんの発言もまぁオウンゴールというか、不用意ですけどねぇ。

えー、ただですねぇこれまぁ確かに政治家の発言、例えば宮沢さんがね、こういう格付け会社の事を『疎い』って言ったら、まぁ謙虚・謙遜してんのかなぁと思うんですけど、菅さんが言うと不安になりますよねぇ

ただ、その恐らく国民からしても今の900兆の借金の内、恐らく800兆くらいは自民党政権の時出来てるっていうのはみんな知ってるわけですから、まっここはですねぇ、あげ足取りも結構ですけども

やっぱり与野党がですね、この問題の本質の900超の借金をどうするっていうところを考えていく、まぁある意味では良いきっかけにすれば良いんじゃないですかねぇー。」

小宮氏野党にも責任があるという風にこの格下げはある意味示していると?」

星氏「という風も出てくるでしょうね。先程の福本さんも言われたように、政治全体がですね、今まで為す術がなかったっていう事に対して、まっ一種の警告って言いますか、イエローカードですからねぇ、ええ。」以上

当たり前だけど、日本の借金は政治全体の問題であり国民にも責任がありますよね。日本全体の問題です。

民主党の二年連続の異常な予算を見ると財政健全化なんて程遠いし、星氏が言うようにこのイエローカードが良いきっかけになれば良い。とは思います。だから、野党はこんなバラマキ政治を止めさせる為に頑張ってほしい。

いつも日本の借金の話で思うのは、簿記的には「負債」があれば「資産」もあるわけで・・

自民党が800~900兆の借金だけを作ったように言うのは、なんか恣意的なものを感じます。

それにしても、総理の『疎い』発言を、マスコミが「言葉尻のことで」「あげ足取り」というなんて驚きですよねぇ。普段そればっかやってるクセに(呆)

「耳を疑う」「ありえない」と言うのが当ったり前の感覚だと思うんだけど、どうでしょう??

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年12月18日14:51自・谷垣氏と公・山口氏が生出演、小沢国会招致問題に物申す 【激論!クロスファイア】

もはや、民主党で内ゲバ状態になっている小沢国会招致問題ですが、BS朝日の【激論!クロスファイア】(生放送)で、自民党・谷垣総裁と公明党・山口代表が、小沢国会招致問題について語っていた部分だけ記録しました。谷垣氏も山口氏も、弁護士という立場でも語っています。

3f5a241c.jpg
星氏
「・・刑事被告人っていうのは自分を守る権利があるので、国会で説明するのはどうかって、まぁそういう理屈を展開されてますし、小沢さんの弁護士も昨日記者会見でそんな事を言われてるんですけど、そのお2人ともその辺の専門家ですのでね。」

田原氏「どうですか、専門家として?」

15c372dc.jpg
谷垣氏
小沢さんの弁護士は、大学の時クラスが同じだったんですけどね(笑) あの、それはそれとしまして、これも延々昔からある議論でしてねぇ、あの刑事手続きだけでやるべきだという、小沢さんのはどちらかというとそういう指摘ですね。

だけれども、長い間、あのこういう議論があって、えーまさにその犯罪事実をどうきちっとするか、これは刑事事件の、司法の問題ですけれども、

b20463a1.jpg
やはり、その政治責任であったり、政治の浄化という観点であったり、そういう観点から、やっぱり国会が果たすべき、あるいは政治が果たすべき役割があるだろうという事に段々議論が整理されてきたと思いますね。

だからこそ先程申し上げたように、かつて我々が与党であった時も証人喚問出たり、そういう事をしてたわけです。

田原氏「うん、ちゃんと出てらっしゃる。ちょっとだけど今の、、谷垣さん、もし小沢さんの弁護人になったら、弘中さんみたいに出なくていいよっていう、、」

谷垣氏「弁護人の立場から言えばですよ、それはその刑事司法の過程だけで攻防する方が良いに決まってますよー。だからあの私も弁護士だったらそう言うかもしれません。しかし、しかしそれは政治の過程で解明する事が不必要だという事とは別の問題ですよ。」

田原氏「全く違う。(ええ:谷垣) 山口さんも弁護士さんだけど(笑)」

b97ed6f6.jpg
山口氏弁護人として言う事は当然だと思いますよ。それは被疑事実に関することだけっ。この事だけで弁護人引き受けているわけ。

だけど問われている事はそれだけじゃないんですね。(国会議員だし:田原) そーです、そうです。

それで他のお金にまつわる問題も小沢さんにはいろいろあるでしょ(ある:田原) そういう事(政党助成金の問題もあると:田原) そーなんです。

そういう事をその政治の場で問うという事が大事なんですね。それは弁護人の域を超えている事なんです。小沢さんご自身が判断される事。」

67a26713.jpg
田原氏「なるほど、なるほど。ところで星さんねぇ、菅さんが、首相が直接小沢さんに説得するといっていると今までしなかったのが問題だと思うんですが、

さぁ菅さん、どんな覚悟決めてますか?もし菅さんが言って聞かなかったら? 小沢さんが。」

星氏「これはやっぱり菅さん、党首ですから、党の代表ですから、菅さんがまぁ政倫審に出てくださいよと言うんで、小沢さん、それでも出ないとなれば、私はもう離党勧告の方向に進むと、、(離党勧告やっても、もし小沢さん聞かなかったら?:田原

まぁ最終的には民主党の手続きで除籍、まぁ除名に当たるのが除籍って言うんですけども、そこまで菅さんはどうも腹を(決めてる!?) 決めてるっていう風に私は聞いてますねぇ。」田原氏「村上さんねぇ、菅さんって意外にね、星さん信頼してるの」

da2066c6.jpg

村上氏「(笑)信頼関係がある(笑)」 田原氏「やりますか、そこまで。」

星氏「というような情報は私は得てますけど、まぁそうでしょうね、恐らくね、ここまでやるからには。」

3253c932.jpg田原氏「なるほど。ところで・・」(以下略)

除籍覚悟でごねてるって事??政倫審に出席させるまでのこの過程・党の内紛に嫌気が差している国民が多い中、やはり「やましい所はない」「国会の決めた事に従う」と言っていた小沢氏は、「司法ガー」と言わず、国会議員としてちゃんと説明責任を果たしてほしいです。

まっ、わたし的には本当はどっちでも、どうでもいいですけどね^^;やっぱ証人喚問でしょ。

それより、田原総一郎が「自民党と公明党は、救国の為に民主党と折り合いをつけろ」としつこくしつこく言っていたのが、腹立ちました。

番組中、救国の為って何回言ったか分かんないくらい、何度も何度も何度も!(呆)

党の体をなしてないのに、なんで民主党の延命措置しないといけない?

で、「公明党は、自民党と違って党利党略で働く党ではないから、今こそ菅総理に会え」とこれまた何度もしっつこく言ってました。もちろん、谷垣総裁も山口代表も、軽ーくあしらってましたけどね。

田原氏は、民主党を応援して、どんなおいしい事があるのかな~。

関連記事政倫審へ「出る出ない」小沢氏、ここ一年の変遷映像   【朝ズバッ!】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月01日14:36"小沢招致"で揺れる補正「野党は人質にするな」by吉永みち子【サンデー・フロントライン】

テレビ朝日【サンデー・フロントライン】(10/31日)で、

ニュースランキング 第4位の『小沢招致で揺れる補正』への、

吉永みち子と森永卓郎と石川和男のコメントが変だったので記録しました(青字はナレーション) 

c80e0748.jpg bb6ee714.jpg

岡田氏「私はいつでもお会いしたいと思っていると、、」

民主党・岡田幹事長が会いたい人物、それは強制起訴する事が決まった小沢一郎元代表。 

円高やデフレに対応する為、5.1兆円の経済対策を盛り込んだ補正予算案国会に提出したものの、

ac4198d4.jpg b24f66d5.jpg

 野党側から小沢氏の衆議院予算委員会での証人喚問を求められていて、国会審議に暗雲が立ち込めている。岡田幹事長は、小沢氏に国会で説明してほしいと訴える。

岡田氏「私はいつでもお話したいと思っています。」「いつでもお会いしたい と考えております。」

9cc2af61.jpg ffd7d927.jpg
自民党の大島副総裁は昨日、
民主党の対応を厳しく批判した。

大島氏「国会で欲しいのは、説明責任なんです。小沢さんの説明責任なんです。」

会おうとする努力もしない、そういう風なことをしないんだったら、言葉では言うなと言うんです。」

岡田幹事長も昨日の会見では、明日月曜日に小沢氏との会談を再要請する事を表明した。

そして「会えないのならそれでそのままという事にはならないと思う」と指摘し、処分の可能性も匂わせた。

aa0c32b3.jpg c88f6411.jpg

吉永氏国民生活が逼迫している中、野党は補正予算を人質にする事はやめてほしい

渋谷氏〔追加経済対策の実行に、もはや待ったなしの情勢だ〕

b354860b.jpg 6989fd41.jpg

アナ「このニュースについて選定委員のコメント、更にご紹介します。」

姜氏民主党政権の浮沈がかかっている。〕

1b07212c.jpg daf4bbd7.jpg

藤原氏証人喚問を拒否し通せるかアナ「と、民主党側の対応に注目する一方で、

森永氏小沢問題より景気対策・デフレ対策をきちんと議論すべき〕

762d98b6.jpg

石川氏いつまで『小沢氏』に拘泥するのか、補正予算審議を真剣にやるべき〕

アナ「など予算審議を急ぐべきというコメントも多く寄せられています。」

(中略)

小宮氏「・・長妻さん、岡田幹事長は明日、小沢さんに改めて会談を要請して応じない場合には『それでそのままという事にはならない』と言ってますね。これどういう意味ですか?」

8f31e459.jpg
長妻氏「まぁやはりあのー、、これ今も色々意見がございましたが、

補正予算が国会に提出されまして、これ私はかなり規模も一定の物があるし、まぁ効果は非常に高いもんだと、これ何とか早く成立させたい。

ただまぁ与野党の交渉の中で小沢さんの話がですね、俎上に上がっているという事もあり、

まぁ岡田幹事長がまぁ、あー、小沢さんに会ってですね、えー、どういう国会での説明が出来るのか、それを意見交換するというようなことで、会談を申し込んでいると思います。

また、明日、会談を申し込んでまぁ会談が、私は実現すると思いますんで、まぁその中でですね、適切にそれが処理をされて、まぁ補正予算の審議にもう入っていくと。まぁこれをなんとかあの両立をさせていきたいと思っています。」

小宮氏「会談は実現するとお思いですか?」長妻氏「まぁそういう風になると思います、私は。」小宮氏「あ~、星さん、どうなんでしょうね。」

7b444c6a.jpg
星氏「まぁ恐らくですね、どっかの段階でこの会談は実現しないとですね、そりゃ小沢さんも一応、民主党員ですから(何で会わないんですか?) 

小沢さんからすると、そりゃあまだあの、お互いの探りあいでしょう、そこはね、

だからどっかで民主党員ですのでそこはやるんですけども、問題はその今、月曜日からもしかすると、補正予算の審議を自民党なんかがボイコットする可能性がありますから、この問題とこれは明らかに絡んじゃったわけですね。」

小宮氏また国民からこう離れてきちゃったんですよね。」

星氏「ええ、でも最終的にはね。私は問題は最高意思決定者の菅さんがですね、小沢さんとどういうその説得をして問題を切り抜けていくかっていう話になると思いますね。」

長妻氏ただ、やっぱりこの補正予算とこの問題をリンクしてですね、一緒にセットじゃないとダメだと野党の皆さん、言われておりますけれども、やっぱり補正予算は本当に国民生活に大変重要な事でありますんで、これは早めに審議をしたいと思っています。」

4f9a8bb7.jpg

小宮氏「本当に国民もそう思っていると思いますよ。さぁご覧頂いているように今週は民主党政権の迷走が重要ニュースに並んでいます・・」 以上

そもそも「カネにまみれた政治をクリーンにしたい」と言って、政権をとったのが民主党です。

吉永みち子の〔国民生活が逼迫している中、野党は補正予算を人質にする事はやめてほしい〕というコメントはヘンですよ。人質というより、こういう事!

拒否方針を確認(産経ニュース)

公明党の山口那津男代表ら党幹部は1日午前、国会内で会合を開き、平成22年度補正予算案の対応について、民主党の小沢一郎元代表の国会招致など「政治とカネ」の問題で進展がないままの審議入りはできないとして、審議拒否する方針を確認した。同日の常任役員会で正式に対応を決める。

 山口代表は会合後、国会内で記者団に、「『熟議の国会』といっておきながら強硬姿勢は言語道断」と与党側の対応を批判した。

 補正予算案の審議をめぐっては、川端達夫衆院議院運営委員長(民主)が1日に野田佳彦財務相の財政演説、2日には各党代表質問という日程を職権で決めた。これに対し、小沢氏の国会招致を要求してきた公明党を含む野党各党は、一斉に反発している。

「政治とカネ」の問題から逃げようとする現政権の態度の方を批判すべきなのでは?

いつまでもグズグズ・ダラダラ引っ張るから、こういう事になるんです。

早く予算審議するために、自浄作用があるところを少しくらい見せてほしいものです。

で、菅総理は、国会で約束した鳩山元総理の資料のコピーも速やかに国会に提出させるべき。

それにしても、「小沢さんは逃げも隠れもしないと言ったんだから、国会で説明すれば済む話」とコメントするニュース選定委員が1人もいないのは何故~??

あと、党員が幹事長に会わない党って、あまりにも異常すぎでしょ!?

まぁ鳩山総理の時も菅総理の時も一時、小沢さんに会えなかったんだから当然かな。

改めて、スゴイ党ですね・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月02日21:55安倍元総理"尖閣迷走"菅政権を斬る(前半)  【激論!クロスファイア】

BS朝日【激論!クロスファイア】に安倍晋三元総理が出演し、『尖閣諸島巡り日中関係緊迫! 内外に政治課題山積・・・安倍元総理が菅政権にモノ申す!』 と題してやっていたので記録しました(ただし、要約)

自民党時代の中国への対応、2004年尖閣諸島上陸事件との違い、今後中国とどうつきあえば良いかなど、非常に興味深い内容です。

Main

(オープニングで、民主細野氏、北京入り 関係修復へ戴国務委員と会談か  の朝日スクープ記事の紹介・細野氏訪中のVTRのあと・・)

田原氏「安倍さん、これは中国との繋ぎが出来たと見て良いか?」

023 安倍氏「そこはどう見るかだ。

例えば、首脳会談を復活させたいというアプローチをすると、その段階で彼らは交渉する

中国は普通の国と違って、北朝鮮もだが、

普通は会ってから交渉するが、会うか会わないかをカードに使う。会ってあげるでかなり勝負がつく。そういう危険性があると思う。

中国の外交がどういうものかを踏まえて展開しないと、ただ接触すれば良いものではないと思う。」

024

田原氏「実は、安倍さんが総理大臣の時に2006年9月16日にまず中国へ行った。で日中首脳会議で胡錦濤さんと安倍さんが会った。その時”戦略的互恵関係”を構築すると。大変な事だがこれは行く前に出来ていたのか?」

026

安倍氏「基本的には。ただ一部の歴史認識の問題等は飛行機の中で事務方が用意したものを書き換えた

”戦略的互恵関係”にするというのは、これまでは今までは”友好第一”関係。友好は大切だが目的ではない。目的は国益

友好が第一になると国益をどんどん削って、友好的な関係を作るという事。国益を削れば向こうは喜ぶ(そりゃそうだ:田原) そういう勘違いがあった。

だからそれはお互い不幸だから止めますよ。日中関係をお互いのプラスにする、ウィンウィン。それを冷静にお互いの利害関係をよく計算してドライに付き合いましょうと。」

027田原氏「小泉首相の靖国参拝で日中関係が冷え込んだ。

それで安倍総理が”戦略的互恵関係”を作った。

つまり単に仲良くするんじゃなく、踏み込んでやった。」

安倍氏「その為には、小泉総理が靖国参拝したが、

『私は参拝しないという譲歩は一切しない』と。『あなた達も日本が投信が必要だろう。日本が工場を造り雇用を生み出す。そこで出来た製品を売ってお互いに利益を上げる。日本にしか出来ない半製品もある。そういう事をお互いに理解しましょう』と。

反日デモの時は彼らも困ったが、中国との関係はコチラが一方的に善意を示せば良いというのではなく、

”戦略的互恵関係”を確立した次の年、温家宝総理の訪日のスケジュールを作った

他方、その間、私は防衛庁を"省"に格上げし、集団的自衛権を事実上行使する方向で懇談会をスタートした。

そして12月にはインドのシン首相が来日し、日印首脳会談をし日本とインドの間で”戦略的グローバルパートナーシップ関係”にし、安保、エネルギーについて同盟に近い関係にすると合意した。

そして翌年1月にNATOで『我々はアジア、世界において自衛隊を派遣する事に、今までと違って臆病ではない。NATOと協力をしていく』と演説をした。

3月に豪州ハワード首相が来日し、日豪首脳会談をし、安全保障協力に関する共同宣言をした。日豪関係を同盟に近い関係に

これらを固めておいて私は温家宝首相との首脳会談を、、(あっそうか。温家宝が来る前に、:田原) 

安倍政権において中国にどう対応するかが最大のテーマだったので、その為には日中間だけの外交の組み立てでは駄目!

まず同盟、インド、オーストラリア、アセアン、更にはNATOという考え方でやった。」

028

田原氏「これが日本では誤解されていて、安倍さんはタカ派で、すぐ戦争したがると(笑)。違う。

実は中国と”戦略的互恵関係”を結ぶにはインド、オーストラリア、アセアンと仲良くする、、仲間をいっぱい作ってそれで中国とやるんだと。」

安倍氏「やはり世界地図を見ながら中国と交渉しなければそう簡単ではない。

普通なら防衛省を庁に昇格させるというとも、よく朝日新聞はそれでアジアの国々は心配させるなとこういうが(ははは:星一切それに対して批判はなかった。」

029 田原氏「余計な事だが、僕は安倍政権は長期政権だと思っていた。こんな運の悪い人はいない。

安倍さんと関係ないことが次々起きた。例えば、年金、大臣3人の事務処理問題、大臣の自殺、絆創膏・・(笑)

中国の漁船が日本の経済水域に入っていっぱい漁をやっていて、その中の一番ずうずうしい船に海保の巡視船が『止まれ、出て行け』と言ったら、二度にわたり体当たりしてきた。そこで船長を逮捕したが、この逮捕はどう思うか?」

030

安倍氏「これは当たり前のこと。よく小泉政権の時に上陸して逮捕したのと比べられるが、今回は交通違反した人を捕まえようとしたら2度パトカーに体当たりしてきたようなもの。その人を逮捕しないのはあり得ない。その後釈放もあり得ない

あの時の上陸はあったが、今の事案とはだいぶ違う。今回は海保の船に2度ぶつかった。

あと普通に考えて、普通の漁民が大きな機関砲のある武装した海保の船に体当たりなんかしない。体当たりすればもしかしたら沈むかもしれない。膨大な修理費になる。どう考えても普通はぶつからない。怪しいと思う。」

田原氏「あの船長は普通の民間人じゃないのではないかと」

星氏帰ってから英雄扱いされてるのが気になる。(Vサインでね:田原)安倍さんが幹事長だったあの2004年の時は、あの7人のニュースは一切ない。ヒーロー扱いされていない。」

031 田原氏2004年に中国人7人が尖閣に上陸し、小泉内閣がその7人を逮捕して2日間で強制送還した

今度はずっと勾留したと。例えば谷垣さんが『直ちに国外退去させた方が良かった』と言ってんだけどどう?」

安倍氏これは誤解されていると思う。『そういう選択肢もある』と

前回の小泉政権の時、私は幹事長ですから、政策決定には関与していないが、、あの時は基本的には尖閣は我々が実効支配しているので、当然我々は領土問題はないという基本的考え。

基本的には実効支配している方は静かに、しかし来たらさっと排除すると言う姿勢で臨むべきもの

あの時だって更に勾留するという選択肢もあったと私は思うが、ただ今回は、2度ぶつかっていて、彼らは相当世界に向かってアナウンスし始めた。こうなったら絶対に屈服と言うのは外交上あり得ない。」

033

田原氏「中国はガンガン強硬措置をとり、日本は船長を釈放した。このことに関しては?」

安倍氏「まっ外交ですから駆け引きと。ある意味ではゲーム。

小泉政権時代反日デモがあった時、日本大使館が襲撃されて、オオキ大使を呼び出したが、忙しいと言って公使を出してきた。例えば丹羽大使を深夜に呼び出したが、公使が行っても良かったと思う。そこから勝負が始まるんだと思う。

仙谷官房長官が『冷静に、そして偏狭なナショナリズムはいけない』と日本国民に訴えたが、これは外交上、拙劣だと思う。外交においては何をするか分からないというのが相当なパワーを持つ、、。」

034

田原氏「領土問題については、謝罪して尖閣をあげるか、戦争するかの二つしかない。どうすりゃいい?」

安倍氏「この問題は大きな流れで見ないといけない。

中国は1980年代に戦略的辺境という論文が登場し、これは国力が領海や国境や排他的経済水域を決めると言った

かつてナチスがレーベンスラームという生活圏という概念を出した。

つまり国力が増強すると資源が必要で、政府にはそれを確保する責任がある。その為に軍事力を持たなければいけないし、国力があれば国境を変えることが出来ると

そこで中国共産党が一党支配で資本主義経済。(ソ連の失敗を見てるから経済だけは資本主義にしちゃった:田原) 

でも残ってるのは共産党の一党支配。結果の分配がおかしい。だから柱が必要になる。一本は高度経済成長で豊かさだから着いて来なさいと、もう一本は国威発揚

2020年にはアメリカの石油消費量を上回る。だから彼らは絶対的に資源を確保しなければいけないので、20年間毎年毎年軍事費を10%以上、、(二桁二桁:田原

必ず日本近海でこういう事が起こるのは目に見えていた。」

田原氏「海軍力が2倍になったのは何故なんだろう??」

035

星氏「中国は石油が枯渇しているので、海から出ないといけない」

安倍氏「中国は経験があって、かつて台湾で李登輝とチンスイヘンの大統領選の時、独立派とみなされていた李登輝さんの当選阻止の為に近海でミサイル演習をした。

あの時、二隻の航空母艦をクリントン大統領が派遣した(95年:田原) あの二隻の航空母艦の戦力で彼らは沈黙せざるを得なかった。屈辱その時から特に彼らは海軍力。潜水艦能力であり航空母艦を沈める弾道弾だ。」

田原氏「航空母艦を二隻造ると言っているが。」

安倍氏「これはそう簡単に上手くいくとは思えないが、今、潜水艦能力は相当ある。航空母艦が台湾に近づけないので、台湾は手に落ちるという考え。」

(中国と台湾に何か起きてもアメリカの航空母艦が近づけなくしている説明)

036037

田原氏
「この間のアセアン地域フォーラムで、中国の外相が南シナ海は『核心的利益』と言った。中国が仕切るぞと言う事。」

安倍氏「実情かなり仕切っちゃっている。フィリピンも岩礁・海峡を奪われている。」

田原氏そういう中国と、いったい日本はこれからどう付き合うかをCM挟んで安倍さん、よろしく」(長くなったのでつづく・・)

よく、民主党でも自民党でもあまり変わらないという事を言うコメンテーターがいますが、全く的外れだと言う事が分かりますね。

後半は、具体的な安倍さんの案です。民主党が賛成すれば、すぐに出来る事です!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月05日10:16「仙谷が掴んだ小沢の急所」     【激論!クロスファイア】  

小沢氏の政治とカネの問題は、検察がらみじゃないのもいっぱいあるのになかなかテレビでやらないけど、BS朝日【激論!クロスファイア】に小沢派・松木議員、菅派・小宮山議員が出て

激論?をした最後に、小沢氏の使途不明・組織対策費の事をやっていたので記録しました

(詳しくは・・民主党:使途不明「組対費」…09、10年にも13億円 【朝ズバッ!】 

001_2

003002田原氏「・・最後に、実はこの8月31日毎日新聞に、実は、民主党が使途不明対策費を使っていると。で実はこれ、1月8日にも書いている22億円が議員に渡ったと。

実は、これもう少し書いているのは、この週刊現代ってやつでして、えー週刊現代の今????やってんですが、ここにこのえー、『菅の参謀・仙谷が掴んだ小沢の”急所”』って。

これ何かというと要するに、その党の官房機密費というべき巨額のカネを、えーこれに書いてある通りによれば、山岡さんに16億出すと。

で、それはどうも官房機密と同じように裏金でおかしいじゃないかと書いてあるんだけど、小宮山さん、どうですか、コレ。」

004 小宮山氏「えー、今これは党で調査をしているところなので(カネを握っているのは小宮山さんだ:田原) はい、ワタクシとしてはコメントが出来ないという事です。」

田原氏「じゃあこれは、これどんでもない話?!(・・:小宮山) 週刊現代はとんでもない事をやっている?!」

小宮山氏「あのーー、私達の今の新しい執行部になってからは説明のつかないお金を使うのは止めましょうという事で、その組織対策費という使い方は止めました。」田原氏「前はやってたけど?!」

小宮山氏「それはあの自民党の中でもやられていた事なんですね。(当然!:田原)で、やはりきちんとあの監査法人のチェックも受けているので法的には問題のないとなんだと思います。それをどう見るかという事だと思います。」田原氏「どうですか、松木さん。」

006 松木氏「あのー、えー、枝野さんが確かこの事に関しては、全く問題がなかったと、、(法的には問題がないと:田原) お話をされたと思いますよ。」

田原氏「なんで小宮山さん、菅さんになってからはこれやんない事になった?」

小宮山氏「それは私達はやっぱり説明の出来るお金の使い方にするという事がクリーンな民主党だという風に思っているからです。」

田原氏「これ、説明できない?! 」

小宮山氏どこへ行ったかは説明をされないお金が組織対策費なんです。」田原氏「どうですか?」

005 星氏「あっ、これは政治資金の規正法上はですね、その党のお金を例えばそのAさんならAさんに出したっていう事さえ書いていればそれで今の法律上はいいんです。

その更に先は説明しなくて良い事になっているんですが、あまりにもちょっと額が大きいもんですからね(そう!:田原) ドーンと行った先もどうなってんのか分かんないってなっていうのがあって、まっ自民党なんかドーンと幹事長とか国対委員長とかに出して、そこだけで終わりってのが、今までの普通の政党のやり方なんですが、ちょっと額が大きかったなっていうのはありますね。」

田原氏「週刊現代は35億円ってなってますねぇ。どお?」女子アナ「なんか、ちょっと、、」

松木氏「(割って入り) 結局、今のこういう時にね、その内部資料が出ているわけでしょ。それ自体がね、申し訳ないけど、やっぱりね、あんまり良い事じゃないですよ。それは誰がやったとかそういう事は言いたくないけれども、、」

007 女子アナ「あのー、億単位の話でなんだか凄く遠い話なんですよね。

あの今回の本当に日本のリーダーを決める総理大臣が決まる選挙ですよね、私達投票する事が出来ないわけですよね、(いや党員サポーターになってください:松木) 

サポーターになればですけども、でも数多くの方々は投票しないですよね、だからグループとかお金とかそういう事じゃなくてもっとこう政策のことでどうするかやってほしいと思うんですが、、」

008 松木氏「もちろんです。だから、、」

田原氏「こういう議論をドンドンやっていきましょう。」

松木氏「(内部資料が)出るのがおかしいっ、、」

女子アナ「代表選挙は9月14日になります、この日に日本のリーダーが決まります。激論クロスファイア、また来週です。ありがとうございました。」

009以上

なーんか、生煮えの議論ですよね^^;松木さん、法的に問題ないから公金を使っちゃっていいの?

それより内部資料をリークしたのはけしからんってだけ?!(呆)親分が親分なら子分も子分か・・・

小沢氏の政治とカネの問題は、本当は今までの疑惑の方が大問題だと思います。例えば・・・

世田谷の私邸に転がる「47億円」 解剖 小沢一郎 〔取材・文 松田賢弥〕

(ほんの一部引用  是非全文読んでください)

あいつは国家的に危険なヤツや」

 私が小沢を追っていることを聞くと、唐突にそう声を荒らげる。野中は続けた。

経世会分裂の時だって、あいつは知らんうちに(派閥の金庫から)カネを持って行ったんや。ガポッと持って行ったよ。気がつかんかった。まさか、あいつがそこまでやるとは思わなかった」(中略)

など、自身が株主になった認識はないとの答えが返ってきた。要は、小沢事務所が7億5000万円分の架空株主を生み出した疑惑が浮上したのだ。

 では、その株はどこへ消えたのか。その解につながる証言は、最近になって手に入った。1月13日、鹿島建設と小沢の事務所に東京地検特捜部の強制捜査が入った日、小沢に20年以上仕えた元秘書の高橋嘉信が、私にこう語ったのだ。

小沢先生は、めんこいテレビの株を30%所有していたよ」(続きを読む)

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

あと、『政治とカネ』の問題じゃないけど、今朝はこんなニュースが・・(赤字だけ読んで)

民主代表選:投票用紙取りまとめ依頼 小沢派の高松議員 
毎日新聞 - 2010年9月5日 2時30分

 民主党代表選を巡り、小沢一郎前幹事長を支持する高松和夫衆院議員(比例東北ブロック)が後援会に対し、党員・サポーターから投票用紙を回収し、自身の事務所に集めるよう依頼していることが4日、分かった。秋田県北部の男性サポーターが毎日新聞の取材に、白紙のまま提供を求められて断ったと証言。高松議員は「回収を秘書が指示した。白紙とは言っていない」と依頼を認めた。民主党中央代表選挙管理委員会規程に違反する可能性がある。

 男性サポーターによると、小沢氏が正式に出馬を表明した8月31日、高松議員の後援会員の元地方議員から「うちの先生は小沢(支持)だ。秘書が回収に来るから、投票用紙を白紙のまま自宅に持ってきてほしい。他の支持者は応じている」と電話があり、男性の妻と別のサポーターと合わせて3枚の投票用紙の回収を求められたという。男性は「手法に疑問を感じる。正々堂々と選挙をやってほしい」と語る。

 高松議員の政党支部が集めた党員・サポーターは約500人。秘書は「数枚の投票用紙が事務所に届いた。まだ投函(とうかん)していない」と、投票用紙を取りまとめていることを認めた。中央選管規程では不正投票を防ぐため有権者が直接、投票用紙を郵送すると定めており、「何人も複数の投票券をまとめて送付してはならず、中央選管はこれらの投票券を受け付けない」と明記。同党秋田県地方選管は4日夜、「選挙違反が疑われる行為」として、中央選管に届け出た。

 代表選は1人2ポイントの国会議員票824ポイントのほか、地方議員票(100ポイント)、党員・サポーター票(300ポイント)の計1224ポイントの過半数を争う仕組み。国会議員の色分けが進み、党員・サポーター票の動向が焦点となっている。

 過去には、小沢氏と羽田孜元首相が立候補した95年の新進党党首選で、企業や議員事務所が投票用紙を取りまとめる手法が使われ、「不正投票」が疑われた。当時、同党議員だった自民党の石破茂政調会長は4日のTBS番組で「同じ筆跡で名前が書かれた用紙が段ボール(箱)で届いた。(開票後に)燃やされた」と証言した。【野口武則】

石破氏のこの証言は、ちょっと前のブログに詳しく書いてありました。

この無名の高松議員のことで、ヤフーみんなの政治は埋まっててビックリ。以上、クリーンな民主党(笑) をお伝えしました。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月27日12:58公明党の組織選挙・集票力の実像(後半) 【フロントライン】

前記事の続きです。

045

そして全国の一人区で民主と自民が大接戦となる中、九州や四国で自民候補と後援会レベルでの選挙協力が相次いで結ばれていったのだ

001 公示から12日、徳島で公明党の街宣車に2人の候補が立った。1人は自民の選挙区候補。もう1人は公明の比例区候補だ。

谷合氏「政治改革の先頭に、30代の中西裕介候補と谷合正明比例区の候補がその先頭に立たずしてどうするんだとの、皆様のご期待に全身全霊かけてワタクシはお答えして参る決意と覚悟でございます。」

公明の比例区候補と自民の選挙区候補の両後援会が選挙協力のための協定を結んだのは先月29日の事だった。

002 003
元徳島市長の小池氏が候補者選定をめぐり自民党を離党し、新党改革から出馬。
徳島は分裂選挙となり、三つ巴の戦いとなった。序盤戦で民主候補のリードが伝えられる中、県内5万2千票といわれる公明票は自民陣営にとって喉から手が出るほど欲しい票だった。

004 005山口「・・私共も、『自民党・中西』『公明党・谷合』という事で頑張らせて頂きます。」(演説)

山口「本当に助かりますわね。もう恐らく(情勢は)伯仲しておりますんでね。やっぱりこれが勝負を決すると言っても過言じゃないんじゃないかと思います。」(インタビュー)


そして見返りに自民党が差し出したのは、自らの生命線とも言える後援会名簿だった。

相原氏「選挙協力という事で(自民側から)出して頂いた名簿になります。」

Q:自民県議から何人分の名簿を?相原氏「えー、私共は約100名くらい、、」

公明党県代表の長尾氏は、比例票の上積みに期待していた。

007 008
長尾氏
「市町村別に出ますから、票が。

これうちも市町村別の基礎票ってのは統計上あるわけで、『(選挙協力の)結果が出なければ今後の信頼関係はない』という事は、先方にはお伝えはしてあります。」

一方で長尾氏は、候補者や県内22人の地方議員が公明党立党の原点に立ち戻る事が、攻勢拡大に繋がるとも述べた。

009 長尾氏池田(大作)名誉会長が創立した公明党ですからねぇ、当然、そういう創立者の期待っていうのは国民・県民・市民『有権者の負託を受けたね、議員だから当然その有権者の期待に答えなさい』っていうね、それはありますよねぇ。

だからそれで応援して下さってるわけだから、(池田名誉会長 支持者との)信頼関係・期待が薄れる様な事があれば全然意味を為さない。」

長尾氏は連日、支援企業をくまなく訪問。

010 長尾氏「今わが党(公明党)の議席は6議席とも言われておりまして、

えー8議席、なんとしても比例区当選させて頂きたいわけですけれども、

今、谷合さん7番目か8番目とか言われて、同じ公明党の比例候補者の中でも上位にならないと当選しない、、」

更に自民候補の個人演説会にも参加し、自民支持者に谷合氏の支援を直接訴えた。

011 長尾氏「・・徳島選挙区は(自民)中西が取り、比例区(公明)谷合が取り、

仙谷(官房長官・徳島選出)の鼻を明かしてやりたいっ!

私も頑張りますが谷合も頑張ります。よろしくお願いします。」

「がんばろー、がんばろー、がんばろー」

最終盤、長尾氏は手ごたえを感じていた。

013 Q:今回の選挙協力で、公明党にとって良い結果が出る?

長尾氏「協定を結んで、まぁ3日から毎晩の様に中西候補の個人演説会で応援演説をしていますけども、

まぁお互い(公明・自民)が力を出し合って行こうという事が確信できた。まぁこの選挙結果、、まぁ必ず結果は出ると、、」


夜8時、長尾氏は徳島の事務所で開票速報を見ていた。

014_2

長尾氏「おっ、(拍手)大阪・石川、確実 すごい、素晴らしい(拍手) さすがは大阪、すごい、、」

9時、長尾氏は自民候補の選挙事務所に向かった。そして・・その差、わずか5千829票。薄氷を踏む勝利だった。

「バンザーイ バンザーイ」

015_2

公明党の長尾氏も壇上に立った

016017
長尾氏
「全力で選挙協力やって参りました。

お陰様で中西の当選。そして我々比例区の谷合も当選いたしましたっ。仙谷官房長官の鼻を明かした事に・・(拍手と大歓声で聞こえず)」

谷合氏は、公明党比例第4位で当選した。

長尾氏「まぁ我々が選挙協力してこういう結果が出たという事はね、本当にまぁ応援した甲斐があったなと。よくまぁご理解頂いた党員また支援団体(創価学会)の皆様に心から感謝申し上げたいと思いますね。」

018 019ところが一夜明け、開票結果が確定すると意外な数字が並んだ自公が選挙協力した九州・四国の1人区で自民は8勝2敗を収めた。しかし、公明の比例票が増えたのはわずか3万6千票で、徳島に至っては2294票減らしていたのだ。

公明の比例代表の得票総数も前回よりも10万票以上減らし、獲得議席も過去最低の6議席に留まった。そして関西ブロックの比例代表・浮島氏がまさかの落選を喫した。

020山口氏「比例区で改選議席を維持できなかった事は誠に残念ですが、大善戦でした。

えー厳しい選挙情勢の中で奮闘してくださった全国の党員・支持者の皆様。

とりわけ猛暑の中で血の滲むような献身的なご支援をして下さった、創価学会員の皆様に心より厚く感謝と御礼を申し上げます。」

(VTR終了スタジオへ)

021

小宮氏「今回自民党は1人区で21勝8負と大勝しました。これを可能にしたのが須田さん、公明組織の事実上の選挙協力だったという事ですか?」

須田氏「はい、少なくとも我々が取材した九州・四国に限ってはそれは言えると思いますねぇ。

今回この2つのエリア、10の1人区があったんですが、後援会同士のですね、自公協力が行われましたが8勝2負で自民が民主に圧勝しました。

特に徳島では当初民主が優勢といわれていましたが、選挙協力の後、自民が逆転勝利をしたんですねー。実際自民の集会に公明党の支援者が駆けつける姿を多く見ましたし、自民圧勝はですね、やっぱり自公協力があったからだと言えると思いますねー。」

アナ「あの、一方の公明党ですけれどもVTRで見る限りには、あまりメリットがなかったように見えましたけどね。」

022 須田氏「ええ、そうなんですよね。こちらは公明のですね、比例区の獲得票数ですが、全国的に見てもですね、票は増えていません

徳島では公明はかなり積極的に動いたんですが、逆に票を減らしてしまってるんですね。

公明党にはですね、これまでも創価学会支持者を中心に自民側の協力が足りないんではないかという不満が多かったんですが、この不満が今後不信へと変わっていく可能性があると思いますね。」

小宮氏「星さん、公明党は政策的には民主党と距離が近いという風に言われてますけど、今後急接近する可能性はあるんでしょうか?」

023星氏「まぁ社会保障なんかでは、子供手当やなんかも基本的に賛成したケースもありますが、

ただ10年間ね、自民党と連立組んできましたから、そういう事もありますし、

それから山口代表が、レッドカードを民主党に突きつけてましたしね、

それからあのー、須田さんのレポートにありましたけど800万の組織の創価学会ですので巨大タンカーみたいなもんですのでいきなりその自民党から民主党へ舵を切るってそう簡単じゃないですよね。

ですから暫く民主党政権の動きを見ながら、次のステップ、特に来年統一地方選挙がありますからね、その動きなんかを見ながら様子を見るって事ではないですかね。」

小宮氏そういう選択もあり得るという?(はい:星) 事ですね。 須田さんどうもありがとうございました。」

025以上

なんという中途半端な偏ったリポート・特集なんでしょうね(苦笑)公明党は自民党とだけ選挙協力していたんじゃないのに、このレポートだと、自民党と公明党の連携は公明党にとって得ではない・民主党と組むべしと凄い遠まわし言っている気がしましたが、どうですか?!

薄氷を踏む勝利と言えば・・・アノ山梨選挙区ではこのような事があったようです。阿比留瑠比さんのこの記事を是非お読みください。

点が線へとつながった輿石氏の公明党のあれこれ

  (一部抜粋・読売新聞記事の部分)

《… 輿石氏陣営は今回、別の組織票を頼った。公明票だ。 

「バーターしませんか」 輿石陣営幹部が複数の公明党議員らの自宅を訪ね歩いていた。

同党が山梨選挙区の「自主投票」を表明した6月17日以降のことだ。 

輿石陣営が「比例は公明」を指示する代わりに、公明支持者に「選挙区は輿石」を依頼するという非公式の選挙協力の打診だった。 

ある公明党市議は証言する。「バーターに応じた。自民党側からは何の働きかけもなかったから」 

読売新聞の参院選出口調査にも「バーター」の効果が見て取れる。公明支持層の約5割が宮川氏、2割以上は輿石氏に投票していた。

今回、公明党の比例選の得票は4万7646票に上った。(中略)だが、山教組幹部は意気盛んだ。「宮川氏を支持した自民党県議は来春の県議選で落選させる。

選挙の恨みは選挙で晴らす」山教組が再び「選挙集団」に戻るのかどうか。それを決めるのは現職教諭たちだ。》

それぞれ地域地域の選挙事情があるとは思いますが、これじゃあ、公明党がコウモリ党と呼ばれても仕方ないんじゃないかな。

九州・四国の選挙協力は公なのでテレビ取材もさせているけど、

山梨の選挙事情は徹底取材しないんでしょうかね。組織選挙の最たるモノだから諸々出てきそう。

自・公は最近まで連立を組んでいたんだから、地域レベルでの連携は理解は出来ますが、この山梨に至っては、節操がなさすぎですねぇ・・

小沢氏がなにやら最近元気なようですが、やっぱり公明党との一・一ライン復活が近いのかな?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年01月10日22:31小沢問題に関する元検事の郷原氏VS毎日・朝日新聞(サンデープロジェクト)

テレビ朝日【サンデープロジェクト】での 新春激論!小沢土地取引疑惑  について記録しました。

元検事の郷原氏と毎日新聞・岸井氏、朝日新聞・氏の対決に注目。

(田原氏は不規則発言が多いので(青字)、民主党・渡部氏のコメントはダラダラなので要約^^;)

001 田原氏「・・現金で4億円受け取ったと言っている。で、えー、この問題なんですが、これ岸井さん、どう見てます?」

岸井成格氏「うん、あのまず、いよいよ検察と小沢さんのね(今の今の形は恐らく明日にも来週にも小沢さん事情聴取が)事情聴取があると思いますね。それやらないと捜査そのものが終結しないって事があるんだと思うんですよね。まっ結論どういう処理をするかは分かりませんよ。

だけど、毎日新聞も報じてきてるんですけども、この4億円っていうのの原資は何だったのっていうのがあるんですよね。毎日新聞、報じてきましたけど、例えば17億円っていうどっから来たか分からないけれども、そういう小沢さん巨額なお金を持ってるって事があって、その一部がこの土地代金、、翌年入れると8億かな。いう事になってんじゃないか。とかね。

政党助成金とかね、その辺をちゃんと説明してもらう必要があるんじゃないかっていうのが、今メディアの(小沢さんが説明が必要だと)はい。」

田原氏「で、毎日新聞としては、岸井さんとしてはそのお金はどっから来たと思ってんですか。」

002 岸井氏「まだ分かりません。(まだ十数件あるでしょ)うん。 だからそれは検察がどこまで視野に入れてるかって事になりますよね。

西松建設の問題の延長もあるし、あるいは政党助成金をこうずっと蓄えてたっていう説もありますからね。その辺はご本人に聞くしかわかんないですよね。」

田原氏「今までね、この問題については朝日新聞は非常に慎重だったんですが、多分今日星さんがねこの番組に出ると思って、サービスしたんだと思うんだけど、今日の朝日新聞の朝刊が実は1億円ゼネコンから出てるんじゃないかと。これ星さんどうみますか?」

003 星氏「要するに小沢さんはですね、政治資金については自分は全部公開してんだというのが一種のウリだったわけですが、えーどうもこの問題でその4億円っていうのは明らかにその公開されてないお金が動いているわけですね。

その一部の原資は今、岸井さんが言われたように原資は一体なんだったのか。もしかするとゼネコンから裏金が出ているのか、それとも単純な小沢さんの個人のお金なのか、そこがもう完全にハッキリ分かってないんですね。そこのとこを兎に角解明しない限りこの問題進まないんですが、どうもこの数日の報道を見ていると、一部そのゼネコンからの表に出ないお金が混ざってんじゃないかというとこですよね、はい。」

岸井氏ゼネコンの例えば西松建設の元社長さんたちが事情聴取とか捜査に、そういう言い方してるんですよね。

田原氏「それから水谷建設の元会長も、星さん何て言ってましたっけ。」

星氏「その人は、5千万円を2回に分けて小沢さん側に渡したと言ってて、それもまぁ入ってるんじゃないかっていうのが今日の報道ですね。」

田原氏「石原さん、これどう見ます?」

004 石原氏「その前に、やっぱり政治団体で土地を買う、マンションを買うっていう異常な行動をしている陸山会が一体、何を目的としてしているのか。

まっ原資もさることながらですね、その国民の皆様方の普通の感情からはかけ離れたお金が、公開されているという名の下にですね、操作されてるっていう風にってところがあると思います。」

田原氏「政治資金でなんでこの4億円もの、3億4千万もの土地買わなきゃいけないんだと。」

石原氏「ええ、そこに政党本部を建てるとかね、政治資金管理団体の建物を建てるとか、、どうも違うますわねぇ。散歩道にこう空き地があってですね、ええ私も見に行きましたけれども、何の為に買ってるのかよく分からない。そして岸井さん仰られたようにその原資ですよね。供述レベルですけれども、私も報道レベルの情報しか知りませんけれども、なんでこのこれまで銀行で借りてたと言っていたのと、その担当者の発言、供述が違っているのかっていう事も分からない。」

005 田原氏「どうも小沢さん側の定期預金を担保にして銀行から融資を受けたが、事実じゃない?」

石原氏「という風に、去年までは仰ってたんです。しかし今、報道レベルですけど、で出る話は違うと。(違うと)だからそれを我々は国会で聞きたいという事を言っているんですが、まぁ国対レベルはですね、一切話はしないと。参考人も困ると、いうのが現状なんです。」

田原氏「さぁ、この問題を枝野さんが、、一番言いにくいと思いますが、枝野さんがどう捉えているかという事をCM挟んでお聞きします。」

006 田原氏「さぁ、この4億円の疑惑事件ですけれども、とっても話しづらいと思いますが、枝野さん、まぁ弁護士ですから、どう捉えてますか?」

枝野氏「あのー、別に小沢さんを庇うわけではないし、あの従来過去に法務委員会などでも一般の刑事事件について同じ事を申し上げてきているんですが、

検察には守秘義務というのがあってですね、捜査途中での供述とかあるいはその捜査のプロセスで、押収したとかそういった事について起訴状とかですね、公公判庭に於いてだったらともかくとして、それが事前に報道されてるってのはそもそもおかしい事なんですよね。つまり少なくとも検察官には守秘義務があるんだから、検察官が喋ったらこれ国家公務員法違反です。

で、少なくともあのー、当事者側が喋ってるとは思えませんから、、ゼネコン以外はですね。そうするとまずこの新聞記事自体を前提にお話をすること自体がおかしなである。」

田原氏「これは言わば検察のリークと思える、、」

枝野氏「だからリークだとしたら、これ国家公務員法違反ですから、あのー検察官が逆に処分こう処分されないといけないんです。誰がリークしたか。」

田原氏「渡部さーん、渡部さんどう思いますか、枝野さんが今ね、なーんか各新聞がね、これをガンガン書いているけど、こんなの取材できないんだから検察がリークしてんじゃないと。これがリークしたとすれば国家公務員法違反じゃないかと」

渡部氏〔そもそも、長い間政治家をやっているが、お金に困って土地を売った話は随分聞いてきたが、政治資金で土地を買った話は生まれて初めて聞いた。検察が捜査中の事だから、政治家がとやかく発言すべきでないと思う。〕

田原氏「だけど、その石原さんが言ったみたいに政治資金で土地を買うっていうのはそもそもやっぱりおかしい?」

渡部氏〔それも生まれて初めての事なので分からない。(他に例がない?)はい。〕

岸井氏「リークにつ、いてちょっとね、反論していいですか?(どうぞどうぞ)星さんもおられるので、(リーク、リーク)私もロッキードとか担当してきたので。

敢えて申し上げますとね、色んな取材をやっていくわけですよ。それでね、直接こうですよっていって検事がリークなんてする事はないですよ。

だから、それをぶつけるんですよ。その時の表情とかなんかで裏を取っていって書くんですよね。(あっ、これもその表情で書いた)そうでないとこういう政治絡みのお金の原稿なんて書けませんよ。物凄い慎重ですから(そりゃそうだ)やる方も。」

田原氏「郷原さん、郷原さんは元検事、今は弁護士ですが、今のこの陸山会のこのお金の問題。これどう捉えてますか。」

郷原氏「あのー、今回の問題に関しては、検察はまだ強制捜査は何もやっていないし、公式なアクション、コメントって何もないわけですね。で、一方的にマスコミの側が報じてるだけなんですね。

その報じている事の中に、まぁ今、岸井さんが言われるように基本的にリークってのはそんなに簡単に行われる事じゃないと思うんですけれども、どうも検察の調査情報じゃないと分からないと、、知り得ないんじゃないかと思えるような事が入ってるわけです(入ってる入ってる入ってる)で、それが本当かどうか分かりませんけれども、もし仮に報道されている通りだとすると、一体そのー、今、その石川議員が起訴されるとか立件されるとかって事、色々言われてるんですけど、一体何の犯罪事実で起訴されるのか、それもさっぱり分からないんですね。さっぱり分からない。(だけど4億円はね、今の土地を買ったというお金の4億円がどうも小沢さん側が言っているように銀行から融資を受けたんじゃないと、どうもこれは、なんか小沢さんのカネじゃないかと)

008  私もですね、最初こう理解してたんですね、その2005年に土地を買ったっていう事になっていたけれども、実際には2004年に買った。で、2004年の土地を買った原資の事が全然収支報告書に出ていない。だから不記載だ。だから石川さんは違反だという事かと思っていたんですね。

ところが良く見てみるとですね、2004年の収支報告書には小沢さんからの4億円の借り入れの記載はあるんです(ええっ?!)あるんです。(ちょっと大変な、、ちょっと何?!)2004年の収支報告書は小沢一郎4億円ってのが書いてあるんです。」

田原氏「あっ、この4億円が全く書かれてない、謎のカネじゃなくて、、」

007 郷原氏「問題はですね(ちょっと、アップアップアップして下さい。この郷原さんの持ってる、、どこに書いてありますか。)官報、官報、官報に記載されている収支報告書ですけどね、ここに4億円は書いてあるんです。

ただ、問題はですね、これが小沢さん名義で銀行から借りたお金、、これは小沢さんからの借り入れになっているという意味なのか、個人からですね直接現金で出てきたものなのか、そこら辺の違いがあるのかも知れないということかも知れないです。

しかし、その辺の話をですね、なかなか公開された情報では分からないし、捜査機関側から、なんか直接話を聞かないと説明してもらわないと何も分からないですね。

その辺がですね、私は全くこの今の事件について、何が犯罪として問題にされているのか、何が起訴されようとしているのか良く分からないです。

で、ただ逆にですね、そんなよく分からない話なのに、一方で小沢さんの方が全然説明しない。反応もしない。だからその両方がですね、なんか非常にこう検察も小沢さんも低レベルだなぁ、????がずっと延長戦まで続いているような感じになってるんですね。」

田原氏「これ、だけどね、検察は小沢さんに任意の事情聴取をしたいと言い、小沢さんは受けると言った。多分ね、明日から始まる週で行われると思うんですが、これ小沢さん断れないんですか。」

009 郷原氏「あのー、私はですね、こういう風に区別して考えるべきだと思うんです。

まずですね、政治資金の問題に関して全く問題ないこと政治家として好ましくないこと違法なこと犯罪として処罰すべきことこの4つに区別する必要があります。

で、もし問題にすべき、、もし捜査の事を問題にするんだったら、違法なのか、犯罪として処罰すべきなのか、ここが問題になるべきなのに、好ましくないかどうかって、な・なんか小沢さんには色んな不透明なカネがあると、、昔からあったというような話を取り上げながら、なんかその根拠がコッチの話になってんですね、犯罪の話に。

ここをちゃんと整理しないといけないし、小沢さんの側だってですね、この辺がどうなっているのかっていう事も含めて4億円の原資がどうなっているのかっていう事はここまで騒がれているわけだから、ちゃんと説明すればいいと思うんですよ。調べに応じるという問題ではなくて、、

010 田原氏「ちょっとねぇ、ちょっと郷原さん、ちょっと話が遡りますが、去年の3月の3日に小沢さんの公設第一秘書の大久保さんが逮捕されました。逮捕された。

で、これあの西松建設のいわば役員たちが作っているその組織から小沢さんとこに個人献金として流れてたんだけど、違うんだと。えー、虚偽記載だという事で逮捕された。大久保さんが。で結果的に小沢さんは代表を辞めた。

で、実は郷原さんは、これはおかしいと。この事件について一番声を大にしてこれはおかしいと言ったのは郷原さんで、CMを挟んでその郷原さんの話から入ります。」

田原氏「郷原さん、去年の5月の大久保逮捕をめぐる西松の事件で郷原さん『おかしい』と仰った。どこがおかしいんですか。」

011 郷原氏「私はあの事件はそもそも政治資金規正法に違反するかどうかも問題だと思いますし、過去の政治資金規正法の事件の処理からすると、あれを本当に取り上げるような重大で悪質な事件といえるかどうかも問題だっていう事をずっと言い続けてきました

で、基本的にその疑問は全然解消してないし、今回、昨年の年末に公判が始まりましたけども、やはり検察としてもですね、あの事件はやり損ないだったという意識を持ってる人は多いと思いますね。

ですからやはり今回の件は、まぁそれからずーーっとこう引きずっているこう遺恨試合的な側面が強いんじゃないかと、、」

田原氏「これで検察は失敗したから、遺恨試合でこれやってんだと。この辺を星さんどう?ああ、石原さん。」

石原氏「私はね、その検察とその検察の捜査のあり方に言及するよりも、リクルート事件の時もやっぱり、これはおかしいんじゃないかっていうような事もたくさんあったわけですよ。しかし在宅起訴されて当時自民党の議員の方が議員を辞職したりですね、政治はやっぱり疑わしきは罰せずじゃなくて、やっぱり社会的、道義的な責任を政治家は取ってきてるんですね。

今回の事件の問題はもっと基本的なことで、その民主党という公党のね、しかも政権党のトップの総理大臣はお母さんから1500万貰ってたけれども、いくら貰ってたか分からない。二番目の幹事長の小沢さんはその4億円どこから来たか分からない。じゃあ国会に出てきて、、

これまでだったら中曽根総理も竹下総理も証人喚問に応じて、説明してるわけですよね。偽証に問われるわけですから。そこで政治家が責任を持って説明しないと一体どうなってんだと、郷原さんみたいな専門家の方がこれは検察内部の問題だと言われたら、それを聞いている国民のサイドは何が本当かますます分かんなくなるから、やっぱり国会に出てきてですね、説明してもらいたいです。」

田原氏「分かった。さぁ、渡部さーん、渡部さんはこれどういう風に今の話聞いてどう捉えてらっしゃる?」

015 渡部氏〔色々意見はあるが、非常に心配しているのは、政治が国民から信用されなくなる事。中略 〕

田原氏「さっき渡部さんが仰った、政治資金でね、土地購入なんて前例がないっと。」

渡部氏〔前例はない。〕

田原氏「岸井さん。」

岸井氏「だからまだこれ最終的な内容とかまだ分かりませんよ。検察も最終的にどんな処分するか分かりませんけれども、

要するになんでメディアが政治とカネに、いっつも非常に敏感になって反応するかっていうと、結局は国民が政治がおかしくなっていると馬鹿馬鹿しくなって来るわけでしょ。真面目に働いたり税金を払ったりっていう事が。

だからそういう不信を払拭する為には本当にきちっと説明してくれればいいんですよ。きちっと説明してくれれば何も文句はないんですよ。何も全部。

しかも、小沢さん、いままで『俺は全部収支報告やって、全部公開してきてる』って言ってきてるわけですから、それはおかしいじゃないですかってなっちゃうじゃないですか。」

田原氏「さっき、郷原さんが仰ったこの去年の西松問題では、全部公開してんですよ。小沢さんは。

今度の4億円については公開してないんですよね。ところが郷原さんがさっきだした、、公開してんですね?!実は。」

郷原氏借入金4億円の記載はある。」岸井氏「それは2005年の話?!」郷原氏「いえいえ、2004年ですよ。」

星氏「その前後に石川さんの供述によればやっぱり小沢さん本人から現金を4億円手渡しているわけですから、そこの部分の記載はないんです。」

田原氏「ちょっとね、石原さんに聞きたい。現金4億円ってどうやって、、何に入れるんだろう。あなた貰った事ないでしょ。」石原氏「いやないです(笑)」

田原氏「あのね、僕は田中角栄さんの秘書をやった早坂シゲゾウさんから聞いたの。キヨスクの大きな箱にね、いっぱい入れて1億なんだよって。あの人はその袋を2つもってね、あちこち配り歩いてたって。」

石原氏「私は日銀に記者時代に取材をした時30億の束っていうのを見せてもらいましたけども、それはこう台車じゃないと運べないですから、それのまぁ1/8~1/7だとしてもかなりの重さですよね。」

岸井氏「これは元秘書さん、台車で運んだって言ってる。(台車で?!石川さんは)石川さんじゃなくて別の秘書さん。」

田原氏「ああ、別のね。今月文芸春秋で書いてる人ですね。」岸井氏「と思います。」

田原氏「ねぇ、どうすりゃいいと思う。」

枝野氏「どうしてもなんか、政治家じゃなくて弁護的になっちゃうんですけど(弁護士でいい弁護士でいい)あのー、この事件はそのまさに検察がですね、まぁリークと言えるかどうかは別としても、検察と小沢さんとの関係になっているとすると、これは政治家にも人権があるし、それから何て言うんでしょうね、えー刑事事件についての無罪推定もあるし、そういった形で検察との関係においては、しっかりと自らの防御をするという権利はこれは政治家にも認められないといけないと。そこのところが常に先行してきている話なので、

政治的にはですね、できるだけ国民の皆さんにわかりやすく納得していただくという責任はそれは立場の重い軽いがあったとしても、みんなそれぞれあると思うんですが、

そこのところの刑事事件、検察との戦いの部分のところと国民の皆さんとの関係のところというのが、もうちょっと整理をされないと、あのーなかなか前に動いていかないんじゃないかなと思っています。」

田原氏「ちょっと、郷原さん、今こんな事聞くのはとんでもないと思いますが、、さぁ事情聴取されて検察はつまり小沢さんをね、起訴したいんだと思いますよね、はっきり言えば。」

郷原氏「いや、したいかも知れないですけど、どう考えてもその小沢さんを起訴するような事実が、今その疑いがあるとは思えないですよね。今報道されている限りでは。」

田原氏「じゃあ、事情聴取するのは嫌がらせですか、一種の。」

郷原氏「(笑)本当に聴取の要請があったのかどうかも報じられているだけで゛全く分かりません。」

田原氏「事情聴取に応じると言っている。星さんどう見る。起訴できるようなもんじゃないって」

星氏「郷原さんの4ランクの話じゃないですけど、小沢さんのこの4億円が、原資が本当にその個人的なもので、単なる単純な不記載なのか、それとも小沢さんが今まで西松建設の時に出てきた天の声なんかに絡んだゼネコンからの裏金で、、なぜかって言うと小沢さん、全部公開してるっていうのに、公開してない4億円のカネがあったわけですから、相当拙いお金だっていう事は考えられるわけですよね。そうするとそのお金はどういうお金なのかっていうのはまだ全然解明されてないわけですね。」

郷原氏その4億円が拙いお金かどうかっていう事も分からないんですよ、全く。だから小沢さんは、説明すればいいと思うんです。」

田原氏「ちょっとね、渡部さん、渡部さんはこれとは無縁だと思うけど、どう思う?この事件。もう新聞も毎日毎日大騒ぎ。」

012 渡部氏「そう、日本でやるべきことってもっといっぱいあるんですよ。国としてはね(それは、、)

で、この政治とカネの話って解決しそうで解決しないのが人間の社会だって分かった方がいいですよ。イギリスでね、イギリスってモデルでこういう腐敗とかそういうお金の問題ないと思ったのに、今イギリスが実は歳費を国会議員が使ってて問題になってる。(もう大問題になってる)だからしょうがないですよ。これと付き合っていくしかないんですよ、この問題は。ただその時に大事になってくるのは郷原さんとか枝野さんが言ったような法律の問題。ちゃんとしたステップがあるかどうか、プロセスがあるか。

だからそこを通さないと結局国民の期待、今民主党に対する期待って高いんですよっ。鳩山政権の支持率が下がっても民主党の支持派下がってない。それは何でか、国の方向性、心配だからちゃんとやって欲しいからですよ。」

013 財部氏「やっぱり、星さんと岸井さんに????したいんですけど、今郷原さんが04年の収支報告書に4億円の借り入れ記載がちゃんとあるってのはちょっと衝撃的でね、それも新聞、、ナイと報じてますよね。それってちょっとあまりにもちょっと事実と乖離しすぎませんかね。」

岸井氏「そうですね、そこら辺は確認しなきゃいけないけれども、少なくても4年も5年もあるんです。また。おんなじ4億。」

財部氏「でも04年が問題だって言ってるじゃないですか。」

岸井氏「うん、だからその辺の操作の仕方、なんか変だなっていうね、今やホント実力者ですから、小沢さん、政治をアレしているわけですから、私もずーっと取材して感じるんだけど、田中角栄さん、金丸さん、竹下さん。つまり政治はチカラと思ってる。それは数だって思ってるって所にね、必ずお金が絡んできちゃうわけ。で、みーんな失脚しちゃったでしょ、それで」

田原氏「ちょっとね、率直に言いたい、どうもね、毎日新聞をはじめね、日経新聞や読売新聞、なんか検察の肩持ち過ぎてんじゃない?」

岸井氏「いやっ、そんな事ないです。結構メディアってのは検察と緊張関係ですから、いつも。(あるの)ええ。」

田原氏「それで、ドンドン報じてんじゃない、小沢、おかしいおかしいって」

岸井氏おかしいんですよ、やっぱり。我々の常識からいくとおかしいじゃないですか(笑)、全部を報告しているはずなのに。」

田原氏「どう」

枝野氏「本当に先ほど申し上げたですね、法律的な検察との関係との話と、それから政治家としてね、違法かどうかは別としても説明をもっと尽くした方がいいんじゃないかっていう話を仕分けられる状況、環境が早く出来ないといけないと。今のままだとつまりどうしても検察との関係の中で全部捉えられている状況の中では、そりゃ私が例えば小沢さんの弁護士だったら、そりゃ現段階で説明しろって言われたら困るよねって、、」

石原氏「そういう政治的、道義的問題は国会でやるんですよ。これ」

田原氏「ちょっと、自民党しっかりしろ、、(笑)」

石原氏「これは国会で散々言ってますし、枝野さんも言ったように、その刑事事件の話と政治家としての説明責任の話を分けて、予算が今大切ですからね。予算の審議が終わったら必ず小沢さんも参考人でも証人でもいいから出てきて、ハッキリやるっていう事を、やっぱりやって頂きたい。」

田原氏「分かった。小川さん、今の聞いてどう?」

014 小川アナ「いや、この資料が本当に衝撃的ですし、今までと、、本当にもっともっと訳が分からなくなってきているんですけれども(違うよ、今までのが分かってきて新しいわけのわかんないさが出てきた)だからわけがわかんなくなってきてるんですけど、

このまま国会がこの話でいっぱいになってしまうのもちょっと時間が勿体無いかなという気はします。」岸井氏避けては通れないですよね。」田原氏避けて通れない、避けては通れない。はい、寺垣さん」

寺垣アナ「まぁ、小沢さんが堂々と情報公開するのが一番いいんじゃないのかなぁという風に思いますが。はい、ありがとうございました。」以上

郷原氏って、検察に恨みでもあるんですかね~?!検察の権威を貶めるような事ばかり言ってました。

借入金4億円の記載は、全ての小沢疑惑を晴らすものなのでしょうか?!

それにしても、郷原氏に岸井氏も星氏も押されぎみ。本当のところは、結局よく分かりませんね。

やっぱ国民に分かりやすいのは、国会で詳らかにして頂くのが一番だと思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年12月13日17:197党論客による「天皇陛下の政治利用」批判  (サンプロ) 

テレビ朝日【サンデープロジェクト】の7党論客の大激論の中の一部を記録しました(橙色大は田原発言)

002003田原氏「・・今日はここでひとつ、最近重大な問題が起きていた。

実は中国の習近平さんが日本に来る。で、その前に小沢さんが600人連れて中国ヘ行った。

その習近平さんが来るについてその『天皇と会見したい』と言い、天皇の会見が決まった。 ところがこれに対して宮内庁は『これはやっぱり問題である』ということを言っている。

で、今日の読売新聞がこれは政治利用だと。しかもこれをどうも要請したのが小沢さんだから、鳩山さんもね、官房長官も絶対反対できないと。ちょっとこれ星さん解説して。」

星浩氏「まっ、中国の副主席が天皇陛下とお会いになるというのは、あるケースですね、そのランクとしては。あのー、コキントーさんが来た時も、副主席としてきた時もあると。

ただ問題は、最近1ケ月ルールっていうのがありましてね、これ明らかに1ケ月ルールに反した形でオファーをして来ましたので、それを恐らく小沢氏が官邸に頼んで平野官房長官から宮内庁にねじ込んだと。

しかしまぁ同じようなケースがこれドンドン続きますとね、別な国がまた明日、明日会見したいとかですね、1ケ月ルールを破る形でドンドン言ってきたらこれこそ、天皇の公務、少しでも軽減しようという話ですから、ちょっとやはりこれは拙い事かなって気がしますけどねぇ。」

田原氏「町村さん、どうもねぇ、民主党がっていうか、小沢さんが天皇を道具に使っているんじゃないかという、、どう?!」

004 005町村氏「私も重大な懸念を持ちますね。

95年度からもう10何年かこのルールでやって来た。それをいとも簡単に破った

私も官房長官やってた時ね、重要な国で親しい大使からね 『急にうちの首相が来る事になったんで、是非陛下に・・』って話がありました何度か。しかしそれはこういうルールですからと言ってお断りをして、あくまでも粛々とルールに則ってやると。 これは明らかに政治利用ですね。」

田原氏「どうですか、亀井さん。」

亀井氏「あの、宮内庁長官が仰る事はごもっともだと思います。

やはりあのー、先日も岡田外相の天皇の開会についてのお言葉に関してのコメントもありましたけども、ひっくるめて考えた時に、やはり天皇陛下に対する配慮と言いますか、象徴天皇制は国の基本ですからそこの部分はきちんと、、

田原氏政治利用しちゃいけないと?! 一回断ってるんでしょ?!」

006 007高木氏一回じゃなくて二回、羽毛田長官は断られて、それをごり押しした

しかも鳩山総理がぶら下がりの会見の時に、いわゆる数日間いわゆる1ケ月ルールがずれたとしても、、みたいな言い方しましたけど

そうじゃないんです。もうあと一週間二週間の話で、もう数日の話じゃないんです。」

渡辺周氏「国のですね、大小によったり、あるいはその国の経済力や政治力の大きさによってですね、優劣つけてやることは絶対にあっちゃいけないと思います(二回宮内庁から断られても強引にやった)

 これはだからもう率直に言ってですね、もう宮内庁の長官がここまでいう訳ですから、これは一回限りの特例にしなくてはいけません。(なんで特例にするの?!)いや、今回だけです。(何で特例にしなくちゃいけない?!) これは天皇陛下のですね体調のことですとか、あるいは日本の国を今まで守ってきた。大国だとか小国だとか差をつけずにやっぱり公平にやってきたと。それに対しては、今回はイレギュラーだったと。(イレギュラーにしちゃダメなんです:高木)ダメなんです。もう二度とこんなことしちゃいけません。」

008 009浅尾氏「特例っていうのは私は反対なんですね。特例にしたっていう事は、中国を特別に認めたって事になりますから、まさに政治利用になりますから、

これはむしろ、会われるって事を決められたら『すみません、我々が 今までの慣習を破ったんだ』って事を国民に鳩山総理が説明して謝罪するべきだと」

田原氏「高野さん、これどう思う?!」

高野氏「んー、良くないですね、ルールはルールですからね。(あっ高野さんも良くないって言う??)いや単純な話で、、ルールはルールだから単純に守らなきゃいけないし、それだけの話で、それ以上でもそれ以下でもないんじゃないんですか。」

010 011小池氏「田原さん、やっぱりね、高齢なんだし、ガンの手術もしたんだし、やっぱり丁寧にやんないと、ちょっと乱暴なやり方じゃないかなって。(あっ、共産党も反対なの??)まぁちょっと乱暴かなって感じはしますよね。」

阿部氏「うちもそうです。小沢さんの中国行きは評価しますがこの件については、特例でも認めてはいけない

ただしかし、事実関係は全部ね、出てるかどうかは分かりませんのでこのメディアベースで知ってる。小沢さんが言ったといわれてすが、」

高木氏「逆にそれは説明しなきゃいけないですよね。何故そうなったのかっていう、、」

田原氏「普天間の問題は、社民党も国民新党も賛成であると。国民新党も社民党も反対でもこれだけは独走するわけ?!なんで?!」

014 渡辺氏「いやあのー、独走かどうかまだ、(独走じゃない??二人とも反対って言ってる) 

ただいづれにしても、天皇陛下に政治利用というですね、こういうような事を思われるようなことをですね、要請したという事に対し、誠に遺憾だと思いますし、(やっぱりこれ政治利用だと思う??)まっこれはやっぱり政治的な配慮があったとは、、これ利用とかそんな不遜な事は言えませんけれども、やっぱり政治的に何らかの形で中国はしたかったという事に対して、まっそれをですね、認めたことに対して、 」

田原氏中国がしたってね、日本は反対すれば良い

001  高木氏「田原さん、ふたつ問題があります。

一つはね、この政治利用って事で、憲法で天皇は象徴として、この60年間、国民もこれまでの政府も、確認をしながらやってきた。それをこういう形で逸脱させた。 

二つ目はルールを破ると言う事政治資金規正法もそうですけど、簡単にルールを破るみたいな、ちょっとぐらいはいいじゃないかみたいな所が、鳩山さんの中にあるんですよ。」

田原氏「ちょっと待って、渡辺さん、渡辺さんもしこれ自民党がやったらね、絶対反対だよ、ね??」 渡辺氏そうですね。」

田原氏「けしからんって。自民党は反対でも、我が党はやっていいのか。」

渡辺氏ですから今からでもこれを止めていいのであれば、私は止めた方が、、」

町村氏「アナタ、副大臣なんだからさぁ、大至急、やっぱり官邸に駆け込むべきじゃないんですか。」

渡辺氏「この問題に対してはやはり党内でもですね、やっぱり今回の事は非常ーに拙いという事は、、」

町村氏「副大臣の職責においてね、頑強に官邸に申し込んでもらいたい。」

田原氏党内で反対が強いにも関わらず、なんでこんな独走、断行しちゃうわけ??」

町村氏「それは小沢さんがやってるからですよー、決まってるじゃないですか。」

渡辺氏「新聞報道で、初めて知った事でもありますけれども、やはり天皇陛下に対してですね、こういう形でやってしまった、、要請してしまったということは、これやっぱり党内でもかなり遺憾の思いを持った」

町村氏「もうひとつ今日の新聞を見るとね、小沢さんがね、韓国のイミョンバクさんに会って、『天皇訪韓結構』とまで言っちゃって、これもまた失礼な話でね、物凄くこれデリケートな話なんですよ。一党の幹事長がね、ダメですね、こんな事やっちゃ。」 田原氏「小川さん、、」

015 女子アナ「毎日鳩山さんが何を考えていらっしゃるのかが見えないですし、(鳩山さんじゃなくて小沢さん!)やっぱり小沢さんのパワーは絶大なんですよねぇ。どっちが首相なのかなって気が致しますけれども、その特例という事も説明がない事も本当に不安を覚えます。」

アナ民主党の党内の皆さんが本当に止めなくちゃいけないって事で、もし言いに行って『いや小沢さんが決めた事だから』ってシュンと急になった時に、なんかいやーな感じですよね。」(一斉に喋って聞き取れず^^;)

町村氏小沢一郎内閣だって事なんですよ、これは」

浅尾氏特例を作らないっていう事で止めた方が良いと思いますし、もうひとつ小沢さんの発言で韓国に先に在日の方も含めて」(CMへ)

最後の浅尾氏の発言外国人参政権の事?!と思いましたが、CM行きの合図の音楽中だったのでせめてあと5秒・・惜しかったです。( ̄ε ̄*)ちっ

民主党内の渡辺周氏と考えを同じにする人達は、官邸に猛抗議に行ってください。民主党の保守は起きてくださいよー。国民は見てます。

なんか、小沢氏は有頂天になって天皇陛下を政治利用したところ、大きな墓穴を掘った気がします。

だって全部の党と、おまけに党内でも批判されて、朝日新聞アノ高野氏も誰も擁護してくれないしね(苦笑)

売国精神丸出しが、一般日本人の心にも怒りの火を付けちゃってますよ、オザーサン。

日本国民の心を無視して、あんまり調子に乗るなー って話です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく