勝谷誠彦

2010年11月07日19:04「尖閣ビデオ問題公開問題」惠隆之介氏(銛の噂話)解説 【そこまで言って委員会】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】、テーマ『ちゃんと知りたい』の中で、

ゲストの沖縄出身の元海上自衛官・惠隆之介氏の発言を抜き出して記録しました。

物凄い良い話をみんながしているのに、田嶋陽子がいつにも増してうっるさくて、他の部分の文字起こし断念(-_-;)動画が上がると思うので、是非是非見ていただきたいです!

「銛で突いたというウワサ話」が真実味を帯びてきたように思います。

c7c09618.jpg a1082297.jpg

Q:ビデオを見た印象は?

c137e12d.jpg
惠氏「やっぱりですね、私は先月、石垣島に行きましたけども、あの名前は言えませんけども、この内容はほとんど私は把握しておりました。もっと隠された部分があると思います。(CM)

乗員が海に落ちたらしいという情報ですね、それを銛で突こうとしたという関連も私は聞いております。」

16a384dd.jpg
Q:それって本当? 

石原さんの発言は、ビデオを公開させる為噂があると言うプレッシャーをかけたのかと思っていたが、惠さんの情報でも銛で突こうとした話は出てくる?

惠氏そうです。今や石垣島に行くと異様な空気でですね、漁師の方々も、市民も、そしてもちろん海上保安官の皆さんも物凄い緘口令が敷かれていてですね、気持ち悪いぐらいです。まさにファシズムですね。情報統制。」

Q:それだけリアリティーを感じてる? 惠氏「だと思いますね。」

Q:海保から出てきた話?

惠氏「いや、出処を言っちゃうとね、もしかしたらまた迷惑かけるので、ちょっとぼかすしかないです。」

ef9dc45b.jpg
 Q:それは映ってはない?

惠氏かなり近い部分まで私は話は聞きました。今回のビデオにはそれはちょっとカットされていますけどね。」

勝谷氏「あると思うし、これから出てくる可能性も(マザーにはあるんちゃうの?:たかじん)マザーにはあると思います。」

辛坊氏「こういう話が出てくるんだからもう全部、10時間公開したら分かるわけですから。」(中略)

惠氏海保の皆さんはね、非常ーーに一生懸命やっておられるんですよ。もう疲労も限界まで達してきているんですね。

そこまでしているのに政府からですよ、釈放って事があったわけでしょ。(悔しいやろなー:たかじん)まさにね、2.26直前ですよ、表現悪いかもしれないけど。」

(中略)

a26461f8.jpg
勝谷氏「・・地道にやってる命がけで

でね、くっつけて乗り込んでって事もやってる。その場合相手が反撃してきてね、ロープで簀巻きにして放り込んでるってそういう話もあるんですよ。

やがてそういうビデオも出てくるでしょう。その時日本人はどうするんですか?あの国に対して。」

田嶋氏「でも、その銛で突いてるのってどうして公開しないの? 」

71ca6ec5.jpg

惠氏「そこはですねぇ、そこを公開した時には多分、今の内閣が瓦解すると思いますね。」田嶋氏「うん、だってしょうがないじゃん。」

(他のみんなが口々に瓦解させたらいい)

d9044e4d.jpg
田嶋氏「だって今度菅さん、やっぱり国民に謝らなきゃいけないですよ。

中国にも謝らなきゃいけない。両方に謝らなきゃいけないっすよ。だっていろんな約束事を無視したんですから。」勝谷氏「なんで中国に謝るの!?」

(中略)

4e1f457f.jpg
惠氏「田嶋さん、中国人の性格知りませんねっ。

あのねぇ、中国にはブーターブージャーシー?って言葉があるんですよ。

殴り合わんと分からないと。だから彼らが今一発殴りかかってきているわけです。こっちは殴り返さんとね、

そこで『話せば分かる』って譲歩するでしょ?完全に握られますよ。次は第二ステップ、 沖縄本島狙いますよ。」

5eac21b7.jpg
田嶋氏「ちょっと待って。今中国が怒っているのは・・(妄想話の繰り返し。今までは拿捕しても罰金取ったりなんかして釈放してたのに、今回だけ国内法で裁くと言ったから怒ったという話)」

(田嶋以外が、拿捕したり罰金取ったか?とみんな反論)

33584611.jpg d8de24b9.jpg

(金さんが、日本の弱腰に段々エスカレートしてきているのに、田嶋のような解釈をする人がいるからダメだといって拍手が起こる。)

1b998c9e.jpg

惠氏たえず既成事実を積み上げて、次は沖縄本島に迫りますよ。

そういった兆候が色んなとこに見えます毅然たる態度をここで取らないとですね、完全にやられますよ

32cf549c.jpg
一旦奪われるとね、領土を奪還するっていうのはなかなか難しい。(竹島と北方領土で見た通りです:勝谷) ここでね、我が国の国民はもう目覚めんといけません

アメリカに甘えてね、随分平和ボケしてきました。

外国行ってもね、あんなしっかりした戦前の日本がどうしてね、ここまであの臆病になったかって言われるんですよ。もうここで目覚めんとダメですよ。国家が滅びますよ。」(拍手)

1c6b115b.jpg
ざこば「ほんなら、なんでここまでアカンタレになったんやろ? 理由は。」

惠氏「やっぱり、つまらん平和主義ですね。毅然たる態度を取らないと。憲法も改正して交戦権も明記しないとですね、恥ずかしい話しだけど・・(自衛隊の弾薬の備蓄量の話) 田嶋「そんなこといって防衛費増やしたいんだよね。」

惠氏国防・国家というものを再建していかないと、このままじゃあもう本当に全部取られてしまいますね。」

Q:尖閣問題があってからの沖縄の世論・雰囲気は?

8dea221a.jpg
惠氏 「あの最前線の石垣島は変わってきました。石垣・宮古で講演しますとね、石垣の方々は必死ですよ。

ところが沖縄本島に対してはね、かなり中国の工作が今入ってきまして、沖縄独立論がドンドン台頭してきました。

それを見てますとね、以前コチラで、あのー沖縄戦における住民自決の強制問題とか色々ありましたでしょ。ああいう積み重ねがね、もう反日という事で固まってきたんですよ。沖縄本島は。

6f0567e1.jpg
  石垣は危機が迫ってきているからかなり変わりつつありますけど。だから石垣島と沖縄本島の温度差がかなり変わってきました。

で、中国の戦略っていうのはですね、沖縄本島を取っちゃえば、石垣島も宮古も尖閣も付録で付いてくるわけですよ。これだけ強かな発想ですよ。

負けちゃいけませんよ、我が方も。防衛問題している時じゃないですよ、毅然と対応しないとダメです。歴史教育を、、」

勝谷氏「一番必要なのは原子力潜水艦ですか?」

惠氏「いえ、私は今の水上艦艇と航空戦力で十分だと思います。データはちょっと強化すべきだと思いますね。 尖閣諸島に低空で迫ってきたときにはちょっと探知不能です。

で、もうひとつ。今海上保安庁だけを前面に立ててます、国家は。水中情報?をつけていません。相手が潜水艦で来た時にはお手上げですね。

だから海上自衛隊ももう早急に尖閣沖に配置すべきですね。水上艦艇も潜水艦も。」

dba7c0d4.jpg 8f242463.jpg

(中略 中国はいかにゆすりたかり国家という話など)

惠氏「僕は自衛隊じゃないです。だけど僕はね、今日、コレに出るって言ったらね、制服の後輩からいっぱい電話来たね。アレ言ってくれ、コレ言ってくれって。」

Q:だいたい今日は言われた事は言った?

惠氏「もう結論は言いました。時間がないのでね、また次時間作ってくださいよ。

もっと具体的に話ししますとね、みんないきり立つと思いますよ。なーんで、こんな国なのかって。こんな優秀な制服を使い切れない国なのって。」

(中略)

15b21e92.jpg
惠氏「愛する人のために命を掛けるって言うのは最高の生き方だと僕は思いますよ。」

田嶋氏ははは、笑っちゃうよ、そうやって国民を騙したんだから(騙してないよ、俺だっていざとなったら行きますよ:惠) 冗談じゃないよっ。」

勝谷氏「あなただけ守ってやらないからいいよ。」(スタジオ笑い)

たかじん「はい、どうもありがとうございました。」

09c0809a.jpg(以下 略)

これ以上は、田嶋陽子が邪魔すぎてもうムリ^^;惠氏の話で、いよいよ「銛」の噂話は現実味を帯びてきましたね。

私も辛坊さんと同じで、半分、石原都知事の作戦かと思っていました。いくらなんでも「銛」はないかなって。

尖閣ビデオは「銛で突く様子」が映っているらしい 【新報道2001】

でも私が甘かったようです。中国漁船は海での危険行為が日常茶飯事らしい。石みたいなのを全力で投げつけてるし、簀巻きにして海に放り出すビデオも本当にあるかも。

海保・巡視船「ばんな」「きりしま」 VS 中国漁船

『政治決定プロセスの透明化』が聞いて呆れますねぇ。これまた政権交代詐欺だよ~

とにかく!! 真実を隠し、国民を騙して中国様のご機嫌取りに右往左往している、

民主党政権にはすぐに退場して頂かなくては!このままじゃ、本当のクーデター起こってもおかしくない。もっと現場の事や日本国民の事を考えろっちゅーねん!

追加

私が(中略)とした部分、ドサンコさんが文字起こしされているのでオススメ
ドサンコの東京子育て&旅日記

田嶋センセーの発言も漏れなく載っています^^;

«たかじんのそこまで言って委員会(2010/11/7)其の弐 ホントに沖縄とられますよ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年11月02日11:05どうするTPP、民主党内に亀裂!   【TVタックル】

テレビ朝日【TVタックル】(11/1日)

『蓮舫VS進次郎(秘)仕分け特別会計の闇&裏総理仙谷どう喝国会&疑惑尖閣ビデオ(秘)反日デモ』

の中で、TPPの部分だけ抜き出して記録しました(青字はナレーション)

タイムリミットが近づいているし、日本の産業構造を根底から変えるかも知れない重要な事柄なので。。。

8fa73c8c.jpg 3b4f3ecd.jpg

菅氏「環太平洋パートナーシップ協定交渉等への参加を検討し、」

環太平洋パートナーシップ協定、通称 TPP。その参加をめぐり波紋が広がっている。

TPPとは、工業製品・農産物の関税撤廃など、太平洋を囲む国々の幅広い連携を目的とした協定である。TPPへの参加に産業界の期待は高まっている。.

e65cfaca.jpg a1812005.jpg
一方で農家などの第一次産業は大打撃を受けるという。このTPPへの参加について、

前原大臣は・・

前原氏「日本のGDPにおける第一次産業の割合ってどのくらいだと思われます? 1.5%です。 1.5%を守る為に、98.5%のかなりの大部分というものが犠牲になっているのではないか、、」

a56b60a1.jpg
一方、参加に消極的な動きも・・小沢氏に近い議員たちが中心の『TPPを慎重に考える会』では110人もの人が集まった

鳩山氏「何でもかんでも関税をすべて撤廃する事からスタートしても良いという話にも決してならないんだと、、」

90136fe6.jpg

与党内で意見はバラバラ。調整も出来ていない中、TPPへの参加に突き進む菅総理。 果たして・・・

(VTR終了 スタジオへ)

阿川氏 「さて、環太平洋パートナーシップ協定というので、なんか与党内も大モメにモメてるんですか?」

青山氏「うん、完全に真っ二つですよね。違う政党になった方が良いんじゃないかっていう、、」

阿川氏「これ、皆さんはどういう風にお考えなんですか?」

青山氏「僕は賛成ですね。TPPは」 勝谷氏「うん、賛成」 岸氏「僕も賛成ですね。」

4eaaccea.jpg
青山氏「で、日本の農業を輸出産業にすべきだと思いますよ。(でも農業、辛いじゃないですかぁ~、散々国に振り回されてきて、、:阿川) 

農業が辛いっていうか、いや本当はJA農協の体制が辛いんだと思いますよ。

それを打ち破って輸出していけばコレだけの品質の農作物は世界にほとんど無いですよ。」

1e50c3be.jpg
三宅氏「そりゃあ、農業についてはねぇ、これまでも何べんも壊滅するって言われたの。

例えば牛肉の自由化の時も、日本の牛肉農家は全滅するって言われた。

オレンジの自由化したら、日本のみかん農家は全滅するって言われた。

さくらんぼの自由化した時も、日本のさくらんぼ農家は全滅するって言われた。

全滅なんかしてないんですよ、ちっとも。だから高品質でね、良い物作ってやれば、高くても売れるんですから。」

55e13737.jpg
勝谷氏 「その通り。今年、新米の価格が暴落してんですよね。ひとめぼれだのああいうプランドもんがもう10%以上下がっている。これ何でかって言ったら、そうやって農家が赤字になっても所得保障してくれるわけ。

要するに我々の税金で補うわけですよ。それだったら業者さんが回って、『どうせ後で国からカネが来るんだからこれで買わしてくれよ』って言ったら、、

一方で、ご存知のように牛丼屋なんかはドンドン下がってて、米はドンドンデフレで料飲点は安く欲しい。そりゃ下がりますよ。だからコッチから水入れて、コッチからジャージャー出ているような問題で、もう政策もクソもないですよね。」

99332ad8.jpg

岸氏「そうそう、だから問題はやっぱりこのTPP参加は本来正しい、、んですけども、やっぱり民主党って言ってる事とやっている事が違うと言わざるを得ないですね。TPPに参加する場合は、当然いろんな産業を自由化しないといけない。そこで農業を強化出来るのか、今の政策じゃムリですと。

7a4c84f0.jpg
例えば、郵政改革、今法案を出そうとしていまして、これ明らかにWTO違反ですから、こういう規制強化やって、本当にTPP入れるのって部分もクリアー出来てない。

でもとりあえず、TPPと叫んじゃうっていうですねぇ、ちょっとそこ情けないですよねー。」

1afd797f.jpg
福岡氏「世の中ではね、TPPって言わないでトッピッピって言ってるの。

急にね、FTAだとかEPAとか言われてね、ただ1.5%のGDPだから農業なんかどうでも良くて、98.5の為に云々という言い方はね(あれ良くないですね:青山) 

農業が基本なんだから。それ食べ物なんだから。それは開くべきなんだけど、今はもうちょっと準備をしてやんないとね、、それが言葉が軽すぎると思う、私は。」

26826dae.jpg 51ed1e17.jpg

阿川氏「今回の事業仕分けの第三弾っていうのは、どうお考えになっていますか?」

岸氏「ダメっすよねーーーー。」(あと、事業仕分けがいかにただの政治ショーかというトーク 略)以上

TPPと郵政改革が絡んでいるとは知りませんでした^^;

「TPPに入ります!」と横浜APECで宣言して、あとは自民党に任せればいいんじゃないかな~

どう見ても、民主党の政策じゃムリって事ですよね。

日本は、円高で輸出産業が限界だし、アメリカ・オーストラリアが参加表明した時点で参加する道しかないと思います。それに中国、ロシアへの牽制にもなると思う。

日本は、3年前のチリと5年前のメキシコとの自由貿易協定で、機械の輸出が増大した成功体験もあるし、韓国は、欧米と自由貿易協定を結んでいるテレビ・自動車の輸出で成功している。

で、2015年までの関税撤廃を目指して、第一次産業の政策を見直すしかないと思います。どっちみち放っておいても先細りですからね。

ちなみに、うちの県は農業・漁業が主要産業ですが、県をあげて「大栄スイカ」をドバイに売り込んで、1万円以上の高値にも関わらず飛ぶように売れたという実績があります。

農業の可能性をそれぞれが引き出して欲しいです。

それにしても、民主党マニフェストにも「積極的に進める」と明記されているのに、何故、反対する議員が多数いるんでしょう?! 民主党のTPPに反対の小沢寄りの人達は、中国様に気を使っているのかもね(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年09月06日19:31平沼VS田嶋 田嶋陽子のキチガイっぷり(追加アリ) 【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】

各政党の代表格に1分間スピーチをしてもらい「政―1グランプリ」 を決定というのをやっていたんですが、その中でたちあがれ日本・平沼赳夫さんに反応した田嶋陽子氏が発狂していたので、その部分だけ記録しました(青字はナレーション)

025 026

027  005

政-1グランプリ!たちあがれ日本代表は保守結集の導火線、平沼赳夫!

006_3 民主党政権を潰す事が最大の目標。

そんな公約を掲げて4月に登場したたちあがれ日本。

無所属でありながら、櫻井よし子や中山成彬ら論客から"保守再生の切り札"と期待を集めた平沼赳夫衆議院議員と、自民党政権の要職を歴任した与謝野馨元財務大臣とがW代表に座る重厚な布陣!

当面の目標であった参院選での民主党の過半数割れを実現した今、代表の平沼赳夫は党是である『打倒 民主党政権』政策を軸とする政界再編への思いを熱く語る!

007平沼氏「たちあがれ日本の平沼赳夫でございます。

我が党は4月10日に結党いたしまして、7月11日、わずか3ヶ月しかなかったんですけれども、この度の参議院選挙で123万票を全国から頂戴する事が出来、当選も1名確保する事が出来ました。

まっ原口大臣がおられるんですけれども、私共は3つスローガンを掲げて戦いまして、1つはこの参議院選挙で民主党に絶対、単独過半数を取らしてはならない。これがひとつの目的でした。

2つ目の目的は、長い伝統と文化のあるこの日本というのを復活させなければいけない、これからも大きな課題だと思いますけれども、これが二つ目であります。

3つ目は、今民主党さんの代表選挙をこれからやりますけれども、政権交代の起爆剤になって頂きたい。(カンカンカンと時間切れゴング)こういう事でがんばって参りたいと思っております。」(拍手)

辛坊氏「はい、ありがとうございました。さっ平沼さんに対する皆さんの質問です。コチラです。」

009

たかじん「さぁ、原口さん、これもちょっと置き去りにされていますが、拉致問題、、」

010 原口氏私は副会長で平沼会長にお仕えし、

それから初代の会長が石破さんですから、中途に亡くなった中川さんがいらっしゃいましたけども、やっぱり私達は行動する為に拉致議連を作ったんですね。

そして私は1兆4000億に対する朝銀に対する公的資金投入もずっと体を張ってですね、反対をしてきました

やはり、今超党派でこういう事を、、まっ打倒民主党はそれは党の党是ですから結構ですけども、あの行動する議員連盟をですね、もっともっと広げて、私は副会長としてお支え、お仕えしている身としてもですね、更にバージョンアップする必要があるんじゃないかとこう考えています。それは保守とか革新とかそういう枠を超えてですね、まさに人権問題なんですね。」

011 平沼氏「ご指摘の通りだと思いまして、

私は中川昭一拉致議連の会長が辞める時に、中川昭一代議士と安倍晋三元総理から、どうしても拉致議連の会長を引き受けてほしい。こういう事を言われて、最初、お断りしましたけれども、私はお引き受けを致しました。

3つ原則を起てました。ひとつは北朝鮮からどんなに美味しい事を言って来ても、関係部署がたくさんあるから、そこと相談をして最終的には政府間の交渉で解決すべきじゃないか。

もう一つは、拉致を選挙のタネにしているとんでもない政治家がいますから、絶対に拉致問題を選挙運動に使うまい。これが二つ目です。

3つ目は日本を入れて全世界に14カ国、拉致の被害に遭っている国がございますから、やっぱり国際的な連携で幅広くやっていかなくてはならないと思っていますけれども、

しかし残念な事に日本というのは一生懸命努力をしても、足元を見られてしまっているわけです。従ってやはりある意味の力をつけるという事は、私は必要だと思います。

クリントン(元)大統領が単身ピョンヤンに行って2名のアメリカの拉致被害者を救出出来ました。それは北朝鮮のアメリカに対する認識が、日本と全く違うわけでありまして、そういった観点で軍国主義になれという事じゃありませんけれども、自らの安全と平和は、自らの力で守るような、そういう国を作っていかなければならない。ですからご提言にはそういう意味では賛成であります。」

012 田嶋氏あぇ~~バカにした奇声・会場笑い) 

アタシ思うんだけどぉ、それだけの国を守る為に軍隊の費用をかけてやるよりも、むしろあのあれじゃないですか、国交正常化の方でお金使った方が良いんじゃないですか。その方がぁずっと武器も使わないで平和のうちに日本全体が安全になるんじゃないですか、将来。」

013 014勝谷氏「アナタは犯罪者にカネを渡すのかっ。」

田嶋氏そういうレベルの話じゃないの。もっと大きく考えてよっ。」

平沼氏「よくご存じないと思うんですけれども、自由民主党ではね(うん:田嶋) 60万トンの御米もあげました。石油もあげました。しかし見返りは何にもない。」

田嶋氏「それはそうじゃないですかぁ、だってまだ国交正常化も出来てないんだしぃ、ちゃんとだって分け与えるみたいなそういう、、あの人達だってプライドあるわけだからぁ、そんな事いくらされたってありがたいと思わない、、それよりちゃんと対等に交渉してぇ、、」

勝谷氏「アナタ正常化したいの?  ねぇねぇアナタ、あの人たちと正常化したいの? あんな異常な人たちと正常化したいの? アナタ異常だけど。」(笑い)

 田嶋氏「だけど、そうじゃなくって、一番日本の安全を、あの確保する為にはどうするかって考えたら、平和になるのが一番の安全確保でしょ(そうそう、そりゃそうです:勝谷) 

そしたら軍隊の費用も使わなくていいんだからっ。そういう大きな構想でやってほしいんですよ。制裁したって何したって何にも状況、変わんないじゃないですか

そういうチンケな方法で政策でやっちゃダメですよ。ケンカ、、ただなんかヤクザの絡み合いみたいな事やってたってダメですよ。

もっと日本を大きな国だったら誇りを持って大きな政策でやるんですよ。それが一番安全。」
平沼氏「それじゃあねぇ、田嶋先生(はいっ) もう一回参議院に復帰して頑張ってくださいよ。(スタジオ笑い) 」

015_2 017

田嶋氏余計な余計なお世話です。アタシャもうアタシャもう70だからぁ、そんな事できませんっ。平沼氏私は71だよ(笑)」(スタジオ爆笑)

018 019宮崎氏「あえて、大きな話を伺いますと、

保守が、保守政治が保守する国柄というのは一体どのようなものだという風にお考えでしょうか。」

平沼氏「私共は保守の立場ですから、長い歴史・伝統・文化の日本では守るべき事はしっかり守っていかなくてはいけない(うん:宮崎) 

改革すべき事は大胆に行っていく。じゃ、この日本で守るべき保守として一番大切なのは、日本の天皇様を守っていく。これが私共の究極の目的ですね。

あたかも国民主権の中で天皇陛下の日程なんかどうにでもなる、こういう思い上がりは絶対にさせちゃいけない。こう思っておりまして、やっぱり保守としてはこの国で守る事はしっかりと勇気をもって守っていく。これが必要な事だと思います。」(拍手)

020 原口氏「そこはね、明確に反論しておきます。

小沢さんは天皇陛下をどうでもいいなんて思ってません。むしろ私、地域主権担当ですけどね、その中で道州制の議論がやっぱり出てくるわけです。

だけど小沢さんが道州制が日本に馴染まないって言ったのは、何かって言うと、やっぱり君主を仰ぐですね、天皇制があるからなんです。」

平沼氏「だから1カ月条項を破る時に、そういう事もね、シュウキンペイの時に国民に少なくとも言わなきゃいけませんよ。それ全然言わないから我々はそういう風に受け取っちゃう。」原口氏だからそれ、小沢さんの考えではないです。」

辛坊氏「えー時間になりましたんで、最後に一言是非まとめ、、(田嶋がゴチャゴチャ言ってて聞き取れず)」

021 平沼氏「お隣の中国は過去21年間、二桁で軍事費を伸ばしてきました。

日本の場合には4兆7000億ですけれども、中国は公表しておりませんけれども、少なく見積もっても15兆、予算を使っている、この両年中には原子力空母まで造る(そうです:勝谷)

まっこういうことでございますから、やっぱりこの国の安全と平和は軍国主義になるという事じゃなくて(なくて)、自らの力で守るそういう体制は、、 」

022 023

田嶋氏
「(話の途中で割って入り)そんなもんと競争したってしょうがないじゃないですかぁー。えーっ、15兆と4兆で競争したってしょうがないじゃないですかぁー!もっと頭使った方がいいよ。」辛坊氏「あの、まとまらないようなんで、田嶋さん、、」

田嶋氏「だってぇ、そういうインチキでまとめちゃダメだよぉー。なーにが競争だよぉー

024

平沼氏「(余裕で)アナタの言っていることがインチキなんだよ」(スタジオ笑い)以上

やっぱり、田嶋氏はこういう議論には必要悪ですねぇ(笑)平沼さんがいつも以上に、とてつもなく頼もしく見えました。

でも田嶋さん、口は元気だけど^^;、目はパンパンに晴れ上がっていたし、始終、首や額の汗をハンカチで拭いていたので体調悪かったかも。

ちなみに、政-1グランプリの評価は・・・

029

030

村田晃嗣・自民党、宮崎哲弥・みんなの党、勝谷誠彦・たちあがれ日本、三宅久之・みんなの党、田嶋陽子・なし、筆坂秀世・民主党、桂ざこば・民主党  でした。

金美齢さんがいたらなぁ~(笑)さて、原口氏が言っていた、小沢氏の発言を振り返ってみましょうか。

小沢幹事長の激怒会見 各コメンテーターの発言集より抜粋

次は日本テレビ【ズームインSUPER】 

009 羽鳥アナ「あの五郎さん、小沢さんの『30日ルール誰が作ったの』って発言がありましたけど、

これ1995年に文章で定められて、その時、自社さ政権で、さきがけの幹事長が鳩山由紀夫さん。っていう事は、これ総理を批判してるって事になるんですか?」 

橋本氏「もう、要するに憲法・法律いろんなルール、そりゃ政令もありますけど、色んなレベルであるわけですよ。で、これ内閣で決めてる事でもあるんですね。それから何よりも小沢さんの発言にはね、色んな矛盾があるんですね。

まず、矛盾その1天皇陛下の国事行為は内閣の助言と承認で行うと憲法に書いてあると。しかし、今度の場合そうなのかと。国事行為じゃないんですね。さっき所先生も言ってた。公的行為、違うものなんです。そこにまず違いがあると。

『君は憲法を読んでいるのかね』と言ってましたね、記者に。そうじゃなくて小沢さん、ちゃんと憲法を読んでいるのかと、こういう話にもなるわけです。で、それだけじゃありません。

もうひとつこういう問題がある。『一部局の(一)役人が内閣の方針について言うのは憲法の理念を理解していない。で、これは宮内庁というね、これ独特なこれ非常に微妙な立場の役所を理解してないって事なんですねぇ。

それはどういうことかって言いますと、日本は象徴天皇制ですね、天皇と内閣をいわば結ぶ役割を、、そして天皇が直接言えないそういう気持ちをかなりの部分宮内庁長官がこれを推し量りながら言うって事もあるんですよ。

その微妙さが普通の役所とはやっぱり宮内庁は違うって事です。で、にも拘らずですよ、こういう事も小沢さん、言ってる。『私が言えばよ、天皇だってそれはいいというだろう。』と。これに勝る政治利用の話はないだろうという話になっちゃうんですよ。

で、それは一政党の幹事長が天皇の意思を代弁するって言うのはどういう事かっていうね、このままでは憲法の理念に反するって事ですよ。こういう具合にいろーんな矛盾がある。この問題は非常に根が深い。私は象徴天皇制をちゃんと理解しているのかとそういう疑問をちょっと感じざるを得ないですね。」・・

どうでもいいとは思ってなくても、理解していないという事でしょうね。

追加記事

実は、この番組の中での外国人参政権に関する部分(平沼さんの公明党への質問等)を次の文字起こし記事にしようと思っていたら、

じゅん×じゅんさんのブログ記事の中に、その部分を書きこしている方のブログの紹介がありました。

Prosperity of Kawasaki -未来への飛翔- 9/5たかじん、感想(1)
物凄い読みやすいです。オススメ~ 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年08月26日12:23勝谷誠彦氏が語る『在日特権』    【中日新聞】

在日特権というのを知っていますか?

これは関西ローカルABCの【ムーブ!】という番組の、関西圏の利権・特権を暴くというコーナーで、しょっちゅう追求していたので間違いないです。良い番組だったなぁ・・(遠い目)

勝谷氏が「大阪のオレの番組」と言っていたのは ヾ(・・;)ォィォィですが^^;

まず、中日新聞に載っていたことを元に勝谷誠彦氏が説明している動画を見てください。

《勝谷誠彦コラムの花道_在日特権》http://azby.videosearch.nifty.com/video/watch/3594c423a6b7192e?chartype=

そしてマスコミのタブーになった・・・という事です。勝谷じゃないけど、大新聞も追求せよ!  総務省もふざけるな! ですね。

(最後の部分抜粋)

勝谷氏「・・何故帰化しないのか、帰化する人が少ないのか、この特権を失うからだという話がいっぱい聞こえて来てるわけですよ。」

司会?「なるほどね~、やっぱり大マスコミ、朝日とか読売とか押し並べてね、これを取り扱わないっていうのはまさしく怪しいですよ。 」

あと帰化といえば・・私は日課で、「Yahooみんなの政治」サイトで、政治家の評価をポチッをしているんですが、そこで興味深い投稿文を発見。

福山哲郎/民主(参) 京都府採点:5点満点中1点5点満点中1点5点満点中1点5点満点中1点5点満点中1点

みんなの議員評価なぜ隠すのですか?

評価詳細

日本の法律では帰化人であれば国会議員に立候補できます。
そのことには異議はありません。
白真勲議員はお名前からも帰化した事が判り、それを隠す事なく堂々と立候補してご当選されています。  
官報に以下の記述がありました。  
法務省告示第291号
S50年8月29日帰化認可 法務大臣 稲葉 修
 福山栄○(福山一郎、陳栄○) S7年3月6日生
 福山哲郎(陳哲郎) S37年1月19日生
 福山俊○(陳俊○) S45年1月 2日生

さて、日本の国会議員に事実として選ばれた人間が、当選後に帰化した人物だと判明した場合、その人物に投票された方々はどの様に感じるでしょうか?
この事はまだ表立っていませんね。
今の内にご自分からご出自を明らかにされるのなら、まだ見所があるのかも?
それとも【なかった事】にするような対応を取るのでしょうか?
予想としては、この投稿が消されてしまうことの可能性が高いですが…
民主党内部には、この福山議員と同様な『出自が明らかでない』人物が相当数おいでるようですね。
もう一度言いますよ。
帰化したのなら堂々と明らかにして政治活動すべき。
後ろめたいから隠しているのではないのか?
そのような態度こそ、『日本人が最も忌み嫌う態度』である事を言っておきたい。

vipalette8

支持する:82件  支持しない:6

http://seiji.yahoo.co.jp/giin/rev/detail/index.html?g=2010000183&s=0&d=1&r=31&i=1


本人の生年月日だけではなく家族の名前も一致しているので、まず間違いないでしょうね。

なんで、隠すんでしょう??

私は、鳩山イニシアチブを推進していた、外務副大臣の時からかなり胡散臭いと思っていました。

外国人参政権に積極的なのはもちろん、過去に 戦時性的強制被害者問題解決促進に関する法律案も出しています。そのメンバーは・・・

  • 岡崎トミ子 吉川春子 千葉景子 円より子 福島瑞穂 田嶋陽子(2002年度)
  • 成人重国籍の容認に関する請願 も2002年に国会に提出。何をかいわんや・・それにしても民主党って、山岡 賢次(旧氏名:藤野 賢二、旧氏名における旧姓:佐藤金子1943年4月25日 - )氏とか、

    苗字を替えてる人、やっぱ多いのね~

    日本の国益を考えた政治をやってくれれば文句はないですが、陳さんと金子さんは・・どう考えてもアレですよね。

    おっと!「在日特権」の話から脱線してしまいました(笑)

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年05月16日21:00三宅久之氏が語る 官房機密費  【たかじんのそこまで言って委員会】

    読売テレビの【たかじんのそこまで言って委員会】で『メディア論スペシャル』をやっていました。

    ゲストに田原総一朗やビートたけしまで呼んでの豪華版で、テレビ局の内情とか色々話していて結構面白かった☆

    その中で、今、波紋を広げている野中発言・官房機密費の部分だけ記録しました。

    辛坊治郎氏VS上杉隆 、 三宅久之氏VS田原総一朗氏  に注目です。
    「最近のメディアは暴走しているか」という質問に対しての、上杉隆氏の発言より書き起こし(CM前後の繰り返しは省略)

    026

    001

    上杉氏「あのー、弱くなると急にみんな攻撃的なんですよ。えー、強き者は助けると、ですから記者クラブ問題に帰結するんですけど、

    結局政権が強い時はみんな叩かないで、落ち目になると、麻生さんだろうが、鳩山さんだろうが、安倍さんだろうが福田さんだろうが寄ってたかって叩くと。

    まっこれを何度も繰り返しているんで暴走に見えるんですけど、実際は権力とか、えー例えば検察とかそれからまぁメディア自身とか、強いものになると急にみんな口をつぐむと。

    最近の機密費問題に関しても、やはり自分達含めて関わってくるとなるとテレビ等も何も言わないですよね。」

    002 003
    辛坊氏
    「あの機密費問題で、評論家だとかジャーナリストだとかに、お金が出てたってありました。名前誰が出てました?こん中にいますか。」上杉氏三宅さんも出てましたね。」

    三宅氏いやいや、私の名前は出てませんよ。私は名前を出してもらいたいと思うんだよ。もし私が受け取ってるなら出してもらいたい。」

    004 005辛坊氏「あの中の言い方だと、

    基本的にテレビや新聞に関わっているような評論家だのジャーナリストはみんな機密費からカネもらってるような印象をみんな受けますよね。あの一言は。現実にどうなんですか。」

    三宅氏「そんでねぇ、今ネットの世界ではねぇ、

    私の名前なんか名指しでね、ともかくもうテレビから下ろせとかね、アイツ殺してやるとか色んなのが出ているわけです。現にさっき警察から電話があってね、警護しましょうかってゆう電話まで来てるわけですよ。

    でねぇ、だけど私はハッキリ申し上げるけど、野中さんからビタ一文もらった事なんてありませんよ。ああいう事を出す時にはね、ちゃんと名前を出してくれたらいいんだよ、ちゃんと。そうじゃないとね、非常に貰ってない者は迷惑するんだよ、ホントにね。」

    006 宮崎氏「官房機密費に関しては、政権が交代した場合にこれは見直すという方針でしたよねぇ。(民主党になってから:上杉) 民主党になってから。で、私はあのー、過去に遡ってこれはあの内訳、使途、支払い先という事を私明らかにすべきたと、、」

    上杉氏「でも全然出ないですよね。平野官房長官がそれを後ろ向き。鳩山総理、それから岡田外務大臣は明らかにしろと、指示したのにそこで止まってるんですね。で普段だったらこれこそまさに、政治とカネの問題だから、マスコミがこれを追及するべきなのに基本的にはほとんどベタ記事程度でオワリと。」

    宮崎氏「なんで追求しないんですか。」上杉氏やはりそれは当事者が、中にいっぱいいる、、」辛坊氏「・・あれは、、田原さん、貰いました?」

    007 田原氏「野中さん、もらってないって言ってくれてるじゃん。(えっ?!) 

    野中さんが何故か貰ってないと言ってくれてる、、」

    辛坊氏「だけど官房機密費で飲食した記憶はありますか(えっ?) 

    出元はもしかすると、あのメシ食うたやつは官房機密費かもしれない、、」

    田原氏「ないと思う。僕はねぇ、政治家たちとメシを食う時は、必ず会費制かお互いに出し合うかどっちか。官房機密費はないと思う。だからね、、」

    008010辛坊氏「逆に言うと、逆に言うと、あの田原さんの周りで、あるいは三宅さんの周りで官房機密費もらってたような人たちを知ってます?」

    田原氏「あのねぇー、ちょっと違うんでね、あの僕はねあのー、野中さんがね、名前出してくれたんだけど、あのー、、小泉純一郎って知ってる?」(スタジオ笑い)

    辛坊氏「一応、辛うじて、、」田原氏「彼がバレンタインのチョコレートを返したんです。ねっ、つまりバレンタインのチョコレートってもらうのが当たり前なんです。盆暮れのお中元とかお歳暮はもらうの当たり前。それ突っ返すってのはね、(失礼) 失礼。

    だからねぇ、しいて言うなら僕はバレンタインのチョコレートを返したようなもんで、そんなヤツはね、非常識な人間だと私は思っています。」

    辛坊氏「じゃじゃ、ちょっと待ってください。今の話で言うと、野中さんの名前に田原さんも出ているわけですか?」

    上杉氏「官房長官は田原さんのみならず、かつてはたくさんいましたよね。」

    田原氏「ちょっと、(辛坊氏を指差して)読んでるの?(読んでない) 読んでないから分かんない。何故か僕の名前だけ書いて、田原さんだけは受け取らなかったと言っているわけ、、」

    辛坊氏「じゃあ、田原さん以外は全員もらってるっていう意味ですか。」

    田原氏「野中さんはそう言ってるわけ」上杉氏たくさんもらった人がいるって、、」

    辛坊氏それだけじゃ、野中さん、めちゃくちゃだね、そりゃ。」

    011 三宅氏「あのねぇ、あのね琉球新報を読むとね、

    詳しく書いてあるんだけどね、私は送ってもらって読んだんだけどねぇ、

    例えば、日頃偉そうなね、事を言っている評論家が、その500万円もらってですよ、500万円ですよ。そして『ご苦労』言ってやってると。まぁ中には政治家から評論家になった人が家を新築するんで3000万円よこせって言ったとかね、

    色んな話が書いてある。まぁ中にはそういう人いるかも分からんけどねぇ、その不特定で名前を出されると非常にね、これは訂正するも何もね(笑)、」????のあれだからねぇ。」

    012_2 

    上杉氏三宅さんの名前が出たのはあの2000年5月31日号のフォーカスで、三宅さんの名前がそのまま、、」

    013 三宅氏「それ、全くの誤報なんですよ。

    それを根拠にネットで広がってるんですよ:上杉) これはね、ついでだから私的な事を言うけどね、

    藤波孝生という私が学生時代から知ってる男だけどね、彼が官房長官になった時、確か年の暮れだったかな。ねっ。それで電話かかってきて新年に講演の口を2つ頼まれていると。だけど官房長官は東京を離れるわけにいかんから、三宅さん良かったら肩代わりしてくんないかって事で行っただけの話なんです。

    そしたら藤波さんの事務所から議員秘書が届けてきたんです。私はそん時、内閣機密費なんて全然、一瞬も考えないでもらったんです。それが出たって話を聞いたけどね、後でね。取り消すほどの事もないからほっといたけどね。」

    上杉氏「その記事は訴えたり、取り消し、抗議したりしないんですか。」

    三宅氏「そんなもん、抗議したってしょうがないもん。」

    014 015村田氏「あの、官房機密費のね、あり方がどうあるべきかってもちろん議論すれば良いと思いますし、念のために言っておきます。もちろん私も一銭ももらってませんけど、ただ私はね、官房機密費が全く無くてですよ、.裏金が全くない政府なんて恐ろしいと思う、、」

    上杉氏官房機密費はあって当然なんです。問題はジャーナリズム側に渡る事は世界中でやってはいけないルールなんですね。公的法人とか公職についている人間だったらまだしも、

    メディアの人間がそういう権力からもらってはいけないわけです。」

    016

    辛坊氏「・・誤解を招くんで少なくても、私の知る限り一人もいません。私ももらってない。」

    上杉氏「いや、、それは、ひとりひとりが、、それは私の知る限りでって取材、、」

    辛坊氏上杉さんの言い方だと、まさに野中さんと同じようにみんなもらってる。自分はフリーのジャーナリストだからもらってないけども、新聞記者やテレビの記者はみんなもらってるっていう風に取りますよ、そりゃ。」

    上杉氏「そーんな事、一言も言ってないじゃないですかー。」

    辛坊氏「そういう風に取れますって!」

    上杉氏「取れないですよ(取れるって!) もらってる人が多いと、、」

    辛坊氏もらってる人が多い! (指差しながら) 分かった! 名前言って貰おう。名前言って貰おう上杉氏「出しますよ。」

    田原氏「ちょっとちょっと下らない。(ざこばに)そんな事言っちゃ困るよねぇ。」

    辛坊氏言ってみて、名前、ハッキリ誰と誰がもらってるって。」

    上杉氏「リストで言うのはっ、危険なんです。」宮崎氏「だって、上杉さんが知るわけないでしょう。」辛坊氏「だって、もらってる人がいるって言ったんだもん。」

    上杉氏いやリストはあるとっ! でリストで言うのはこれジャーナリズムっておかしいですよね。」辛坊氏「リストに載ってる人は本当にもらった、、」

    017 上杉氏「まだ発言中です。 だーから今言おうとしてんじゃないですか。聞いた方が良いですよ、人の話は。リストを出る、そのあとにそれを政府がもしかして都合の悪いジャーナリストを陥れる為に名前載せる可能性もある。

    更には官房長官が抜いたために、帳尻合わせるために人の名前を使う可能性もある。

    こういう名前が可能性があるからそこは出さないです。ただ今回は野中広務さんっていう官房長官をやった人が直接渡した人が証言したんでこれ証拠になるわけですね。

    ですから野中さんは、言いたいのは中途半端にもらってない人を言うんじゃなくて、もらった人を自ら言うのが国、そしてメディアの健全な、、」

    018 勝谷氏「だからね、国会で証人喚問するべきですよ。ちゃんと。

    官房長官としてカネを配ったのだったら、これ我々の税金なんですから、

    アナタ本当に配ったんですか、誰ですか、名前が出た人がいたらまたその人も呼んだらいい。

    アナタは本当にもらったんですかと、宣誓をして、それで証言をするべき。」

    辛坊氏「その通りだと思う。これ本当にもらってる人間がいたとすりゃあね、大問題ですよ。」(上杉を指差しながら)

    田原氏「大問題であるよりも、僕は官房機密費は必要だと思ってる。一番大事なのは何かって、情報提供者ですよ。

    つまりいろんな人が情報を提供しに来るわけだ、ねっ、そして役職も何もない人が『ありがとう』ってお礼言うじゃない。基本的に官房機密費ってねぇ、三宅さん。情報提供者にあると。今はほとんどは実は官房機密費はどうなっているか。議員たちの海外旅行するだけの餞別ですよ。」

    勝谷氏「だから、これをヘタに歪めちゃうと警察や検察の裏金を作って、情報収集者に渡したじゃないですか。あんなの逆に本当に捜査が必要だったりなんかすれば、ちゃんとそれはやればいいわけ、、」

    田原氏「勝谷さん、勝谷さん、僕は彼が言うみたいにね、民主党内部になったんだから一回止めてみるのも手だと思う。止めてきてもしね、止めてみて不便だったら申し訳ない国民の皆さん、こういう不便な事出てきたと。だからまたやりますと、ねっ三宅さん、折角内閣替わったんだから。」

    021 三宅氏「それ是非やったらいいと思うんだけどね、あのー、内閣にはね、政治上やっぱりその公にできないカネってあるんですよ。ねっ。

    例えば在留外国人がテロリストに誘拐されました。いう風な時にねっ、その例えばイスラムの聖職者が来て斡旋してるとか言うでしょ。それを待ってるとか、報道でそういう事になってる。だけどねぇ、話し合いで釈放するようなら最初っからそんな????ないですよ。大体そういう時はね、政府が、、」

    田原氏「・・僕はね、やっぱり自民党内閣がけしからんと思うのは、自民党内閣が、、」

    三宅氏ちょっと待ちなさいよっ、ちょっと待ちなさいっ、アンタちょっと待ちなさい。アンタしょっちゅう『ちょっと待て』っちって、、(スタジオ爆笑)

    020

    022そういう時に、釈放されるには必ずね、カネが動くんですよ。そういうのは表ざたに出来ないカネだから。」

    上杉氏「三宅さん、あの官房機密費があるのは当然だって、コレ全員一致してるんですよ。

    問題はそのお金がマスコミに渡るのが問題で、例えばアメリカでも、5ドルルールとか2ドルルールとかありましたよね、手島さん。要するに記者が公権力から2ドル、例えばスターバックスのコーヒーとか3ドルまでならいいけどそれ以上の金銭・物品供与を受けたら、これジャーナリズムとして失格なんでそれでオワリ

    まさに官房機密費っていう国民の税金をマスコミ側の人間が何十万円単位で もらった瞬間に本来はその場でですね、筆を折るか番組を降板するか、、」宮崎氏「その通り、、」

    023 三宅氏「あのねぇ、ちょっとね、記者とかね、我々評論家のように自由業と一緒に混同してもらっちゃ困るんだ、これ。

    記者はビタ一文だってもらっちゃいけませんよ。会社から給料もらってるんだから。ねっ。評論家っていうのはね、その色んな不特定の事で稼いでいるわけですよ。講演もしますよ。ねっ。講演して謝礼もらって悪いですか。」

    上杉氏「あっ、それ対価はいいんですよ。意味のない、無意味な、、」

    三宅氏「それはねぇそのー、全部一緒こたにしてね、言われても困るんだよ。評論家って言うのは別にそりゃ、なーんにもなくてだよ、お金もらって『よろしく』なんてもらってるのはいかがわしい話でしょ。だけども講演なんかもらうの当たり前、、」

    024 金氏「この際ね、私も言っておかないとね、金さんもらってるかもらってないかって言ってあのー、推測されるんで、ハッキリ言っときますけれども、そのー、そういうお金をね、一度ももらったことないです。残念ながらっ。私はまだそれだけ影響力がないって言う風に見なされたのかも知れませんけど、

    ただ、2回ね、公邸で夕食をご馳走になったとはあります。それは新聞にも出てる事だし別に秘密でもなんでもないですけれども、残念ながら、まだ私は小物だと思われたらして一銭ももらうチャンスがありませんでした。」

    勝谷氏「先生、仰る通りで、恐らくフリーランスの人間にとってはですね、それがより一層バレたらそこでオワリなんですよ。」

    025 手嶋氏「恐らくですね、官房機密費そのものを実際に見たのは多分、、田原さん見たことないですか、ありますか、現物は。(ありますよ、何度も。断ったんだから)

    いやキャッシュ自身を(あります) 僕金庫自身でやったんです。非常に親しい官房長官で、官房長官室で、1対1で話していて、ある日一度ちょっと見てみたいと思ったんで、『官房長官、誠に異なお願いではありますけれども、官房機密費を見せて頂けませんか』ええ、暫く考えてね、『君、ちょっと目をつぶっていてほしい。開けてみよう』って言ってね、開けてみてくれたとありますよ。もちろん薄目を開けて見てました。

    で、つまり三宅さんの方がずっとお詳しいんですけども、ずっと談合の時代には、実はそのような形で有力な野党のリーダーにお金が、、っていう事で使われていたんですね。」

    辛坊氏「今は報道中心の話でしたけど、メディアっちゅうても報道だけじゃありませんので、このテーマ・・」以上

    で、これがその元ネタ

    「官房機密費、毎月5千万~7千万円使った」

    2010年4月30日21時42分

     小渕内閣で1998年から99年にかけて官房長官を務めた野中広務氏が30日、当時の官房機密費の取り扱いについて、「毎月5千万~7千万円くらいは使っていた」と暴露した。首相の部屋に月1千万円、野党工作などのため自民党の国会対策委員長に月500万円、参院幹事長にも月500万円程度を渡していたほか、評論家や当時の野党議員らにも配っていたという。都内で記者団に明らかにした。

     野中氏はさらに「前の官房長官から引き継いだノートに、政治評論家も含め、ここにはこれだけ持って行けと書いてあった。持って行って断られたのは、田原総一朗さん1人」と述べた。

     与野党問わず、何かにつけて機密費を無心されたこともあったという。「政治家から評論家になった人が、『家を新築したから3千万円、祝いをくれ』と小渕(恵三)総理に電話してきたこともあった。野党議員に多かったが、『北朝鮮に行くからあいさつに行きたい』というのもあった。やはり(官房機密費を渡して)おかねばという人と、こんな悪い癖がついているのは絶対ダメだと断った人もいる」とも語った。 (朝日より抜粋)

    辛坊氏は上杉隆が本当にキライなんでしょうねぇ(笑)

    上杉隆はジャーナリスト?なので、そのリストを全部取材して真偽をハッキリすればいい。

    評論家でもらってたヤツし晒してもらわないと、もらってない人は堪ったもんじゃないですよね。

    野中氏は、証人喚問覚悟で言ったんだと思うので、やれば良いと思うけど、

    民主党のことだから、もし自民党にダメージを与えれるものなら、とっくに段取りしてると思うけどなぁ~。元自民党の人もたくさんいるから拙いんじゃないの?!

    とにかく、某サヨ掲示板とか、その手のブログでは、三宅さんや金さんや辛坊さん青山さんの事を、鬼の首でも取ったかのように書きまくってたから、ザマッーと思いました。

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




    2010年03月04日14:27田母神氏をめぐる 【たかじんの・・委員会】 vs 【やじうまプラス】 

    田母神さんの統幕学校の卒業式出席をめぐり、テレビ朝日【やじうまプラス】

    読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】の(2/28)コメンテーターの意見が180度違っていたので記録しました。

    まずは、今朝の【やじうまプラス】一刀両断より

    (統幕学校 田母神氏の卒業席出席を一転拒否 (1/2ページ) - MSN産経ニュース の記事を吉澤アナが読み上げたあと・・)

    002 吉澤アナ「・・ただ、伊藤さんねー、

    航空幕僚長の時に、あの発言をして辞めさせられた。

    なのに、この今回のこの統合幕僚学校の会に招かれるっていうのは、そりゃやっぱり変っていやぁ変ですよね。」

    伊藤氏「まぁねぇ。招いた方が問題あるんじゃないですか?」

    吉澤アナ「一番最初に招いたっていうのがねぇ。」伊藤氏「それ以上の何ものでもないと思いますけどね。」

    吉澤アナ「そうですよねぇー。まぁだから、あのー三反園さんねぇ、民主党政権になって今の政権になって、よりなんか圧力がかかり始めたという風にも仰ってるようなんですけれども、、」

    006 三反園氏「そうなんですよねぇ。あのーこの間、ほら1佐(中澤剛1等陸佐)がね、そのー鳩山総理の発言に対してですね、

    一言物を言うとかですね、そういう話があったじゃないですかねぇ。(ありましたねぇ)

     色んな形で田母神さんの発言も色々とあるじゃないですか。という事はですね、日本の今防衛を含めてですね、民主党政権になって、どこを目指して何をやろうとしているのかね、そこがハッキリしないわけですよね。その方針をね、鳩山さん含めてしっかりして、だから田母神さんはですね、招かないというですね、そういうものをやっぱり示すべきじゃないですかね。それがやっぱりシビリアンコントロールに繋がっていくんじゃないかですねどっかなんか緩んできているような感じが私はするんですけどね。なんか、はい。(そうですよねー)」

    003 萩谷氏「でも、これ読むと、あのー、歴代の統幕学校長を務めた人は卒業式に招待されるのが慣例になっているって書いてあるんですね。

    で、平成16年まで務めてたわけですよね、それじゃ今まで招待されていたのかと。それは大丈夫だったのかという話にもなってくるわけなんですよね。だから何か喋らせなければいいのであって(笑)、なんか出席しないでくれっていう事は無いんじゃないか、、」

    三反園氏「ただ、ただね、慣例だからそれで全部認めるとかね、そういうのはどうかなって、私は感じがするんですよね。

    彼が今まで何をやってきてどういう発言をして、相応しいのかどうかっていう、そういうものをやっぱりこう判断するっていうのも政治のシビリアンコントロールじゃないかと、私はちょっと思うんですけどね。」

    007 吉澤アナ「まぁその意味では、

    国の防衛と、この人を招いていいかどうかっていうのはやっぱりその辺はねぇ、、」

    三反園氏「もうちょっとその辺はしっかりしてほしい。何となくちょっとね、不安を感じるんですけどね。ええ。」

    吉澤アナ「そうですよねー。はい。」以上

    ここから先週の【たかじんのそこまで言って委員会】テーマ「ガッカリしたこと」

    001 田母神氏「私はですね、コレ意味がよく分からないと思いますけれども、」

    たかじん卒業式に『来ないで』と言われ??」

    田母神氏統合幕僚学校の卒業式が3月の5日にあるんです。私は統幕学校長の経験者なんで歴代校長は卒業式に招待を受けるんですね。

    私は招待を受けて、『出席をする』とお答えをしておいたんです。ったらつい最近になって、『来ないでくれと』(それはヒドイ:たかじん) 統幕学校から。

    何故かといったら、防衛省で誰かは分からないけれども、『田母神さんが出席するんであれば防衛省からは誰も出席しない』という風に言って来たと。だからそれじゃあ困るんで、『田母神さん、申し訳ないけれども出席を見合わせてくれないか』という風に私の所へ言って来た。(あららら:たかじん) これっておかしいでしょ? (おかしいっ!:勝谷) ねっ、

    なんか意見の違いはあっていいけど、ここまでやったらね、これ中国と同じになりますよ、本当に。」

    004 辛坊氏「別に田母神さんは処分を受けて、あの辞めたわけじゃないですよね?」田母神氏「そうです。はい」

    辛坊氏「普通に定年でお辞めになった訳ですよね。」田母神氏「はい。そうです、はい。」

    宮崎氏「それ、なんで防衛省の人は同席されないんですか?」

    田母神氏「だから、私がまぁ色々防衛省に批判的な事を言ったりなんかした事が気に入らないのかも知れませんね。」宮崎氏「それは狭量ですよねぇ。」

    009 浅尾氏「あの、あれですよだから、田母神さんの話もそうだし、

    この間の連隊長の発言は、あれよく読むと別に変なこと言ってないんですよ。アノ発言はね、全部読むと、、」

    田母神氏中澤連隊長のね、あの挨拶、スピーチはね、米軍が絶賛ですよ。素晴らしいスピーチだと。今防衛省では禁句があるらしいですよ。使っちゃいけない言葉。それは『信じない』という言葉だそうです。」(スタジオ 笑い)辛坊氏「トラストミーって言っちゃいけない?」

    田母神氏「ああ、最近は鳩の鳴き声が変わったと言われてますから。鳩は何て鳴くか、最近。『トラストミー トラストミー』と鳴くらしい」

    008010三宅氏「はははははは。これは面白い。ははは」(スタジオ笑い 拍手)

    勝谷氏「いやだけど、今のですねぇ、あの田母神さんの出席問題はこれはもう大ごとにしてもらわないと困りますね。とんでもない話で。あの文民統制の反対であって、暴走ですね。」

    浅尾氏「来ないでくれで、行きませんって言って、こそっと当日行ったらどうなるんですか?」三宅氏「いやいや、それは堂々と行かないと、、」

    勝谷氏「堂々と行ってください。一緒に行きましょうよ。」(スタジオ 爆笑)

    辛坊氏「でも、メディアの論調見てたら、新聞の社説で、『あの自衛官の発言は許せない』とか『あれはダメだ』とか書いてた新聞が何紙かありましたよね。(あった!:勝谷)」浅尾氏「連隊長ですか?」 辛坊氏「そうそうそうそう」

    勝谷氏クーデターを予想されるって、、なーにを言ってんだろう?!」

    田母神氏「クーデターなんかやったらね、大吟醸は飲めないしゴルフにも行けないし、誰があんな事やりますか。バカな事を。」(笑い)

    011 勝谷氏「だから今の、、あの退職金の時と同じですよね?(そうそう) 

    そういう風に最初はちゃんと招待状が来たわけじゃないですか?(うん、来た)

    それをちゃんと目に見える形でやっていく事が文民統制なんですよ。クリーンに。

    そうやっておきながら『出る』って言ったら、こっそり『ない』見たいな事を伝えてくるって、これこそ一番危ないんですよ、軍の統制の上で。北澤長官、、これあのー大臣は知ってるのかっ?! 知ってるのか知らないのか、是非マスコミは、、」

    田母神氏「私はだから、長島防衛政務官にね、ちょっと伝えたんです。こういう事をご存知ですかと。そうしたら長島政務官は『知らない』と言ってました。『調べる』と。」

    勝谷氏文民統制が出来てないじゃないかっ!」(以降、別の話題)

    いかがでしたか?!テレビ朝日の局アナ&コメンテーターたちは、田母神さん自体を否定しちゃってますね。

    そういう人を招待するのが悪い!!みたいな・・

    こーんな事でクーデター云々考えちゃう人って全く理解できないけど、テレ朝の局アナ&コメンテーターにあい通じるものがあるんじゃないかと思いました。

    田母神さんのように命がけで日本を守った人と、机上で考えすぎの平和ボケ集団との違いって感じです。たかじんの方が、いたって常識的ですよねぇー?!

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年01月24日21:39橋下知事の考え、かなりヤバイかも 【たかじんのそこまで言って委員会】

    読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】外国人参政権の討論の部分だけ文字起こししました。がーー

    諸事情で画像ナシです^^; 動画アップされたら是非見てください。重要です☆橋下知事はヤバイんじゃないかなぁ・・

    辛坊氏「さっ、原口さんに折角お越し頂いてますので、ここの番組でですね、先週からずっとあの水面下で話題になっているのが、お二方が書いて頂いているこの『地方参政権』『外国人参政権』の問題、、これ村田先生、、」

    村田氏「あの、地方参政権、先生が法案出されるんでしょ?(いや、分からん:原口)

    まあまあ、そういう話ありますよね。その時に気になるのがね、あの外国人永住者の場合も特別永住者一般永住者の方おられますよねぇ。

    特別永住者は第二次世界大戦前のいろんな混乱の中でいろんな事情があって日本にお越しになってそのままおられて、その後いろんな形で定住された方と二つあって、これを同じようにするのか、やっぱり分けるのかっていう事ね、これがひとつとですね、

    もうひとつ気になるのは、やっぱりさっきの地方分権の話もそうなんだけれども、今度は例えば条例を制定権を強化するっていうことになった時に、条例がかなりもう大きな事を決められると。大胆な事を自治体が決められるとなった時に、その時に外国人の方が参政権を持ってるって事がですね、地方の枠を超えて、例えば日本の外交とかね、日本全体の利益とかを左右する事になったらやっぱりある種の抵抗ってのは持っておられる方は多いと思います。その辺のご意見を是非伺いたい。」

    三宅氏「あのね、ちょっとその前にね、ちょっと一般の方に補足的に憲法上の事を申し上げますとね、憲法15条にね、『公務員を選定し、罷免する事は国民固有の権利である』と『国民とは何だ』というと『日本国民だ』という事が最高裁でハッキリしてます

    どうしても日本の参政権が欲しかったら帰化すれば簡単なんですね。とこが帰化するのはイヤだと。自分の祖国は韓国であると。韓国人以外で欲しいって人はいませんから。北朝鮮も欲しくないと言っているし、台湾の人も欲しくないと言っている。

    祖国は別にあって、政治に参画する事だけ日本でよこせっちゅうものは、私は憲法に照らし合わせても反対だと。」

    金氏「あのね、特別在留のあのー永住者だけでなくて、やっぱり一般在留の永住者にも与えるっていうようなことになったら、これは韓国だけの問題じゃなくて、今ドンドンドンドン中国から来ている人がね、永住者が増えているんですよ。これが大問題だという風に私は思ってますよね。うーん。」

    原口氏「だから今の、、お答えするとですね、まずはこれはじゃあ誰が発議するんですかと。法律は。で、これは国民の権利とか様々な民主主義の基盤に関わる事だから、これは内閣がやる事ではないんじゃないかっていうのが私のまず大前提です。

    それはどうぞ、国会の議員立法で、立法府、国権の最高機関でまずお考えくださいと。私達が、多数派を取っている政府がこれでやるんだと押し付けるような事は、それはおかしいと。それがひとつです。

    それから二つ目。それでも尚且つ与党三党で纏まるとすると、今度私のとこに来るわけですね。で、そこで法律をさっきの4点に亘って論点整理をしなさいっていう事を言ってます。ひとつは、三宅先生が仰る憲法との関係。憲法15条との関係でそれが本当に出来るのかと。

    それから金先生が仰る、いわゆる特別永住外国人なのか一般永住外国人なのか

    それから投票権だけなのか、あるいは被選挙権までなのか。もちろんこれ地方ですよ。

    それから、もうひとつの論点は、韓国で国政選挙に投票できる方が、じゃあわが国のその首長を選ぶっていう事がこれが出来るのかどうか。安全保障上どうなのかって、そういう論点を全部整理しなさいって言ってる。そういうことでやってるわけです。」

    三宅氏「あのねー、私が非常に心配しているのはね、小沢一郎の一の子分と言われている山岡賢次という国対委員長がいるわけです。

    で、先般ね、在日居住民団の新年会が帝国ホテルで開かれた。その時山岡さんがそこに出席してですね『この前の選挙の時には民団の皆さんには大変にお世話になった』と。ね。まぁ直接投票権はありませんけれども、ビラ貼りとか電話かけたり、その他でお世話になったと。これを、恩を返すのは皆さん方のアレを錦の御旗としてナントカって言ってるわけですよ。というコトバを使って、、何の事か意味は分からないんだけども、そういう事を言っているわけです。

    で、小沢さんはですね、この前韓国に行って、イミョンバク大統領と会った時にこの国会でその地方参政権法案は通すという事を言っているという風に新聞報道でされてるわけですよね。

    今最大の実力者でありね、かつての平清盛の再来と言われているオザワ一郎がヤレイ!と言ったら、これ通る可能性がある。これ非常ーにね国家の基本に関わる事と同時に問題ですから。

    でねぇ、原口さんに大変言いにくいんだけど、心を鬼にして言うとですね、ねぇ、民主党っていうのはこの国柄をどうしようとしているのかという風な事についてもね、アレがないんですよー、指針がね。」

    村田氏民主党の動機が未だに分からない。」宮崎氏私もそう

    勝谷氏小沢さんの動機も分からない。たかだかどう見積もっても30何万票の事で、ひょっとしたら国民は民主党政権もう少し頑張っていろんな改革をしてもらいたいと思ってるけど、これだけは許しがたいから、この事と民主党政権は心中するかもしれないんですよ。どうしてそんな事をするの。」

    橋下氏「だから民主党が、ロンドンの政策のように開放政策を取るのがね、もう日本という国を、、まぁ僕もアジアの経済エネルギーを吸入していかないと日本は立ち行かないと思ってるんです。そうであれば中国資本、そういう物もドンドン日本に持ってこないといけないし、韓国資本でも同じです。

    だからそのようにね、日本という器をさっき言った国民の同一対、同一性ユニファイみたいなものをある程度捨て去って、もうどんな人でもいらっしゃいっていう国づくりにするっていう方針だったらある意味一貫性は出てくるのかなぁと思うんですが、、」

    勝谷氏「それは長いスパンで論議すべきことだよね?国民的な、、」

    橋下氏「だからそこを本当にしっかりそういうね、国柄にするのかどうなのかって話は確かにまだ見えてこないのと、ただ今度は現実問題としてこれは外国人参政権は地方の参政権ですから、これは僕に関わってくる事なんですけれどね、

    で、特に僕の大阪っていう所が一番これ大きな問題で、在日韓国人、まっ30何万人の内、21万人が大阪に住まわれているんです。

    で、やっぱりね、在日韓国人ってのはこれは日本の国のいろんな所、特に東京の人は絶対に分からない。その経緯とかその在日韓国人とこの大阪府民の関係とか絶対に分からないと思う

    やっぱり僕は日韓の歴史的な関係とか大阪府における在日韓国人との関係ってものを見ると、先ほど言ったなんか『外国人!』っていうことでバーーンッと選を引くっていうのは、これは現実の行政を預かる者としては、やっぱりそれも違うんじゃないかなと思うんですね。」

    金氏「だからこそ大阪の人はもっと真剣に考えなきゃならないのは、大阪においてはね、そういう事がもし参政権が通ってしまったらね、間違いなくキャスティングボートをね、握る事になるから。それで良いのかどうかっていう事になります。

    そうするとね、やっぱりそういう方々の意見やそれこそ希望をね、全部通させないと自分が当選できないっていう事になったら、やっぱりそっちの方に傾いちゃうっていうようなね、間違いなく起こるっていう事も考えてこういう話は真剣に考えてください。」

    原口氏「だからね、金先生が仰って橋下さんが仰っる事は僕らの論点整理の中にもあるわけです。全国的にアレするのか、それともやはりその日本に来られてずーーっと住んでおられる隣の隣人の長い歴史の経緯のある方についてどうするか、これ段々段々減ってくわけです。

    だからこれがバァーーッと増えるとなるとね、私はそのさっき仰った中国の方がたくさん来られて、その方々に地方参政権っていうような話は、ちょっと私は、、」

    辛坊氏「民主党で出てる案はそうじゃなくて、いわゆる一般永住外国人の(違います:原口)  50万人の人も含めて大体100万人の方々っていう議論ではないんですか?」

    原口氏違います。あの元々ですね、僕らは法案で、、」

    三宅氏自分の国で投票した事もないんだから、一回も有史以来選挙やった事がない。それで人の国に来て投票権よこせなんて、冗談じゃないよ。」

    田嶋氏「だけどねぇ、アメリカみたいに、、アメリカは連邦制だから日本と全く違うけれども、例えば同姓愛婚はこの州はいいけどコッチはダメ。死刑はこの州はいいけどコッチはダメってなってるでしょ。(同性婚はダメです:三宅)

    だからこの件に関してもね、(そんな事は憲法上許されません)  先生、人の話も聞いてよ。

    だからやっぱりアタシは、その地域の事情でやって良いと思うの。国全部でやらなくても、、」

    原口氏「橋下さんが仰ったね、とっても大事なのは日本はどっちの政策をやるんですかと。例えばホンコンとか台湾の中では日本に来たいって言う大金持ちいっぱいいるわけです。そしてそれはグリーンカードっていう形にして呼び込むっていう政策も大事で、

    ただ、その事と投票権の事はやっぱり別なんですね。」

    金氏「あのねー、ちょっと実は今、グリーンカードと仰ったけども、投資をね、いくら以上してで企業を起てればねあの滞在の権利が得られるビザが取れるんですよ。

    参政権があろうがなかろうがね、お金っていうものはね、日本に投資すれば儲かるっていう風になればみーんなが投資するんです。」

    橋下氏「もちろんそうです。国民・国民っていうのを僕らが前提で考えているのは血統主義なんですよ。だからずーっと自分の親が日本人の血を持っているって事でこれ国民・国民って言ってますけども、実はこういう血統主義をとっている国っていうのは以外に少なくてね(そうなんだよぉ:田嶋)  

    生誕主義で生まれたらもうその国民ってやっている所も(そうそう:田嶋)  国民はね確かに憲法上、国民が公務員を選定権・罷免権があり、参政権は国民っていうように、主権は国民ってなってますが、その国民の範囲を決めるのは実は何で決めているかっていったら法律で決めているんです。

    だからこれは法律でね、国会で、じゃあ今のような日本の血統主義でいくのか、ないしは仮に特別永住外国人っていうのはもう2世3世っていうのは、生誕主義でいけばこれ国民になっちゃうんですよ(そうなんだよぉ:田嶋)

    だから僕らが国民・国民とか皆さんが国民・国民って言うんですけど、その前提が非常に世界の中では少数主義でね、、」

    宮崎氏「橋下さんねぇ。血統主義、、純粋なくて、、だって先ほど三宅先生も仰ったように帰化が可能なわけですから、実は意思主義というのも入っているわけだ。純粋に日本は血統主義だけでいっているというのは違う、、」

    橋下氏「前提にしているっていう事ですね、まず」

    金氏「ちょっと待ってください。国籍の問題についてだったら私に聞いてください。(そのとおり:宮崎)

    私はね、台湾人として50年日本にね、滞在してましたし、ずっと居住してましたし、地方参政権欲しいと一度も思った事はありません。

    だけど私は日本の国籍を去年の9月に取りました。だから私はね投票権があります。

    で、私の子供たちも日本に生まれて日本に育って、で日本の国籍を卒業して就職して取りました

    だから今のね、出生主義にするのか血統主義にするのかっていう事はね、これはやっぱりね、国籍法を改正(変えないと、そうそう:橋下)

    だからね、(その議論を) そう、その議論をちゃんとしなきゃいけない。」

    村田氏「結局根本的にいうなら、日本人とは何かっていう話なんで(そうそう:橋下)  それはもちろん法律も大事ですよ。法治国家だから、法律も大事ですけどやっぱもっと哲学的で政治的なことを含んでいるんでね、

    そういう事を含めてこの地方参政権の問題があるから、やっぱある程度幅広い合意が出来るように、じっくりと時間をかけた議論っていうものをしないとね、場合によったら次の総選挙のね大きな争点としてそれで戦ってもいいぐらいの大きな、、」

    原口氏「だから、だからね、僕は内閣で出して、そして内閣で出せばですね、党議拘束かかるわけだから、それで四の五の言わないで法律が通るというようなやり方は良くないですねって、、」

    村田氏「いや、民主党に対して言いたいのは、こういう大事な時間をかけてやらないといけない事を急ぐんじゃなくて、もっとお宅達は、急いで結論出さないといけない事早くやってっ。」

    (場内 大拍手)

    辛坊氏「ちょっと待ってください、じゃ原口さん、その法案が閣議決定で回ってきたら署名はどうします?」

    原口氏署名も何も、僕の所管だから。」

    辛坊氏「その段階で拒否する?」

    原口氏「・・・・・それは考えないといけないですよね(小さい声)」

    (場内 爆笑)

    橋下氏「だから、もう一方で言いたいのは、じゃあ日本人って一体何なんのかと(うーん:田嶋)  日本は海外に向けて開くのか閉じるのか(そうそう:田嶋)  ここの議論なんです。

    37組に1組が外国人とのカップルなんです。こういう状況の中でじゃあ閉ざすっていう選択肢は僕はないって思っている。」

    金氏「私もね、血統主義に実は反対なんです。だけども哲学的な問題って村田先生仰ったけどね、私の基準はね、日本っていう国にロイヤリティーを(忠誠心!:宮崎)  忠誠心をね持つ人が日本人になってほしいという、これが私の結論」

    (場内、大拍手  三宅先生も)

    勝谷氏「君が代歌って日の丸の前で食事するんだよ、日本人になりたければ」

    村田氏「そりゃロイヤリティーも色んな形があるからね(そうだよー:田嶋)

    金氏「あんまりそういう風に茶化さないのっ」

    以上

    橋下知事は参政権問題への明言は避けたけど、その考えは大体分かりました。

    田嶋さんに同調されるような考え方っていうだけで、びっくりー。

    開かれた日本と参政権って関係あるのかなぁ?????!

    外国人参政権がテーマの番組は金美齢さんに出演してもらって全部論破して欲しいわ。

    忠誠心を持つ人が日本人になってほしい」にはシビレました。

    三宅さんはもちろんだけど、村田さんも今日はスゴク良かった~

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年01月19日09:07大マスコミのタブー 小沢不動産    【たかじん】

    読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】(1/17)

    『2010年ヤバイモノ徹底検証 これはヤバイ!TOP10』

    今回、久しぶりに凄い面白かったんですが、その中で今話題の小沢不動産問題(4億円の土地以外)について抜き出しました。三宅久之さんの発言に注目です。(青字はナレーション)

    002 004・・続いて第4位は

     マスメディア


    インターネットの普及によって特権性を失い、100年に1度の不況により調査報道を売り物にしてきた雑誌などが次々と廃刊。新聞社やテレビ局の経営難もささやかれる中、

    マスメディアの危機は”知る権利”の危機に直結するのか。

    宮崎哲弥氏出版業界と新聞業はヤバい河野太郎氏テレビ局は電波使用料の引き上げで利益がなくなる

    三宅久之氏新聞社もテレビ局も広告収入の減少で強者による合併が進む」岸博幸氏ジャーナリズムも衰退している。」

    そこで皆さんに質問です。アナタはマスメディアはヤバい?と思いますか。

    006 007(VRT終了 スタジオへ)

    たかじん「ヤバイですよ。ねっ、さっ、えー、小沢報道見ていても頭がおかしい』」.

    勝谷氏「とにかくね、政局の動きでは、小沢、豪腕、闇将軍みたいな名前を出して、

    そこで思考停止なわけね。(そうそう:田嶋)ねっ、その一言で、切り札で終わり。
    そっから先の解説を知りたいのに、ねっ、それをくっついてるのを書くのがメディアじゃないですか。(早くも興奮気味)

    それからあの説明責任、説明責任って言うけど、説明責任一番して欲しいのはオマエら、メディアや。あれだけ政権交代の前西松建設、西松建設ワーワーワーワー言って検察の情報全部垂れ流して、今度この間法廷に出てきた検察側の証人の西松建設の総務部長が、えー、あの政治団体はダミーだと認識はしてなかったと、言ってるわけでしょ。そういうことちっちゃーな活字で載せるだけで、説明責任って責任を取らないんですよメディアが。こういう事をしていると少なくとも信用はされなくなるよね。うん」

    たかじん「でも、一般庶民はそれだけ頭入れて、ねぇ」

    勝谷氏「もっと言ったらですね、ごく最近、大阪やったらわかりやすいと思うけど、メッセンジャーの黒田君が・・(2ケ月の骨折とドンペリ25万円が、実はドンペリも飲んでないし店長のケガは全治2週間だった話。あれも警察発表をそのまま垂れ流しているからで、メディアは信用できないという話 略)」

    009 010村田氏「小沢報道でメディアが説明責任ってオマエが言うなっていうのは、気持ちは分かるんですけどね、でも、小沢さんや鳩山さん、自分たちが野党の時にはね、自民党にやっぱり(説明責任を求めてたわけじゃないですか(笑):宮崎) だからオマエが言うなって同じ事なん、、

    三宅氏あのねぇ、小沢さんがその政治資金で不動産をたくさん取得してるってんだね。これはね、今から4年前にね、週刊現代っていうのがね、

    011 特集で、小沢さんの陸山会っていう政治資金団体が、なんでその東京都心にね、高級マンションをたくさん買って所有しているのか、全部登記まで調べて出したんです。XXXXXがね、すぐ小沢さんと民主党とが一緒になって名誉毀損と事実誤認であると東京地裁に告訴したんです。

    そうしたら記事は相当と認められるって事で小沢さんが負けたのね。で今度東京高裁になった。同じように負けたわけですよ。で最高裁は諦めて確定しちゃったわけです。それは。小沢さん負けたの。

    これはねぇ、週刊現代が書いたんじゃなくて、裁判でですよ、その小沢一郎が負けたんだから、その事についてどこかの新聞が書きましたか?で地方紙で書いたとこはある。小さく書いたとこはある。

    だけども中央紙とか中央の放送局では、全く報道してない。小沢さんの事を。それほど小沢さんが怖かったのかも分からん。その当時はね。

    だけどもねぇ、裁判でそのー敗訴したと、続けて二回も敗訴して最高裁の上告も断念したという事はね、私はニュースだと思うけどねぇ。それをね一般の大新聞は全くその時は書かなかった。それも私は不思議な話だと、、」

    012 宮崎氏「しかもね、その取材っていうのが、これ私の違う番組に出ていただいたXXXXXっていう非常に優秀なジャーナリストで、これにねぇ、他の大組織新聞が、社会部が、その追求は出来なかったわけですよ。

    そういう側面もあるのかも知れない、ひょっとするとちゃんと報じられなかったということは、、」

    勝谷氏「記者クラブに入る大マスコミからしたらですね、そのXXXXXさんのような優秀なフリーランスでも、いないような存在なんですよね。

    記者クラブに出入りしていない記者は記者じゃない・ないんですよ。その人達が色々と活躍されては困るわけ。だから今でこそ少し書くようになったけど、昔僕が週刊文春の記者やってた頃はいっくらスクープ書いて、それをちょこっと引用するんですよ、新聞がね。一部報道によると、、一部報道ちゃうわ、週刊文春によるととせめてね、書いて欲しいけど、絶対一部報道によるとなんですよ、うん。それくらいこう見下げてるんやろね。」

    田嶋氏「はい、話いいですか?違う、、(テレビのニュース、お笑い番組がつまんないという話 略)」

    014金氏「いやそれよりもね、やっぱり特に

    テレビに出てお話をする、要するにコメンテーターっていう人達っていうのはその時の風の流れに沿って発言してるわけよ。

    でその後全然違うね、現実に、、ある意味では時間が全く違うって事をねはっきり証明してたって、だーーれもね、あの責任もとらないし、反省もしないしね、また今度違う事を言っているって言うようなね、状況がね、、」

    勝谷氏「だから、昔のね発言を繰り返し流されるこの番組の緊張感っていうのはやっぱり凄いですよ。誠実ですよこの番組は。いつまでも、、」田嶋氏「都合の悪い所は流さないよっ」

    015 三宅氏「いやいやそんな事はないだろっ。

    やっぱりだから田嶋さんの発言は、、アナタのはまぁ、左に捻じ曲がったまま一貫して(アタシは一貫してるもん)、ね、だけどね

    ビデオ、、いやいや私は自分の所説を変えた事はありませんよ。ありますか?(うん?)私が自分の意見を変えた事ありますか?」

    田嶋氏「わかんないけど、順応なさるよね。」

    村田氏「ヘアースタイルは変わらない」

    三宅氏「(略)・・・自分の主義主張とか国家のあり方とかね、そういうことについて自分の考えをありませんよ。そんなことは。妙な事を言うのは止めて頂戴。

    アナタはねぇ、議論に困ると私のことをハゲとかなんとか言うけどねぇ、だけどねぇ私がアナタの事をブスと言った事が一度でもありますか。(以下、延々と三宅先生の反撃・笑い話 略)

    016 017

    (グーグルの中国撤退の話) 

    かつて日本の新聞社の支社を台湾に置いたら、中国・北京には置けないというのを唯々諾々と飲んだのが日本のメディアで、情けないという金美齢氏の発言) メディアの話 以上

    今回は、NHKの反日報道がヤバイ・排出権取引や日本経済がヤバイ・皇室報道がヤバイ・お笑いブームがヤバイ、とか超盛りだくさんで書ききれませーん。

    勝谷氏は、小沢さんが大好きでしょうがないんですね。何があっても弾除けする覚悟のコメントで一貫している・・

    今になって大マスコミも小沢不動産のタブーを破ったようで、徐々に報道されてきましたが、こんな「裁判に負けた」という動かざる真実を報じない大マスコミって信用できませんよね。

    そんな真実より、「漢字の読み間違い」「カップラーメンの値段」報道を繰り返してたマスコミは、伝える伝えないの取捨選択権があるのでしょうか。

    あー~・・中川昭一さんへの攻撃も朝から晩まで凄かったな

    金さんが言うように、風の流れのコメンテーターのお陰で政権交代させてもらった民主党。なのに、小沢問題の報道が気に食わないとマスコミ監視委員?を発足って・・

    小沢氏を切るなら国民は拍手モノだったのに、一蓮托生を決めた民主党って・・『マスコミと検察が悪い!]』と叫んでますね(苦笑)

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




    2009年10月12日11:30勝谷誠彦の正体

    私が、勝谷誠彦氏を初めて知ったのは、関西ローカルの【ムーブ!】という、当時、硬派の情報番組でした。

    その時、「ボクは康夫ちゃん(田中康夫氏)と長野県政改革を二人でやってきて・・」云々の発言をよくしていたので、政治に関わってた人だと思ってました。

    あの頃の、ムーブ!は、かなりマトモな番組で、竹島問題を特集で扱ったり、対馬特集をやったり、大阪・京都・奈良の不祥事問題の突入スクープ証言を取ったり、アークエンジェルズ問題を徹底特集したりしてなかなかスゴイ番組でした。(但し前期だけ)

    竹島特集の時には勝谷氏が韓国側から潜入取材で、竹島観光船に乗って隠しカメラで取材したりして、韓国主張の矛盾点をついたりしてよくやってたんです。

    それから鳥取・島根の漁師の証言を現地レポートして、竹島のアシカ漁の事とか、李承晩ライン の解説や、漁師の漁船拿捕話の取材や、韓国が竹島周辺にゴミ捨て場を設けた為に起こった、海洋ゴミ問題とか良い題材ばかりでした。当初は・・。

    その時、コメンテーターだったのは、覚えてるだけでも、

    宮崎哲弥・橋下徹・大谷昭宏・石坂啓・吉永みち子・二木啓孝・やくみつる・若一・財部・村尾キャスターなどなど、ちなみに初代アシスタントは山本モナ。曜日によって、右・左かなりの幅広いコメンテーターでした。

    もう末期の頃は、宮崎氏・橋下氏・上村幸治さん(←一番好きだったコメンテーター)が辞めて、テレビ朝日御用達のコメンテーター達に、番組ごと乗っ取られた感じでしたけどね。尻すぼみってやつです。

    ここで最後まで残ったのが、勝谷氏だったのですが、中国・韓国ネタには真っ赤になって怒鳴るくせに、後半の芸能ニュースでカワイイ男性タレントが出るとニタニタして「徹平クンが良い~」とか言ってキモかった。そういうキャラを作ってるカンジがいやらしかった。

    それに、いつも何気にする、自分の経営しているうどん屋の宣伝自書宣伝が、解せませんでした。だって、ふた言目には、自民党の利権の徹底批判をするくせに、自分だってテレビ宣伝利権じゃんって思って。

    で、何が言いたいかって言うと、ムーブの時から民主大応援、自民ボッロクソに叩きまくるパターンの繰り返しだった人なのに、昨日、この動画見てビックリしましたよ。

    どーも、この度の衆院選で自民党に入れた人へのメッセージらしいのですが・・

    【ニコニコ動画】総統閣下が勝○氏の発言に耳を傾けるようです



    ボクは政権交代論者だけど別に民主党支持者ではありませんよ。
    小沢一郎さんと田中康夫さんと考え方が一致するところがかなりあるけれど
    違うところもあるし。

    ボクは政権交代前からだいぶ言っていました。
    どうしてお前らは
    小異を捨てて大同について世の中を変えることがお前らはできんのじゃボケー!!!

    お前らやぞ、半年もこの国をああいう状態にしやがって

    総理大臣が国連の場で日本には民主主義がなかったと
    やっと日本人が勝ちましたと
    日本人が誰に勝ったかと言うと
    小異を捨てて大同につけなかったお前らに勝ったんじゃボケ!!
    何言うてさらしとんじゃボケ

    今の状況見てどう言い訳すんだよ。
    あのまま自民党政権が続いた方がよかったの?
    勝手に戻りなさい、どうぞ自民党と一緒に逃げなさい、どうぞ。
    誰も止めないよ。

    あんな下野してボロボロ崩れていってる状態になっても
    あんなタヌキみたいな置物みたいな奴らが重鎮と居座っている
    そんな政党とあなた達は心中したかったのですか?

    いいですよ、もう一回政権交代して自民党と心中してください
    ボクはこの国出ますから

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく