後期高齢者医療制度廃止法案

2010年10月27日15:15また約束破りの民主党  【やじうまテレビ・ANNニュース】

テレビ朝日で、民主党の企業・団体献金再開のニュースをやっていたので、

その理由と、その後の党内対立?を記録しました。あと、別の約束破りのおまけアリ。

まさに有言不実行もいいとこです・・まずは【やじうまテレビ】

アナ「・・・民主党は企業や団体からの献金を受け取る事を決定しました。」

菅直人氏民主党は企業・団体献金の禁止、、年内に方針を取りまとめたい、、」(所信演説)

2d2ce7ec.jpg 2ab33c8f.jpg
民主党は、全面禁止を公約に掲げてきており、菅総理も意欲を示したばかりでした。

今回の再開は暫定的な措置だとした上で、党幹部はその背景について本音を漏らしました。

民主党幹部「各党に企業団体献金の全面禁止を呼びかけていくが、それまで民主党だけもらっていなければ民主党だけが干上がっていく。」

アナ「解禁するのは、国や地方自治体との契約金が1億円未満の企業や団体からの献金になります。」

結局、クリーンな政治より、干上らない方を選んだわけだ・・( ゚д゚)ポカーン

テレビ朝日は、菅総理の所信演説を省略していますが、重要なその部分です。

3dcd7f71.jpg

菅氏金のかからないクリーンな政治の実現、これは国民の強い要望であります。私自身の政治活動の原点でもあります。

民主党は、企業団体献金の禁止、国会議員の定数削減について、党内で徹底的に議論し、年内に方針を取りまとめたいと思います。」

菅総理はコケにされているのか? 「党内で徹底的に議論」というのが虚しく響きます・・(苦笑)

そして、岡田氏と前原氏も不協和音?【ANNニュース】

b7059a46.jpg
アナ
民主党でまた内紛です。

これまで自粛していた企業・団体からの献金受け入れの一部再開を昨日決めた事について、

前原外務大臣が噛み付きました。」

88c6ae7f.jpg

前原氏「企業団体献金の再開を決めるという事は、えー、国民からすればですね『違う方向を向いている』ととられても仕方ないのではないかと私は思います。」

(上記とダブる部分 省略)

しかし、民主党は去年の衆議院選挙のマニフェストでは、将来的な企業団体献金の全面禁止を掲げていて岡田幹事長も当時の政治改革推進本部長として党内をとりまとめました。

3643ccf8.jpg

前原大臣が岡田幹事長の方針転換に異を唱えた事で、党内に波紋が広がりそうです。」

で、おまけの後期高齢者医療制度の華麗な方向転換。【スーパーニュース】(10/22)より

7039892e.jpg
渡部氏「後期高齢者を代表してやってまいりましたぁ~!!」

野党時代、「お年寄りをいじめるな」ののぼりまで作り、新たな負担を求める後期高齢者医療制度廃止を訴えてきた民主党

渡邉氏「こんな法律は一日だってこの日本に置けませんっ!!」

befb6336.jpg 41996c22.jpg

ところがその民主党が与党となって早一年あまり、政府は高齢者に対する新たな医療費負担の方針を固めたのです。

現在70歳から74歳の高齢者が病院の窓口で支払うのは原則総額の1割ですが、それを早ければ2013年度から倍の2割負担に引き上げるというものです。

その対象は2013年度以降70歳になった人々。それ以前に70歳になった人は1割負担のままです。また現役並みの所得のある人はこれまでどおり3割負担。

03f43b73.jpg

実は民主党は、野党だった2008年、後期高齢者医療制度廃止法案を国会に提出しています

そこでは70歳以上の高齢者の医療費負担の割合を現行どおり1割のまま据え置く事を求めていました。(以下、街の声など 略)

結局、ことごとく野党時代と真逆の事をやってるわけね~、民主党って。いい加減にも程がある・・

「のぼりを作って訴えた」なんて、あのガソリン値下げ隊を彷彿とさせますねぇ(遠い目)Imagesca90pw2f

「財源はいくらでもある」と言い張っていたのに、このザマ・・ホント、約束破りなんて、どうってことないみたい

ならば自民、参院に給油法案を提出 インド洋も対象にも、野党時代の主張を捨ててとっとと賛成すれば良い。

中国の嫌がるコレを、「国際貢献」と言って自衛隊を堂々と派遣できる行為ですからね。

このくらい国益にかなう事ひとつくらいやれよ!もう!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく