川崎市

2011年01月19日11:01地方の怒り爆発、超ずさんな子供手当制度   【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】の8時またぎのコーナーで

子供手当の財源をめぐって、地方の怒り・負担拒否・国に対し損害賠償訴訟も検討・・というのをやっていたのでVTR部分だけ記録しました(青字はナレーション)

約束を守らない民主党・・分かりやすいアドバールーンを気前良くあげて、出来なかったら「今回だけ」「一度だけ」って誤魔化す。これは、詐欺師の手口ですねぇ・・

78c6bab3.jpg
阿部氏
「財源どうするかという約束を守らない。それでね、姑息なやり方でねぇ、

あのー、誤魔化しているって事ですよね。」(川崎市長)
c1a986cc.jpg fdd22e1c.jpg

川崎市の阿部市長が姑息と言い切り、怒りをあらわにしたのは、民主党政権の目玉政策子ども手当の財源問題

来年度は子供1人につき月額1万3000円。3歳未満は7000円が上積みされ、月額2万円が支給される予定です。

川崎市の場合、支給対象者はおよそ19万人。総額はおよそ300億円に上ります。

このうち市が負担するのはおよそ20億円。川崎市は来年度の負担分20億円について拒否する方針を固めたのです。

cc9017e1.jpg 7f014024.jpg

阿部氏国費で責任を持ってやるという事を明言しておられたわけですよね。

ところが8月に厚生労働省が概算要求した時に、地方負担を前提としてね、概算要求されたわけですよね。それにね、全国の首長がね、怒っている訳でございます。地域主権と言いながらね、無視されている事に抗議をするという事でございます。」

川崎市はあくまでも地方分は国が負担するべきだとし、もし負担しなかった場合、国に対し損害賠償訴訟も検討しているとしています。

ただ川崎市は来年度についても子ども手当を満額支給するとしており、財源が不足した場合は特別税を創設し充当する事も検討していると言います。

(川崎市民の声:「市長としてもっともな意見」「子供がいない人に不公平感がある」「公約違反して地方負担をさせてまで子供手当てはやるべきなのかと」 略)

1613bbf8.jpg b0febcff.jpg

子供手当の財源問題。そもそも政府はこのように説明していました。

鳩山氏「財源はねぇ、地方にワタクシは負担させちゃいけないと思っているんです。全額国が支払うべきだ。」

cc95e58b.jpg

鳩山氏国が子供手当を支給すると約束していますから、これは本来国が頑張らなくちゃいけない話で、選挙戦った時にはこれは基本的には国費でまかなうと、その思いで皆話をしたはずです。」(09年10月 川崎市にて)

と、地方には負担させず全額国費でまかなうと説明していたのです。ところが一昨年末、当時の総務大臣は・・

daa83973.jpg e459cefe.jpg

原口氏子供手当は全額国費。そして現行の児童手当これをですね併置するという形で合意がなされたものでございます。」

つまり、現在支給が行われている今年度の子供手当については、鳩山前総理らが全額国費を目指していたものを、これまで地方が財源の一部を負担してきた児童手当を廃止せずに子供手当を児童手当を組み込んだ形としたのです。これにより地方の負担は継続する事になったのです。

当初より一貫して拒否の姿勢を示している神奈川県の松沢成文知事は政府の方針について・・

松沢氏「私は地方は国の奴隷ではないと。ね、地方分権なんだからこういうやり方は絶対ダメだと、、」

d7c6dec7.jpg 73a42c88.jpg

地方負担は一年限りの事で、来年度に関しては全額国費と政府は約束していたと言います。地方負担継続の政府方針決定後の一昨年12月。松沢知事とともに朝ズバッ!に出演した原口前総務大臣は・・

bbc0eb77.jpg

原口氏来年からはこっち(国費)に向かうけども、とりあえず今回は児童手当と子供手当を併置しましょう。併せてやりましょうという案なんです。

子供手当の中に地方負担を絶対に入れてはいけないというのが僕ら基本的な姿勢。そこは松沢さんと同じなんです。」「僕は松沢さんが言うようにね、褒められた案じゃないと僕は思っているわけ、、」

と自ら褒められた案ではないとし、その日の会見でも・・

83c35ed0.jpg

原口氏「今回の制度は児童手当の現行のものを1年間だけの暫定措置として残すという事で知事にお願いをしたところでございます。」

子供手当の地方負担は一年間だけだと強調していたのです。松沢知事は・・

ef5c6918.jpg

松沢氏来年はちゃんと国でやるように制度を見直してやるから。今年だけは頼むから協力してよというのがあったのでね、とりあえず去年は仕方なかったから(地方負担金を)出したんですね。もう2年続けてなんて絶っっ対に困ります。民主政治違反ですよ。」

松沢知事は、地方負担の継続は地方への押し付けであり、民主政治違反だと指摘します。

d180f1d7.jpg

一年間の暫定措置が一転、来年度も継続する事に、神奈川県や川崎市の他にも、千葉市・千葉県浦安市・三重県松阪市などが次々と負担を拒否する方針を固めています。

地方から上がる反対の声に昨日、細川厚生労働大臣は・・

fb54601b.jpg

 細川氏「(地方自治体には)国が考えている事をご理解頂くように務めてまいりました。それらの事を踏まえてですねぇ、地方の皆さんにはあのご理解を頂くようにこれからも務めてまいりたいという風に思っております」
地方に対しては理解を求めていきたいとしています。以上

(スタジオでの話 : 恒久的な財源が確保できていないのに、児童手当にかぶせて見切り発車した。法案が通らなかった場合、児童手当もシステムを変えているので、どっちにしろ6月支給には間に合わない可能性がある。との事)

こんなやり方を地方に「理解を求める」のって、相当の厚顔無恥だと思いません!?

マジで民主党は公約違反をまず謝って、何が何でも現金で配るというやり方を改めた方がいい。もう限界ですよ。地方の首長さんたちの反乱は、これから!だしね。でも、反対に考えると1年間だけの時限立法で良かったかも。 

恒久的な財源がないままで、こんな杜撰なバラマキ制度を確立されたら、遠くない将来に日本は立ち行かなくなりますから。

そんな事は麻生総理が当時、本当に警鐘を鳴らしていましたが、マスコミが子供手当アゲ報道しまくるものだから、この有様・・詐欺の片棒担いだって思うよ、アタシは!

「子供手当は制度的に問題あり」と報じ出したのは、強行採決前後ですからね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく