吉田ハルヨ

2010年04月27日07:19衝撃の医学生戦争証言(京城帝国大学編)"二日市保養所" 後編 【NHK・戦争証言】

043相場氏「妊娠している人もいるしねぇ、おなかの大きい人も、そういう人たちがね、

強姦されて、妊娠してるなんてねぇ、哀れな、、

もう祖国の土を踏めないなんて考えで、身投げする人もいたんだよ。」

(長くなったので、次記事に続く・・・)

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

という前記事のつづきです(青字はナレーション)

044 045
引き揚げ船には、学生と共に活動をしていた京城帝国大学出身の医師や元教授も乗り込んでいました。彼らは望まぬ妊娠をした女性たちの姿を見かね、中絶手術を行うようになります

046

045_2
相場
廣明戦争の被害者ですよ、あの人達は。

あそこに来た人達は。それを何とかして、まぁ、救ってあげたっていう感じやねぇ。まぁ赤ちゃんは犠牲にしたけど、、」

047

福岡県筑紫野市の一角に祭られている水子地蔵

かつてここには、戦後、京城帝国大学出身や医師や学生が拠点とした診療施設がありました。

当時、坊主頭で男性を装った女性たちが毎日のようにやってきました。.

.

048

村石氏「(最初にやって来た女性は)4、5人だったかね。

だからね、あの、それ見たら声が掛けられなかったの。

『お帰んなさい』とか何とかって、なんって言って声を掛けようかと思って、、」



049

吉田氏犯されて、連れ去られて、もうモノ言えない、、、涙も出ない、、

『何が起こったの、私?! 私、、、これ何?! これ私?!』っていう様な、、、

それぐらいあの、辛い思いして逃げてきたんだなと、、」


手術を行った医師の一人、秦貞三さんです。

051

京城帝国大学出身の産婦人科医で9年前に他界しました。秦さんが残した手記には、終戦直後の日本で中絶手術を行うには、医師に重大な覚悟が必要だった事が記されています。

052

〔当時は、妊娠中絶は堕胎罪で処罰されました。確か、懲役5年くらいの重罪でした。私達は、堕胎のダの字も頭に浮かぶ事はなく、夢中で診療を続けました。〕

053

村石氏「その人たちのその様子を見たら、ああ、私たち、もう罪になってもいい

ここで防波堤で私たちがそれをしてあげて、黙って帰してあげたら、もうそれが一番、と思って。

だから一度も、どの人にも、どこにお帰りですかって聞いたことない。名前ももちろん聞いた事ない。お歳はいくつ?!聞いた事ない。ぜーーったい聞かれる状態じゃなかったもん、なぁ。」

次々と戦場に散った学友たち。そして敗戦後の混乱。京城帝国大学の医学生たちが目の当たりにしたのは、戦争に翻弄され、傷つき、失われていった数限りない命でした。

054

横溝氏どん底、見せられたからですね、いや本当、あの引き揚げ船の姿をですね、見せられて、、、物凄く感じますね、、、

ああいう、、状態を作ったのは何かという事はやっぱり、、正義感なんでしょうね、みんなが。」

.

.

055

相場氏戦争に負けたっていうのは、哀れなもんですよ。

戦争するのが間違っているけど。その後の始末が悪い。

あれだけの優秀な若い学生たちを犠牲にしてね、

あの人達がもしも生きていたら、どんなにこの世の中に役に立ったかと思う。」.

.

以上

056 057


NHKは戦争体験の証言を集めています。ご覧の体験を持つ方の情報をお待ちしています

058

京城帝国大学の詳しい様子と、朝鮮に残された女性の強姦・妊娠のこと。

これは、絶対に記録したいと思いました。NHKはフィルターをかけて報じてましたが、

『引揚者』Wikipediaにはこのような記述があります。(抜粋)

またソ連兵は規律が緩く、多数の占領地で強姦・殺傷・略奪を繰り返したため、戦後の日本において対ソ感情を悪化させる一因となった。また、朝鮮半島ではソ連兵と共に朝鮮人も同様のことをしたと言われており[1]二日市保養所で治療を受けた引揚者の日本女性に強姦による妊娠をさせた相手の男性は朝鮮人28人、ソ連人8人、中国人6人、アメリカ人3人、台湾人・フィリピン人各1人という記録が残っている[2]。また、中国共産党軍は在留日本人に強制徴兵や強制労働を課したために、それに対する蜂起とその後の虐殺などで通化事件のような事件が起きた。

それから、この証言動画の方が生々しいです。村石さんが、何故60年経って証言したかなど・・

日本人必見-戦後朝鮮人が日本女性をレイプ三昧- 
4分43秒 - 2010年1月12日
www.youtube.com

敗戦後、日本国内でも朝鮮人は暴れまわって凶悪事件を起こしていたというGHQの記録もあるし、

うちの祖母もだけど、そういう真実を知っている人は、朝鮮人を怖がっています。

これは、差別じゃなくて史実です。(と書いておかないと、こういう記事には変なのが必ず湧く

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく