憲法改正

2019年06月26日10:17トランプ大統領『日米安保破棄』(アジア目線の)報道と、ホルムズ海峡防衛【CNA】
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】シンガポールCNAが
米メディアが報じた、トランプ大統領の日米安保は不平等だとして破棄に言及したを、
「アジア目線」で取り上げていたので記録しました(青字はナレーション)
あと、(日本では報道されなかったけど) イギリスのフィナンシャルタイムス1面で『何故アメリカの若者が日本の油を守る為に危険な任務をするのか』『これは武士道ではない。臆病者だ』と書かれた2004年、タンカー『高鈴』武装集団襲撃事件も紹介します。
P1360179
アナ「日本政府の報道官である菅官房長官は、アメリカ側が日米安全保障条約を破棄する事は無いはずだと述べました。アメリカのメディア・ブルームバーグは『トランプ大統領が私的な会話で日米安全保障条約の破棄について言及した』と伝えていました。」
P1360180 P1360181
戦後の困難な時期に署名された日米安全保障条約は、歴史的にも重要な意味を持った条約と捉えられています。そこでトランプ大統領が日米安全保障条約の破棄に言及したという報道に多くの専門家は驚いた筈です。この安保条約はアメリカが日本の防衛義務を負う代わりにアメリカ軍が日本に軍の基地を持つ事が許されており、現在、日本駐留アメリカ軍の規模はおよそ5万人です。
P1360183 P1360184
日米安保条約は2国間の条約以上の意味を持ち、アジア・太平洋地域の安全に対する保障でもあり、この地域の経済的な発展にも貢献してきたのです。
(スタジオトークはやや要約)
女性アナ日米安保条約について、アジア・太平洋地域の経済的な発展に貢献してきたと伝えていましたね。」
P1360186 P1360187
アナ「それだけに今回驚きを以て伝えられたと感じる。ブルームバーグの記事についてアメリカ国務省の報道官は25日『記事には全く根拠が無い。アメリカは日米安全保障条約を守る』と否定した。ただその一方で『アメリカは同盟国が防衛責任を公平に分担することを期待している』として駐留経費などの負担を増やすよう求める立場も示している。
日本の安全保障の根幹に関わる問題だけに、今後もこの問題に注視する必要があると思う。」
日本の米軍基地はアジアの安全に資すものだから、アジア各国が日米安保条約破棄の話に注目するのは当然ですね。
これがフェイクニュースだとしても、良い機会だから日本側として議論すべき。
アメリカの対China政策を考えても、日本からの米軍撤退はあり得ないし、実は日米安保条約は日米ともウィンウィンなんだけど、トランプ大統領がそれを理解しているかは不明💦ディール用に言ってる可能性あり。ただ「自分の国は自分で守れ」というのは正解
日本人は平和ボケしているから、何かあったらアメリカが助けてくれると何となく刷り込まれているけど・・アメリカからしてみれば、日本を守るためにアメリカ人の若者が命が賭すなんてナンセンス。
すぐに思い出すのは、ヒゲの隊長が事ある毎に話すこの件右
«「集団的自衛権」ホルムズ海峡"機雷除去"の必要性は!? 浦川アナの解説と佐藤正久議員の大きな認識の違い 【おはよう朝日です】»2014年07月15日

・・油の備蓄が半年あろうが、ホルムズ海峡に何かあったら株価が一番下がるのは日本。

で、中小企業が倒産したら自殺者がいっぱい出るし、取り返しのつかない本当に大変な事になるんです。

  =================================

ホルムズ海峡に機雷が撒かれた場合・・・日本がそこにおいて一番恩恵を被っているのに、高い掃海能力を持っているのに、本当に何もやらなくていいのか?

日本に油を運搬している外国船を護るなど、外国との信頼関係上、選択肢が必要という視点で、佐藤正久議員のホルムズ海峡の機雷除去の質疑部分のみ要約しました。人さし指これぞ、国益を考えに考えての真剣な議論です。

57955a5c.jpg佐藤正久議員「・・2004年に派遣されたイラクにいた。ペルシャ湾で日本のタンカー『高鈴』が武装集団の襲撃を受けた時、護ってくれたのはアメリカの海兵隊とコーストガード結果3名の若者が命を落とした

当時は海自がインド洋で給油活動をしていたので、アメリカは日本政府に『同じ活動をやっている仲間を助けるのは当たり前だ』と言った。

ところが選挙で負け衆参のねじれにより、野党に『インド洋の給油活動は憲法違反』と指摘され中断した。その時現場では色んな批判を受けた。

『何故アメリカの若者が日本の油を守る為に危険な任務をするのか』と、イギリスのフィナンシャルタイムスは1面で『これは武士道ではない。臆病者だ』とガラッと変わった。これが現実の世界だ

衆議院の2/3を使って再開された時に横須賀から出航した海自の司令官は、政治家・マスコミ・一般の人の前でこういう挨拶をした

憲法違反と言われた我々にも意地と誇りがあります。日本の国益の為にしっかり汗を流して参ります』

普通は自衛官はなかなかここまで言わない。その位の覚悟でやっている
その位油の道は極めて大事だと皆分かってる。

皆で護り合うまさに一国平和主義なんて通用しないという例だと思う。

d1ba9c73.jpg

関連記事

 ・・日本では報道されませんでしたが、2004年4月、日本の30万トンのタンカーの「高鈴」がイラクのバスラ港沖で原油を積んでいた際に自爆テロボートに襲われたそのときに身をていして守ってくれたのは、3人の米海軍軍人と沿岸警備隊員でした。彼らは日本のタンカーを守って死に、本国には幼い子供を抱えた家族が残された。みんながみんなを守りあっているのです。・・
トランプ大統領の、ホルムズ海峡はそれぞれ(日本6割・中国9割の石油)が守れというのはご尤も。
トランプ氏は24日、ツイッターへの投稿で「中国は原油の91%、日本は62%、他の多くの国も同様に(ホルムズ)海峡から輸入している。なぜ、われわれが他国のために無償で航路を守っているのか。これらの国は危険な旅をしている自国の船を自らで守るべきだ」と指摘した。
上念司氏がいつも言ってるように「アメリカは敵にすると恐ろしい国」だから、ポチだの言われても同盟国でいるのが最上の国益。
その上で、日米は助け合えるのか?! が問題。
第三者が見て「武士道じゃない!臆病者!」と誹られぬ国に日本は戻らないと、キャンキャン言うだけのお荷物ポチと見做されます。
そもそも「武力放棄」を謳った今の「日本国憲法」は、「日米安全保障条約」との合わせ技。
選挙で「日米安保を真剣に考え、憲法改正を問う」・・機が熟した感。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2017年07月03日12:26【東京都議選】「安倍総理長期政権にブレーキ」「民心が離れた結果」「安倍政権は非常事態」「改憲の動力を失った」【韓国KBS】

NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】韓国KBSで、

東京都議選で大敗した自民党と、安倍政権に関してリポートしていたので記録しました。

ここきて、日本のメディアが「特定のコメンテーター」を使ったり、「報道しない自由」で、アベ叩きを徹底し出していますが、完全に「憲法改正阻止」狙いですよね。


003

アナ東京都議会選挙で自民党が大敗しました。安倍総理の長期政権へのシナリオにブレーキがかかりました。東京と繋ぎます。イさん。自民党は惨敗でしたね?) 」

イ記者「はい、日本のメディアが歴史的惨敗という程の大敗となりました。

005

小池都知事率いる都民ファーストの会が推薦を含め55議席を占め第1党になりました。当初6人しか居なかった新生政党としては大きな躍進といえます。これに連帯している公明党が23議席を獲得するなど小池知事を支持する政党が過半数を上回る79議席になりました。

一方、第1党だった自民党は23議席に留まり惨敗となりました。都議会の歴史で自民党としては最も少ない議席数です。

006

敗因はいくつか挙げることが出来ますが、まず安倍総理に関連した私学の問題が続いています

007 008

これに先月のテロ対策の法案を強行採決した政権の独走、また閣僚や自民党議員の失言も重なり、民心が離れた結果と言えます。

アナ「地方議会選挙とは言え、安倍総理大臣への打撃が大きいでしょうね。」

イ記者「はい、これまでの選挙結果を見ても分かります。自民党は2009年の都議選で敗北しました。そして同年の衆議院選挙でも大敗し民主党に政権を渡した事があります。

009

反対に2013年の都議選では自民党が勝利し、その勢いで翌年の衆議院選挙でも圧勝し、政権の基盤を固めました。来年には衆議院議員が満了となり選挙が行われますが、今回の選挙で自民党が負けただけに安倍政権は非常事態を迎えたと言えます。

010

特に安倍総理と与党自民党が憲法改正を強く推し進めていますが、今回自民党に対する批判的な民心が顕になり、安倍総理大臣の憲法改正への推進力か弱まると見られます。」

で、韓国紙の分析、小池評が興味深い右

都議選投開票 韓国メディアも速報「改憲の動力失った」「失言の稲田朋美氏も右翼、勝った小池百合子知事も右翼」7/3

自民党が大敗を喫した2日の東京都議会選の結果を受け、韓国メディアは電子版で「安倍晋三首相が改憲の動力を失った」などと速報した。
 左派系のハンギョレ紙は、「安倍の独走態勢にストップをかけるか、大きな注目を集めた」都議選で、自民党が「歴史的惨敗を喫した」と報道。敗因として稲田朋美防衛相の失言にも言及した上で、稲田氏について「安倍氏と同様、極右政治家として有名」と紹介した。

 保守系紙の朝鮮日報は、「平和憲法破棄に向けた安倍主導の改憲推進にストップがかかった」と評価。一方、大勝した小池百合子都知事についても「自民党内で右翼の色彩が強い人物だった。閣僚時代に靖国神社を参拝し、在日朝鮮人の外国人参政権にも反対した」などと説明した。小池氏は以前にも、韓国人学校への旧都立高校貸与問題について「白紙撤回」を表明し、韓国で批判的に報じられている。
 KBS放送は、週刊誌で暴言事件が明らかにされた豊田真由子衆院議員の映像も使用、都議選を報じた。

地方から見ると、東京都は山本太郎を国会議員にするような特殊な地域。

で、色んな小池チルドレンを抱えて、小池さんの重圧もかなりのものかと心配します。

風で大量当選するとチルドレン不祥事が必ず起こるし、近い内に素人集団をこれだけ勝たしたツケが回ってくるはず。

メディアはこの結果を、すわ安倍政権の瓦解のように報じてるけど、致命傷にはならないと思います。 

総選挙まであと1年半もあるので、安倍政権が今までの「守り」ではなく、攻める姿勢を見せてほしい。そうすれば十分に挽回できるハズ。 

森友は検察の捜査待ちだけど、加計問題に関しては「既得権益との戦い!」と宣言した上で、今治側も含めて関係者みんなを国会招致しちゃえばいいかも。あとは、内閣改造ですね。堅実な人選で。

とにかく国民はこの産経の記事を読んで、是非あの夏を思い出してほしい!

10年前の夏とどこか似てないか? 「安倍降ろし」の裏に見え隠れする「憲法改正封じ」 2017.7.3 (産経新聞より)

 10年前の夏とどこか似ていないか-。加計学園問題などをめぐる政権批判が吹き荒れる中、東京都議選は2日に投開票が行われ、小池百合子都知事率いる都民ファーストの会が躍進、自民党は惨敗した。築地市場移転など都政課題はまともに論じられずなりふり構わぬ政権批判が続いたのはなぜか。その裏には、安倍晋三首相を退陣に追い込み、憲法改正を封印しようとの思惑が透けて見える。(中略)

・・10年前と酷似しているのは、政府・自民党の不祥事だけではない。[E:danger]憲法改正がキーワードとなっていることに着目すべきだろう。

 10年前の19年5月14日、第1次安倍政権は、憲法改正手続きを定める国民投票法を成立させた。これを機に野党・メディアの政権批判はボルテージを上げた。(中略)

・・護憲勢力は10年前以上に強い危機感を持ったのではないか。5月以降、一部メディアは「倒閣」の意思さえ隠さぬようになった

 [E:danger]ただ、10年前と決定的に違う点がある。

 都議会は巨大ではあるが地方議会にすぎない。衆院の任期満了(30年12月)は1年半も先であり、政権が態勢を立て直すには十分な時間がある。

 躍進した都民ファーストの会は地域政党にすぎない。将来国政進出を目指す可能性はあるが、時間を要する。国政で野党第一党である民進党も惨敗しており、都議選の結果を「安倍政権にNO」と、判断するのは、短絡的すぎよう。

 日本経済も順調だ。景気拡大は「いざなぎ」などに続く戦後3位の長さに達した。5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.49倍となりバブル期を超えた。アベノミクスは着実に成果を出している。

 とはいえ、楽観はできない。都議選中に繰り広げられた政権批判の本音が「改憲阻止」にあるならば、改憲論議が本格化する秋以降、ますます先鋭化する公算が大きいからだ。

 首相は慢心を戒め、より説明責任を果たす必要がある。さもなくば憲法改正は「見果てぬ夢」となりかねない。


今後も安倍政権の功績は一切報じず、揚げ足取りに終始するでしょうけど

マスコミは、ごく少数の「安倍はヤメロ」の声は大々的に取り上げるのに、安倍総理が各地を回って歓迎されている姿は一切報道しませんね。これは小笠原諸島の父島を訪問した時の安倍総理。総理大臣の父島訪問は安倍総理が初。当たり前ですが、小さな子供でも「安倍総理大臣」と呼んでいます。

それは、野党と一体化したメディアの憲法改正阻止の為のなりふり構わぬネガキャン。

国民はもう騙されちゃいけません。あの2009年の異常な報道を思い出すべき!


異常報道関連

  1.  5時台  「闇献金」週刊誌報道。 疑惑の元秘書  の事や、「刑事事件として告訴を検討」という話は一切も報じず
    豊田・稲田・萩生田氏の話題をクソミソまとめ。
    なんとなーく怪しいという印象操作[E:#x1F628]
    いつものように自民党のイメージダウンだけを狙ったカンジ。


  
小池派「目玉候補」ら密着として、平・龍円氏を密着取材。
 は 「平愛梨の弟」「長友選手の義理の弟」「結婚披露宴がステキ」しか売り込んでない[E:#x1F632]
政策の話題は一切なしでいきなり当選場面で終了❗️
局は密着したならもっと報道する事あるだろうに

 
0件の返信

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年05月03日13:23憲法記念日各紙比較と川村コメント    【やじうまプラス】

今日は憲法記念日という事で、

テレビ朝日の【やじうまプラス】一刀両断でも憲法改正についてやっていたんですが、

川村晃司氏のコメントが物凄ーく浮いていたので記録しました。

法律に詳しい政治学者の岩井氏と、弁護士の萩谷氏とのコメントとの程度を比べてみてください^^;

(今朝の朝日新聞・9条改正67%反対・改正必要47%、改正不要39%の記事

日経新聞・改憲支持 横ばい47%の記事

毎日新聞・改憲に期待50%の記事を読んだあと、

各紙の社説紹介

・東京新聞 『初心を今に生かす』 普天間で揺れている日本。憲法9条をどうするか初心に一度立ち戻ってみようじゃないか。それを生かそうじゃないか。

・朝日新聞 『失われた民意を求めて』 国民主権を代理としている政治は、果たして民意をちゃんと反映しているのか。それに合わせて憲法を考えてみよう。

・読売新聞 『改正論議を危機打開の一助に』 今、八方塞の日本。政治をどうにかしよう。日本をどうにかしようという危機打開の一助に改正を考えても良いんじゃないか。

・日経新聞 『憲法審査会で論議を始めよ』

・毎日新聞 『”安保”の将来を含め論憲を』普天間に合わせて9条、安保の将来を含めて論憲する時期に来ているんではないか。

・産経新聞 『中国の脅威増大に対処を(集団的自衛権で同盟立て直せ)』その為には改憲の論議は必要ではないか。 と各紙の見出しを紹介した後・・)

吉澤アナ「・・とそういうような各紙の見出しになっているわけでございますけどもね、岩井さん、まっ、えー、一年に一度だいたい憲法の記事は新聞各紙に載るんですけれどもねー、、」

003 岩井氏「そうですねぇ、特にまぁ、民主党政権になってからは、憲法審査会が一回も開かれてないですよね。

で、あのー、やはり民主党がやっぱり憲法が一番のアキレス腱だと言われて、

まぁ民主党自体がその憲法論議自体しないと。

ただ、その憲法改正については、やはりあのー全体としてはやはり改正していった方が良いという議論ですし、

まっ、確かに9条になるとですね、これ核論になるとなかなか難しいんだと思うし、我々から見るとですね、むしろ統治機構・国会をどうするとか、あるいは内閣をどうするとか、大きな問題、いっぱいあるんですね。

そういった面では、やはり議論っていうのはやっぱりきちっとやっぱりもっとやるべきだと思うんですねぇ。

その点でいくとやはり、民主党政権になってから議論が止まってしまっているっていうのはどういう事なのか

やはり民主党もその憲法像、自分達の憲法像っていうのはやっぱりキチッと明らかにするべきだと思いますよねー。」

吉澤アナ「マニフェストでも掲げている事は掲げているんですよねー、まっそういった意味で、それこそ18日施行される憲法改正の為の議論、それをどうしようかという、それが全く今、まき起こってこないというのが、

まっ萩谷さん、そういった意味では、まっある意味でちょっと考える時期に来ているのかも知れないというところですよね。」

005萩谷氏「そうですね、あの5月18日に国民投票法が完全施行されるわけですが、

まっ、これで憲法改正案がですね、国会にいつでも提出できるようになるわけですね。

ただ、この9条改正というのは、やっぱり国の安全保障をどうするかというところに直結していて、そこを議論しなければ、

今回の基地の問題やそれから外国人の参政権の問題というのも、結局結論を出す事が難しくなってくる。

そこをまぁ、民主党政権というのは、与党であるからこそ責任もって議論しなければいけないのに、していない

004 006あとは、憲法改正というのはやっぱり統治機構・・に関連してきますけれども、なんかこう民主党というのは、政治主導の下に国会よりも政府の方を上位機関として位置づけているのかなぁという感じも受けて、三権分立との関係でどうなんだろうと、ちょっと疑問もありますので、そのあたりも含めて議論をしていった方がいいかなぁと思っています。」

吉澤アナ「そうですねー。まぁそれこそ、川村さんね、マニフェストに掲げている、、まっいくつも掲げてます。それこそ、今ねぇ、えー普天間の問題があれだけ大きな問題になってる。

だからやっぱり憲法っていうものを考えなくちゃ、それこそ9条っていうものに対してやっぱり、論憲っていうのは必要なんじゃないかっていう、そういう時期だと思うんですけど、、」

007 川村氏「そうですね。とりわけまぁ鳩山総理は明日、沖縄に行ってですね、

ま沖縄の県民と向き合うと言っているわけですけれども、まぁ日本国民は全て平等であるって、いうそういう基本から言いますとね、

沖縄に鳩山総理が来ても、自分たち沖縄県民の負担だけがですね、

基地について、これだけまぁ本土の国民よりも押し付けられているのかと。そういう意味で同じ国民でありながら、沖縄県民について我々はやっぱりずーっと差別を受けてきたじゃないかと。いう事がもうあからさまにですね、かなり大きなうねりになってるんですね、私沖縄に行って感じたのは。

そうなるとそれに対して、鳩山総理がまぁ今日のその憲法についての憲法観っていうもので、何を加えて何を論議していくのかって、そこのところを明確にしていく必要があると思いますね。」吉澤アナ「そうですね、さぁ続いてはコチラ・・・」以上

川村晃司は、巧妙に『差別』という言葉を交えて持論を展開していました。地上波ではさすがにモロには言いませんが、朝日ニュースターの方では、沖縄タイムスなどを広げて見せて解説して、

米軍を沖縄から追い出すべき・9条守れ・民主党がんばれという主旨の発言をいつもしています。

テレビ局の解説委員としてあるまじきコメントだと思います。

解説委員の特徴は前述のように「解説」することであり、そこに自分の主義、主張を含むことはできない。これは放送法の第三条第二項に規定されている・・・(Wikipediaより)

なんにしても、GHQに押し付けられたものではなく、自国で作った日本国憲法にしない限り、いつまでも他力本願的思考から抜けられないかも・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年12月26日23:05鳩山総理、グアムへの全面移設を否定   TBS系ニュース

ちょっとビックリしたニュースなので、この年末のクソ忙しい中、記録します^^;

きっと、多分、絶対に、後々問題になりそうな予感~

001 002女子アナ「沖縄の普天間基地の移設問題で鳩山総理は、

社民党が検討するよう求めているグアムへの移転に否定的な考えを示しました。

鳩山総理は今日午後、ラジオ番組の収録で、

普天間基地の移設問題について『抑止力という観点から見てグアムに普天間の全てを移設させる事は無理があるんじゃないか』と述べ、003

005社民党が検討するよう求めているグアムへの移転に否定的な考えを示しました。

  また、普天間問題をめぐり、官邸閣僚の発言内容がバラバラだった事について、鳩山総理は『かなり勝手にとは言わないが各人が自分の思いを正直に話してきたきらいもあった。総理か防衛大臣か1人だけが発言をするようにとどめておかなければいけなかった。』と反省の弁を述べました。

006

007 この他、鳩山政権は憲法改正について『ベストな国の在り方のための憲法というものを作りたい。必ずしも9条の話という事ではなくて、地方と国の関係を大逆転させたい。』と述べ、

民主党内で今後議論をしてほしいという考えを示しました。以上

はっ、社民党を切る決断をしたって事ですかねぇ?!それにしても、グアム移設が無理だって今頃気づいたんでしょうか?!

じゃあ、今から沖縄県外の場所を探すのかなぁ・・今から?!

憲法改正は・・民主党政権では絶対にイジらないで欲しい!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく