地球温暖化

2010年10月30日21:58日本は排出権取引でひとり負け(櫻井よしこ氏解説)後半 【世界を動かしているのは誰だ会議】

前記事の続きです。 

7e3146b2.jpg a3af0535.jpg

地球温暖化の捏造データが出回っている!?

櫻井氏IPCCっていうのがあるんですね。あのー、世界の気候変動に関する国際間パネルという。

そして、そこに非常に多くの世界の、いわゆる一流の学者達が入っていると言われているんですが、この方達はいろんな論文、を集めてそれをまとめて発表してます。凄く簡単に言うとそういう事なんですね。

08be047c.jpg
そこで彼らは、CO2が原因ですとかっていうハッキリしたことは必ずしも言っていないんですが、
そこからみんなマスコミも私達も、CO2という事になってしまったんです。

だけどもこれ(温暖化)は必ずしもCO2でないかも知れないし、そうであるかも知れない。

これは科学者の意見が分かれているという事なんです。」

a7d1ef11.jpg

フルフォード氏<そのデータの保有しているイースト・アングリア大学のコンピューターがハッキングされて、そのみんなが使っているデータが捏造だという事が出てしまった。それは事実。>

1f8f0dd8.jpg
竹田氏<報告書に書いてあるのは、ちゃんと立証もされていない雑誌に書いてあったものをそのまま持ってきちゃった。>

e5953f7f.jpg

手嶋氏<色々な欠点はあるが、ただ問題なのは、鳩山元総理が国連の場で25%と、こんな野心的な実現できるかどうか分からない事を、条件付きだが言う

それは膨大な納税者のお金を払うという事を前提にしている。>

53130c8e.jpg
中島氏<25%削減すると、、

そもそも石油ショックの70年代、日本は物凄い苦労した。

それより2倍くらいのスピードで、省エネ・CO2削減を進めなくてはいけない。>

女子アナ<何故国際舞台になると、日本はついつい引き受けてしまうのか?>

73a3e8c0.jpg
櫻井氏「それは鳩山さんがねぇ、良い格好しぃをしたかった。

鳩山さんは、総理大臣に昨年の9月になって、その5日後に国連に行ったんですよ。

まだ国会でなーんにも国民に説明もしていない。民主党の議員たちも分かっていない

鳩山さんご自身のお考えで国連に行って英語で25%削減するって言った、あれは私は非常ーに、僭主的に無責任だと思いましたね。

ここでやっぱり忘れてはいけないのは、日本が一生懸命やって25%削減したと仮定します。これほとんど外国から(排出権を)買ってこないといけないですね。

日本は何兆円か払うわけです。そして25%達成した時に、世界のCO2に何が起きるか?

83305751.jpg 6866f0b5.jpg

(日本は)4%の25%ですから世界の1%が減るだけなの。

その間に、中国はCO2をどんどん増やしていく。アメリカも。だからね、このこれは、本当に1人芝居みたいなもの。」

所氏<これ中国は調子出ちゃうよね。CO2は8倍使っているわ、月餅は降って来るわ。>

c641ca01.jpg c3078e19.jpg

手嶋氏<やっぱり根拠がないし、良い格好しぃ。>

さんま<ホントに根拠がないの?どんだけ調べても?>

櫻井氏ないんです。

だからね、彼らはこう色々言うんですよ。建築物に日本の木を使いましょうとかね、色々言うんですけども、それを積み上げていっても、さっき中島さんが仰ったように、到底日本は達成できないんです。」

31a5bc00.jpg

所氏<日本の木を使おうと経済回そうとすると、まず林道を造りましょうとか色々絡んできてそこにお金が色々行くんですよね?>

櫻井氏「そうですね。凄く他の分野の産業にもマイナスの影響があって、例えば日本でそのCO2削減しなきゃいけない時に、日本で鉄を造るとしますね。

じゃあ自動車にこの鉄を使います。日本で造った鉄はCO2対策を十分にしてあるから当然コストが物凄い高いわけです。ね。

671fad82.jpg
こっちは中国から買ってきたCO2なんかどんどん出して何もしてない凄く安くできた同じ1トンの鉄です。メーカーはどっちを買いますか?(そりゃ安い方:さんま) 

そうするとね、一生懸命日本でよい環境対策をやって素晴らしいものを造っても、

『鉄は鉄です。同じものです』って言われると買わないから日本の産業も凄ーくね、衰退していくんです。」

土田氏<そこは世界に言っていきましょう。もうムリですと。もうやーめたと。>

フルフォード氏<こんなインチキには付き合わないと言えばいいんです。>

優木まおみ氏<鳩山さんももう辞めちゃったしぃ、(一度にみんなが喋ってて聞き取れず)>

a4d944d7.jpg 737ec88a.jpg
櫻井氏「まおみさんが今、凄く良い事仰ったの。

鳩山さんはもう総理大臣ではなくなって、新しい総理が生まれたんだから、

前の人のいう事はチャラにして良いんじゃないのと

カナダがした事はまさにそうなんですよ。

カナダは京都で約束して帰りました。帰って選挙がありました。

与党が敗れて野党がなって、もう政権が代わったから前の政権の事は知りませんっていうのは物凄い大きな理由だったんです。(日本は)政権は同じだけどもね。」

優木氏<政権は同じだけど、菅さんが????すれば、、> 土田氏<カブ上がりますよね。>

6d9125c7.jpg
 さんま<日本人の心を取るか、利益を取るかという所なんやけどなぁ。>

女子アナ<そもそも日本の心が、単に体面を気にしただけという所が一番腑に落ちないと思う。>

優木氏<国民の意思だったら良いんですけど、鳩山さんがその時の思いつきだけだったら、、>

所氏<でも、みんなが選んだ政治家の中から出てきた総理だから、我々一人一人に問題があるっていう事でしょ?>さんま<その通り!>

dc217b4a.jpg
手嶋氏<京都議定書の時には一見アメリカが仕切ったように見えるが、実はイギリスが仕切った。当然イギリス人に有利になる。

アメリカに比べて、イギリスは外交条約や軍事力を持っていないので、その代わり知恵で勝負して、つまり仕組みを作るという事。>

0a0ccabb.jpg
竹田氏<資源も何もないのは日本と一緒。16世紀からずっと外交をやってきた国。

条件が一緒なのに、日本がどうしてこんなに国際交渉の場で甘いのかというのは考える必要がある。>

9e1fd3db.jpg

中島氏<(私は)フランスが長いが、哲学を普通の学校で勉強する。大学の受験科目にもある。考え方の訓練を徹底的に叩き込まれる。ヨーロッパの人はそう。

最初から交渉の場で理路整然と感情じゃなくてどうやって説得していくかを身につけている。>

さんま<俺はワビサビの日本人が好きやなぁ~。ズルくないよ、日本人は。>

0d3218c9.jpg

手嶋氏<その基礎になるのはインテリジェンス(情報)。 対外情報機関がないのはG8の中で日本だけ。 こういう風にしてくれといわれた時に『違う』と言えない。>以上

所ジョージが結構冷静でちょっと意外でした(・・;)

みんなが選んだ政治家の中から出てきた総理だから、我々一人一人に問題があるっていう事」・・というのは正論だけど、あの夏の政権交代を断固望んでいなかった人間には酷な言葉ですよね。

で、アレが国連で25%削減の演説した時、「あのバカ・・と青ざめました。 

「ちょっとやらせてみよう」なんて投票した人は猛省してくださいねっ!

明石家さんまも、「日本人の心・わびさび」とか言っちゃって、ビックリ。

そういう言葉は大好物ですが、ただ外交は、わびさびとかは通じません(笑) 

国益がぶつかり合うの場ですから、狡賢いくらいじゃないとね。

櫻井さんの発言にはみんな聞き入っていて、事の本質が分かり始めると、怒り爆発ってカンジでした。

どうしてこういう解説を当時、地上波テレビでやらなかったんでしょうね!?

櫻井さんの様な真のジャーナリストが、こういうバラエティー番組にもたまには出て、解説してほしいな~と思いました。

それにしても、あのとっとと辞めてシラ~としている鳩山元総理は、大変な置き土産をしてくれましたよね(呆)

千歩譲って、排出権取引をしなくてはいけないにしても、アフリカや東南アジアの本当の途上国への支援って事にならないのかなぁ~。

なんでアノ中国に何兆円も上げなくちゃいけないのか・・腹立ちます。

もうこうなったらやっぱり総選挙しかないっ!

政権交代して、「25%削減?何ソレ!?」でいいんじゃないかなぁ~ついでに、京都議定書もカナダ式でいいよね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年10月30日11:56日本は排出権取引でひとり負け(櫻井よしこ氏解説)前半 【世界を動かしているのは誰だ会議】

日本テレビ【金曜スーパープライム さんま&所の世の中を動かしているのは誰だ会議 】

日本は排出権取引でワナにかけられていた!? の部分だけ記録しました(ただし、関係ないタレントの発言はカット・<>内は発言要約)(青字はナレーション)

この問題は何度も何度も書きましたが、櫻井よしこさんの総まとめ版でと思って読んでね☆

ここでも中国に貪られている日本・・

あなたはこのような(工場などの)煙が高額で取引されているのを知っていますか?

02565bf8.jpg 6ef9902d.jpg

二酸化炭素が14兆円で取引されている!? 地球の温暖化対策に取り組む世界の国々。

京都で開かれた会議で日本はCO2などの温暖化効果ガスを6%減らすと発表

9a72c16b.jpg

更に国連の場で鳩山前首相も、「2020年までに1990年比25%削減を目指してまいります。」

21世紀は環境の時代。実はこの言葉をスローガンに急成長を遂げたのが環境ビジネス

f3ee9ac4.jpg
中でも早くから整備が進められたのが
排出権取引

排出権取引は、国や企業が温室効果ガスの削減目標を達成できそうもない場合、元々余裕のある国や企業からその分を買い取り目標達成に役立てる事が出来る権利の売買システム

昨年、全世界の市場で扱った取引量は87億トン

取引額14兆2,000億円にも上る。

795763e2.jpg
  これまで捨てていた温室効果ガス、それをお金に換えるシステムを考え出したのが、社会企業家を育成する世界的ネットワークの創立者・ウィリアム・ドレイトン。

彼は30年も前に排出権取引を考案。

そもそも経済事情の違う国同士の不公平感を解消する為に作ったので、ドレイトン自身、考えもしなかった方向に進められようとしている。今や投機目的のお金も流れ込む巨大マーケットになっている。

4d272ba8.jpg

しかも、日本は排出権取引で負け組だという。一体どういう事なのか!?

(VTR終了 スタジオへ)

6f5b1697.jpg
フルフォード氏
<ハッキリ言います。全くのインチキです。元々二酸化炭素によるグローバル温暖化はない!データの捏造から始まるのでただのお金儲けのからくり。>

中島氏<今の発言はちょっとオーバーな表現だと思う。>

竹田氏<温暖化は事実。温暖化がウソというのは間違い。>

356173fd.jpg
中島氏<ただ国によって条件が違うので、CO2の削減自体が排出権取引で本当に出来るのかという事。今世界で一番お金を払っているのは日本。1兆円前後払っている。これだけ払っているのは日本しかない。>

所・さんま<なんて良い国なんでしょう。日本人はやさしい。>

4b31a2d2.jpg
櫻井氏「中国行ったんです。そしてこの環境の事話してきたらね、中国の方達がね、『あ~空から月餅が降って来る』って言うの。『どうして月餅が降って来るの?』

『日本が環境でいっぱいお金払ってくれるから』 」

bef58018.jpg
中島氏<中国は京都議定書に入ってない。基本的に先進国だけだから。

なぜ中国が入ってくるかというと、京都議定書を守る中で、足りないから外から排出権を買わなきゃいけない。その時に途上国と一緒にプロジェクトをやるとそこと一緒の分を買った事になる。

だから日本は取引量で言うとなんと売っている9割が中国のもの。>

女子アナ<あれだけ大きい国なのに途上国扱い?>

f60e9deb.jpg
手嶋氏<そもそも京都議定書に入っていないので、本来は貰う権利がない

当時ヨーロッパは東ヨーロッパを合併したのでちっとも痛まない十分達成可能な量なので、

日本が完全に貧乏くじ、もっというとハメられている。>


9f985a51.jpg
櫻井氏「もっと分かりやすく言いますとね、日本はもう環境問題についてはもう優等生なんです。ですからCO2、ほとんどこう出してないです。

世界全体のCO2の4%。中国は20%以上。アメリカが20%以上

それでね、例えば鉄を1トン造るとします。鉄を1トン造るのに日本が使うエネルギーを1としますね。アメリカやヨーロッパが使うエネルギーはだいたい1.2~2なんです。日本より2割から2倍CO2それだけ出してる。

7d762e30.jpg

中国は8.5なんです。ロシアは18なんです。」(えーえー、うそぉー:さんま)ワタクシは、嘘は言いませ~ん。」

所氏<だから、中国は月餅もらってんの?>

櫻井氏「そうなんです。日本はあの第一次オイルショック・第二次オイルショック・それから金融危機の時に、もう出来るだけ油少なく使うように、、もう出来るだけもう少ないエネルギーでっていうので、物凄く優秀な技術を持っている。だからこの技術と日本のお金がほしいから排出権取引を作ったという事も言われているんですね。」

ea1ddc8b.jpg
土田氏<そもそも日本は雑巾を絞っているわけで、他は絞る前だから6%とか出るのに、もう日本はもう絞りきってるのに、そこから6%削減って、何故それを日本はヨシとしたのか?>


a4d7b3af.jpg

手嶋氏<そこが非常に、、京都でやったし議長も日本人なので、取りまとめて妥協しなければいけない、しかし本当はどういう仕組みになっているのか、今は分かっていたと言い訳しているが、外交上で言うとハメられている。>

ea20ae12.jpg
中島氏<排出権取引の話に戻ると、実際に始めたのはイギリスの金融機関で、京都議定書が決まった段階、実行は2008年だが、決まったのは1997年。

その翌年にロンドンで排出権取引の市場が出来ている。で、金融ビジネスが始まっている>

手嶋氏<仕組みを作った人達の方が圧倒的に有利になる。>

中島氏<そこで実際に取引やってみたら、結局買う人は日本だけ。>

ee302a08.jpg
櫻井氏「それでその時にね、アメリカはゴアさんが来て京都議定書、一応了承したんです。

でもお国に帰ってから議会が反対だという事で抜けちゃったんですね。



461f986b.jpg

中国やロシアは最初から入っていないんです。

それで本当にこの京都議定書を批准した国というのはEUと日本なんですよ。

で、もうひとつ、、(カナダ、、:中島氏)だけどもカナダはもう止めましたよ。」

948a05e3.jpg

中島氏<カナダは離脱ではなく、達成できないと自ら宣言して終り。>

所氏<日本はポーカーで見せながらやっている。>

櫻井氏「あの時にね、京都議定書という”京都”という冠をかぶせたんですね。だから日本人は何となく、自分達が総まとめをして責任を取らなくてはいけないと、、やっぱり真面目なんですよね。」

さんま<まぁ、それが日本のええとこやからね。なくすのも悲しいでしょ>

3f000719.jpg
中島氏<でも経済の面で見なくちゃいけない。カナダがなんで不達成宣言したかというと、原油価格が上がってきて自分達のところで原油を作るのにエネルギーを使うから調達幅を超えちゃった。それで石油増産でお金を稼ぐ方が優先だという事になった。>

フルフォード氏<この二酸化炭素取引は良い所が一つある。発展途上国に自然保護の為にお金が渡される。それだけは良いと思う。>

櫻井氏「必ずしもそうじゃないんですよ。」

7e3146b2.jpg地球温暖化の捏造データが出回っている!?

(長くなったので後半へつづく・・)

後半は、鳩山元総理の話題で持ちきりです。笑えるけど笑えない話。

暫くお待ちください。

ブログ内関連記事記事の主なもの

CO2削減・カモネギ日本とカーボンマネー 【ビートたけしと7人の賢者】》

エコエコ詐欺 たかじんのそこまで言って委員会

COP15に影響?! 『クライメート(気候)ゲート事件』 TBS系ニュース

温室効果ガス25%削減()

追加動画 (shinadonokaze さんアップの動画でーす!)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年06月08日17:01CO2削減・カモネギ日本とカーボンマネー 【ビートたけしと7人の賢者】

テレビは菅内閣への期待報道の高揚感いっぱいで見ていられないので^^;、

録画していた、日本テレビ【ビートたけしと7人の賢者~未来への選択 人類は滅びるしかないのかSP】(6/4分)を見ていたら、環境ビジネス?を解説していたので、その部分だけ記録しました(青字はナレーション)(タレントの発言はしょうもないのでカット)

(※番組冒頭に『クライメート(気候)ゲート事件』の再現VTR・・

これは以前記事にした重要な事なので頭に入れて読んでください

COP15に影響?! 『クライメート(気候)ゲート事件』 TBS系ニュース)

001 002

003 004

005 006

007_2 008
女子アナ
「・・・さぁそんな中国でこんな事が言われています。『空からゲッペイが降ってくる』」

お菓子の月餅とは、お金の例えそれは鳩山さんのこんな演説に関係している。

鳩山氏「日本は温室効果ガスを1990年比で言えば、2020年までに25%削減を目指します。」

国連で温室効果ガスを25%も削減すると宣言し、拍手を浴びた鳩山さんこれで中国にお金が降って来る??

009

元NHKの手嶋龍一が温暖化ニュースのウラ側を解説。

010 011手嶋氏環境問題っていうのは、実は今の世界の中では一番重要な外交のやり取りのテーマになっていると。丁度、戦前で言うと、軍艦をどこらへんが減らすのかってありましたよね。はい、あの軍縮交渉

あんな形で、実は環境問題が政府の一番重要な、という事になっています。とりわけコレがポイント。ご覧ください。

CO2はまさしく外交の一番重要な武器という事になっています。

具体例で言うと、鳩山総理が国連で演説をした。あの時みんな立って拍手をした。スタンディングオベーション。この間カンヌ映画祭でもありましたよね。」

たけし「ええ、色々ブーイングもありましたが(笑)」

012 手嶋氏「ただ、拍手をするっていうのは、外交的なまぁ儀礼でみんなするんですけども、実際はどんなつもりでやっているのかは、、」

たけし「こうやるけれども、、

『しめしめ』

手嶋氏「やっぱり国際社会ではずいぶんと悪い人もいるという事なんですねぇ。さてそれがどんな事なのか。これをご覧ください。

一種のそれは『トップ引き』25%、、これはちょっと専門的な用語で、、」

たけし「競輪のトップ引きって昔いましたよね。今トップ引きの、、関係ない人が関わって、、」

013 014トップ引きとは、競輪場でかつて見られた習慣で、ラストの一周まで先頭を切って走り、後続選手の風除けやペースつくりをする役割の事。

しかし、いざライト一周の鐘が鳴ると、ご覧のようにレースから外れ、勝負には絡めないのだ。

たけし「風除けなんだよ。」

手嶋氏 「大変正確な解説なんですけど、まさに風当たりが強いところで一生懸命やりますよね。そのあとに超大国はみんなその様子を見ている『是非頑張ってください』と言ったんですが、しかしこの段階で最大の問題は、25%を削減をするという本当にしっかりとした根拠があるのかどうか、という事ですけれども、

大丈夫っていう事は、この僕を除くこの方々が本当の賢人なんですけども、多分その根拠っていう事でいうと難しいんだと思います。」

015_2 016_2

「難しい・・・」「難しい・・・」

手嶋氏「難しいですよね。もし、それを達成しない場合は、達成した国から排出権の権利を買わなければいけない、、」

017_2 CO2削減という宿題ができなかった日本はどうなるのか?

ここで排出規制のない中国が登場。

日本はその中国へ出かけて行き、お金や技術をつぎ込んで中国のCO2削減に貢献する。

すると、日本が排出していい枠(排出権枠)が広がる。日本はこうして他の国から枠を買って達成するしかないという。


018019手嶋氏 「それで今、中国はどんと日本からお金がもらえる、、それがさっきあったような形のゲッペイ。つまり、日本からウンと搾り取ってやろうという風に、、ただ一方で言うと、ヨーロッパやアメリカはどうなのかっていう事になりますと、トップ引きをしませんから、なかなかしたたかで

今、お金をポンと取れそうなのは日本だけと、中国の人達は考えている。」

020

さらに世界の温暖化対策は操られている??

手嶋氏やっぱり黒幕がいるという事なんです。それがコレなんです。

(違う話題のVTR 略)

よくわかる手嶋龍一の温暖化ニュースのウラ側

021 022
手嶋氏
「実は国際情勢っていうか、国際政治の厳しい駆け引きがあるんだという事ですけど、特に温暖化の問題についてはどうですかねぇ。

やっぱり黒幕がいるという事なんです。それがコレなんです。」

023 024つまり色んな形でこの問題を考えている、この黒幕が今密かに考えつつある非常に巧みなと言うか、ビックリするようなその回答って言いますか、新たな提案がコレ、、カーボンマネー、つまりCO2通貨という風に言ってもいいんだと思いますね。(カーボンって二酸化炭素って言う意味ですよね?) そうですそうです。それがお金になる

ただこれは基礎がありましてね、ビックリするようなことでもないんだと思います。

つまりさっき言った排出権取引というのは、もうその排出権というものが、売り買いされる、そこに価値が出てきてますね。これは国と国にとの取引。そして国が定めて企業との取引。これをつまり一般の、皆さんの家計と言いますか、懐の所に適用しようという事でカーボンマネー、、」

025026_3カーボンマネーとは、国に割り当てられたCO2排出量の規制を各家庭や個人に振り分けようというもの

一人当たりの年間排出許容量をチャージしたカーボンカードが無料配布され、買い物には現金とカーボンマネーの両方が必要になる。

手嶋氏「ちょっと分かりやすく、このお2人について、オードリーさんね。この内若林さんはごく普通って言いますか、立派な家に住んでいて、、」

例えば、オードリーの若林がお金持ちになったので高級マンションを買おうとした場合、

現金と同時にカーボンマネーを払う事に。すると当然その分のチャージが減ってしまう。さらにアレコレ買い物を続けて、とうとうカーボンマネーが無くなった!

一方、春日野カーボンマネーは余っている。

027

028手嶋氏「これ一年間経った時に、

若林さんはカーボンマネーが底をついている。で春日さんはポンと持っているという事になりますと、当然若林さんは春日さんからカーボンマネーを買わなければいけない、、」

そうなのです!若林は無くなったカーボンマネーを現金でチャージしなければならず、

一方、春日は余ったカーボンマネーを現金に換える事が出来る。

029 

031

手嶋氏 「カーボンマネーというものが価値があり、交換の機能もあるという事になりますよねぇ。

これがイギリス人が考えたカーボンマネーという事になります。

じゃあ、これは一体どんな人が考えたのかという事なんですが、ちょっとご覧ください。

これはミリバンドさんというんですですねぇ、前の内閣で2人大臣を務めたその兄弟なんですけど、この人たちがこんな仕組みを考えた、、」

たけし「そうすると先生アレですか?カーボンマネーは個人によっても同じなんですか?均一ではない?」

手嶋氏「最初、国からもらうのは同じ。」

たけし「すると、どんな企業の親玉でも同じなんだ。(ええ) そうするとそうか、使っちゃえば自分で足さなきゃいけないんだ。買い足すってことですよね?(はい)」

手嶋氏「秩序は自分が作るんだと言わなければ、、」

032 033
たけし
仕組みを考えてお金になるという事かぁ!」

手嶋氏その仕組みを考えた人が、今後の社会の主導権を握るという事になりますから、、社会のシステムを自ら作り出す人、こういう人が重要ですし、そういうやっぱりリーダーを作らなければ、ダメ、、」

034 たけし「システム作るってのは、よく、、

今はインターネットもみんなそうだね。単なる仕組みをどうやって、、

まぁ金融だったらデリバティブっていう新しい金融作ったヤツとか、システムを作ったりだとか、

それが一番カネになるってのは、イギリス人は知ってるんだなぁー。」以上

欧米では『クライメート(気候)ゲート事件』に関しては、かなり報道されたので、地球温暖化の原因がCO2説には懐疑的になってきているそうです。

そんな騒ぎの中でテレビ朝日は、「地球温暖化防止プロジェクト週間」と称して特集を組んでいたので呆れて記事にしたんですが、

地上波で『クライメート(気候)ゲート事件』をちゃんと論じたのは、【たかじんのそこまで言って委員会】と、この番組しか私は知りません。

選挙前から、これは選挙の争点にしないと日本は大変な事になるという記事も書いたのですが、国連の鳩山氏の演説には愕然としました。当時マスコミは大絶賛してましたね。

カモネギ日本への拍手だっつーの!案の定、国民のほとんどが状況を把握してないうちに法案が通りそうです。

地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決

数々の民主党の悪法案もだけど、ちゃんと報道しないテレビってなんなんでしょう?!例えば、家計負担額とか。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年12月07日13:43COP15に影響?! 『クライメート(気候)ゲート事件』 TBS系ニュース

『COP15開催』のニュースはやっていますが、欧米で大騒ぎの『温暖化データ改ざん関係』のニュースは地上波ではまだやってないような・・

TBS系【ニュースバード】で、この報道があったので記録しました。

001 002女子アナ「国連の気候変動に関する会議COP15が今日からデンマークで始まります。これを前にイギリスでは、世界的権威のある研究所から地球温暖化のデーターを誇張したとも受け止められる科学者の電子メールが流出し、COP15に悪影響を与える懸念も出ています。」

金子リポーター「疑惑の舞台は、気候変動に関して世界的権威のあるイギリスの大学研究所。ここからあるEメールが大量に盗み出されたのです。流出したメールは今インターネット上で簡単に見ることができます。研究者が地球温暖化を誇張したとも受け止められる、そうした内容となっています。」

004 「気温の低下を隠す策略を終えたところだ」

「次の国際会議にはこのデーターは出さない。なんとかして止めよう」




このメールの発信者、ジョーンズ教授の研究データーは、

005

006温暖化の原因が人間活動であるとの科学的根拠を示したIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書にも採用されています。




007 008データ改ざんをイメージさせるトリックという言葉は大きな波紋を広げ、COP15を直前にした欧米のメディアは、この疑惑をアメリカのウォーターゲート事件なぞられて、『クライメート(気候)ゲート事件』などと大きく報道しています。

ミリバンド氏「これらの電子メールはCOP15を台なしにしたい人物に利用されている。

我々の仕事はこのメールが数十年間の気候変動について研究を同様させるものではないと声を上げることだ」(イギリス環境相)

009 このようにイギリス政府は引き締めに躍起ですが、

温暖化対策に消極的な一部の国からこの問題会議で追求する動きも出るなど、

COP15への悪影響が懸念される事態に発展しています。


以上

《テレ朝、「今週は地球温暖化防止プロジェクト週間です」》にも書きましたが、

欧米でかなり前から大騒ぎしているのに、日本のマスコミが知らないハズがありませんよね。

なのに、「地球が大変だー。温暖化を止めよう」と煽るだけです。

国際的な流れもそのまま報道して、今ちゃんと立ち止まって考えないといけない時期なんじゃないかなぁ。

仮に温暖化の原因がCO2だとして、日本の地球全体のCO2排出量は4.8%。その内の25%削減ってどれだけの意味があるのか私には分かりません。

その結果、日本経済低迷と家庭負担が増えるだけで、地球全体で考えないと意味ないです。特に4割を占めるアメリカと中国!

排出権取引して削減目標達成!」・・なんて、全く意味が無いどころか、途上国(中国?)に甘い汁を吸わせてCO2垂れ流しさせ、環境利権が動くだけになりそうな予感・・・

鳩山総理の25%削減宣言を絶賛していた日本のマスコミって、IPCCの発表が根拠ですよね?!(苦笑)

まだまだ、研究者レベルでも意見が真っ二つなんですけど・・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく