ベラルーシ

2019年10月31日16:14【国連・ウイグル人権問題】アナ「中国への内政干渉に多数の国(54ヶ国)が強く反対し、中国の反テロ措置を支持しました」【中国CCTV】
NHK-BS【ワールドニュース】中国CCTVで、
国連でのウイグル問題の攻防で、「中国支持派が大勢だった」と報じていたので記録しました(青字はナレーション)
実際、欧米・日本など23カ国がウイグル人の「拘束停止を」と提起したのに対し、54カ国が中国を支持したとの事。で、中国はウイグル問題に対し「根拠なき話」だと(呆)
国連の勢力図、限界が可視化したんだと思います。中国の国連ロビーが実にえげつない。
IMG_1465 IMG_1466
女性アナ
「29日国連総会第3委員会で、人権問題について討議した際、アメリカ等が新疆ウイグル自治区の問題を口実に中国の内政に干渉する事に、多数の国が強く反対し、中国の反テロ措置を支持しました。」
IMG_1467 IMG_1468
ベラルーシのウイバコフ国連大使は54か国を代表して発言し、中国は人民本位の発展を堅持し大きな成果を上げたと称賛しました。また中国への謂れのない批判を止めるよう呼びかけました。
ウイバコフ氏人権問題を政治化し、他国を名指しで批判したり、公然と圧力をかけることに反対します。中国への謂れのない批判を止めるよう呼びかけます中国は国際人権事業に貢献しています。新疆での反テロ・脱過激派の措置は効果を上げ新疆の各民族の抜本的人権を保障しています。
IMG_1469
ロシアなど30か国以上からも「人権を口実に対立を引き起こし内政に干渉する事に反対する」との発言がありました。アメリカやイギリスなどの『新疆についての根拠なき話』を中国の張軍国連大使は批判しました。
「日本」の名指しがなかったのは日中関係を悪化させたくないからでしょうね。以前は「中国の残飯をあさる安倍総理」とか酷い報道だったのに(苦笑)  一応言っとくけど、日本は味方じゃないから!
国連、ウイグル問題で攻防 欧米日本など23カ国「拘束停止を」 中国支持派は54カ国 2019.10.30 14:27|  
 【ニューヨーク=上塚真由】中国が新疆ウイグル自治区で少数民族ウイグル族を大規模拘束している問題について、日本や米英など23カ国が29日、国連総会第3委員会で、中国に対して懸念を示し、恣意的な拘束をやめるよう求める共同声明を出した。これに対抗してロシアやパキスタンなど54カ国は中国を支持する声明を発表。ウイグル問題で加盟国が賛否の立場に分かれ、応酬を繰り広げた。
第3委は人権問題を扱う。ウイグル族の拘束に懸念を示したのは他に欧州各国やカナダ、オーストラリアなど。英国のピアス国連大使が代表で共同声明を読み上げ、「信教の自由を含む人権を尊重するため、国内法や国際義務を守るよう中国政府に求める」と強調。また、国連関係機関の現地調査を認めるよう呼びかけた。米国のクラフト国連大使は演説で100万人以上が収容施設に拘束されているとし、「非難する」と述べた。
 中国を支持する共同声明にはエジプト、ボリビア、コンゴ民主共和国などが名を連ねた。ベラルーシの代表が声明で「(施設では)すべての民族グループに対する基本的人権が守られている」と強調。中国の張軍国連大使は演説で、中国を支持する国が上回ったことを念頭に「米国の主張は不人気だ。米国やその他の数カ国は国際社会に対抗し、これ以上間違った道を進むべきではない」と自らの政策の正当性を主張した。
また中国と同調する約20カ国が演説に臨み、「内政干渉する口実に人権問題を利用してはならない」(ミャンマー)といった指摘が目立った。
 今年7月にジュネーブで開かれた国連人権理事会でも賛否に分かれた加盟国グループがそれぞれ書簡を提出するなど、国連の舞台でウイグル問題をめぐる攻防が続いている。
その今年7月の書簡の赤組メンバーはこんなカンジ
 新疆ウイグル自治区に対して中国政府が進めている人権事業の成果や、テロ対策、過激化対策について、スイス・ジュネーブに駐在しているロシア、パキスタン、サウジアラビア、エジプト、キューバ、アルジェリア、アラブ首長国連邦、カタール、ナイジェリア、アンゴラ、トーゴ、タジキスタン、フィリピン、ベラルーシなど37カ国の大使が連名で国連人権理事会と人権高等弁務官事務所に書簡を送りました。中国の積極的な政策を評価し、新疆にかかわる問題で中国の立場を支持する意見を表明しています。
世界中の「ウイグル人」が声を上げ、イギリスなどが去年から「ウイグル問題」を報道し始めたので、Chinaは手下を使って書簡とか工作したのは明らか。
では『新疆ウイグル自治区』の話は本当に「根拠がない」のか見てみましょう。
中国がやっているジェノサイトの証言
«恐るべき中国のジェノサイド 『現代のホロコーストか ウイグル人弾圧!本当の話』【#虎8】»2018年09月19日

『現代のホロコーストか ウイグル人弾圧!本当の話』と題し、数百万人とも言われるウイグル人が、強制収容所で拷問・惨殺されていると報道されている。東トルキスタンでいま何が起きているのかを

Photo 2
日本ウイグル連盟会長 トゥール・ムハメット氏が詳細に解説していたので、文字起こしして記録しました(やや要約です)トュールさん曰く、「安倍先生はウイグル人の恩人」だそうです。

ウイグルへの空爆。言葉・宗教の禁止。強制収容所で虐待・拷問。殺害・臓器売買・・

アメリカも遂にウイグル人弾圧を理由にして、対China制裁!

日本の政治家はすぐに行動を起こせ!メディアは早く大キャンペーンを!・・
«BBCが「ウイグル強制収容所」新証拠入手。世界最大の収容施設、2年で2倍以上に拡大!【イギリスBBC】»2018年10月24日

P1350266

女性アナ「BBCが入手した新たな証拠から、中国が広大な収容所のネットワークを作り新疆ウイグル自治区のイスラム教徒を拘束している事が明らかになりました。

専門家の話では、世界最大の収容施設が含まれている可能性もあります。ウイグル族のイスラム教徒およそ100万人が裁判を受けることなく拘束されているとみられますが、中国は、この見方を否定しテロの脅威に立ち向かう為の職業訓練センターだと主張しています。

新疆ウイグル自治区にある閉鎖された刑務所のような施設の規模は、この2年で2倍以上に拡大したとする分析もあります。施設で暮らす人は虐待や屈辱的な辱めを受けていると言います。

しばしば取材班が撮影を止められることもある地域でサドワース特派員が取材を行いました。」・・
«BBCがウイグルを脱出した人々にインタビュー。中国の警察の捜査は海外にも及ぶ。イギリス政府は強い懸念。【イギリスBBC】»2018年10月25日
NHK-BS【ワールドニュース】イギリスBBCで、

記者が新疆ウイグル自治区から逃げ出せた人々に話を聞き、 

イギリス系のウイグル族の女性が、イギリス政府に力を貸してほしいと要請したと報じていたので記録しました(青字はナレーション)

このBBC取材班は、新疆ウイグル自治区で執拗に中国側の監視・追跡・妨害を受け、現地取材を断念せざるを得なかったそうです。

ウイグル問題に関しては、2012年に在日中国大使・程永華が日本の与野党の国会議員100名以上に脅迫の手紙を送り、自民党議員が抗議したニュースもあったけど、

中国政府の圧力に屈せず国際社会は連携して、早くチベット・ウイグルを解放すべき!

P1350304
中国が「国際人権事業に貢献」なんて・・ブラックジョーク。例えばチベット人、人権活動家の証言
«盲目の人権活動家・陳光誠氏初来日。1人っ子政策下での強制的な妊娠中絶の壮絶実態 【キャッチ!世界のトップニュース】»2017年10月30日

・・そこで取材した女性は、当局が隠ぺいしている事について話してくれました。

チベット人女性「焼身自殺した人は、言わば死を強制させられたのです。悪いのは共産党です。(すみません、今誰のせいと言いましたか?)  この国の寺院が抱える多くの困難が彼らを自殺に追い込むのです。

私達には何の権利も与えられていません。発言する事すら叶いません。当局の言われた通りの事を言わなければならないのです。もし本当のことを話そうものなら当局に逮捕され殺されてしまいます。」
b5daac51.jpg a20f4d46.jpg

ほとんどのチベット人は貧しく、将来への希望も持てないと言います。若い僧侶達の自殺を止める方法を聞くと・・

チベット人女性世界中のすべての国が中国共産党が崩壊するよう一緒になってお祈りすべきなのです。これ以上、中国共産党を存続させるべきではありません。共産党はとても悪い存在なのです。」・・7

「胎児の頭に毒薬を注射し死なせ、陣痛促進剤で堕胎させ、赤ちゃんの息がまだあったら医者が首を絞めたり、ビニール袋に入れて窒息死させる」って・・衝撃ふらふら

001
中国・人権活動家 陳光誠氏インタビュー

(中略)

・・陳光誠氏の獄中・自宅軟禁の様子も悲惨な話でしたが、

同じくアメリカに逃げた中国人の方政氏も「中国では本当の事は話せない。話せば「死か、亡命か、監獄」と右

《「6.4天安門事件」を絶対に隠したい中国と、天安門事件の被害者「世界記憶遺産」申請の動き》 2017年6月 3日

・・Chinaの体制にに風穴をあける為にも、この「天安門事件を記憶遺産」にする運動、推し進めるべき。

Photo_2

方政氏曰く、「中国では本当の事は話せない。話せば、死か、亡命か、監獄」だそうですから右 ・・・

国連でのChinaの札びら工作
«櫻井よしこ氏・秦郁彦氏の戦略提言「日本は情報敗戦を超えよ」 【プライムニュース】»2015年01月08日
・・秋元アナ 「今年は戦後70年で、中国・韓国が歴史問題で大きく攻勢をかけてくるのが予想される。日本は国際世論を味方につけなければならないと思うが、その舞台の1つは国連
小泉政権の時、国連の常任理事国になり、安全保障理事会の改革を目指し世界各国に呼びかけたが、結局、中国などの反対工作で失敗した。

その時の事を、当時の外務大臣政務官で、元防衛相の小野寺五典氏の発言(国家基本問題研究所シンポジウム、2014年10月19日)

002
"国連本部に国連総会の大きなロビーがあります。
私はロビーの片方に、各国の代表を呼んで「ぜひ日本を支持してくれ」とドイツ、インド、ブラジルと手分けしてやりました。
その真向かいのところには中国の代表が別な国の代表を呼んで、反対工作です。
日本は「今までも応援してきたし、これから経済支援するから」という形でお願いをします。
ところが、中国の代表は小切手を出して、「いくら欲しいですか」。本当の話です。"
で、本当に問題なのは、(中国に都合の悪い)チベット・ウイグル問題を「考査」という検閲で封じ込める日本のテレビメディア
«【中国共産党】 恐怖の情報統制・監視社会 (金盾工程・天網工程・雪亮工程) の実態 【正義のミカタ】» 2018年6月10日
Photo

«『ニュース女子』への『考査』の実態、カットされた5つの発言徹底検証。民放連放送基準とは(後半) 【虎ノ門ニュース】»2018年5月24日

Photo
居島氏「藤井厳喜さんの『両方も民族を絶滅させるが今の中国』

チベットとウイグルで中国の民族浄化が行われているという解説の中での発言。

考査『民放連、放送基準2章7項の、国及び国の機関を傷つける扱いはしない』 というのにひっかかると。

ギルバート氏「一切合切批判するな!という話でしょ」

5

上念氏これは日本国憲法が一番大事にしている人権の話。ウイグル・チベットの方々の人権が今どういう状態なのか。テレビ局が人権を擁護しないのであればとんでもない犯罪。・・

・・というわけでチベット・ウイグル問題の本質は地上波テレビではほぼ報じられない仕組み
日本も国連から「人権問題」でいろいろ勧告されて、そして日本メディアが喜々としてそれを報じているけど・・
まっ、国連で「人権問題」を扱っても、実態はこんなもん。
つまり、特定国の政治的目論見からの圧力 早い話、ロビーの結果というだけ。
図らずも、「54対23という数字」がそれを如実に表したと思います。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく