同和問題

2011年06月25日11:16松本龍復興大臣は、普通ならワイドショーの格好の餌食の人らしい

昨日の記事で、「復興大臣決まらず」と書いて、数時間後に松本龍氏の起用内定しましたが、

松本龍氏のことはこのブログ内で、

つい最近、環境相として「「麻生(元)首相はよくやった。二酸化炭素(CO2)削減効果と経済効果がものすごく大きかった」と述べ、同制度を導入した自民党の麻生太郎元首相を絶賛した。」というコメントを紹介したのみ。なので、その人物像が全く分からないので調べてみました。

フレッシュアイペディア 松本 龍 とは?  より

松本 龍生い立ち

福岡県福岡市出身。部落解放の父と呼ばれた松本治一郎の養孫。実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。自身も顧問を務める。

福岡市立馬出小学校から福岡市立福岡中学校福岡県立福岡高等学校を経て中央大学法学部政治学科卒業。1980年、父松本英一参議院議員)の秘書となる。
 政界にて

1990年第39回衆議院議員総選挙日本社会党から出馬して初当選し、以後7回連続当選。1996年社民党を離党して旧民主党結党に参加。部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案の推進派である。日韓議員連盟常任幹事。国鉄労働組合のJR採用差別闘争に連帯している[2]

2000年10月17日、実家の松本組を継いだ実弟松本優三の自宅玄関ドアに約5発の銃弾を撃ち込まれる事件が発生した[3]

2008年度の国会議員の所得公開で国会議員でトップの8億4366万円の所得を得ていたことが伝えられている[4]

2010年9月17日菅改造内閣において環境大臣内閣府特命担当大臣防災担当)に就任し、初入閣。防災担当大臣が環境大臣と兼任するのは異例。

同年10月に行われた第10回生物多様性条約締約国会議(COP10)の議長を務め、議長案採択にこぎつけた。2010年の閣僚資産公開では保有資産7億6073万円、菅内閣の閣僚の中でも突出してトップであると報じられ、2位の鹿野道彦農林水産大臣の5968万円を大きく引き離した[5]。翌2011年発足の再改造内閣でも留任。

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降は防災担当大臣として対応にあたる。(中略)
 批判

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震ならびに福島第一原子力発電所事故に際しては、防災担当相を拝命しているにもかかわらず「官邸に引きこもって閣議後の定例会見すら開かない

取材対応も記者との立ち話程度で、原発のことを聞くと『私は担当じゃないから』と逃げる。何をやってるのかさっぱり分からない」[11]

「ボンボン育ちで、修羅場をとても仕切れない。地震発生時にはパニックに陥り、以来、会見もできない」[11]

「官邸の危機管理センターに詰めていた松本氏がまったくの役立たずで、自衛隊の初動が遅れた」[11]などと批判されている。

「震災が発生した3月11日から数日間、被災地救援や物資輸送が滞り、その後の活動に多大な悪影響を及ぼしたが、松本氏はその"元凶"と目されている」[11]ともいわれる。防災担当相として松本がやるべき仕事はほとんど仙谷由人が行っており、松本は単なるお飾りと化しているとの指摘もある[11]

この点について、ジャーナリストの寺園敦史は「『解放新聞』(ウェブ掲載分)でさえ何も報じていないのは、身内としても記事にしようがないほどの無能力ぶりを発揮していることの証か。

そして、これだけ無能力でもマスコミや被災地から、ろくろく批判を受けないですんでいるのは、松本大臣が背負っているものを見て、ちゅうちょしているからなのか(普通ならマスコミやワイドショーなどの格好の餌食になってもおかしくないと思う)」[12]と評している。

なるほど~、(普通ならマスコミやワイドショーなどの格好の餌食になってもおかしくない) 人物なんですねっ。こういう人間を任命するのセンスを疑います。

松本氏は、復興対策担当大臣を受けるにあたって、1,2度固辞したということなので、消極的な就任。まっ、受け手がこんな人しかいなかったということでしょう。

結局、菅総理の頭の中には復興のビジョンもなく、菅総理についていく人がいない。

この復興大臣が日本の復興のブレーキにならなきゃいいけど・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく