八木秀次

2010年07月11日10:58民主党のめざす社会、マニフェストの不備  【報道特集】 

昨日の、TBS【報道特集】”今週の注目”のコーナーで、民主党のマニフェストに隠されたその理念を、

『消費税論議の影で政策に潜む”思惑”』と題してやっていたので、取り急ぎ記録しました(青字はナレーション)なんでこういうのをもっと早く流さないかなぁ・・

001

(VTR)

002

(横浜の幼児英会話教室の様子 子供手当の支給をきっかけに入会者数増の話 略)

003

(高校・小学の2人を育てている主婦が「口座が一緒なのでそれほどありがたくない」という一般家庭への取材。子供手当の財源は扶養控除という話 略)

子供手当が支給される事で、多くの家庭で手取りが増えるがその代わり、扶養控除などが縮小されていく為、家計の恩恵は実は大きくないと専門家は指摘する。

004 是枝氏子供手当のお陰で家計が助かっているという面があるかも知れませんが、

11年12年と進んでいくにつれ、増税(扶養控除縮小による)によってその分が打ち消される事になるので、

2013年時点でみるとこれまでとあまり大きく変わらないと。多少増えているのかも知れないけど(増収は)せいぜい月に数千円程度という位になるかと思います。旧児童手当と扶養控除があった時代とそんなには変わらない、、」

子育て家庭への金銭的メリットが数千円に留まるならば、子供手当の本当の狙いは何なのか。制度設計を主導した小宮山洋子議員はその理念についてこう解説する。

005 小宮山氏「子供の控除と、あと配偶者控除。これもその女性の働き方によって、生き方によって凄く不公平なので、これもなくそうと。

その両方をなくしたお金を子供の扶養控除と配偶者控除をなくして、その金額を子供の数で割ったら1万6000円になったので、そもそもは税源と見合っていた、、」

元々、子育てに関わる財政支出の総額は変えずに、その配り方を根本から変えようというのが子供手当の出発点だというのだ。

その理念は、専業主婦に有利な配偶者控除など家庭に対する控除を減らしていき、子供という個人へ直接手当を支給する。つまりカネの流れを世帯から個人と変えていく。

こうした考え方に対し、保守系の学者は、民主党の真の狙いは家族の破壊だと批判する。

八木氏親子の関係、経済的金銭的な関係を軽減するというよりも、取り除くと、、」

子供手当に限らず、夫婦別姓など民主党の社会政策の目的が、伝統的な家族のあり方を変える事になる、という専門家は少なくない。

006_2 007岩井氏「(夫婦別姓は)結婚をするという制度的なメリットがなくなると。そうすると、ともすると家族制度そのものが崩壊する可能性というのは否定できないんですね。だからこれが果たして良いのかという議論はあるだろうと思いますね。」

八木氏「家族共同体の部分を除去する形で、国・政権あるいは政党と言ってもいいんですけど、そこが直接子供たちに自らの考えを吹き込んでいくと。これ全体主義の典型的なやり方、、」

こうした意見に小宮山議員は反論する。

小宮山氏「伝統的な家族観を壊すとかいろんな話がありますけれど、みんなにそうしろと言っているのではなくて、そうしたい人がそれぞれ別姓にできればいいという事なので、、」

008009政策の背後に垣間見える理念

民主党内にはこうした社会政策の象徴とも言える調査会があった。小宮山議員も参加していた、人権・消費者調査会だ。会長は、今の官房長官の仙谷氏副会長は今の幹事長の枝野氏小宮山氏当時、事務局長を務めた園田康博議員に話を聞いた。

園田氏民主党の原点というものをしっかりと捉える事が出来る、そういう方々であったという風に思っております。すなわち、民主党の結党の精神は、消費者・納税者・勤労者、その視点に立った政策をきちんと作り上げていこう、、」

010

011_2
仙谷氏や枝野氏は、
2003年に保守色の強かった小沢自由党と合併する前から民主党にいるメンバーだ。家族から個人へ、国民から市民へ 菅政権の中枢を担う仙谷・枝野のツートップが、こうした理念を全面に打ち出してくると見る関係者は少なくない。

012

ところが外国人参政権や夫婦別姓は、民主党のマニフェストには一切言及がない民主党の目指す社会政策の全体像はどんなものなのか。専門家はマニフェストそのものに不備があると指摘する。

013 岩井氏「子供手当ひとつとっても、その制度設計の背景というのは何なのかという事を知らなければですねぇ、

まぁその結党の時の理念だという風に言われても実は最終的なゴールというのが我々が、国民の方々が納得するものであるのかどうかというのは分からない

この辺がですねぇ、やはり日本のマニフェストは非常にまだやはりですね、明確になっていないんだなぁというところはありますよね。」

政策の背後にある理念、その意味が問われるもうひとつの大きな課題がある。

014

(議員定数削減は小政党が消滅し、国民の少数意見が届かないという問題 略) 以下略

なかなか、いいとこ突いてますよね。だけど、なんでこんな間際の放送なの?  今日投票なのに・・

期日前投票も多いんだから、マニフェスト発表直後にやってほしかったなぁ。

逆に考えれば、こんな取材してるんだから、テレビは全部分かってるんですよね~アリバイ^^;

小宮山氏の子供手当の説明では、去年のマニフェストに書いた2万6000円の根拠がわかりませんね。別番組では「知らない(笑)」と答えていました

『踊るマニフェスト』民主党の子供手当   【新報道2001】

本当に、民主党のマニフェストなんていい加減なものです。

その理念に自信があるのなら、なんで「夫婦別姓」「外国人参政権」を入れない?!

民主党が過半数取ったら、どうするか・・・想像に難くないです。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく