中国人

2011年07月17日15:21日本をプロファイリング。韓国・中国・イギリス・フランスの日本ニュース 【セカイでニホンGO】

NHK【セカイでニホンGO】の第1回(7/14)の録画を見たんですが、

韓国・中国・イギリス・フランスで報じられたニホンのニュースをピックアップしていたので、VTR部分だけ記録しました(青字はナレーション)わたし的には中国の『ネコ耳』ニュースが一番面白かったかな~

世界が報じた日本を見れば、新たな日本が見えてくる。セカイでニホンGO!

001

今夜ニホンGOが注目するのはこのニュース。韓国・中国・イギリス・フランスで報じられたニホンのニュースをピックアップ。ニホンをプロファイリングせよ!NEWSセカイ一周。

まずはお隣の国、韓国発

003 004

『草食男子にうんざりの日本人女性 韓国男児が好き!』記事を要約すると・・・(KARAのBMで)

005

■男女間でも割り勘文化が定着している日本では、「デート費用を出し、プレゼントまでしっかりと考えてくれる韓国人男性が人気を集めている」日本の有名女性雑誌が伝えた。無愛想な日本人男性に比べて、韓国人男性の方が愛情表現が上手く魅力的だという。とある。この記事を読んだ内海桂子師匠が日本男児に一言・・

006 「物をくれるとか、与えるのがいいっていうのは、それはそれでいいかもよ。でもアタシャ好きじゃないけどね

でも日本の男性ももうちょっと頑張って頂戴よ。自分の好きな彼女には買い与える位なね。しっかり働いて、そこで彼女と仲良くする。そういうのをケジメって言うのよ。」(電話の声)

いやぁ~、厳しいご意見、草食男子にはケジメが足りないんじゃないでしょうか。

007 008

続いては中国発『日本の発明家が”ネコ耳”を開発』記事を要約すると・・・

日本で人の感情を関知する携帯式”ネコ耳”が開発された。着用すれば人間の喜怒哀楽を表現できる

とある。中国人もビックリ!フランスの通信社も世界に発信!(AFPの映像)

このネコ耳はリラックスしている時は垂れ下がり、集中している時はピンと立ち上がる。そしてリラックスと集中が同時に高まっている時はナントぐるぐると回っちゃうんですって。ハイテクとオタクの国、日本の発明と取られたのかさぁ、ネコ耳愛用中のあゆみちゃーん、今のお気持ちは?

009

「はい、なんか気持ちが読み取られているみたいで恥ずかしいです(笑)」

そして、イギリス発

010 011

『接触冷感パンツは別として、東京は通常どおり』記事を要約すると・・

■日本は地震・津波・メルトダウンの被害から日常を取り戻しつつある。しかし東京の街は節電で暗く、エアコンに頼らずに暑い夏を乗り切るため、接触冷感パンツが発売された。とある。

012

(体感温度が3度ほど下がるパンツを穿いている次長課長・河本の「メッチャ涼しい」という感想)

そして今夜、皆さんと考えたい、世界が報じた日本のニュースは・・今、節電モードの日本をフランスが一面で報じました。

013 014

『日本、節電のためのシエスタを導入!』シエスタとは、スペイン語で”昼寝”を意味する言葉。一旦自宅に帰って、家族と過ごしたり、カフェで休憩したりする習慣。記事を要約すると・・

■日本は石油、そしていまや原子力も失いつつあり、眠れない日々を過ごしているかと思いきや、眠気を失っているわけではないらしい。

岐阜県庁がこの夏、午後1時から3時まで「シエスタ休暇」を実施する。岐阜県庁の目的は、電力消費量のピークであるこの時間に、エアコンやパソコンの消費電力を減らすこと。そこで”シエスタ休暇”をすすめている。責任者の市原ひろし氏は『電力不足時期に電力の消費を抑える努力は当然のこと』と語ったという。ちなみにこのシエスタ休暇は、有給休暇から差し引かれていくとの事。とある。

何故、フランスの記者が岐阜県のシエスタを取り上げたのか早速記者に取材。ところが『わが社では記事に対する取材はお断りしています』いきなり取材NG。ムムム、ならばー記事の読者であるフランス人に聞いてみよう。

015 018

フランス人はニホン人を働きすぎだと思っている。フランス人はできるだけ長くバカンスを取ろうとします。ニホン人が節電のためにシエスタを取り入れたという話題はフランス人は信じられない!」一方こんな意見も

「ニホン人は規則好きです。」

更に同じフランスのメディアAFP通信社のプペさんにも聞いてみた「ちょっと笑った、実は(笑)そのニュースを読んでちょっと笑った。職員たちが(シエスタで)自宅に帰ってエアコンを使う方が電力が上がるのでは? 面白いアイデアだけど、効果があるか分からない。」

節電のためのシエスタ導入、カタチから入りすぎ?

017 019

ニホン、再考。(スタジオの話、脱線しすぎなので 略) 以上

韓国の中央日報の記事は一応新聞のなのに、日本の女性雑誌ネタを拾って掲載し、自画自賛で喜んでいる画が浮かび、”らしい”なと思いました。

ただ、日本のオバチャン的にも、”草食男子”とか”スカート男子”とか、ちょっといい加減にしてほしい。細ーい眉毛もイヤだわ。あと、割り勘のどこが悪い?  男女同権なんだから当たり前だと思う。

オトコにたかるオンナ、アタシャ好きじゃないからね。

バブル時の”アッシー””メッシー”からおかしくなったような・・・(古っ^^;)

オトコの甲斐性と、おごることは別もんだと思うし。

韓国男児って、整形したりアイライン入れたり、外見重視のナルシストっぽくてキモイよね。

で、反日のクセに日本に来たら媚び媚びで、ヤダ!誰か、韓国男児のどこが魅力的なのか教えてくださいな、マジでっ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月25日23:38中国人一家 不法滞在の代償・8年間の記録(後半) 【報道特集】

前記事の続きです。

中国人映画監督が先月再び彼らの元を訪ねた。]福建省福清市

古くから”華僑のふるさと”といわれ中心部を離れた農村地域にも”出稼ぎ御殿”と呼ばれる豪華な家が目立つ。

029

この4階建ての家には、林さんの姉が住んでいた。姉は日本に居た頃と比べてふくよかになっていた。不法滞在中に稼いだカネを蓄えに暮らしているという。孫も出来た。一歳7ケ月になる。姉には日本では見られなかった笑顔が溢れていた

030

032 「毎日笑っていますよ。日本では泣いてばかり。」

Q:今は幸せ?

「もちろん幸せです。自分の家で安心して暮らせています。楽しい毎日です。」

033

次に向かったのは、貴州省にある石炭の町。

034035
多くの出稼ぎ労働者の中、見覚えのある顔があった。
不法入国し逮捕された林さんの兄だ。

「久しぶり(笑)」

兄に連れられ、市の中心部から車で走る事3時間。着いたのは山間部にある製鉄所。ここで契約社員として働いている。従業員の寮で今は妻と2人の生活だ。

036_2

037 038
「逮捕された時、まず家族の事が心配でした。

言葉も通じないし、あちこち連れ回されて移動の度に泣きました。」

パソコンに向かう兄。テレビ電話を使って話をするその相手は・・長女と孫娘だった。今は幸せな家庭に恵まれたという長女だが、

040

長女「父が逮捕されて、母は毎日泣いていました。

父の事は誰にも言いませんでした。

父が帰って来て私はやっと笑えるようになりました。」

逮捕された父に代わって家計を支える為、スーパーで働いた。学校を辞め、看護士になる夢を諦めざるを得なかった。

「妻にも子供にも迷惑をかけました。」

:娘の夢も奪ってしまった?「娘に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

不法滞在で全てを失った家族もある。

041

2002年中秋の名月を祝って行われた食事会。この中に居た1人の男。彼は不法滞在中に事件を起こした。

042043
男は2003年10月東京・三鷹市の薬局に仲間と強盗目的で押し入った
仲間は店長を刺し殺して、今も逃走中

4ケ月後、男だけが逮捕され、2006年強盗致死罪により懲役15年の刑が確定した。(強盗致死適用し懲役15年 薬局店長殺害事件)故郷(福清市)を訪ねた・・

044_2

林受刑者の父「私達が暮らしていた家です。」

045 福清市に1人で暮らす男(林強)の父。

商売で失敗した借金を返そうと、男(林勉受刑者)と妻を日本に密入国させた

そして5年後、男は事件を起こした。

仕事が見つからずカネに困った末の犯行だった。

「機会があれば遺族に謝罪したい。受け入れてもらえるか分かりませんが謝罪したいんです。」(泣きながら)

047 048実は父、自らも台湾で不法就労していた。だが仕事中の事故で腕を切断して強制送還された。妻は出て行き、月に一万円に満たない給料で暮らしている

「事件を思い出すと眠れません。日本に行かせたのは間違いでした。もう手遅れです。」(南寧市)

家族の為にと日本人女性と偽装結婚までした林さん不動産バブルのさなか、忙しい日々を送っている。しかし、深夜0時、38階建ての高級マンションにある自宅に帰ってきた林さん。どこか浮かない表情だった。

Q:日本の習慣がまだ残ってますね?林氏「もう慣れましたよ。(スリッパに)履き替えないとスッキリしない。」

049 05118畳の広々とした部屋に1人暮らし。帰国後も妻と息子とは別居している。中国を離れる時に生後5ヶ月だった息子は、帰国した時既に8歳になっていた。林さんが不法滞在中に取材した妻と息子の映像を初めて見てもらった。

Q:泣いてるの? 林氏「いいえ」Q:何故涙が出たんですか?

林氏「私がいない時にいろいろな事が起きていてつらいですね。昔の事を思い出すと、、男は、つらいねぇ。」

そして妻が秘めていた思いを初めて聞く事になる。(CM)

家族の為にカネを稼ごうと日本に不法滞在していた林さん。だが、その頃中国で待つ妻の心にはある思いが芽生えていた。

052053

夫はお金さえあれば幸せになれると信じています。私にはそうは思えません。」

林氏「日本に行って家族が7年間もバラバラになって、多くのものを失ってしまいました。お金では買い戻せないものなんです。」

カネでは買えないものがある。そう気付きながらも林さんは忙しく働き続ける再び家族とともに生活できる日は来るのだろうか。

(VTR終了 スタジオへ)

055 田丸氏「不法滞在という事で、強制送還に怯えながら

あるいは逮捕されてでも、それでも生きていく為に、こう彼らの生活っていうのは、したたかさっていうか、図太さとか感じますよねー。」

女子アナ「でもお金は稼いでも払う代償というのは大きいようですねー。」

田丸氏「そうですねー。あの、林さんもね、目標の立派なマンションを手に入れたんですけれども家族とは離れ離れになったままですねぇ。

まっちなみに、今日本にいる不法滞在者は9万人以上。えー中国から来た人は1万2000人以上なんだそうですが、5年前は中国人だけで3万2000人を超えていたといいますから、随分減ってはきているんですね。

まっ対策が徹底した事もあるんですが、今、中国の景気が良いですから日本に出稼ぎに来なくてもいいという事もあるようですね。

まっただ一方では、VTRに出てきた林受刑者のように、強盗事件で死者まで出してしまって、本当にこれはあまりにも不法滞在の代償大きすぎだという事かも知れません。今日の特集でした。」以上

私は、中国人の強盗事件と言えば、すぐに福岡一家4人殺害事件を思い出します。

残忍な殺し方が当時ワイドショーで騒がれましたよね。子供達の殺され方が不憫で物凄いショックでした。    http://yabusaka.moo.jp/fukuokaikka.htm

本題に戻って・・・中国人の家族愛って理解できますか??

家族を幸せにする為に、不法入国・不法滞在・偽装結婚・強盗殺人・・

結局、中国で良い暮らしをする為にとりあえず出稼ぎ来日して、将来ダラダラ居座って不法滞在? で、生活に行き詰ったらどうするんでしょうね?! 大阪の老齢の姉妹が、48人の親族を呼び寄せた件は合法だったけど、いくら日本人の末裔と言い張っても、日本語が全く話せないのに仕事が見つかるわけもなく、生活保護申請・・・(この場合のみ、一斉だったので生活保護目的の入国と見なし打ち切りのようだが)カネに困った外国人ほど、恐ろしいものはありません。

ビザ緩和するんだったら、入管の取り締まりの徹底強化も同時にやらないと治安が悪くなるのは目に見えています。ところで、8年も前からTBSがこの兄弟の取材をしてたという事は、林兄弟の不法滞在を知っていた事になります。通報義務はないんでしょうかね?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月25日10:30中国人一家 不法滞在の代償・8年間の記録(前半) 【報道特集】

TBS【報道特集】で、”中国人一家、不法滞在の代償”

というのをやっていたので記録しました(青字はナレーション)

001 田丸氏「・・続いては特集です。今月から中国人が日本に個人旅行する際のビザの発給要件が大幅に緩和されました。

えー、これまで富裕層のみに発給されてきたビザを中間層にまで出して中国人の旅行者を増やそうという試みです。

ただ、一方で不法滞在者が増加するのではといった不安の声も聞かれまして、警察庁などで対策が協議されました。

日本に9万人以上いると言われる不法滞在者。そのひとつの家族を8年に亘って記録しました。」

(VTR)

中国南西部にある南寧市。貿易の拠点として近年目ざましい発展を遂げている。

002_2

この町で不動産業を営む林明傑さん、42歳

003 004案内してくれたのは、

市内の一等地で一際目立つ金色に輝く高層ビル。その19階に会社の事務所を構えている。

005

林氏「ここは公園で、私達の物件がここにあります。隣の老人ホームの建設も国から請け負っています。すごい規模でしょう。」

設立からわずか2年で、ここまで会社を大きくしたと林さんは胸を張る。

だが、林さんには苦い過去がある。日本で暮らした日々・・

006007
Q:
もし過去に戻れるとしたら日本に行く?

林氏絶対行きません。今は中国の方がずっと多くのチャンスがありますよ。」

兄弟「お父さん、お母さん、兄弟皆で団結して頑張っています」・・「頑張ろう」

林さんの日本での生活をある中国人監督が記録していた。映画は日本やアメリカの映画祭で公開された。

008 8年前、林さんは東京・新大久保で中国人向けのインターネットカフェを経営していた。この日の売り上げはわずか数千円。

林氏「日本に来て3年間、毎日ここの床で寝てインスタント食品ばかりですよ。」

林さんは99年に来日したが、ほどなくビザの期限が切れ、不法滞在となった。

日本に残る為に取った方法は・・・

日本人女性との"偽装結婚"だった。

009 010
「ほんとはあなた、仕事12時だけど、

今日あなた入管だから、朝早い仕事と私嘘言う。判らないね。ちょっと紙に書こうか。」

この女性に対して最初に50万円を支払った上で毎月15万円の生活費を渡す

実際に夫婦関係があるかどうか、入国管理局の審査を繰り返し受ける。その間強制送還されることはない。

011 012
林さんを日本に呼び寄せたのは2歳下の妹
だった。96年に日本人男性と結婚し、来日。同じく新大久保で中国人向けの美容室を経営していた。林さんの10歳年上の姉も家族訪問ビザで妹を訪ね、その後不法滞在となった。

013

更に、林さんの6歳上の兄は、密入国し、日本に住み着いた。妹以外は皆、不法滞在者。兄弟は共同生活を続けていた。姉の役割は妹の子供の面倒を見ること。更に家事全般を引き受けた。

014 Q:昨日は寝た?「2時間寝た。」

兄は林さんのインターネットカフェを住み込みで手伝っていた。

Q:こんな生活、辛くないですか?

「日本でいくらつらくても仕事さえあれば、中国にいるよりいいですよ。」

兄は中国で農業をやっていたが、生活は苦しかった。妻と2人の子供にまともな暮らしをと借金をし、密入国を仲介する組織に300万円を支払って密航船に乗った

015中国に残る家族の生活には小さな変化が起きていた。

息子「昔は野菜ばっかりだった。ジャガイモやピーナッツばかり」

Q:お父さんが日本に行って何を食べられるようになった?

息子毎日肉料理!」

不法滞在で稼いだカネが中国の食卓を豊かにしていた。

だが、日本での生活はトラブルの連続だった。

016 (姉が夕食の後片付けをしている最中に突然倒れ、兄弟みんなでおんぶしたり、タクシーで病院に担ぎ込む様子 略)

不法滞在者の姉は、当然保険証を持てない

診断結果は急性腸炎。古くて痛んだものを食べた事が原因だった。

高額な治療費が兄弟に重く圧し掛かる。

更に7月。ある出来事が林さんを追い詰める。日本人の妻と急に連絡が取れなくなったのだ。妻が住むマンションを訪れると・・

017

018Q:彼女の荷物は残ってる?
林氏「えっ荷物?!、、洋服が残ってる。かばんもある。」
妻の名義でしか銀行口座を作れなかった林さん。妻に新しいキャッシュカードを勝手に作られ、店の売上金、およそ160万円を引き出されていたのだ。

林氏まさか日本人の中にも中国人以上に悪い事をする人がいるとは、、人生で一番の悲劇は、この人と結婚した事です。これ(パンダのぬいぐるみ)を見ると故郷を思い出すねぇ。でも、ここは日本だ。」

林さんもまた家族を残していた。妻と中国を離れる時生後5カ月だった息子。

019 020
息子
「僕のお父さんに会った事ある?僕を日本に連れてって。お父さんに会いたい。」

偽装結婚の為、妻は離婚を受け入れた

021「一日でも早く夫には帰って欲しかった。でもそれが叶わないならばせめて日本で安全に暮らして欲しかったんです。」

しかし、妻の心は揺れ動いていた。

「このままでは先が見えません。

夫からの電話にも出たくないし、夫もきっとそうでしょう。」

9月、中秋の名月を祝い同じ故郷から日本に来た人達が集った。束の間の気を抜けるひと時。日本で兄弟4人が集まったのはこれが最後となった。

022 023
「カンパーイ 家族円満を祈って!」

6日後、共同生活は終わりを告げた。兄が不法入国で逮捕。2年8ヶ月の懲役を科せられた。

024 

026027(姉の慌しい荷造りの様子 略)

その翌日、ここにいては自分も捕まると、姉は可愛がっていた妹の子供を残し、アパートを出た

妹の子供「(追いかけて)・・・どこ行くの? えっ?! やだー」(日本語)

(2003年 姉は不法残留で逮捕 強制送還された)

次々と逮捕される兄弟、それでも林さんは自らの信念を疑わなかった。

林氏日本で頑張って、お金を稼いで、中国の家族にマンションを買ってあげて、子供に高等な教育を受けさせます。息子には毎年60万円の授業料を払っています。私は家族に対して責任を果たして来ました。」

だが、2004年、林さんも強制送還された。

028

それから6年、日本での不法滞在は林さん一族に何を残したのか。中国人映画監督が先月再び彼らの元を訪ねた。福建省福清市古くから”華僑のふるさと”といわれ中心部を離れた農村地域にも”出稼ぎ御殿”と呼ばれる豪華な家が目立つ。

029(長くなったので、つづく・・)

  • 偽装結婚した、日本人女性の"日本語"がちょっと変なのが気になりました^^;※後半部分では、]中秋の名月を祝うパーティーのメンバーが、強盗致死適用し懲役15年 薬局店長殺害事件 に関与していた事実も・・中国人が親族を呼び寄せる問題として、取材した番組の記録
  • 中国人生活保護問題の深層(姉妹の出身地取材) 後半【NEWSゆう+】

    中国人生活保護問題の深層(姉妹の出身地取材) 前半【NEWSゆう+】

    "福建省・福清市" が共通項ですねぇ・・

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年07月17日08:51中国人生活保護問題の深層(姉妹の出身地取材) 後半【NEWSゆう+】

    前記事の続きです。

    男性の案内で私達は姉妹の親族を尋ねた。

    028 029リポーター「えー、コチラはお姉さんの方が住んでいた家です。今は息子さん夫婦が住んでいるという事です。」

    姉・愛英さんの一番下の息子だという男性の話では、愛英さんは日本に渡る前、子供や孫たち合わせて20人でここに暮らしていた。

    Q:ここは何人残っている?息子「十数人いる。母親は日本人なので日本で生活したい。私達も母親のもとで暮らしたい。」

    未だ中国に残る親族らは、いずれ日本に行きたいと願い、在留許可を得る為の手続きを進めているという。

    Q:ここで長い間生活していて、突然、日本に行くのは大変なのでは?

    「大丈夫。自分は日本人の末裔だから。」

    030 031
    Q:日本でどのような生活を?

    「自分で仕事を探す。」Q:日本語は話せるの?「いいえ、二言三言しか、、」

    Q:仕事を見つけるのは難しいが?「見つかるよ、一生懸命すれば・・」

    一生懸命・・すれば・・その言葉に願いが込められているのだろう。以前日本に渡り、帰国した珠英さんの次男が建ててくれたという家はとても豪華なものだった。

    032033
    Q:
    ここでの生活は良さそうで、家も大きい。日本ではこんな家に住めないが?「そうだね。日本だったらね(笑)」

    Q:では、なんで日本に行きたいの?「祖国に帰りたいということ。」

    住み慣れた中国を離れて日本に移り住みたい。そう思うのは、このまま中国で暮らしていても仕事にありつけないからという以上、[かつて日本に渡り、成功した人たちの姿を目の当たりにしてしまったからではないのか。

    034 035今回、中国から入国した48人は、皆、法律に従って日本に住む身元引受人を立てて、在留の許可を得ている。しかし、大阪市はそもそもの入国管理局の審査に疑問を投げかける。

    平松市長一体、入国管理局は何をどのように審査しているのか不思議でなりません。扶養するんだと仰っている方が、、身元引受人がいらっしゃったかどうかというのを、厳正にチェックするのがむしろ入国管理局ではないかと、、」

    一方、大阪入局管理局は・・

    036

    Q:保証人は必ずしも入国して来た人達の生活保障しなくてよい?

    石崎氏「うん、当然、生活保障していただきます当然。基本的には、まず第一次的には、ご本人がまず仕事をされて生計を立てる、、」

    身元保証人に求められるのは、入国者の日本での滞在費や帰国の費用ただ滞在費といっても、入国後の一切の生計を補償するという意味ではなく、明確な見解は示されていない時代が違えば状況は変わっていたのかも知れない。入国管理局が審査の中で曖昧にしてきた部分を今、地方自治体、そして入国してきた人たちにとって不幸な事態を招いている

    037 038
    蘭氏
    「あの高度成長の頃みたいに大判振る舞いは出来ないという、、やっぱそのまま放っておいたら結局、日本社会にとってはある意味、借金みたいになっていってしまって国家としてやっぱりきちんと考えなくてはいけない時だと思うんですね。」(上智大学国際関係副専攻 蘭信三教授)

    こんな生活だと分かっていたなら、こんなに貧しいなら来なかった。中国で田んぼを耕していた時の事ばかり思い出してしまう。。中国にいた時は農業が出来たが、ここにいるとそれすら出来ない。」

    (スタジオへ)

    アナ「もう一度ここで確認しておきたいんですけども、彼らは入国審査でも、生活保護の申請でも法律上は全く問題ないという事なんですが、この状況をみると、大谷さん、なんかこう素直に納得しがたい状況なんですよね。」

    039 大谷氏「そうですよねー、

    だから法律に問題ないからって言って入管がですね、認めてしまって

    で、今度、生活保護に関しては自治体と厚生労働省ですよねぇ。

    と、日本での生活がどうなるかという事になんら考慮しないまま、はい保証人あります。資格があります。という事になればですねぇ、必ずこういう事態っていうのは起きてくるわけですよねぇ。だから入国の審査を厳しくするのか、あるいは帰って来たあとの生活保障がない限りはですね、条件をつけるとか、あるいは生活保護に関して何らかの条件をつけるとか。

    少なくとも外国から来たからと言ってですね、困窮している人に生活保護出さないという事は人道的に許されないわけですから、それ以前の段階で行政の各所が縦割りじゃなくて、どうするかという事だと思うんですねー。」以上

    このナレーション、「親族と名乗って」とか「息子だという男性」とか、かなり疑っていません?!

    過去、そう名乗って入国する人が多かったので慎重な言い回しは無理もない(苦笑)

    結局、「お母さんと住みたい」「日本は祖国」「日本人の末裔」と言いながら、この一族はジャパニーズドリームを求めているんだと思いました。

    なんかこのケースの場合の『生活保護』は、その為の足がかりっぽい。(それはそれで堪ったもんじゃないけど)

    「日本と関わりがある」という誇りがあったら、来日する前に日本語を多少は勉強するんじゃないかなぁ。

    日本語を話せないのに「頑張れば仕事できる」って、普通に考えて、そういう中国語が通じるコミュニティー内でしかありません。で、頼るのはもちろん中国人でしょ?! 生きる為に言いなりになるかもね。

    一番問題なのは、やはり入管の審査だと思いました。想像力があまりに無さすぎっ。

    とにかく!早急に国が対策を考えないと日本は大変な事になります。貧困ビジネスのつけ入るスキを与える余裕はありません。「親族」という事で入国させてたら、ゴキブリ算的に増えていきますからね。

    想像してください! 日本人男性が中国人の嫁を貰って、将来、親族を呼び寄せるっていうのもアリだとしたら・・そもそも、どこまでが親族?! 

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年07月16日19:20中国人生活保護問題の深層(姉妹の出身地取材) 前半【NEWSゆう+】

    昨夕の、大阪ローカル・朝日放送【NEWSゆう+】で、例の中国人親族来日すぐに生活保護受給  【ニュースバード】の件について、特集を組んで詳しくやっていたので記録しました(青字はナレーション)入国の本当の目的と問題点が垣間見えましたよ~

    女子アナ「木曜シリーズ ウラドリ です。当初は外国人を利用した新たな貧困ビジネスではとの指摘もあった、今回の問題。」

    アナ「真相を知るために ウラドリ 取材班は姉妹の出身地へと向かいました。そこで見えてきたものとは。」

    009

    大阪市西区役所、5月のある日、日本国籍を持つ女性の親族だと言う中国人が、大勢で生活保護の相談に訪れた

    010011
    坂口氏
    日本に呼び寄せられたけれども、日本語が出来ないから、まぁ就労も出来ないという事を、、まっ生活に困るのでとの事でね(相談)。まぁいっぺんに来て『ワッ!』という感じはありましたけれども、、」

    外国人でも在留資格を持ち、生活に困窮していれば生活保護の支給対象になる必要な条件を満たしていた為、間もなく24人の中国人に対し、支給が決まった

    坂口氏「申請そのものについてですね、本庁の生活保護の担当の方にもですね、一応、状況提供をして、えー、それでまぁ問題はないという事で、まぁ生活保護の適用に至ったと、、」

    012013
    しかし、この事がその後、市の生活保護のプロジェクトチームで問題となり、新たな貧困ビジネスではないかと
    緊急調査で、5~6月にかけて48人の中国人が生活保護を申請していたことが判明した。ある姉妹の親族と名乗って・・問題が明るみになったその日、

    ウラドリ 取材班はメディアとして初めて姉妹に接触した。

    「生活保護の話をちょっと聞きたい、、」「日本語ダメ?」

    林さんという高齢の姉妹も息子だという男性も日本語が話せないようだ。筆談を試みた。

    急遽、中国語の分かる取材スタッフを呼んだ。しかし標準的な中国語では姉妹には通じない息子とは会話が出来た。

    014015
    通訳
    「彼女たちは何の為に日本に来たのですか?」息子「(日本国籍なので)日本に帰るために来ました。」

    元々、姉妹の母親が福岡県の出身で、戦前に中国人と結婚して中国へ。現地で2人は産まれた戦後、日本人の血が流れているという理由で虐げられた経験がある二人は、一昨年、DNA鑑定で叔母との血縁関係が証明され、念願の帰国を果たした。

    016 017
    通訳
    「どうして日本に来たのですか?」

    おばあちゃんは日本人ですから、おばあちゃんが日本に戻ったので、私達は子や孫として付いて来ただけです。」

    姉妹が、中国で産んだ子や孫を日本に呼び寄せたという。去年始め、彼らは在留資格を申請し、今年に入ってようやく許可が下りた。そして48人が次々に入国し、その直後に生活保護を申請していた。生活保護を目当てに日本にやってきたのではないのか。

    018 019
    私達は働きに来た。援助をもらいに来たのではない。来たばかりだから言葉が通じず、本当に仕方がない。」

    姉の方の息子の家族は先月来日したものの仕事を見つけるのが難しいと話す。生活保護の制度は区役所で教えてもらったという。

    政府に養って貰うのは意味がない。私達は若いし力も持っている。仕事が見つかれば自立できるので政府の援助は要らない

    彼らにはまだ生活保護の支給決定は為されていない。彼らの知人で実際に生活保護の申請に付き添い、手伝ったという中国人がいるという。

    020 021
    知人
    生活保護目的で日本に来る、そういう事、一切しない、絶対にしないよ。そういう事誰もそんな、そんな生活保護目的で来る人ないですわ。」

    来日の本当の目的は・・? 取材班は、姉妹とその親族らの住んでいた中国のある村へと足を進めた。48人の親族を日本に呼び寄せた林愛英さん、珠英さん姉妹。中国でどんな暮らしをしていたのか。

    022 023
    ウラドリ 取材班は、姉妹の出身地である中国・福建省に入った。
    福建省は元々、華僑の故郷として知られる。省都福清から車で二時間程走った所にその村はあった。福建省・福清市・東瀚鎮(トウカンチン)。人口4万人のこの村には、今と昔が一緒になったような不思議な光景が広がっていた。

    024 025リポーター「村で唯一の旅行会社がありました。

    中に入ってみますと、日本のビザ手配の文字があります。こんな小さな村から日本に行く人がこんなにたくさんいるんでしょうか?」社長多いよ。一ヶ月に20人くらいいる。」

    Q:何故、日本に行きたがるの? 社長この辺りは農地として使える土地が少なく、稼げないここよりも日本の方が生活環境が良いから、、」

    この村で、農業を営む人の一人当たりの年収は8万円あるかないか。確かにこの村に広がる農地には豊かな実りというよりも、乾いた印象を受ける。

    026

    その一方で村のあちらこちらで目にする立派な家の数々。

    海外への出稼ぎで成功した人が故郷に帰って建てたもので、中には日本で出稼ぎした人たちもいるようだ

    027 Q:この人知ってる?

    男性「知ってるよ。日本に行った。

    家族みんなで日本に行ってしまった。」

    男性の案内で私達は姉妹の親族を尋ねた。

    (長くなったので、後半へつづく・・)

    知人で実際に生活保護の申請に付き添い、手伝ったという中国人って、かなり怪しいと思いません?! ニュースで”不動産屋が介在”と言っていたけど同一人物かな?少しヒントが出ていましたが、本当の来日の目的は後半で分かります^^;

    手続き上の問題点とか、大阪市の入管に対する不満とか・・かなり考えさせられました。

    後半の前に、この記事を読んでいただけると恐怖度が増すかも

    【必見】村田春樹氏が語る 「外国人参政権」最新状況 沖縄が危ない

    外国人参政権よりキケンなこと・・

    で、この画像見てください。中国人32人が来日すぐに生活保護受給  【ニュースバード】

    この時のインタビュー受けた時と違ったこと答えてる印象があるんだけど、どうですか?


    012_3   013

    014男性 「中国より日本がいい。(どうして?)政府が少しばかりの生活費を支給してくれるから中国ではそんなことしてくれない」(生活保護を受けている中国人の男性)

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年07月01日14:53中国人32人が来日すぐに生活保護受給  【ニュースバード】

    昨日の報道なんですが、

    TBS系【ニュースバード】でやっていたトンデモないニュースを記録しました(青字はナレーション)

    情報番組で詳しくやるかな?!と思って待っていたけど、やらなかったような・・・

    女子アナ大阪市で一斉に来日した中国人48人のうち32人が、来日してすぐ生活保護を受けていたことがわかりました。彼らはJNNの取材に対して、「自分たちは残留日本人の家族で、悪いことはしていない」と話しています。」

    009 011
     取材に応じたのは、大阪市西区のマンションに住む40代から50代とみられる中国人の男女5人です。

    5人は日本国籍を持つ女性らの親族と名乗って先月、来日した48人の一員で、うち32人が大阪市から生活保護費を受け取っていることが、昨日(29日)、明らかになりました。5人は、終戦後、中国に残された日本人の母親と一緒に暮らすために来日したと話しています。

    012_3   013

    男性 「中国より日本がいい。(どうして?)政府が少しばかりの生活費を支給してくれるから

    014

    中国ではそんなことしてくれない」(生活保護を受けている中国人の男性)
    今回の生活保護申請の大半には、同じ不動産業者が介在していて、大阪市は、入国管理局や警察と連携して実態を調べる方針です。(以上)

    中国人の"家族"というのは何十人感覚だと以前、石平氏が言ってましたねぇ。親戚は何百人だとか・・

    私達の税金が、日本人の困っている人じゃなくて、いとも簡単に中国人に流れている?!

    ブローカーもいそうだし、大問題ですね!この件は、コレを読んで考えてください(れたすさんのコメより)

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1442981789
    Yahoo!知恵袋

    そして今日、是非紹介したいのは、

    テレビでは報道しない、怖いこと「中国国防動員法」と「観光ビザ規制緩和」を元中国人の石平さんが日本に警告してくれている動画です。

    この動画を見る時間のない方は、ドサンコさんの書き起こしを是非ご覧ください。

    「ビザ緩和で治安悪化した方がよっぽどマシ」-今日からマスコミにしかけられる罠

    (一部抜粋)

    石平氏「・・問題は私も最近、テレビを見ているんですが、既に、日本のテレビは毎日ね、中国の観光客はいかにすごいか、という宣伝をやっているでしょ。」    
    佐波キャスター「ああ、していますよね。」   
    石平氏「今回、どんどんたくさん来ることになってね、マスコミも煽り立てる。そうするとね、日本国民の中でね、中国様がすべて、我々が生きていくために中国様が、中国人が来てもらわないと困るという認識がだんだん浸透してしまう本来はそんな大したことじゃないよ。日本の消費税の小売総額と比べれば、中国人が買ったものはほんのわずか、少ししかないしかし、心理的なイメージは大きいよ
    そうすると、どういう現象が起きるかというとね。日本の財界が中国に進出した結果、結局、中国に人質に取られて、中国様にものを言えなくなるでしょ。たとえば、靖国問題でも逆に中国の肩を持つでしょ。
    しかし、今回、観光客が出てきたことで、たくさん買い物をすることによって、中国様にものを言えない雰囲気がね、日本の一般国民の間にね、たとえば、旅館のおやじとか、商店街の店主さんとかに浸透してしまうと、正直、そのこと自体が中国の日本に対する心理戦になる。」    

    動画を聞きながら、書き起こしを読むのがオススメ。

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



    2010年03月30日12:05子ども手当"外国人でパニック"   【ワイドスクランブル】

    昨日のテレビ朝日【ワイドスクランブル】(3/29)の夕刊キャッチアップというコーナーで、子供手当パニックの記事を読んでいたので記録しました。

    今朝の情報番組でこの大問題をやるかと思い眺めていたけど、どこもやらなかったように思います。

    006 001佐々木アナ「さっ、続けてまいりましょう。

    夕刊フジの3面でありますが、さーどうなりましたかね、この26日にですね、決まりました子供手当支給という事なんですが、この6月からという事ですが、それを前にですね、早くもパニックになっている所があるという事なんですねぇ。

    例えば東京都荒川区は人口20万人のうち1万5000人が外国人の居住者であるという事で、人口の実に約7%を占めているという事なんですねぇ。

    まぁそんな中でですね、ネパール人男性が早くも窓口に顔を出したというもあったという事なんですが、訪れる外国人のほとんどは中国籍の人達だという風にも言われているという事なんです。

    002004友人と連れ立って来たり『子供がいればお金が貰えると聞いた』と言ってくる人や、日本語が話せないのに『子供手当』とだけ書いた紙を持参してくる人もいるという事なんですねぇー。

    6月から支給で今、この段階でこういった事になっているという事なんです。

    で、ここ一ヶ月で目立つのは児童手当の"駆け込み"申請だという事なんです。

    で、そういった事というのはですね、あの川口氏でも荒川区と同じような現象が見られる。

    外国人の居住者が多いという事もありまして、とりわけ中国人の居住者の伸びが著しいんですが、児童手当受給者の数も外国人の中では中国人が飛びぬけているという風に言われているという事なんですねぇ。で、住民登録したその日に申請してくる人もいるんだという事です。外国人居住者の中には児童手当の存在自体を知らない人が結構いるのに、それでも中国の人はほとんどが知っている。という事なんですねぇー。

    まっ日本の情報通であるという事も言えるのかも知れませんが、(続けて、一体どこから情報を仕入れてくるの・・と記事には書いてある)

    005 007一方各自治体の担当者が頭を悩ませるもうひとつの問題が『不正受給』であるという事なんです。これが問題ですよねぇー。

    現在の児童手当法では、子供の出生証明と子供の監護、つまり実際に子供を自らの収入で養っているという証明が必要なんです。

    しかしこの証明方法があまりですね、細やかではないという事なんですねぇ。(実にいい加減と書いてある)海外にお子さんがいるなら、現地の銀行の発行した送金通知書などが証明書代わりとなります。

    しかし、書式が決まっていないのでいくらでも偽造が可能なんだという事なんですねぇー!それに相当するものがあれば良いという事でしょうか。

    手渡しで受給する場合は、もっとザルになっていて、『国に帰る友人に書類を預けた』と言って、友人のパスポートの出入国記録を見せても通ってしまう。そりゃ問題でしょう。我々の税金ですよこれねぇー!

    008 本当に子供の為に使われているのなんて調べようがないんです。と川口市の職員の人がそういっているという事でありますけども、

    これだから、こういったことが心配だからもっと、話し合った方が良いんじゃないかという事が言われてましたけどもねぇーー。大丈夫でしょうか?!

    6月までになんとか改善してくださいよー。さっ、続けて・・」以上

    文中の部分は記事と違う読みをした個所で、私のあげ足取りです。

    ネットではかなり前から、指摘して問題視されていたので、この状態は容易に想像できましたが、

    さすが中国人!! 凄いネットワークですねぇ。この記事で一番興味があるのが一体どこから情報を仕入れてくるのか」という所。

    子供手当の問題点については何度も何度も書いたのでもう書きません^^;

    だいたい、こんな欠陥法案は徹底的に検証して、国民に知らせるのがマスコミのお仕事じゃないのかなぁ・・

    マスコミは、自民党が激しく国会追求してもほとんどスルーだし、尚且つ「自民党は影が薄い」だのって・・おかしいでしょ?!

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく