モリソン首相

2020年12月01日15:58【捏造画像】モリソン首相の「中国政府は恥を知れ」謝罪要求!に対し華春瑩報道官の反論とは【シンガポールCNA】
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】シンガポールCNAで、
オーストラリア・モリソン首相が「画像は偽造」と中国に謝罪要求し、中国の
華春瑩報道官が反論と報じていたので記録しました(青字はナレーション)
※オーストラリア軍兵士が、アフガンで民間人などの殺害に関わった問題に関し、中国・趙立堅報道官がツイッターに投稿したフェイク画像が発端で、オーストラリアと中国の関係が一段と悪化。
写真の切り貼り捏造はChinaのお家芸という事で、「南京大虐殺」の捏造写真検証も紹介します。
ちなみに、華春瑩報道官は、この直前に放送された上海・東方衛視によるとこんな事も
IMG_0504「オーストラリア軍の兵士がアフガニスタンで深刻な罪を犯した事を報道したのはオーストラリアのメディアです。オーストラリアの国防省もその事実を調査し確認しましたが、オーストラリア政府が、私の同僚の個人のツイートにこんなに激しい反応を示したのは、アフガニスタンの人々を殺害したのが理に適っているもので、その冷酷な行為を非難した人の方がかえって理不尽だとでも言いたいのでしょうか。アフガニスタン人民の命も命です。
オーストラリア政府は深く反省し、犯行に及んだ者を裁き、アフガニスタン人民に正式に謝罪すると共に、国際社会にこのような恐ろしい罪を永遠に起こさない事を約束すべきです。」
お仲間の報道官の「捏造画像」ツイートに関して、反省するどころか居直ってここまで擁護するとは・・
正義の味方ぶってるけど、「チベット・ウイグル・モンゴル」問題を棚上げにしてどの口で(呆)
で、オーストラリア軍がアフガンで虐殺したのは本当だけど、オーストラリア政府としては対処している最中
オーストラリア精鋭部隊員、アフガンで民間人39人殺害=軍報告書2020年11月19日(BBC)
オーストラリア国防軍(ADF)は19日、特殊部隊の一部がアフガニスタンで39人を不法に殺したことを示す「信用できる証拠」があるとする報告書を発表した。
オーストラリア軍この報告書は、ADFの不法行為に関する4年がかりの調査の結果をまとめたもの。
調査では57件の事象を対象とし、300人以上に話を聞いた。
ADFのアンガス・キャンベル司令官は、「戦士文化」の「恥ずべき過去」が明らかになったと述べた。
報告書は、2009~2013年に起きた「囚人、農業従事者、民間人」の殺害について、現役と退役した軍人計19人が警察の調べを受けるべきだとしている。
アフガニスタン政府は、オーストラリア政府から「法の裁きが確実になされる」よう取り組んでいるとの通知があったと述べた。
報告書の内容 (中略)
戦闘に見せかけ(中略)
報告書への反応(中略)
オーストラリアのスコット・モリソン首相は先週、報告書について、「オーストラリア人にとって困難でつらい新事実」を含んでいると警告。
「(ADFの)環境であり、背景であり、規則であり、文化であり、それらを放置してきた司令部だ」と述べた。
アフガニスタン大統領府によると、モリソン氏はアシュラフ・ガニ大統領に電話をし、「心からの悲しみ」を表明したという。
アフガニスタンは報告書が公表されて以降、コメントを出していない。
今後の動き
モリソン首相は先週、報告書の情報をもとに訴追を検討する、特別調査官を指名すると述べた。
政府は独立調査委員会を発足させ、ADFの指揮系統の及ばない組織によって、説明責任と透明性を示していくとしている。
オーストラリアは、アフガニスタンに約400人の軍兵士を駐留させ、アメリカなどの同盟国と平和維持活動を続けている。
他の国は?
国際刑事裁判所(ICC)は今年、アフガニスタンの紛争におけるアメリカなどによる戦争犯罪の疑いについて、調査を始めた。
2003年5月以降の武装勢力タリバン、アフガニスタン政府、米軍の行動を調べるとみられている。
ICCの2016年の報告書は、米中央情報局(CIA)が管理する秘密の拘束施設で、米軍が拷問をしていたと信じるだけの十分な根拠がるとした。
同報告書はまた、アフガニスタン政府による捕虜の拷問や、タリバンによる民間人の集団殺害などの戦争犯罪があったと思われるとした。
イギリスも、同国の特殊部隊による不法な殺害行為があったとする疑いについて適切な調査がなされたかどうか、調査を進めている。
アフガンで各国の軍隊がやった戦争犯罪はしっかり調査の上、裁かれるべきだけど・・
今回の騒動は、「捏造画像」を一国の政府の人間がやるのかっていう別の話!
NZ首相、中国に懸念伝達 豪兵の偽画像投稿 2020年12月01日
オーストラリア軍 NL首相【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)からの報道によると、アーダーン首相は1日、オーストラリアの兵士が子供の喉元に刃物を突き付けた偽物の画像を中国外務省の報道官が投稿したことについて、中国に懸念を直接伝えたと明らかにした。中国は出所不明の画像を利用したと認めている国際的批判が高まる可能性が出てきた。
 アーダーン氏は議会で記者団に対し「事実として正しくない画像が使われた」と指摘。モリソン豪首相と協議する前に、国益に基づき独自の判断で懸念を伝えたという。
 偽画像は、中国外務省の趙立堅副報道局長が、アフガニスタンで豪兵が起こした事件を受け、兵士の画像と共に「こうした行為を強く批判し、責任を取らせるよう求める」と投稿した。モリソン首相は画像が偽物だとして謝罪と削除を求め、豪中関係の緊張につながっている。
今回の事で「Chinaはこういう捏造を平気でやる国」だというのが、国際的なコンセンサスになればいいなと思います
で、趙立堅報道官は謝罪するかな?! どっちにしても面白いけど。
日本もChinaの「フェイク画像宣伝」には痛い目に遭ったので、日本政府も声明出してほしい
Chinaにとって、合成写真なんかお手のもん。フェイク写真で「南京大虐殺」もデッチ上げたけど、
東中野修道氏の丁寧な検証により、全て合成などによるフェイク、又は全く関係ない写真だと判明。「南京大虐殺」を信じ込んでいたあのデーブ・スペクターも、「南京大虐殺はフェイク」と認めた番組の書き起こし、「南京大虐殺は事実」と思い込んでる人にこそ是非読んでほしい
«「南京大虐殺と反日プロパガンダ」写真検証、デーブ・スペクターはリトマス試験紙(前半) 【たかじんのそこまで言って 委員会】»2012年02月29日

(VTR)
67611b72.png 12de1f6f.png

・・1937年12月、中国の南京を占領した旧日本軍が、多くの捕虜や民間人を殺害し、暴行・強姦・略奪・放火を繰り返したとされる南京大虐殺

この事件に関しては、犠牲者の数やその存在そのものを巡って以前から様々な論争が繰り広げられてきました。

118067f2.png 3eb1eb03.png

そんな中、1冊の本が出版され話題を呼んでいます。『南京事件"証拠写真"を検証する』」と題されたこの本の結論は、南京大虐殺が実際にあったことを裏付けるとされる写真のうち、「証拠として通用するものは1枚もなかった」

この本の著者である亜細亜大学教授の東中野修道氏は、アメリカでベストセラーになった「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」をはじめ、大虐殺に触れた著作物を可能な限り収集し、そこに掲載されていた証拠写真とされるものを検証。・・

日本政府もモリソン首相に便乗してガツンと言ってほしいんだけどな。。。
話を「趙立堅のツイート」にもどして・・
ファイブアイズにも「目を突かれて失明しないよう気をつけよ!」と言う趙立堅はいつもケンカ腰

«アメリカの「広東省在住アフリカ人差別措置・虐待」非難に、中国・趙報道官「デタラメだ!非道徳で無責任だ!」【東方衛視】»2020年04月14日13:36
IMG_2556 IMG_2558
趙立堅報道官「目下、国際社会には団結してコロナウイルスと戦う必要がある状況の中で、アメリカが、デタラメな事を言って、関係を悪い方に唆そうという事は非道徳であり無責任なものです。アメリカよ、力を自国の感染拡大の抑制に置いて下さい。」
ツイッターってChinaで使えないから、外国向けプロパガンダなのは明白。
Chinaの報道官たちにとって、真実はどーでも良くて、「捏造画像」も敵対する相手を貶める為のただの手段。
中国マーケティング最新動向
1.中国で有名SNSが使えない理由
中国では、日本で当たり前に使えるFacebookやTwitter、LINEなどのSNSが使えません。その理由は、中国政府がインターネット規制をしているためです。
中国政府によるインターネット規制のことを、グレートファイヤーウォール(金盾)と呼びます。
これは、中国政府にとって有害となる情報へ国民がアクセスできないよう制限をしたり、個人情報の監視をしたりする規制です。
具体的には、海外のwebサイトやアプリ、SNS、VPN、電子メール、インスタントメッセージなどをブロックすることも含まれているため、海外の主要なSNSであるFacebookやTwitter、Instagramなどは使用できないのです。・・
それにしてもこんな投稿が何故削除されない ツイッター社もいい加減なもんだねぇ(;一一)
にほんブログ村 テレビブログへ

にほんブログ村 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2020年11月19日12:38【#日豪円滑協定】日本重視の #モリソン首相『これは画期的な協定になる』【オーストラリアABC】
NHK-
BS 【キャッチ!世界のトップニュース】
オーストラリアABC(11/18)で
日豪首脳会談・共同訓練など大枠合意と報じていたので記録しました(青字はナレーション)
モリソン首相がコロナ禍の中、わざわざ弾丸訪日し、豪州側が「歴史的・・」と報じている事は、「準同盟国」になるという意味合いが。
あと、日本の報道との温度差にも注目。
オーストラリアが、日本との連携を大変重要視しているのが凄く伝わってきました。
それに比べて、この件に関する日本の報道は淡々としたもの
日豪2
尖閣諸島に侵入している中国船の事も、ほぼ報じないのが日本の既存メディアですからね(呆)
その中で、時事通信の記事は分かりやすかった
日豪関係深化 対中で危機感 2020年11月17日
日豪4日豪両首脳が大枠で合意した「円滑化協定」は、両部隊の共同訓練や災害協力を容易にするもので、両国の「準同盟国」関係を深化させた形だ。交渉は長く停滞していたが、覇権主義的な行動を強める中国への危機感が交渉進展を促した。
 円滑化協定は、自衛隊と豪軍が互いの国に滞在している間の法的地位などを規定する。2014年に交渉入りしたが、死刑制度を廃止した豪州が日本の刑事司法手続きに懸念を示し、難航していた。自国軍の兵士が日本で殺人などの罪を犯した場合、死刑となる可能性があるためだ。
 合意へ背中を押したのは、「力による現状変更の試み」をやめない中国の存在が大きい。中国は南シナ海で軍事拠点化を進め、東シナ海でも沖縄県・尖閣諸島周辺での領海侵入を繰り返している
 こうした動きを警戒する日本は今年に入り、海上自衛隊や航空自衛隊が、米豪の海空軍との合同演習をたびたび実施。「自由で開かれたインド太平洋」を旗印とした日米豪印の海上合同演習「マラバール」も11月に行った。
 日豪間では防衛協力の複雑・高度化も進む。両国の防衛相は10月、高い技術が求められる空中給油訓練のほか、自衛隊が豪軍の艦艇や航空機を警護する「武器等防護」に向けた調整開始でも合意。円滑化協定で相手国に入国する際の手続きが簡素化されるなど、共同訓練がしやすくなる
 ただ、両国は今回、司法制度などの詳細部分で折り合わず、署名には至らなかった。首脳合意をてこに今後、外務、法務当局が細部を詰める方針だ。
円滑化協定には英国も関心を示しており、日豪の合意が日英協議の弾みとなる可能性がある。 【時事通信社】
モリソン首相が訪日中に、「マラバール」やっていたのも、Chinaへの牽制
日米豪印、アラビア海で共同訓練 中国に警戒 2020年11月17日 
日米豪印【11月17日 AFP】日本の海上自衛隊と米国、インド、オーストラリアの海軍は17日、アラビア海(Arabian Sea)北部で、共同訓練「マラバール(Malabar)」の第2弾を開始した。4か国はいずれも、中国が増強させる軍事力に警戒の目を向けている。
 4か国は2007年、中国の影響力に対抗するため、「日米豪印戦略対話(Quadrilateral Security Dialogue)」と呼ばれる協力体制を構築している。
マラバールの第1弾は、今月初めにベンガル湾(Bay of Bengal)で実施され、17日からの演習が第2段階となった。(c)AFP
あと、ASEANが提唱したRCEP、「日・豪がお目付け役」である事が重要
QUAD(元々は安倍前総理提唱の日米豪印4カ国の「安全保障ダイヤモンド」)には、イギリスも加入する可能性もあるし、どんどん進めてほしいです
〔政治スポットライト〕日豪関係、安倍氏以上の緊密化は困難?2020/08/31(アジア経済ニュース)
健康上の問題で辞任を表明した安倍晋三首相の後継者は、安倍氏と同じレベルでオーストラリアと政治的な緊密さを持つことは難しいかもしれない――シンクタンクのローウィー研究所で上級フェローを務めるリチャード・マクレガー氏が指摘している。ただ、日本の次期首相とオーストラリアの関係が悪くなる心配はないと強調している。シドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えた。
マクレガー氏は、近年日豪関係の緊密さが増しているとし、安倍氏の功績が大きいと述べた。

また、安倍氏が在任中にかかわった、アボット元首相やターンブル前首相、モリソン首相の3人が、会員制交流サイト(SNS)で気持ちのこもった賛辞を述べていると指摘。伝統的・保守的な指導者だった安倍氏だからこそ、オーストラリアの3人の首相としっくりきたと分析した。
モリソン政権の関係者は、安倍氏の後継首相が日本の外交政策をすぐに変えることはないと考えているという。
日本とオーストラリア、インドは、安倍政権の主導により、独自のサプライチェーン(調達・供給網)の枠組み「サプライチェーン・レジリエンス・イニシアチブ(SCRI)」の構築を検討しているとみられる。安倍政権はまた、一時中止していたインド太平洋地域の民主主義国・日米豪印4カ国による安全保障の枠組み「クワッド協力」を再開させている。
モリソン政権はこれまでのところ、年内の実現に向けて調整中とされる訪日と首脳会談について、特に声明を出していない
いやいや「スコーモ」は、ちゃんと時期を見計らって、「ヨシ」に会いに弾丸訪日したよ☆
安倍前総理とも都内のホテルで1時間会食したし
日豪3 日豪5
出来れば、安倍前総理を外務大臣にしてほしいわ♪
で、モリソン首相は、Chinaにサイレントインベージョンされていたオーストラリアを、よくぞ立て直してきたと感心します。
モリソン首相は、スパイ活動など外国による内政干渉を防ぐ為の「特別対策班」を立ち上げいち早く探知・阻止し、関わった人物の追訴を目指すと発表しました。
で、中国で拘束されているが20人以上もいるオーストラリアは、他国の政府と共に中国に対し最大限の外交的圧力をかけるように求めていると。どうする 日本政府
«豪州政府、外国の内政干渉・スパイ活動懸念で「特別対策班」創設&自国民拘束で中国非難 【オーストラリアABC】»2019年12月03日12:29
IMG_1665 IMG_1667
モリソン首相のように、日本も「Chinaによる見えない侵略」への対応策として、
スパイ活動への対策をしてほしいし、何よりChinaに対して言うべき事をハッキリ言ってほしい。
その為には、イギリスも入れて「自由と繁栄の」グループの構築が急務かと。
Chinaを封じ込めるには「クアッド」の仲間を増やす他ありません。
もしもそれを阻止する勢力(野党・既存マスコミ)があるなら、それは「敵」です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2019年12月03日12:29豪州政府、外国の内政干渉・スパイ活動懸念で「特別対策班」創設&自国民拘束で中国非難 【オーストラリアABC】
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】オーストラリアABCで、
モリソン首相が、スパイ活動など外国による内政干渉を防ぐ為の「特別対策班」を立ち上げいち早く探知・阻止し、関わった人物の追訴を目指すと発表と報じていたので記録しました(青字はナレーション)
で、中国で拘束されているが20人以上もいるオーストラリアは、他国の政府と共に中国に対し最大限の外交的圧力をかけるように求めているとも。どうする 日本政府
IMG_1665 IMG_1667
NHKアナオーストラリアで中国によるスパイ活動に関する疑惑が相次いで報じられる中モリソン首相は昨日、スパイ活動など外国による内政干渉を防ぐ為の特別対策班を立ち上げる事を発表しました。
モリソン首相はまた、中国でスパイ容疑で逮捕され拘束が続いている中国系オーストラリア人の作家の処遇について中国の対応を非難しました。オーストラリアABCです。」
IMG_1668 IMG_1669
楊恒均(ヤン・ヘンジュンさんは、1年近く前に、中国の広州の空港の到着ロビーで拘束されました。それ以来、家族も弁護士も面会が出来ていません。
IMG_1670 IMG_1672
ヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国では刑事事件の被疑者に対する警察の虐待や拷問が日常的行われています」と話しています。
ヤンさんは中国系オーストラリア人のライターで、スパイ活動の罪で起訴され、北京の拘禁施設に収容されています。当局は自白を引き出す為に連日長時間の尋問を続けています。
ヒューマン・ライツ・ウォッチ「ヤンさんの意志をくじく為に過酷な状況に置いています。」
先週、北京のオーストラリア大使館の職員がようやく面会できました。その時の報告は衝撃的な内容でした。
IMG_1674
モリソン首相面会の時の様子は私も外相も大変懸念しています。オーストラリア市民の保護の為に面会をこれからも続けます。」
ヤンさんの妻と娘も中国当局によってオーストラリアに帰国できない状況になっています。
IMG_1676 IMG_1675
彼に無事に帰って来てほしいだけなんです」
ヤンさんを支援する人達はヤンさんの健康状態を心配しています。中国で拘束されている国民がいる他の国の政府と共にオーストラリアが、中国に対して最大限の外交的圧力をかけるように求めています。
IMG_1678
またモリソン首相は、オーストラリア国内でスパイ活動をする者は特定し、阻止し起訴する為におよそ9000万オーストラリアドル(※≒67億円)をかけて新たな対策チームを創設すると発表しました。
IMG_1677
念頭にあるのは中国です。
(スタジオ解説はやや要約)
IMG_1682IMG_1683IMG_1684
●オーストラリアでは、先月中国のスパイ集団が政治に干渉しようと連邦議会の選挙に中国系の男性を立候補させようとしたと報じられ、外国による内政干渉やスパイ活動への懸念が高まっている
●そこで連邦政府は、警察の捜査員や金融情報を分析する機関の関係者による「特別対策班」を創設しようとしている。
●これにより内政干渉に関する動きをいち早く探知し阻止し、関わった人物の追訴も目指すとしている。
●オーストラリアは、外国人からの政治献金を禁止するなど外国による不当な活動を阻止する構えを強めている

中国のサイレントインベージョンが、最近かなり顕在化されてきていて、中国人スパイの亡命要請の件も含めてオーストラリアの危機感が伝わってきます。
そのスパイ・王立強氏のオーストラリアへの亡命を認め、一日も早く「中国が世界でやってるスパイ活動・政治工作の全容」を明らかにするよう切に願います  
«オーストラリアに亡命要請中の中国人スパイ・王立強氏に対し、中国「彼は犯罪者で逃亡犯!」【オーストラリアABC】»2019年11月25日
IMG_1616IMG_1617IMG_1618
アナ亡命を求めている中国人の王力強氏は香港で抗議活動が続く中、中国軍部からの指示で民主派の情報を収集したと主張している。更に韓国人になりすまして台湾に入って、来年1月の総統選挙に向けた工作を行ったとも主張している。」
女性アナ「もし亡命が認められれば、中国によるスパイ活動の一端が明らかになるという事でしょうか」
アナ「その可能性がある。王氏は工作活動の内容や資金源の情報。香港で活動する中国軍幹部の情報をオーストラリアの情報機関に持ち込んでいると伝えられている。今後亡命が認められた場合、両国関係の更なる悪化が予想される。」
日本での報道は少ないけど、先日、世界各国の記者でつくる団体が中国政府の内部文書を公開しました。
「テロ関与の疑いのある人物が中国に入国した際には、すぐに拘束するよう」と書いてあり、世界各国の人も多く拘束中と・・
«#ICIJ がウイグル人の人権侵害裏付ける中国政府機密文書公開、世界で波紋【キャッチ!世界のトップニュース】»2019年11月26日
IMG_1627 IMG_1628
オーストラリア(23人)、アメリカ(3人)、スウェーデン(5人)、ニュージーランド(2人)、オランダ(1人)、ウズベキスタン(3人)、イギリス(2人)、カナダ(5人)、フィンランド(3人)とたくさんの国名が書かれ、テロ関与の疑いのある人物が中国に入国した際、すぐに拘束するよう定められている
日本人10人ほど?がまだChinaに拘束されていると報じられています。
各国の拘束された人達を解放させる為に、オーストラリア政府はじめ国際社会と協力しChinaに圧力かけるべき。
繰り返しますが・・逆に、このように重大な人権侵害している国のトップ・習近平を国賓で招待したら、国際社会で非難されます。アホな国だと後ろ指さされるのを阻止しないと!
日本の国会議員は何やってるんですか
豪州のように「外国による不当な活動を阻止する構え」をここで見せないと!
頼むから「習近平を国賓で招くべきか」「日本も特別対策班作るべき」くらいの議論して!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく