教職員の解職請求権

2010年11月10日13:10高市議員の『外国人参政権』質問への北澤大臣の無様な答弁 【NHK国会中継】

平成22年11月9日 衆議院予算委員会、自民党・高市早苗議員の質問で、終盤の『外国人参政権』の部分だけを記録しました。午後の委員会での、北澤防衛大臣の謝罪・訂正アリ(苦笑)

d32ec79a.jpg
高市氏「まぁ何にしても、『全くない』と考える。

こういう考え方が、民主党内閣のですね、危機管理の甘さ、外交、そして防衛に国民が強い不安を感じている、まぁそういう事に繋がっているんだと思います。

えー、最後に伺います。文科大臣とそれから外務大臣、それから防衛大臣、のお三方、一言ずつで結構です。

まぁ私はこの期に及んでですね、外国人参政権などというものは絶対に反対だと考えおりますけれども、お三方、それぞれ賛成か反対か仰ってください。」

委員長「えー、持ち時間は既に経過しているので、3大臣、一言ずつ、賛成か反対かだけお答えください。」

00aff27b.jpg

高木氏私は賛成です。」

d11c83a3.jpg

前原氏慎重に検討すべきだと思います。」

5c5b6916.jpg

北澤氏前回もお答えしましたが、立場上コメントは差し控えさせていただきます。」

f45c1bd2.jpg
高市氏前回の予算委員会で防衛大臣は『賛成』だと答弁されました。

そしてまた、安全保障上の懸念はないと言う事も答弁されました。

議事録をもう一度読んでいただきたいと思います。

とにかく、今回のこの尖閣問題を受けてですね、例えば文部科学大臣、賛成だと仰います。民主党がこれまでに出した外国人参政権付与法案、読みますとね、

教職員の解職請求権も入ってるんですよ。そうすると教科書の記述内容、学校現場での教え方、まぁこういったことを理由にして、外国人が、例えば中国人・韓国人がですね、解職請求を発動する事もありえるんですね。

それから安全保障、安全保障だって大きな影響ありますよー、今回。あの地方選挙ったって、名護の地方選挙で何が起きたか、名護の市議会議員選挙で何が起きたか、そして今月、沖縄県の知事選挙ですよ。

まっ全部、この反対票が勝っちゃったら、普天間の移設なんてできませんよ。

そういう事で、大臣、あんまりにもおかしいですよ。あの防衛大臣ねぇ、答弁を変えるってのはおかしいっ

前回は安全保障上の問題、懸念もないとアナタはお答えになりましたっ。まぁ以上私、申し上げまして、、まぁもしも反論があるんだったら、仰って頂いた後、皆さん、議事録と照らし合わせてください。2月9日の予算委員会の議事録と照らし合わせてください。」

委員長「あの、時間経過してますが、この際、北澤俊美防衛大臣。」

615e9b58.jpg

北澤氏前回の答弁を、議事録を読んで頂きたいと思います。」

ef077fab.jpg

高市氏「ふっ、まぁ同じ事を仰ってます。じゃあ、委員の皆さん、全員読んでください。えー、ありがとうございました。質問を終わります。」以上

ここで、高市さんの質問は時間切れで、赤澤議員→斎藤健議員の質問で午前中は終わり。

午後は午後は公明、共産、社民、みんなの党の質問わけですが、社民・阿部知子議員の質問の前に・・

a6eb7257.jpg
北澤氏「・・私の方から(外国人参政権は)賛成であり、また危険性はないそういう旨の答弁を致しました

高市委員から大変残念でございますというご指摘も頂きました。(あ、記者会見で話した事と混同していたとの言い訳 略) その事を思い違いをしてえー、二度目の質問に答弁をしたという風な、記憶違いの中で、先程の答弁を致しました。

あー、本件については改めて訂正をしてお詫びを申し上げます。」

阿部氏「・・本日私頂きましたお時間は、今の北澤防衛大臣のご答弁がございましたので35分でやらせていただきます。まず・・」以上

つまり、ああ勘違い・チャンチャンでした。カッコ悪ー

でも、それよりカッコ悪かったのは、高市議員が「議事録を読んでください」と言っている時に、

隣に座っていたテニアン川内が大声でヤジっていた事ですけどね(・・;)

とにかく!北澤防衛大臣と前原防衛大臣は、中国に対して危機感がないというのは、このやりとりでも、よーーく分かりました。

必見《国防動員法、超限戦、中国総領事館の広大な土地取得問題(浜田和幸氏質疑)》 

朝鮮学校無償化問題、外国人の手厚い福祉のこと、日本の科学技術、尖閣問題、巡視船の修理費の件、韓国漁船との取り扱いの違い、普天間の問題など、カミソリのごとくダメ民主党に切り込む高市さん、カッコイイ~☆民主党にはこれ以上任せておけないと分かる動画です。

【ニコニコ動画】北澤防衛相、発言が違いますよ。予算委員会、高市議員の質疑で

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく