レアメタル

2012年07月13日08:32小さなニッポン実は資源大国?! お宝はシェールガス・メタンハイドレート・レアアース 【朝ズバッ!】

TBS【朝ズバッ!】(7/9)のミノがしません・ニュース単語、けさ単で、

シェールオイルとは?! 小さなニッポン実は資源大国?! という解説していたので記録しました(ただし、流れはそのまま要約)

お宝シェールオイル    お宝[メタンハイドレート    お宝レアメタル

この採掘技術さえ確立されたら・・日本は資源大国で、革命なんだそうな。

今日は、夢の膨らむ話です  だけど、"お隣さんに注意"っていうオチもちゃんとあるよ・・

bc999c18.jpg
アナ「秋田県由利本荘市にある鮎川油ガス田で、新たな資源と言われるシェールオイルが発見された。

d4c79560.jpg b5042858.jpg

更に、秋田県内には他にも有望な油田があると言われている。その量は最大 1億バレル(日本の年間石油消費量の10%) シェールオイルとは・・今まで採掘が困難だった。

在来型油田・・・穴を掘って地中に溜まっている石油を吸い上げる。隙間があるため吸い上げ易い。

シェールオイル・・・その隙間がほとんどなく硬い岩の層に閉じ込められているので取り出す技術が今までなかった。強い水圧をかけて岩に亀裂を入れ、石油を取り出す方法が確立され、技術の進歩で採掘が可能になった。

6a687628.jpg 75b788c2.jpg

この手法の先進国と言われるのがアメリカ。

ノースダコダ州では5年で石油生産量が3倍以上に跳ね上がり、雇用増・給料増(1日20万円稼ぐ人も)   → シェールオイルバブル

野神氏[秋田だけではない。資源の眠っている可能製の高い場所は日本各地にたくさんある。](石油天然ガス・金属鉱物資源機構上席エコノミスト)

石油や天然ガス、まだまだありそうです。小さなニッポン・・実は資源大国なのか?!今日は夢のある話をしたいです。

小さな島国と言われる日本、宝の山の可能性を秘めています。

5a978fd2.jpg 46775d70.jpg
国土面積は190以上の国の中で61位だが、海の面積・水域は世界6位。なので広い日本近海に宝の山が埋まっている可能性がある。

お宝 金から石油へ

新潟県佐渡沖・・資源エネルギー庁が来年4月から試掘。●石油と天然ガスの埋蔵量を調査を始める。現段階で、山手線の2倍相当の面積という見立てで、面積では海外の大規模油田に匹敵する。」

野神氏[もし石油があれば多くの雇用を生む可能性も]

アナ「石油天然ガスのある可能製の高いエリアは、日本列島を取り巻くように(青い部分)これだけある

b1c57425.jpg 02074f92.jpg

野神氏[掘ってみないと分からないが資源大国になる可能性も]

お宝 次世代資源

●次世代の資源 「燃える氷」メタンハイドレート

・メタンガスと水分の結晶で出来ている。

・永久凍土の地下や深海に埋蔵

都市ガスや火力発電所の燃料に

23cb208d.jpg a427fa0c.jpg

愛知県渥美半島沖で、今年の2月から世界初の海底掘削が始まっている。

埋蔵量は、国内天然ガス使用量の10数年分で、日本近海には国内天然ガスの100年分があると言われている。

野神氏[ガスは97%が輸入、実用化する技術開発が鍵]

4e94ee19.jpg bc13c8c3.jpg
池田氏「埋蔵と、掘って使えるというのはだいぶ違うが、メタンハイドレートについては日本海側には取り出しやすいモノが眠っているという説もあり、今までの色々な経緯はあるがそれに囚われず可能性のある方に政府を中心に積極的に資本投下して取り出す努力をしてもらいたいと思う。」

アナ「国の後ろ盾が今後のポイントにもなると言われています。

お宝 脱中国 

●レアアース

携帯電話や自動車などハイテク製品に欠かせない希少な金属中国は世界の9割以上を生産し、外交カードにも使っている。

a98210d9.jpg 544e62ff.jpg

先月、南鳥島沖約300キロ、推進約5600m地点にレアアース発見日本の排他的経済水域の中でレアアースが見つかったのは埋蔵量は 推定680万トンで、日本の国内消費量の220年分

加藤教授[分布は広く周辺には何千年かかっても使いきれないレアアースが眠っているとみられる](東大大学院)

508a1ae9.jpg
お宝[  "お隣さん"に注意

尖閣諸島近辺は、1968年国連アジア極東経済委員会の調査で、一説には●原油推定埋蔵量が1000億バレル以上とも言われている。原油の推定埋蔵量の表と照らし合わせてみると・・・

09b0cf84.jpg 8f562a36.jpg

日本は世界4位・5位くらいにランクインでき、石油輸出国になる可能性を秘めた地域が尖閣諸島と言える。この調査が発表された3年後、中国・台湾が突如、領有権を主張し始め、現在の問題に至っている。

野神氏[昔の調査なので制度の低い可能性も。資源の有望度としては疑問。油田開発には長い費用がかかる。国の後押しが必要]

本腰を入れるべき時ではないのかという話でした」以上

シェールガスは本土内だから良いとして、尖閣諸島周辺に眠っているの原油チャイナが狙っているのは周知のとおり。

で、「"お隣さん"に注意」と言えば・・・メタンハイドレートの分布図も気になりません??

丁度、島根県の竹島周辺に分布してるんですよね・・↓

6c54d4b5.jpg

(翻訳機なので、アバウトに読んで下さい)

・・一方、韓国のメタン水和探査開発事業を、2004年から本格化した。
・正山開発院によると、2004年にメタンの水力発電開発の10年間の基本計画を策定した後、2007年11月には、世界で5番目に東海鬱陵枝(鬱陵島と島の南側にある海底の枝) のメタン水和部ジョンを確認した。
専門家は、この場所に6トンほどが埋葬されていると推定している。これは、私たち国民が30年間使用可能な量であり、お金に換える場合252条院の輸入代替効果があると認められる。
しかし、韓国海正山開発院によると、火が続く氷と呼ばれるそれらの特別な名前のようにメタン水和の商業的開発のためには、経済的、環境的に克服しなければならない課題がまだたくさん残っているようだ。
特にメタン水和が埋葬されていることがわかっている鬱陵分近隣は韓国と日本の排他的経済水域の一部重複区間で、将来のエネルギー源を占有するには、竹島の領有権を主張する日本との外交上の問題を扱う必要があるようだ。
目先のメタン水和の所有権を排除している場合は、将来の ' 資源戦争 ' で不利な立場に置かれる。
最近のハイテク産業の主要な原料である希土類の最大보유국の中国輸出量を制限しながら、日本の外交摩擦を負債はリソースの戦争 ' は良いトレーニングの効果である。
最近、ある放送局のドラマの中で仮想的に備えられたメタン水和の開発基盤材料として登場するなど、将来のエネルギー源として注目されるメタンガスハイドは、天然ガスの主要成分であるメタン、水が凍結した氷の形の固体海底や氷河の下に埋葬されており、火をつけると乗る。
メタン水和1㎥を分解すると、200㎥のメタンガスを得るのに十分なエネルギー効率が高くなりますが、まだ実行が困難で実用化されていない。

http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fwww.mt.co.kr%2Fview%2Fmtview.php%3Ftype%3D1%26no%3D2012021420058263077

領土問題は、資源問題と直結しています。絶対に守る!という気概のある人だけ、国会議員の無資格があると思う

野田内閣迷走?! 大増税の陰でバラマキ外交?! (片山さつき生ゲスト)スタジオ激論 【たかじんNOマネー】より抜粋

c1e4aa92.jpg
片山氏「そうです。あのね、中国との間で一番、経済スパイとかで怖いのは資源で、日本は海にいっぱい資源があって、青山さんとも一緒に、海底にある天然ガスになるメタンハイドレートを、

韓国との間の竹島も、中国との間の尖閣もギリギリのとこなんで、今度、資源確保戦略法というのを作る。これは一日も早く成立させたい。これは今国会で出します!

青山氏「メタンハイドレートを研究してきた立場で言うと、あくまで是々非々で接するが、日本の自前の資源を創って世界に貢献しましょう!

速やかにこの法案を可決してほしい。で、政府も戦略・覚悟を持って事に当たってほしいですよね。

国民の領土・資源への関心をもっともっと上げる事が出来れば、親中韓・民主党政権&小沢新党なんて選ばなくなります。それが当面、一番の国益かも

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく