尖閣諸島

2011年04月20日11:42中国、「船長起訴相当」に強く反発。韓国は竹島問題で義援金を・・ 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】で、アノ中国人船長を起訴相当とする議決が出た事とに対し、中国が強く反発したニュースをやっていたので記録しました。

原発対応と大震災対応に追われている政府ですが、周辺国の動きもしっかり目を光らせてほしいものです。

f0f5b2a4.jpg
アナ
尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、那覇検察審査会が中国人船長の「起訴を相当」とする議決をしたことに対し、中国政府は違法で無効とする姿勢を示しました。」

f699c934.jpg 36d332c7.jpg

洪磊報道官「中国の船長に対する(日本側の)いかなる司法手続きも違法で無効だ。」(中国外務)

中国外務省の洪磊報道官はこのように述べ、那覇検察審議会が18日に船長を起訴すべきとする議決をしたことに対し強く反発しました。
ff7991ea.jpg 56b894e8.jpg

去年9月に起きたこの事件を巡って公務執行妨害の疑いで逮捕・送検された中国漁船の船長はその後、釈放され、起訴猶予処分となっています。

また、洪報道官は「魚釣島、及びその付属諸島は古くから中国の固有領土だ」として、改めて尖閣諸島の領有権を主張しました。以上

船長は中国にいるので先行きは分かりませんが、まずは、事件映像の全面公開を強く望みます。

船長を刑事告発していたジャーナリストの山際澄夫氏ら5人が審査を申し立て、GJ! 感謝します☆

尖閣沖衝突 中国人船長は起訴相当   (一部抜粋)
琉球新報 - 1 日前
同審査会は付言で議決を「民意を表明するため」とし、海上保安官の権限強化と事故映像を記録したビデオの公開を求めることまで踏み込んだ。同審査会には、千葉在住のジャーナリストらが1月に申し立てをしていた。
 議決理由では、漁船が巡視船に与えた衝撃は相当なもので修理費用も多額と思われることや、人命を危険にさらす行為であることを指摘。那覇地検が判断した「軽微な損傷」「乗組員が負傷するなどの被害がなかった」との判断を否定した。

一方、竹島の方はというと・・

地震義援金42億円以上も、竹島をめぐる対立で足踏み=韓国

・・東日本大地震直後から、ペ・ヨンジュンさんをはじめとする韓流スターたちの寄付が相次ぎ、韓国では支援の輪が広がっていた。

しかし、3月30日に発表された中学校社会教科書検定の結果を受け、日本が竹島(韓国名:独島)の領有権主張を強化したことに反発、義援金を慰安婦支援やほかの支援に回すべきとの声も少なくない。(編集担当:金志秀)

義援金の概念を知らないんじゃないかな・・見返りの気持ちが少しでもあるのなら、一円も頂かない方が今後の為です。途上国の無償の気持ちの暖かい義援金を考えれば、なんか悲しくなりますね。

竹島のことは特に報道がスルーされがちですが、戦後の混乱に乗じた李承晩ラインの事もあるので、しっかり見ていく必要があると思います。危機管理に疎い現政権なので、そのへんの対応も危惧します。

竹島問題で韓国に抗議文=自民- 時事通信
韓国特任相、12日に竹島訪問- MSN産経ニュース
自民、竹島問題で韓国に抗議へ- 日本経済新聞

 超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(会長・山谷えり子自民党参院議員)は13日、国会内で緊急総会を開き、韓国が竹島(島根県)近海の洋上に「海洋科学基地」などを建設する計画を進めていることに強く抗議する決議を了承した。

決議は「東日本大震災の未曽有の被害に、わが国が深く悲しみ、復興へ力を尽くしている最中に、不法占拠の強化が進められていることは由々しき事態だ」と批判。計画の詳細公表や撤回、着工済み工事の即時中止などを日韓両政府に求めている。

この件もだけど、テレビは完全スルーです。少し前の韓国の口蹄疫蔓延時もスルー・・・

なのに、この間韓国芸能人のしょーもない話題はガンガン毎日やっています。おかしくないですか??

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年01月23日14:32【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (後半)【報道特集】

TBS【報道特集】、一色正春氏(sengoku38)の独占インタビューの続きです。

Q:仕事を辞めなければいけない状況になってしまった事については?

ffd7491a.jpg

「まぁ組織のルールを破ったので、やむを得ないという風に考えています。」

Q:後悔はあるか?

「んー、ありません。自分がやるべき事をやったというそれだけですね。まぁ逆にやらなかったらやっぱり後悔しているでしょうし。」

一色氏には妻と2人の子供がいる。家族にはYouTubeに映像を公開した翌日にその事を打ち明けたと言う。

Q:ご家族に、自分が投稿したと説明したのはどんな時点だったか?

0ea421cf.jpg
「11/5日、翌日の夜電話で家内に話しましたけど。(世間に出る前?) そうですね。はい。

(奥様の反応は?) うーんやっぱり驚いてましたね。かなり。衝撃を受けて、

まぁ一番先に『この先どうするの』という話やったんですけど、まぁ如何せん電話ですから、まぁある程度慰めて、、という感じです。」

Q:やった事に対しての奥様の反応は?

「んー、でも私を責める事はひとつもないですよね。

まぁ結局私自身を信じて結婚したからこの先も変わらないと。まぁあなたがやった事なら私も信じてそれでついて行くだけ。まぁそういう事です。」

Q:今後の生活に不安は?

80a2ee15.jpg

「不安・・・・もまぁないって言ったら嘘になりますけど、まぁ逆に何でも出来るなという、そこはもう前向きに考えています。」

602f5674.jpg

ビデオが公になってから7日目。YouTube投稿の発信地として、初めて神戸が浮上した。

この日、早朝から勤務についていた一色氏。上司への告白は洋上の巡視艇で行われた。

Q:なんであの時点で、告白する事にしたのか?

「うーん、まぁ全く予想外と言うか、私の上司にあたる船長が聞いてきたものですから、嘘はつけないと。『やったのか』と聞かれると『はい』としか、本当のことですから、それだけの事です。」

Q:船長から一色さんに『お前じゃないか』と声かけがあった?

b87d5187.jpg
「はい、そうです。(思い当たるふしがあったという事?) うーん、数回電話があって、まぁその辺からですね、雰囲気がおかしくなったのは。

その電話の内容は当然私には分かりませんけど、まぁその時は朝からずっと仕事でしたから、テレビなんかも見てませんし、どうも電話が立て続けに数回入って、そこら辺からだと思うんですけど、ちょっと私には分からないですね、そこは。

私は普通に、務めて平静にして、まぁ私が感じたのはそのー、電話があった時から空気が変わった。

よくそのー、神戸という報道は為されて、それを見て落ち込んだとか、まぁ実際はそれは見てないんでですね、その点は明らかに違います。」

4e169754.jpg

その後一色氏は、第五管区海上保安本部に向かい、警視庁の事情聴取を受けた。聴取は任意だったが、一色氏は6日に亘って庁舎内に泊り込み、一歩も外に出る事はなかった。

Q:一色さんだと浮上して以降、周りの職場と接してどんな声をかけられたりしたか?

fdfd32a4.jpg

「うーーん、やっぱり一様に気を使ってるなって感じがしました。まぁ余計な仕事・余計な苦労もさせて、迷惑をかけてる上に、そういう事をしてくれるという事は、ちょっとやっぱりまぁ余計に心に負担があったという事ですけど。」

一色氏が公の場に姿を見せたのは、上司への告白から7日目の未明。その際、カメラの前で深々と頭を下げた。

e0cf2ea0.jpg

Q:大きく頭を下げられていたのがとても印象的だったが、あれはどうして行ったのか?

「うーん・・・・・、何ていいますか、やっぱり色んな人に迷惑かけてるっていう、、それが最大の気持ちですわね。恐らくそういう人達がそれを見るでしょうから、それに対するお詫びと言うか、お詫びになるのかならへんのか分かりませんけど、、それが本心です。」

そして、今も謎として残るビデオ投稿の際のハンドルネーム。sengoku38。これには一体どんな意味があったのだろうか。

Q:sengoku38というHNはどういう意味?

「まぁその件については色んな人から、、かなり聞かれますけど、まぁそこは伏せておくという事です。(何かのメッセージは込めている?) まぁそう思うなら思っとって下さいって事ですよね。

efc31e08.jpg

ちなみにうちの家内にも話してないですし、、、誰にも言ってないです。」

Q:一方で適当につけたんだ(笑)というのもあるが?

「だからそう思うんだったらもう思ってくださいって事ですよね。うん。(それを秘密にしたいなという気持ちは?) 秘密にしたいな?・・・うーん、秘密にしたいなというか、うーん・・・・、まぁどう言うんでしょうねぇ。うーん、まぁ秘密・・うーん・・・・

まぁひとつぐらいあってもいいんじゃないですか、そういう、、うん。」

27aded5d.jpg 90e23229.jpg

海上保安庁は去年末、一色氏を停職一年とした他、鈴木海上保安庁長官を含む24人の懲戒処分を発表。一色氏はその後、海保を依願退職した。

Q:映像公開して正しかったと思っているか?

81640e7c.jpg
 「うん、まぁ正しい、、と思ってやりました。まぁただやっぱり迷惑かけた人とか、あのー、多くいますから、完全に正しいっていうのは言えないですね。それが正しいか正しくないかというのはやっぱり、、今すぐ答えが出る話でもないと思います、そこは。」

(VTR終了 スタジオへ)

f03d46a6.jpg

金平氏「えー、インタビューを行った中野裕介記者に聞きます。中野さんね、この独占インタビューに至る経緯についてちょっと話してくれますか。」

f70894d3.jpg
中野氏
「はい、私は昨年11月ですね、ビデオ流出事件の時にですね、最初に流出を疑われた石垣島の海上保安本部に取材に行き、事件の行方に大変興味を持ちました。

間もなく一色氏が浮上したんですけども、手紙などで連絡を取り、今回起訴猶予という大きな1つのタイミンクの区切りでインタビューを行いました。」

金平氏「あのね、インタビューを聞いていると、その非常に印象に残ったのは、一色氏がその政府に対して非常ーーに強い不信感を持っている事ですねぇ。あの『詭弁』っていうような非常に強い表現使ってましたですけども、

あのー、まぁ本人は逮捕・裁判も覚悟していた事も分かりましたし、それから何よりも自分が正しい行為を行っているとそういう事を確信しての行為だっていう事はよく分かったんですけれどもぉ、

ffb6ddc1.jpg

そうであればですねぇ、尚更なんですが、その海上保安官ってのは警察権を持っている訳ですねぇ。警察権がそのある種、現場がね、警察権を持っている人間が、現場がまぁ暴走してしまう事のその危うさみたいなものをですね、私は個人的には実は感じたんですけども、そういう点はどうでしたか。」

中野氏「まぁそういう批判は確かにあると思うんです。えーただですね、一色氏はですね、名前が浮上して以降、肉声を出していなかったもので、世間の興味が彼の人となりに集中して、彼が本来提示したかった論点について非常に霞んでしまった事に懸念していました。

えー、金平さんのようにちょっと批判的な人もですね、支持する人もまずは自分の考えている事を知った上で判断してほしい。その材料となればいいという事で今回インタビューを受けてくれました。」

9bee3935.jpg

日下部氏「でもこの尖閣海域っていうのは、必ず同じような事件、また起きると思うんですよね。」

中野氏「まぁ今後も、あのー、こういう事を忘れないで議論してほしいと、本人は言っていました。本人が行った映像投稿と今回のインタビューがその助けになれば、、と本人はそんな事を言っていました。」

b7bc6187.jpg

金平氏「そうですね、まぁ一色氏の主張どおり、その問題の本質を論じないまま、うやむやに終わるのだけは、まぁ避けたいとこですね。報道特集、それではまた来週。」(以上)

金平氏のような考えの人って、政府があんなトンチンカンな対応をして、国会で「詭弁」を弄していたことへの批判はしないんでしょうか??

そもそも あのビデオを「ひ・み・つ」にしたのが事の始まり!

日下部氏が言うとおり、今後起こる外国船領海侵犯への対応するにしても、あのビデオの公開が必至なのは当ったり前。サルでも分かる話。政府が機密扱いする意味が全く理解できません。

sengoku38というHNの真相は、私はこのへんにあると思います。”38”の意味は本人のみぞ知る。で良いじゃないですかね。

だいたい、問題の本質を論じないのは今のテレビじゃないですかー!(呆)一色氏は決して暴走したわけじゃない!警察権があるから危険?? はぁ~???? 

だったら、例えば警察で悪事をしている上司がいても善悪を判断する事は許されず、上の指示に従えと??そういう現場のリークを狙って取材・報道しているクセによく言うよっ!

尚、このインタビューの間、始終真面目な表情だった一色さんですが、唯一ちょっとだけ笑顔になったのが、sengoku38のHNの秘密を答えている部分でした。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年01月23日08:59【独占告白】元海上保安官・一色正春氏(sengoku38) (前半)【報道特集】 

TBS【報道特集】で、一色正春氏(sengoku38)の独占インタビューをやっていたので記録しました(青字はナレーション)(質問部分のみ要約) 

【独占】sengoku38さんが、読売テレビ記者に託した話と自筆メモ 【ミヤネ屋】

の時に受けた印象も「正義感の塊みたいな人」だったけど今回、より確信しました。

752013ae.jpg
金平氏
「尖閣諸島ビデオ流出事件で、昨日、元海上保安官の一色正春氏が起訴猶予処分となり一連の捜査は終結しました。一色氏は昨夜、午後8時から2時間近くに亘りまして、私達"報道特集"の独占インタビューに応じました。

何故映像を流出させたのか。そしてsengoku38とは一体どういう意味だったのか。早速インタビューをお聞きください。」

7a748bc0.jpg

Q:起訴猶予処分が出たが、感想はどうか?

「まっ、予想通りという事です。処分がどうだかなっていう事は思ってませんけど、まっただ今回の事件がこれで終わるのかなと。えー問題の本質を論じぬままに終わってしまうのはちょっと残念かなっていう気がします。」

93860dd4.jpg 2948c4a5.jpg
元海上保安官の一色正春氏。
去年9月尖閣諸島沖で起きた中国漁船の衝突事件で海上保安庁撮影のビデオをsengoku38のHNで動画投稿サイトYouTubeに投稿した人物だ。

一色氏は国家公務員法の守秘義務違反の疑いで書類送検されたが、昨日東京地検は一色氏を起訴猶予処分とし、捜査は終結した。

9ce25e08.jpg 4ff8ad32.jpg

まだ多くの人が見れてない映像があの数倍ある訳なので、そこら辺を今後どうしていくのか、それと、もうやむやに終わるのか私自身は秘密に当たらないと、はっきりとした確信があるからああいう事をやったわけですので、まぁ議論が噛み合わない時は、最終的には、まぁ公判で裁判でですね、決着をつけるっていうのが法治国家の在り方ですが、結局その道を避けたという事ですよね、検察の方が。」

衝突映像を初めて見た時の印象を一色氏はこう振り返る。

659015be.jpg
次の日にでも公開されるようなそういう感じだったと思うんですけど、隠す理由なんか一つもないんですから、当時は多分隠すとか非公開とかそういう話は、議論はなかったと思うんですけどねぇ。

あの映像を見て分かる通り、やっぱり逮捕というか、何らかの処罰を下されるべき行為だと、まぁ常識的に考えて思うんですよね。まぁそれが国籍が違うからとか、そういう理由で、えー実質無罪みたいな感じになるっていうのはおかしいと思いますけど。」

一色氏が見た映像は同僚が巡視艇「うらなみ」の共有パソコンに海上保安大学校から取り込んだもの。一色氏はこの映像をUSBメモリーに移した。

7106ba0c.jpg
  「業務の参考というかですね、

やっぱり、私の考えとしてはやっぱり海上保安官だったらああいう映像は見ておくべきだと、そういう考えでしたから。

まぁごく当たり前というか、当初は秘密でも何でもなかった訳であります。」

Q:ビデオを公開しなきゃいけないなと思い始めた具体的なきっかけは?

「やっぱり本来、通常海上保安庁っていうのはああいう事件の時は必ずビデオを撮影して、当然それを公開してきたわけですよね、今まで。まぁ恐らくそうなると思って当初は私も事態の推移を見守ってましたけど、どこら辺からか、どうも外に出ないと。まぁそういう事になってきて、いつ、いきなりって感じじゃなくて、やっぱり徐々そういう気持ちが強くなっていったという事で、、」(CM)

34a477bd.jpg

一向に公開されない映像。一色氏は自宅に映像を持ち帰る。

Q:最終的に決意のはどんな時?

「うーん、やはり当日ですね。11/4日。まぁあのー何がきっかけとかいう、、まっそういう事は簡単に・・ね、説明できる事じゃないんですけど、いろんな思いが来て、やっぱり止めようか、やろうか。まぁだけど自分しかやれる人間がいない。自分がやらないと という感じでしたけどね。」

Q:逮捕されるかも知れないという覚悟はあったか? 

「はい、十分考えてました。」

Q:その時、ご家族や仲間の誰かに相談したか?

「ないです。(ひとりで?) はい。」

7c6e8f4e.jpg

去年11/4日、一色氏は自宅近くの神戸市内の漫画喫茶からYouTubeに44分間の映像を投稿した。

「漫画喫茶を選んだっていうのはやっぱりあのーー、、宿舎の事情ですね。私がやってる後ろを子供が通ったり妻がね、通ったりしますので、やっぱり1人きりで出来る場所って、安易に考えてそこにした。まぁそれで自宅で消せばまぁ足がつくって言いますけど、まぁどっちにしろ漫画喫茶にしろ自宅にしろどっちも同じ。いずれはバレるんだと、そういう考えでしたから。」

5839841a.jpg

一色氏は当初映像をCNNの東京支局に郵送した。しかし一向に放送される気配はなく、YouTubeへの投稿を決めたという。

「やっぱりそのままの、、何の解説もなしにそのまま見れるっていうのと、44分間丸々見て、見た人が自分で考えるって事ですよね。解説なしで。

まっそういう事が出来るのはやっぱりテレビ局よりああいうもの(YouTube)の方が優るんではなかろうかと思いますけど。」

Q:その後の反響はどうだったか?

0cffcd47.jpg
「うん、思ったより早かったですね、その伝わるのが。まっそれは正直言ってちょっと、あっこんなに早いのかっていう風に思いましたけど。まぁ、反応の大きさっていうのは、、ある程度予想通りでした。」

Q:内部告発は素性を明かすが、それは考えなかったか?

「やっぱり実名でやるとなると失敗が、、チャンスが一回だけですよね。結局CNNも名前書いて出したらもうあの時点で終わっていたかも知れないですよね。だからそこら辺が、どっちを重点に置くかですよ。

(絶対に成功させなければいけないと?) そう言う事ですね。やっぱりやるからには中途半端に終わったら何の効果もないわけですから、まぁ目的がもうそれなんで、その手段についての是非もありますけど、より確実に成功させるっていう所に重きをおいとったわけですよ。

まぁ当時、私の頭の中にはもうこれを間違いなく、あのー世に広めると、そういう考えしかなかったですから。

万が一テレビ局にねぇ、直接持ち込んで失敗したらもうそれで終りですよね。だからなるべく色んな可能性を考えて、まっ最終的にはああいう形になった。そういう事です。」

映像を広く知らしめる事に重きを置いたという一色氏。一番の目的はなんだったのか。

7e63a018.jpg

あの海域で何が起こっているかとか、普段一般の人が知れない所ですから、やっぱり見てそれでどういう事が起こってるか、でみんなどうせんといけないのかとかですねぇ、まぁそういう事を考える事の方が重要だと思います。

私の主張がないって言ったらウソになるんですけど、それは見る人が見て、自分で考えて、っていうのが私の主旨です。だからそこに解説してこれを見て何をしろとかですね、これを見たらどういう風にしろとか、こういう風に考えろとか、そういうようなんはなく、ただあの映像を一人一人見たら、一人一人考えがやっぱり違うと思うんですね。それはもう見た人なりの感想なり考えを持っていただいたらそれで良いと思います。」


一色氏が投稿した映像は海上保安庁が撮影したのべ10時間あまりのうちの44分。今回のように編集された映像ではかえって誤解を生むという批判について、こう答えた。

df71aa21.jpg
「それはそう思います。あの、っていうか、全面的っていうかまぁそういうビデオがあればね、私も当然やってたでしょうけどでも手元にあるのがコレだけで。そしたら何もせんでもええのかっていう、百かゼロかみたいな意見でも、

現実的に自分が出来る事っていうのはもうアレしかなかった訳なんで、まぁそれはそういう意見はそういう意見であるし、まぁ理解も出来ます。

でもまぁ不可能ですわね。それこそ本当の犯罪行為でもしない限りは無理ですから。まっそこまで自分の手持ちの駒で、出来る事をやったっていうそれだけです。

出来る事なら全てを公開すべきだと思いますけど。」

904b51fe.jpg

映像の公開が国家公務員法の守秘義務違反に問われた事については、このように反論した。

Q:あのビデオは秘密に当たるような扱いをされていたか?

「まぁ当初は全く。だと思います。」

Q:公開されなかった事についてはどう感じたか?

「まぁ、一貫してですね。公開しない理由ってのが分からないですから。そういう思惑があれば教えて頂きたいぐらいですけど。」

Q:官房長官も説明していたが、政府がビデオを出さない説明に関して現場の職員としてどう感じたか?

4fecab83.jpg

全くの詭弁っていうんですかね。裁判の資料って、、裁判なんて現実的に開かれるわけないんですから。まぁ言葉を遊んでるだけですよねぇ。」

政府の方針に反して映像を公開した事については、国民の議論を待ちたいと振り返った。

1c591ba9.jpg

「そういう政府の判断に逆らったっていうのはやっぱり、良いか悪いかと言ったら悪いことでしょうけどね。ただ自分としてやらなければいけない事をやったという、、まぁ逆に公務員はこんな事したらアカンっていう人もいますけど、

自分の中では、一日本人・一国民としてやるべきことをやったっていうそれだけの事です。

まぁ公務員っていうのは、むしろその、、国民全体に奉仕するっていうんですかね、そういう私なりの理屈ですねぇ。まぁその結果、もう職を失うんであれば、まぁ公務員っていうのはもうそういうものかと。

公務員だったら何も考えずに、事の善悪をね、考えずにひたすらやればいいのか。まっそういう考えもありますけど、それはどちらが正しいかっていうのはもうこれからも議論が続いていくところじゃないんですかねぇ。」

13b6c8fe.jpg

Q:英雄気取りとかいう事に対してどう感じるか?

「うーん、別にそう思うんだったら思っ、、それもひとつの見方ですからね。まっそれはその人のお考えですから。まぁただ自分の考えはそれと違いますけど。でもそれ違うから考え直せとかね、そういう風に自分の考えを押し付けるっていう事まではもう、、しないっていうか出来ないですし、実際問題。そこまでは考えてません。」(長くなったので後半へつづく・・)

後半は、奥さんとのやり取り・今後の事・上司への告白の様子・同僚たちへの思い・sengoku38というHNの真相・・などです。最後の金平キャスターの批判キター!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年12月21日11:10日・韓への中国の対応の違い(中国漁船体当たり事件)と、尖閣諸島最新映像 【スーパーニュース】

昨日のフジテレビ【スーパーニュース】(12/20)の独自ニュースとして、先日、石垣市の仲間市議らが尖閣諸島に上陸した時、

【独自】尖閣諸島2人上陸   【スーパーニュース】

撮っていた映像を流していたので記録しました(青字はナレーション)最新の尖閣諸島の様子を見て、掃除しに行きたくなりました。

175636c4.jpg
日本国旗が見える。」

・・大きな石に描かれた日の丸。そして日本国と書かれた文字。当初は、この魚釣島に上陸する予定でしたが、潮の流れが速く、船長の判断で上陸を断念。針路を変更し、南小島に向いました。

「波、相当あるよこれ。向こう行こう。」

8ec3a534.jpg f5d94b97.jpg
波の穏やかな場所を探し、海に向かって飛び込みました。
揺れる尖閣諸島の島への上陸映像。そこは青く澄み切ったサンゴの海。海の中を泳ぐこと50秒。沖縄県石垣市の仲間市議が陸地にたどり着きました。

59545030.jpg fb04fec8.jpg
「ただ今、時刻8時53分です。尖閣諸島南小島上陸でございます。」

まず、命綱のロープを岩に結び、島の調査を開始。

「まっ、このように、長いこと人が上陸もしない状況の中で、ごみが散乱しております」。

0d545605.jpg a0d2f77e.jpg
海岸は浮きや流木が覆い尽くしていました。
さらには、朽ち果てた船の残骸も。そして・・

「これが南小島のかつお節工場跡だと。石積みの建築が結構きれいに、石積みをされた擁壁が、今でもこのように残っております」

仲間議員が向かったのは、明らかに人の手で造られた石垣。

670a1ef4.jpg e22f059a.jpg
かつて、ここにはかつお節工場がありました。
明治時代には、こうした石積みのかつお節工場が、尖閣諸島のあちらこちらにあったといいます。

「これが入り口になろうかと思います。入り口から中へ入ってみます。」

1ed8a064.jpg

それは、日本人が確かに暮らしていたという事実を物語っていました。

「そろそろ、この南小島から離れます。」

仲間市議らは、およそ40分間にわたる現地調査を終え南小島を後にしました。

36dc8c6c.jpg afdc356e.jpg
そして、漁船に戻った仲間市議らが次に行ったのが、魚がどれぐらい獲れるかを調べる漁労調査
エサを下ろし、漁をはじめるやいなや、

餌を下ろした瞬間にかかるというのは(笑)何たる事だ、これは。」

63f50663.jpg
はえ縄を巻き上げると、
地元でアカマチと呼ばれる高級魚「ハマダイ」が次々と。

尖閣の海は豊かな漁場が広がっていました。

3ef80990.jpg aa709de2.jpg

このあと、仲間市議らが乗った漁船は、海上保安庁による船舶検査を受けました。
保安官「きのう、島に上陸された方っていらっしゃいますか?」
仲間氏「きのうはやってない」 保安官「今日は?」 仲間氏「今日はやった。はい、今日はやった。」 保安官注意してくださいね」  仲間氏「わかりました。」
乗り込んだ保安官の問いに上陸を認めた仲間市議。

保安官「今日、上陸したのは南小島?」仲間氏「そうです、はい。」
身柄を拘束されることなどはなく、保安官は漁船を離れました。

39b946e2.jpg 9397d644.jpg

先週、仲間市議が所属する石垣市議会は、1月14日を尖閣諸島開拓の日と定める条例を可決

これに対し中国側は、「領土主権を侵犯しようとするいかなる人の企みもすべて徒労であり、無効である」とする談話を発表しています。

(VTR終了 スタジオへ)

安藤氏「はい、木村さん、中国漁船が韓国の警備艇に衝突していった。で、方や日本の海上保安庁の巡視艇にもぶつかったこの二つ比べてみたいなと思うんですね。どういう違いがあるんだろうと考えました

071b2ed6.jpg
で、まず事件が起きた場所なんですけども、韓国側が主張していますこれ中間線なんですけれども、ほんのすぐ傍内側で、ここにオチョン島という島があるんですが、この沖合いで韓国の警備艇に中国の漁船が衝突した、これが今回の事件です。

一方ですね、9月、中国の漁船が海上保安庁の巡視艇に衝突してきた場所はもうコチラ、何度も繰り返していますが、これ日中の中間線のすぐ内側、尖閣諸島沖だった訳なんですけども、で、いずれもですね、中間線のもう非常ーに微妙な所で起きているという事が共通しているんですが、

ただですね、際立って違うのがこれに対しての中国の反応なんですね。

日本の事件に対して、中国はこのようにコメントしました。中国外務省は『以前から中国の領土であり、日本の領海だと主張するような行動はすべきではない』とこのようなコメントを発表しまして、ご記憶だと思います、あの釈放された船長がですねぇ、中国に戻った際には、本当に英雄視されるような報道がありました。

一方、韓国の今回の事件についてなんですが、これまでのところ中国政府としてのコメントは出されておらず、ただ事故として小さく報道されたという事だけなんですねぇ。

ただですねぇ、ここの領海については、これ韓国の領有権があるという事を結構もう明確に認識されている場所であるという事はあるんですけれども、それにしても違いやしないか?というこの点なんですよね、木村さん。」

73eadf24.jpg

木村氏「これあの、何が違うかっていうと実効支配が実はあるかないかの違いだと思うんです。で、日本は尖閣諸島には領土問題がないと言っている。なくていいんです。ただ中国側はあると言ってるわけですね。

そういう場合どうするかというと、これ色んな解決の仕方あるんですけれども、あのいずれにしても戦争になるか、国際司法裁判所になるかにしても、とにかく実効支配している国っていうのは、立場が非常ーーに強くなる

75223d3d.jpg
実効支配って何もその上に旗立てて、人が住んでるだけでなくて、そこに来たものに対して、その国の法律が毅然として適用されている、

つまり韓国はみんな逮捕しているわけでしょ。やっぱりそれは韓国領だ。韓国の海域だっていう事をハッキリしているわけですよね。やっぱりそういう事をしないと、その辺の所があやふやになってくる。日本は領土問題があるなしに関わらずですね、実効支配って事をもっと明確に打ち出すべきだと、、」安藤氏もっと毅然と、、はい。」

あらま?!  アレが小さな事故扱い?? 

鉄パイプとスコップで大立ち回り、韓国警備艇に体当たり  【ニュースバード】

韓国側の記者会見で「鉄パイプとスコップで・・」と言っていたし、死者まで出ているのに、どうしたことでしょう??(苦笑)日本は、そんだけ舐められてるんですよ!!

ちょっと脅せば、道理を引っ込める現政権ですからねぇ。石垣市の人達がこんなに頑張っているのに、何とか出来ないんでしょうか。国会議員が尖閣諸島大掃除に行くとか、豪華釣りツアーを出来るようにするとか、日本の領海なんだから、遠慮せずにちょっとずつやればいいのに。

いや、やるべきだと思います!

私は、その足がかりにまずヘリポートを造ればいいと思うんだけど、それを公約にする政党はないかな。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年12月12日15:56尖閣諸島上陸・武器輸出三原則見直し問題 安住VS石破 【新報道2001】

今日のフジテレビ【新報道2001】は、

『緊急SP!日本の安全保障徹底討論…北朝鮮暴走&普天間&中国問題で政府VS石破』という事で、なかなか見ごたえがありました。

その中で、尖閣諸島上陸についてと、武器輸出三原則見直し?についての安住氏と石破氏のコメントの部分だけ記録。フジ解説委員の平井氏の質問がナイス~

d77baa5c.jpg
須田氏
「・・あの、北朝鮮と中国という関係で今話を頂いたんですが、中国は日本に対するその直接的な脅威も、もちろん考えなきゃいけないという視点があります。おととい、あの尖閣諸島でこんな事があったんです。」

65a9c50a.jpgカメラマン「ああ、今1人が海に飛び込みました。そして今、南小島に1人が上陸しました。」(ヘリからのリポート)

吉田氏「えー、コチラは沖縄県石垣市の市議会議員2人が尖閣諸島に上陸した模様をFNNのカメラが捉えた映像なんですが、これに対し中国は、中国の領土と主権を侵犯したと非難する談話を発表していますけれども、安住さん、政府はこれに対してどのように対応していくんでしょうか?」

2e6c62bf.jpg
安住氏「まぁ我が国固有の領土ですから、あのー、ただ所有者の方の了解を得ないで入ったりしないように、まぁ冷静にやって頂ければとは思います

まっ特にあのー、お聞きすると、おー、市議会の議員の方々っていう話ですから、まぁその冷静な対応なさった方が宜しいんじゃないでしょうかという風に思います。」須田氏「石破さんは?」

0c0e53c4.jpg
石破氏
「うーん、この方はね、石垣の市会議員の仲間さんと仰る方ともう1人の方なんですけどね、ずっっっとこう、この尖閣の実効支配という事について、我々の時代も含めて、政府がきちんとした対応をしないと。

だからあそこは石垣市のテリトリーですのでね、だから石垣市の代表たる市会議員として、そこへ行かなければどうにもならないと

で、彼は先日も来たんです。市長さんなんかと一緒にね、東京に。だけど、総理も会わなかった。外務大臣も防衛大臣も会わなかった。じゃあいくら言ったって聞いてくれないじゃないかという事があるんですね。

2759f91f.jpg
彼らは別に好き好んでこういう事をやってるわけじゃない。私達の時代も含めて、石垣市の考えている事、沖縄の人達の考えている事、その事をもっと自分の事として捉える姿勢ってのは必要なんだと思います。

だから、これを事なかれみたいにね、静観しても駄目で、どういう思いで彼らがやっているか、それに対して日本政府は真摯に答えているかっていう事が問われているのかも知れません。」

須田氏「あのー、日米統合総合演習が終了したという事は先程もお伝えしましたが、まさにその尖閣諸島など島嶼防衛に応対した作戦訓練も今回の訓練では展開されたようです。中国を牽制する狙いもあると思うんですが・・」(中国の国防費の年々の膨張の分析など 略)

尖閣諸島上陸の件、安住氏に政府の対応について詳しく言ってほしかったです。

石垣市の皆さんが上京した際会ったのは、外国人参政権の件でテレビで堂々とウソをついたアノ末松議員でした。《国民の怒り第2位「外国人選挙権」  【太田総理】》

ここから防衛大綱と社民党についての話です。

6bc84030.jpg
吉田氏
「・・この大綱を元に、今後予算や自衛隊の配備などが決まっていくという非常に重要なものなんですが、ここに来て、菅政権と社民党が接近した事で、兵器の国際共同開発などが行えるようにする為の武器輸出三原則の見直しは明記を見送る方針を決めたという事なんですが、平井さん、この民主党と社民党の復縁の動きといいますか、このあたりはどうでしょう?」

ff9d08f3.jpg
平井氏
「これはね、ちょっと安住さんに一言文句を言っておきたいんですが、

その防衛大綱の2つの目玉があって、そのうちの1つが武器輸出三原則の見直しだったんですが、これがまぁ社民党の反対で見送りになったと

あのー、安住さんね、たった10人しか国会議員がいない政党の考えでこの日本のここ10年間の国防政策が変えられる、、ちょっとおかしいんじゃないかなと思うんですね。

で、目玉のもう一つである南西重視。まさかこれもですねぇ、社民党がガタガタ言ってますが、これについてはまさか変えるという事はないですよね!、安住さん!」

09aebf41.jpg
安住氏
そんな事は絶対にさせません

あの武器輸出三原則の話もちょっとあの、そこに明記見送りと書いてありますが、まっ原案の中では、見送っているのではなくてあのー、明確に変えますっていう事は大体その実は、大綱というものの書き方によるんですけども、大綱というのはこの10年でこういう方針で行きますよっていうのを書くわけですよね。

32e97248.jpg
で、その中ではですね、あの素案って言いますか、あの今抱えている、例えばその国際共同開発の流れ、それから例えばPKOなんかで行った時に資材をそのままその途上国に例えばそのまま供与するとかですね、なかなかままならないような状況。

こういう事については、きちっと問題として列記をして、今後はやっぱり検討して行きましょうっていうようなですね、事は是非書かせてもらいたいと、今、調整をしている最中なんですね。」吉田氏「ああ、そうですか~!?」

須田氏「石破さん、そういう中、社民党へ菅政権がこう呼びかけている声を掛けたという、この事態をどう見ますか?」

da049833.jpg
石破氏
「うーん、だから、福島さんがね『私がブチ切れるような事は言わないでね』と(菅さんに対して:須田)言ったわけですですよ。

彼女がブチ切れるってのは何かって言うと、普天間を辺野古に移設する・・ブチキレましたね。武器輸出三原則を解除する・・ブチキレますね

だけどその事がどれだけ国にとって大切かって事なんですよ。

私はね丁度10年前、安住さんの立場にいた。防衛庁副長官やった。その時からどうやってこの武器輸出三原則というものを解除するかという事を考えてきた

dea81f5d.jpg
いいですか。戦闘機にしろ、潜水艦にしろ、あるいはイージスにしろ、一回持ったら30年使うんですよ。30年間の時代の変化に耐える物を造らなきゃいけないんです。

だとすれば、共同研究・共同開発しなければ30年間耐えられる物を造れない中国の軍事費の伸びっていうのは、金額もそうですけど、中身が物凄く高度化してるんです。第5世代の戦闘機も造る、静粛性の高い原子力潜水艦も持つ

だとするならば30年先を見越して日本は最先端の技術を持たなきゃいかんじゃないですか。財政が厳しい中、少しでも質を抑制しようと思えば、それは共同研究・共同開発するとが大事じゃないですか。色んな国とやろうと思えば同じものを持って、みんなが使う事が大事じゃないですか。今さえ良きゃいいんですか。

30年先を見越してどうやるかってのはまさしく今の菅政権が決断すべき事だと。今まで色ーんな人達が努力して努力してやって来たものを是非無にしないで貰いたい。」

72070ab8.jpg
安住氏
「私もあのー、これは石破前大臣と全く同じ考えでして(笑)、実は今武器の話なさいました。共同開発から遅れるとですね、結果的にやっぱり2倍近いお金を払ってその武器を購入しないといけない。

尚且つ壊れた時にですねぇ、そのまま日本国内で例えば直せなくて、それも何十倍というお金でまた払う。この財政難の時にそんな事また続けるのかと。

それからもうひとつはですね。(自民党時代に例外にし、提供している地雷除去装置については、国際平和に役立っているという話)

ですから、私は是非あのー、社民党の皆さんにもお願いしたいのは、こう頑なな態度じゃなくて、ひとつずつ是非あの認識をしていただいた上でね、日本の今の抱えているこの問題点、そもそもこれ佐藤内閣のですね、共産圏に対する輸出規制から始まっているですね、非常に時代に合わなくなってきた現状っていうのは、是非ここは分かっていただきたいという風に思います。」(日米同盟の話など   以下 略)

安住氏は、石破氏が喋っている間中、頷きっぱなしでした。

で、安住氏は社民党との連立は絶対にないと断言していたし、武器の国際的共同研究・開発はする?ように言っていました。ホントかな~?

とにかく、社民党みたいな党が日本の政権の舵に手を伸ばすなんて以ての外!民主党支持者も怒るべきだと思います。あと、大連立の事も石破氏はキッパリ否定していたので安心しました。

石破さんの分かりやすい解説と、安定感はやっぱり素晴らしい!! 『日本国はどうあるべきか』がよーく分かるもん!☆どっかの総理大臣も見習ってほしいものです。

沖縄県石垣市の市議会議員2人が尖閣諸島に上陸した模様をFNNのカメラが捉えた映像の詳細はこれです。

【独自】尖閣諸島2人上陸   【スーパーニュース】
99c6ae85.jpg

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年12月10日21:00【独自】尖閣諸島2人上陸   【スーパーニュース】

フジテレビ【スーパーニュース】で、

【独自】尖閣上陸のニュースをやっていたので、取り急ぎ記録しました(青字はナレーション)

何気に見ていたニュースの映像に、日の丸をなびかせた船が映った時、思わず拍手☆

6757369f.jpg
安藤氏
「えー今朝、尖閣諸島の南小島に、石垣市議会の議員2人が上陸しました。

9月の漁船衝突事件では、中国人船長は起訴猶予となっています。果たして今回の2人は。」

73136d83.jpg a9165f12.jpg

カメラマン「ああ、今1人が海に飛び込みました。」(ヘリからリポート)

突如、海を泳ぎ上陸したこの島は、あの尖閣諸島の南小島。いったい何のために・・

カメラマン石垣島からおよそ170キロ離れた尖閣諸島に来ています。」 (ヘリからリポート)

朝焼けの中を進む一隻の漁船。その彼方にかすかに見えるのは尖閣諸島の魚釣島。船は北小島と南小島の間で、その船上には日の丸がはためいています。

443543f4.jpg a36114f5.jpg
中山市長
現場で調査する権限があると認識しておりますので、、」

10月、沖縄県の石垣市議会は固定資産税の評価や生態系調査の為、行政区画内の尖閣諸島に上陸する事を全会一致で議決。

99c6ae85.jpg 13c2aa6c.jpg
仲間市議「まぁ国からの回答もありませんから、、
これはもうあのー、何かしらの手を打たないとというのが我々の考え方ですから、、」

尖閣諸島へ向かったのは、仲間均議員箕底用一議員の2人。

22c95015.jpg 311c549f.jpg

政府に上陸を認めるように要求したものの、明確な回答がなかったため、上陸を強行したという事です。

35b098d7.jpg 60d73b37.jpg

カメラマン「今、石垣市議員を乗せた船が北小島と南小島の間にいます。」(ヘリからリポート)

昨日石垣島を出向した漁船は、石垣島からおよそ170キロ離れた尖閣諸島付近の海上で一夜を過ごし、今朝南小島に接近そして8時50分頃・・

カメラマン「ああ、今1人が海に飛び込みました。」

箕底議員が海に飛び込み上陸。その後2人は鰹節工場の跡地などで調査を行いましたが、上陸時間はわずか40分。調査内容について上陸後2人は・・

2a639767.jpg fc151472.jpg

仲間議員「大体ですね、20分くらいですべて回って、鳥はアホウドリが北小島の方に、、」

9月の漁船衝突事件では逮捕された中国人船長は、起訴猶予に。

今回上陸した日本人2人に対し、刑罰に科すにはより慎重な判断が必要になると見られます。

a67f34f5.jpg 823affd7.jpg
仙谷氏「あのー、現在海上保安庁航空機および巡視船が現場に急行して事実確認を行っているという風に聞いております。

政府としては何人も尖閣諸島への上陸は認めないという方針をとっておりますので、それを堅持していると、、」

菅氏「まぁ現在海上保安庁が事実関係を把握しているとそう承知してます。」

これに対し石垣氏の中山市長は・・

c926b4f7.jpg 0dd64fe8.jpg

中山市長私も行きたい(笑)一緒に行きたかったぐらいですので、えー、彼らの行動はね、あのー、しっかり議員としての思いで活動したと確認しています。ええ。」

Q:中国の方から反発も予想されますが・・

中山市長いや、反発も何も日本の領土ですのでね、問題ないと思います。」

240725ff.jpg cd2b78bb.jpg

仲間議員誰が何と言おうが、これは我々の使命だし、中国の事がどうのこうのということはありません。」

中国側の反応次第では再び日中間で尖閣諸島が政治問題化することも予想されます。

(VTR終了 スタジオへ)

安藤氏「えー、これについてつい先ほどなんですが、東京都の石原知事が次のように述べています。」

e5e8008e.jpg
石原氏良いいんじゃないですか。まぁ、どういう目的か知らないけど、
何か態度で示さなかったらこのままズルズルズルズル乗っ取られちゃうから、、」

eb16902e.jpg
安藤氏
「えー、今回ですね、石垣市議の2人が上陸した尖閣諸島の南小島、この赤で示している所ですが、この南小島というのは、元々個人が所有をしています。

で、それを国がおよそ年間190万円で借り上げていまして、石垣市のこれは行政区域という事になっています。

よって石垣市は固定資産税の評価などの調査などの為に上陸を求めるよう関係省庁にこれまで要請をしてきました。で、平松さん、この背景にはですね、もちろんその自分達の領土であるという事もそうですが、石垣の漁民たちが本当にいろんな意味で不安を覚えているんですよね。そうした不安感をまぁ救うって言うんでしょうか、そうした思いもあったのではないかという事も推測されます。」

da42b0ad.jpg f672a3b5.jpg

平松氏「そうですね、あの頻繁に中国・台湾の船がやってくるという事ですよね。

で、政府の許可を取らないとですね、ここは先ほどもありましたように上陸出来ないんですけども、その一方で政府はあのー、今年に入って民主党政権になってからも、固有の領土だと日本の。これは間違いないといっているわけですよね。

この話題になると必ず、中国漁船の船長ですね、あの海上保安庁の巡視艇にぶつけた、保釈されて帰った時、船長がどういう歓迎を受けたかというあの映像を思い出すんですよね。まぁ中国ですのですべて真には受けれないと思うんですけども、

それと引きかえ今回日本政府はですね、どういう風な反応、このあと実質的に出すのか注目されます。」安藤氏「はい」以上

石垣市議の仲間均議員と箕底用一議員と中山市長、素晴らしい! 感動!

波が高かったようでしたが、ご無事で何よりです。本当に乙です。

小船に日の丸、なんか私まで誇らしかったです。それにしても石垣から遠い・・やっぱヘリポートが急がれますね!

中国の反応なんか知ったこっちゃないけど、この市議2人への罰則があるとしたなら・・もう許さん

それにしても政府の柳腰発言・・情けない。いつまでも誰も上陸させないなら、建造物も造れないし人も住めないじゃん!(呆)「固有の領土!」と言うだけでは、尖閣諸島は守れないよっ!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月22日11:33『釣魚島、我々が来たよ』 中国紙、尖閣沖監視船乗船ルポ 【朝ズバッ!】

先週末から、また中国のちょっかいが始まりましたね。

TBS【朝ズバッ!】で、中国の漁業監視船の事を詳しくやっていたので記録しました(青字はナレーション)

中国紙の尖閣沖乗船ルポが、笑っちゃいけないけど笑えます・・

海上保安庁の巡視船とにらみ合うように航行する中国の漁業監視船。そしてその船上には砲台が。

e460f395.jpg ef14cd9b.jpg
山田氏「このように前方に機関砲が設置されています。」

この週末、沖縄県尖閣諸島沖に再び緊張が走りました。おととい午前、尖閣諸島魚釣島周辺で、領海外側の接続水域を航行中の中国の漁業監視船2隻を、海上保安庁の航空機が発見しました。

3a7d621e.jpg bbfe2149.jpg

海上保安庁の巡視船は領海内に入らないよう警告を発しましたが、漁業監視船は、「正当な任務にあたっている」と答え、その後も接続水域での航行を続けました。
発見された船は、中国農業省に所属する「漁政310」「漁政201」

このうち、「漁政310」はヘリコプター2機を搭載できる最新型の船舶で、

今回が処女航海です。海洋事情に詳しい専門家は・・


a17782bd.jpg
山田氏この船は日本の海上保安庁の巡視船に対抗する為に造られた物と。

以前出てきた漁業監視船と違って、武器を掲載することができると。おそらく22ミリの機関砲だと思うんですが、、」

0be9d17a.jpg 5cf3b9f5.jpg

今月13日、APEC開催中の横浜で実現した、中国・胡錦濤国家主席との日中首脳会談。

そのわずか3日後の16日。「漁政310」はアジア大会で沸く、中国の広州を出航しました。

1d122152.jpg
 「周辺国やその他の国家が、我々の海で権益に対して、
挑発や妨害を行うことを我々は防ぐ」(中国農業省 南海区漁政局責任者)

11773ddd.jpg

山田氏「中国の内外に対して自分達の考えは日中首脳会談があっても、東シナ海は中国の海なんだという主張には変わりないという事をあえて見せてます。」

e4715159.jpg f9b116d5.jpg

『これが我々の中国の釣魚島だ!』

中国の新聞、南方日報の記者は「漁政310」に乗り込み、乗船ルポを掲載

尖閣諸島に近づいた時の様子をこう伝えています。

22675260.jpg c20d6653.jpg
  〔その時、船内のすべての人はみんな感激し、『釣魚島 我々が来たよ』と歓声を上げ、到着までの4日間の疲れも忘れ、顔は興奮に満ちていた〕

また、日本の海上保安庁の巡視船が領海内に入らないよう警告した事について・・

01648bcb4ce.jpg
〔日本側の不当な妨害に遭遇した〕

〔しかし我々は『釣魚島は中国の神聖なる領土であり、自国の海上保安庁域内で正常な漁業管理任務を遂行している』と厳正に拒否した〕

8ba2eef3.jpg
おととい朝発見された二隻の中国の漁業監視船は、一時、領海侵犯すれすれの地点まで接近その後も領海に沿う形で航行を続けていました。

そして、発見から30時間以上経過した昨日午後4時20分頃、二隻の船は接続水域を出て、西に向かって次第に遠ざかりました。

bb3d15a3.jpg

山田氏「もうこれからは頻繁に、この船が登場してきた、、これはもう明らかに東シナ海対策ですので、今後は頻繁に(中国の漁業監視船が)出てくることになると思います。」(スタジオでは素人コメンテーターが 「凄く威圧的ですよね~」「国同士の話し合いをしてほしい」というような感想 略)以上

ご存知の通り、中国は勝手に尖閣諸島や南沙諸島・西沙諸島などを自国の領土と法律で定めているので、それに沿った動きですね。

中国は92年に制定した自国の領海法で中国の領土と明記し、台湾は99年に領土として領海の基準線を定めた。

(読売新聞《中国、台湾が一方的主張…尖閣諸島なぜトラブル》より)

国防動員法、超限戦 などを見ても侵略する気満々です

国防動員法、超限戦、中国総領事館の広大な土地取得問題(浜田和幸氏質疑)【国会中継】

↑この、前原外務大臣と北澤防衛大臣の認識だと、民主党には領土を守る気がないというのを感じまねぇ。 まぁ~暢気な事・・・  ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

私は、早急に尖閣諸島を国有化して、建造物を建てるのが一番の対抗措置だと思います。

中国国旗を島に突き立てられる前に、菅政権は何をするんでしょう??

得意の「見守るだけ」のような気がします・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月09日17:18海上保安官、命がけの任務    【ひるおび!】

TBS【ひるおび!】斎藤哲也のひるトク!のコーナーで、『流出ビデオに見た緊迫の現場 海上保安庁”命がけ”と”意外”な任務とは!?』というのをやっていたので記録しました(青字はナレーション)

ただし、長いので山田吉彦教授の解説 以外〔〕内は要約。

海上保安庁の崇高なお仕事の話でまとめている中、最後の大谷昭宏氏のコメントに注目してください。( ゚д゚)ポカーン

0dd7dfaa.jpg

(海を守る3つの組織   水上警察・海上保安庁・海上自衛隊 の説明)

(豆知識? 大谷氏は海上保安庁のアドバイザリースタッフとの事。)

海の警察・水路の測量・海図の作成・船舶火災の消火・海難救助の任務などなど。

命がけの任務

0e86be20.jpg

2001年12月 九州南西海域で、領海侵犯した北朝鮮の鋼索線と日本の巡視船が銃撃戦   海上保安官3人が負傷

3f47d2d8.jpg
海上保安庁が北朝鮮の工作船を追尾し、停船命令を出すも無視され、やむなく威嚇射撃を行いました。
すると工作船も海上保安官の巡視船に対し発砲。激しい銃撃戦となりました。交戦の末、工作船は自爆し沈没しました。.

57c07df1.jpg

斎藤氏〔のちに引き上げられた沈没船の中からは、ロケット砲や二連式の機銃などの武装品が見つかった。〕

f8caee19.jpg 430ed542.jpg

山田氏「本当にこの時もそうなんですけど、戦地に、、最前線ですので、相手は撃って来る。撃って来るところに海上保安庁の方は極力相手を傷つけないようにっていうもう大前提があるので、非常ーに厳しい状況で戦ってるんです。(まさに命がけ?) はい。」.

ff0be38a.jpg

2005年5月 長崎県対馬沖で、韓国漁船が領海侵犯して、その立ち入り検査のため、海上保安官2人が乗り移ると・・

5ee4b5fc.jpg 1a52f7af.jpg
領海侵犯した韓国漁船の立ち入り検査の為、2人の海上保安官が乗り移ったところ、
韓国漁船は2人を乗せたまま、韓国領内へ逃走しました。

5df0ec52.jpg 96c63ede.jpg

斎藤氏〔実は2時間半後にこの保安官2人は解放。その後、韓国漁船側が違反金50万円を納付。船長の取調べを韓国側が行う事で日韓が合意。」

山田氏「これは対馬沖の事件だったんですけど、1人は海に落ちてしまって、で漁船の方に漁民に取り囲まれて、まぁ殴られる、それで拘束されてしまう。」

斎藤氏夜の11時半頃という事で暗い海の中、波で揺れる中飛び移る時に、1人の方が海に落ちてしまい、その方を助けている間に漁船が2人の保安官を乗せたまま逃げたケース。

山田氏「通常のケースじゃないんですよ。常に荒れているので、その中で行動しなければいけないので、非常ーに厳しい。当然訓練も厳しいです。」

(ほか、海底火山測量中の事故で31人が殉職事故 )

a77fb6ae.jpg 91a5cd50.jpg

海難救助→潜水士(海猿)

1981年2月 長崎県五島沖 18人が乗った釣り船が転覆したまま3日後、港にけん引されてきた船に生存者がいることを潜水士が発見

30a7804c.jpg bf464330.jpg
18人を乗せた釣り船が転覆して3日目。
その船が港に曳航されてきました。誰もが生存者の可能性は諦めていたと言いますが、1人の海猿が・・.

「生きてるんですか!?」「まだ確認してないけどね、足が動かないって」

ac675b5a.jpg

生存者のかすかな声を聞き逃しませんでした。そしてすぐさま船底を切断。2人の男性が奇跡的に救出されました。

斎藤氏〔36歳と56歳の男性が76時間ぶりに救出されたが、そのわずかな音を潜水士が聞き逃さなかった。〕

2f4fa8d4.jpg

昨年10月 伊豆諸島・八丈島近海 8人が載った漁船が転覆。約90時間後、潜水士が生存者を確認し3人が救出された

356cefe8.jpg 8a0397fe.jpg
斎藤氏〔居住区、わずかな隙間に残っていた空気を頼りに、3人の乗組員の方々が助けを待っていた。下から潜って生存を確認し、自分のその空気ボンベを咥えさせながら、リレー方式で水面へ導いた。〕

8b42e1fb.jpg
山田氏「いつでも対応できるようにしておりますので。

これ以外にも海賊対策ですとかですね、あの油が漏れた時の対応というのを海上保安庁やっております。ナホトカ号の時も前面に出て海上保安庁が油を回収して。」

55bdc8d4.jpg

(海上保安官、潜水士(海猿)になるためには という話など 略)

中国漁船衝突事件について、命がけで日本の海を守ってきた海上保安庁のOBは・・

元主任航海士のAさん

d0c6cec5.jpg 5be416be.jpg
これまでも中国船は次々と日本の領海内に現れ、やりたい放題だったが、

こちらは実力行使をせず、相手のスピードに合わせて追いかけ監視をするだけだった本当に腹が立ったが、中国の船がぶつけてくる事は絶対になかった。」

  「命がけで船長を逮捕したにも関わらず、釈放とは、OBとしてハラワタが煮えくり返る思いだった。現役の保安官はもっと悔しい思いをしている。

ただ、ビデオから命がけの仕事だと分かってもらえたと思う。」

e87e2b0f.jpg

山田氏「例えば北方領土、、以前はですね、ロシア側が撃って来る盾になって、撃っている間に入っていくという事もやってます。本当に命がけですし、そのための日ごろの訓練ですね、かなり精神的にも追い込んでやっていますので、是非評価してほしいと。

今回も映像を見れば、本当に彼らの仕事が重要だという事が分かって頂けたと思います。」

恵氏〔陸のおまわりさんと違って、こういう事がないと、こういう活動、あっ、日本を守ってくれてんだって、なかなかわかんないですもんね、大谷さん。〕

3a4b7296.jpg
大谷氏「あのー、今の時点でですね、もし彼らが義憤にかられてやったんだというような事でですね、判断してしまうとですね、そりゃやっぱり軽率だと思うんですね。

(大声で)まずは検挙してですね、何の目的でやったのかと分からないとですね、

あたかもその義憤にかられたねずみ小僧だという風に考えていくとですね、これ全然違う目的で流出しているかもしれないし、もし内部だったらああ言う事をしたら、本当に不名誉な事になるわけですよね。

ですから、まずはきちんと誰がやったのか、それから一体どういう目的だったのか、という事は検討すべきであって、ちょっとあのー、早計に過ぎる様な気がするんですね。」

01854669.jpg

恵氏「はい、でも全員が全員海猿じゃなかったんだなとか、海上保安庁の仕事が今日良く分かりましたね、山田さん、どうもありがとうございました。」 以上

一応、このコーナーのテーマは『命がけの海上保安官のお仕事』です。

大谷氏は聞かれた事と全然違う事をコメントしていて、間抜け。

いつも「透明性、透明性」って言ってるから、「内部告発だっ」って言うならまだ分かるけど。

司会の恵さんが慌てて軌道修正していました(苦笑)

今、日本国民が心して考えないといけないのは、「領土をいかにして守るか」のはず。

その為には、海上保安庁の仕事を少しでも理解して評価しないといけないのに、大谷氏はアドバイザーかなんか知らないけど、トンチンカンすぎる。

で、最後のコメントをした海上保安庁OBのAさんは、中国船は絶対にぶつけてこなかったと言ってたけど、こんな風に石?を投げつけられたり、少々の接触はやはり日常茶飯事なんでしょうね

海保・巡視船「ばんな」「きりしま」 VS 中国漁船

北朝鮮不審船との銃撃戦や、トンデモ韓国船事件や海猿の救出活動など、改めて凄いなぁと思いました。心から敬意を表します。感謝。

現場はこんだけ頑張ってるのに、政府がアレすぎ・・トホホ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月07日12:09海保・巡視船「ばんな」「きりしま」 VS 中国漁船

ちょっと、この動画見てください。中国船から撮った映像なんですが、日本の巡視船に何か物を必死に投げ込んでいる所から始まります。

で、海上保安庁の巡視船に何度もぶつかって(ぶつけて?)います。波しぶきもスゴイし、命がけだという事が分かる。途中に映る真っ赤な国旗がとにかくムッカつきました。!

中国語なので何言ってるのか分からないのが歯がゆいです。

まぁ、こういう危険行為は、日常茶飯事なんでしょうね・・

最初の巡視船は「ばんな」。二隻目は「きりしま」って読める。ヘリも飛んでるし、このあとどうなったんでしょう!?

動画説明文

【ようつべより転載】2006年の映像らしいですが、海保の船とヘリに囲まれて確実に捕まってるだろうに、この映像がどこから中国側に流出したのか気になる所です。それとも上手く逃げ切ったから存在する動画なんでしょうか。こちら(下記URL)がうp主の中国人のようですが「2006年日本自衛隊」と題名にしてる所がなんとも・・・wwhttp://www.youtube.com/watch?v=JjnhsAKQg9c&feature=player_embedded


【ニコニコ動画】【尖閣】中国漁船側から撮影された映像【2006?】

とにかく中国人、凶暴すぎーーー

海上保安庁の強化が急がれますね!法律も整備すべき!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月28日17:55国防動員法、超限戦、中国総領事館の広大な土地取得問題(浜田和幸氏質疑)

ワイドショーは、事業仕分けと、蓮舫VS進次郎の話しかやりませんが、外交防衛委員会では、中国に関して大変重要な質疑がありました。

テレビでは絶対にやらないので、文字起こししました(ただし流れはそのまま要約)

国防動員法はもうご存知だと思いますが、超限戦って知ってす?もう小説みたいな話です。

あとメディア戦略、対中ODAの質疑等・・これは必見ですよ!☆ 

【動画説明】2010年10月26日 外交防衛委員会 浜田和幸(自由民主党) TVタックルやチャンネル桜でおなじみの浜田和幸さんが様々な中国問題にツッコミまくります。

【ニコニコ動画】新潟中国総領事館拡大移転問題に迫る

浜田氏「自民党の浜田和幸です。まず前原大臣に伺う。

ニューヨークタイムズのピューリッツァ賞に2度受賞している看板記者ニック・クリストフをご存知と思うが、彼が『尖閣列島はどう考えても中国に分がある』と述べ、それに対しNYの総領事館の川村氏が、『これはおかしい』と資料を持ち込んで反論した結果、10日後にやっぱり資料も読んだが納得できなかったという記事を書いている

NYの川村氏が日本の立場を言うのに行ったは良かったと思うが、結果的にそんな資料では納得できなかったと世界に明らかにした。これは日本の対外広報活動として不十分だと思うが、それも含めて、今回の事で外務省として、尖閣問題をどれくらいのお金を使って世界のメディアにアピールしているのか? 今の状況では不完全だと思わないか?」

前原氏「尖閣の歴史的な経緯から見ても、誰がどう考えても日本の固有領土だし、先占という形で10年間、じっくり見極めた上で1895年1月14日に。そういう歴史的な経緯を見れば、私はしっかり説明すれば日本固有の領土だと分かってもらえると思う

川村氏とその記者のやり取りを把握していないが、NYタイムズは影響力のある新聞なので事実関係を調べて、もう一度ちゃんと懇切丁寧に説明して来いと指示する。」

浜田氏「是非。NYタイムズだけでなく、ヨーロッパ、アジアのメディアに対しても同じような、きちんとした事実関係を説明する事で日本の立場が守られると思う

今回の事も、中国側は相当戦略的に自国の主張を通す為にお金も人員も投入している。そういう点でまだまだ外務省のお金の使い方に問題があるんじゃないかと思う。

例えば『外交フォーラム』廃刊にし、新しい『外交』という雑誌を発行した。(その雑誌に前原外相ではなく、岡田氏が辞めた後載り、尖閣問題には触れていない点を指摘) そんな広報活動で日本の立場を強められると思うか?」

前原氏「ご指摘に様に広報は大事だ。私も出来る限りやっているが(具体的説明)、委員のご指摘も踏まえて更なる広報活動に力を入れたい。」

浜田氏「それは大変結構だが、問題は中身。例えばロシアの報道は、日本は尖閣問題で事実を捏造していると様々なメディアを通じて世界にアピールしている。それは中国側が手の込んだアピールをしている結果だと思う。

日本側は『尖閣は日本固有の領土』と言っているが、ロシアではその更に400年前から中国の領土であった」とその彼らが捏造している。で、日本に対しては日本が捏造していると。そんな捏造合戦。外から見る目は必ずしも日本の立場が通用していない

中国はワシントンのシンクタンクに相当お金をつぎ込んでいる。日本はどのくらいお金をつぎ込むのか?」

前原氏「お金をかければ良いというものでもないと思う。日本の立場を理解していない国に対しては引き続きしっかりと働きかけが大事。ラブロフ外相にはNYのG8でかなり丁寧に尖閣の歴史・今回の事件は説明した。

各国の主要紙には、日本の立場を理解した記事・コメントが載っているのも事実だが、そうでないのがあるのも事実。どういう報道が為されているのか委員にも教えて頂き、理解していない所には説明し、きめ細かな対応をしていく。」

浜田氏「是非よろしくお願いしたい。次に北澤防衛大臣に聞くが、中国の超限戦2000年から現役の空軍の将校たちが、禁じ手を使っても、いかに自国の利益を拡大する為に内部資料として作成し、それがアメリカの注目を浴び、中国が最もアメリカにとって脅威だという事で、国防総省も大いに感心を寄せていた。この超限戦の中身は把握されているか?」

北澤氏「あのー、超限戦については、一時、相当流行り言葉のようになった時期があった事は承知している。」

浜田氏「10年前、流行り言葉になり、オウムの地下鉄サリン事件を超限戦として中国も大いに学ぶべきだと出ている。要するに生物化学兵器を使ったり、今回の漁船、、というフリをして日本の領海に侵犯し、領土問題がないにも関わらずあえて問題を意図的に起こす、これも中国の超限戦の一種だと思うが、大臣はどう思うか?」

北澤氏「あのー、これについては、21世紀の戦争は全ての境界と限度を越えた超限戦・ボーダレスの時代だと言っている事は承知しているが、しかし現実の今の尖閣問題を含めて、この説が中国において一定の意図や目的に基づく関与があったか、防衛省としては確たる事を申し上げるに至らない。」

浜田氏「アメリカの海軍分析センターの中国研究所の主任研究員のリーン・チェン氏がアメリカの財団を通じて、今回の尖閣問題に関し、これは中国政府が漁船を仕立てて故意に尖閣で問題を起こした。と分析し発表ている。これは超限戦と受け取れないか?」

北澤氏「これはあくまでも仮説に基づく論で、私の立場でそれに限定的に申し上げるのは適切でないと思う。」

浜田氏「ご承知のように7月1日、中国は『中国国防動員法』を可決した。これはまさに軍・民結合の観点で、事が起こった時は民間人を戦争に動員することだが、

問題なのは、国防動員委員会の総合弁巧室 ハクジコウ少将曰く、『有事が起こった場合には、中国に進出した外資、合弁企業も国防、動員の対象になる。更に日本に進出している中国人、企業・個人問わず、事が起こった場合には、日本国内で蜂起する。』そういう中身だが承知しているか?」

北澤氏「私が承知しているのは、この中華人民共和国国防動員法の法律について、国家の主権・統一・領土保全・安全が脅威にさらされた場合を念頭に民間資源の徴用等を含む国防動員制度を全面的に整備したものと承知している。」

浜田氏「その通りだが、その場合に、日本企業が中国に多数進出しているが、中国政府が日本企業の持っている人材や技術。中国の国防増強に欠かせないものがたくさんあるが、そういうものを意図的に中国政府が、この動員法を通じて徴用する可能性もあると思うが、その対策を考えているか?」

北澤氏「これはあくまでも中国の国内法であり、これを捉えて今とやかく言うのは、干渉的に取られる可能性があると思う。

しかし一方で仰るように、日本の企業や資源が中国に没収されるというのは極めて遺憾な事

しかし過去の歴史を見ると、日米間も本当の戦争になった時に発動されているわけで、

ちなみに日本も昭和16年に総動員令法発令したが、中国も全く同じ事やっているなぁとしみじみ感じた次第。(終身雇用に関する北沢氏の見解)人間の考える事は似ているなぁと感じた。」

浜田氏「確かに似ている部分もあるが、中国人と日本人の発想、あるいは中国政府の考えている軍事戦略と日本の考えは大きく違う

例えば今回の尖閣の件も、解放軍報(中国人民解放軍の新聞)によると、過去において1千隻近くの民用船で装備を整えて上陸演習を実施する計画があった。しかし今中国は民間の漁船、数十万隻持っている。そこにそういう意図を持って最低10人ぐらいの漁民?軍人?を日本に上陸すれば数百万人の規模で日本各地の離島や防備の薄い所に上陸できる。場合によっては一千万人近く動員をかければ日本はあっという間に侵攻される。

かつて国会の場で議論になったが、旧ソ連が新潟に銃砲を持たないで上陸した場合に日本はどう対処するのか 。その時には鉄砲を撃ってこなければ対処する方法がないと。

今、中国が考えている一種の超限戦においては、漁民とカモフラージュした形で日本に上陸したら日本はどう反応するのか冷静に判断していると思う。

そういう中国の戦略的な意図を、日本と中国は総動員法に関して、同じ発想だから心配ないと無視して良いのか?」

北澤氏「あのー、中国はもう間もなく日本を抜いて第二位の大国になろうとしている。これは世界中のあらゆる国と貿易をする中で成り立った大きな地位なので

今、仰った事はひとつの危険性として論理は成り立つが、世界全体の流れの中で中国がそういう事を選択するのかといえば極めて可能性は低い話だ。

ただし、防衛省とすれば、どんな小さな可能性でも様々な観点から研究は怠らない。」

浜田氏「是非その研究を続けて頂きたいと思う。

昨年の3月南シナ海で、アメリカの調査船に対する中国の妨害対策。

中国人は国際社会の一員でありながら、国際社会での常識が通用しない面もある。

次に前原大臣に伺うが、中国の外務省が日本国内の土地取得。新潟万代小学校の跡地5000坪。名古屋元国家公務員宿舎名城住宅3000坪、購入の動きを進めている。目的は中国の総領事館の敷地として使いたいという事だが、現状、承知しているか?」

前原氏「名古屋は東海財務局と交渉中であり、同じく取得を希望する愛知学院大学との取得面積、ロケーションの調整が必要と報告を受けている。

新潟は在新潟中国総領事館が関心を示しているという事で、住民に対し説明会が行われたと承知している。」

浜田氏「中国は今や日本を抜いて世界第二の経済大国、2兆6000億ドルの外貨を持っている。お金の力で日本の国有財産や地域の土地をどんどん買い占める。コレまでは山林資源や水源の売買についての動きだったが、今はもっと広がってきている。

特に総領事館の敷地としてこれだけ広大な土地(東京の中国大使館より広い)を取得。

私も新潟に行ってきたが、スタッフは数十人なのに5000坪の広大な敷地で総領事館を造る必要があるのか?それはなにか別の意図があると推察するのが外務省として必要な情報収集・分析の仕事ではないか?」

前原氏「一般論で言うが、『本邦に所在する外交団・領事団がその活動を十分に行う為、必要な施設を適当な手段で確保する事は望ましい』と考えているしまた領事関係に関するウィーン条約の30条において接受国は派遣国が自国の領事機関のために必要な公館を接受国の法令に定める所により接受国の領域内に取得することを容易にし、また派遣国が取得以外の方法で施設を入手する事を助ける』というのがある。

ただ、公館というのが領事機関の事務所のみと限定されているので、その点を注目していきたい。」

浜田氏「是非、注目していただきたいが、総領事館や在外の公館は日本が警備責任を持っているので、我が国の税金で警備するとになっている。

新潟は今はビルの中にロシアや韓国総領事館もみんな一緒に入っていて何の問題もない。

先程言われた、必要な活動に支援するのは当然だが、いったい何故そんな広大な土地が必要なのか、地域住民も大変な不安を持っていて、反対運動も起こっている。そういう状況をどう打破するお考えか?」

前原氏「ウィーン条約には領事のために手助けをするというのはあるが、領事機関の事務所のみとなっているし、この問題に対してはしっかりと注目していきたい。」

浜田氏「是非お願いする。先に中国が沖縄に総領事館を申請した時には、キッパリと在日米軍との関係もあり拒否をした。そういう姿勢が必要だと思う。

次に対中ODAだが、中国は世界第二位の経済大国で、軍事予算として1000億ドル近く投入。外貨準備高2.6兆ドル、日本の倍以上持っている。

また、海外への軍事援助を様々展開している中国に対して、日本は北京五輪を契機にODAを卒業してもらう事にはなったが、現状対中ODAはどうっているか?」

前原氏「2009年度末

円借款累積額 3兆3165億円 無償資金協力1544億円 技術協力1704億円

2009年度供与実績 無償資金協力13億4800万円 技術協力32億6200万円」

浜田氏「果たして日本の財政事情に鑑み、中国にこれ以上供与し続ける必要性がどこまであるのか? 

直接的ではないにしろ、中国は世界銀行から最大の融資を得ている。世界銀行へ日本は最大の出資国。日本から借りなくても中国は様々に形で世界中からお金を集めている。

もし日本からのお金が必要なら、今回の尖閣の問題にしっかりと絡めて、中国に国際的なルールほ守らせる武器として、ODAなり経済援助を使うのは分かるが、その関連性はどう捉えているか?」

前原氏「私が当選2,3回の頃、同じような質問をした覚えがある。

IPUとい世界の議員連盟の会合がカイロであり、その立派な会場で、その会議場に入る所に大きな礎石があり、そこに中国政府からの供与で建てたと書いてあった。

その頃、日本は中国にかなりのお金を出していたのでビックリした。ODAをもらっている中国が、他国にODAをやっていたのは奇異だったので、それを国会で質問した事がある。

技術協力費は、四川の大地震後の復旧計画、耐震建築人材などのプロシ゚ェクトで、環境技術は日本にも影響がある部分なので、こういう分野に限ってやられている。これはまさに自民党政権もそういう形で絞り込んでこられたと思う。

ODAは基準があるのでそれに照らし、中国に限らず、歴史とかいろいろと踏まえたうえでトータルで考えていくものだという認識を持っている。」

浜田氏「私は鳥取県出身だが、中国から黄砂・酸性降下物がどんどん降り注いでいる。国立公園・大山の雪は、最近黄色い。明らかに中国の影響だ。

だから日本が技術援助や経済援助するのは結構だが、でも中国はそれに甘えている。自ら環境を良くしようという努力を放棄し、困ったら日本に技術もお金も出してもらえば良いと。税金が全く生かされてない。ODAひとつとっても中国にちゃんと交渉して頂きたい。(TPPの話 略)是非日本の第一次産業を守る方向でお願いし、終わります。」以上

こう見えても、浜田和幸さんは、この間の参議院選で初当選の新人さん。貫禄・知識、何をとっても前原外相より上だと思いませんか??民主党の新人でこんな即戦力いるかなぁ??

この動画見てて、なんか、北澤大臣の危機感のなさにゾッとしました。

防衛大臣も北澤氏じゃ全然ダメだ~。ゲルとチェンジで良いよ。

鳥取には、川上義博という売国奴もおりますけどね^^; 話を戻します・・・^^;、

こういう大事な話をワイドショーで少しでもいいからやってほしいです。蓮舫、蓮舫ウザイよっ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく