加藤千洋

2014年08月13日21:12靖国神社問題も!火をつけたのは朝日新聞の加藤千洋記者

朝日新聞はこれまで旧日本軍をこれでもかっ!というほど貶めてきましたが、

人さし指そもそも「靖国神社参拝問題」も、朝日新聞記者だった加藤千洋の書いた記事が発端です。

2006年のチャンネル桜「報道ワイド日本」を書き起こしました(やや要約)

靖国神社問題。これも朝日新聞の加藤千洋記者が昭和60年8月7日の、中国『日本的愛国心を問題視』という記事をはじめとする一連の記事で、この年の8月15日に予定されていた中曽根康弘首相の参拝について繰り返し批判の記事を書いた。

c767475b.png

そして8月15日には実際に参拝が行われ、朝日も批判記事を載せた。
ところが実は中国政府はこの時に正式な抗議を見せていない。
そして同年8月27日、10日以上過ぎた時点で社会党の田辺誠書記長らが訪中し、注進

c3016de6.png
この社会党訪中団の先導を受ける形で、その翌日、中国の姚依林副首相が初めて政府要人として中曽根首相の靖國神社参拝を批判
実はこれ以前、歴代首相、戦後58回も参拝を繰り返している。
いわゆる「A級戦犯」合祀された53年秋の大祭以降も20回の靖国神社を参拝を繰り返しているにも関わらず、中国は一切それを批判していなかった。
それを考えれば、靖国神社をめぐる外圧の初めは昭和60年。それも朝日新聞の加藤記者の火付け記事→社会党の訪中 →先導されて動き始めたのが27日。15日参拝から中国は元々重大問題化する意図はなかったというのはこの日付からも明らかに読み取れると思う。

靖国神社をめぐる外圧の発端は、実に朝日新聞の火付け記事。加藤記者は火付け記者と言って良いと思う。」 以上

811f71d2.jpg ←古館と加藤千洋

朝日新聞が大ごとのように書き立てるまで、中韓は何も言ってこなかったんです。

反日のネタを中国様に提供していたんですアカヒは勝ち誇り「従軍慰安婦」「南京大虐殺」も、朝日報道から始まったけど、

朝日新聞、異例の記事撤回、「強制連行報道」32年後の衝撃 【ミヤネ屋】

朝日新聞が「南京事件」を「南京大虐殺」として火をつけた本多勝一の「中国の旅」とは

"日本軍を極悪非道を仕立てて発信"するのが社是なんでしょうね。

気が付けば、日本はそういう国で、反省がないという国際的にレッテルを貼られている・・

銀色の艦隊さまの《靖国神社とは?「たかじんのそこまで言って委員会」動画と一部書き起こし…<靖国神社について解説>負け続けていた情報戦争、靖国は「war shrine」戦争神社ではない!英霊に対し尊崇の念を表し御霊安らかなれと祈る場所。 》 より、辛坊治郎氏のコメント部分を抜粋[

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 042
辛抱次郎氏
「でも確かにね、確かに田嶋さんのいう事にも一理あるのはですね
これはやっぱり20年ぐらいの情報戦争で1978年の・・A級戦犯合祀まででこれが問題になる事は・・まあ殆どなかった
だけど1978年にA級戦犯合祀になった後、中国・韓国・朝日新聞・ニューヨークタイムス等が、まず最初に国内で火つけて・・外国で火つけて回って
ヨーロッパあたりで普通の人、アメリカあたりの何にも知らない普通の人達の印象で言うと
え・・それこそヒットラーのお墓に参るのか…っていうようなイメージ持っている人が多いっていう・・
このなんというか情報戦争・・この20年ぐらいで完全に負けてるっていう・・・。

<参考:もう一度念のため経緯を…>

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 023
1985年、時の総理だった中曽根康弘氏が靖国を公式参拝した際
中国が、過去の侵略戦争を正当化した…として問題視したが」


2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 024
「それは、太平洋戦争におけるA級戦犯の合祀が理由だった」

靖国問題、朝日と中国()

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 043
佐藤正久氏
靖国神社はね「war shrine」っていう表現するんです・・海外のマスコミは。」
宮崎哲弥氏
戦争神社「war shrine」って」
<参考:毎日新聞英字版(AP)>

毎日新聞(AP)、英字版記事で靖国神社を「靖国戦争神社(Yasukuni war shrin)」と配信
毎日新聞(AP)、英字版記事で靖国神社を「靖国戦争神社(Yasukuni war shrin)」と配信

佐藤正久氏
「全然違うんですよ。」

2014年1月12日たかじんのそこまで言って委員会 044
辛抱次郎氏
「とにかく・・私ね、まあ・・はじめて言いますけど
生まれて初めて靖国神社に参拝した時はもう小学校の低学年ですよ、小学校1年の時です
え・・祖父に連れられて行きました。
やっぱり思いとしては、平和になった日本で、自分は生き残ってこの国で…子育てして幸せに暮らしてます・・・
多分その思い・・も、ホントに純粋のその思いで私を・・連てってお参りをすると。
つまりそういう施設なんだという事をちゃんと発信しないと。
あそこは戦争するための神社なんだ・・っていうこの20年間情報戦でまったく抵抗せずに無抵抗で負けてきたと。
誰にとっても不幸だよね。」

ヘンタイ新聞も靖国神社を「war  shrine」・・靖国神社は戦争賛美の場所じゃない!

英霊に尊崇の念を表し、平和な日本を報告する為に手を合わせる場所だという事を世界にもっと発信しなければ!人さし指最後に、脱・洗脳史講座さまの靖国の記事を是非お読みください。

 12    靖国参拝報道

   日本のメディアが毎度騒ぐ靖国問題ですが、首相、閣僚の参拝に反対する朝日の一連の報道は、坊主憎けりゃ何とやらで、執拗さを越えてほとんどビョーキ の段階ではと疑います。靖国参拝を中国・韓国と日本の間の厄介な問題にしてしまったのも朝日報道が大きくあずかったことは言うにおよびません。
 2005年4月、中国全土で「愛国無罪」 を旗印に同時多発的に反日デモが起こりました。日本大使館や総領事館だけでなく、和食レストランや日系企業がターゲットとなります。しかし、中国政府は「愛国無罪」 を叫ぶ暴徒を阻止するどころか、「責任は日本にある」 と公言したのです。このデモが官の後ろについた「官製デモ」 であったのは見え見えでした。
 毎度のことながら、「新しい歴史教科書をつくる会」 が作った中学用歴史教科書の検定合格 や、日本の国連安保理の常任理事国入りに反対する「国民感情」 などを持ち出していました
 こうした中国の反日デモの根底に「小泉首相の靖国神社参拝」 があるとし、参拝中止を求めたのは朝日新聞です。2005年5月12日付け大型社説のなかで、以下のように主張します。

 〈 靖国神社に参拝し続けることに、どのような国益がかかっているのか
譲るものものも持たずに、
どうして相手にだけ誠意ある対応を求めることができようか 〉

 「相手の嫌がることはあえてしない」という理由から「参拝の意思なし」 を表明した福田首相が総理に就任した後、小泉、安倍両首相時代と違って、「中国との関係は好転した」 と評価したのは朝日新聞でした。
 ところが、「好 転」 したと朝日が言うのもつかの間、ガス田開発問題に加え、毒入りギョーザ事件 、チベット問題、さらには尖閣諸島をめぐる領有権問題など、次から次へと問題が出てきます。
 靖国参拝で「譲 歩」 したからといって、何かが得られるわけもなく、さらに中国は踏み込んだ対応をしてくるに違いありません。何度経験し、何度煮え湯を飲ませられなければわからないのでしょうか
 アジアの覇権を得るためなら、歴史問題は言うにおよばす、靖国問題だろうがなんだろうが利用できそうなものはすべて利用する、これが中国のやり方なのです。こんなこと分かりきった話です。
 にもかかわらず、日中関係の「好転」を保つために、ガス田開発問題、尖閣諸島問題、チベット問題でも、際限なく「 ご説ごもっとも」  と陰に陽に朝日は中国の言い分に理解を示しつづけるのでしょう。そのうち、尖閣諸島を日中共同管理にと朝日は言い出すかもしれません。
 そういえば、ダライ・ラマ14世のノーベル平和賞受賞(1989=平成2年)に反対したのも朝日新聞でした。
 チベット人の5人に1人、つまり120万人が虐殺された と言われているのに、チベット人の窮地にはいたって冷淡で、中国の言い分に沿う報道をしてきました。
 「人権侵害」だの「弱者救済」だのとなると、やたらに理解を示す新聞が、チベットに対するこの冷淡な態度はどうしたことでしょう。ここまで中国ベッタリ になっているのですから、どこの国の新聞かなどと詰問するのも芸のない話です。
    ・   曽野 綾子の文を2つ
 靖国参拝を考える際の参考になると思いますので、曾野 綾子 のエッセイから次の文を抜粋します。

〈  靖国神社に祭られた人たちの99・99パーセントまでが、普通の兵士である。
A級戦犯の数など一体何人なのか。数人のために残りの人にも参らないというのは筋が違うだろう。
それに日本の古来の神道では、死者はすべて神になるというのだ。
キリスト教でも「裁きは神に任せなさい」という絶対の掟がある。
死んだ人が地獄へ行くか天国へ行くかは、人間の決めることではない
のだ。
なぜなら人間は、その人の生涯の全容を知り得ないからである。それができるのは神か仏だけだ。 〉

 もうひとつ、同じ曽野の含蓄に富む次の文章を加えておきます。2013年4月、第2次安倍内閣のもと閣僚数人が靖国を参拝しました。
 朝日は、2013年4月26日付け社説で、

〈 私たちは社説で、首相や閣僚の靖国参拝に反対してきた。
日本が過去の過ちを忘れ、こうした歴史観を後押ししていると
国際社会から受け止められかねないからである。
さらに首相や閣僚による公式参拝は、憲法の政教分離の規定からみても疑義がある
。 〉

 などとあらためて参拝反対を主張しました。
 この閣僚参拝に対して、曽野 綾子は「戦死者追悼は人として当然」と題したエッセイを書いています( 「透明な歳月の光」、2013年5月1日付け産経 )。曽野の物を見る目の「確かさ」をあらためて感じさせられます。

〈 靖国に祭られている絶対多数の戦死者は、
祖国を守るためにやむなく死んでいった普通の青年たちである。
恐らく政治家も多くの国民もその人たちを悼むために靖国に参るのだ。
人間として日本では普通の行為である。
むしろ靖国に参る人たちほど、残酷な戦争を忌避している
。 〉

〈 4月23日の毎日新聞社説は「閣僚参拝は無神経だ」 という論説を述べた。
まだこの新聞は国際政治の無難な行為だけを望んでいる。
自国民だけでなく、他国民の幸せや平和を守るのは当然だ。
しかし今まで国際社会において、自らの哲学と信念を勇気を持って
静かに表すことがなかったからこそ、日本が軽視されてきたのを
まだこの新聞はわからないのだろうか。

そういう点で諸外国は、実に冷酷なまでに、
他国の政治家の人間性と実力を観察しているものなのである。 〉

日本は戦争に負けたけど、もうこれ以上、日本を貶める情報戦争に負けるわけにはいきません。

先人の為、未来を担う子供達の為に、今を生きる私達がやるしかない。まずはアカヒを敵とみなし、ぶっ潰そう!

Photo_3


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2013年04月28日21:51靖国参拝に関しての河野洋平のコメント 【サンデーモーニング】

TBS【サンデーモーニング】で、

安倍政権の閣僚と国会議員168人が靖国参拝した件に河野洋平がコメントしていたので文字起こしして記録しました(他のコメンテーターのコメントはやや要約)

思考停止も甚だしい

da32511d.jpg 06a732e0.jpg

d862d99c.jpg d4cd4951.jpg

093e96df.jpg 08b670af.jpg

9f95aa8c.jpg 56760458.jpg

0a840bdf.jpg a0180911.jpg

d36f88e5.jpg 7f483134.jpg

38a0c71e.jpg 6f8feec5.jpg

(VTRのあと・・)

1b9423a1.jpg 6eb677c6.jpg

(閣僚らが靖国参拝行った事で日中韓の外交に影響が出ているという説明 略)

関口氏「でも、こうしたニュースを毎年毎年・・いつまで繰り返すのかなっていうねぇ、気持ちが私はしてまいりますが、何か良い解決方法はないんでしょうか?」

9d0b1b81.jpg

河野洋平「靖国神社問題はですね、あのー、とにかく日本が中国・韓国に侵略をしたり、あるいは植民地化したりして相当な迷惑をかけてきたという歴史的事実があるわけですね。

その歴史的事実をどれだけ日本が反省をしたりお詫びの気持ちを持ったりしているかという事を、今まで我々の先輩はもう長いことずーっと言い続けて、そして日中関係・日韓関係をを維持してきたわけです。

それをこういうふうに目茶苦茶にしてしまう

つまりこれはですね、もう明らかにその軍国主義者としてもA級戦犯だと言われて、あの、まぁ断罪された人達が祀られている靖国神社

4d478d5e.jpg

しかも今日はさっき関口さん仰ったように主権回復の日という、、主権回復の日っていうのはつまりサンフランシスコ講和条約を受け入れた日ですね。

そのサンフランシスコ講和条約には、東京裁判の結果を受諾しているわけですね。東京裁判については、あれは良いとか悪いとかって色々議論はあるけれども、、とにかくあの裁判の結果を受諾した。そしてサンフランシスコ条約で来たわけですから。その日を今日そのお祝いしようと言ってみんな一方で集まってですね、受諾して戦犯が確定、戦犯を我々がその、飲んだその人は祭られている靖国神社に同じ内閣の閣僚がみんなで参拝するいうのは。ほんっとにどう考えても自己矛盾なんですね。

で、ちょっとあのー歴史というか、以前のことを考えるとですね、中曽根内閣の時にやっぱり本当の問題があったんです。中曽根内閣は総理も 1閣僚も、あの時は 10何人の閣僚が参拝して、それでやっぱり中国・韓国と大変な問題になって、その時には後藤田官房長官ですね、

後藤田官房長官がこういう事をやるのは気持ちはわかるけれども、中国・韓国に対して我々が取ってきたそのー、反省の気持ちに疑念を持たせることになるから、これはやるべきでないということをね、官房長官きちっと言って止めたんですね。

で、私はね、今、是非菅官房長官に、やっぱりこの安倍内閣のこの姿勢についてですね、官房長官としてこういう事はやるべきでない。あるいはこういうことは心してやるべきだって事をきちっと言ってほしいと思いますねぇ。」

019

幸田真音氏「私も何がしたんだろうって(笑)思ってしまう。全く自己矛盾だと。
最初総理になった時の安倍さんはすぐ中国に行き、小泉政権での政冷経熱の関係を回復し、評価も高かったと思うし、今回も就任してすぐに東アジアに行ったのも良かったと思うが、暴動なども少し収まって良い感じになってきたのに、もう中国の反応は予想できる事なのに、なんでわざわざここでこんなことしなきゃいけないのか。
168人大挙して行くのは何か裏に別の意図があると取るので、もっと大人になるというか賢く外交をやるという姿勢をもっと持って頂きたい。」

799cd707.jpg

目加田説子氏非常に危機感を抱いている。景気回復と支持率でスムーズに滑り出した感に見えたが、それで気が緩んだのか、これまで主張していた憲法改正などのメッセージのひとつとして靖国問題が出てきているし、予算委員会での発言もあったと思うが、ただあまりにも内向きでこれが対外的にどういう影響を及ぼすのか配慮がなさすぎ

これが外交問題にはならないというのはとんでもなくて、外交問題にするかしないかは自分で決めるもんではない。諸外国がどう受け取るかによる。なにより戦争で多くの日本人も犠牲になり祀られていたとしても、同時に日本はアジアで物凄い被害をもたらせてきた事に対し、国民の多くは反省していると思うし、非常に神経を使って日本の外交をこれまで組み立ててきたのに、なんでこの問題でこんな形でないがしろにしてしまうのか、その意図はどこにあるのかが本当に不可解

もうひとつの危機感は、国会の中でこれに対して反対するとかやめましょうという声が見えてこないこと。大半があたかもそれを支持しているように映ってしまうことに非常に危機感を抱く。」

c7fa74cf.jpg

萱野氏「今回安倍首相は供え物だけで参拝しない意思を表示し配慮したも関わらず、相手のペースに引き込まれて、どこまで配慮していいんだという苛立ちがあった。その気持ちは分からなくはないが、今の日本を取り巻く国際情勢をちょっと見誤ったかなという気がする。

かつて小泉首相はこういう問題が浮上した時にアメリカと同盟関係を強化すれば、それが必然的に東アジアの外交関係をよくすると言っていたが、今回はそれが当てはまってない。

安倍首相もアメリカとの同盟関係を強化したつもりでいたが、こういう形で釘を刺された。実際、当時と比べて北朝鮮の核開発が進み、中国の大国化・国際社会でのプレゼンス増大している中で、中韓との連携をやっぱり深めていかなければいけないとアメリカが見ている中で、やっぱり東アジアでの外交関係を壊すような行動をアメリカもあまり大目に見てくれなくなってきている状況があると思う。そこを見誤ったかなという気がする。」

4e6ec826.jpg

涌井氏逆説的だが、交問題と靖国問題を対置して議論するのは賛成しない。何故かというと優れて国内の問題だし、我々自身の歴史の総括の問題。それが外交問題で色々言われているからこうだというのは議論は別だと。

その意味で言えば、何故靖国なのか。私は戦争の中で尊い犠牲になった方に対する尊崇の念を表現するのは当然だが、それが何故靖国なのかをしっかり考える必要がある。

それは先の戦争で一番お苦しみになった昭和天皇がどんなお気持ちを持っていたのかを考えてもはっきりする

その議論と、外交の議論は別な議論として片づけなきゃいけない。我々は先の大戦についてどういう歴史観を持つのかをまず一番しっかりしないと、いずれ外交の問題にも波及してくると思う。」

41f1e5eb.jpg

岸井氏「今、昭和天皇がどういうお気持ちだったかと言ったのは、A級戦犯が合祀されてから昭和天皇も参拝されなくなった。それだけ色んな配慮をしてここまで積み上げてきた。特に今尖閣・竹島もありギクシャクして、そこに北朝鮮の核ミサイル問題があり、かつてない日本の外交は物凄く難しいかじ取りを今迫られている。なので事を荒立てたり、対立を煽るような事はぜっったい避けなきゃいけない非常に大事な局面

そこへ靖国参拝をやってしまう、ああいう反論をしてしまうのはほんっっとうに外交的配慮、欠けている

気のなるのはワシントン・ポストだけじゃなくウォールストリート・ジャーナルやニューヨーク・タイムスも非常ーに厳しい。やっぱり見誤ったなと感じる。」

a648c328.jpg

河野氏「もう一言だけ言うとですねぇ、靖国神社ってのは一宗教法人なんですよ。これ東京都が認可している一宗教法人。その一宗教法人にですねぇ、もう色んな物を全部そこに寄せ集めて、国の、その、なんて言いますか気持ちを靖国神社で全部表現しようとする、、これ無理なんですよ。

ですからねぇ、もうほんっっとうに国立の、きちんとした我々の先輩を悼む慰霊の碑を造るとかですねぇ、そういう場所を作るとか、そこで陛下も行かれるだろうし各国の元首が日本に来た時にもそこに参拝できるような、誰にも拘らずに参拝できるそういう場所を造るっていう事がですね、これまで何回も話題になりながら、なんか知らないけれど潰されてきた、、これもう一度考えなきゃいけないそういう時期だと思いますね。」

関口氏「ですね。あぁ・・・コマーシャルちょっと入れさせてください。」

713be005.jpg以上

オープニングの沖縄の屈辱の日から始まって、この靖国問題のあと、アベノミクス悲観論不使用に日本が唯一の被爆国賛同せずへの失望論・批判、、風をよむという最後のコーナーでの憲法改正のテーマなどでも一方的な安倍叩き・・なんという番組なんでしょう 番組全体が安倍叩きですよ!

いつぞやも尖閣購入の件で、一方的な石原叩きをしていましたが

《石原都知事バッシングが酷過ぎる(・・;) 寺島実郎・浅井愼平・田中優子・金子勝・岸井成格のコメント 【サンデーモーニング】》2012年04月23日

人さし指こんなの完全な放送違反です

・・・義務として、公安・善良な風俗を害しない、政治的公平、報道は事実をまげない意見が対立している問題はできるだけ多くの角度から論点を明らかにすること(第4条第1項)を定めるとともに、放送番組の種別(教養番組、教育番組、報道番組、娯楽番組等)及び放送の対象とする者に応じて編集の基準を定め、それに従い放送番組の編集をしなければならない(第5条第1項)。

TBSはオウム事件で反省し、報道分野、特にワイドショーで慎重にすると言っておきながら、この洗脳まがいの放送は何なんでしょうね? もう聞いてられませんでした。

人さし指中韓に配慮すれば、上手く行くというのは幻想です。

この人達は民主党政権の外交敗北で何も学んでない(;一一)

河野洋平は、民主党の主張と同じで靖国と別の施設を造れば良いと言っていましたが、そこには全員祀るわけでしょ?もちろんいわゆるA級戦犯も。

それで天皇陛下や総理大臣が行っても文句が出なくなるなんてあり得ない。

つまり、今の靖国参拝問題を解決しなきゃ意味がないんだと思います。

そもそも世界の要人も参拝している靖国神社。世界の要人らの靖国神社参拝 より

靖国神社へ公式参拝をした国は
・インドネシア・スリランカ・タイ・ インド・ドイツ・スイス・フィンランド
・ポーランド・ルーマニア・ロシア・ フランス・イタリア・リトアニア・スロベニア
・エジプト・チリ・ブラジル・ イスラエル・トルコ・アメリカ・オーストラリア
・アルゼンチン・トンガ・スペイン・ペルー・ベトナム・カンボジア・シンガポール・台湾・パラオ等、

世界各国の共通する認識は
「いかなる国家も、その国家のために
命を捧げた国民に対して敬意を払う権利と義務がある」

歴代首相は戦後58回も参拝して、A級戦犯合祀後も20回参拝していた
昭和60年8月7日「朝日新聞」、加藤千洋記者が8月15日に予定している
中曽根首相の靖国神社参拝を「中国が問題視」などと批判記事を掲載

8月15日、中曽根首相靖国神社参拝
※中共からの抗議なし
8月26日 社会党田辺総書記長らが訪中
8月27日 中共副首相が初めて靖国神社参拝を批判 画像クリックで拡大
大東亜戦争終結後の「極東国際軍事裁判」(東京裁判)とは、
戦勝国が敗戦国を一方的に裁くとの理不尽で、裁判との名を借りただけの、
連合国による日本への復讐の儀式でした。(続きを読む 画像多数必見!)

世界の認識と中韓の思惑・死生観は全く違うんです。

そのプロパガンダにまんまと嵌りこんでいるのが日本のマスコミ。

人さし指絶対に騙されてはいけません。

それにしても、河野洋平の国賊っぷりはスゴイな~。 男版 福島瑞穂かと思った

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく