尖閣問題

2010年12月22日13:46中国の賠償要求に韓国反発 『尖閣事件を思い出させる』  【ANNニュース】

テレビ朝日【お昼のニュース】で、中国がここまで沈黙していた、中国漁船が韓国の警備船と衝突した事件に関し、突如、賠償要求したというニュースをやっていたので記録しました

韓国で高まる中国への不信感(産経新聞) 

こんな時に、韓国も踏んだり蹴ったりですねぇ・・・

49432e29.jpg

アナ「中国の漁船が韓国の警備船と衝突した事件で、中国側が賠償要求した事に対し、韓国では『衝突したのは中国側だ』と反発する声が上がっています。」

cf08444c.jpg
姜瑜副報道局長
韓国側の事故を起こした当事者を厳罰に処分し、財産の賠償を行うよう求めた」(中国外務省)

4cb50228.jpg

リポーター3日経っていきなり責任を押し付けられた形となった韓国では反発が強まっていて、今朝の新聞の中には、『グレーな中国』といった見出しも躍っています。」

b951f367.jpg 9e5e78ab.jpg

中央日報は、〔韓国側に押し付けたと、中国の姿勢を批判〕し、

東亜日報は、〔日本の尖閣事件を思い出させる〕と報じています。

84ae0052.jpg 5118900e.jpg
ソウル市民
中国が領海侵犯したから韓国の対応は間違っていない。黙って見ているものか。」

また、韓国の外交通商省は、中国政府の発表に対し、〔両国は客観的事実に基づき、緊密に協議して事件の処理を行っている〕とコメントしています。 以上

今年、日本の国民の目が覚めるきっかけとなったのは、9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件ですが、中国は日本に対しても逮捕された中国人船長の釈放と、謝罪と賠償を要求していましたねぇ。

だから、当然の結果ですが・・

で、中国は今回の韓国に対しては大人しいという記事を昨日書いていたら、このとおり!ほっんとうに裏切りません(苦笑)
こんな要求するなんて全然理解できませんが、中国は何をやらかしても絶対に謝らない国だという事だけはガチ。今後、韓国の対応に注目ですね。


2010年11月11日08:13尖閣ビデオ流出事件、田岡俊次と大谷昭宏のとんでもコメント【スーパーJチャンネル】

昨日テレビ朝日【スーパーJチャンネル】(11/10)で、

尖閣ビデオ流出した人が名乗り出た事に関し、コメンテーターの田岡俊次大谷昭宏の言い草があまりにも酷かったので記録しました。中盤から怒りがワナワナと沸いて来ると思います。

義憤にかられたねずみ小僧より、単なる泥棒ネコの方がマシだってー!被害者の遺体写真の流出と同じだってー!それと論点のすり替えがスゴイんです・・どんな凶悪犯の話だよっ!(呆)

(尖閣ビデオ流出させた人が、名乗り出た一連の流れの説明などのあと・・)

59fc0291.jpg
女子アナ
「・・まだ分かっていない事が多く、多くのナゾが残されています。」

アナ「さてスタジオには軍事ジャーナリスト 田岡俊次さんにお越し頂いております。宜しくお願いします。まずあの、巡視船の乗組員・海上保安庁の職員が『自分が流出させた』というこの事態そのものを田岡さんはどういう風に受け止められましたか?」

84f7a575.jpg 505c4609.jpg

田岡氏「そうですね、最初の頃はね、それほど秘密じゃなかった訳ですから、実は。

報道にも配ろうかとしたぐらいで。だから途中から政治的判断でその出さないって話になったから、最初のうちは多分ね、内部では相当その参考資料としてね、出回ったんじゃないかと思うんですよ。

だから"うらなみ"なんていう小ーさいその巡視艇のですね、それも彼、№3のはずですからね、船長がいて機関長がいて、で彼で。10人ぐらいのうち、№3ぐらいの人が入手できると言う事は、もう相当出回っておったんでしょう

だから問題は、その段階でむしろ彼が何故そのあのユーチューブで流したかとこの方が問題でしょうね。

c0a18f02.jpg(組織の階級の図の解説)

アナ「・・大谷さんね、あのー、那覇の地検、つまり検察と石垣の海上保安本部と、ここにあったものが、何故このくらいの立場の人が見る事が出来たかっていうところが、つまりそれはイコール、何故どうやって入手したかという事に繋がるんですが。」

9049a6bb.jpg
大谷氏
「あの、今の分かっている報道ではですねぇ、あの5管からですねぇ、あの石垣の海上保安部のですねぇ、あのパソコンにはアクセス出来ないと。ですから5管はですねぇ、その資料は持っていなかったと。いう風に言っているわけですね。

(フリップ説明) それが何故5管に来たのかという事になればですねぇ、あのアクセスできてないって事になれば、

c638608f.jpg  06a6d9d9.jpg

例えばですね、幹部であれば海上保安学校、あるいは海上保安大学校の例えば同期生がいて、情報交換していて、今回の件は酷いというような事でですね、『見てくれ!』と流れた物がですね、まぁどういう動機かマンガ喫茶から流されたと

少なくともそこにですね、接点があるとすれば、残念ながら共犯者の存在の可能性も私はあると思うんですね。」

アナ「それは田岡さんがさっき仰った、そのつまり誰かが渡さなければ、あるいは誰かと一緒に見たりして入手する事が出来なければ、この今回自分が流出させたんだと言って名乗り出た人間に渡らないわけですよね?」

f7909108.jpg
田岡氏
「そう、だから最初の頃はね、東京にまで行ってるわけですよ。で、東京の報道に配ろうかといって、その、短く編集した物を作って用意までしたわけだから、当然いろんなとこにそれは実際は出回っておったんじゃないかと思うんですね。

だからある程度、ある段階からむしろその政治的判断で『出すな』って話になったんだから。だからこれ裁判になっても、なかなか難しいんじゃないかな(笑)」

2dd1059d.jpg
アナ
「この流出させた意図というのは田岡さんはどうお考えですか?」

田岡氏「多分そのー、一種の義憤みたいな話で、例えば海上保安庁はこれだけやったのに釈放して、政府はけしからんとか、まぁ愛国心とか、なんかそういう風に、あのーこう愛国無罪的心理でやったんでしょうけどね

国民の中にもそれを支援する、あのー、世論は非常に強いけど、僕はあれ危ないなぁーと思うんですよ。

つまり戦前でもそうだけども、愛国心と言ったら、なんか全部免罪されちゃう、まぁ中国のあのデモはそういう風なデモでやるんだけども、

あれは戦前に、そういう事で満州事変が起きたり、2.26や5.15が起きたりするわけで、

だからアレ、一種の軍ですからね。軍じゃないと言う事になっているけれども、国境警備隊であって、準軍隊で、それが政府の方針に逆らって一部の者が行動するって、非常ーーに危ない。あの自衛隊以上ですよ、

自衛隊の方は後ろだけど、彼らは最前線ですから。国防の

だからあれはよほどシビリアンコントロールをね、彼らに対してしっかりしなきゃと私は思ってるんですがね。」

e6d247e3.jpg 430c5886.jpg

  大谷氏「これは間違えちゃいけないのはですねぇ、その秘密に当たるかどうかっていう論議があるんですね、守秘義務といって果たしてこれは秘密かと。

とんでもない話でですね、国がそれは公開したならともかく、そうでない限りはですねぇ、

海上保安庁と検察が持っているですね、捜査の重大な証拠な訳ですよね。

で、その捜査の重大な証拠を公判前にですねぇ、流出させるというような事になれば、

6b8907a0.jpg

例えば被害者の遺体をですね写真をドンドン流出するというのと同じでですねぇ、公判で裁判所が証拠請求して認めたときに初めて明らかになるわけであって、それまでは重大な秘密であってですね、

そんな物は秘密じゃないかどうかってバカな論議をしている場合じゃなくて、明らかにっ、守秘義務違反です。とんでもない話ですっ 」

f284dca3.jpg

田岡氏「ただ証拠開示を事前に弁護士側にしろという姿勢が最近強いんですがねぇ。」

大谷氏「それは公判前、????手続きになったらの話で、今の段階で捜査員が勝手に色んな家宅捜査をしてですねぇ、押収したものを流す、とんでもない話で、これはやっぱり絶対、刑事事件としてですねぇ、厳しく立件していかなきゃいけないと思うんですね。」

8992df5f.jpg
アナ「これあの政権への影響っていう点については、田岡さんはどうですか?」

田岡氏「どうでしょうか、しかしそのーー、監督不行き届きでっていうのはありましょうけどもね、しかし、むしろこれ政権に対してダメージ与えてやろうという事もあったのかも知れませんからねぇ、その政治的、、それにわざわざ乗る事もなかろうって気は、私はしますがねぇ。」

アナ「まぁいずれにしてもその9月7日に事件が起きて、それでその公開されたのが先週ですから、つまり2か月近くずっとどこかに、そのDVDなりそのビデオはあったわけで、この1人だけがやったとは、ちょっとまだ考えにくい所は、、」

1b85b47a.jpg

大谷氏「ですから共犯者の存在とですねぇ、動機の解明ですよ。で、今の段階でですね、やっぱり義憤にかられたとかっていうのは軽率であってですねぇ、

義憤にかられたねずみ小僧なのか、単なる泥棒ネコなのか、それはこれから動機を解明してですねぇ、しっかりと、、」

田岡氏泥棒ネコの方がマシでね、意図的にやったとすれば、それは国家公務員法じゃないけどもですねぇ、軍で言ったら抗命罪な訳です。上で政府の方針と上の上官の命令に逆らって逆の事やるというのを放っておけばね

41b18650.jpg

本来こういう場合、一番前方にいる国境警備隊なんかね、政府が『出ろ』と言ったら出るね、『下がれ』と言ったらパッと下がるようにこう巧みにちゃんとやっていなきゃと困るわけで、勝手に判断してやられちゃホント堪ったもんじゃないっ。どれほど国家に危険か分かりませんからね。だから僕は安易な同情みたいな事は本当に禁物だと思ってるんですよ。」

c1f8dc9a.jpg

アナ「まぁいずれにしても、事情が聞かれて、そのもう少し内容が出てくると、もう少し見えてくるかも知れませんね。ありがとうございました。」以上

そんな物は秘密じゃないかどうかってバカな論議をしている場合じゃなくて、明らかにっ、守秘義務違反です。とんでもない話ですっ!」と大谷氏は言っていますが、法律と危機管理の専門家の佐々淳行氏は・・

「一生懸命泳いでいるのを銛で突いた」by佐々淳行氏 【ワイドスクランブル】より

今度のこの海保の問題は、私は弁護人やります。

(中略)堂々と自首して来いよと。検察庁が捜査を始めてね、見苦しく手錠を掛けられるんじゃなくてね。胸張って出て来いと。それで国民の審判を受けろと。で、公務員法違反はね、さっき本当に仰ったようにね、守秘義務違反なんてのはせいぜい減給か戒告ですよ。それでいいじゃないですか。それで処分して。」

と言われていました。どちらに共感出来ますか? 

今朝の朝ズバッでも、若狭弁護士が「秘密」に当たるのかどうか難しい・・みたいに言ってたし。

大谷は、裁判があるから秘密に当たると言っていますが、そうなんだ~。

中国人船長の裁判って、いつ??何時何分何曜日にあるんですかね~~????

ちなみに田岡氏は、愛川欽也のパックインジャーナルの準レギュラーで、愛川氏が師と仰ぐ人です!(苦笑)    ←これで人物像お分かりですよね。

とにかく中国大好きのアジテーターで、日本が強くなる事を全力で阻止しようとしているに見えます。だって中国の脅威なんて全くなくて、日米関係もずっと良好だと言い張る、民主党熱烈支持の人。

はっ! ふたりとも民主党の政権支持だから、民主党転覆目的と位置づけて、けしからんって事かな^^;

いくらなんでも、夕方のニュースに、こんないい加減な事を唾を飛ばしながら喋る人達を呼ぶなよ、テレビ朝日・・・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月21日14:58中国の「尖閣棚上げ」打診は罠    【やじうまテレビ】    

テレビ朝日【やじうまテレビ】の元祖やじうま新聞のコーナーで、一連の中国の動きを記録しました。

今日は産経の記事紹介なので、アナやコメンテーターではなく、記事内容に注目してください^^;

001

(朝日新聞『レアアース 輸入停滞 中国側が契約破棄・他国経由も拒否』の記事と 産経新聞『欧米への輸出も停止』の記事を読み上げた後・・)

吉澤アナ「・・さぁ産経新聞参りましょう。コチラ、まぁ産経新聞らしい記事なんですが、

002

中国「尖閣棚上げ」打診 首脳会談に向け懐柔か

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関連して、中国側が尖閣諸島の「領有権」をめぐる問題を棚上げするよう日本側に打診していたことが20日分かった。関係改善に向けて開かれた今月中旬の日中事務レベル協議で持ちかけてきたもの。日中関係筋が明らかにした。

日中首脳会談を実現させるための中国側による環境づくりの一つだが、領有権問題を冷却化させた上で、尖閣諸島を中国が実効支配してしまおうというもう一つの思惑があるとみられる

という事なんですねぇ、まっ実は、この領有権問題の棚上げ論っていうのは中国の常套手段だという事なんですねぇ、中国はこれまでも複数の国と領有権を争う、南シナ海の南沙諸島で同様の手法を用い、実効支配を強めた実績があるという事で、

棚上げしている間に、実効支配してしまうという、まぁやり方らしいんですけどもねぇ、ただその、状況の中、コチラ産経新聞ご覧頂きましょうか。

中国 再び監視船3隻を派遣 尖閣諸島周辺海域へ

004

003中国の漁業行政当局は、漁業監視船3隻を沖縄・尖閣諸島近海に派遣したもようだと。これは人民日報傘下の国際情報紙の環球時報という新聞が報じたものだという事なんですけれども、まぁ、日本に対する牽制であると同時に、反日デモが続発している国内に向けた当局の自衛策でもあると。

まぁ自分たちはこれだけやっているんだと、そういう風なアピールという事かも知れないという事なんですが、これに対して仙谷官房長官なんですが、海上保安庁巡視船は漁業監視船を視認していないと述べたという事なんですけど、

まぁ中国側のいろんなやり方、上田さん、出ておりますけども、まぁしかし、それこそ棚上げしたその間に、実効支配してしまうというそういうやり方を過去やってきた形跡があるという事なんですねぇ。」

007 006上田氏「ええ、それはベトナムの南にスプラトリー諸島というのがあって、そこも中国人とベトナムの間で、あの領有権紛争になってるんですけども、そこは一度棚上げしてその間に中国が実効支配したという、これまでのいきさつがありますんでね、まぁ日本としても警戒せざるを得ないでしょう。

ただ、大事なのはですね、来週ハノイで日中首脳会議があるんですけども、まぁそういった場を通じて不測の事態に備えてですね、

まぁ例えば、首脳同士のホットラインを持てるとか、不信、あるいは対立がこれ以上深まらないようにしないとですね、それぞれの国でナショナリズムが高まりますから、そうしますと今度内政も絡んでですね、お互い抜き差しならない関係になっゃうんで、それだけは避けてもらいたいですね。」

008

吉澤アナ「中国のやり方が国際社会の中で、なんか今ひとつわからないという、そういう疑心暗鬼の中っていうのが一番良くないという事なんでしょうけどねー、さぁ続いて・・」以上

このコーナーで産経新聞の3記事連続紹介は超珍しい(・・;)

吉澤の口癖、「実に産経らしいですね~」と嘲笑しながらチラっと紹介するだけだし(苦笑)

日本政府は、中国の「尖閣問題棚上げ」打診に、まっさか乗らないですよね!?

そんなのシラ~と蹴って、速やかに建造物を建てれば良いと思います。

そうしないと絶対にほとぼりが冷めた頃、持っていかれて、次はいよいよ沖縄。

そんなの、一年前なら「まっさかぁ、ナイナイ」と思っていた人でも、一連の動きを見てりゃ分かりますよねぇ。でも現政権の、実質権力者は見かけによらずこんなお花畑だからなぁ・・・

仙谷氏の政治理念 (HPより)

地球市民として自由で平和で健全な世界を創ろう!

地球市民として世界の人と仲良くしよう

お互いの存在を尊重し共に栄えよう

資源も飢えや痛みさえも分かち合おう

友愛を育み大きな夢を現実にしよう

同じ地球に生まれた私たちだから

同じ地球に暮らす私たちだから

平和な世界で各人が個性を生かし

自由にのびのびと元気に暮らそう

民主党政権は、”国”とか”領土”とか”主権”とかあんまり興味ないというか、死守するぞ!という気概が見えないので、早く退いてもらうしかありませんね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月04日09:48渋谷の【超大規模】2670人尖閣デモ、テレビでは・・・

知ってましたか? 10/2超大規模尖閣デモのこと。

2010.10.03 04:30:02 
  • インタレストマッチ –

渋谷での大規模デモ行進
現在問題となっている尖閣諸島問題に対して渋谷で2600人がデモ行進を行ったのはご存じだろうか。このことは日本よりも海外のメディアが大々的に報じておりなんと日本の地上波テレビニュースやそのほかメディアでは全く取り上げられていない。

CNNのサイトでは「China accused of invading disputed islands」という見出しで取り上げており、写真も掲載されている。日本では希にない大規模デモ。最近では外国人参政権反対デモなどが記憶に新しいだろうか。

実際にGoogleで検索してみても出てくるのはブログばかりでマスコミは一切出てこない。
デモ隊は「尖閣諸島は日本固有の領土です 中国の領海侵犯をゆるさない」「中国の圧力恫喝に屈した弱腰の民主党政府を許さない!」などと書かれたプラカードを手に持ち行進している。中には英文に訳された物まである。

今回のデモ行進はマスコミだけでなく民主党側も華麗にスルーしそうだ。

デモ行進
尖閣諸島は日本固有の領土です 中国の了解侵犯をゆるさない


China accused of invading disputed islands

日の丸に圧倒されますねぇ。田舎に住んでいると、こういう国民の怒りの行動も、テレビでやらないと知る由もなく・・

マスコミは国民の知る権利さえ、中国様の為? スポンサーの意向? で完全スルーなのでしょうか?

こんな情報コントロールしちゃって、ますますます信用できないですよねー。

という事で、しっかり現場レポートされている【必見】ブログを紹介します

(sakuraraボードさん) 《【保守史上最高2670人集結!】 10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動

[E:sun](アニ妻ブログさん) 《(10/4追記)【尖閣】★2670人参加★の10.2対中デモ!日本のマスゴミ完全無視w

2670人デモですよー!!テレビニュースにならないなんて、あり得ない。

小規模貧困デモ・集会は繰り返し報道してたクセにーー!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月03日10:47安倍元総理"尖閣迷走"菅政権を斬る(後半)  【激論!クロスファイア】

前ページの続きです。

何故中国は強硬になったのか、中国の狙い、今後の日中関係、日本の為すべき事を、安倍さんが明快に答えています☆

001

田原氏「おそらく日本側は船長を釈放したら一件落着だと思っていたが、それどころか謝罪と賠償しろと言った。これをどう見るか?」

002 004安倍氏「これは(民主党)政権が、中国がこの海洋に対する絶対的な不動の基本戦略を考えずに、日本の外交課題として中国とどう対峙をしていく戦略を持っているかを全く考えずに、政権に就いたと思う。その結果こういう事案が発生する。」

田原氏「実は78年に、当時副主席の鄧小平が日本に来て、中国の経済の為に日本に支援してほしいと言って、その時、領土問題は次の次の世代まで先延ばしだと

当時中国は経済的に弱小国。で、次の次の世代が今来たんじゃないかと。

中国は今や経済的にも軍事的にもアメリカに次いでいるので、今なら領土問題をまともにやってやろうと。」

安倍氏「まぁ中国は鄧小平さんがそう言いながら、92年には尖閣は自分のものだと法律を通している

そして経済成長には資源が必要なので、それを取る事が出来る軍事力を持っていれば、排他的経済水域、領海を変えることが出来ると考えている

それをいつやるか。私は民主党政権が出来てスケジュールを早めた思う

何故なら、鳩山政権が誕生し、”友愛”というフニャフニャした事を言い、日中韓首脳会議でテレビの前で鳩山さんは日本はともすれば、同盟関係の日米関係を重視するなと言った。見直しますと。これからは北東アジアだと。アメリカの友人は吃驚した。なんでアメリカに言わずに中国人に言ってるんだと。(北京で言った:星

一方で中国側は喜んだと同時にこの人達バカだなぁと思ったと思うこの人達は日米同盟の重要さを分かってないと分かってないなら取るべき物は取ろうと。

その後、習近平副主席の会見問題もあっさり天皇陛下の権威もあっさり売り渡すような事をする。」(田原氏が1カ月ルールを詳しく説明 小沢さんが強引に会わせたと。)

安倍氏「その後、委員会で、国境の島・与那国島も求めている自衛隊の駐留を自民党は要求したが、北沢防衛大臣が『中国を刺激したり嫌がる事はしない』と言って断った。これが国土・領海に対する意思を見て、更に菅政権での菅談話。これは朝鮮半島に向けたものだが、65年日韓基本条約、条約で結んだ権利すら、相手が望めば考え直しますよという極めてお人好しぶり、国益を削って相手の気を買おうとするその姿勢を見たわけで、民主党政権はこうなんだなと、そうならどんどん強く出て行こうと。だから船長を返せばすむ問題じゃなく、この島、海が自国のものだとはっきりさせようと。」

005 星氏「少なくとも鳩山政権でアメリカに頼りすぎたという話をした

それから普天間問題で日米関係がギクシャクしたので、中国からすればグッドチャンスだと思っているのは間違いない。外交のパワーゲームの中では。」

(鳩山元総理の普天間の迷走っぷりを詳しく解説)

安倍氏日米関係の強度を当然中国は見ている

普天間問題もあるが、インド洋の給油活動をあっさり止めた。実はあれには二つの意味があって、米国を支援しテロとの戦いに寄与するのと、

010_2

あの海域にイージス艦隊を堂々と世界の支持の下に置く事が出来る実は大変な権益で、イージス艦は凄く広い海域の情報を一手に握り、むしろアメリカはその情報を下さいという関係が成り立つ。それは日本だからできる。インドとの関係が良いから

実は日本が止めると言った時、中国がすぐやると言ったが、インドがNOだった。

こうなれば誰の目から見ても、アメリカとの関係がギクシャクしているのが分かる。」

006 田原氏「国会を見ていてイライラするのは、相手は中国なのにベンチの中でケンカしている。どうすんの。」

安倍氏「全くその通りでケンカしているが、しかし監督がこれじゃ戦いにならない。

そもそもこれについては、ちゃんとした認識と戦略を持っていなければ勝負にならない

一事案ではなく中国に対して資源の問題もあるので、世界の枠組みに入れれるかどうか。」

田原氏「民主党を批判しててもどうしようもない。自民党も変な人が色々いるので、、むしろ安倍さんが、、どうする?」

安倍氏「まずこれからの問題としては、日米同盟を再構築する必要がある。」(ヒラリークリントンが尖閣諸島が日米安保条約の範囲内と言った話)

007

安倍氏「これは当たり前。」

星氏「本当にアメリカが、自衛隊が何もしないのに中国と一線交えるかと言うと、必ずしもそこまでは、、」

安倍氏「これは日本が自分で断固として守るという決意を示さなければ誰も助けない

しかし海域が広いので東アジア全体を見渡せば日米同盟の力が必要

まずは行動で示すべきなので、インド洋の給油を再開すれば良いまず再開する事だ。更に日米の合同演習をやれば良い。どこかの島でするべき。」

009田原氏「安倍さんがせっかく中国と交渉する時に、インド、オーストラリアと同盟関係に近いものを結んだ。

アセアンは中国が”核心的利益”と言って頭にきているので、アセアンと日本が結べば良い。」

安倍氏「もちろんアセアンは日本がどういう行動を取るか固唾を呑んで見守っていた。

アセアンは常に中国のプレッシャーがあるが、同時に経済の事もあるし援助も受けている。でも安全保障上困っている。日本ぐらいはやってくれるんじゃないかと期待してガックリした。」

星氏「いやぁ、ガックリしたでしょう。アセアンも複雑なところで中国にいじめられているが、国内的には弱腰と言われるので言いにくい。」

田原氏「日本も経済的にはなくてはならないマーケットとしての中国、一方で領土で際どい問題になっている。どうしたらいい?」

安倍氏「これは中国が今の路線で軍事力で領海・排他的経済水域を決める事は出来ませんよと。経済的にも大変な事になるかも知れないという事を理解させなければいけない

まず軍事力で来るなら、こちらも日米同盟を強化するし、防衛費を増強する覚悟があると。それをやるのかと。かつてのソ連はどうなったかと。」(ソ連が軍事費を増強しすぎて経済が崩壊した詳しい話 )

田原氏「中国にとって中国国民がハッピーになる為には、もっと経済成長すべきで、軍事力に注いでも無駄だと!それをどうやって言う?」

安倍氏防衛力増強のし合いは、お互いに不幸だから、ウィンウィンになるにはどうするかお互い一緒にに考えましょうと。」

012 女子アナ実際に危機感を持った国民は多い。しかもあの船長のピースサイン、、安全保障をどうするのか明示してほしいところだが。」

安倍氏「中国の気持ちは、自分達はこの20年間防衛費をずっと増やして来た。10数倍にした。なのに日本は減らしている。これは我々は自制を強いられて来た。だから当然取るべき権利を取るという気持ちがある。だからたじろがずにやる。

だから、中国に対する認識を多くの国々と一致させなければいけない。」

011 田原氏「僕はさっきから言っているけど、安倍さんがインド・オーストラリア・アメリカ・ヨーロッパなどと組んで仲間を作って、そういう世界の世論を作るべきだと。

中国が軍事力を強めるのは中国国民にとって幸せじゃないと。」

星氏中国は軍事力増やしても良い事ないと。むしろ、経済で平和外交、法の支配で条約や法律を守るとかそっちに行った方が中国にとって良いですよと。」田原氏「現にソ連は失敗したじゃないか。」

安倍氏「今、中国はこれだけ高度成長しているので、日本も恩恵を受けているし、リーマンショック以降中国の存在は大きくなっているし、外貨準備高も物凄い。財政赤字もほぼないので、中国はちゃんとした正しい方向に行くようにするには、こちらも覚悟が必要だし、同時に、国際社会で認識を一致させる必要がある。

私がヨーロッパに行った時もこの話をして、中国は不快感を持った。日本でも『そんな中国の悪口を世界中に言ってどうする』と言われたが、やはり認識を一つにしないと、ヨーロッパは遠いので他人事に近い。当時中国への武器輸出解除の問題があったが、最終的には理解を得た。」

田原氏「日本では安倍さんと言えばタカ派で、すぐ軍事力って言ってると(笑)、、違う。

世界にもっと仲間をいっぱい作れと。」安倍氏アセアンは、本当に求めている。」

013

女子アナ「政府は『領土問題は存在しない』と頑なに言っているが、二国間の摩擦はある。それをどうこじ開けていくのか?」

安倍氏尖閣問題について領土問題が存在しないというのは、一歩たりとも絶対に後退できない

同時に彼らが必要なのは資源。中国はエネルギー効率が物凄く悪い。(環境ムチャクチャなんだ:田原)だったら効率を良くして上げましょうかというのも含めてよく議論していく。

だからまずもう一回、態勢を整えなければいけないのでそう簡単な事ではないが、まずは日米同盟。これは行動で示さなければアメリカは信用しない。一回失った信用は。

例えば、日米関係を良くする為には私も協力したい。」

女子アナ「安倍さんの日本が守るべき国益とは、一つとで言うと何?」

安倍氏「それは国民の生命と財産と未来です。未来を守ると言う事です。」

014以上

安倍元総理が、どんだけ中国を手玉にとって外交をしていたのか、よーく分かりました☆

インド洋の給油・・遡って、やっぱあれがネックでしょうね。野党民主党はとにかく狂ったように『反対』でしたね・・

政権交代して外交的には、周辺国に脇の甘さを露呈しただけ。ロクな事してない。

今回の尖閣沖衝突事故の行き当たりばったりの対応を見て、『ちゃんとした認識と戦略』・・民主党にそれがあるとは思えません。

内政は、騙し騙し乗り切っても、外交・安全保障の面で完全に甘ちゃんですからね。

「友愛」って唱えてりゃ何とかなるってバカ党に、日本の未来は守れると思いますか?! 

世界に積極的に関わっていくには、まずインド洋給油活動を再開すべきだと思います。日米関係の修復のためにも。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月30日20:40中国人の交渉術『中国人の常識は日本人の非常識』 【ミヤネ屋】

読売テレビ【ミヤネ屋】で、ゲストに石平氏を招き、

『日本人はやっぱり外交ベタ、中国人の交渉術を見習え?!』『中国人の常識は日本人の非常識?!』というのをやっていたので、記録しました(青字はナレーション)(ただし、長かったのでスタジオでの会話は、石平氏以外の発言は要約)

001

・・・同じアジアであり隣国でありながら、有事の対応に大きな違いがある日本と中国。その根底にあるものとは・・

002 003

早坂氏
隣国で見た目も似ているのにですねぇ、そのメンタリティーが非常に違うんですね。まずは、相手がどういう相手なのかっていうことをきっちり理解したうえで、付き合っていかなければいけない。」

そこで今日は、中国人の国民性や考え方を徹底分析これを学べば日本だって、もっと交渉上手になれるかも知れない。

004 006宮根氏「えー、こっから中国の事情に詳しい、中国出身の評論家拓殖大学客員教授の石平さんにお越しいただきました。よろしくお願いします。」

石平氏「よろしくお願いします。」

宮根氏「VTRではね、いつもご出演頂いておりますが、まず相手を知らなきゃいけないという事なんですが、今VTRの中にもありましたが、非常にお隣の国で近い。でもメンタリティーが全然違うんだと仰ってましたが、石平さん、その通りですか?」

石平氏「全くその通りですね。」宮根氏「全然違う?」石平氏「全然違う。

日本人は、中国人も同じ東洋人・アジア人と思いがちですけども、全然違いますね、ある意味では。」

宮根氏「この辺り、どう違うかというのをじっくりお話聞きたいんですが、石平さんのプロフィール。」

005

(プロフィール読み上げ 文化大革命で大学が全部閉鎖され、ほとんどの教員が追放され、突然農村へ。 天安門事件の時は中国への絶望感を感じたとの事)

宮根氏「あの、日本は外交ベタ、外交ベタという風に言われますが、今回のこの尖閣諸島沖の一連の事件見てもそうだなってお思いになられますか?」

石平氏「全くその通りですわね。あのー要するに本来なら日本の方に分があったはず、にも関わらずやっぱり降参してしまう。譲歩してしまう。まぁずっと対中外交はずっとそういうパターンでやってきたんですよね。」

宮根氏「その弱腰外交とも言われたまぁ日本なんですが、じぁあその日本人っていうのは他の国からどのような国民だと見られているのかというのを色々調べましたんでごらん頂きましょう。こういう風に他国から見られております。」

世界の人から見られた日本人像とは・・

ルポライターとして世界50カ国をめぐり取材活動を続けてきた早坂隆氏。

早坂氏「まぁ世界にはエスニックジョークといわれるものがあってですね、その国民性とか民族性がネタになっているわけなんですけども、その中で日本人というのもしばしば登場するんですね。」

007

そうしたジョークを早坂さんがまとめた本『世界の日本人ジョーク集』には悔しいけど、そうかも知れないと身につまされる日本人の姿が・・

008

Q:ある時、大型客船が沈没し、それぞれ男2人と女1人という組み合わせで各国の人々が無人島へと流れ着いた。それからその島では一体何が起こっただろうか?

イタリア人・・男2人が女をめぐって争い続けた。

フランス人・・女は男の1人と結婚し、もう1人の男と浮気した。

ブラジル人・・3人で楽しそうにカーニバルを始め飽きることな踊り続けた。

日本人・・男2人は女をどのように扱って良いかトウキョウの本社に携帯電話で聞いた

010

よく言えば、まじめで勤勉。しかし悪く言えば、自分の力で決断できない人間

011012_2早坂氏 「日本人の良さでもあるんですけれども、真っ直ぐな正直なところと言うか、

えー例えばですね、日本の剣道というスポーツを見ればですね、『面』と言って面を打つわけです。

こういうスポーツっていうのは世界的に非常に珍しくて、普通のスポーツっていうのは、サッカーでもバスケットでもそうですけど、右に行くと見せかけて左に行く、面を打つと見せかけて胴を打つというのが、普通のスポーツなんですけれど、

そういった日本人の正直さと言いますか、そういった部分はですね、スポーツは別に良いんですけれども外交の部分はですね、非常に時に国益を損なう結果を招く事になるわけですね。」

更に、早坂氏の書いたジョーク集には日本人のメンタリティーを象徴したこんな問いかけが載っている。

Q:ある船が航海の途中で沈み始めました。船長は乗客たちが速やかに海に飛び込むように各国の人達にこういって飛び込むように促しました。

015 016

(あまりにも有名な話なので 略)

(在日欧米人の感想・・日本人は集団の意見に従う。日本人はいつも一緒の事をしたがる。日本人は人の意見に流されやすい。個人の想像力が弱くなる)

外国人にとって日本人は1人で決める事が出来ず、また想像力も乏しそうという、何とも頼りな~いイメージに映っているようだ。

ここから、石平氏のコメントだけ拾い出し

宮根氏「さっ、その早坂さんによりますと世界からこういう風に見られてる。」

(世界から見た日本人像 読み上げ)

017

018

石平氏「まぁ大体海外では日本人はそういうイメージですわね。(笑ってない?) ジャパニーズスマイル、ほほえみね。」

石平氏「(日本人は正直者?)中国人も本心では、日本人は凄く正直者だと思っていますよ

しかしながら、そういう????は馬鹿だと思っているんです。要するに、中国の文化の中でね、正直者はすなわち馬鹿。」

石平氏「(中国でビジネスをする時、まず自分はこんなに金持ちだとアピールし、日本はへりくだるが) ただしね、中国の場合、相手がね、例えばオレが偉い偉いといくら言っても、相手が額面どおりにね、絶対受け止めてくれないです。信用しない。必ずコイツがウソついてると、最初は疑ってかかって、あと確認する。」石平氏「(騙すより騙される方がダメ?) アホです。中国ではね。」

019海外に行って、意見をハッキリ言うのは中国や韓国の人で日本人は後ろにいてニヤニヤしているだけと見られかねないと岩田氏

(中国行ったら、みんな大声だし、男と女が殴り合いのケンカしてたり、中国人はアクションが大きいと 宮根氏

石平氏「うん、あれね、そういう社会環境ですからね、アクション起こして大きな声で自分自身を主張しないと誰も何も考えてくれない。(目立たないと?)そうそうそうそう。」(中国人は自分勝手で、何度も酷い目にあったと 梅沢氏

石平氏「(並ばないのは?)そうですね、お互いの中では何とも思っていない。」

石平氏「(上海万博での割り込みの酷さの話・・他の人が注意しないのか?)むしろそういう場合は結局、中国人はオマエがズルして入ったからオレも、、一緒にやる。ますます無秩序になるんですね。」

石平氏「私もね、時々中国行くんですけど、今日本人なんですけど、やはりそういう場面、時々元気が出るんですよ。」(笑)

石平氏「(日本人は近所の目があるし、武士道というか侍というか、卑怯な事は出来ない) 日本は例えば江戸時代、260数年間一国平和の中で外国から侵略される恐れもなければ、国内でも大した争いがなかったでしょ。

まぁせいぜい赤穂浪士ぐらいですわね。そういう環境の中でやっぱりみんなコンセンサス社会の中で、まぁ要するに分をちゃんと守れば穏やかにね一緒に生きていけるという感じです。」

石平氏「(日本人は以心伝心で、なんかするにも周り見てやる)ただし、以心伝心は日本社会の中では美徳ですよ。国際社会では通じない、それが。」

020 021

(中略)

石平氏「(日本人の美徳が国際社会では通用しない。それが弱腰と言われるが、対中国にはどうしたらいいか?)簡単ですよ。例えば今日のニュースでも、中国は日本に対する態度を軟化して、会社員3人を釈放した、、そういう動きがあるんですけど、

じゃあどうして軟化したかというと、まぁひとつの要因としてはね、やっぱり最初は中国は、賠償と謝罪を求めてきたでしょ? 今回日本政府が今回こそね、ちゃんと謝罪と賠償には応じないというメッセージを出したでしょ。出した途端、中国は軟化する。

要するにハッキリと言いたい事を主張する、それで良いですよ。(引いたら)駄目ですよ。」

022

(国民性の違い 読み上げ)

石平氏「(中国はかつて北方民族からドンドン侵略された歴史がある。中国人が日本人が格差社会という意味が分からないと) そうです。ひとつまぁ侵略された歴史。もうひとつ中国人同士のね、何千年の間、ずっとお互い戦いをやってきた民族ですから、ですからそういうシビアさ、、」

石平氏「(グローバル化の中で日本人は覚悟しなければいけない)ハッキリとものを言うと逆に良い関係が作れる。」(日中交渉術 読み上げ)

023

025 石平氏「(尖閣問題でも日本は主張すればいい? )うん、主張する

しかもね、圧力かけられて譲歩するのが一番悪いです。というのは一旦譲歩すれば要するに、相手に圧力という言葉以外効かないイメージを与えてしまう

これはドンドン圧力に屈する事が更なる圧力を呼ぶ事になります日本を守るべき一線で、ちゃんと絶対に譲らない一線でちゃんと守って主張する。

もちろん外交ですからね、お互いに譲歩できるところは譲歩しあう。まずは主張する。そうした上でどこかで譲歩するかちゃんと考えてやる事です。」

石平氏「(トップが人のせいにしてては通らない)残念ながら私が、まぁ周りに日本人の方がいらっしゃるんですけど、日本人個人個人みんなしっかりしているんですけど、トップだけがしっかりしてない。」(笑)

024

宮根氏「(笑)しっかりしてもらいたいです。やっぱり日本人の考えは世界にちゃんと言うべきですね。」以上

以前、テレビで日本に嫁いだ中国人女性が、東京に来て一番ビックリした事を言っていたんですが、「肩がぶつかって日本人に謝られた事」だそうです!中国人は、自分がぶつかっても絶対に謝らないからと言っていました。今日、石平さんの話を聞いて思い出しましたよ(笑)

テレビでは「日中友好」とか「熱烈歓迎~中国人観光客」が大部分だけど、やはりまず、中国人を"知る"ことが大事だと思いました。何事も傾向と対策が必要だ。

今までは、中国政府の意向を汲んだ中国人がテレビによく出てたけど、石平さんのような中国系日本人が地上波にいっぱい出演される事を望みます☆

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月28日19:45尖閣問題「「根拠にあるのは実は竹島問題なんですよ」 【TSKニュース】

漁船衝突事件を受け、竹島のことをローカルニュースでやっていたので記録しました。

まずは、今日の朝ズバッの後半より(青字はナレーション)

019

・・緊迫する日中関係、日本と中国の間の韓国メディアはどのように伝えているのでしょうか。

020 021

『中国の強硬圧迫に降伏した日本』

『中国が経済力と外交力を背景に国際舞台で発信力を強めつつある現実は、我々にもっと緊張しろという信号を送っている。』

022 023

更に韓国のニュース専門チャンネルでは、連日この問題が取り上げられています。

キム氏「韓国とは独島問題が、領土問題があるだと主張するですね。ちょっと似ているの問題があればですね、どのようなこの影響とかこれがあるかどうか、だから反面教師にして今の問題をじゅっと極めて見てるんですね。」

周辺諸国との関係にも大きな影響を及ぼしかねない尖閣諸島漁船衝突事件、事態の打開策に向けた糸口はまだ見えてきません。

そして、昨日(9/27)の山陰中央テレビの夕方のローカルニュース


025

・・・島根県でも竹島問題を抱えています。弱腰とも見える政府の対応に共通点も感じますが・・

026 027

下條氏
根拠にあるのは実は竹島問題なんですよ。

日本政府はですね、竹島問題によって本来領土問題を解決する糸口をつかんでいたにもかかわらず、それを全部つぶしてしまったんですね。」

竹島問題研究会の座長で、拓殖大学の下條正男教授は、中国が尖閣諸島の領有権を主張しているのは、領土問題に無関心な政府が招いた結果だと強く批判します。竹島問題への影響も心配されますが・・

028

上代氏(竹島は)韓国によって不法占拠されているわけですけれど、非常に憂慮すべき事態だという風に思っております。」

一方で、今回の尖閣問題を竹島問題解決の糸口にすべきとの見方もあります。

029

030 下條氏国民としてはですね、

自分達の住んでいる、まっ言ってみたら生命と財産をですね、やはり守るために自立しないといけないんではないかなという事を多分、自覚させるきっかけになった

そしてそういうことをやはり主張していくためには、やはり竹島問題で日本がですね、歴史的に侵略したのではない、竹島に関してですね、その事実をやはり世界に広報していかないと、日本はですね、犯罪国家・侵略国家という汚名を着せられたまま歴史が閉じてしまいますね。」

ピンチをチャンスに変えられるのか、菅内閣の対応にかかっています。以上

下條教授は、韓国人の教授とも韓国語で論破してしまうような凄い人です!!

確かに今までの「竹島の日」は、韓国のご機嫌伺いで、政府要人は出席していません。

『竹島の日』ローカルニュース    【山陰中央テレビ】

024007下條氏「『竹島の日』条例に対しては自民党政権でしたけれども、(民主党は)批判的でした。つまり竹島問題の実態がよく分からないんですね。

今回、民主党の議員さんがどなたもおいでになりません、、」

『竹島の日』ローカルニュース    【日本海テレビ】

式典には、これまでで最も多い与野党の国会議員10人が出席しましたが、

民主党の議員は出席しませんでした

これ、知らない人は是非読んでください。もう岡田ぁ~!!

竹島「不法占拠」と言わない岡田外相 (1/2ページ) - MSN産経ニュース 

以上のことなどにより、民主党の中で保守ぶってる人、なんなんだ?と私は思っています。

少なくても、竹島には興味ないですよ、民主党はっ!つまり、領土問題を政争の具にしてきただけの民主党には、尖閣も竹島も北方領土問題も、解決できないということです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月24日16:11尖閣をめぐるアメリカの水面下の動き 【ニュースJAPAN】

昨日(9/24)のフジテレビ【ニュースJAPAN】で、日中緊迫の中、アメリカの水面下の動きをやっていたので記録しました。(青字はナレーション)

中国漁船の船長は釈放が決まってしまったけど、引いて見れば・・今回の中国のヒステリックな動きって、日本人の国防意識を刺激するには良かったかも。そんな中アメリカも、こんな動きをしているそうです。

秋元アナ「・・緊張?高まる東アジアの海。水面下ではアメリカによる牽制の動きも。

日本に飛来した巨大爆撃機や大型無人偵察機のグァム配備の狙いを読み解きます。」

013

014 015

姜氏
中国は領有権に関して、ためらうことはないと強調しておく。」

依然として、尖閣諸島の領有を強硬に主張する中国日本への圧力がエスカレートしつつあるが、先週の金曜日、雲間を縫い、青森県の三沢基地にアメリカ空軍最大の爆撃機が飛来した。

016 017B-52H爆撃機・・翼から翼の幅は56mあまり。爆弾などの搭載量は31tを超える大型爆撃機だ。

B-52Hは空中発射型で、射程2000km以上の巡航ミサイルを20発以上搭載する能力を持つ。こうした大型爆撃機が日本にやってきた意味とは・・

岡部氏中国への牽制っていう事になるんじゃないですかねぇ。

018

その搭載するAGM-86C巡航ミサイルの射程、、まぁ正確には不明なんですけど、日本周辺から中国の内陸の一部まで届く事になるわけですから。」

岡部氏によれば、実は領土・領海に関する中国側の強硬姿勢は日本に対するものだけではないという。

019 020岡部氏「中国は、今年の6月には南シナ海の方で、やはり拿捕された中国漁船を巡ってインドネシア海軍と一触即発の状態になってるんですよね。」

その時、インドネシア海軍に圧力を加えたのがこの船。漁政311。中国で漁業監視船と呼ばれている船だ。

021

「これから我々は、南沙海域の警戒や保護に力を入れることに決めた更に多くの漁業監視船を派遣する。」

022

南シナ海でスプラトリー諸島などの帰属を巡って、東南アジア諸国と摩擦を抱えている中国。

023 024

岡部氏
「この『漁政311』は、以前は中国海軍南海艦隊の潜水艦救難艦、つまり元は軍艦の一種だったわけです。

中国は今、海軍力を増強していて、その一方でこういう元軍艦を漁業監視船などに転用して、海上権益の確保と拡大に努めているという事なんですよね。」

025

近年の中国海軍の増強とともに、こうした東シナ海や南シナ海での中国の行動をアメリカはどう見ていたのか?

中国漁船の衝突事件が起こる以前の先月16日、アメリカはこんな見解を示していた。

026 027

クローリー氏
安保条約は日本の施政権下にある領域に適用される。

安保)条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、その答えは"イエス"だ。」

更に今月、アメリカの最新鋭・長距離無人偵察機グローバルホークがグァム島に配備された。最大飛行時間は36時間以上。100km先の移動目標の探知できるレーダーも搭載している。

028

巡航ミサイルを多数搭載できる大型爆撃機の日本への飛来、そして長距離無人偵察機のグァムへの配備。アメリカの意図とは・・

029

岡部氏「アメリカは今のこの中国の海洋権益拡大の動きに対して、これを自分に対抗する動きとして捉え、これを監視するとともに対抗手段があるということを見せようとしているようですねぇ。

ひょっとすると、この日中関係のきしみというのも、米中関係という大きな動きの一部なのかなっという気もしてきます。」以上

漁船の船長を解放したところで、尖閣問題が解決させたわけでもなく、今後も中国はますます強硬な姿勢で向かってくるでしょう。アメリカがどうのと言う前に、日本は何をすべきかを考えないと。

9条を拝んでいるだけでは、確実に侵略されます

中国に学ぼう!SP 中国の世界制覇戦略【そこまで言って委員会】

このグラフを見ても、世界制覇やる気マンマンな気がします

030

青:中国の公開している数字  赤:アメリカの予想の数字

031 032

平和ボケお花畑思考だと、知らない間に侵略されてたって事になります。いい加減気づきましょうよー

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月23日11:14恐るべき中国のハッカー攻撃^^;     【スーパーモーニング】

テレビ朝日【スーパーニュース】のスパモニ情報局で、HPが中国語に改ざん!というのをやっていたので記録しました(青字はナレーション)

中国のハッカー攻撃が先週ニュースになっていましたが、さて、被害はどうだったんでしょう?!

(財団法人「日本釣振興会」)のホームページがおととい、中国語に改ざんされていた事がわかりました。一体何故なのでしょうか。

001

002

事務局長
「(中国と一切、交流・関係がないという話) あえて何か関連というと、その『釣』という漢字と『魚』という漢字とね、まっ釣りの団体ですから。まぁその辺でなんか面白半分で狙われたような感じはしてますけどね。」(VTR終了 スタジオへ)


012 003アナ「これはですねえ、実は尖閣諸島のその事件の問題でですね、その中国のインターネットサイトが先週末に、日本へのサイバー攻撃を呼びかけているんですね。 (呼びかけてる?:鳥越) はい、呼びかけて。 それ以降ウェブページが改ざんされるというケースが増加しているんですね。しかし何故こうね、釣り振興会のページがというとこなんですが、まっ、これはもうお分かりだと思いますけれども、

尖閣諸島の一番大きな島は日本で言う『魚釣島』ですけれども、

中国は尖閣諸島全体を(釣魚島)こういう風に言うんですね。日本読みでそのまま読みますとチョウギョトウになるんですけれども、まっこれのここの部分、この『釣』の部分で、日本△釣り△魚と例えば検索をした場合に、こういったところのHPが引っかかってくると。

で、何のHPかは判らないんだけども、とにかくドンドンサイバー攻撃を仕掛けていったという可能性があるんですよね。

で、まぁ、あのー、ここだけじゃなくてですね、様々な所が実は被害に遭っているんですけれども、例えば一時閲覧不能になった防衛省ですとか警察庁、こういった所もありますし、

004

HPを改ざんされたという所で言いますと、山口大学・金沢大学・・ちょっとよくわからないんですけどもね・・。(徳島県参佐那川村のHPの説明 トップページ→観光イベント  地図を見るボタン)

005

ここをこうクリックして次に行きますと、こうなっちゃうんです。こういうページが現れるんですね。(えー?!  えっ??  えっ)

全く作ったものではない地図じゃない、つまり中国語の改ざんされたページが現れたんですよ。

006 007

青い部分が、青いハッカー連盟(あ~:鳥越) 『我々はハッカー集団だ』ってそいうったものがありまして、さらにですねぇ、ここに『命を懸けて島を守れ!』とか『貪欲な日本人を追い出せ!』とか、

そういったまぁまさに尖閣事件に関しての中国側のサイバー攻撃であるという事がわかるような、そういったものが仕掛けられているんですが、

008 009

何故ここなのかは、先程の『釣』とも関係ないですし、もう全くわからないんですが、えーこれ考えられる事としてですね、地図のところに仕掛けられていましたよね?

地図情報のページの部分だけ、更新のない古いソフトで作ってあったので、セキュリティーが弱いと。

010 011だから結構ですね、あんまりどこっていうのはなくて、とにっかく色んな場所のセキュリティーの弱い所を、、(出来るところは全部やっちゃえと、そういう感じ:鳥越) いうような事ももしかしたら、やっているのかなぁと。真相はもちろんわからないんですれども。そういう可能性があるという事です。

鳥越氏「無意味な事をやってるなぁ。」

012_2

アナ「本当に無意味な事をやってますよね、以上でした。」以上

やってる事自体は「無意味な事」だけど^^;、中国人は、「一般の関係ない人の迷惑顧みず、何でもやる」というのが知れただけでも、大変に意味がある嫌がらせですねぇ。

先週は、日本政府機関へのハッカー攻撃が18日に最大というニュースをやっていたんですが、まぁ、このへんで打ち止めでしょうかね??

ひょっとしたら、全然開いていないHPの地図から青いハッカー連盟のサイトに飛べるかも(苦笑)

《漁船乗組員帰国で中国「外交勝利」、日本政府へのハッカー攻撃も 【ニュースバード・NEWS23】》

012 011

「・・また中国最大のハッカー組織が、日本の政府機関のウェブサイトを攻撃する事を表らかにした。攻撃の期間は満州事変から79年となる今月18日までとしている。特に18日には最大の攻撃を仕掛けるという。」

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月22日19:11日中関係悪化でどちらが損する?!   【ワイドスクランブル】

テレビ朝日【ワイドスクランブル】の夕刊キャッチアップのコーナーで、日中の関係悪化でどちらが損をするのか?!というのをやっていたので記録しました。この番組で、この記事を取り上げたのはGJ。

001

アナ「まずはコチラ夕刊フジの2面ですが、いやーーどうなっていくんですかねぇー、危険をはらんでいるという風に言えるんでしょうか。

(夕刊フジの記事、アンダーライン部分のみ読み上げ )

中国紙、日本“恫喝”特集 外交ルール無視!禁じ手ばかり

日本領海に侵入した中国漁船船長の逮捕をめぐる「尖閣問題」で、反日感情を高めている中国の大手紙が、効果的に日本を追いつめる「対抗措置」を特集で報じた

各方面の専門家らに「日本をギャフンと言わせる」ための経済政策や軍事戦略を語らせるという噴飯ものの記事で、いずれも外交ルールを無視した禁じ手ばかり。わが国も“返す刀”の対抗措置は十分にあるのだが…。

 中国大手紙「環球時報」が専門家らに聞いた日本への対抗措置は、

(1)東シナ海ガス田の共同開発交渉を無期限延期もしくは中止

(2)中国が円を買い進めることによる円高促進

(3)レアアースやエネルギー資源の輸出制限

(4)日中環境保護協力協定の停止

(5)戦闘能力のある漁船の尖閣海域への定期派遣

(6)尖閣海域での軍事訓練-など。

もちろん、毎度おなじみの「日本製品ボイコット」も入っている。

 これに対抗する手はあるのか。別の中国紙の日本支局長は次のように言う。

 「中国にとって最大のダメージは、日本の環境技術撤退や無償資金協力(ODA)の即時中断

なかでも日本の環境技術の撤退は、深刻な環境汚染問題を抱える中国にとって最大級の痛手です。

ODA中断も、中国の国民にほとんど知られていない日本の支援の大きさを知らしめる良い機会

中国と中国企業による知的財産侵害を片っ端から国際社会に訴え、『チャイナリスク』の危険性を執拗にアピールするのも効果的でしょうね」

 中国がすでに輸出規制を打ち出したレアアース、レアメタルも、代替品開発が進んでいる。中国国民が日本製品を本気でボイコットするなら、中国との領土問題を抱えるインドに製造拠点をシフトすればよいという。

 「多くの日本製品の生産拠点は中国内なので、中国が今後も強硬な態度を続ければ、結果的に自国の雇用を奪うことになる

日本企業は中国を無視して他の東南アジア諸国-ベトナムやインドネシア、タイ、ラオスなどに工場を移せばいい

観光にしても、まだ日本から中国に流れる金のほうが多く、双方の渡航自粛ムードが高まれば困るのは中国側です」(同)

 とはいえ、いまさら“目には目を”の対抗措置は大人げない。『中国をめぐる国際環境』の著書がある岡部達味・首都大名誉教授も「中国メディアの挑発を真に受けるのはむなしい」と冷ややかだ。

 「中国政府は自国民からの弱腰批判を避けるため、振り上げた拳がおろせない。日本としては、主権を堅持しつつ、中国のメンツをつぶさない引き際を考えてあげるべきでしょう」

 ちなみに、日本と同様に中国と領海問題でつばぜり合いを繰り広げている韓国では、年間5000人もの中国漁民を拘束しているという。たった1人の船長拘束による“恫喝”にオタオタする必要はないのだ。

という事なんですけどねぇ、これ川村さんねぇ、中国側がなんかこう、こういった戦いに敗れたというような感覚を持たずに日本側が勝利を収めるような良い方法はないもんですかね、これ」

003 004川村氏「そうですねぇ、あの結局日本と中国の今の貿易関係から見ると、中国の方がもしかすると、その日本の技術を必要としている部分がかなりあるんですよね。

環境技術っていうのは確かに製造工場が、今水をドンドンドンドン、まぁかつての日本の公害のように排水している、そういうものを全部キレイにしてもう一回戻してあげている技術は日本 からの輸出ですから、

それが来なくなった場合には、ドンドン汚水が、中国の国内をまぁ蔓延していくっていう事もあって、それ一つとってもですね、中国自身も打開策をなんか考えていると思うんですね。

それはやっぱりあと10日で、その船長の勾留延長期間が切れた時に、まぁどういう風な決断、あるいはその結論を出すかという事だと思いますねぇ。」

005

アナ「はい、えー、見事な政治決着、望むところでありますけどね。さっ続いて参りましょう・・」以上

佐々木アナは、顔芸でなんとか穏便に!!と訴えていましたが、日本側は、既に司法の問題になっているので譲歩のしようがありません。

中国が勝手にエスカレートしていっているだけの事です。そういう国なんです。焦っているんですよ。長引くと反日が反政府になるのが目に見えているから。

絶対に日本が折れると思っているようだけど、絶対に絶対にそういうわけにはいきません。

中国がいくら恫喝してきても、「ムリムリ」って言うしかありません。まぁ穏便に・・なんていくわけないんです。

相手が聞く耳持たないんだから、中国と領土問題を抱えている多くのアセアン諸国と団結して、アメリカも巻き込んで戦っていくしかないと思う。まずは、日本国民全員がそれを肝に銘じる事だと思います。

で、有言実行内閣がブレないように見張るしかない

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく