ピーター・ハンフリー

2019年12月23日14:55英・テスコで購入のXマスカードに(中国刑務所の外国人受刑者から)「助けて!」メッセージ【イギリスBBC】&香港デモ、ウイグルと連帯へ【香港TVB】
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】イギリスBBCで、
イギリスの少女が購入したXマスカードに、「助けて!」という、中国刑務所の収容者からのメッセージが入っていたニュースをやっていたので記録しました(青字はナレーション)
中国の人権侵害の証拠がまた!
(このメッセージ差出先の)上海・青浦刑務所での拷問は、「強制投薬、殴打、やけどや電気ショック、性的虐待、数日間から1週間以上にわたる食事や睡眠の剥奪など」
人権侵害といえば、香港の「ウイグルとの連携を訴える集会」も報じていたので併せて紹介します。
IMG_1793
アナ
「イギリスで6歳の女の子が、大手スーパー・テスコで買ったXマスカード。パッケージを開けたところ、中の1枚に、中国の刑務所での強制労働でこれを作らされているという外国人受刑者からの助けを求めるメッセージが書き込まれていました。」
6歳のフローレンス・ウイリカムちゃん、友達や家族に宛てたクリスマスカードを書いていたところ、パックで買ったカードの中の1枚に既にメッセージが書き込まれているのを見つけました
IMG_1794 IMG_1795
「6,7枚書いた後で次の1枚を開いたら、もう誰かの書き込みがしてあったの
そこに書かれていたのは、『私達は中国の上海・青浦刑務所に収容されている外国人受刑者で強制労働させられています。助けて下さい。人権団体にこの事を知らせて下さい』
IMG_1796
父親のベンさん「最初は悪い冗談かと思いました。でも、もしかすると本当に必死でこれを伝えようとしたのかもしれないと思い伝えてほしいと書かれていたピーター・ハンフリー氏に連絡を取るべきだと考えたのです」
メッセージの中で、連絡すべき相手として指定されていたハンフリー氏とは、人権ジャーナリストで、自身、汚職に関与したとして上海・青浦刑務所に収容されていた事があります。
IMG_1797
私は2013年から2015年までの2年間上海で囚われの身でした最後の9か月間はまさにこのメッセージが書かれたのと同じ刑務所の同じ監房塔に居たのです。
IMG_1798IMG_1799IMG_1800
毎日が辛く厳しい生活でした。1つの監房に12人の受刑者がいて錆びついた鉄のベッドの上に厚さ1㎝足らずのマットを敷いて寝るのです。」
テスコの広報担当者は、会社としてショックを受けている。テスコのサプライチェーンで受刑者が強制労働させられるなどあってはならない事だ。問題の工場での生産は既に中止し調査を開始した』としています。以上
ちなみにピーター・ハンフリー氏の「中国刑務所で非人道的な待遇 一生消えぬ心の傷」の記事
中国で「テレビ自白」強要された英国男性、CCTV締め出しを規制当局に要求2018年11月29日 
中国国営中央テレビ(CCTV)は英国から締め出される可能性が出てきた。中国で「テレビ自白」を強いられた英国人、ピーター・ハンフリー(Peter Humphrey)氏は23日、英国の通信・放送規制機関である英国情報通信庁(Ofcom)に、CCTVの放送許可の取り消しを求める陳情書を提出した。同氏の自白映像は英国でも放送された。
中国でリスクコンサルティング会社を経営するハンフリー氏は2013年、中国で贈賄罪を問われている英製薬会社グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)の依頼を受け、社内情報を漏洩(ろうえい)させた人物について調査していたところ、中国系米国人の妻とともに逮捕された。(中略)
・・それによると、被害者のほぼ全員が「テレビ自白」をさせられる前に公安当局の脅しや拷問を受けていたことが明らかになった。「さまざまな拷問があり、強制投薬、殴打、やけどや電気ショック、性的虐待、数日間から1週間以上にわたる食事や睡眠の剥奪など

Chinaでは、外国人があらぬ罪で拘束される例はご存知の通りだけど、入国した途端に拘束するルールもあるそうです
«#ICIJ がウイグル人の人権侵害裏付ける中国政府機密文書公開、世界で波紋【キャッチ!世界のトップニュース】»2019年11月26日
世界各国の記者で作る団体・ICIJが公開した中国政府の内部文書を巡って波紋が広がっている。
コチラがその内部文書の1つで、「機密」と中国語で書かれ、タイトルには「一体化統合作戦プラットフォーム」とある。
このプラットホームは、携帯アプリの利用記録などの個人情報を元にした、中国当局が危険だと判断する国内外のウイグル族の人達の大規模な監視システムだという事が分かる。
IMG_1627 IMG_1628
オーストラリア(23人)、アメリカ(3人)、スウェーデン(5人)、ニュージーランド(2人)、オランダ(1人)、ウズベキスタン(3人)、イギリス(2人)、カナダ(5人)、フィンランド(3人)とたくさんの国名が書かれ、テロ関与の疑いのある人物が中国に入国した際、すぐに拘束するよう定められている。・・
一方、昨日香港でウイグル人に連帯する集会が行われ「中国は人権問題改善を!」とウイグル人の人権を訴えたと香港TVBが伝えていました(要約です)
チベット、ウイグル、香港、そして台湾・・次はどこ 普通に考えれば沖縄!
«惠隆之介氏が解説。翁長沖縄県知事就任記念、那覇市に"中国の属領の証"「龍柱」建設中!(・・;) 【教えて!ニュースライブ正義のミカタ】»2014年11月22日
10 
15

石平氏「これはね、これはヒドイですよ。だいたい龍というのは皇帝のシンボル昔は中国がどこかの土地を占領すれば、必ずここで龍の柱を建てる。要するに建てる事でここは中国皇帝のと中国になったと。中国が建てるんじゃなくて沖縄が建てる、、」・・

「今立ち上がらなくては・・」という香港人の声に同感です
«【中国政府内部リーク】5年間の強硬なウイグル政策の全容が明るみに&習近平の非公開演説とは【オースリアリアABC】»2019年11月18日
IMG_1557IMG_1558IMG_1559
およそ400ページ余の中国政府の内部文書がNYTにリークされ、これまで5年間の強硬な政策の全容が明るみに出ました。
それによると、習近平国家主席が非公開の演説、ウイグル族の武装派に対して「武器や絶対的権力を躊躇なく用いるよう」指示していました。
また国際社会からの批判を予想した上で「敵対的勢力が泣きごとを言っても恐れる事はない」と述べ「2017年には漏れなく拘束せよ」と指示し、収容者の家族に対しては「イスラム過激主義のウイルスに感染した者の収容に感謝するように伝えよ」とも指示していました。・・
繰り返しますが、大手企業が人権無視のChinaをサプライチェーンに組み込むなんて、あり得ない。
テスコだけじゃなく、世界中の「安くChinaに下請けさせてる企業」も早急に調査すべき
日本の大手スーパーも他人事じゃない。イオンとか大丈夫なのかな ?
そんな国と商売しようとする人達は、人権蹂躙の手助けしてるんです。
それで思い出したわ。民主党政権の時の中国のトンデモ日本大使を

«"尖閣"不適格発言した丹羽大使と「中国から反感を買わないのが大事」という外交評論家【朝ズバッ!・やじうまテレビ】»2012年07月16日
991ef61c.jpg88b4808d.jpg203995b1.jpg((丹羽宇一郎)

Chinaの言いなりの経済人・政治家は恥を知れと言いたい。
にほんブログ村 テレビブログへ

にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく