創氏改名

2017年08月02日15:01【朝日新聞】終戦引き揚げ女性の「中絶手術」に関する読者投稿の誤りと、【山口放送】本当の引揚者「特殊婦人」の記憶と記録

朝日新聞が、終戦引き揚げ女性の「中絶手術」に関する読者投稿を、一部訂正・削除し謝罪しました。

その訂正・削除した部分があるとのないのとでは意味合いが全く違うワケですが・・

そこで、去年の記事、

山口放送が引き揚げの体験を聞かせてほしいと、山口県内の視聴者に呼びかけ、多くの反響があり寄せられた手記を元に記録を辿り、丹念に取材をして放送したものを紹介します。
マダムダワイって知ってますか? まずは、産経新聞の記事

朝日新聞が訂正・おわび 終戦引き揚げ女性の「中絶手術」に関する読者投稿で  2017.8.1

Photo 朝日新聞は1日付朝刊で、6月19日付オピニオン面「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」の内容について、確認に不十分な点があったなどとして一部を削除、訂正し「おわびします」との記事を掲載した。

 投稿は終戦後の引き揚げ女性の中絶手術のことを[E:danger]旧友から聞いた話として書かれた。16歳以上の女性を集めて担当者が呼びかけたという内容で、「旧友に聞くと、『今おめでたの方はいませんか。ご主人であろうと、またソ連兵、朝鮮人に犯されての子でも、今から育てるのは苦労です。思い切って見殺しにすることです』と女性たちに呼びかけたという」のうち[E:danger]「ご主人であろうと」を削除。「見殺しにすることです」を「身を軽くすることです」に訂正した。

 掲載後に読者から指摘があり、投稿者に確認したところ記憶違いの部分もあったとして削除・訂正の申し入れがあったとし、掲載前の確認も十分ではなかったとしている

朝日新聞が訂正したのは良かったけど、安倍政権のちょっとしたミスも許さないクセに、確認不足をサラッと「お詫び」だけで済ますんだ・・という感想(;一一)

しかも、「ご主人であろうと」とか「見殺しに」なんて創作だというのは、ウラ取りする以前に、私ごときにも分かる話。編集者のレベルが知れます

「特殊婦人」の真実を是非読んでください。衝撃ですで、ここから本題

 「奥底の悲しみ ~戦後70年、引揚げ者の記憶~。「特殊婦人・二日市保養所」とは 前半 【NNNドキュメント'16】2016年2月23日

・・特殊婦人・二日市保養所に関しては、証言だけでなく資料がしっかり残っているので、「朝鮮人慰安婦」の話とは説得力が違います。

本来、人権派の皆さんはこのファクトに対して力を注ぐべきなんですが、人さし指日本女性は名乗り出ない・・その意味も分かります!

それにしても「マダムダワイ」のソ連兵は、人間じゃなくて獣・・戦争に負けるって悲惨なことです。

001 002

71年前、祖国・日本が負けると大陸に暮らしていた女性達にはどうしようもない事が待っていました。 身にはボロ布を纏い、足に履物はなく、見るも無残な姿で日本へ引き揚げてきたのです。 

(中略)

「特殊婦人」とは・・北朝鮮や満州からの引き揚げ婦女子には現地で暴行を受けた結果、身体に異常をきたしている者がいる 

国はそんな女性達を「特殊婦人」と表現していました。港には特殊婦人達の話を聞けるよう相談所が設けられました。『婦人特殊相談所』です。

006

北朝鮮と満州から上陸する特殊婦人の数を月毎に記録していました。

暴行を受けた女性達の相談に乗り、把握しようとしたのは妊娠や性病。相談を受けた女性の5%、500人以上が妊娠または性病を患っていたと記録されています。それが戦争に負けるという事。・・・

「奥底の悲しみ ~戦後70年、引揚げ者の記憶~。「特殊婦人・二日市保養所」とは 後半 【NNNドキュメント'16】

・・堕胎は違法行為でしたが、国も黙認し協力していました。手術にあたったのは2人の医師と10人の看護婦達です。

報告書によると望まぬ子を宿した妊娠に不法妊娠とし、堕胎は妊娠後期の8か月や9ヶ月になっても行われていました。手術に立ち会った看護婦の1人に話を聞く事が出来ました。

059

青坂寿子さん(90歳)。人助けが信条で72歳まで看護婦を続けました。二日市保養所の堕胎の仕事は本当は断りたかったという青坂さん。これまで多くを語りませんでしたが、90を過ぎた今、これ私の役目と重い口を開いてくれました。

「私達は仕事だからあれだけど、やっぱり引き揚げた人達は強姦されてね、辛い思いして帰ってきた人が、やっぱり故郷にも帰られんで海に飛び込んで死んだ人もおるんですよ。

だけども上陸してね、療養所に運ばれてきた人にね、1日も早く体をきれいにしてね、故郷に帰してあげたい。やっぱり身奇麗になった人達はね、もう喜んでね・・・病院から振り向かずに帰って行ったんですよ。お産もね、臨月に足らない人堕すんだからやっぱり大変だったです。当時は道具もあまりないしね。」

060

麻酔なしの手術にみな声も出さず耐えていた。赤ん坊の泣き声を聞くと母性本能が目覚めるので、声を聞かせないよう幼い命を始末したが、バケツの中で息を吹き返し、泣き声を上げることもあった。・・

【引揚者の記録】衝撃の医学生戦争証言(京城帝国大学編) 前編 【NHK・戦争証言】

京城帝国大学(ソウル大学の前身)の医学生たちの証言を記録しました(青字はナレーション)戦後、朝鮮に残され、強姦された女性たちを、罪を覚悟で堕胎させたという証言(二日市保養所のこと)は衝撃的です。

証言記録 市民たちの戦争

「“引き揚げ”の嵐の中で ~京城帝国大学 医学生の戦争~」

太平洋戦争が終わり大陸に取り残された日本人はおよそ660万人。彼らは暴力と栄養失調、伝染病にさらされながら祖国を目指した。そんな混乱のなか、引き揚げ者たちのため医療活動を行った医学生たちがいる。日本が“外地”に始めて設立した帝国大学である京城帝国大学の医学生たちだ。彼らは、ソウル、プサン、博多港と各地で医療の最前線に立った。医学生たちが体験した引き揚げの現実と惨状を伝える。(HPより)

006

国立 ソウル大学校 韓国全土からトップクラスの生徒が集まる最難関の大学です。・・

【引揚者の記録】衝撃の医学生戦争証言(京城帝国大学編)"二日市保養所" 後編 【NHK・戦争証言】

(※二日市保養所で治療を受けた引揚者の日本女性に強姦による妊娠をさせた相手の男性は]朝鮮人28人ソ連人8人、中国人6人、アメリカ人3人、台湾人・フィリピン人各1人という記録が)

043

 

相場氏「妊娠している人もいるしねぇ、おなかの大きい人も、そういう人たちがね、

強姦されて、妊娠してるなんてねぇ、哀れな、、

もう祖国の土を踏めないなんて考えで、身投げする人もいたんだよ。」

(長くなったので、次記事に続く・・・)

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

そもそも、読者投稿記事自体、その人の思い込みや記憶違い、何らかの思惑も入っている可能性があると思いながら読むべきだと思います。

で、この医学生戦争証言でも、 

前記事の「奥底の悲しみ ~戦後70年、引揚げ者の記憶~。「特殊婦人・二日市保養所」とは 前半 【NNNドキュメント'16】 でも「ソ連兵」の事しか触れてなかたっし、
日本女性が"誰に"強姦されたのか言ってないのスゴイ違和感!

人さし指もしかして、それがファクトでも、"差別"になるのか!?ふらふら 

敗戦後、日本国内でも朝鮮人は暴れまわって凶悪事件を起こしていたというGHQの記録もあるし、 過去を「正しく知る」為には、隣国に配慮することなく、もっときちんと真実を伝えるべきなのでは?と思います。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年12月07日09:37【大阪朝日新聞・朝鮮版記事】日韓併合、隠されていた真実の報道

日韓併合について、韓国は「日本の酷い植民地政策で七奪した」と言い、

日本は「そんなわけない」と反論する、というのがずっと続いています。

でも、1910年~1945年の朝鮮半島の実態を知らない人同士がどれだけ言い合ってても、埒が明かないんですよね。

結局、自分が生きてない時代の話だから「自国の教育」で知るしかないわけです。

その「自国の教育」がもし間違っていると気付いたら、どうなっちゃうのでしょう?

とにかく「事実」だけで判断する事が大事だと思い、当時の朝日新聞の記事を綴った動画をそのまま抜き出して記録してみました(ピンク字は見出しを書き起こし)

とても貴重な資料なので、じっくりご覧下さい。

【動画説明文】日韓併合は実際はどうだったのでしょうか?

感情論だけ一方的に聞いても、さっぱり理解は深まりません。
しっかり、歴史を事実にそって学術的に?調べると有意義ですよ。
記事を見ると、女性を誘拐する犯罪者は朝鮮人ばかりですね。
朝鮮韓国系の記述箇所は中学教科書レベルでの洗脳が酷いです。
「帝国書院」「東京書籍」は、間違った記述が堂々と書いてあります。
これは、小中学生でも安心して見れる動画なので、是非拡散お願い致します。
ちなみに、朝鮮女性が着てる服は、一般的な民族服、チマ・チョゴリです。
胸がはだけているのが普通みたいです。(強制ではありません)
引用資料 朝日新聞が報道した日韓併合の真実 韓国が主張する七奪は七恩だった
音楽:マイア ヒラサワ / boom!(九州新幹線のテーマ)



朝鮮が日本だった あの時代に朝鮮女子を必死で守った日本警察がいた。 

     大阪朝日 朝鮮版   隠されていた真実の報道

1

【男女4人を手下に使っていた女性誘拐魔を逮捕 大阪朝日・南鮮版 1938.3.1】

(貴婦人装ふ誘拐魔 男女四名を手下に使ひ 全鮮から小娘十八名を誘拐)

2

【警察が誘拐事件の全容解明に取り組むことを報じている 大阪朝日・南鮮版1938.3.30】

(誘拐犯罪の温床 周施業者にメス 京城で一斉調査行ふ)

3

【連日のように悪徳朝鮮人業者が紙面を飾っていた 大阪朝日・南鮮版1940.5.21】

(資産家の主婦を連行し行方晦ます 偽刑事が大膽な犯行)

4

【女性を誘拐する悪徳朝鮮人業者の摘発を報じる記事 大阪朝日・南鮮版1939.11.21】

(婦女誘拐の一味 遂に総局さる 元釜山府臨時雇らの首迯?)

5

【生活苦にあえぐ家庭が誘拐の標的になった 大阪朝日・西鮮版1940.6.28】

(田舎娘など十四名も誘拐 一味送局さる)

6

【窮乏する春を狙った悪魔 就職の甘言で少女を誘拐 東亜日報 1936.3.15】

7

【警察当局が朝鮮人娼芸妓の待遇改善に取り組んだ 大阪朝日・北鮮版1940.6.25】

(朝鮮人娼妓に救ひの自前制度 全鮮に魁け平壌で実施)

8

【遊郭業者が未成年(16才)の少女を買い、処罰された 東亜日報1933.5.5】

1_2 2_2

3_2 4_2

5_2

そして、朝鮮女性の人権を守った

21

【朝鮮では女性の再婚は禁止されていたが、民事令の改正により再婚できるようになった 大阪朝日・朝鮮版1933.2.14】

(再婚を許さぬ風習 若い寡婦の悩み 頻々たる「嬰児殺し」の犯行 朝鮮に多い特殊犯罪)

22

【婿養子を認めた 大阪朝日・中鮮版1939.11.10】

(同性同本不婚や異性養子の禁打破 氏の届出は六ヶ月以内)

23

24

25

社会問題の原因である、女性差別をなくしていった

26

【女性の戸主相続権を認め、「半島女権史上一大飛躍」と報じられた 大阪朝日・中南鮮版1941.6.14】

(女子に戸主相続権 中枢院会議で満場一致の賛成)

27

【女給の給与や権利を守る制度を設けた 大阪朝日・西鮮版1940.8.7】

(女給に福音 新義州で改革)

28

【芸妓や飲食店の雇女についても悪辣な業者から保護した 大阪朝日・北鮮版1940.8.17】

("夜の女"に光明 咸北で取締規制改正)

29

【不当な家賃上げを防ぐために警察は腐心した 大阪朝日・南鮮版1941.1.18】

(家主の横暴はすぐ警察へ! 釜山署から各方面に要望)

210

【女性を売り飛ばす不正業者は警察によって摘発された 大阪朝日・南鮮版1939.3.28】

(一家総掛りで農村の娘を誘拐 十二名監禁中を逮捕)

211

【路上で誘拐した少女を中国人に売り渡していた事件 誘拐犯逮捕 強制連行の実態 東亜日報1933.6.30】

かなり、行政と警察が頑張っていたみたいですね。実は、新聞を全て閲覧してみると、

212

【凶悪事件は現在より少なく治安が良かったことが推測されます 大阪朝日・西鮮版1940.6.28】

(列車に投石)

さらに・・・

213

【日本が朝鮮の歴史文化を発掘・保存し、蘇らせた 大阪朝日・西北版1938.10.28】

(高句麗王宮跡に鍬 学会の謎を解く発掘調査)

214

【朝鮮人には遺跡を保存する思想がなかった 大阪朝日・西北版1939.11.12】

(考古学の研究資料 ズラリと一萬点 會寧地方の出土品のみ 素晴らしい展覧会)

215

【高麗青磁を復活させたものも日本人研究者 大阪朝日・西北版1939.4.5】

(絶交の辰砂発見で高麗焼再現に成功 苦闘三年の奇人陶師)

216 

【李氏朝鮮に搾取されていた農地を農民に解放 大阪朝日・西北版1934.1.20】

(多数の小作人を農地に安住させ 農業改良に精励させたい 小作令実施の主旨)

217_2

【燃料と肥料を配給し、農家を保護した 大阪朝日・西北版1935.2.22】

(燃料と肥料を全能かに與へる 名案、農用林地を設定し 経済更正の大福音)

217

【創始改名は、自由意思だった 大阪朝日・中鮮版1940.3.6】

(氏の創設は自由 強制と誤解するな 総督から注意を促す)

218

【下水インフラを整備した 大阪朝日・西北版1938.12.11】

(平壌の臭気一掃 兪よ糞尿地下タンク新設)

219

【朝鮮半島全域で鉄道を敷設した 大阪朝日・北鮮版1939.8.19】

(近道の新鉄道は 明後年度に完成 建設予算を兪よ計上)

220

【学校を作り、本土と同等の教育を行った 大阪朝日・北鮮版1939.8.19】

(学校を増設して在満鮮童を教育する)

221

【すべての朝鮮人にハングルを教えた 大阪朝日・南鮮版1939.1.6】

(文盲を掃蕩 全鮮的に大運動起す)

222

【朝鮮人の日本軍入隊志願者が殺到した 大阪朝日・南鮮版1938.1.18】

(反響呼ぶ志願兵制度 忽ち志願者殺到 面接にてんてこまいの憲兵さん 微笑しい朗景展開)

223

【倍率が50倍を超えた入隊試験、不合格に失望し、自殺する愛国青年 大阪朝日・南鮮版1938.1.18】

(噫純情の愛国青年 志願兵に不合格を悲しみ 失望の余り自決)

224

【徴兵制度に喜び 行進し皇居でバンザイする在日朝鮮人 大阪朝日・西鮮版1942.5.23】

(徴兵制度実施に感謝の市中行進 歓喜に沸く東京府協和会員)

225 

【高収入・高待遇に惹かれた朝鮮人の本土渡航希望者が絶えなかった 大阪朝日・西鮮版1942.5.23】

(朝鮮人鉱夫に特別の優遇設備 まるで旅館住ひ同様)

226

【高収入・高待遇に惹かれた朝鮮人の本土渡航希望者が絶えなかった 大阪朝日・南鮮版1940.5.28】

(朝鮮人鉱夫の物凄い稼高 遠賀鉱業所で推賞の的)

227

【連日、密航者が押し寄せた 1939年~40年までの大阪・朝日朝鮮版】

(多い密航者 密航にまた新手 密航朝鮮人送還 密航朝鮮人を一網打尽・・・)

大日本帝国敗戦後、1950年から朝鮮戦争が勃発。

半島全土が戦場になり民間人の大虐殺が起こった。

その後、朝鮮半島は南北に分断。

北朝鮮は、ソ連による3年間の占領の後、独裁体制へ。

他国民を拉致し、核兵器を保有。

韓国は、米による3年間の占領、竹島不法占拠、ベトナム戦争、軍部によるクーデター、共産主義者や反政府主義者に対する極度の思想弾圧を経て、現在に至る。

日本は、米による7年間の占領、反日言論統制、朝鮮進駐軍による暴行略奪、在日韓国朝鮮人による政治・教育・メディア介入、違法パチンコ癒着、サヨク運動、バブルとお花畑を経て現在に至る。 以上

その時代の事は、その時代を生きた人だけが真実を知っているので、後付の解釈で、今の常識を当てはめてもあんまり意味がないと思います。

過去自国に起こった事は、それも「歴史」なんだと受け入れる事が必要なんじゃないかなぁ。

で、日本がこれだけ全力で、日本になった朝鮮を本土と同じように守っていたのに、「植民地として搾取され酷い目に遭った」などの大ウソで、いつまでもいつまでも、日本に「反省しろー」「謝罪しろー」「賠償しろー」というのは我慢がなりません。

先人のためにも、未来の日本を背負う子供達のためにも、こういう貴重な資料を拡散しましょう。

私はその術を持ち合わせていないので、ツイッター、ブログ、2ちゃんなどなどで、

この動画でも、この記事でも拡散お願いします<(_ _)>

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   








2010年04月26日15:31衝撃の医学生戦争証言(京城帝国大学編) 前編 【NHK・戦争証言】

京城帝国大学(ソウル大学の前身)の医学生たちの証言を記録しました(青字はナレーション)

戦後、朝鮮に残され、強姦された女性たちを、罪を覚悟で堕胎させたという証言(二日市保養所のこと)は衝撃的です

証言記録 市民たちの戦争

「“引き揚げ”の嵐の中で ~京城帝国大学 医学生の戦争~」

太平洋戦争が終わり大陸に取り残された日本人はおよそ660万人。彼らは暴力と栄養失調、伝染病にさらされながら祖国を目指した。そんな混乱のなか、引き揚げ者たちのため医療活動を行った医学生たちがいる。日本が“外地”に始めて設立した帝国大学である京城帝国大学の医学生たちだ。彼らは、ソウル、プサン、博多港と各地で医療の最前線に立った。医学生たちが体験した引き揚げの現実と惨状を伝える。(HPより)

006

国立 ソウル大学校  韓国全土からトップクラスの生徒が集まる最難関の大学です。

008

 007 

ソウル市内に建つ、ソウル大学校の医学記念館です。赤レンガの建物は今から百年程前に日本が建設し、京城帝国大学の医学部として使われていたものです。
009 京城帝国大学は、大正15年、植民地初の帝国大学として設立されました。日本が大陸への進出を推し進めていた時代、海外への夢を抱く多くの日本の若者たちも海を渡り、この大学を目指しました010 011
相馬廣明氏「モンゴルってのが自分の夢だった。モンゴルの医者になるっていうのが、蒙古の。だからそこへ行くのに、一番良くモンゴルのことを研究している大学はどこかって自分で調べたんですよ。今みたいなインターネットなんかあるわけじゃないんだけど、そうしたら京城帝国大学ってのが出てきたわけだ。京城ってのはね、大陸続きだから、うん。内地から船に乗るんじゃないだから、汽車に乗ればさぁ、シベリア鉄道行きゃ、ヨーロッパ行くんだもん。」
012 013

当時、京城帝国大学は、朝鮮半島から旧満州、中国へといたる東アジア地域の教育研究の一大拠点を目指していました

医学部では、朝鮮半島や大陸の風土病について最先端の教育が行われ、その附属病院は最新の医療設備が整えられていました。

014016平野春雄氏「大きかったですねぇー。大きな山一つ全部(大学病院)、だから大学病院の中に、あのー、昔の王宮みたいな庭園ね、ガーデン、それがあるし、あれは面積にしたら相当大きかったですねぇ。飛行機でも往診するのね。あの当時ね。だから相当権威を持ってたんじゃないかな。」
京城帝国大学の歴史は、日中戦争から太平洋戦争へと拡大していく、日本の戦争と共にありました。
017018戦争を遂行する為の兵站基地として位置づけられた朝鮮半島では、朝鮮人を日本人と同化する政策が推し進められます。
内鮮一体をスローガンに日本風の名前を名乗らせる創氏改名や日本語の使用を強く奨励する政策などが取られました。

019 021
昭和15年に改正された京城帝国大学についての大学規定です。
"忠良有為ノ皇国臣民ヲ錬成スル"
戦争が拡大していく中、京城帝大も国策への協力という使命を色濃くしていきました。内鮮
一体という国策の下で、京城帝国大学では朝鮮半島出身の学生が3割を占めていました。日本と朝鮮の若者が共に学んでいたキャンパスでは、外とは全く異なる空気が流れていたと言います。
022大村氏「それはもう日本人も朝鮮人も全然区別はないよ。
あのー、教授から見ればね、先生から見れば。成績の悪いやつは朝鮮人であろうが日本人であろうが落ちとった(落第)からね。だいたい、日本人の方が落ち取ったよ、たくさん。(笑)
優秀だから、エリートが入って入ってきとるから(笑)」



023キム氏「当時、専門学校生は戦闘帽をかぶり、ゲートルを巻いていた。
しかし、私達の大学では(そのような格好を)しなかった
戦闘服を着ず、戦闘帽もかぶらず、ゲートルも巻かずに通学していたので、少し自由がありました。」(韓国語)
医学部を卒業し、戦後アメリカに移住したイ・クワンホウさんです。
イさんは卒業後に日本軍の軍医になる事を条件に大学の授業料が免除されていました。

024イ氏日本政府が授業料などを払ってくれたので、私は家のお金を全く使わずに医学部を卒業しました。
(日本人学生に対して)特に良いとも悪いとも感じませんでした。
日本人学生は主にソウル出身でしたが、日本本土から来た学生もいました。
彼らに問題を感じる事は無く、級友として接しました。
朝鮮人の学生同士のように親しくは付き合いませんでしたが、私の場合、他の人よりも多分、日本人に対して友好的でした。周囲がそれをどう感じたかはわかりません。」(英語)
025026太平洋戦争開戦以来、優勢に戦いを進めていた日本軍は、昭和17年のミッドウェー海戦で大敗北を喫します。以後、戦局は悪化の一途を辿っていきました。兵員不足を補う為、昭和18年に始まった学徒出陣京城帝国大学でも、内地同様に文科系学生の徴兵が始まります。徴兵されなかった医学部の学生は、寮などで寝食を共にしてきた学友達の出征を見送りました。
大村氏文化系はその全部戦争に行ったわけさ。だから同級生、文化科系は全部行ったのね。戦死した人もおるし、医学部も4年も3年になって、10月には軍医に行かんといかんと思いようたけどね、、」
日本の敗戦が濃厚となった昭和20年。大学に残った医学生の元には特攻隊員となった学友の戦死の知らせが相次いで届けられました。

027029横溝氏「とにかく、ショックでしたねぇ・・
『わしは特急列車に乗って先に行くから、お前は鈍行で来い』とかゆうて、、最後に(手紙を)残して、、原爆の前だったでしょうかなぁ、、彼が(特攻隊で)突っ込んだのは。まぁそういう事で、、なんか、、もう・・・(嗚咽)・・・すみません。」
昭和20年8月15日、医学生たちは敗戦国民へと転落します。
相場氏「ソウルの町が京城っていうか、まっソウルになっているけど・・すーーっごい騒ぎなのね。もう電車の上まで人乗ってんだよ『マンセーマンセー』で大騒ぎ
独立マンセーで。バンザイっていう事、、電車なんか乗れないから歩いて、、それで大学の裏の方の下宿に辿り着いてみたら、もうガーーラーンとして、なーんにもない。私の部屋に何もねえんだもん(笑)」
030031岩永氏「あの当時は夏休みですもんね、終戦が。僕は蒙古(モンゴル)におったの。で、京城帝国大学のね、満蒙調査隊っていうのがあって、(一員として)終戦帰りの報はね、帰りの汽車の中で聞いた。韓国領に入ってから聞いた。
そしたらもう空気がいっぺんに変わったよ、汽車の中が。ほとんど韓国人か満州人かね、(車内に)日本人は少ないから、恐ろしかったんじゃないかな。敵国人に囲まれたような感じ。」
朝鮮半島は大混乱に陥りました。日ソ中立条約を破棄したソ連軍が終戦直前から、満州や朝鮮北部に侵攻命からがら逃れてきた日本人が、京城帝国大学の周辺にもなだれ込んで来ました。
032033横溝氏「ビックリしたんですよ。乞、、乞食の群れみたいな、、とにかく日本人の乞食を朝鮮で見たことないから。哀れな、、凝然としましたね
こういう事があるだろうかと思って。」
大村氏「もうもみんな歩いて帰ってくるからね、それで女は全部丸坊主にして帰ってくるでしょ。赤ん坊を抱いてくる、ね、もう赤ん坊ほとんど捨ててくるわけだけど、抱いてくる赤ん坊はもう猿と同じ。こう(頬が)そげてしまってね、ここがね。(子供達というのは?)助からなかったね、ほとんどが。もう栄養失調でね、うん。」037
036_2行く先々で目にする栄養失調や感染症などで苦しむ避難民の姿。医学生達は助けを求める避難民の手当てが出来るのは、自分達しかいないと考えます。
溝氏「50(歳)以下位の人で、元気の良い人はもうほとんど招集されてた。
それだから結局、医療の心得があってそして健康で、まっ少しは力仕事でもこなすという人っていったら、もう学生しかいないじゃないですか。
学徒出陣で友達を失った、たくさんね、それがやっぱり一番のトラウマでしょうね。
まぁ、ここでひと頑張りしなきゃ申し訳ないちゅうような感覚があるわけですよね。」
学生達は医療チームを組織し、傷ついた人々の手当てを行う活動を始めます。
しかし、医学を学び始めてわずか数年の若者達には、荷の重い仕事でした。
038_2大村氏「ソウルの駅の所で引き上げる連中、並んどるでしょ、汽車に乗るのに。
したら、ひとり『お産だ』って僕を呼びに来たからねぇ、
お産の経験ないのにどうしようかと思ったけどね、
まっ行ってみたらもう出とったからさぁ。
ヘソの緒切るのぐらいは知っとるからさぁ(笑) 
切ってヨーチン塗ってっちゅう事は知っとったから、済んだ。
もしあの、お産に立ち会うなんて事だったらもうできなかったけど、、」
039
相場氏
「引き上げ船の中で赤ちゃんが呼吸困難になったわけよ。
それで肺炎を起こした。
輸血したのよ、当時、おなかに輸血したの。そういう方法をね、習ってたの。
なにしろ出来る事それ位だったから、何とかしてと思ってね。
博多港に上がるまで助けようって。」
日本への引き上げが本格化すると、学生達は列車や船に乗りこんで避難民の治療を行うようになります。その中に、医学生がとりわけ心を痛めた女性たちがいました。
終戦前後の混乱の中で外国兵などに暴行された女性たちです。040
042(・・は、暴行による妊娠による妊娠三ヶ月・・)





041043
相場氏
「妊娠している人もいるしねぇ、おなかの大きい人も、そういう人たちがね、強姦されて、妊娠してるなんてねぇ、哀れな、、
もう祖国の土を踏めないなんて考えで、身投げする人もいたんだよ。」

(長くなったので、次記事に続く・・・)

後編は、医学生達がその暴行強姦された女性たちの堕胎を重罪覚悟で行ったという証言です。

「NHK戦争証言プロジェクト」は良い企画だと思いました。HP読んでしばらくお待ちください。

このHP動画のインタビュー受けてる男性の「命を賭けるほどの国じゃない。日本は」「・・こんな国滅びればいい」という発言が情けなかった・・平和ボケもここまで来たかと

戦争は絶対にイヤだし、もちろん国の為に命を捧げろとは言わないけど、インタビューでこういう事をよく答えれるなぁと唖然としました。

ぬるま湯に浸かってると、感謝の気持ちもなくなるのかなぁ?!とにかく先人の話を、しかと聞くべき!!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年05月23日15:21<韓国特集> 「在日コリアンの100年」 その2 【痛快!おんな組】

『在日韓人歴史資料館内の映像』と姜徳相氏によるの説明です。(地名がよく分からないのでカタカナにしてあります^^;)
001 014

「ここは船ですね。最初の頃に出航していた船ですね。済州島と大阪の間を往来した船です。

君が代丸って言います。航路は下関からレイスイ。博多からレイスイ。1920年代。1910年から朝鮮は日本領になるんです。それで、総督府という植民地としての地位になって、まあ従属した形です。

ですからその間に、朝鮮から日本に労働者として移動してくる。

あるいは戦争中には炭鉱などに強制的に労務動員される。そういう形で在日っていうのは作られているっていうことですね。」

「これ、大変面白い。朝鮮の北の方のタンゲってとこなんですけどね。ここからこうーー来て、東京までの汽車の切符です。42年ですね。昭和で言うと16年ですか。17年ですか。で値段がね、39円55銭。今の貨幣価値にして・・、あの頃、普通のサラリーマンの月給にして50円あったかなかったかじゃないですかね。」

003「これはね、炭鉱ってのはすごく劣悪な労働条件ですね。保安施設も非常に貧しいわけです。

これは宇部っていう山口県の炭鉱で海底炭鉱なんです。海の下に石炭山があるんですね。

だから、陥没しちゃったんです。海が。海水がワッと入ってきてここの人は全滅をしたんです。

ところが、この鉱山はこの人たちを水をかき出して死体を取り出すと物凄く金が掛かるわけです。
で、この山はもう駄目なんだ。だから埋めちゃった。ですからここに居た数百人の人はまだ骨も回収されない。そのまま。その時の賃金の支払い票とか、その後の色んな捜査が行われているということですね。まだ死体はこの中にある。骨も回収されてないですね。そういうのが宇部の炭鉱の話で、大変に有名な話です。」
004
「これはね、1930年代の、多摩川の砂利採取の労働現場です。

そして今でも多摩川の川っ淵、チョウス、シチュウ、イナダ、ノボリト、南武線のツタヤマ、(※調布?、府中?、稲田、登戸、津田山)

あの辺は朝鮮人はとてもたくさんいます。その砂利採取をした人たちがあそこに定着した、それの子孫なんですね。」

「で、これ一日30銭で働いて。で、生活はというと極貧です。多摩川の川べりにあった彼らの住居です。」

005  007

「これがね当時の・・朝鮮人には家、貸さないんですよ。ですからやむなくね、こういう河川敷だとか、こういう基地を占拠して自分で家を建てる。これは朝鮮式のオンドルです。

これ炊き口ですね。円筒が向こうに通ってて、これオンドル小屋です。こういう家を建てました。

で実際に私もこういうとこに泊まった事がありますから。戦後暫くまで残っていたとこです。そこにはまさにこういう朝鮮性そのものの生活、が残っていた所です。」

「・・・これね、金持ちのおまるです。これ貧乏人のです。日本の住宅で、なんでおまるが必要かと思うでしょ。それはね、これで分かるんです。」

006  009_2

「これは、東京の朝鮮人部落です。これはさっき言った砂利採集ですね。でこれは豊島区・・今のカナメ(※要町)の辺りです。西武線が通ってます。これです。池袋から次の駅の間に昔はあったんですね。これ見るとね、おまるが必需品って分かるんです。トイレと水道がないんですよ。全体の中に一箇所か二箇所しかないんですね。そうするとやっぱり夜は危険だから、トイレに行けない。そういう事が珍しくなかったです。だからどうしても、これが必需品だったということが分かりますね。」

在日朝鮮人にとっては、忘れることの出来ない、すべてある面でトラウマと言っていいと思いますね。
関東震災です。もう日本政府は当時の偶然的なことで、一部日本人自警団がやったんだということで蓋をしちゃってますが、実際そうじゃないですね。

戒厳令を軍隊がしいて、朝鮮人が暴動を起こしてると。・・軍隊が真っ先に出て行くんです。そして警察がその軍隊を道案内して朝鮮人虐殺をする。

それに自警団が俺の町は俺たちが守ろうと言うんで、軍隊や警察に協力すると、そういう形での官民一体の形での体制が出来ている。これが真実です。これ軍隊ですよね。これは警官ですよ。警官は後ろで手縛って連れて来てますよね。そして自警団が日本刀や槍あるいは、とび口これでこういう風に殺している。民衆はこうやって見ている。

恐らくこれ隅田川なんです。エイタイバシの辺りには官憲の記録がちゃんと残っています
朝鮮人を殺したっていうね。多分そうだろうと思います。」

010 011

これは戦争中の日本人になれ。郷に入っては郷に従えと、日本風の生活をしろということを教え込んだ協和会。これ大阪本部です。」

「これがね、創氏改名の通信簿で、ちょっと話題になった資料です。これ見るとね、昭和15年度です。創氏改名なった年、1940年。そして、この人は3年なんですね。で、3年の時の通信簿、学期はイ・モヨン、二学期は武田茂と、本名が消されて日本名になるんですね。で、創氏改名が日本でなされていると。私の記憶と全く同じです。私もこの人と同学年で、3年の時に二学期に担任の先生に教壇に呼ばれて、みんなの前に・こう言いましたよ『キョウ君は今日から神農に替わったから、みんなそのように心得て』そう言ったのハッキリ覚えてますよ。で、友達たちはアイツ養子に行ったのかなぁと思ったそうです。」

「これが1945年までの状況です。で、この虐殺の問題に関しては、未だに日本政府は一言も調査もしないし、謝罪もしないし、もう頬かむりした状況のままです。

そして、在日が・・よく朝鮮人怖いと言う人いますね。それはね、この時の流言蜚語からなんです。朝鮮人が爆弾投げた。火をつけた。強姦したというね

これがね間違いだと言うことを日本政府、言ってないんですよ。未だに。あのやっぱりきちっとね間違ったことをやったならやったと、歴史の汚名の回復って言うんでしょうか、歴史的な濡れ衣を・・・きちっとしてくれないと困るなという感じがしております。」

歴史資料館内の説明はここまで。・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

在日の人の生活と主張は、よく分かりました。

で、関東大震災時の朝鮮人虐殺数について、当時の政府(司法省)の調査では233人吉野作造の調査では2711人、最も犠牲者を多く見積もる立場からは6415人(「独立新聞」社長の金承学の調査)と幅が見られ、(ウィキペディアより)韓国の教科書では、多い数をとっているそうです。

あの当時、閉鎖された中で、こんな情報がもたらされたら、皆パニックになるのではないでしょうか。

朝鮮人が暴徒となって放火していると伝える大阪朝日新聞(大正12年9月3日号外)

殺された罪のない朝鮮人は、気の毒ですが、平時でない未曾有の大災害後のことで、全てが遮断された中で起きたこれを、謝罪しろというのは、ちょっと・・。しかも最新の韓国側の調査でも
だって、阪神大震災のときなんか、外国人との大トラブルなんて無かったわけだし、不幸が重なってしまったのだと思います。それと、「朝鮮人怖い。」が、その時の流言蜚語からだと、私は思いません。
だって、私、この事件も姜徳相氏の説明もほとんど知識としてなく^^;、最近の事件報道の韓国人犯罪を見て、特に思うようになったわけで、昔のことは関係ありません。.
共存するなら、お互いをもっと尊重し、許すところは許さないと、絶対に無理だとますます思いました。次のレポートで触れてますが、姜徳相氏は政府の陰謀説みたいに言ってます。
あと、アンジュングンと伊藤博文の話と合わせて、つづく・・.