原子炉建屋

2011年04月28日21:11FNN独占?! 青山繁晴氏の福島第一原発の真現場取材 【FNNニュース】

フジテレビ【お昼のFNNニュース】で、

青山繁晴さんが、福島第一原発の取材をされたその映像と取材内容を記録しました(青字はナレーション)何故、フジテレビが「独自」と題するのかさっぱりわかりません(・・;)

9309f413.jpg
女子アナ
「福島第1原発の最新映像をFNNが独自に入手しました。
映像を撮影したのは、原子力委員会で専門委員を務める青山繁晴さん。その最新映像と、青山さんの証言をまとめました。」

7852a903.jpg b3d919b7.jpg

青山氏「わぁ、すごい。」
ここは免震重要棟の2階にある緊急時対策本部。
事故の拡大を防ぎ、事態収束に向け、24時間態勢で作業が続く最前線基地だ。これは、今月22日に青山氏がに撮影した映像。

出迎えてくれたのは、福島第1原発の吉田昌郎所長

de980968.jpg efa54cb3.jpg
青山氏「いやぁ、(緊急時対策本部は)思ったより広いですね」

吉田所長「広いのは、広いんですけれども、これ、一番大変な時は、ここに600人ぐらいですから、、」青山氏「えーー」

近くのホワイトボードには、「頑張れ福島」の文字が。
2b62efc1.jpg 3ce50965.jpg
吉田所長寝るのもですねぇ、大変な状況ですから。
福島第2の方に、寝泊まりする場所を別に作りましたので、夜は第2で寝てもらうというような形でやってもらって、ここには夜、今240~250人、残っています。」

本部の片隅には、防護服を着たまま、横になる作業員の姿が。青山氏によると、現場の士気が高く保たれているのは、吉田所長の東京電力本店に対する姿勢も大きいという。

さらなる津波が起きた場合の対策として、防波堤を造るかどうかで、本店との意見対立があった際に、

d0b894a3.jpg
青山氏東電本店から言ってくる、あるいは後ろの首相官邸からも言ってくる
そればっかりで、現場が潰されてたわけですね。

その過程で、吉田所長が『もうやってられねえよ』っていう言葉を実際に言ったそうです、本人に聞きましたから。さっきの免震重要棟に、テレビ会議の画面が映ってましたね。あそこで言って、、本当の今のリスクは、もう一度津波・地震が似たような規模で来たときに、もう耐えられないっていうことがリスクなんですよ。現場を握ってる所長が反旗を翻したら大変だということで、力関係が変わった。それで今、落ち着いてるんです。」

efc74a96.jpg 10d6427a.jpg

東電職員「正面の道路が、2号機と3号機の間の道路になりまして、すぐ先が海になっています」  青山氏「はい。 いやぁ、すさまじいな、ここの現場は。」

東電職員「右手に、あの、上がひしゃげた形の3号機が見えてます。今、機械を使ってですねぇ、使用済み燃料プールに、水を供給している作業の最中です。」

目の前に迫る原子炉建屋。カメラはその被害状況を克明に映し出している。

ceef5abb.jpg ddcf1e95.jpg
東電職員「次、こちらがですねぇ、左側に見えてくるのが4号機です。」

青山氏「これが4号機ですね。4号機も、思った以上に、建屋の損傷が激しいですね」
青山氏「この現場を見るとですねぇ、意外に構造物は(津波に)耐えたということが、逆にわかるわけですよ。
せっかく残ってたのに、そのあとの判断ミスで冷却が遅れて、今回の事態になった。まさしく人災だと」

そして車の外に出ると、通称"キリン"と呼ばれるコンクリートポンプ車による注水作業の真っ最中。
青山氏「まっ、工程表によれば、来年の1月までには冷温停止という目標が盛り込まれているんですけど?」

fd3a907a.jpg
吉田所長「私の範囲、要するに発電所長の範囲でできることと、もっと知恵を出して、オールジャパン、もしくは世界中の知恵である部分もございます。

ですから、われわれのできる範囲、発電所長として、私が率いてるメンバーでできることは、もう一生懸命やるつもりですけれども、やはりそこに、いろんな形でサポートしていただくということがあって、初めて成立する工程だと思っています。」

現場で今、何が必要とされているのか。

cfa250e0.jpg
青山氏最大のリスクは何かというと、3月11日と近い規模の津波、地震がやって来ることで、今のこの現状を見ていただくと、ここに津波と地震がやって来たら、まさしく、もう取り返しがつかない。世論の力でも、さっさと防波堤を、変な規制をかけないで造らせろということが大事だと思います。」

c233f0bb.jpg(VTR終了 スタジオへ)

女子アナ「はい、実際にお話を伺ったんですけれども、青山さんが繰り返し言っていたのは、『これは人災ではないか』と。

『冷却の段階でもっと早く、正しく対処できていれば、この現状にはなっていなかった』という風に訴えていらっしゃいました。

また、青山氏は『いい意味で先入観を裏切られた』とも仰っていました。
『現場に入る前は、もっと作業員の士気が低いかと思っていたのだが、チームワークよく、志高く働く姿が大変印象的だった』という風に伝えてくれました。  以上

「この映像を、FNNが独自に入手した。」というのは、ずうずうしいですよねぇ。

アンカーでは一日早く(4/27)詳しく報じているし、こういうのは普通「青山繁晴さんのスクープした映像」と紹介するもんじゃないかなぁ~?? 

必見!

【ニコニコ動画】4月27日青山繁晴【ニュースDEでズバリ!福島原発現地取材】

誰が考えても、今後の余震と津波に対処することが喫緊の課題ですよね!

・・なのに、東電も保安院も今日の会見で「(防波堤は)考えていない」と言っていました!

福島第1原発事故 現場責任者の防波堤建設要望について保安院「よく存じません

危機管理の意識が低すぎというか、それじゃ原発を!日本を守れないよっ!現場の吉田所長の意見を早急に取り入れるべき!連携不足にも程がある。中央と現場の温度差が日本の危機を招いていると思いませんかー?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく