中国政府内部文書

2019年11月26日12:47#ICIJ がウイグル人の人権侵害裏付ける中国政府機密文書公開、世界で波紋【キャッチ!世界のトップニュース】
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】オーストラリアABCで、
世界各国の記者でつくる団体が、中国政府が新疆ウイグル自治区で行っている不当な拘束・虐待・洗脳・監視などに関する内部文書を公開し、その文書を«松田解説»していたので記録しました
「テロ関与の疑いのある人物が中国に入国した際には、すぐに拘束するよう」と書いてあり、世界各国の人も多く拘束中だそうです・・
NHKアナ世界各国の記者でつくる団体ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は24日、中国政府が、新疆ウイグル自治区でウイグル族に対して行っている監視活動や収容施設の運営について記した内部文書を公開しました。」
IMG_1619
女性アナ「中国政府による人権弾圧を裏付ける新たな文書が公開されました。この文書はいま問題になっているオーストラリア人20人以上の拘束や新疆ウイグル自治区で続くウイグル人の集団監視に関する物で、中国政府が国内のイスラム系住民に対する同化政策として行っていると言われている強制労働などの実態を示すものです。」(中略)
<きょうの松田解説>「ウイグル族への人権侵害・中国内部文書で明らかに」(やや要約)
IMG_1624 IMG_1625
世界各国の記者で作る団体・ICIJが公開した中国政府の内部文書を巡って波紋が広がっている。
コチラがその内部文書の1つで、「機密」と中国語で書かれ、タイトルには「一体化統合作戦プラットフォーム」とある。
このプラットホームは、携帯アプリの利用記録などの個人情報を元にした、中国当局が危険だと判断する国内外のウイグル族の人達の大規模な監視システムだという事が分かる。

IMG_1627 IMG_1628
オーストラリア(23人)、アメリカ(3人)、スウェーデン(5人)、ニュージーランド(2人)、オランダ(1人)、ウズベキスタン(3人)、イギリス(2人)、カナダ(5人)、フィンランド(3人)とたくさんの国名が書かれ、テロ関与の疑いのある人物が中国に入国した際、すぐに拘束するよう定められている
更に別の文書には、中国政府が職業訓練を行っていると主張する施設の運用方針が記され、具体的には、
IMG_1629 IMG_1630
ウイグル語ではなく中国語を集中的に使わせる事や、部屋や寮など全ての場所に監視カメラを設置する事。逃亡を防ぐ為トイレや入浴する際にも徹底して監視する事などが記されている。
ウイグルを巡っては中国政府が不当な拘束や虐待といった人権侵害を続けていると国際社会から批判が強まっている
IMG_1631 IMG_1632
これに対し、中国政府は一貫して強く反発し、中国外務省報道官は「メディアが卑劣な手段で問題を煽りたて、中国のテロや過激派対策を中傷する企みは成功しない」と述べている。今回、中国政府による人権侵害を裏付ける文書が明らかになった事で、国際社会の非難が更に強まる事が予想される。
「疑い」だけで中国に入国した時点で即拘束されるんだから、誰でも捕まる可能性があるという事ね
で、ウイグル人はテロとの関連が疑わしいとされた者は再教育の必要があると強制収容。「再教育」という名の「洗脳」政策「洗脳」は中国共産党の得意技
かつて日本人もやられましたね。「日本が悪い」と言わせ、731部隊南京事件強制連行などについて積極的に証言していたのがアノ「中帰連」・・
戦犯」として旧満洲国の撫順強制収容所(中国名・撫順戦犯管理所)に収容された我々は戦犯者だと洗脳を徹底的に受けた旧日本軍人による組織だ。帰国後は中国共産党の意向に添って活動。 洗脳した撫順強制収容所では「自分たち(日本軍)は悪だ」という徹底した洗脳が行なわれ、日本軍兵士969名と旧満洲国高級官吏と合わせて1000余名のうち、洗脳に反抗したのは45人だった。彼らは有罪となり、洗脳が完了した残りの者たちは無罪として釈放された。その「無罪釈放組」が組織したのが中帰連すなわち中国帰還者連絡会である。
で、中国政府の内部文書の中には、習近平国家主席の非道な指示演説
«【中国政府内部リーク】5年間の強硬なウイグル政策の全容が明るみに&習近平の非公開演説とは【オースリアリアABC】»2019年11月18日
・・この映像は昨年撮影されました。ウイグル族の男性達が目隠しされたまま集団移送されているところです。
IMG_1557IMG_1558IMG_1559
およそ400ページ余の中国政府の内部文書がNYTにリークされ、これまで5年間の強硬な政策の全容が明るみに出ました。
それによると、習近平国家主席が非公開の演説、ウイグル族の武装派に対して「武器や絶対的権力を躊躇なく用いるよう」指示していました。
また国際社会からの批判を予想した上で「敵対的勢力が泣きごとを言っても恐れる事はない」と述べ「2017年には漏れなく拘束せよ」と指示し、収容者の家族に対しては「イスラム過激主義のウイルスに感染した者の収容に感謝するように伝えよ」とも指示していました。
あと、Chinaのスパイ工作・政治工作に関しては、オーストラリアに亡命申請中の中国人スパイ王氏のより詳細な証言も待たれます
«オーストラリアに亡命要請中の中国人スパイ・王立強氏に対し、中国「彼は犯罪者で逃亡犯!」【オーストラリアABC】»2019年11月25日
IMG_1617 
IMG_1618

China政府の人権侵害政策の証拠がここまで詳らかになり、国際社会の圧力も益々強まると予想される中、もし日本が来春に習近平を国賓として招いたら笑いものになでしょう。
日本政府は本気で、現代のヒトラーみたいな人を天皇陛下と握手させる気

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく